株を買う人、売る人



 師走相場突入!!

 時は2018年12月3日、月曜日。今年も残り1か月を切ってきました。慌ただしい年末を迎え皆さんもご多忙のことと拝察致します。

 寒さが身に沁みる季節の訪れが株式相場にも随所に特徴的に表れていると感じるのは筆者だけではないのかも知れません。

 年初の株高期待はわずか23日目でピーク?を打ち今年は基調としての調整を続けてきたというのがここまでの相場の流れですので必ずしても皆さんの資産形成にとって良い年ではなかったと言えそうです。せめて師走相場には頑張ってもらいたいですね。


 相場が調整(=値下がり)すると長期保有の投資家の皆さんの資産は目減りした一方で、これから株に投資しようという投資家にとっては格好のチャンスとも言えます。
 ただ、相変わらず投資対象を有望視できる銘柄に絞り込むのは骨の折れる作業です。

 多くの投資家の関心事は投資した株がこれから上がるのか下がるのかということなのかも知れません。
 過去、下がり続けてきた銘柄には投資チャンスがある・・。これは過去の経験から来る私の持論ですが、投資の本質は株価を形成する企業価値であることは言うまでもありません。ですから投資対象となる企業の将来の成長(売上、利益、業容など)が伴うことが株高の条件でもあります。


 とは言え、将来の見通しを読み取ることは至難の技です。これはもしかしたら企業経営者にとっても不確実なことなのかも知れません。マクロ経済の変化はミクロ企業の業績にも影響をもたらし、リーマンショックのような出来事がもたらされることも覚悟が必要になります。

 将来の企業業績の先読みが難しいとすればできれば株価の低迷が見られる銘柄にスポットライトを当ててはどうか・・。山あり谷ありの株価だけにできれば谷で投資して効率よく資産形成が図れればと思うのですが、どこでボトムを打つかが読み難いのでこれもまた案外難しい。

 株式相場でのリターンはこうした難しさを秘めてはいるものの、中長期で考えればかなりの確率でもたらされる。そうした信念での投資が求められます。

 リスクのない現金にしておくべきか(値下がり)リスクがあってもリターンの期待される株にすべきか、それが問題だ・・。


 株式相場に参画する投資家は買うか売るかになりますが、買いたい投資家より売りたい投資家が多いと株価は値下がりする。それは当然のことですが、売りの背景が何によってもたらされているのかを考えてみると、この先の相場を冷静に眺めることができます。


 投資指標では割安なのに株価はどんどん下げていく・・・(実は割安ではなく何らかの理由で割高だったりすることもある)。

 投資指標では割高なのに株価はどんどん上げていく・・・(実は割高ではなく何らかの理由で割安だったりすることもある)。


 こうした株価の不思議な現象が見出せる季節でもあり、買いも売りも投資家の個別事情でもたらされている可能性が高い。

 節税対策の売買が活発化する季節でもあるこの時期、実現益の範囲内で実現損を計上する動きはなおも続く可能性はありますが、その時期も残り僅か。
 米中貿易摩擦の行方が不透明な中で関税引き上げの先延ばしによるしばしの停戦決定が年末相場の反転の契機になるという全体相場の流れ。

 しばしの安心感を拠り所に年末相場の強展開となるのか師走相場の行方を見守ることにしたい。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




IPO後に株主数を急増させた企業



 個人投資家の皆さんにとってIPO市場の存在はどのように映っているでしょうか。

 今まで聞いたこともないような企業が一定の手順で関係者とともに上場に向けた手続きや準備をした結果、晴れて上場が承認されると企業のブランドとともに社会的に存在感を示せることになります。

 その最初の一歩が企業の株式を見ず知らずの人に投資してもらうIPOです。
 IPO企業は未知数ながら時代を映す鏡のような存在と言えるのではないでしょうか。

 今年も12月は25日までに19銘柄がIPOする予定。
 その中にはAI関連銘柄やドローン関連などの有望銘柄が含まれています。

 事業の内容もさることながらIPOを今後の企業成長に向けた契機として、経営者が率先して発展に向け取り組む姿勢が感じられれば投資家はそれに賛同してリスクマネーを投じることになります。
 しかしながら、現在のIPO市場はキャピタルゲインを主体にした目先の利益優先の短期投資家が潤う機会を与える場になっている感が致します。

 IPOがゴールになるような企業は論外で成長指向も見出せない企業にはIPOする資格はありません。
 一方の投資家も公開価格で手に入れたIPO株を初値やその後の高値で売却するだけの存在となっているのかも知れません。

 お祭り騒ぎのようなIPOから時間の経過とともにその企業は存在が忘れ去られる運命にあるというのは筆者のこれまでの経験から来る冷めた見方かも知れませんが、IPO後に企業は自社のファンとも言うべき投資家との関係をつなぎ止めようとIR活動に注力します。


 昨年7月のIPOから1年以上を経過した企業で「億の近道」で話題となったクロスフォー(7810)という山梨県・甲府市に本社を置く宝飾品メーカーがあります。
 同社は自ら特許化したダンシングストーン(揺れ続ける宝飾品)をコアの商材として世界の有名ブランド宝飾品企業への部品提供を通じて消費者に販売しようとしているユニークな企業だということはご存知の通りです。
 日本発世界企業となるべく社長自らアイデアあふれる製品を世に送り出そうと懸命に頑張っています。
 公開値730円に対して初値は1051円という比較的穏健な水準でしたが、その後の高値は1810円(2分割換算で905円)までありました。今年になってIPO後の前期決算見通しを大幅に下方修正したことから、その後の株価は大きく下落してしまいました。

 同社のビジネスは直接自社製品を消費者に販売していませんが、最終的には一般消費者に身につけてもらう必要があり、株価の下落が続く中で、これを株主優待制度に組み込んだ結果、何と株主数は4000名足らずから一気に16000名(多くは100株の単元株数株主?)を突破するに至りました。
 送られてきた優待製品を手に取った株主の声が掲示板などで千差万別に聞こえてきますが、IPO後1年余りでこれだけの株主(投資家)との接点ができたことは同社にとっては大いに意義のあることだと思われます。

 同社の土橋社長は、IPOはゴールではなく長期的成長の一里塚に過ぎないと企業説明会や株主総会でも力強い発言をしています。それには今期発売されたテニスブレスレットやデコリン(デコレーションリング)などの新製品投入も後押ししてくれそうです。
 世界を相手にビジネス展開する同社が多くの株主に支えられ、どこまで成長を遂げられるかとても興味深いところです。

 同社は需要期にあたる12月14日に第1四半期の決算発表を予定。前年同期にあったTVCMの費用がない分どこまで反動で業績が伸びたかを確認する機会がやって参ります。

 430円高値を抜け出すきっかけとなるか、第1四半期が先行投資期で失望に終わるかが試されると見られます。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:株・投資




有価証券報告書の虚偽記載



 ゴーンさんの逮捕で話題になったのが有価証券報告書への報酬の虚偽記載。投資家の皆さんは普段投資に際してこの有価証券報告書を本当に参考にされていますか。

 そこには様々な項目が掲げられ、データとして掲載されています。
 そこに虚偽があると罪になるというのが表向きのゴーンさん逮捕の背景ですが、日産自動車に投資している投資家、株主の多くは元々ゴーンさんの高額報酬をある程度は知っていたに違いありません。その金額の多寡などは問題にならないとは思います。
 それでも東京地検は虚偽記載を理由に逮捕に踏み切りました。結果として日産株はそれまでの1000円台から940円まで売られましたが、率で言うと大したことではない。本日は978円と戻り歩調。落ち着きを取り戻しつつありますが、この先の展開はどうなるでしょうか。

 ゴーン問題よりも日産の業績が今後どうなるかがむしろ気になることだとわかれば冷静にもなれますが、皆さんはどのように見ておられますか。

 容疑を否認しているとされるゴーンさん。再逮捕できるネタがないと東京地検も立場がなくなると考えられますが、果たして今後の行方はどうなるのか。1民間企業の問題ではなくフランスと日本と言う国家間の問題にもなりつつある今回の日産事件。
 投資家にとっては年間配当57円が維持できるなら株価が950円なら配当利回りが6%にもなる水準だっただけに有価証券報告書の虚偽記載などという問題でのゴーン会長逮捕はむしろ投資チャンスだったということになるのかも知れません。
 粉飾決算など極端な悪材料にでもならない限りは今回の問題をネガティブなものとするのは無理があります。


 トップの報酬問題に揺れる日産のクーデター事件とも受け取れる今回の滅多にない出来事が有価証券報告書虚偽記載に端を発しているとすれば、それは個人投資家の皆さんもぜひ投資された企業、これから投資しようと言う企業の有価証券報告書に必ず目を通して頂く必要がありそうです。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:株・投資




祝!!大阪万博開催



 55年ぶりに大阪での万博開催が決定。その結果、本日の株式相場にも好影響がもたらされたようです。株式相場には当然、プラスになりますので、まずはお祝いしたい。

 ただ、7年後の話なので多くの投資家は冷静な対応をしているのかも知れません。

 日経平均は前日比165円高、率ではわずか0.76%の上昇に留まりやや寂しい株高です。東京オリンピックの開催決定ほどのインパクトはなかったようです。


 注目されたのは大林組(1802)などの大手ゼネコン株や会場が埋め立て地なので五洋建(1893)、東洋建設(1890)などの浚渫株。また舞台設備機械の三精テクノロジーズ(6357)、サンセイ(6307)といった銘柄にも関心が集まりましたが限定的でした。

 経済効果が2兆円とあってはややインパクト不足になるのも致し方ありません。


 皆さんも関連銘柄がどこなのかをすぐに考えられたのかも知れませんが、基本は建設や土木だというのはすぐにわかります。ただ、未来を先取りしたイベントがもたらすインパクトの大きさを考えると効果はスポーツの祭典、オリンピック以上のものとなると期待は膨らみます。

 因みに筆者の万博の記憶はいまから48年前。中学生だった時代に見聞した途方もないイベントの思い出が鮮明に蘇ります。小学生から株に関心をもった筆者は企業の名前を覚えることに喜びを感じる日々を過ごす中でしたので各企業のパビリオンはとても印象に残るものでした。
 おそらく6回ぐらいは会場に足を運んだのかも知れません。

 海外のお客さんを泊める宿が少なく、筆者が住んでいたところにはにわか作りのホテルができ、ものすごい数の送迎バスがホテルの前で待機していたのが思い出されます。

 オープン当初に足を運んだ際は比較的会場はすいていたようですが、しばらくすると多くの人の列が話題になったとの記憶があります。アメリカ館の月の石は展示の目玉で入場までにどれだけ並んだのでしょうか。株式に興味をもったのもこの頃だったと思います。

 有名企業のパビリオンに入場しながらこの会社の株価はどの程度しているなんて考えたものです。
 パナソニックやサンヨーなど家電産業の全盛期。未来を先取りした製品群が展示されたパビリオンの展示を見てある種の興奮を覚えたものです。

 48年も経つと時代は大きく変わり、その当時の夢のような製品は当たり前のように実現し、その後の産業の発展を現実のものとしたと言えます。
 これから7年後に大阪で開催される万国博覧会の展示はVR・ARを駆使した手法を採用されるとも言われています。株式市場で話題になる投資テーマが展示にも百花繚乱のごとくあふれることになります。

 そうした社会、技術テーマが、AIがもたらす社会変革、IoTのもたらす革命、自動運転によるモビリティ社会の変化、車の安全性、ドローンによる配送革命、iPS細胞活用によるヘルスケア革命など最先端の技術がもたらす社会生活への変革が万博でどのように表現されるのか、今から楽しみです。


 万博の開催前に関連企業の株価は一時的にしろ踊るでしょうから、調整の続く株式相場に多少でも夢の実現に向けた刺激を与えることになりそうな予感がしてきます。

 それはまだ始まったばかり。
 明日からの株式相場にも大いに期待したいと思います。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




ドローンメーカーがIPO

5c12f8e746f38f73971d2aa08d0d193f_s.jpg


 今さらながらのソフトバンク(9434)の上場が話題になっていますが、もともと上場していた株なので今さら何だと言いたくなりますね。

 親子上場は既にNTTや日本郵政なども行ってますので駄目とは言えない。東証も認めているので、正式に12月19日に上場が認められた訳です。

 今回の放出は親会社の保有する株式の4割に当り、金額では2兆7000億円になるというもの。孫社長流の錬金術は許される範囲で冴え亘っています。こ

 のお金は投資会社としての親会社の投資資金に回ることになります。
 親も子も孫社長もハッピー。投資家も証券会社もハッピー。となるなら師走相場も明るいだろう。


 停滞気味の株式相場に需給の重さでのしかかりそうなIPOではありますがソフトバンクグループも念入りな準備をしてきた筈だし、携帯キャリアが膨大な利益を得ている今のうちに一部の株を放出しておこうという孫社長流の思惑がうごめいていそう。

 実務家ではない投資家としての孫社長の真骨頂は軍資金を得てますます正体を現すことになるのか、今ピンチに陥っているRAIZAPの瀬戸社長が85社もこまごまとした事業会社をグループに入れた展開とは異なる兆円単位の投資資金で得るものとは何か?

 ダイナミックな事業が好きな孫社長が狙う次の投資対象が何か、興味深い。


 ソフトバンクの上場に筆者はさほど興味はないが、その放出で得た資金の行く先に興味を持ってしまう。

 折しもソフトバンク上場の4日後の12月21日に産業用ドローンのメーカーである自動制御システム研究所(6232)がマザーズにIPOすることになりました。
 おそらくかなりの人気化が予想されます。

 オートパイロットテクノロジーと称し、ドローンを物流に活用するという夢のようなビジネスは問題を抱えながらも大いに発展することは疑いようがない。

 既に同社は日本郵便とドローンを使った郵便局間配送で提携しているが、同社への出資企業の菊池製作所(3444)ともどもを期待は膨らむ。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:ビジネス




IPOを考える その1:IPOとは



 創業から発展、飛躍に至る過程で企業は上場という選択肢を前に大いなる決断に迫られます。
 企業にとって創業は誕生日と同じですが第2の誕生日と言えるのがIPOです。初めて株式を一般に公開することであることは皆様、既にご存知の通りかと思います。


 東証の鐘つきはIPO企業の定例行事ですが、様々な審査や準備を経てのIPOは世間に認められた第1歩と言えますので感慨もひとしおではないでしょうか。

 企業は創業時においてはまだ先が見えないひよこのような状態なのかも知れませんが、ビジネスが確立され売上、利益が拡大し、円満な取引先との関係が構築され、キャッシュフローが生まれてくるとより一層の事業拡大に向けた資金調達を計画し始めます。


 最初に得る資金はエンジェルマネーや銀行からの借入金かも知れませんが、それによって販売網が拡大したり開発力がついて設備資金へのニーズが高まります。人材への投資も必要になって創業してから5年も経過すれば次の成長に向けIPOを意識することになるのですが、その時期は企業や経営者の考え方に左右されます。
 IPO前の審査の厳しさや幹事証券からの指導の厳しさが足かせとなってIPOを決断するのは並大抵のことではないと思われます。


 IPO前に売上が10億円以下に留まっている企業が成長のための先行資金を得て年商100億円以上に向かう。企業の成長の第1歩がIPO。更なる売上の拡大とともに利益も拡大。支払う税金も増加。従業員などの人員増、設備投資や研究開発投資などの拡大、ビジネスエリアの拡大が果たせると株主には配当金が還元され信頼関係が構築されます。
 また、取引先との関係、新たな投資家の呼び込みに加え、これまで以上の社会貢献を果たす立ち位置を持つことになります。


 こうした企業発展の恩恵に預かるのが投資家だろうとは思いますが、多くの投資家は短期指向。企業からの真摯な情報発信には耳を傾けずに短期の博打場の中で利益を追求しがちです。

 時に企業からは数値目標が示されますが、数値の定量目標に定性目標が投資家への夢の提供にもつながることになります。

 投資家はIPOした企業にロマンを求めてリスクマネーを投じることも多いのでしょうが、その期間は3年、5年、10年、いやもっとそれ以上なのでしょうか。山あり谷ありの株式相場の中で投資家はIPOした企業とどのように向き合えば良いのでしょうか。


 これから何回かに分けてIPO投資家の心得を述べていきたいと思いますので宜しくお願いします。

(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




クスリのアマゾン



 日本には米国のアマゾンのような企業はないのか?と問われると答えに窮してしまいそうですが、先日開催のメディカルシステムネットワーク(4350)の決算説明会では薬価改定(引き下げ)で痛んだ業績の中身を説明する田尻社長からクスリのアマゾンになるとの発言がありました。

 医薬品流通の改善に邁進し、薬局の経営安定化を目指す田尻社長はいつも情熱的。そうした情熱に引き寄せられての説明会出席でしたが、さすがに薬価改定と北海道で起きた大地震、それに伴う大規模停電で今期業績は減益見通し。

 しかしながら自社店舗を含めた加盟薬局店数は11月1日現在で3272店となり、期末目標ラインを突破。将来の目標である5000店も目前に迫っています。全国には調剤薬局が5万8000軒もあると言われますが、同社は既にその6%近くをネットワーク化したことになります。

 こうしたネットワーク加盟店の増加もあり、来期は薬価改定の影響が薄れ収益のV字回復が期待されますので株価は比較的底堅い推移が見られます。


 これまでのクスリの流通はFAXや電話を用いた旧態依然の発注形態でしたが、これをシステム化で変革した同社は冒頭のクスリのアマゾンと言うべき存在になろうとしています。

 JANベースで約52000品目あると言われる医薬品すべての単品単価交渉を推進しその契約率100%を目指す同社は加盟店にとって意義のある流通改善取り組みを背景に加盟を促進し、更なるネットワーク増加を図ろうとしています。


 時価484円 今期の予想EPSは16.6円、同PER29.2倍
 来期はV字回復で予想EPS30円 同PER16.1倍


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:ビジネス




日本の歴史



 読書の秋です。テレビやインターネットを社会生活の基本として現代人は本を読まなくなったと言われますが、深まりゆく秋の中で、たまには読書も良い。


 先週末に発売された小説家の百田尚樹氏の渾身の歴史本「日本国紀」が話題です。
 https://amzn.to/2QBS1Z8

 発売前に5万部の予約注文が入り、増刷決定。発売後に書店で聞いた話でも凄い売れ行きだそうで、出版社である幻冬舎の創立25周年に花を添えているようです。

 残念ながらかつて上場していた幻冬舎は今は上場しておらず、見城オーナーの采配の下でこうした自由な発想の出版が続いています。


 さて、百田氏は私とほぼ同年代の異色の小説家。大学も同じですがそのパワーは圧倒的に凄い。探偵ナイトスクープのプロデューサーとして活躍した後、2006年に小説「永遠のゼロ」で小説家デビュー。2013年に「海賊とよばれた男」で第10回本屋大賞を受賞した人気作家。YOUTUBE上で閲覧可能な虎ノ門ニュースでは辛口のコメントを重ね、視聴者の人気を集めています。

 509ページにも及ぶ今回の作品を手に取り読み進めると古代から現代までの日本の歴史が一挙に頭に入ってくる。

 戦後の自虐史観に植え付けられた日本人にとって、改めて日本国の歴史を知ることはとても意義深いこと。世界に誇れるわが日本の歴史を知り未来に向けた自信を取り戻したい。そうした思いの読者で書店に置かれた日本国紀を手にされる読者も多いのかも知れません。


 株式投資と日本の歴史など関係ないと言われそうですが、大事なことは自信を持つ心意気。改めて過去の歴史を振り返り、自信をもった株式投資を重ねたいものです。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:書評



JUGEMテーマ:歴史




復活の兆しが見え始めた株価低迷銘柄



 決算発表を機にそれまで低迷が続いてきた銘柄が株価の上昇に向け復活することはよくあります。

 決算発表にはポジティブな内容とネガティブな内容が含まれていますが、投資家のマインドはポジティブな内容により重きを置き、株価水準と相談しながらリスクマネーを投じることになります。


 時には株価の低迷を払拭するだけの業績内容ではなくても、株価の位置が低いという感覚だけで大きくリバウンドする事例もあります。

 また、四半期決算発表が投資家の銘柄選定に誤解を与えることはよくあります。四半期毎の業績に一喜一憂していては企業の本質を見誤ることになりますが、現実は短期投資家と中長期投資家の戦いの場ですのでそうしたことになってしまいます。


 企業にとって四半期業績の減益は時に致し方ないものかも知れませんが、投資家にとっては許し難いものかも知れません。数字を見た途端に売りを浴びせてきます。
 企業の説明不足もありますが、四半期ごとの数字のデコボコは致し方ないものかも知れません。問題は中長期の業績趨勢がダウントレンドに向かうことです。中長期で成長に向かう途上の企業を四半期・半期で評価するのは極力、避けたいと思いますが、株価の長期下落トレンドから復活する銘柄探しにとって短期投資家の間違った判断による売りが中長期投資家にとっては不可欠なものと言えるのかも知れません。


 サイネックス(2376)、ズーム(6694)、アクセル(6730)、ネットマーケティング(6175)、イーサポートリンク(2493)など長期株価下落トレンド銘柄を研究してみることを提唱したい。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




IPO時に人気化した銘柄の今



 今年のIPO市場には11月28日の霞が関キャピタルまで71銘柄が登場する予定ですが、全体相場の波乱の中で11月のIPO銘柄は2銘柄に留まってしまいました。
 12月は例年なら20銘柄程度がIPOすることになりますが、実際には果たしてどの程度になるでしょうか。

 株式指数の中でも多くのIPO銘柄が関係するマザーズ市場の指数は1月の高値から4割もの下落を演じている中ですので、致し方ないところではありますが、おまけに今年は携帯キャリア会社、ソフトバンクの再上場が予定されており、市場の関心がそこに集中している状況が見られます。


 さて、2018年10月までの69のIPO銘柄の中には公開価格に対して初値が10倍にもなったAI関連のHEROZ(4382・M)のほか、4倍以上になったテクノロジー系のジェイテック(3446・M)、RPAホールディングス(6572・M)、アジャイルメディアネットワーク(6573・M)、ビープラッツ(4381・M)など公開株数が比較的少なく需給面とテーマ性で一気に人気化したマザーズ銘柄が見出せます。

 これら異常人気を集めた5銘柄の株価も上場直後についた株価に対して調整を余儀なくされているのが現状のようです。

 例えば、4月20日IPOのHEROZはIPO後の高値49650円から10月30日の安値13800円まで72%調整。2月28日IPOのジェイテックもIPO後の高値13490円から8月16日の安値3725円へと、これも72%の調整が見られました。

 これに対して定型業務のロボット化を推進するRPAホールディングスは上場後も初値14280円から高値19990円まで上昇。その後7月末の安値11000円まで売られましたが、好業績を背景にその後の株価は堅調なようです。

 アジャイルについては公開価格の5倍以上で初値がつき、その後10%近い上昇を見せましたがその後、調整が続き3分割実施前の8月21日には1850円(3分割逆算)の安値をつけています。これは高値から67%調整した水準です。

 ビジネス内容が継続従量課金向けプラットフォームを展開するビープラッツは初値が公開価格の4.5倍となりましたが、その後一旦4月17日の安値5090円まで調整しましたが、6月20日には高値13300円まで買われるなど人気化。その後もマザーズ銘柄特有の大きな変動が続いています。


 IPO時に公開価格の4倍以上で初値がついたこれらの銘柄は年前半にIPOした銘柄ですが、全体相場が調整する中ではさすがに年後半においてはそうした人気銘柄は出ていないようです。

 「山高ければ谷深し」と言うべき株価推移ではありますが、多くの投資家が選好しやすいテーマに沿った銘柄は折に触れて人気化する要素があり今後も注目の的と言えそうです。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM