億の近道2018/11/05


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2018/11/05

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★


===================================


             −本日の目次−
      (本日の担当:炎のファンドマネージャー)


     ◆コラム「バリュー銘柄の経営者の奮起に期待」
     ◆コラム「IPO時に人気化した銘柄の今」


===================================


◆コラム「バリュー銘柄の経営者の奮起に期待」


 11月3日のセミナーには多くの皆さんに足を運んで頂きました。
 心より感謝申し上げます。

 また熱心に耳を傾けて頂いたことにも重ねて御礼申し上げます。


 セミナー開催を前に起きた出来事は全体相場の波乱でしたが、リスクを感じ
させる波乱の局面こそチャンスでもあり、お見えになった皆様の今後の投資成
果が多少でも向上しますことを切に願っております。

 山あり谷ありの株式相場の中で着実に経験を積み重ねながら株式投資を実践
し成果を高めようとされている皆様にとって多少でも参考になったのであれば
幸いです。


 全体相場の波乱から個別銘柄の株価にも影響が及んでいる今日この頃ですが、
株価下落の中にこそ投資チャンスが存在すると考え、地道に銘柄研究を行いな
がら投資タイミングを図る皆さんの運用成果の向上を祈願したい。

 3日のセミナーでは具体的に投資対象の一つとなる典型的なバリュー銘柄を
取り上げたが、その典型的なバリュー銘柄の株価が久々にこのところ大きく値
を下げてきた現実があります。
 全体相場がいかに大幅調整しようと投資価値のあるバリュー銘柄への投資は
値下がりのリスクを軽減するだろうというやや消極的な発想で臨んではいまし
たが、その背景となる企業努力に問題があっては万事休すです。


 例えば一時900円割れまで売られたテノックス(1905)株は典型的な
バリュー銘柄と言えます。

 同社の事業は社会インフラの中でも重要な要素となる基礎工事や地盤改良の
分野。地味だが高度な技術開発が求められる分野ですが、同社は業界内でも技術
開発に熱心な少数精鋭主義で運営されてきた特殊技術の会社でもあります。

 地震大国、日本を支える基礎工事の会社への評価があまりに低いのを見てい
てこれでは話にならないという思いから筆者は過去5,6年前から長期スタン
スで同社に対して注目してきたという経緯があります。

 その結果として株価は400円台から上昇を続け昨年11月には1355円
という高値までついてきたというのが同社の株価の変遷です。


 同社に対してご存知、相川伸夫氏にも注目をしてもらっていますが、先般来
の取材申し込みを中間決算発表後にしてほしいと言われて、そのままの状態に
なっている中で今回の900円以下の株価下落につながったというのがホット
な株価の背景です。
 とにかくバリュー銘柄と言われるままに評価されている企業は地道にIRが
できていない。個別の事情はさておきテノックスはその典型的な事例かも知れ
ません。

 現在公表されている今期予想EPS100円に対してBPSが1625円、
一株当たり配当金30円、しかも無借金で保有現預金が約80億円に及ぶであ
ろう銘柄の株価が904円。時価総額63億円。PERは9倍、PBR0.5
6倍、配当利回り3.3%ですので普通では考えにくい株価形成ですが現実に
9日の中間決算を前に売り込む投資家の存在はやや予想外でした。

 昨年の今頃に起きた工事の不具合問題がまた今年も発生する?なんてブラッ
クジョークのような懸念材料でもあるのであればともかく、同社の企業評価は
指標面では明らかに売られ過ぎだと言えそうですが、現実に投資家がやたらと
売りを出している背景が何か、不気味なのが漠然とした不安感を募らせてしま
います。


 同社株を1000円前後からコツコツと投資してきた一部の投資家はまった
くの期待外れで泣いているのかも知れませんが、当面は1Qの業績進捗が高か
ったので2Qが赤字に転落などしない限りは通期の業績上方修正が期待される
点を拠り所にした投資に心がけたいところです。
 いつになったら6月に就任した新社長が表に出て今後の事業展開についてア
ピールするのかと言われそうですが、筆者はその時期を心待ちにしています。


 恐らくこうしたバリュー銘柄が想定外に売られる事例は市場の中にたくさん
見られる現象なのかも知れません。

 とりわけ、同社と同じセクターの属するゼネコン各社などの高収益ぶりを横
目に評価が低下している現状をどう見たら良いのか、最大の問題はオリンピッ
ク以降の同業界の位置づけになりそうです。

 つまり別の視点での評価が加わっての株価下落をどう見たら良いのかになっ
てきます。


 例えば東証1部銘柄の中堅建設会社の松井建設(1810)などもそうした
部類の銘柄です。中間期を上方修正したのに通期は減益のまま変えていない。
株価820円はPER7.8倍。実績PBR0.67倍、配当利回り2.9%、
今期2期連続の経常減益見通しの47億円で時価総額251億円に留まってい
る無借金経営の企業をどう評価したら良いのかなど随所に見られるバリュー銘
柄の混迷ぶりに現在の株式市場の特徴的な現実を感じざるを得ない。

 市場に存在する1600ものPBR1倍割れ銘柄には自社の価値をアピール
しないで放置している銘柄がとても多い。これらの銘柄の多くはIRに不熱心
だと言えます。


 先日取材した岡山の建設コンサルタント、ウエスコHD(6091)は7月
決算の説明会を開いていない。結果としてPBRは0.4倍台に留まり、時価
総額も55億円と保有する現預金74億円に比べ圧倒的に低い。いくら自然災
害関連のお仕事が今後同社に舞い込むと思われてもそれをアピールしない姿勢
が今の株価の停滞につながっているのではないか・・。


 思い当たる節をお持ちになっている各バリュー銘柄のIR担当者の皆さん、
今こそ奮起して下さい。とにかくIRに不熱心なバリュー銘柄経営者の奮起を
促したい。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ本日第215号配信!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第215号
が本日配信されました。


【29銘柄の個別株情報掲載!!】


【11/5 第215号では】

■株式相場の視点
■個別銘柄の対処方法(13銘柄)
■今年1−3月のIPO銘柄の株価変動状況(16銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


◆コラム「IPO時に人気化した銘柄の今」


 今年のIPO市場には11月28日の霞が関キャピタルまで71銘柄が登場
する予定ですが、全体相場の波乱の中で11月のIPO銘柄は2銘柄に留まっ
てしまいました。
 12月は例年なら20銘柄程度がIPOすることになりますが、実際には果
たしてどの程度になるでしょうか。

 株式指数の中でも多くのIPO銘柄が関係するマザーズ市場の指数は1月の
高値から4割もの下落を演じている中ですので、致し方ないところではありま
すが、おまけに今年は携帯キャリア会社、ソフトバンクの再上場が予定されて
おり、市場の関心がそこに集中している状況が見られます。


 さて、2018年10月までの69のIPO銘柄の中には公開価格に対して
初値が10倍にもなったAI関連のHEROZ(4382・M)のほか、4倍
以上になったテクノロジー系のジェイテック(3446・M)、RPAホール
ディングス(6572・M)、アジャイルメディアネットワーク(6573・
M)、ビープラッツ(4381・M)など公開株数が比較的少なく需給面とテ
ーマ性で一気に人気化したマザーズ銘柄が見出せます。

 これら異常人気を集めた5銘柄の株価も上場直後についた株価に対して調整
を余儀なくされているのが現状のようです。

 例えば、4月20日IPOのHEROZはIPO後の高値49650円から
10月30日の安値13800円まで72%調整。2月28日IPOのジェイ
テックもIPO後の高値13490円から8月16日の安値3725円へと、
これも72%の調整が見られました。

 これに対して定型業務のロボット化を推進するRPAホールディングスは上
場後も初値14280円から高値19990円まで上昇。その後7月末の安値
11000円まで売られましたが、好業績を背景にその後の株価は堅調なよう
です。

 アジャイルについては公開価格の5倍以上で初値がつき、その後10%近い
上昇を見せましたがその後、調整が続き3分割実施前の8月21日には185
0円(3分割逆算)の安値をつけています。これは高値から67%調整した水
準です。

 ビジネス内容が継続従量課金向けプラットフォームを展開するビープラッツ
は初値が公開価格の4.5倍となりましたが、その後一旦4月17日の安値5
090円まで調整しましたが、6月20日には高値13300円まで買われる
など人気化。その後もマザーズ銘柄特有の大きな変動が続いています。


 IPO時に公開価格の4倍以上で初値がついたこれらの銘柄は年前半にIP
Oした銘柄ですが、全体相場が調整する中ではさすがに年後半においてはそう
した人気銘柄は出ていないようです。

 「山高ければ谷深し」と言うべき株価推移ではありますが、多くの投資家が
選好しやすいテーマに沿った銘柄は折に触れて人気化する要素があり今後も注
目の的と言えそうです。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




炎の投資情報サンプル#215 2018/11/05

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
投資情報メールマガジン                   2018/11/05
         炎 の 投 資 情 報 (第215号)

        −プロが導くお金創造のための投資情報−
                              週1回発行
◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆


 株式投資には不安がつきもの。山あり谷ありの株式相場を冷静に眺めるアナ
リストが発信する情報をお楽しみ頂ければ幸いです。

 志を大きく持たれた読者各位の大いなる発展と成功を祈願しております。
 ご一緒に頑張りましょう!!

 なお、一部を「億の近道」に掲載することがありますので、あらかじめご了
承下さい。


    ★当メルマガは等幅フォントでの閲覧を前提にしております★


□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□


              −本日の目次−


    ■はじめに
    ■株式相場の視点
    ■個別銘柄の対処方法(13銘柄)
    ■今年1−3月のIPO銘柄の株価変動状況(16銘柄)
    ■次回予告


         報告者:炎のファンドマネージャー


□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□


■はじめに


 賑やかなカボチャ色のハロウィーンが終わり、季節はもう師走に向かって進
み始めております。街中には七五三と思しき子供連れの家族の笑顔があふれ、
スーパーでは既にクリスマスソングが流れはじめています。

 米中間選挙を前に株式相場は波乱の中から曙光も見えてきたかという状況で
すが、そうした中で筆者は11月3日にセミナーでお話をさせて頂きました。
 全体相場は調整局面にまだあると言えますが、こうした難しい局面でこそ次
の展開に向けポジティブな取り組みを検討し、実践に移す良い機会だと思われ
ます。
 リスク分散に努めつつ、資産増強に努めておられる皆様に本メルマガでは投
資のヒントや基本的な取り組み方などをご提示したいと思いますので、宜しく
お願いします。


□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□


■次回予告


 次回も2018年のIPO銘柄のうち4−6月分19銘柄の株価変動につい
てコメント致したいと思います。

 12月についてはおよそ20銘柄がIPOしてくると見られますが、その中
では厳密にIPOと言えるかどうかわかりませんが、ソフトバンクなど大型の
公開も予定されています。かつてのNTTやNTTドコモ並みに人気化するか
要注目です。携帯料金引き下げが予想される中での公開がどう市場で評価され
るのか関心が寄せられます。

 11月が2銘柄と少ない中で12月はまた賑やかな展開になりそうです。

 どのような銘柄がIPOするのかなど関心を持っておきたいと思います。






(本メルマガは限定された購読者様への情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、ご購読の皆様が損失を被っても執筆者および発行者ならびに配信者は一切の責任を負いません。)



honoh_01.jpg




億の近道2018/11/02


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2018/11/02号

              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
           (本日の担当:水島寒月)


         ◆コラム「市場潮流」:水島寒月


===================================


◆コラム「市場潮流」


 今週(10月29日〜11月2日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間
で1059円06銭上昇し(率にして5.0%の下落)、2万2243円66
銭で取引を終えました。5週ぶりの上昇です。

 週初の29日(月)は、中国・上海株式相場の下げを受け、前週から3日続
落となりました。
 続く30日(火)は外為市場での円安・ドル高、上海株式相場の戻りなどを
受け4日ぶりに反発。日経平均株価は前日比307円高となりました。年金積
立金管理運用独立行政法人(GPIF)など国内年金の買いも取り沙汰されま
した。
 31日(水)も国内主要企業の18年度上期決算で好業績を発表した企業を
中心に大幅続伸。
 1日(木)は前日にNTTドコモが携帯料金の値下げを発表したことで、収
益悪化懸念から携帯3社の株式が急落。相場全体を下押ししました。
 2日(金)は、後場に入り、「トランプ大統領が米中貿易合意に向けた草案
作成を指示」との報道が流れ、株式相場は急騰。日経平均株価は前日比556
円高となりました。


 米中貿易摩擦が緩和に向かうかどうかは予断を許しませんが、11月6日に
予定される中間選挙で、下院共和党の苦戦が予想されるだけに、トランプ政権
が何らかの「選挙対策」を講じる可能性はあるものと考えます。

 好業績が見込まれ、割安な銘柄を個別に注目したいと思います。


(水島寒月)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/ciowaijeak
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


【石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!】


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信し
 ています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評
 です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


【高収益体質に改善!これからの業績伸長も期待でき、世界シェア75%など
 多岐にわたる製品を持ち、低PER低PBRのグルーバル技術企業を研究!】


 今週配信の有料メルマガでは、世界シェア75%など高技術な製品群を持ち、
好業績で低PER低PBR、資産も多くあり、将来の株式市場回復時にリバウ
ンドが狙えるグローバル企業を研究しています。

 また、コラムでは、「米国株のダウ平均などの年初来高値更新などから9月
の中旬からリバウンドし始めた日本の株式市場も、米国株の大きな下落という
ショックで、10月に入ったとたんに重力が増加したような急落をする株が多
くなりました。念力でスプーンが曲がったような急激な下落でしたが、下げ続
ける相場もないことから企業のファンダメンタルズをチェックしてリバウンド
を取りに行く準備をするときだと考えています。」と題し、ここのところの下
落相場での自身の持ち株の状況や、それに対する投資行動を、過去の経験から
導いて書いています。


 さらに、世界トップシェア製品をもつ企業から、数年後には大きく株価上昇
が期待出来る銘柄を、研究銘柄候補として5社取り上げています。

 金曜までにお申し込みの方には、本号も差し上げます。ぜひご購読を。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


 過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)http://okuchika.jugem.jp/?eid=5007
 銘柄研究 わらべや日洋(2918) http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
 銘柄研究 ミライアル(4238)  http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

過去サンプル(コラム)

 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 http://okuchika.net/?eid=6894

 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 http://okuchika.net/?eid=6789

 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる
 (2016/12/27)
 http://okuchika.net/?eid=6776

 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/11/06)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第214号好評配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第214号
が好評配信中です。


【中小型株の取材レポート満載!!】


【10/29 第214号では】

■相場の視点
■海外株動向
■クロスフォー(7810)展示会でのセミナー報告&株主総会報告
■サイネックス(2376)報告
■日創プロニティ(3440)Q&A


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/


===================================


 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2018/11/01


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2018/11/01号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
        (本日の担当:街のコンサルタント)


          ◆コラム「株式市場の弱点2」


===================================


■明日金曜日〆切!山本潤氏の「中間決算分析セミナー」開催!!


 「億の近道」発行元NPO法人イノベーターズ・フォーラム理事で、
リンクスリサーチアナリストの山本潤氏が、中間決算を読み解く分析セミナー
を行います。

 有価証券報告書の財務分析セミナーに続く、演習を含んだセミナーです。

 11月2日金曜日23:59に申込〆切です。
 参加希望の方は今すぐお申し込みを。
 残席わずかですので、満席になり次第、期限前でも申し込み終了致します。
 ご了承ください。


【開催概要】

日時:11月25日(日)

「数式なしでバリュエーションを計算するための10のステップ」
(5〜7年後の予想配当利回りで銘柄を選別する)」
・中間決算のとりまとめ(季節性のチェック)
・業績での安心感のある銘柄を中心に分析
・午前に学習した「数式なしでのバリュエーション」による株価評価
・上値余地が高いものをテーブルごとに発表

 詳細・お申し込みはこちら

 http://okuchika.net/?eid=7990


主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム 株式会社リンクスリサーチ


===================================


◆コラム「株式市場の弱点2」


 始めに、10月4日の新聞に投信委託会社別の5年間の成績が出ていました
が、予想通りと言いますか、大手銀行系列の運用会社の成績が下位を占めてい
ました。

 販売会社(親銀行)に都合の良い投資信託ばかりを押し込み販売してきた事
が良く分かります。つまり販売し易い(飛びつき易い)テーマで商品を作り、
且つコストの高い投信の乗換営業をしている結果以外の何物でもありません。
 投資家利益の為では無く、収益ありきの大手金融の姿勢が成績に反映されて
います。


 10月の株式市場の下げ方は急激でした。

 日経平均は10月2日の高値24,448円から先週26日の安値20,9
71円まで、18営業日で3,477円、率にして14%強も下げました。行
き過ぎとも感じる中で、中国関連と言われる設備投資や半導体関連銘柄の売ら
れ方が凄かったです。

 先月第二週に書いた通りで、米国株式には十分に注意したいところです。
 今回の下げが仮に調整としても相当伸び切った後の調整ですから回復には時
間がかかりそうです。中間選挙で民主党が勝った場合にはトランプ政権による
無茶な景気刺激策が続けられないと危惧しているかのように・・・、民主党優
位の報道が増えるにつれ売られているようにも見えます。

 それはその通りで、トランプ政権の政策は大半がウォールストリートや富裕
層への優遇に結びつきます。今後その実態を知ることになった場合のラストベ
ルトの人々が2年後の大統領選挙でどのような反応を示すのか?


 米国株の下落については安くなったとはいえ、ブレグジットに見られたよう
にイベントを境にマーケットの雰囲気が変わることが良くありますので、来週
の米国中間選挙までは無理は避けたいところですし、その後に期待したいとこ
ろです。
 ここ数年、幾つかの証券会社が米国株で手数料を稼いでいたと聞いています
が、この暴落は相当の痛手と思います。アップルやアルファベット、アマゾン
などなど、歴史的な高値掴みにならなければ良いのですが・・・。


 そんな中、今期予想EPSを低めの1,700円としてもPER12.5倍
では幾らなんでも安過ぎると感じて、しかも日本株はまだバブル絶頂に達した
感触は得られませんので、狙っていた銘柄を幾つか買ってみました。

 株式相場が終わっていない事を祈るのみです(苦笑)


 余談ですが、先日のメルマガに記述したアルコニックスが中間決算を発表し
ましたが、残念ながら会社計画通り僅か19円配当(配当性向約18%)の発
表だけでした。
 金を持て余している会社では無いですが、財務戦略や株主に対する前向きな
意欲が感じられませんでした。
 買われた方がおられたら済みませんでした。流石に売られ過ぎと考えられま
すから売るにしても急がずタイミングを計っていただければと思います。


 もう一点余談で、先週ZOZOが割高という風に書きましたが、関連ニュー
スを見ていたら某GS社が10月1日に「ZOZOを新規に買い推奨」と言う
のを見つけました。
 怪しいですね〜。せっせと密かに売っているのでは無いでしょうか?
 海外に当局の手が届かないのをいいことに、儲けるためには連中は何でもア
リですから・・・。


 最も気になるのは中国市場の低迷です。
 先週からは幾らか反発していますが上海市場は4年ぶりの安値に沈んでいま
す。
 今や世界景気は中国次第とも言え、その中において経済規模で世界第一位と
二位の米中貿易摩擦が広がりを見せているのですから不安が広がるのも止むを
得ません。しかも無理やり市場経済を取り入れている一党独裁国家故に出てく
る統計数値なども本当か嘘か分からない国ですから始末が悪いです。

 先日は宗教界トップの一角を占めるバチカンまでもが信者獲得の為に中国狂
産党に妥協しました。世界中の為政者の誰もが権力維持を目的に動いています。
被害者は何処の国においても大多数を占める善良な国民。


 ところで、最近困っているのがNISAで買っている株式です。
 年間120万円を上限に非課税枠で買えると言うだけで、下がった場合には
売れば損が出るだけですし、年間の上限額が低いため機動的に資金を動かす自
由度もありません。

 NISAやイデコの拡大が国民の資産形成の役に立つと言うのは確かですが、
その一方で非課税を理由にして預貯金から証券市場に資金を引き込む撒き餌と
して、また欠陥年金システムの補完のために作られた二兎、三兎を追う仕組み
ですから、市場環境が悪くなれば使い勝手の悪い面が出てきます。

 散々政府に煽られて、一億総損失にならなければ良いのですが・・・(苦笑)


 市場の運営方法も、その仕組みも「真に投資家の為」に運用されているもの
では無く、政官業トライアングルのメリットを優先した市場運営を続ける限り
日本の金融市場は国民のための真の運用の場になりません。故に、本邦投資家
層に厚みが無い分、外人投資家の動向次第で10、000円以下にも20,0
00円以上にもなる自立性の無い「他人頼みの市場」です。

 この辺りの弱点に十分に注意しつつ、成長力を持っているのに割安と考えら
れること、経営者に株主還元の姿勢がみられること、配当や優待などで楽しみ
に長く保有できるのか否か、風説の流布は無いか?・・・等々を分析し、また
時間的にも(心にも、笑)十分な余裕を持って投資いただければと思います。


(街のコンサルタント)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。また、当該情報は執筆時点での取材及び
調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/stuweawesl
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


【石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!】


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信し
 ています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評
 です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


【高収益体質に改善!これからの業績伸長も期待でき、世界シェア75%など
 多岐にわたる製品を持ち、低PER低PBRのグルーバル技術企業を研究!】


 今週配信の有料メルマガでは、世界シェア75%など高技術な製品群を持ち、
好業績で低PER低PBR、資産も多くあり、将来の株式市場回復時にリバウ
ンドが狙えるグローバル企業を研究しています。

 また、コラムでは、「米国株のダウ平均などの年初来高値更新などから9月
の中旬からリバウンドし始めた日本の株式市場も、米国株の大きな下落という
ショックで、10月に入ったとたんに重力が増加したような急落をする株が多
くなりました。念力でスプーンが曲がったような急激な下落でしたが、下げ続
ける相場もないことから企業のファンダメンタルズをチェックしてリバウンド
を取りに行く準備をするときだと考えています。」と題し、ここのところの下
落相場での自身の持ち株の状況や、それに対する投資行動を、過去の経験から
導いて書いています。


 さらに、世界トップシェア製品をもつ企業から、数年後には大きく株価上昇
が期待出来る銘柄を、研究銘柄候補として5社取り上げています。

 金曜までにお申し込みの方には、本号も差し上げます。ぜひご購読を。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


 過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)http://okuchika.jugem.jp/?eid=5007
 銘柄研究 わらべや日洋(2918) http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
 銘柄研究 ミライアル(4238)  http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

過去サンプル(コラム)

 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 http://okuchika.net/?eid=6894

 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 http://okuchika.net/?eid=6789

 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる
 (2016/12/27)
 http://okuchika.net/?eid=6776

 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/11/06)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第214号好評配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第214号
が好評配信中です。


【中小型株の取材レポート満載!!】


【10/29 第214号では】

■相場の視点
■海外株動向
■クロスフォー(7810)展示会でのセミナー報告&株主総会報告
■サイネックス(2376)報告
■日創プロニティ(3440)Q&A


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/

===================================

 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2018/10/31


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2018/10/31

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:式町みどり)


      ◆コラム「為替市場動向〜ドル全面高〜」


===================================


◆コラム「為替市場動向〜ドル全面高〜」


 米国の中間選挙を控えた10月、2月に続き今年2回目の株式市場の大きな
下げとなりました。直近では、下げも十分出尽くしたのか、月末要因での調整
なのか、今週はリバウンド期待も出ていますが、11月6日の中間選挙を前に
大きく動きにくい展開が続きそうです。


 そんな中、今週は、本日行われている日銀金融政策決定会合、また11月2
日金曜日に発表される10月分の米国の雇用統計が注目のイベントです。
 日銀の決定会合は現状維持の予想が大半ですが、会合後の会見での昨今の市
場についての総裁のコメントは関心がもたれるところです。


 一方、米国雇用統計の10月分は、フロリダ州に上陸した大型ハリケーン
(「マイケル」)の影響もあり、数値通りに雇用の実体を把握できるか疑問視
する向きもあります。
 リリースされた数字による相場への影響は限定的になるかもしれません。
 市場予想は、失業率3.7%(前月横這い)、非農業部門雇用者数+19.
5万人(前回13.4万人)、平均時給前月比、+0.2%(前回+0.3%)
(調査数値はブルームバーグから)です。
 今回は、来週の米・中間選挙の結果待ちで相場への反応は期待薄とされてい
ます。ただ、今年は2月も10月も雇用統計結果による金利上昇が株式市場動
向に大きく影響しましたので、やはり注目しておく必要はあります。


 その米国の中間選挙。

 事前調査では、上院では共和党が過半数維持、下院は民主党が多数派に?と
の見方が有力と伝わります。この「ねじれ」予想通りの結果なら、大きな影響
はなく過ぎると思われますが、両院を民主党が押さえるとなると、今後の展開
についてイメージするのに混乱が起こり、市場の見方が収束するまで時間がか
かるように思います。

 10月は、世界株安連鎖が続いた中、「米財務長官による対日為替条項の要
求」、「英国EU離脱交渉の行き詰まり」、「サウジアラビア人記者の殺害事
件の謎による中東不安」「米中貿易戦争による影響」「イタリア財政問題」な
ど相場の重石になる事象が多発しました。その割には、ドル円相場の下値は限
られていたという印象があります。

 トランプ米大統領は、米国の利上げについて批判コメントを述べていました
が、米金利の動きには大きな影響を及ぼしておらず、10年物米国債利回りは
株安場面でも3%を切らず、12月のFRBによる政策金利上げは市場の大方
の予想するところです。


 ドル高の背景には、基本的には金融政策正常化のプロセスにある米国金利と
利上げへの道が遠い国との金利格差があると思われます。
 また、欧州に見られるように、イタリアの予算案が欧州委員会に提出される
も、原案は差し戻され再提出となるイタリア政治不安。経済的には、欧州の直
近のPMI(景気指数)の予想外の悪化。中国経済悪化の影響とも言われます。
政治的な面で付け加えれば、反応は限定的ながら直近のメルケル現首相の敗退
による任期満了での引退表明。と、欧州、パッとしません。
 ユーロ相場は、一時のレンジ1.15−1.17から下離れして、1.13
台で上下の動きです。

 そのEUからの離脱交渉が難航している英国では、2019年3月29日の
EU離脱を前に、「合意なきEU離脱」リスクが懸念されています。
 通貨ポンドは、今年8月の安値1.26台を試しに行くような下落基調。こ
のあたりのポンド下落の動きも、今回のドル高の背景ともなっているでしょう。


 明日から11月。年末を意識する時期。

 12月決算が主流の欧米では、例年、年越しの資金手当てが活発化してドル
金利上昇要因になります。また、多国籍企業の本国への資金回帰(リパトリ)
もあり、季節的にドル需要が高まります。

 年内に注目される政治的イベントとして、11月末(11月30日〜12月
1日)に行われるG20の場で、米中首脳会談が予定されていると伝わってい
ます。米中貿易戦争の行方が気になります。


 来週の米国中間選挙の結果、季節要因、諸々の事象を冷静に見ながら、11
月をイイ月にしていきたいですね。

 最後までお読みいただき、ありがとうございます。


※10月31日東京時間12時執筆
 本号の情報は10月30日のニューヨーク市場終値ベースを参照しています。
 なお、記載内容および筆者見解は参考情報として記しています。


式町 みどり拝


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/phaeuounio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


【石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!】


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信し
 ています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評
 です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


【高収益体質に改善!これからの業績伸長も期待でき、世界シェア75%など
 多岐にわたる製品を持ち、低PER低PBRのグルーバル技術企業を研究!】


 今週配信の有料メルマガでは、世界シェア75%など高技術な製品群を持ち、
好業績で低PER低PBR、資産も多くあり、将来の株式市場回復時にリバウ
ンドが狙えるグローバル企業を研究しています。

 また、コラムでは、「米国株のダウ平均などの年初来高値更新などから9月
の中旬からリバウンドし始めた日本の株式市場も、米国株の大きな下落という
ショックで、10月に入ったとたんに重力が増加したような急落をする株が多
くなりました。念力でスプーンが曲がったような急激な下落でしたが、下げ続
ける相場もないことから企業のファンダメンタルズをチェックしてリバウンド
を取りに行く準備をするときだと考えています。」と題し、ここのところの下
落相場での自身の持ち株の状況や、それに対する投資行動を、過去の経験から
導いて書いています。


 さらに、世界トップシェア製品をもつ企業から、数年後には大きく株価上昇
が期待出来る銘柄を、研究銘柄候補として5社取り上げています。

 金曜までにお申し込みの方には、本号も差し上げます。ぜひご購読を。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


 過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)http://okuchika.jugem.jp/?eid=5007
 銘柄研究 わらべや日洋(2918) http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
 銘柄研究 ミライアル(4238)  http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

過去サンプル(コラム)

 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 http://okuchika.net/?eid=6894

 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 http://okuchika.net/?eid=6789

 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる
 (2016/12/27)
 http://okuchika.net/?eid=6776

 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/11/06)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第214号好評配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第214号
が好評配信中です。


【中小型株の取材レポート満載!!】


【10/29 第214号では】

■相場の視点
■海外株動向
■クロスフォー(7810)展示会でのセミナー報告&株主総会報告
■サイネックス(2376)報告
■日創プロニティ(3440)Q&A


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、最新〜2005年1月分まで掲載しておりますが、
順次過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まと
め読みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/


===================================


 「億の近道」の有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:外国為替



JUGEMテーマ:FX




億の近道2018/10/30

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2018/10/30

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
        (本日の担当:石川臨太郎&大原浩)


   ◆コラム「有料メルマガライブラリから(269)」:石川臨太
   ◆コラム「孫子と三賢人のビジネス その2」:大原浩


===================================


◆コラム「有料メルマガライブラリから(269)」


 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライ
ブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致し
ないことを予めご了承下さい。


=コラム「バランス・シートを読むための簡単な知識(4)」=
 (有料メルマガ第348回・2015/9/22配信号)

※2015年9月現在の内容です。留意してお読み下さい。


【前略】


 今日は『パッと見てよい企業がどうか判断するコツ』について書いてみたい
と思います。


 先週までバランス・シートに何がかいてあるかを見てきました。来週からは
個々の勘定科目を少しだけ説明してこの企画を終了しようと考えています。

 今日は財務について学んだことを株式投資に適用する場合のヒントを学んで
おきたいと思います。

 特に資産の割安株、企業の解散価値と比べて、株価が大幅に安いときに購入
するという、一番やさしく間違いの少ないウォーレン・バフェット氏の師匠で
あるグレアムの投資手法を目指す、私のような投資家には一番役に立つ事項で
す。

 先週までにまなんだ二つの着目点でバランス・シートを見ることによって、
ほぼ一目でその財務が判別できるようになります。特に大急ぎでバランス・シ
ートを判断するときは、比率をはじくより固定資産と自己資本の金額の差、流
動資産と流動負債の金額の差を見ることだといわれています。

 どちらが大きいか。それによって感覚的にその企業がどんな財務体質を持っ
ているのかを掴むことができます。

 今日、このメルマガで取り上げた全ての企業は、どこからどう見ても、素晴
らしいピカピカの財務の優れた企業です。


〇借金づけのボロ会社を分析する暇は無い。

 株式投資をする場合には別に財務内容の悪い企業、不況抵抗力の無い企業に
投資する必要は有りません。

 ぱっとバランス・シートを見て財務内容が悪かったら投資しなければいいの
です。

 しかし一見して問題が無いように見えてもその資産の内容が腐っている場合
があります。会計トリックを使って、いろいろお化粧している企業があるわけ
です。そんなお化粧を見破るためには財務の知が役に立ちます。ただ公認会計
士のような専門家でも見破れないようなインチキを行っている企業もあります。
私が生れて始めて投資した東芝が、そんな企業でした。とても残念です。

☆ただしボロ株でも成長株はすごい変身を遂げることもあることも忘れないで
 ください。

 急成長して行く企業は、最初は借金漬けでボロボロの財務体質をしているこ
ともあります。

 数年前のバランス・シートはガタガタで、バランス・シートを見ただけでは、
とても投資する気持ちにはなれなかった企業が収益の伸びで素晴らしい財務内
容に変身していることもありえます。

 だから、個々の企業のファンダメンタルズを見るだけではダメで、その企業
の属する業種のファンダメンタルズ、また日本の、そして世界のファンダメン
タルズを見ていくことも必要です。

 でも最初から、あれもこれもでは身が持ちません。

 まずは個別企業の財務諸表を大づかみに把握できるだけのちょっとした知識
を身について活用しましょう。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信し
 ています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評
 です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


【高収益体質に改善!これからの業績伸長も期待でき、世界シェア75%など
 多岐にわたる製品を持ち、低PER低PBRのグルーバル技術企業を研究!】


 本日配信の有料メルマガでは、世界シェア75%など高技術な製品群を持ち、
好業績で低PER低PBR、資産も多くあり、将来の株式市場回復時にリバウ
ンドが狙えるグローバル企業を研究しています。

 また、コラムでは、「米国株のダウ平均などの年初来高値更新などから9月
の中旬からリバウンドし始めた日本の株式市場も、米国株の大きな下落という
ショックで、10月に入ったとたんに重力が増加したような急落をする株が多
くなりました。念力でスプーンが曲がったような急激な下落でしたが、下げ続
ける相場もないことから企業のファンダメンタルズをチェックしてリバウンド
を取りに行く準備をするときだと考えています。」と題し、ここのところの下
落相場での自身の持ち株の状況や、それに対する投資行動を、過去の経験から
導いて書いています。


 さらに、世界トップシェア製品をもつ企業から、数年後には大きく株価上昇
が期待出来る銘柄を、研究銘柄候補として5社取り上げています。


 金曜までにお申し込みの方には、本号も差し上げます。ぜひご購読を。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


 過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)http://okuchika.jugem.jp/?eid=5007
 銘柄研究 わらべや日洋(2918) http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
 銘柄研究 ミライアル(4238)  http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

過去サンプル(コラム)

 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 http://okuchika.net/?eid=6894

 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 http://okuchika.net/?eid=6789

 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる
 (2016/12/27)
 http://okuchika.net/?eid=6776

 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/11/06)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


◆コラム「孫子と三賢人のビジネスその2」


産業新潮 
http://sangyoshincho.world.coocan.jp/
11月号連載記事


■その2 戦争は短期決戦を良しとする


●「戦わずして勝つ」のが最善

 実は「戦争は短期決戦を良しとする」という言葉は、孫子のあまりにも有名
な言葉「戦わずして勝つ」と対を為しています。とにかく戦争というものは犠
牲が多いものです。ビジネスでも「◎◎戦争」と企業間の争いを表現すること
がありますが、そこまで激しい戦いですと、それぞれの企業の消耗度合いもか
なりのものになります。ですから、軍事においてもビジネスにおいても、「戦
争は回避すべき必要悪」ですから、起こさないのが最も賢い戦略です。

 しかし、軍事でもビジネスでも戦争を避けることができない場合もあります。
 例えば、相手が攻撃を仕掛けてきたときです。世の中には「敵が攻撃してき
たら、自分たちは無抵抗で殺されれば平和が保たれる」などと、馬鹿げたこと
を言う人間が(特に日本に)いますが、そのような人々は、率先して世界に無
数にある戦場に行っていただき、平和のために死んでいただきましょう・・・

 もちろん、軽微な攻撃ならばやり過ごして「戦わずして勝つ」ことも不可能
ではありません。しかし、大概の場合は反撃をしなければ自らを守ることがで
きません。しかし、そのようにやむにやまれぬ理由で戦争を起こす場合でも、
犠牲を最小減にするために短期決戦を心掛けなければなりません。戦争が長引
けば長引くほど、国家や企業の犠牲が必然的に増えるからです。
 国王(将軍)や株主(経営者)は、国家や企業が繁栄するため行動すべきで
すから、無駄な犠牲を払ってはならないのです。


●日雇い投資と長期投資(バフェット流)

 世の中のほとんどの投資家は日雇い投資家(デイトレーダー)です。日雇い
労働者は、朝トラックの荷台に飛び乗って、工事現場で汗を流せば夕方帰ると
きにわずかばかりの日当をもらえます(日雇い投資家はそれさえもらえるかど
うか定かではありませんが・・・)。
 このようなやり方は「短期」と呼ばれますが、実は孫子が指摘する「ずるず
ると長引く消耗戦」なのです。なぜなら、このような日雇い方式では、一度に
稼ぐことができないため、毎日働かなければなりませんし、雨の日など仕事が
無い時には、ごくわずかの蓄えさえ食いつぶさなければならないからです。

 それに対して、バフェットは長期投資家として有名です。一度購入した企業
の株式はなかなか売却しませんが、例えば、一つの企業の株式を20年間保有
したとしましょう。売買(戦争)を行うのは、最初の1回と最後の1回の合計
2回だけです。ところが、日雇い投資家は毎日売買(戦争)を行うわけですか
ら、行わなければならない戦いの数は数え切れません。これこそが孫子が指摘
する「するずると長引く消耗戦」なのです。

 バフェットは「ただ1度の熟慮した決断がうまくいかないのであれば、それ
よりも集中力が劣った多数の判断がうまくいくはずが無い」と述べています。
 孫子もバフェットも、「絶対に負けない(損をしない)ようにすること」を
信条にしています。戦いには絶対に負けられないのですから、一つに集中し、
あれもこれもと散漫な戦いをすべきではありません。


続きは「産業新潮」
http://sangyoshincho.world.coocan.jp/
11月号をご参照ください。


(大原浩)


★2018年4月に大蔵省(財務省)OBの有地浩氏と「人間経済科学研究所」
 (JKK)を設立しました。HPは<https://j-kk.org/>です。

★夕刊フジにて「バフェットの次を行く投資術」が連載されています。
(毎週木曜日連載)


【大原浩の書籍】

★バフェット流で読み解くGINZAX30社2019年度版<上巻+下巻>
(昇龍社・アマゾンキンドル版)が発刊されました。
 上巻:https://amzn.to/2ztqB3m
 下巻:https://amzn.to/2L7olUf

★「バフェット38の教え・応用編」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
 https://amzn.to/2Lxd8sJ

★「バフェット38の教え」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
 http://amzn.to/2f7AZkD

★終身雇用の実力主義―バフェットとポーターに学ぶナンバーワン企業戦略―
 アマゾン・キンドル版
 https://amzn.to/2GdMYx2

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2018年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)が発刊されました。
 上巻:http://amzn.to/2wtdH3m
 下巻:http://amzn.to/2wjJTFE

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2017年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)
 上巻:http://amzn.to/2clE4yw
 下巻:http://amzn.to/2clFbxZ

★バフェット流で読み解く、GINZAX30社<特選・優良企業>
 昇龍社、アマゾン・キンドル版<上・下巻>2016年度版
 http://goo.gl/3icB5G
 http://goo.gl/ltVLIs

★『投資の神様』(バフェット流投資で、勝ち組投資家になる)<総合法令>
  http://goo.gl/MKtnf6

★「客家大富豪の教え」18の金言」に学ぶ、真の幸せをつかむ方法
 著者:甘粕正 <アマゾンキンドル版>
 http://goo.gl/rKIvhB

★「賢人バフェットに学ぶ・投資と経営の成功法則」
 昇龍社(アマゾン・キンドル版)
 http://goo.gl/UMxBYs

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2014)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/Blo6KT

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2013)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/iz1GUV


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/wriatavoup
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第214号好評配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第214号
が好評配信中です。


【中小型株の取材レポート満載!!】


【10/29 第214号では】

■相場の視点
■海外株動向
■クロスフォー(7810)展示会でのセミナー報告&株主総会報告
■サイネックス(2376)報告
■日創プロニティ(3440)Q&A


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。


===================================

当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================

JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:ビジネス




億の近道2018/10/29


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2018/10/29

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★


===================================


             −本日の目次−
      (本日の担当:炎のファンドマネージャー)


        ◆コラム「社会貢献型企業の評価」
        ◆コラム「成長株の下方修正」
        ◆コラム「相場感を俳句や川柳で語る」


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第33回目「Fallする秋相場」がアップされました。


 第33回目「Fallする秋相場」
 【YouTube】https://youtu.be/hurlQF_XCzk
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/1540606624

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。
 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めております
ので宜しくお願いします。


===================================


◆コラム「社会貢献型企業の評価」


 企業は営利を目的に設立され、数々の苦労を経て上場に及んでいますが最近
ではESG(環境、社会、企業統治)の視点で高く評価されるようになってき
ました。
 ESGを前提にした企業活動により利益を上げて、その中から株主に利益を
配分する好循環を通じ社会に貢献することが高評価につながるという訳です。


 欧州などを中心にしたESG投資では結果としてPER、PBRの投資尺度
が高まることになりますが、日本市場においてもそうしたESG投資により評
価を高めている企業があります。

 直近のアドソル日進(3837)がESGにより評価を高め、障害者雇用支
援サービスのエスプール(2471)が業績の向上を背景に時価総額を向上さ
せたのもESG投資が背景になっていると言えそうです。

 これらは概ねPERは30倍を超える水準になっており、市場平均を大きく
上回っています。さすがに全体相場の調整の中でこれらの銘柄も現実には売り
込まれているのですが、ESG投資の視点で今後も引き続き注目を集める可能
性があります。

 調整相場の中で皆さんもこうした視点で銘柄選定をされると良いかと思いま
す。


 ただ、この一方で社会貢献型企業を標榜しながらなかなか評価が高まらない
企業もあります。
 例えば地方創生をテーマに社会貢献型ビジネスを展開するサイネックス(2
376)は長期的な株価下落トレンドを描いておりESGの視点で評価の余地
があります。株価の低迷は経営者の意識の低さが背景でもあります。ESGの
視点でPERは30倍となるなら株価は2000円、時価総額は120億円が
あっても良いのでしょうが、時価は750円以下で時価総額も50億円以下に
留まっています。保有している現預金並みにしか評価されていない現実があり
ます。


 こうした銘柄はこのほかにも見い出せるかも知れません。

 ESG投資は欧米の機関投資家を中心に企業の投資価値を測る新しい評価項
目として関心を集めるようになったようです。従来型の投資が売上や利益など
過去の実績を表す財務指標を重視したのに対して、ESG投資は環境、社会、
企業統治を重視することが結局は企業の持続的成長や中長期的収益の向上につ
ながり財務指標からは見えにくいリスクを排除できるとの発想に基づいていま
す。
 世界中のESG投資につながるファンドの運用額は一説によると昨年段階で
62兆ドル(7000兆円)に達すると推察されます。


 全体相場の調整の中ですが、皆さん自身が改めてESG視点での投資を心が
けてはいかがかと思います。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


◆コラム「成長株の下方修正」


 2015年9月に上場したTOKYO BASE(3415)は若手経営者
に率いられた成長指向の強いファッション系企業ですが、先般今2月期業績を
下方修正して株価を昨年の高値から3分の1以下の水準にまで押し下げていま
す。

 成長株の業績下方修正はそれまでの成長期待が高かった分、期待外れとなり
下方修正後の株価下落の大きくなりがちです。


 あの話題のZOZOTOWNでの売上なども見込み違いがあっての下方修正
ですので、自業自得と言えばそれまでですが、谷社長は先日の説明会でリカバ
リ―のための施策を説明していました。

 同社は消費関連銘柄の新興勢力と言えますが、2014年の経常利益5億円
から毎期利益を拡大。前期は経常利益16億円弱まで伸ばし、今期も20億円
を期初見込んでいたのですが、それを13.5億円(前期比14.2%減)に
下方修正。EPSも29円台から19円台へとダウン。
 利益成長を優先させてきたのでIPO後、3年経過しても無配のまま。3回
の株式分割で発行済み株式数が膨らんでいますので時価総額は260億円とま
だプレミアムがついた状態にあります。

 リカバリー作戦が功を奏すかどうかが今後の鍵を握りますが、ハイエンド・
カジュアル業態の「PUBLIC TOKYO」を今秋より開始したようです
ので株価下落の中で期待が膨らみつつあるというのが現状かと思います。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ本日第214号配信!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第214号
が本日配信されました。


【中小型株の取材レポート満載!!】


【10/29 第214号では】

■相場の視点
■海外株動向
■クロスフォー(7810)展示会でのセミナー報告&株主総会報告
■サイネックス(2376)報告
■日創プロニティ(3440)Q&A


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


◆コラム「相場感を俳句や川柳で語る」


 自然災害が多発した今年もはや10月後半。ようやく爽やかな秋空が広がる
今日この頃ですが、読者の皆様お元気でしょうか。


 このところまた株式相場は調整の動きが見られますが、こうした相場展開に
皆様がどう向き合えば良いのかのヒントを過去より筆者はお伝えしてきたと自
負しております。

 1999年に創刊され19年と言う期間が経過しようとしている本誌も初期
段階では読者数も少なかったので、読者数を増やすためと思い、様々なコンテ
ンツを配信しました。
 その一つが俳句(川柳)でした。そもそも「億の近道」のネーミングは創刊
する際に発起人有志でつけたのですが、あの俳諧で有名な松尾芭蕉の「奥の細
道」にもじったものだと言うのはご存知の通り。


 俳句は季語を入れた5・7・5の日本特有の文学。
 現在ではその流れを汲んで季語のない自由な5・7・5の川柳も一般化し多
くの皆さんが趣味で楽しんでおられるようです。

 第一生命が1985年に社内広報誌の企画で募集開始したサラリーマン川柳
は一躍有名になるなど今や飲料のボトルにも掲載されるなど根強いファンがお
見えです。


 そこで本日は私、炎が株式投資家川柳を皆様にご披露したいと考えておりま
す。また、私の友人である株尾芭蕉先生に株にまつわる俳句を詠んで頂くこと
にしました。

 それらを通じて面白おかしく現在の株式相場の有様と微妙な投資家心理を読
み取って頂ければ幸いです。


 それではまず私の川柳から。

1.銘柄の 名前も知らず 株上がる(炎)

 このところ聞いたこともないような普段見向きもされないような小型銘柄が
 上がる理由もよくわからずに急騰を演じているようです。


 これに対して株尾先生には


2.銘柄の 虫の知らせで 株上がる(株尾芭蕉)

という秋の季語である虫を入れた俳句を詠んで頂きました。


 エムティジェネックス(9820)などもともと時価総額が20億円台とか
低い位置にあった銘柄が急騰したことをヒントにこれに似たような地域新聞社
(2164)やQボード上場のメディアファイブ(3824)などの小型銘柄
に広がりを見せるなど、新たな人気銘柄探しが始まったようです。


 私も負けじと

3.急ぎ騰げ 明日はどうなと 構わない(炎)

と返しました。
 急騰銘柄の動きはかなり投機的で明日のことなど考えていないようにも思え
てのもの。


 これに対して株尾先生はまた


4.赤い羽 つけて株高 願うかな(株尾芭蕉)

と見事な秋の季語入りの俳句。しかも意味深な俳句です。
 多くは語りませんが、皆さんもこの句の意味を一度考えて頂くと幸いです。


 こうした株をめぐる川柳と俳句の掛け合いを次回以降も続けたいと思います。


*有料メルマガ「炎の投資情報」ではこうした作品とその裏にある株の世界の
 話をオクチカに先行して読者の皆様にお送りする予定ですのでお楽しみに願
 います。ぜひこの際、有料メルマガをご購読頂けましたら幸いです。


 本日は最後に億の近道の読者に一句。


オクチカの 情を信じ 株を買う(炎)

 情に報いるのが情報。億の近道が多くの読者の皆様にお届けする情報は読者
 の皆様が結果として受け入れて頂き一緒に考えて頂くことで社会的に価値を
 生むのではないか。多くの皆様が読者として存在している情に報いるための
 活動を細く長く続けていく。そう考えながら私は還暦を超えた老体に鞭打ち
 ながら長年の執筆活動を無償で続けている訳です。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2018/10/26


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2018/10/26号

              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
           (本日の担当:水島寒月)


         ◆コラム「市場潮流」:水島寒月


===================================


■ お知らせ ■


 明日〆切! 中小型株を中心とした
 炎ファンドマネージャー「年末に向けた過去IPO銘柄投資戦略」セミナー


 億の近道月曜日担当の炎ファンドマネージャーが、ここ数年のIPO銘柄を
取り上げ、ここから年間に向けた各個別の投資戦略を語ります。

 ・先行投資で株価低迷中の具体的銘柄への取り組み方
 ・中長期的視点でリターンを上げるためのヒント
 ・少し早いが2018年のIPO銘柄を振り返ってみよう
 ・忘れられた過去3年のIPO銘柄
 ・これからのIPO銘柄の取り組み方
 ・時代の潮流を表すIPO銘柄
 ・投資テーマとIPO銘柄

などをお話します。
 是非、奮ってご参加ください。
(内容は変更することがあります)


【開催概要】

日時:11月3日(土)
   13:15開場 13:30開始 16:30終了予定

場所:東京都渋谷区
    場所の詳細は、お申し込み後にご案内いたします。


参加費:5,000円(税込)

講師:炎のファンドマネージャー

※終了後、有志にて懇親会を行います。炎ファンドマネージャーも参加します。
 参加費用は5,000円です。
 セミナーお申し込み時にお知らせ下さい。


【申込要項】

1.こちらのフォームに必要事項を入力・送信して下さい。

  https://goo.gl/18rS3U

2.お支払いはクレジットカード払いのみとなっております。

 ※10/28 23:59にお申し込み〆切となります。


【注意事項】

1.当日の撮影・録音等は固くお断りいたします。
2.途中参加、途中退出も可能ですが、参加費は返金いたしかねます。


※当セミナーは、特定の金融商品を斡旋・販売するようなことはありません。
 純粋に情報提供ですので、安心してご参加下さい。

主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第33回目「Fallする秋相場」がアップされました。


 第33回目「Fallする秋相場」
 【YouTube】https://youtu.be/hurlQF_XCzk
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/1540606624

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。
 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めております
ので宜しくお願いします。


===================================


◆コラム「市場潮流」


 今週(10月22〜26日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で13
47円48銭下落し(率にして6.0%の下落)、2万1184円60銭で取
引を終えました。4週連続の下落です。
 世界景気の不透明感の高まりから、米国株が急落し、国内株式市場でも、リ
スク回避のための売りが広がりました。

 週初の22日(月)は、中国・上海総合指数が4%を超える大幅な上昇とな
ったことを受け、日経平均株価は3営業日ぶりに反発しました。
 しかし、23日(火)は米国株やアジア各国の株価を嫌気して、日経平均株
価は604円の大幅安。
 24日(水)は小反発したものの、25日(木)は前日の米国株の急落を受
け、日経平均株価は822円安となり、3月29日以来ほぼ7カ月ぶりの安値
をつけました。
 週末の26日(金)は前日のNYダウが400ドル超の上昇となった割りに
は戻りが鈍く、日経平均株価は84円安で終わりました。

 中国の景気減速への警戒感が高いことに加え、25日に発表されたアマゾン
・ドット・コムやアルファベット(グーグル)などの決算発表で、売上高が市
場予想を下回ったことなども買い手控え要因となり、東証株価指数(TOPI
X)は年初来安値を更新しました。


 来週は、30日から31日にかけ、日銀金融政策会合が行われますが、現状
の金融政策が維持される見通しです。これらを背景に、円が売られやすい展開
になるものと見込まれます。

 26日の東証1部の騰落レシオ(25日移動平均)は73.83まで下落し
ており、国内株式相場は戻りを試す展開になるのではないでしょうか。


(水島寒月)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/ciowaijeak
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第213号好評配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第213号
が好評配信中です。


【中小型株の大化け銘柄発掘チャンス!!】


【10/22 第213号では】

■相場の視点
■特別コラム:川柳や俳句で詠む株式相場や投資家心理
■ソフトバンクG株の調整で日経平均の主役は他の銘柄に移る?
■急騰する小型株(11銘柄)
■特選銘柄コメント(3銘柄)
■炎の注目2銘柄


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


【石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!】


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


【決算発表でリバウンド期待!世界トップクラスのシェアと技術力を持ち、こ
 こ10年赤字無しで、M&A活用で新分野にも意欲的なグローバル企業を研
 究!!】


 今週配信の有料メルマガでは、日本発世界企業で高シェア製品を数多く持ち、
2009年以降赤字無し、強力な子会社を傘下に収め、M&A活用でさらなる
分野にも進出、増配も期待出来る、円安局面で強いグローバル企業を研究して
います。

 また、コラムでは、「少し腹を据えて、この企業の事業に投資をしたいと決
断した企業の株を、短期的な株価の動きを無視して買って、持ち続けたい。そ
のように感じられる企業をかなり見つけることが出来ました。もちろんキャピ
タル・ゲイン狙いや配当や優待を狙う投資対象としての株も選んでいますが、
株価の変動を無視して投資したい事業を行う企業への投資も増やすことを考え
ています。」と題し、過去の大暴落から学んだ教訓を共有するとともに、現在
の筆者の投資行動を通じて、むずかしい相場へ対応する考え方を、20銘柄以
上を挙げて考察しています。

 さらに割安感が高い3銘柄を研究銘柄候補として取り上げています。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


 過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)http://okuchika.jugem.jp/?eid=5007
 銘柄研究 わらべや日洋(2918) http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
 銘柄研究 ミライアル(4238)  http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

過去サンプル(コラム)

 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 http://okuchika.net/?eid=6894

 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 http://okuchika.net/?eid=6789

 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる
 (2016/12/27)
 http://okuchika.net/?eid=6776

 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/11/06)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/


===================================


 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================

JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2018/10/25


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2018/10/25号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
        (本日の担当:街のコンサルタント)


          ◆コラム「気になること色々」


===================================


■残席わずか!山本潤氏の「中間決算分析セミナー」開催!!


 「億の近道」発行元NPO法人イノベーターズ・フォーラム理事で、
リンクスリサーチアナリストの山本潤氏が、中間決算を読み解く分析セミナー
を行います。

 有価証券報告書の財務分析セミナーに続く、演習を含んだセミナーです。


【開催概要】

日時:11月25日(日)

「数式なしでバリュエーションを計算するための10のステップ」
(5〜7年後の予想配当利回りで銘柄を選別する)」
・中間決算のとりまとめ(季節性のチェック)
・業績での安心感のある銘柄を中心に分析
・午前に学習した「数式なしでのバリュエーション」による株価評価
・上値余地が高いものをテーブルごとに発表

 詳細・お申し込みはこちら

 http://okuchika.net/?eid=7990


主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム 株式会社リンクスリサーチ


===================================


◆コラム「気になること色々」


 先日は、国内製造業は同業他社との激しい技術競争とコスト競争の中で技術
(製品)優位性を発揮することが難しくなっていると書きましたが、日本企業
は自らの変革が遅いだけでなく、過重な規制にも影響を受け産業の新陳代謝が
進みません。

 M&Aなどを通して規模を拡大し世界に打って出たいところですが、国内の
規制に縛られ出遅れています。それ故に、成長の無い国内市場でパイの奪い合
いをしなければならない企業(業種)に投資していてはリターンを得られませ
ん。

 この辺りの見極めも難しいです。


 折しも中国発・・・と言いたくなる世界的な株安。
 米国市場の好材料は出尽くし感がありますし、中国の悪材料は(開示の悪い
国故に)これからと言えます。先々週に書きましたように、今回の下落は以前
とは異質の下げと感じます。とは言え、中国政府もこのまま何もせずとは考え
られず、日本株にしてもピークを迎えたと言えるほどの陶酔感が無いところが
悩ましいです(^^;)


 さて、そんな中で、まずスルガ銀行ですが、オーナー一族は早々に株を手放
し経営から離れる意向を示しました。「決断が早いなぁ〜」と感じました。

 オーナー親族企業への不祥事の責任追及をしないとの約束で?新経営陣にバ
トンタッチした(つもり)のかもと勘ぐっています。相当のパワハラで組織を
牛耳っていたのに随分あっさりと手を引いたのですから。
 誰が引き継ぐかで普通はオーナー一族で内紛になりそうなものですが、実は
一族総出で会社を食い物にしていたため、内紛などしている場合では無く、サ
ッサと手を引く決断をするほど酷い状態だったかと考えられる辺りが気になり
ます。

 とすると新経営陣も十分な責任追及を出来ぬまま、つまり組織風土を大きく
変えることが出来ないままに身売りするのではないかと考えている次第です。

 違法な貸付けが多いとは言え大きく不良資産が積み上がるとは思えず、また
資金繰りに詰まることも無さそうですから、倒産とか自主廃業と言ったストー
リーにはならないと考えています。精査を待たねばなりませんが、ザックリと
千数百億円ぐらい?を引当てて、身綺麗にしたうえで何処かに買収される可能
性も高そうです。


 早速ファンドの騎手であるブラックロック・グループが5%超の大量保有報
告書を出してきました。時価総額で1,500億円前後(株価で600円台半
ば)が取得コストでは無いかと考えています。

 さて、同行の今後について当局がどう対応するのか?・・・も楽しみです
(^^)


 次にZOZOですが、通販をオンラインにしただけで、言わば楽天の衣料品
専門店的ビジネスで時価総額1兆円と言うのも気になります。
 進んだIT技術によりスマホ対応に注力するなど、使い易さを武器に若年層
に支持され他社の一歩先を行く工夫はありますが・・・。

 楽天もピーク時には3兆円ほどの時価総額がありましたが、今は1兆円を超
えた辺りを上下しています。営業利益も伸びていますがPERは10倍程度で
落ち着いてきました。
 アマゾンなど有力IT企業が多数進出してきている中で、楽天とて通販事業
中心のままでは伸びは期待できませんし、国内市場には限界があります。それ
故に金融事業など多角化を図っています。

 そんな中で、衣料品ネット専門店の時価総額がそれらと肩を並べていると言
うのも現実的とは思えません。今期会社予想も過大に見えますし、いつまでも
30%以上の営業利益を維持するのも難しいと感じますから、今夏には何故に
時価総額で1.5兆円までも買われたのか不思議でした。まあ3〜4、000
億円もあれば十分かと。

 オッサン世代には馴染まないものの若年層の評価は高そうですから、一概に
割高と言い辛いところもありますが・・・(苦笑)


 個人的には、どちらかと言えば、時価総額4,300億円のメルカリの方に
興味があります。競争相手は増えているものの、ネット上のフリマ経済圏はま
だ新しい市場と思います故。

 また、ファーストリテイリングの時価総額が6兆円と言うのも凄いですが、
こちらは衣料品製造販売の代表企業ですし、今後の店舗展開にも期待できます。
また日銀の保有率も高いなど、指数に大きく影響を与える銘柄故にホールドさ
れる株数も多いため、時価総額が上がり易い側面を持っています。


 余談ですが、今年もオリックスの株主優待に満足しています。既に時価総額
2兆円越えの銘柄で大きな値上がり期待は薄れていますが、業績も悪くないし、
配当利回りも高いし、株主優待も良いですから、安くなったときに少し買って
おくと言うのも。
 数年前に株主優待制度を作ってから個人株主が大幅増になったようです。


 思いついた事柄をつらつらと書いてみました。


(街のコンサルタント)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。また、当該情報は執筆時点での取材及び
調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/stuweawesl
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


【石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!】


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。



【決算発表でリバウンド期待!世界トップクラスのシェアと技術力を持ち、こ
 こ10年赤字無しで、M&A活用で新分野にも意欲的なグローバル企業を研
 究!!】


 今週配信の有料メルマガでは、日本発世界企業で高シェア製品を数多く持ち、
2009年以降赤字無し、強力な子会社を傘下に収め、M&A活用でさらなる
分野にも進出、増配も期待出来る、円安局面で強いグローバル企業を研究して
います。

 また、コラムでは、「少し腹を据えて、この企業の事業に投資をしたいと決
断した企業の株を、短期的な株価の動きを無視して買って、持ち続けたい。そ
のように感じられる企業をかなり見つけることが出来ました。もちろんキャピ
タル・ゲイン狙いや配当や優待を狙う投資対象としての株も選んでいますが、
株価の変動を無視して投資したい事業を行う企業への投資も増やすことを考え
ています。」と題し、過去の大暴落から学んだ教訓を共有するとともに、現在
の筆者の投資行動を通じて、むずかしい相場へ対応する考え方を、20銘柄以
上を挙げて考察しています。

 さらに割安感が高い3銘柄を研究銘柄候補として取り上げています。

 金曜までにお申し込みの方には、本号も差し上げます。ぜひご購読を。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


 過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)http://okuchika.jugem.jp/?eid=5007
 銘柄研究 わらべや日洋(2918) http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
 銘柄研究 ミライアル(4238)  http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

過去サンプル(コラム)

 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 http://okuchika.net/?eid=6894

 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 http://okuchika.net/?eid=6789

 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる
 (2016/12/27)
 http://okuchika.net/?eid=6776

 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/11/06)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第213号好評配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第213号
が好評配信中です。


【中小型株の大化け銘柄発掘チャンス!!】


【10/22 第213号では】

■相場の視点
■特別コラム:川柳や俳句で詠む株式相場や投資家心理
■ソフトバンクG株の調整で日経平均の主役は他の銘柄に移る?
■急騰する小型株(11銘柄)
■特選銘柄コメント(3銘柄)
■炎の注目2銘柄


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/

===================================

 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2018/10/24


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2018/10/24号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:小屋洋一)


  ◆コラム「資産形成ダイナミックメカニズム 最終回」:小屋洋一


===================================


■まもなく〆切!
 炎ファンドマネージャー「年末に向けた過去IPO銘柄投資戦略」セミナー
 中小型銘柄を中心に開催!!■


 億の近道月曜日担当の炎ファンドマネージャーが、ここ数年のIPO銘柄を
取り上げ、ここから年間に向けた各個別の投資戦略を語ります。

 ・先行投資で株価低迷中の具体的銘柄への取り組み方
 ・中長期的視点でリターンを上げるためのヒント
 ・少し早いが2018年のIPO銘柄を振り返ってみよう
 ・忘れられた過去3年のIPO銘柄
 ・これからのIPO銘柄の取り組み方
 ・時代の潮流を表すIPO銘柄
 ・投資テーマとIPO銘柄

などをお話します。
 是非、奮ってご参加ください。
(内容は一部変更することがあります)


【開催概要】

日時:11月3日(土)
   13:15開場 13:30開始 16:30終了予定

場所:東京都渋谷区
    場所の詳細は、お申し込み後にご案内いたします。


参加費:5,000円(税込)

講師:炎のファンドマネージャー

※終了後、有志にて懇親会を行います。炎ファンドマネージャーも参加します。
 参加費用は5,000円です。
 セミナーお申し込み時にお知らせ下さい。


【申込要項】

1.こちらのフォームに必要事項を入力・送信して下さい。

  https://goo.gl/18rS3U

2.お支払いはクレジットカード払いのみとなっております。

 ※満席になり次第、お申し込み〆切となりますのでご注意下さい。


【注意事項】

1.当日の撮影・録音等は固くお断りいたします。
2.途中参加、途中退出も可能ですが、参加費は返金いたしかねます。


※当セミナーは、特定の金融商品を斡旋・販売するようなことはありません。
 純粋に情報提供ですので、安心してご参加下さい。

主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム


===================================


◆コラム「資産形成ダイナミックメカニズム 最終回」


 5回にわたってお届けした資産形成ダイナミックメカニズムの解説もようや
く最終回です。


 第1回 ⇒ http://okuchika.net/?eid=7926
 第2回 ⇒ http://okuchika.net/?eid=7956
 第3回 ⇒ http://okuchika.net/?eid=7978
 第4回 ⇒ http://okuchika.net/?eid=8003


 前回は、ようやく資産運用のコンサルタントっぽい、主に金融商品や不動産
などの資産運用について取り組むべきこと注意することを説明しました。


 最終回は、こんどはお金を使う話です。


(2)支出の抑制

 1)ライフスタイルコストの抑制


 色々なところでよく言われる話ですが、お金を持っている人に

「どうすればお金が貯まるのですか?」

と質問をすると

「入ってくるよりも使わなければお金は貯まります」

と答えられるという話があります。


 お金は、入ってくるお金の額よりも使うお金の額が少なければ自然と貯まっ
ていくものです。

 とても当たり前の話ですが、お金を貯めている人が少ないことからも普通の
人がなかなか実践するのは難しいのでしょう。


 一方で、普段お金持ちと接することの多い我々は、当然お金持ちの行動をよ
く観察します。

 これがまたびっくりするくらい、慎ましく派手なお金の使い方をしない人が
多いものです。

 なので、一般的な人が描くお金持ちのイメージと、我々アドバイザーが触れ
るお金持ちの実像にはかなりのギャップがあります。


   1.固定資産の維持費の抑制
     
          a.固定資産取得に伴うローン元利払い
     b.損害保険料
     c.定期修繕費


 固定資産の代表的なものは「自宅」の不動産です。

 最近、経済学者のロバート・フランクが周囲との比較で満足を得るものを
「地位財」、他人との相対比較とは関係なく幸せが得られるものを「非地位財」
と整理しました。

 「地位財」の具体例は、所得や貯蓄、役職などの社会的地位、家やクルマな
どの物的財。
 一方の「非地位財」は、健康、自由、愛情などです。

 こうした、「地位財」の代表的なものが自宅でもあります。

 ここの比重が高い人は、「地位財」にお金を使う傾向も高く、支出の抑制に
苦労するタイプです。

 そもそも、こうした「地位財」の入手による幸福度は長続きしないものです。



   2.生活費の抑制


 生活費の水準は、本当に各家庭まちまちです。

 コンサルティングをしている現場で思うことは

「この家庭は資産運用に取り組むよりも、生活費水準を見直した方がよっぽど
効果的だよな」

というケースが多いです。


 例えば、1,000万円の金融資産を保有している人が、資産運用に取り組
んで1%の利回り向上ができて資産の増加する額は年間10万円です。
(税引き後だと8万円になってしまいます)

 しかし、同じ人が月1万円の生活費の見直しができるのであれば、その効果
は年間12万円の資産増加につながります。


 どちらが簡単に取り組めることでしょうか?

 またどちらが効果的でしょうか?


 こう考えると、資産運用に取り組む前に、自らの家庭の支出水準をもう一度
考え直す方が資産形成の手法としては簡単で確実になるケースが多いです。



   3.保障性生命保険の効率的購入

 先程、生活費水準の見直しを指摘しましたが、最後は保障性生命保険の話で
す。

 生命保険の話については、過去にさんざんメルマガでもブログでも書いてき
ました。
 http://okuchika.net/?eid=7870


 私が相談に乗るケースでも9割程度の家庭は、生命保険の加入額が不必要に
多いケースになってます。

 この辺りも合理的に生命保険に加入するだけで、毎月の支出が抑えられ、そ
れが自らの資産の増加につながります。


 こうしてみてきた通り、資産運用に取り組むよりも

・自分の収入を最大化する
・自分の支出を適正に見直す

事の方が、よっぽど重要で確実な方法であることがご理解いただけたのではな
いかと思います。


 皆さんも、まずは収入、支出についてもう一度見直してみてください。


株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋 洋一


無料で資産運用の相談をしてみたい方はコチラ

http://abvom.biz/brd/archives/ahwxrr.html


具体的な老後資金のプランニングをしたい方はこちら
↓(10月はあと先着3名様のみ受付可能です)
http://abvom.biz/brd/archives/oqjjbm.html


■小屋洋一の資産運用メール講座■
 資産運用についてメール講座で学びませんか?
 これまで300人以上にアドバイスしてきた資産運用のプロ、小屋洋一が、
 資産運用で成功する人と失敗する人の違いをお教えします。

詳しくは http://mlplanning.co.jp/mail/


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/presouthia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第213号好評配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第213号
が好評配信中です。


【中小型株の大化け銘柄発掘チャンス!!】


【10/22 第213号では】

■相場の視点
■特別コラム:川柳や俳句で詠む株式相場や投資家心理
■ソフトバンクG株の調整で日経平均の主役は他の銘柄に移る?
■急騰する小型株(11銘柄)
■特選銘柄コメント(3銘柄)
■炎の注目2銘柄


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


【石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!】


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


【決算発表でリバウンド期待!世界トップクラスのシェアと技術力を持ち、こ
 こ10年赤字無しで、M&A活用で新分野にも意欲的なグローバル企業を研
 究!!】


 今週配信の有料メルマガでは、日本発世界企業で高シェア製品を数多く持ち、
2009年以降赤字無し、強力な子会社を傘下に収め、M&A活用でさらなる
分野にも進出、増配も期待出来る、円安局面で強いグローバル企業を研究して
います。

 また、コラムでは、「少し腹を据えて、この企業の事業に投資をしたいと決
断した企業の株を、短期的な株価の動きを無視して買って、持ち続けたい。そ
のように感じられる企業をかなり見つけることが出来ました。もちろんキャピ
タル・ゲイン狙いや配当や優待を狙う投資対象としての株も選んでいますが、
株価の変動を無視して投資したい事業を行う企業への投資も増やすことを考え
ています。」と題し、過去の大暴落から学んだ教訓を共有するとともに、現在
の筆者の投資行動を通じて、むずかしい相場へ対応する考え方を、20銘柄以
上を挙げて考察しています。

 さらに割安感が高い3銘柄を研究銘柄候補として取り上げています。

 金曜までにお申し込みの方には、本号も差し上げます。ぜひご購読を。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


 過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)http://okuchika.jugem.jp/?eid=5007
 銘柄研究 わらべや日洋(2918) http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
 銘柄研究 ミライアル(4238)  http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

過去サンプル(コラム)

 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 http://okuchika.net/?eid=6894

 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 http://okuchika.net/?eid=6789

 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる
 (2016/12/27)
 http://okuchika.net/?eid=6776

 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/11/06)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/

===================================

 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:経済全般




calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM