億も要らない2000万円の金融資産づくり

1132814335-6326.jpg



 年金問題はついに老後の生活資金が2000万円必要との話になってきました。年金制度に不安を覚える皆さんに自ら積極的に年金づくりを行ってもらいたいと考え、過去様々にコンテンツを提供してきた本メルマガの一員としてもこの話を聞いて気が引き締まる思いです。

 そもそも株式啓蒙メルマガ「億の近道」のコンセプトは自助努力で億の金融資産を創ることにありました。1億円の資産づくりではなくその5分の1の資産づくりなら容易いのではと、この金額を聞いてむしろ楽観的に考える次第です。


 そもそも100万円程度のお金を持つまでの最低限の貯蓄努力はしないとなりません。その100万円を毎年2倍にすれば7年間で1億円になるというのが夢のような億の近道のコンセプトではありますが、その実現には紆余曲折があることは事実です。
 相応のリスクテイクをし続ける必要があるのですから目標達成には忍耐が求められます。

 一方、コツコツと貯めた100万円の運用資金を10年程度をかけて2000万円にするには、年間2倍にするという目標は不要で、年間40%程度の成果があれば良いことになります。
 これが20年ならもっと低い期待利回り(15%程度)でもOKです。

 とは言え、長期に安定したリターンを確保するはむしろ難しいのかも知れません。株式相場は短期的には思い通りならないからです。


 つまり、年率40%の成果が続くと複利で9年後には2000万円になる訳です。何かと物入りの働き盛りの時期には難しい相談なのかも知れませんが、50歳程度から100万円から始めることもできます。

 100万円⇒1年後140万円⇒2年後196万円⇒3年後274万円⇒4年後384万円⇒5年後538万円⇒6年後753万円⇒7年後1054万円⇒8年後1476万円⇒9年後2066万円

 年率平均20%の成果なら17年後には100万円は2000万円を超えることになります。

 年率40%や20%の運用成果は難しいとあきらめては勿体ない。
 市場には絶えず株価が2倍、3倍にもなる銘柄が存在していることも事実。
 こうした銘柄を見出す小さな努力とリスクテイクする多少の勇気が求められていることを肝に銘じて頂ければと思います。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




相川伸夫の丸順訪問・ピックアップ銘柄本決算フォロー

8893c661b55a2a2ad0e64156eeb4b2c1_s.jpg



■相川伸夫ピックアップ銘柄フォロー
 ※6月14日(金)執筆時点

・山王(3441)2016年12月19日配信
 株価560円⇒703円(+26%)
・テノックス(1905)17年2月20日配信
 株価815円⇒816円(+0%)
・LCホールディングス(8938)17年4月3日配信
 株価894円⇒1416円(+58%)
・特殊電極(3437)17年6月12日配信
 株価2922円⇒5130円(+76%)
・東北特殊鋼(5484)17年9月4日配信
 株価1831円⇒1395円(−24%)
・新報国製鉄(5542)17年10月2日配信
 株価1577円⇒1206円(−24%)
・パウダーテック(5695)18年2月19日配信
 株価4845円⇒2830円(−42%)
・東京エレクトロンデバイス(2760)18年4月6日配信
 株価1970円⇒1889円(−4%)
・アバント(3836)18年6月25日配信
 株価945円⇒2234円(+136%)
・神戸天然物化学(6568)18年8月13日配信
 株価2718円⇒1491円(−45%)
・丸順(3422)18年9月18日配信
 株価826円⇒502円(−39%)
・クロスフォー(7810)18年10月9日配信
 株価421円⇒316円(−25%)

※ピックアップ銘柄は買い推奨ではありません。
 私の目で面白い、アツイ要素がある!という理由で記事を執筆した企業の経過観察です。
 執筆から3年程度は継続ウォッチしていきたいと考えていますので、銘柄は今後さらに増える見込みです。


■ピックアップ銘柄本決算フォロー


・東北特殊鋼
 今期着地は営業利益が通期予想に対して6%程届かず、未達主要因は半導体市況の需要低下、売上原価が1%分上昇した分を他で吸収できなかったことが大きい。
 とはいえ、想定の範囲内。
 ちなみに同社の株価最安値は2002年2月で206円。
 当時の2002年3月期のBPSは560円、自己資本比率は20.6%でした。
 19年3月期にはBPS2983円、自己資本比率は81.4%まで右肩上がりでまっすぐと積み上がっています。

 言わずもがなのバリュー銘柄であり、私がとても気にしている磁歪クラッド鋼板についての今後の進捗を楽しみにしています。


・LCホールディングス
 決算を期に株価は上抜けて上昇しました。
 今期予想の売上は同社の元の本業であるロジコムを100%売却(18年12月20日付け)したことにより約41%減収、しかしそれに反して営業利益は約76%の増益見込み。
 ロジコムを売却した同社は数年前とは全く異なる業態の会社に生まれ変わりました。

 事業変革はだいぶ進みましたが、物件売却などの業績のブレる部分もまだ含んでいることと思いますので、見通しを立てるのは中々に難しい企業です。
 患者が手ぶらで入院出来るレンタルセットをやっているエランや医療データの利活用の事業をしているMDVの病院経営にも身近な両社に話を聞いてみると、現在の病院経営はかなり厳しいとの話を聞きます。
 LCホールディングスの金子社長がそうした苦しい病院の経営効率を向上させ、事業拡大させていけるのか、今後も楽しみにしています。


・パウダーテック
 原材料価格、輸送費、研究開発含む人件費等の増加の影響での前期比18%の減益で着地。
 今期予想は前期とほぼ同じで、微粉末技術による今後の新技術が出てくるのを期待してます。


・特殊電極
 3Qでの上方修正をわずかに上回っての着地。
 着実にこちらもBPSに利益剰余金が積みあがっています。
 光通信が株式を買い増しており、共同保有者で約20%近いと推測されます。
 これらの動きが気になるところです。



◆丸順(3422)企業訪問

 億の近道でも以前取り上げているのでそちらも参照ください
 http://okuchika.net/?eid=7964


・進捗・発展情報
 1)フル稼働の3000tのプレス機がありますが、こちらはそのまま稼働状態を継続して、新たにもう一機3000tプレスが今期の10月稼働に向けて動いています。こちらは東プレからの新規受注の案件に対応するため(生産能力)の設備です。
   ※建屋とプレス機併せて15億程度とのことなので償却負担はそこまで気にしなくてもよさそう。
 2)冷間加工での1500MPA級は試作型にて製品化に成功していました。
   まだ、メーカーからの受注はないそうですが、そうなった場合には量産対応への移行が期待されます。
 3)東プレからの仕事は順調に受注しており、売り上げも拡大しているとのことですが、生産における要求品質・原価における感覚のズレなどにより現在はまだ利益が出せていない状況とのこと。
 4)バッテリ―ケースも新規受注が取れている。もちろんまだ売り上げ高としてはそこまでの数字は出ないものの実績作りと関係作りとして大いに評価できる。
 5)今期の見通しは中国での工場の生産動向を少なめに見積もっている。
   国内は前期と同水準と想定。
 6)フォルクスワーゲンのサンルーフの部品を新規受注成功。今までもずっと営業活動していたのがやっと実ったとのこと。

 大まかには以上の6点が印象的でした。
 私としては丸順の投資妙味は記事執筆時点よりも高まっているのではないか?と感じています。

 16年に4%だった自己資本比率も20%まで回復してきました。
 同社の最安値はその自己資本比率が4%まで落ちてしまった巨額減損の最中である16年2月に171円まで下がりました。

 その後、経営体制の一新をし、工場集約を経て生産効率アップ。
 大幅減損にはなりましたが、結果減価償却費も16年の82億〜50億まで低下して利益が出しやすい体質になり、最高益を前期更新しました。
 有利子負債もまだ高水準ですが、15年の330億をピークに現在は230億まで健全化が進みました。

 現在株価は502円であり、最悪期からして3倍弱です。

 私にはこの株価は大変魅力的に映ってしまいます(笑)
 もちろん、投資は自己判断でお願いします<m(__)m>


それではまた。


『全力全開全力前進!!!』


(相川伸夫)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/cridaibiat
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:ビジネス




みんなで株主総会に行こう!!



 株主総会シーズン到来。今月後半は3月期決算企業の株主総会がラッシュとなります。
 通常なら26日から28日に総会が集中するのですが、大阪本社の企業はG20開催と重なり、会場不足で前倒しでの開催を予定している企業が多いのかも知れません。


 先日、企業訪問した大阪本社の塗料専門商社、オーウエル(7670)でも20日に株主総会を開催予定。昨年12月に上場して初の株主総会。公開価格750円を大きく下回る610円前後で株価が推移する中でお目にかかったお二人の執行役員の対応、お話ぶりは印象に残ったが、総会では株主の皆さんの不満が噴出する可能性もある。

 お時間のある大阪在住で同社の株主となられた億の近道の読者の皆さんはぜひ出席してみて下さい。ぜひその印象をお聞かせ願えればと思います。


 株主総会ではモノ言う株主が時々登場したりします。
 先週はソニーの大株主になった米系投資家の要求が伝えられ、ソニー株が上昇するなど株主としての権利を主張しようという動きが見られます。

 モノ言わぬ株主からモノ言う株主へ。

 内部蓄積にばかり努める保守的な企業が増加する中での株主総会シーズン。
 ある卓越した考えを基に積極的にリスクを取らないのであれば良いが、単に過去の延長線上で先行投資をしないでリスクを回避する経営者が多くなっている状況下で、株価が上がっているのであれば文句は言えないが、下がり続けているのであれば、モノ申す株主となって頂く必要がある。
 先行投資があっての未来の事業発展である。ただ黙って利益をため込むだけなら誰でも経営はできる。
 サラリーマン社長の意識は2年程度の任期を全うすること。5年以上もおつきあいする投資家とは意識が異なる。モノ言う株主から飛び出す発言を真摯に受け止め経営に活かすことが雇われ社長のミッションと言える。


 そうした株主総会ラッシュの中で皆さんもぜひ足を運ばれてはいかがでしょうか。

 その中で6月27日10時から明治記念館で開催予定の某建設関連企業の株主総会には某株主からの要請もあり筆者も出席予定。剰余金の配当に関する1号議案と役員に絡む2号議案だけではありますが、議案はすんなり通過するとしても相応に力を持った株主からの会社の運営に絡む意見表明もありそうです。
 これを無駄な行為と言わずに総会の賛成率(前期は98%)によっては次年度に向け経営陣の意識の改革につながることを期待したいと思います。

 1号議案については更なる増配要求、2号議案については一昨年に起きた不具合工事問題に関しての役員の責任追及があり得ます。
 この会社の場合は株主が分散しており、目立った大株主は見当たりませんのでいつになく緊張感が漂う可能性がありそうな予感がします。

 ぜひとも億の近道の投資家の皆さんの来場ないし議案への反対表明を期待しております。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




株の楽しみ



 梅雨の中休みの一日。爽やかな風が吹く日曜日をエンジョイされた皆さんも多いかと思います。

 長い長い私たちの人生で出会った株式投資の世界を皆さんとともに楽しんでいこうと、この道50年余りの独立アナリストが、仲間と本メルマガを創刊して20年余りを経過しようとしています。

 株式投資はなかなか儲からないという皆さんにも多少の楽しみを提供したいと多くの素晴らしい執筆者とともに重ねてきた年月です。

 山あり谷ありの世界が株の世界。
 なぜ上がるのか、なぜ下がるのか素朴な疑問がある中で、時間だけは粛々と過ぎていく日々です。

 時間は止まることはなく投資家心理や経済情勢、政治情勢で変動を続ける株価を冷静に眺めることなどできない・・・。どうしても熱くなってしまうという投資家の皆さんもささやかでも未来への楽しみを持って頂きたいと願いつつ本日も本コラムをお届け申し上げます。


 さて、皆さんの株式投資の目的は何でしょうか。

 リスク(変動の可能性)のある株式に命の次に大切なお金を投じるなんて、普通の人にはできない話。でも何だか面白そう。損するかも知れないけど、試しにやってみよう・・。

 なんていうことで証券会社に口座をつくってスタートされた皆さんの多くはリターン、つまり儲けることが目的に決まっています。
 そうです。株式投資では一定の投資額に対して株価が上がって売却すれば利益が発生するし、下がったところで売れば損するというごく当たり前の結果が待っているのです。

 銀行に預けていれば損することなどないから、株なんてこわくてどうもいう方は親の遺言のごとく近寄らないできています。結果として日本では一般の皆さんで株で金融資産を持たれている方は限られてしまうのです。

 私は絶対に銀行、郵貯という方が多く、これは米国国民の金融資産の構成とはかなり違っているというのが過去から一貫した特徴なのです。
 運用のプロに任せるという投資信託は販売を担う証券会社に手数料を取られては挙句の果てに損をするということで嫌われているということで、個人投資家は利益を得ることなく残念な結果となっているように思われます。


 株式投資で利益を得る。

 どうやれば利益を得ることができるのか、究極のテーマは本屋に並ぶ多くの書物を読んでもなかなか一般人には理解されないままなのかも知れません。

 でも、あきらめるのはまだ早い。

 億の近道には山本さんをはじめ多くの卓越した賢人が揃い、株の学校ともいうべき形で皆さんの前に程よい知恵と勇気を提供しようとしています。

 億の近道を仲間と創刊し今日、独立系のアナリストとして活動を続ける私もまた皆さんとともに歩みを続け、もう間もなく本名での映像コンテンツ提供を考えております。

 中には無責任だと言われるのかも知れませんが、自らリスクテイクしないで中立的な立場で活動するアナリストだからこそ言えることがあります。


 ずばり!目利き能力を高めて自らの力で有望銘柄を発見する!!

 株の楽しみは単純に儲けることにのみあるのではなく、このことにある。

 幸運も味方にした目利き能力を高める各投資家の普段の活動にこそ資産づくりのヒントがある。


 株は発見だ!!

とも言えます。3700余りの投資対象銘柄から偶然に見出した有望銘柄との出会い。こんな会社、あんな会社と興味深く追求しながら長い人生の中で偶然に出会った株に思いを馳せながら日々過ごす皆さんも多いと思います。


 良い出会いとなるのか、悪い出会いとなるのか、わくわくドキドキ。

 株の楽しみはそんなドキドキ感があってこそ生まれます。


 これからも、そのドキドキ感を皆様とともに楽しませて頂きます。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2019/06/17


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2019/06/17

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
     (本日の担当:炎のファンドマネージャ&相川伸夫)


◆コラム「株の楽しみ」:炎
◆コラム「みんなで株主総会に行こう!!」:炎
◆コラム「相川伸夫の丸順訪問・ピックアップ銘柄本決算フォロー」:相川伸夫
◆コラム「億も要らない2000万円の金融資産づくり」:炎


===================================


■ お知らせ ■


【第2回大魔神氏注目銘柄セミナー+YEN蔵氏座談会開催!!】


 本年2月に開催し、大好評だった大魔神氏によるセミナーを開催します。
 また都合により実現できなかったYEN蔵氏との座談会も併せて行います。
 独特の相場観と投資スタイルを持つ大魔神氏の目線は、新たな発見をもたら
してくれるはずです。
 日経CNBCや各種セミナーで引っ張りだこのYEN蔵氏も、相場観やトレ
ード方法、銘柄ピックアップなどで大魔神氏と対談します。


[前回参加者の声(アンケートより)]
・今後の相場観、日経平均と225銘柄との関係性の話が面白かった。
・初めて大魔神さんの講演を聴いたが大変分かりやすかった。
・自分のフォーカス外にあるセミナーには今後も参加したい。
・今まで何故と思っていたことを教えていただき大変勉強になった。

 ぜひご参加下さい。


■日時:2019年7月14日(日)13:30〜16:45

 ●セミナー内容 13:30〜14:30(60分)
  1.現状のマーケット概況と評価
  2.今注目する投資テーマ・銘柄
  ※内容は変更することがあります。

 ●座談会内容 14:40〜16:40(120分・休憩込み)
  1.[短期目線]寄り付き前の準備と寄り付き後のトレードの仕方
  2.[中期目線]現状のマーケットでの銘柄の発掘方法
  3.質疑応答
  ※内容は変更することがあります。

■場所:東京都渋谷区

■受講料:7,000円(税込)
 ※セミナー終了後に懇親会があります。参加には別途5,000円(税込)が必要です。

■申込方法:以下のURLからお申し込み下さい。

 ⇒ http://bit.ly/2XTwChy

■注意事項:
 お申し込み後、ご入金頂いた受講料は当日遅刻及び欠席された場合でも
 原則として返金致しませんので、ご了承下さい。


===================================


◆コラム「株の楽しみ」


 梅雨の中休みの一日。爽やかな風が吹く日曜日をエンジョイされた皆さんも
多いかと思います。

 長い長い私たちの人生で出会った株式投資の世界を皆さんとともに楽しんで
いこうと、この道50年余りの独立アナリストが、仲間と本メルマガを創刊し
て20年余りを経過しようとしています。

 株式投資はなかなか儲からないという皆さんにも多少の楽しみを提供したい
と多くの素晴らしい執筆者とともに重ねてきた年月です。

 山あり谷ありの世界が株の世界。
 なぜ上がるのか、なぜ下がるのか素朴な疑問がある中で、時間だけは粛々と
過ぎていく日々です。

 時間は止まることはなく投資家心理や経済情勢、政治情勢で変動を続ける株
価を冷静に眺めることなどできない・・・。どうしても熱くなってしまうとい
う投資家の皆さんもささやかでも未来への楽しみを持って頂きたいと願いつつ
本日も本コラムをお届け申し上げます。


 さて、皆さんの株式投資の目的は何でしょうか。

 リスク(変動の可能性)のある株式に命の次に大切なお金を投じるなんて、
普通の人にはできない話。でも何だか面白そう。損するかも知れないけど、試
しにやってみよう・・。

 なんていうことで証券会社に口座をつくってスタートされた皆さんの多くは
リターン、つまり儲けることが目的に決まっています。
 そうです。株式投資では一定の投資額に対して株価が上がって売却すれば利
益が発生するし、下がったところで売れば損するというごく当たり前の結果が
待っているのです。

 銀行に預けていれば損することなどないから、株なんてこわくてどうもいう
方は親の遺言のごとく近寄らないできています。結果として日本では一般の皆
さんで株で金融資産を持たれている方は限られてしまうのです。

 私は絶対に銀行、郵貯という方が多く、これは米国国民の金融資産の構成と
はかなり違っているというのが過去から一貫した特徴なのです。
 運用のプロに任せるという投資信託は販売を担う証券会社に手数料を取られ
ては挙句の果てに損をするということで嫌われているということで、個人投資
家は利益を得ることなく残念な結果となっているように思われます。


 株式投資で利益を得る。

 どうやれば利益を得ることができるのか、究極のテーマは本屋に並ぶ多くの
書物を読んでもなかなか一般人には理解されないままなのかも知れません。

 でも、あきらめるのはまだ早い。

 億の近道には山本さんをはじめ多くの卓越した賢人が揃い、株の学校ともい
うべき形で皆さんの前に程よい知恵と勇気を提供しようとしています。

 億の近道を仲間と創刊し今日、独立系のアナリストとして活動を続ける私も
また皆さんとともに歩みを続け、もう間もなく本名での映像コンテンツ提供を
考えております。

 中には無責任だと言われるのかも知れませんが、自らリスクテイクしないで
中立的な立場で活動するアナリストだからこそ言えることがあります。


 ずばり!目利き能力を高めて自らの力で有望銘柄を発見する!!

 株の楽しみは単純に儲けることにのみあるのではなく、このことにある。

 幸運も味方にした目利き能力を高める各投資家の普段の活動にこそ資産づく
りのヒントがある。


 株は発見だ!!

とも言えます。3700余りの投資対象銘柄から偶然に見出した有望銘柄との
出会い。こんな会社、あんな会社と興味深く追求しながら長い人生の中で偶然
に出会った株に思いを馳せながら日々過ごす皆さんも多いと思います。


 良い出会いとなるのか、悪い出会いとなるのか、わくわくドキドキ。

 株の楽しみはそんなドキドキ感があってこそ生まれます。


 これからも、そのドキドキ感を皆様とともに楽しませて頂きます。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第245号、本日配信!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第245号
が本日配信です。


【直接取材のレア情報含む個別銘柄情報満載!!】


【6/17 第245号では】

■相場の視点
■アドソル日進(3837)に再び株高の兆し
■みんなで株主総会に行こう!!

 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


◆コラム「みんなで株主総会に行こう!!」


 株主総会シーズン到来。今月後半は3月期決算企業の株主総会がラッシュと
なります。
 通常なら26日から28日に総会が集中するのですが、大阪本社の企業はG
20開催と重なり、会場不足で前倒しでの開催を予定している企業が多いのか
も知れません。


 先日、企業訪問した大阪本社の塗料専門商社、オーウエル(7670)でも
20日に株主総会を開催予定。昨年12月に上場して初の株主総会。公開価格
750円を大きく下回る610円前後で株価が推移する中でお目にかかったお
二人の執行役員の対応、お話ぶりは印象に残ったが、総会では株主の皆さんの
不満が噴出する可能性もある。

 お時間のある大阪在住で同社の株主となられた億の近道の読者の皆さんはぜ
ひ出席してみて下さい。ぜひその印象をお聞かせ願えればと思います。


 株主総会ではモノ言う株主が時々登場したりします。
 先週はソニーの大株主になった米系投資家の要求が伝えられ、ソニー株が上
昇するなど株主としての権利を主張しようという動きが見られます。

 モノ言わぬ株主からモノ言う株主へ。

 内部蓄積にばかり努める保守的な企業が増加する中での株主総会シーズン。
 ある卓越した考えを基に積極的にリスクを取らないのであれば良いが、単に
過去の延長線上で先行投資をしないでリスクを回避する経営者が多くなってい
る状況下で、株価が上がっているのであれば文句は言えないが、下がり続けて
いるのであれば、モノ申す株主となって頂く必要がある。
 先行投資があっての未来の事業発展である。ただ黙って利益をため込むだけ
なら誰でも経営はできる。
 サラリーマン社長の意識は2年程度の任期を全うすること。5年以上もおつ
きあいする投資家とは意識が異なる。モノ言う株主から飛び出す発言を真摯に
受け止め経営に活かすことが雇われ社長のミッションと言える。


 そうした株主総会ラッシュの中で皆さんもぜひ足を運ばれてはいかがでしょ
うか。

 その中で6月27日10時から明治記念館で開催予定の某建設関連企業の株
主総会には某株主からの要請もあり筆者も出席予定。剰余金の配当に関する1
号議案と役員に絡む2号議案だけではありますが、議案はすんなり通過すると
しても相応に力を持った株主からの会社の運営に絡む意見表明もありそうです。
 これを無駄な行為と言わずに総会の賛成率(前期は98%)によっては次年
度に向け経営陣の意識の改革につながることを期待したいと思います。

 1号議案については更なる増配要求、2号議案については一昨年に起きた不
具合工事問題に関しての役員の責任追及があり得ます。
 この会社の場合は株主が分散しており、目立った大株主は見当たりませんの
でいつになく緊張感が漂う可能性がありそうな予感がします。

 ぜひとも億の近道の投資家の皆さんの来場ないし議案への反対表明を期待し
ております。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


◆コラム「相川伸夫の丸順訪問・ピックアップ銘柄本決算フォロー」


■相川伸夫ピックアップ銘柄フォロー
 ※6月14日(金)執筆時点

・山王(3441)2016年12月19日配信
 株価560円⇒703円(+26%)
・テノックス(1905)17年2月20日配信
 株価815円⇒816円(+0%)
・LCホールディングス(8938)17年4月3日配信
 株価894円⇒1416円(+58%)
・特殊電極(3437)17年6月12日配信
 株価2922円⇒5130円(+76%)
・東北特殊鋼(5484)17年9月4日配信
 株価1831円⇒1395円(−24%)
・新報国製鉄(5542)17年10月2日配信
 株価1577円⇒1206円(−24%)
・パウダーテック(5695)18年2月19日配信
 株価4845円⇒2830円(−42%)
・東京エレクトロンデバイス(2760)18年4月6日配信
 株価1970円⇒1889円(−4%)
・アバント(3836)18年6月25日配信
 株価945円⇒2234円(+136%)
・神戸天然物化学(6568)18年8月13日配信
 株価2718円⇒1491円(−45%)
・丸順(3422)18年9月18日配信
 株価826円⇒502円(−39%)
・クロスフォー(7810)18年10月9日配信
 株価421円⇒316円(−25%)

※ピックアップ銘柄は買い推奨ではありません。
 私の目で面白い、アツイ要素がある!という理由で記事を執筆した企業の経
 過観察です。
 執筆から3年程度は継続ウォッチしていきたいと考えていますので、銘柄は
 今後さらに増える見込みです。


■ピックアップ銘柄本決算フォロー


・東北特殊鋼
 今期着地は営業利益が通期予想に対して6%程届かず、未達主要因は半導体
 市況の需要低下、売上原価が1%分上昇した分を他で吸収できなかったこと
 が大きい。
 とはいえ、想定の範囲内。
 ちなみに同社の株価最安値は2002年2月で206円。
 当時の2002年3月期のBPSは560円、自己資本比率は20.6%で
 した。
 19年3月期にはBPS2983円、自己資本比率は81.4%まで右肩上
 がりでまっすぐと積み上がっています。

 言わずもがなのバリュー銘柄であり、私がとても気にしている磁歪クラッド
 鋼板についての今後の進捗を楽しみにしています。


・LCホールディングス
 決算を期に株価は上抜けて上昇しました。
 今期予想の売上は同社の元の本業であるロジコムを100%売却(18年
 12月20日付け)したことにより約41%減収、しかしそれに反して営業
 利益は約76%の増益見込み。
 ロジコムを売却した同社は数年前とは全く異なる業態の会社に生まれ変わり
 ました。

 事業変革はだいぶ進みましたが、物件売却などの業績のブレる部分もまだ含
 んでいることと思いますので、見通しを立てるのは中々に難しい企業です。
 患者が手ぶらで入院出来るレンタルセットをやっているエランや医療データ
 の利活用の事業をしているMDVの病院経営にも身近な両社に話を聞いてみ
 ると、現在の病院経営はかなり厳しいとの話を聞きます。
 LCホールディングスの金子社長がそうした苦しい病院の経営効率を向上さ
 せ、事業拡大させていけるのか、今後も楽しみにしています。


・パウダーテック
 原材料価格、輸送費、研究開発含む人件費等の増加の影響での前期比18%
 の減益で着地。
 今期予想は前期とほぼ同じで、微粉末技術による今後の新技術が出てくるの
 を期待してます。


・特殊電極
 3Qでの上方修正をわずかに上回っての着地。
 着実にこちらもBPSに利益剰余金が積みあがっています。
 光通信が株式を買い増しており、共同保有者で約20%近いと推測されます。
 これらの動きが気になるところです。



◆丸順(3422)企業訪問

 億の近道でも以前取り上げているのでそちらも参照ください
 http://okuchika.net/?eid=7964


・進捗・発展情報
 1)フル稼働の3000tのプレス機がありますが、こちらはそのまま稼働
   状態を継続して、新たにもう一機3000tプレスが今期の10月稼働
   に向けて動いています。こちらは東プレからの新規受注の案件に対応す
   るため(生産能力)の設備です。
   ※建屋とプレス機併せて15億程度とのことなので償却負担はそこまで
    気にしなくてもよさそう。
 2)冷間加工での1500MPA級は試作型にて製品化に成功していました。
   まだ、メーカーからの受注はないそうですが、そうなった場合には量産
   対応への移行が期待されます。
 3)東プレからの仕事は順調に受注しており、売り上げも拡大しているとの
   ことですが、生産における要求品質・原価における感覚のズレなどによ
   り現在はまだ利益が出せていない状況とのこと。
 4)バッテリ―ケースも新規受注が取れている。もちろんまだ売り上げ高と
   してはそこまでの数字は出ないものの実績作りと関係作りとして大いに
   評価できる。
 5)今期の見通しは中国での工場の生産動向を少なめに見積もっている。
   国内は前期と同水準と想定。
 6)フォルクスワーゲンのサンルーフの部品を新規受注成功。今までもずっ
   と営業活動していたのがやっと実ったとのこと。

 大まかには以上の6点が印象的でした。
 私としては丸順の投資妙味は記事執筆時点よりも高まっているのではないか?
と感じています。

 16年に4%だった自己資本比率も20%まで回復してきました。
 同社の最安値はその自己資本比率が4%まで落ちてしまった巨額減損の最中
である16年2月に171円まで下がりました。

 その後、経営体制の一新をし、工場集約を経て生産効率アップ。
 大幅減損にはなりましたが、結果減価償却費も16年の82億〜50億まで
低下して利益が出しやすい体質になり、最高益を前期更新しました。
 有利子負債もまだ高水準ですが、15年の330億をピークに現在は230
億まで健全化が進みました。

 現在株価は502円であり、最悪期からして3倍弱です。

 私にはこの株価は大変魅力的に映ってしまいます(笑)
 もちろん、投資は自己判断でお願いします<m(__)m>


それではまた。


『全力全開全力前進!!!』


(相川伸夫)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/cridaibiat
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


◆コラム「億も要らない2000万円の金融資産づくり」


 年金問題はついに老後の生活資金が2000万円必要との話になってきまし
た。年金制度に不安を覚える皆さんに自ら積極的に年金づくりを行ってもらい
たいと考え、過去様々にコンテンツを提供してきた本メルマガの一員としても
この話を聞いて気が引き締まる思いです。

 そもそも株式啓蒙メルマガ「億の近道」のコンセプトは自助努力で億の金融
資産を創ることにありました。1億円の資産づくりではなくその5分の1の資
産づくりなら容易いのではと、この金額を聞いてむしろ楽観的に考える次第で
す。


 そもそも100万円程度のお金を持つまでの最低限の貯蓄努力はしないとな
りません。その100万円を毎年2倍にすれば7年間で1億円になるというの
が夢のような億の近道のコンセプトではありますが、その実現には紆余曲折が
あることは事実です。
 相応のリスクテイクをし続ける必要があるのですから目標達成には忍耐が求
められます。

 一方、コツコツと貯めた100万円の運用資金を10年程度をかけて200
0万円にするには、年間2倍にするという目標は不要で、年間40%程度の成
果があれば良いことになります。
 これが20年ならもっと低い期待利回り(15%程度)でもOKです。

 とは言え、長期に安定したリターンを確保するはむしろ難しいのかも知れま
せん。株式相場は短期的には思い通りならないからです。


 つまり、年率40%の成果が続くと複利で9年後には2000万円になる訳
です。何かと物入りの働き盛りの時期には難しい相談なのかも知れませんが、
50歳程度から100万円から始めることもできます。

 100万円⇒1年後140万円⇒2年後196万円⇒3年後274万円
⇒4年後384万円⇒5年後538万円⇒6年後753万円
⇒7年後1054万円⇒8年後1476万円⇒9年後2066万円

 年率平均20%の成果なら17年後には100万円は2000万円を超える
ことになります。

 年率40%や20%の運用成果は難しいとあきらめては勿体ない。
 市場には絶えず株価が2倍、3倍にもなる銘柄が存在していることも事実。
 こうした銘柄を見出す小さな努力とリスクテイクする多少の勇気が求められ
ていることを肝に銘じて頂ければと思います。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:ビジネス




【お知らせ】炎のファンドマネージャー有料メルマガ第245号配信中!!

 月曜日の億の近道で、20年にわたり執筆を続けてきました、おなじみ「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」通算245号が6月17日に配信されました。

 企業プレゼン出席や企業個別面談などのアナリスト活動を基本にした、独自の目線の投資情報を毎週1回、月曜日に皆様にお届けします。


【直接取材のレア情報含む個別銘柄情報満載!!】


【6/17 第245号では】

■相場の視点
■アドソル日進(3837)に再び株高の兆し
■みんなで株主総会に行こう!!

 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/



honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



炎の投資情報サンプル#245 2019/6/17

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
投資情報メールマガジン                   2019/06/17
         炎 の 投 資 情 報 (第245号)

        −プロが導くお金創造のための投資情報−
                              週1回発行
◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆


 株式投資には不安がつきもの。山あり谷ありの株式相場を冷静に眺めるアナ
リストが発信する情報をお楽しみ頂ければ幸いです。

 志を大きく持たれた読者各位の大いなる発展と成功を祈願しております。
 ご一緒に頑張りましょう!!

 なお、一部を「億の近道」に掲載することがありますので、あらかじめご了
承下さい。


    ★当メルマガは等幅フォントでの閲覧を前提にしております★


□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□


              −本日の目次−


       ■はじめに
       ■相場の視点
       ■アドソル日進(3837)に再び株高の兆し
       ■みんなで株主総会に行こう!!
       ■次回予告


         報告者:炎のファンドマネージャー


□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□


■はじめに


 花菖蒲やアジサイの花が咲き誇る季節の中、いかがお過ごしでしょうか。
 梅雨入りした日本各地に本格的な雨の恵みがもたらされようとしています。
雨が降ってこそ稲は育ち、水の恵みで植物は育つことになります。
 株式も同様に時にどしゃ降りの雨に見舞われたり、反対に空梅雨に見舞われ
たりと致します。季節の移り変わりと同様に株式市場の変化も自然体で臨む冷
静さが求められます。
 雨が降れば傘を差し、出かけるのを控える対応と同様に株式相場でも雨の予
想があれば対応する必要があります。

 企業の変化は決算内容だけではなく、将来への夢を投資家に与えることで大
きくなります。投資家各位は夢追い人でもあり、リスクテイクするにふさわし
い企業を求めています。間もなく株主総会の季節が到来しますが、既存株主は
未来を見据えて長期保有というか、未来が見えない企業に見切りをつけるか判
断をすることになります。
 株主総会こそ上場企業にとっては一大イベント。そこでの経営陣の未来を語
る姿勢が未来の株価を決めることになると言うのは1アナリストとしての意見
ではありますが、ご賛同頂けましたら幸いです。

 株価は過去、現在、未来の3つの時間軸の中で醸成されるものです。
 多くの上場企業の中から投資家としては自身の考えに合致した有望企業を見
出して運用の対象とする選択眼を養って頂ければ幸いです。


□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□


■次回予告


 先週開催された決算説明会では太陽光発電の固定価格買取制度がなくなるこ
とで関心を呼んだ5G関連、太陽光発電などの再生エネルギー関連の多摩川H
Dの説明会がありました。
 また、週初には日本管理センターのスモールMが開催され、引き続きポジテ
ィブな印象を持ちました。
 また、このところ株価の下落が見られたサイバーステップの役員とも個別に
面談しましたのでその印象記をご報告したいと考えております。

 この時期、株主総会のシーズンとなりますが本日の億の近道ではそうした株
主総会について触れておりますのでお読み頂けましたら幸いです。





(本メルマガは限定された購読者様への情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、ご購読の皆様が損失を被っても執筆者および発行者ならびに配信者は一切の責任を負いません。)



honoh_01.jpg





市場潮流

cd0a1c3027531ddc28d651f7c97fa20e_s.jpg



 今週(6月10〜14日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で232円18銭上昇し(率にして1.1%の上昇)、2万1116円89銭で取引を終えました。2週連続の上昇です。

 前週の地合いを引き継ぎ、10日(月)、11日(火)と続伸。利上げ期待による、米国、中国・上海の株価上昇などが支えになりました。
 12日(水)、13日(木)は戻り待ちの売りが優勢になったことや、香港の大規模デモを嫌気し、反落。
 週末14日(金)は、前日の米株高などを受けて、反発しました。


 来週は、18日(火)にトランプ大統領が、来年11月の大統領選に向けた遊説を開始します。民主党でも、候補者の絞り込みが本格化するなど、いよいよ大統領選モードが本格化します。

 国内では、消費増税を予定通り実施する方向となったほか、衆参同日選も行わないとの見方が強まりました。「消費増税後の景気失速」を防ぐための景気対策の策定の可能性が強まっています。

 中国でも、習近平国家主席の権力基盤を維持するうえでも、景気対策はさらに継続されるとみられます。


 これら「政治事情」が株式相場の下値を支えるものとみられます。


(水島寒月)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/ciowaijeak
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2019/06/14


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2019/06/14号

              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:水島寒月)


          ◆コラム「市場潮流」


===================================


■ お知らせ ■


【残り3席!】株式投資に活用!知財情報活用セミナー

テーマ「医療機器・バイオテクノロジー」


 知財(特許)調査を活用して、株式投資に役立てる、知財活用セミナーの第4
回です。

 今回もたっぷり1日の内容で、最新の医療・バイオ事情から特許情報の読み
方、株式投資への具体的応用手法の講習や、グループ演習、充実の質疑応答で、
理解向上と習得を目指します。

 内容濃く、習熟を目指して少人数制にて開催。

★あと残り3名枠です★


 満席になり次第、募集終了しますのでお早めに!


日時:2019年6月22日(土曜日)
   午前9時20分〜午後4時

場所:東京都中央区

発表者:楠浦崇央氏(発明塾 塾長)
    村上次郎氏(特許調査)
進行: 山本潤氏(リンクスリサーチ)


詳細、お申込はこちら ⇒ https://www.kokuchpro.com/event/tizai_4th/


===================================


◆コラム「市場潮流」


 今週(6月10〜14日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で232
円18銭上昇し(率にして1.1%の上昇)、2万1116円89銭で取引を
終えました。2週連続の上昇です。

 前週の地合いを引き継ぎ、10日(月)、11日(火)と続伸。利上げ期待
による、米国、中国・上海の株価上昇などが支えになりました。
 12日(水)、13日(木)は戻り待ちの売りが優勢になったことや、香港
の大規模デモを嫌気し、反落。
 週末14日(金)は、前日の米株高などを受けて、反発しました。


 来週は、18日(火)にトランプ大統領が、来年11月の大統領選に向けた
遊説を開始します。民主党でも、候補者の絞り込みが本格化するなど、いよい
よ大統領選モードが本格化します。

 国内では、消費増税を予定通り実施する方向となったほか、衆参同日選も行
わないとの見方が強まりました。「消費増税後の景気失速」を防ぐための景気
対策の策定の可能性が強まっています。

 中国でも、習近平国家主席の権力基盤を維持するうえでも、景気対策はさら
に継続されるとみられます。


 これら「政治事情」が株式相場の下値を支えるものとみられます。


(水島寒月)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/ciowaijeak
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


★病気に負けるな石川臨太郎! 石川臨太郎応援企画 全12回分配信中♪★

【村田雅志の「石川臨太郎有料メルマガ生涯パートナー銘柄の研究」の研究】


 エコノミスト村田雅志氏による、石川臨太郎"研究"コンテンツ。
 2008年12月より10年間配信されていた石川臨太郎氏の有料メルマガ
509回分全てを分析し、研究いたします。
 それらに掲載された銘柄情報などを中心に、傾向分析や現在評価などを加味
して解説します。

 3月19日〜6月4日に配信された全12回をお読みいただけます。
 ぜひご購読下さい。

 村田氏の思いはこちらをお読み下さい
  ⇒ http://www.okuchika.net/?eid=8303

======


●第4号(4/9配信号)より

 研究銘柄として取り上げられた250社(重複を除く)の中には、TOBな
どにより上場廃止となったものがいくつかあります。その数は、なんと22社。
研究銘柄の約9%が、研究銘柄として取り上げられた後に上場廃止となってい
ます。
(中略)
 ご覧のとおり、上場廃止となった研究銘柄の多く(22社中16社)は、
2009年から11年の間に研究銘柄として取り上げられています。
 この期間は、世界的に景気が軟調で、いわゆるアベノミクス相場の前でもあ
りました。このためか、この時期に選ばれた研究銘柄の多くは、いわゆる割安
銘柄であり、結果としてTOBやMBOのターゲットになったと思われます。

 興味深いのは、上場廃止となった研究銘柄のほとんどが、石川さんがメルマ
ガで取り上げてから2〜3年経過していることです。このため、現在から2〜
3年前に研究銘柄として取り上げられた研究銘柄は、もしかしたら、そろそろ
TOBなどで上場廃止になるかもしれません。

 そこで、ここでは次の基準に該当する企業を「上場廃止候補」研究銘柄とし
て取り上げてみました。
(後略)


●第6号(4/23配信号)より

 後ほど、「2)選んだ理由の箇条書き」を整理するとわかることですが、研
究銘柄を選び出す理由の多くは、いくつかの基準に基づいて優良とされるもの
を選び出す方法(いわゆるスクリーニング)です。このため、研究銘柄を選び
出すためのルール(のようなもの)がわかってしまえば、石川さんでなくても
誰もが研究銘柄を選び出すことができますし…
(中略)
 箇条書きは、銘柄にもよりますが、少なくとも3つの理由が示され、多いと
理由が9つくらいまで増えます。ただ、メルマガを確認すると、記載されてい
る理由は、概ね次のように整理することができます。
(後略)


●第11号(5/28配信)より

 K社の株価は、「生涯パートナー銘柄の研究」で初めて取り上げられた20
14年に15%、2015年に7%と、着実に上昇しましたが、2016年に
は10%以上の下落。ところが、2017年には45%も上昇しました。
 2018年に入っても、K社の株価上昇基調は変わらず、1月下旬には995
円まで上昇。しかし2月中旬には825円まで下落し、その後は800円台前
半でのもみ合いを続けます。
(中略)
 このように、石川さんはK社の事業価値や資産価値に自信を持っており、株
価下落に対して狼狽えることなく、むしろ割安感が増したと判断しています。
 その後、K社の株価は、石川さんの見立て通り、上昇基調を取り戻し、6月
には1,000円を超える水準に達しました。
(中略)
 仮にK社の時価総額が、同社が保有する金融資産と賃貸等不動産の含み益の
合計に近づくと想定すれば、K社の株価は67%程度の上値余地があることに
なります。
(後略)


●第12号(6/4配信)より

 今回は、最終回として、あらためて、石川臨太郎さん、とは何者?(笑)な
のかを整理したいと思います。
 今回の整理をきっかけに、読者の中から「第2の石川臨太郎」が生まれてく
れると(私としては)大変うれしいです。
(後略)


====


 これは全12回限定の企画です。
 お申し込みいただくと全てのコンテンツをお読みいただけます。


購読料:9,720円(税込)
    3月19日〜6月4日配信分(全12回)

 詳細・お申込はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8393


===================================


■ お知らせ ■


■第12号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第12号レポート配信中!】

 今週掲載の銘柄は、新たな市場を開拓した立役者で、事実上の標準となって
いるサービスを展開。さらに大きな市場を狙っての過渡期にある企業をピック
アップ。
 業界先駆者のエネルギーは変わらず強く、足下停滞気味なうちに取り組めば、
将来大きく報われる可能性の高い銘柄です。堅い業績予測でも理論株価2倍を
示唆した深掘りレポートをぜひお読み下さい。

 金曜日までにお申込/ご入金の方は、この第12号レポートをお読みいただけ
 ます。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




【残り3席!】株式投資に活用!知財情報活用セミナー



知財情報活用セミナー開催!! テーマ「医療機器・バイオテクノロジー」


 知財(特許)調査を活用して、株式投資に役立てる、知財活用セミナーの第4回です。

 今回もたっぷり1日の内容で、最新の医療・バイオ事情から特許情報の読み方、株式投資への具体的応用手法の講習や、グループ演習、充実の質疑応答で、理解向上と習得を目指します。

 内容濃く、習熟を目指して少人数制にて開催。

★あと残り3名枠です★


 満席になり次第、募集終了しますのでお早めに!


日時:2019年6月22日(土曜日)
   午前9時20分〜午後4時

場所:東京都中央区

発表者:楠浦崇央氏(発明塾 塾長)
    村上次郎氏(特許調査)
進行: 山本潤氏(リンクスリサーチ)


詳細、お申込はこちら ⇒ https://www.kokuchpro.com/event/tizai_4th/


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:特許




calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガ特別版!
現在闘病中の火曜日執筆者、石川臨太郎氏の有料メルマガです。 現在特別版を1ヶ月分販売中! 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM