多忙な年始の中で

05c874dc781a598b70d8ce9eb1495f8b_s.jpg



 今年は始まったばかりとは言え、株式相場が波乱の幕開けということもあって公私ともに何かと多忙になってきた。

 億の近道活動も今年で21年目を迎えることになるが、皆様とともにこうして活動できますことを心より感謝申し上げたい。


 さて、皆様に提供している情報をより良いものとするためにはインプット作業は欠かせません。年末から年始はややインプット活動が停滞致しますのでアウトプットも中身に乏しいものとなってしまいがちですが、先週はインプット活動を進めながら株式投資に有益な情報探しに努めてきた。

 この間、YOUTUBEでも炎チャンネルにて年末の25日から数えて3回のコンテンツを配信させて頂いた。登録数は徐々に増えてはいるが、まだまだ少なくこれからも関心をもって頂ければ幸いだ。
 https://youtu.be/CcFCTmGkiRw

 目標は1000件突破!!


 年初を改めて振り返れば大発会は波乱の幕開け。日経平均は一時500円以上の下落を見たが2日目は反転上昇。しかしながら3日目はイランと米国の緊張状態が高まり再び急落。日経平均は2万3000円割れを演じたが、悠然と上げ続けるNYダウにリードされてその後の日経平均は上昇し2万4041円で先週末は終わった。
 こうした波乱の始まりからの希望の1週間となり皆様のお正月の投資生活も徐々に前向きなものとなってきたものと拝察できる。


 成人の日となった13日はコト消費の典型的な現場を見ようと知人とともに明治座を訪れ、座長となって大活躍の演歌歌手、三山ひろしのお芝居や歌謡ショーなどを堪能。足を運んだファンの皆さんの熱気に圧倒された4時間近くがあっと言う間に過ぎてしまった。

 コト消費と言えば、リンクバル(6046)だが、株価はなかなか上がらない。それでも株価の位置を考えるとここから大きく値下がりするというよりは上に向かう期待の方が大きく、しばしの辛抱を経ての三山ひろしの舞台のように空中を飛ぶ活躍を見たいと思っている。


 3連休明けの先週14日は筆者の誕生日でもあり、神楽坂近くにあるこれからの成長が期待されるベンチャー企業への訪問、打ち合わせ後にある知人に小さな祝宴を開催して頂いた。
 学生の街、早稲田にほど近い韓国料理のお店での誕生会はとても思い出に残る楽しい会となった。この場をお借りして御礼申し上げたい。

 今年もますます日韓の軋轢が続く中で、もやもやとした不透明要因が株式市場に小さな棘のように存在しているが、おいしい韓国料理を食べるとそんなことはもうどうでも良いという気分になってしまう。


 15日はうっかりして午前中に予定していたERIホールディングス(6083・時価764円・時価総額60億円)のプレゼン出席を忘れていて、残念ながら皆様に詳細内容の報告はできないのですが、建物の建築検査ビジネスで最有力の企業で省エネ判定業務などの成長分野を背景にこれから注目される企業と言える。
 今5月期の決算は先行費用がかさみ増収減益となるが株価の下落と30円配当の実施で配当利回りが3.9%を超えている。決算期を迎える5月に向けてはリターンを得るチャンスありと見る。
 同社はBIM(3Dデータ)関連でもあり、これまで安定した配当を実施してきたと言う実績もあり株価の低迷期にこそ投資するチャンスがあると考える。


 この日は炎チャンネルの収録日でもあり、夕刻からの収録には株式同好会に入っておられる有力投資家の皆さんにも立ち会って頂き、終わってからの懇親会では台湾料理に舌鼓。台湾では蔡英文氏の勝利で大いに沸いているがこれと同様にこのお店も多くのお客さんでとても賑やかだった。

 投資家の共通した話題はテノックス(1905)や日創プロニティ(3440)などの内需系バリュー株に尽きる(このあたりは私の有料メルマガでも取り上げたいと考えている)。

 テノックス株はようやく900円台が定着してきたので、この先も楽しみな状況だが、日創プロニティは直近の安値801円を切りそうな値動きとなっており、投資家の皆さんの関心の的となっている。
 「株は安い時に買って、高くなったら売る」こんな単純なことがなかなかできない。今期減益見通しがネガティブな評価につながっている状況なので致し方ないのだが、日創側に確認したところは多少安心できる答えが返ってきた。(その内容は有料メルマガにて掲載予定)

 岡山の建設コンサルタント、ウエスコHD(6091)で比較的大きくリターンを上げたある有力投資家は今年はこの日創でいくと豪語していたが果たしてどのような結果が生まれるだろうか。


(後半に続く)


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2020/01/20


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2020/01/20

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
    (本日の担当:炎のファンドマネージャ&相川伸夫)


 ◆コラム「多忙な年始の中で」:炎
 ◆シリーズ「有名YOUTUBERに贈る炎の特別ポートフォリオ」:炎
 ◆コラム「相川伸夫のこれまでの振り返りと投資戦略」:相川伸夫
 ◆コラム「多忙な年始の中で その2」:炎


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第276号、本日配信!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第276号
が本日配信です。


【本日億の近道の内容にプラスアルファ情報を加えて掲載!】

【1/20 第276号では】

■炎が読み解く相場の視点
■オクチカ掲載内容+補足コメント
■有名YOUTUBERに贈る炎の特別ポートフォリオ

 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


◆コラム「多忙な年始の中で」


 今年は始まったばかりとは言え、株式相場が波乱の幕開けということもあっ
て公私ともに何かと多忙になってきた。

 億の近道活動も今年で21年目を迎えることになるが、皆様とともにこうし
て活動できますことを心より感謝申し上げたい。


 さて、皆様に提供している情報をより良いものとするためにはインプット作
業は欠かせません。年末から年始はややインプット活動が停滞致しますのでア
ウトプットも中身に乏しいものとなってしまいがちですが、先週はインプット
活動を進めながら株式投資に有益な情報探しに努めてきた。

 この間、YOUTUBEでも炎チャンネルにて年末の25日から数えて3回
のコンテンツを配信させて頂いた。登録数は徐々に増えてはいるが、まだまだ
少なくこれからも関心をもって頂ければ幸いだ。
 https://youtu.be/CcFCTmGkiRw

 目標は1000件突破!!


 年初を改めて振り返れば大発会は波乱の幕開け。日経平均は一時500円以
上の下落を見たが2日目は反転上昇。しかしながら3日目はイランと米国の緊
張状態が高まり再び急落。日経平均は2万3000円割れを演じたが、悠然と
上げ続けるNYダウにリードされてその後の日経平均は上昇し2万4041円
で先週末は終わった。
 こうした波乱の始まりからの希望の1週間となり皆様のお正月の投資生活も
徐々に前向きなものとなってきたものと拝察できる。


 成人の日となった13日はコト消費の典型的な現場を見ようと知人とともに
明治座を訪れ、座長となって大活躍の演歌歌手、三山ひろしのお芝居や歌謡シ
ョーなどを堪能。足を運んだファンの皆さんの熱気に圧倒された4時間近くが
あっと言う間に過ぎてしまった。

 コト消費と言えば、リンクバル(6046)だが、株価はなかなか上がらな
い。それでも株価の位置を考えるとここから大きく値下がりするというよりは
上に向かう期待の方が大きく、しばしの辛抱を経ての三山ひろしの舞台のよう
に空中を飛ぶ活躍を見たいと思っている。


 3連休明けの先週14日は筆者の誕生日でもあり、神楽坂近くにあるこれか
らの成長が期待されるベンチャー企業への訪問、打ち合わせ後にある知人に小
さな祝宴を開催して頂いた。
 学生の街、早稲田にほど近い韓国料理のお店での誕生会はとても思い出に残
る楽しい会となった。この場をお借りして御礼申し上げたい。

 今年もますます日韓の軋轢が続く中で、もやもやとした不透明要因が株式市
場に小さな棘のように存在しているが、おいしい韓国料理を食べるとそんなこ
とはもうどうでも良いという気分になってしまう。


 15日はうっかりして午前中に予定していたERIホールディングス(60
83・時価764円・時価総額60億円)のプレゼン出席を忘れていて、残念
ながら皆様に詳細内容の報告はできないのですが、建物の建築検査ビジネスで
最有力の企業で省エネ判定業務などの成長分野を背景にこれから注目される企
業と言える。
 今5月期の決算は先行費用がかさみ増収減益となるが株価の下落と30円配
当の実施で配当利回りが3.9%を超えている。決算期を迎える5月に向けて
はリターンを得るチャンスありと見る。
 同社はBIM(3Dデータ)関連でもあり、これまで安定した配当を実施し
てきたと言う実績もあり株価の低迷期にこそ投資するチャンスがあると考える。


 この日は炎チャンネルの収録日でもあり、夕刻からの収録には株式同好会に
入っておられる有力投資家の皆さんにも立ち会って頂き、終わってからの懇親
会では台湾料理に舌鼓。台湾では蔡英文氏の勝利で大いに沸いているがこれと
同様にこのお店も多くのお客さんでとても賑やかだった。

 投資家の共通した話題はテノックス(1905)や日創プロニティ(344
0)などの内需系バリュー株に尽きる(このあたりは私の有料メルマガでも取
り上げたいと考えている)。

 テノックス株はようやく900円台が定着してきたので、この先も楽しみな
状況だが、日創プロニティは直近の安値801円を切りそうな値動きとなって
おり、投資家の皆さんの関心の的となっている。
 「株は安い時に買って、高くなったら売る」こんな単純なことがなかなかで
きない。今期減益見通しがネガティブな評価につながっている状況なので致し
方ないのだが、日創側に確認したところは多少安心できる答えが返ってきた。
(その内容は有料メルマガにて掲載予定)

 岡山の建設コンサルタント、ウエスコHD(6091)で比較的大きくリタ
ーンを上げたある有力投資家は今年はこの日創でいくと豪語していたが果たし
てどのような結果が生まれるだろうか。


(後半に続く)


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第90回「2020高値更新あるか?」がアップされました。


第90回「2020高値更新あるか?」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so36233478
 【YouTube】https://youtu.be/CcFCTmGkiRw

【今回登場企業】リンクバル コンヴァノ タカチホ LibWork


 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。


===================================


◆シリーズ「有名YOUTUBERに贈る炎の特別ポートフォリオ」

 第1回 あの若手YOUTUBER KAZUYAに贈るポートフォリオ


 先週の虎ノ門ニュースに出演していたKAZUYA(本名は京本和也)は知
る人ぞ知る人気の若手YOUTUBERである。KAZUYAは、億の近道で
おなじみの相川伸夫にも似た歯に衣着せぬ語り口で日本の政治や文化をずけず
けと切る。印象に残る声なのも聞いていて心地よい。もしかしたら比較的リー
ズナブルだとYOUTUBERの間でも評判のズーム(もうすぐ億の近道のイ
ベントに社長が参加するとの噂がある)の収録機器を使っているのかも知れない。

 1988年3月2日生まれで間もなく32歳を迎えるKAZUYAは北海道
の帯広生まれで今は東京に在住しているとのこと。高卒で就職し半年で会社を
辞めてYOUTUBERになったという異色の存在でYOUTUBERとして
の現在の人気はあるとしてもこの先の生き方には多少の悩みもあるだろう。
 先週の虎ノ門ニュースでは米国株(投信?)に投資をしていると吐露したが、
今得ているYOUTUBERとしての収入を運用している模様だ。


 それならばと、億の近道月曜版では彼を応援する意味で日本株のポートフォ
リオを提案したいと思う。
 日本国を愛する辛口のコメンテーターなら米国株より日本株が良い。今時の
オピニオンリーダーたる若者に日本株に関心をもってもらいたい。そんな思い
から今回は以下のポートフォリオを提案したい。

 同じ日に一緒に出演していた国際政治学者、藤井厳喜先生の言葉では米国の
景気が絶好調だとのこと。これを背景にNYダウは快進撃。高値更新を続けて
おり、間もなくNYダウ3万ドルという時代に突入するとの見方。トランプ大
統領が今秋の再選に向け、大胆な減税政策や財政政策、その予算をもたらすた
めに自ら最高司令官となって米中経済戦争を仕掛け勝利となる部分合意にまで
進んできた中で、3.5%という低失業率を実現させ、GDPの伸びを3%か
ら5%へ高めようとしている。時に波乱はあっても株高トレンドはなおも続く
との見方は揺るぎない。

 戦争仕掛け人とかいうトランプ大統領への批判は日本の旧来のメディアを信
奉する多くの日本国民に誤解を生じさせているように思うが、それが米国株に
比べ日本株の元気の無さにつながってはいるならむしろ出遅れた日本株にも投
資のチャンスがある、小さくともシンクロしていることは否定できないし、ビ
ジネスとして考えると米国市場に力点を置く出遅れ株価低迷銘柄が見直し人気
を集めることに注目すべきだと考える。


 そうした銘柄を含めた割安感のある北海道地盤の銘柄や生活ニーズを踏まえ
た「YOUTUBER KAZUYAに送る株式ポートフォリオを提案したい。

 KAZUYAの年収はどのぐらいかは不明だが、人気のYOUTUBERと
しての収入はきっと多額であるに違いない。本なども書かれていたりメディア
出演などもされているので、これまでの活動で余資は溜まっている筈。
 人気YOUTUBERに200万円のポートフォリオというとやや失礼なの
で今回は2000万円という金額のポートフォリオとして提示し、11月の米
大統領選までの運用成果を見て頂くことにする。
 お金が溜まって1億円程度も大丈夫ということになれば改めてご本人からご
連絡をお願いしたい。なお、KAZUYAには今後、実業家ないし投資家とし
ての活動も期待したい。その一歩となるポートフォリオとなれば幸いだ。


【北海道・帯広生まれの独身?YOUTUBER、KAZUYAに送る中小型
 株ポートフォリオ】


1.炎のFMが厳選した20銘柄から更に絞ったテーマ別の5銘柄でポートフ
  ォリオを構築
2.今回のポートフォリオの運用期間はトランプ大統領再選決定までの約10
  か月間
3.目標利回りは手数料税金控除後、税引配当金込みで20%

選定20銘柄:北海道企業10銘柄/YOUTUBE・米国景気関連14銘柄
/その他6銘柄


⇒テーマ別厳選5銘柄

1)遠い未来だと思っても必ずやってくる老後に備えた北海道銘柄
  光ハイツ・ヴェラス(2137)850円 × 4000株=340万円

2)KAZUYAの故郷、帯広の有力食品スーパー
  ダイイチ(7643) 700円 × 5000株 =350万円

3)米国の景気動向を見据えて蘇る?期待の銘柄
  マクロミル(3978) 1060円 × 4000株=424万円

4)YOUTUBER設備投資関連&米国消費景気向上期待銘柄
  ズーム(6694) 1404円 × 3000株 =421万円

5)婚活ニーズに応える銘柄
  リンクバル(6046)401円 ×10000株 =401万円

株式投資金額 1936万円⇒最大目標2330万円
現金 64万円
税引受取配当金 12.96万円
ポートフォリオ金額合計 2000万円⇒目標金額2407万円


 KAZUYAの幸運と運用成果の向上を祈る!!


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!800円です。
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742


===================================


◆コラム「相川伸夫のこれまでの振り返りと投資戦略」


■相川伸夫ピックアップ銘柄フォロー
 ※1月18日(金)執筆時点

・山王(3441)2016年12月19日配信
 株価560円⇒777円(+39%)
・テノックス(1905)17年2月20日配信
 株価815円⇒902円(+11%)
・特殊電極(3437)17年6月12日配信
 株価2922円⇒5070円(+74%)
・東北特殊鋼(5484)17年9月4日配信
 株価1831円⇒1493円(−18%)
・新報国製鉄(5542)17年10月2日配信
 株価1577円⇒1335円(−15%)
・パウダーテック(5695)18年2月19日配信
 株価4845円⇒4310円(−11%)
・東京エレクトロンデバイス(2760)18年4月6日配信
 株価1970円⇒2795円(+42%)
・アバント(3836)18年6月25日配信
 株価473円⇒1185円(+151%)
・神戸天然物化学(6568)18年8月13日配信
 株価2718円⇒1491円(−45%)
・丸順(3422)18年9月18日配信
 株価826円⇒673円(−19%)
・クロスフォー(7810)18年10月9日配信
 株価421円⇒337円(−20%)
・カンロ(2216)19年11月5日配信
 株価1665円⇒1590円(−5%)


■先月からの変化としては東京エレクトロンデバイスと新報国製鉄に関して盛
り上がってきました。


 皆さんご存知の通り半導体関連の株価が最近上昇しています。
 私が最近情報収集している感じでもやはり半導体の世界はスーパーサイクル
が来ていて、受注も増えているという話を耳にします。
 上記の二銘柄はまさに半導体関連になるので、ここから楽しくなってくるの
ではないかと期待しています。
 また折りを見て取材に赴くつもりでいるのでその時にはまたレポートさせて
頂きます。

※ピックアップ銘柄は買い推奨ではありません。
 私の目で面白い、アツイ要素がある!という理由で記事を執筆した企業の経
 過観察です。
 執筆から3年程度は継続ウォッチしていきたいと考えていますので、銘柄は
 今後さらに増える見込みです。


■これまでの振り返り


 炎さんにお声掛け頂き、2016年末に初めて億の近道で執筆させて頂いた
時はまだ私は自動車部品メーカーに勤務しており、サラリーマン投資家でした。

 この頃に執筆した銘柄が…
 山王(3441)
 グロームホールディングス(8938)
  ※旧LCホールディングス、現在はフォロー除外
 テノックス(1905)
 特殊電極(3437)
 東北特殊鋼(5484)
 新報国製鉄(5542
 パウダーテック(5695)

の7銘柄です。

 2017年は小型株にとっての地合いも大変良く、億の近道掲載後の株価も
大変堅調で1.5倍〜3倍弱になる銘柄が続出しました。
 2018年の春に会社を辞め、客員アナリストとしてリンクスリサーチで半
ば研修アナリストになりました。

 その客員アナリストの時に取り上げたのが…
 東京エレクトロンデバイス(2760)
 アバント(3836)
 神戸天然物化学(6568)
 丸順(3422)
 クロスフォー(7810)

 現在、掲載時比で株価が絶好調なのはアバントで2.5倍になりました。
 東京エレクトロンデバイスもちょいと時間がかかりましたが、業績にも数字
が表れてきた事で評価され始めてきました。
 東京エレクトロンデバイスの四季報再来期予想もやっと19年3月の私の記
事で算定していた予想数字にやっと追い付いてくれて嬉しい限りです!


 アナリストになってから億の近道でピックアップ銘柄記事をアップするとき
に決めたことは『買いのタイミングかどうかで記事執筆するかは考えない』事
でした。

 それまでは『私の記事を見てもしかしたら株を買うかもしれない』という想
いもあって、当初はエントリータイミングも多少考えて記事執筆していました。

 しかし、同時に思ったのです。

『私はアツイ会社を多くの人が知る前にお知らせしたいのであって、知られ始
めて(株価が上がり始めて)から喧伝したい訳ではない』

 それに、株価が上がるかどうかを私個人の判断で書いたり書かなかったりす
るのは正直おこがましいとも思いました(笑)

 2017年に小型株も上がっていたことも多少影響してか、2018年に取
り上げた銘柄は掲載時よりもまだ株価が低い物も多いです。
 正直悔しい気持ちはあるのですが、裏を返せば掲載時よりも多くの人が安く
買えていることになります。
 これは投資戦略的には最高の投資タイミングが提供できているとも取れるの
で、案外良いような気もしています。

 2019年に正式にリンクスリサーチでアナリストとして活動をするように
なってからは投資をしていくにあたっての知識(株価形成や業績に影響する要
因等)、企業の競合優位性についてを取材していくことでかなりシビアな目線、
それこそアナリストとしての評価が少しはサマになってきたかと自分でも思い
ます(まだまだ投資家的な甘ちゃんな所もぬぐえませんが…)。
 実際の市場での株価形成と企業実態での成長との乖離が大きい事も最近は気
にかかるようになってきました。

 分かってきたのは小型株であるなら思いのほか短期急騰はいい加減な理由で
起こってしまうものであり、そこには株価の動きを中心にした話になってしま
う。
 したがって小型株の株価動意の理由によっては吹き値売りが最善策になるこ
とも多く、長期的にホールドは向かない事が多い。
 しかし、企業成長によって引き起こされる株価上昇は長期にわたって続き、
これはしっかりとホールドすることで利益を伸ばすことが出来る物。

 文章にしてしまうと当たり前の話なのですが、頭で分かっていることと実際
に腹にしっかりと落ちているのでは行動や思考パターンに変化が出てくるもの
です。

 億の近道で執筆を始めてからという物、分析に分析を重ねるごとに株価の日々
の動きに対して鈍感になってきました。

 私はこれを凄く良い事だと思っています。
 数年後の企業価値に対して自信をしっかりと持てる程分析が出来ているから
こその安心感が得られました。

 企業成長に基づいた投資は数年単位でのホールド、株価下落時の買い増しが
必須の投資戦略です。
 このスタイルもかなり板に付いてきたものです♪

 どっしりと構える戦略でピックアップ銘柄が掲載して3年が経つ頃には2倍
以上になっている戦果が気付けたら大変嬉しく思います。


 企業成長をしていく銘柄であればいつ買っても長期で必ず報われます。
 そのためには企業分析が欠かせません。

 今後ともまだまだ発展途上の未熟な身では有りますが、こうして記事を読ん
で頂けている方とともに多くの気付きと学びを得ながら成長していきたいと思
います。


 今年もどうぞよろしくお願いします<m(__)m>



■株の学校【東京第5期】募集開始!
 https://double-growth.com/stockschool_entry_5/

 前回19年の夏に開催した名古屋での株の学校『長期投資家ゼミ』は大好評
で終わりました。
 東京での第5期の株の学校の募集が始まったので告知です。
 今回も私が講師をさせて頂きます
 手前味噌ではありますが、株式投資における長期投資のレベルを大きく上げ
ることが可能であるゼミになっていると思います。
 株式投資は一人でも独学で上達することが出来ます。
 しかし、高い熱量での講義やネットで検索しても出てこない知識やノウハウ、
さらには企業への同行取材という濃縮した経験値を積みたいという方は是非受
講してもらえればと思います。
 私も講師陣の一人として全力で助力致します。
 詳しくは上記URLリンクの『みんなの運用会議』の告知記事をご覧くださ
い。


それではまた。


『全力全開全力前進!!!』


(相川伸夫)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/cridaibiat
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


◆コラム「多忙な年始の中で(その2)」


 福岡に本社を置く日創プロニティと同様にかつてはQボード銘柄だった皆様
ご存知のLibWork(1431・マザーズ)の瀬口社長とは16日の午前
中に面談した。

 同社は単なる熊本の住宅会社ではなくITと住宅を融合させた次世代住宅会
社。
 この日は親しい他の住宅企業の社長とも一緒に面談させて頂いた。

 昨年の億の近道20周年記念パーティにて少しお話もさせて頂き、その後の
株価急騰を演じた銘柄の社長との面談は朝からスタート。同社の情熱的な瀬口
社長やIR担当役員との面談はとても好印象。株価はここに来て若干の調整場
面を迎えているが、大きく上昇した後ですので致し方がないところ。この後の
株価の展開にご期待願いたい。


 実は今月26日(日)には個人投資家向けセミナーが瀬口社長を迎えて開催
されるとの予定。どんな話となるか興味津々といったところだが、当日は私も
何人かの投資家とともに足を運ぶ予定なので宜しくお願い申し上げたい。
 終わってからの懇親会も参加予定でお見えになる億の近道の読者とも交流で
きると考える。


 その日の午後は神田駅近くの知人の会社に新年の挨拶を兼ねて訪問。新卒者
の就活支援をされている企業さんで学生さんへの研修をされたりしているのだ
が、就職先がまだ決まらない学生さんからの相談も聞いておられるとのこと。
私にもいろいろと具体的な話をして頂いた。


 また、その神田駅近くに支社を置く株価低迷中の埼玉地盤の不動産企業、ア
ズ企画設計(3490・JQ)の3Q決算説明会に出席。説明会自体は比較的
短い時間で終わったのだが、新たに経営戦略部部長に就任された方と名刺交換
させて頂いた。M&Aなどに精通されたプロということなので今後の再成長に
期待したい。果たして低迷する業績を回復させられるのか松本社長の手腕とと
もに新任の部長の手腕にも期待をしたい。時価総額が小さな軽量級の銘柄だけ
に動き出すと足は軽い。せめて2018年3月のIPO時の公開価格2160
円を奪回してくれると良いのだが、そのためには業績の回復が必須だと考えら
れる。


 その説明会後にその会場の隣にオフィスがある知人の会社を訪ねた。年初の
挨拶を兼ねてだ。多くの有名な漫画家先生との関係を持つその会社の社長とは
長年のつきあいだが、億の近道監修の株漫画でお世話になったこともある。
 熟年ベンチャー的な立ち位置で活動中の社長だが、私はこれまで多くの方を
紹介してきた。その中には現在株価急騰中のサイバーステップ(3810)の
役員も含まれる。
 その意図は内緒にしておこう。その日はビジネスアイデアも披露しておいた
が、今年サービス開始元年となる5Gの世界と映像コンテンツ。おタッキーな
漫画の世界が一層ビジネス的に開花すると見られる。


 その面談を終えて私は永田町方面に向かった。自民党本部での勉強会に出席
するためだ。約1000名もの皆さんが集まるその勉強会は憲法改正を議論す
るためのたたき台となる日本の近現代史を専門家を招いて勉強しようというも
の。
 これから毎月2回程度のペースで24回の開催を予定しているようだ。

 冒頭では安倍首相が挨拶をされたが、やはり日本はこの人でないと駄目だと
思わせるぐらいの心に沁みる話があった。果たして安倍首相在任中に憲法改正
が実現できるのか億の近道の読者の皆さんも、、これからぜひ関心をもって頂
きたい。

 その内容は改めて本メルマガでも報告したいと考える。


 翌日の17日はチーム八丁堀でランチミーティング。株価低迷中のスカラ
(4845)が1月27日の渋谷ヒカリエ17階への本社移転を記念して開催
する予定のセミナー(テーマはビジネスアイデアと新規事業、講師は社内企業
のプロである同社の守屋実氏)への出席を促した。チーム八丁堀には元銀行マ
ンも交じっており、様々な貴重な情報を頂いた。


 その日の夕刻の4時には原宿まで足を運び、住宅やビル建材、床材、水回り
などの開発輸入会社、アドヴァン(7463)の第3四半期決算説明会に臨ん
だ。
 世代交代が進み、創業者である山形名誉会長の後継者であった前社長も会長
に退き、新たに社長に就任された末次新社長にご挨拶。今期は3Qまでは順調
な業績なのだが、4Qは職人不足がネックで工期の遅れなども想定されるため
やや慎重見通し。来期も踊り場を迎えるなどと慎重な発言があった一方で、低
金利で調達した資金で自社株買いを積極化させているとの話などもあった。ま
たさ来期には福岡に新たなオフィスビルを建築する予定であるとの話もあり、
着実なビジネス展開を見込んでいることも伺えた。直近の株価は上昇してきた
が先週はやや調整の動きが見られた。


 この説明会が終わってまっすぐに千代田線で帰宅する可能性もあったが、こ
の日は大学のゼミOB会で元ソフトバンクグループのグッドローン(現在のA
RUHI)社長を務めたことのあるOBのプレゼンがあることを思い出し、京
橋に出向いた。かつてはソフトバンクの孫社長やSBIの北尾社長とも面識が
あるなど経歴がすごい人物だ。クールなのだが、情熱はなおも残っており、現
在はインパクト投資の会社を故郷の鳥取で立ち上げてカンボジアなどの新興国
での融資事業に力を注いでいる。これについてはまた改めてご報告したいと考
える。
 このプレゼン終了後には同じ京橋にて懇親会。証券界のOBや現役アナリス
ト、大手小売りチェーンで活躍した方、新聞記者など集まった皆さんとの懇親
を深めることができた。幹事を務めて頂いた大手電機メーカー勤務のゼミOB
には心より感謝申し上げたい。


 このように先週はとてもお疲れさん!!の充実した1週間であった。

 今週もどうやら忙しくなりそうだ。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




【お知らせ】炎のファンドマネージャー有料メルマガ第276号配信中!!

 月曜日の億の近道で、20年にわたり執筆を続けてきました、おなじみ「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」通算276号が1月20日に配信されました。

 企業プレゼン出席や企業個別面談などのアナリスト活動を基本にした、独自の目線の投資情報を毎週1回、月曜日に皆様にお届けします。


【1/20配信億の近道の内容にプラスアルファ情報を加えて掲載!】



【1/20 第276号では】

■炎が読み解く相場の視点
■オクチカ掲載内容+補足コメント
■有名YOUTUBERに贈る炎の特別ポートフォリオ


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/



honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



炎の投資情報サンプル#276 2020/01/20

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
投資情報メールマガジン                   2020/01/20
         炎 の 投 資 情 報 (第276号)

        −プロが導くお金創造のための投資情報−
                              週1回発行
◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆


 株式投資には不安がつきもの。山あり谷ありの株式相場を冷静に眺めるアナ
リストが発信する情報をお楽しみ頂ければ幸いです。

 志を大きく持たれた読者各位の大いなる発展と成功を祈願しております。
 ご一緒に頑張りましょう!!

 なお、一部を「億の近道」に掲載することがありますので、あらかじめご了
承下さい。


    ★当メルマガは等幅フォントでの閲覧を前提にしております★


□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□


              −本日の目次−


■はじめに
■炎が読み解く相場の視点
■オクチカ掲載内容+補足コメント
■有名YOUTUBERに贈る炎の特別ポートフォリオ
■次回予告


         報告者:炎のファンドマネージャー


□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□


■はじめに


 お正月も後半となって全体相場は海外株高に連れて堅調推移。日経平均が2
万4000円台に乗せてきたことで明るいムードが漂いつつあります。イラン
と米国との関係が不透明な点もエスカレートしない流れが醸成されひとまず買
い安心感が出たことがここでの相場を強くさせています。もちろん米国経済の
強さも注目されており、中国や韓国などとの経済情勢の違いが鮮明に出ており
ます。
 消費税上げ後の日本経済はオリンピックを控えてはいるものの消費マインド
は低調。株式市場は米国株に100%シンクロはしませんが、ジワジワと上昇
するパターンが期待されます。

 こんな相場展開の中でお送りする本日の炎の投資情報はいつもとは趣向を変
えて本日の夜に配信する予定の億の近道のコラムその他を先行してお伝えする
内容となりますので宜しくお願い申し上げます。


□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□


■次回予告


 今回は趣向を変えてお送りしたが、次回もやや趣向を変えての配信とさせて
頂きたい。その内容は乞うご期待としておきたい。
 なお、KAZUYAへのポートフォリオの銘柄コメント、フォローも行いた
いと考える。





(本メルマガは限定された購読者様への情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、ご購読の皆様が損失を被っても執筆者および発行者ならびに配信者は一切の責任を負いません。)



honoh_01.jpg



市場潮流

cd0a1c3027531ddc28d651f7c97fa20e_s.jpg



 先週1月10日(金)は休載いたしましたので、本日が20年最初の執筆となります。本年もよろしくお願い申し上げます。


 今週(1月14〜17日)の東京株式市場は、3連休後の4日間の立ち会いでしたが、日経平均株価が週間で190円69銭上昇し(率にして0.8%の上昇)、2万4041円26銭で取引を終えました。2週連続の上昇です。

 週初の14日(火)は米中貿易協議の進展期待や円安の進行などを好感し、前週末比174円高となり、前週から3日続伸しました。終値は2万4025円17銭で、19年12月17日以来、約1カ月ぶりに終値で2万4000円台に乗せました。続く15日(水)は利益確定売りが優勢となり反落。16日(木)、17日(金)は米株高を好感し、続伸して終わりました。


 米国では住宅投資が回復しつつあります。過去、裾野が広い住宅投資の回復局面では米国の景気が後退に陥った例は少なく、米国景気の先行きに強気な見方が広がっています。また、主要企業の業績改善が顕著である点も、株高を支えています。
 国内主要企業の19年度第3四半期(3Q)の発表も1月下旬から本格化します。市場では業績回復への期待が高まっており、期待通りの結果が出るようであれば、2万4000円レベルを固めたうえでの上伸も見込めそうです。


(水島寒月)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/ciowaijeak
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2020/01/17


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2020/01/17号

              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:水島寒月)


        ◆コラム「市場潮流」:水島寒月


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第90回「2020高値更新あるか?」がアップされました。


第90回「2020高値更新あるか?」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so36233478
 【YouTube】https://youtu.be/CcFCTmGkiRw

【今回登場企業】リンクバル コンヴァノ タカチホ LibWork


 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。


===================================


◆コラム「市場潮流」


 先週1月10日(金)は休載いたしましたので、本日が20年最初の執筆と
なります。本年もよろしくお願い申し上げます。


 今週(1月14〜17日)の東京株式市場は、3連休後の4日間の立ち会い
でしたが、日経平均株価が週間で190円69銭上昇し(率にして0.8%の
上昇)、2万4041円26銭で取引を終えました。2週連続の上昇です。

 週初の14日(火)は米中貿易協議の進展期待や円安の進行などを好感し、
前週末比174円高となり、前週から3日続伸しました。終値は2万4025
円17銭で、19年12月17日以来、約1カ月ぶりに終値で2万4000円
台に乗せました。続く15日(水)は利益確定売りが優勢となり反落。16日
(木)、17日(金)は米株高を好感し、続伸して終わりました。


 米国では住宅投資が回復しつつあります。過去、裾野が広い住宅投資の回復
局面では米国の景気が後退に陥った例は少なく、米国景気の先行きに強気な見
方が広がっています。また、主要企業の業績改善が顕著である点も、株高を支
えています。
 国内主要企業の19年度第3四半期(3Q)の発表も1月下旬から本格化し
ます。市場では業績回復への期待が高まっており、期待通りの結果が出るよう
であれば、2万4000円レベルを固めたうえでの上伸も見込めそうです。


(水島寒月)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/ciowaijeak
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。

 年末年始の読書にオススメです!


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




新年銘柄玉手箱





【サクッと3分読み可】

 投資顧問とは株屋、もっと言えば銘柄屋。
 という事で本業に立ち返り個別銘柄を書きます。
 今回は判断がしにくくて困っている方も多い新規上場案件を。
 (2020/2/7上場予定)


■ジモティー(7082)

・東証マザーズ
・主幹事大和証券
・予定価格960円
・初値予測2,500円付近まで


■簡単解説


 地域密着型のマッチングで人気を博し2020年満を持して上場。
 初めて知ったのは数年前。
 「取りに来るなら無料でいいですよ」的な誘い文句で電化製品・家具・衣類だとかをCtoCで譲り合う仕組みに感銘を受けたモノでした。

 それから数年経って久々に覗いてみると、やや出会い系サイトのような様相になっていて、少し【脂っこいもの】と【刹那】を感じました。
 狙ってか狙わずか、ともあれ「こうなるわな」という感想を以て再び放置。

 それからは正直ノーマークでした。


 が!気づけばこの度の上場です。
 正直びっくり・・・ですが少し冷静になって考えれば、【モノ】と【モノ】のマッチングだけでは競合他社が乱立していますが、【人】と【人】も繋いじゃうのであれば、もはやブルーオーシャンかも?(トラブル等のリスクは付きまといますが)

 サイト側は「人と人の未来をつなぐ」としています。
 ユーザー数の伸びから見てもあらゆる「情報」を交換できる場としては、すでに不動の地位を築いていると言えそうです。

 また驚くべきことにメーカーと提携して「新品のTV」を格安で販売してたりします。ただのリユースマッチングだけではないうえに、ECでPBまで扱い始め、もはや競合らしい競合が見当たらなくなってくる恐ろしさ。

 このなんでもやりまっせ!的な展開はドンキのマッチングサイトverとでも言いますか、とにかく伸びしろしか感じません。

 改めて取り扱い中の大カゴリーを確認すると「売ります・あげます」「助け合い」「メンバー募集」「不動産」「中古車」「正社員」「地元のお店」「里親募集」「教室・スクール」「イベント」「アルバイト」・・・

 凄いじゃん。なんでもあるじゃん。感動。もう少し見てみましょう。


 株主は、オプト(30.68%)LIFULL(4.29%)などの面々。
 2019年4月にはNTTドコモと資本提携(16.22%)。
 少し気になるのは社長の持分(8.71%)、やや雇われ感強め。最近のトレンドとは言え吉凶どう転ぶか見物・・・(個人的には創業者が適切な量で筆頭が好き)

 業績は、昨年末にようやく微益ですが黒字達成。それまでは4期真っ赤。
 他方、売り上げはこの4年で約20倍まで伸ばしています。売上規模の拡大と並行して、露出を増やし・社員を増やしと、サイズを大きくしていった事が伺い知れます。

 現在の進捗は?というと、前期の通期分売上を3Qでほぼやっているので好調と言っていいでしょう。利益率も上昇中で、純資産・一株利益など財務面の見栄えは今後更に良化しそうです。

 上場してから期待されるシナジーは「認知度向上」。このサイトにとっては最も大きなリターンとなるでしょう。ターゲットの主役である中間層に強くアピールできるはずです。

 また既存のユニークユーザーが興味本位で同社の株を持つ可能性もあり、株式投資家の裾野を広げるといった観点からも個人的には評価したいところ(優待早期実施求む)。


 リスクとしては、【出会い系】の側面があるため、万が一事件のきっかけになった場合はメディアで取り上げられる事になり、イメージダウンは避けられず、広告クライアントが撤退し、進捗が遅れる事が考えられます。念のためこの点だけ確認しておきましょう。

*取組みについては、理事長とのお約束の為ここでは言及できません。ご了承ください。


−あとがき−

 企業も数か月、いや数日見てないと途端にその姿を変えてきますね。
 競合と市場を取り合うと先細ります。競わないところへ舵を取るのがビジネスの基本。変化と進化はマストですね(そういった意味で大和証券さんの扱うIPOは面白いなぁと感じます)。

 皆様も狙っている会社は定期的に調査する事をお勧めします。
 我々は仕事柄毎日見ていますが、投資家さん達はそうもいかないと思いますので、そんな時は私たちのような投資顧問を活用なさってください。


 今日はだだーー!と書き殴りましたが、ブックビル当たった方はもちろん、そうでない方はセカンダリのご参考にどうぞ。
 投資はあくまでも自己判断。ですが情報収集の鮮度と質はとても大事。

 それでは今日も新たな勝者が生まれることを祈って。


(あすなろ産業調査部 大石やすし)


過去掲載 「投資顧問の在り方とSaaS関連の妙味」
      http://okuchika.net/?eid=8797
     「【秘蔵の産業●●】の投資顧問代表大石やすし的見解」
      http://okuchika.net/?eid=8875


[大石やすし氏プロフィール]
 『投資家の勝ちこそが我々の価値!』をスローガンに掲げるあすなろ投資顧問の運営最高責任者。
 IR説明会や企業へ訪問取材を敢行するなど、足で稼ぐ情報収集と投資分析を駆使した銘柄選定が持ち味。年に数回限りの大石銘柄は相場に数々のドラマを生み、その度会員様からの厚い支持を得てきた。


■【無料銘柄毎日更新】■
https://1376partners.com/lp?ad=okuchikaoishi

株式会社あすなろ/関東財務局長(金商)第686号/加入協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

(提供情報はあくまでも情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘及び、売買指示ではございません。株式投資には価格の変動等によって損失が生じるおそれがあることをご理解の上、投資にあたっての最終判断はご自身の判断にてお願い致します。信頼できると思われる各種情報、データに基づいて作成しておりますが、その正確性及び安全性を保証するものではありません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/bouuowaeve
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!



JUGEMテーマ:ビジネス



JUGEMテーマ:株・投資




億の近道2020/01/16


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2020/01/16号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
       (本日の担当:あすなろ産業調査部)


         ◆コラム「新年銘柄玉手箱」


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第90回「2020高値更新あるか?」がアップされました。


第90回「2020高値更新あるか?」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so36233478
 【YouTube】https://youtu.be/CcFCTmGkiRw

【今回登場企業】リンクバル コンヴァノ タカチホ LibWork


 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。


===================================


◆コラム「新年銘柄玉手箱」


【サクッと3分読み可】

 投資顧問とは株屋、もっと言えば銘柄屋。
 という事で本業に立ち返り個別銘柄を書きます。
 今回は判断がしにくくて困っている方も多い新規上場案件を。
 (2020/2/7上場予定)


■ジモティー(7082)

・東証マザーズ
・主幹事大和証券
・予定価格960円
・初値予測2,500円付近まで


■簡単解説


 地域密着型のマッチングで人気を博し2020年満を持して上場。
 初めて知ったのは数年前。
 「取りに来るなら無料でいいですよ」的な誘い文句で電化製品・家具・衣類
だとかをCtoCで譲り合う仕組みに感銘を受けたモノでした。

 それから数年経って久々に覗いてみると、やや出会い系サイトのような様相
になっていて、少し【脂っこいもの】と【刹那】を感じました。
 狙ってか狙わずか、ともあれ「こうなるわな」という感想を以て再び放置。

 それからは正直ノーマークでした。


 が!気づけばこの度の上場です。
 正直びっくり・・・ですが少し冷静になって考えれば、【モノ】と【モノ】
のマッチングだけでは競合他社が乱立していますが、【人】と【人】も繋いじ
ゃうのであれば、もはやブルーオーシャンかも?(トラブル等のリスクは付き
まといますが)

 サイト側は「人と人の未来をつなぐ」としています。
 ユーザー数の伸びから見てもあらゆる「情報」を交換できる場としては、す
でに不動の地位を築いていると言えそうです。

 また驚くべきことにメーカーと提携して「新品のTV」を格安で販売してた
りします。ただのリユースマッチングだけではないうえに、ECでPBまで扱
い始め、もはや競合らしい競合が見当たらなくなってくる恐ろしさ。

 このなんでもやりまっせ!的な展開はドンキのマッチングサイトverとで
も言いますか、とにかく伸びしろしか感じません。

 改めて取り扱い中の大カゴリーを確認すると「売ります・あげます」「助け
合い」「メンバー募集」「不動産」「中古車」「正社員」「地元のお店」「里
親募集」「教室・スクール」「イベント」「アルバイト」・・・

 凄いじゃん。なんでもあるじゃん。感動。もう少し見てみましょう。


 株主は、オプト(30.68%)LIFULL(4.29%)などの面々。
 2019年4月にはNTTドコモと資本提携(16.22%)。
 少し気になるのは社長の持分(8.71%)、やや雇われ感強め。最近のト
レンドとは言え吉凶どう転ぶか見物・・・(個人的には創業者が適切な量で筆
頭が好き)

 業績は、昨年末にようやく微益ですが黒字達成。それまでは4期真っ赤。
 他方、売り上げはこの4年で約20倍まで伸ばしています。売上規模の拡大
と並行して、露出を増やし・社員を増やしと、サイズを大きくしていった事が
伺い知れます。

 現在の進捗は?というと、前期の通期分売上を3Qでほぼやっているので好
調と言っていいでしょう。利益率も上昇中で、純資産・一株利益など財務面の
見栄えは今後更に良化しそうです。

 上場してから期待されるシナジーは「認知度向上」。このサイトにとっては
最も大きなリターンとなるでしょう。ターゲットの主役である中間層に強くア
ピールできるはずです。

 また既存のユニークユーザーが興味本位で同社の株を持つ可能性もあり、株
式投資家の裾野を広げるといった観点からも個人的には評価したいところ(優
待早期実施求む)。


 リスクとしては、【出会い系】の側面があるため、万が一事件のきっかけに
なった場合はメディアで取り上げられる事になり、イメージダウンは避けられ
ず、広告クライアントが撤退し、進捗が遅れる事が考えられます。念のためこ
の点だけ確認しておきましょう。

*取組みについては、理事長とのお約束の為ここでは言及できません。ご了承
 ください。


−あとがき−

 企業も数か月、いや数日見てないと途端にその姿を変えてきますね。
 競合と市場を取り合うと先細ります。競わないところへ舵を取るのがビジネ
スの基本。変化と進化はマストですね(そういった意味で大和証券さんの扱う
IPOは面白いなぁと感じます)。

 皆様も狙っている会社は定期的に調査する事をお勧めします。
 我々は仕事柄毎日見ていますが、投資家さん達はそうもいかないと思います
ので、そんな時は私たちのような投資顧問を活用なさってください。


 今日はだだーー!と書き殴りましたが、ブックビル当たった方はもちろん、
そうでない方はセカンダリのご参考にどうぞ。
 投資はあくまでも自己判断。ですが情報収集の鮮度と質はとても大事。

 それでは今日も新たな勝者が生まれることを祈って。


(あすなろ産業調査部 大石やすし)


過去掲載 「投資顧問の在り方とSaaS関連の妙味」
      http://okuchika.net/?eid=8797
     「【秘蔵の産業●●】の投資顧問代表大石やすし的見解」
      http://okuchika.net/?eid=8875


[大石やすし氏プロフィール]
 『投資家の勝ちこそが我々の価値!』をスローガンに掲げるあすなろ投資顧
問の運営最高責任者。
 IR説明会や企業へ訪問取材を敢行するなど、足で稼ぐ情報収集と投資分析
を駆使した銘柄選定が持ち味。年に数回限りの大石銘柄は相場に数々のドラマ
を生み、その度会員様からの厚い支持を得てきた。


■【無料銘柄毎日更新】■
https://1376partners.com/lp?ad=okuchikaoishi

株式会社あすなろ/関東財務局長(金商)第686号/加入協会 一般社団法
 人日本投資顧問業協会

(提供情報はあくまでも情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘及び、
売買指示ではございません。株式投資には価格の変動等によって損失が生じる
おそれがあることをご理解の上、投資にあたっての最終判断はご自身の判断に
てお願い致します。信頼できると思われる各種情報、データに基づいて作成し
ておりますが、その正確性及び安全性を保証するものではありません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/bouuowaeve
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!800円です。
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742

===================================


■ お知らせ ■


■第42号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第42号レポート配信中!!】


 今週は、業界2強の一角であり、強みを生かした新規ビジネスで高成長を狙
う企業を掲載。競合他社の情報と比較しながら業界分析を行っています。

 また、レポートで配信した銘柄で構成するモデルポートフォリオの銘柄入れ
替えを実施。+120%の銘柄を半数売却した上で、新たに1銘柄追加してい
ます。
 是非ご購読ください。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第275号、好評配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第275号
が好評配信中です。


【炎流投資作戦をはじめ、注目30銘柄情報を掲載!】

【1/14 第275号では】

■炎が読み解く相場の視点
■特別報告:中小型株の物色気運盛り上がる!!〜軽めの株から陽動作戦?〜
  (5銘柄)
■炎の注目銘柄〜時価総額20億円以下の銘柄に見出す投資チャンス〜(5銘
  柄)
■低PBR銘柄研究〜その1:IR推進のフクビ化学(7871時価556円)
■特別報告:リンクバル(6046)株の売買シナリオ
■銘柄コメント(13銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:ビジネス




[石川臨太郎]人生最後の著書のご案内 成功した個人投資家の最後のメッセージを…




◆石川臨太郎氏 人生最後の著書のご案内

末期がん宣告を受け、ご本人の発案から製作がスタートした人生最後の著書です。

過去の著作を含む、自身の投資経験の総括。テクニックや方法論満載です。
そして、余命宣告を受けてからの、家族に資産を遺すための様々なノウハウと実践を綴っています。




[書籍紹介より引用]

余命宣告を受けた著者から連絡が……
 2018年末、ある著者から連絡を受けました。それは、2003年ごろ、パンローリングで著書(『年収300万円を月収300万円に変える投資戦略』など)を出した石川臨太郎さんでした。その内容はいうと「有料メルマガ(生涯パートナー銘柄の研究)で書きためた原稿があるのですが、実は末期のすい臓がんで残された時間があまりないので、一部の原稿と素材を渡しますので、形にしてもらえないでしょうか」というものでした。
臨太郎さんが元気なうちに何とか本を届けたいと考え動き出してはみたものの、結局、存命中に本を届けることはできませんでした。

「遺言」として書かれた本書の内容とは
 本書は、臨太郎さんの「これからの投資家への遺言として作りたい」という願いを形にしたものです。その“遺言”の内容は大きく2つに分かれます。それは、「資産を作るための株式投資」と「資産を遺すための株式投資(※資産運用)」です。




 パンローリングの直販サイトで購入出来ます(送料無料)。即日発送です。

 Amazonで即日発送


 ぜひ、石川臨太郎氏の最後のメッセージを受け取って下さい。



JUGEMテーマ:株・投資




有料メルマガライブラリから(322)「高値掴みせず割安な企業の株をさらに安く買うチャンスを狙う」

4b6aa9d4ed9eb2999828f96cc5ef96ae_s.jpg



 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。


=コラム「高値掴みせず割安な企業の株をさらに安く買うチャンスを狙う」=
 (有料メルマガ第364回・2016/1/19配信号)


※注 2016年1月現在の内容ですので留意下さい。


【前略】


 過去に学んだジム・ロジャースの言葉ですが『短期売買では人間の心理が価格に影響を及ぼす』ということも頭では理解していました。

 東日本大震災が起きた3月11日の震災後に開いた3月14日からの日本の株式市場において、ほとんどの銘柄が暴落しました。

 ただ、この時は日本株の暴落の理由が明白に分かっており自分でも納得できていたので、日本の復興に寄与する企業に投資して持ちつづけようという投資方針を立てることが出来ました。

 しかし2016年1月に入ってからの日本株の暴落については、世間で言われている理由だけで、日本株だけが米国株などに比べて下落率が大きくなるということに納得できない自分がいます。


 このような時は、日本人が生きていくうえで必要不可欠のライフラインを提供するためのビジネスを行っている内需株のうち、業績が伸びているのに株価が大きく下げ続けている企業の株価をウォッチしながら、少しずつ買い増して行く投資作戦で行くのが良いのではないかと、いま時点では考えています。


【中略】


 過去においても、何度か自分に納得できない理由で、日本株が大きく下落したことがありました。そのような苦しい時にいつも思い浮かべることは『今の状態をチャンスと捉えることができるか、不遇だと腐ってしまうのでは未来がまったく違ってくる。』ということです。

 投資でも人生でも結果や結論が直ぐに出ることは少ないです。投資でも今日上がった株が、明日下げてしまうかもしれないし、ここのところ下げ続けている株が、自分が投げたとたんに暴騰を始めることも、無いとはいえません。


 今は、直ぐに大きくリバウンドがスタートするとはあまり期待できないと自分でも思っています。しかし過去における大きな株の暴落のあとで、1年くらいたってから調べてみると、下げ過ぎた企業の株は、予想以上に大きくリバウンドしていることが多かったです。


【中略】


 30年以上続けている株式投資、ゴールド投資や賃貸不動産などに対するいろいろな経験。そして投資などよりずっと重い人生における経験から、このような不条理な状態に耐え切れずに焦ったり、捨て鉢になって行動するのは、とても愚かなことだと学んできました。

 過去の体験を良い経験変えて将来の役に立てるために学んだことで、今回のような時にとても役に立っているのは『じっくりと待つ力』、『結論を保留して時間にゆだねる力』を身に付けてきたことです。

 「待てば海路の日和あり。」「待てば甘露の日和あり。」ということわざにもあるように、自分ではどうしようもない事が起きているときは、時間に任せて待つということも大事なことです。


 今の日本株の一人負けのような日本株の下落状況において日本株に投資する投資家として参加して、リスクをとった分の利益も得られるチャンスと捉えることができるか、不遇だと腐ってしまうのでは未来がまったく違ってくると考えています。


 社会にあるいろいろなシステムもそうですが、投資などの資産のポートフォリオも、それを構成するファクターが多様であればあるほど安定的だということを、しっかりと意識しつつも、収益力と財務的な堅牢さを併せ持つ銘柄が大きく投げられている状況で、更に株価が下がるリスクに敏感になりすぎて、市場の動きに付和雷同すると、投資環境が改善に向かい投資した資産背景もあり業績の良い企業の株価が回復している流れを取り逃がしてしまう可能性も高まります。

 過去の投資の格言にある『人の行く裏に道あり花の山』にでてくる『人』というのは他人をさすばかりではなく、『投資を行うのを嫌がって危険視している、いまの自分の感情』のことも指している。こんなことも過去に学んできました。


 こんな投資環境の悪いときに株式投資を継続する(=株を買い持ちする)という投資行動は、過去に何度も何度も体験してきたことではありますが、大いに気持ちが悪い不安な状態です。アベノミクスがスタートしてからの日本株の上昇を満喫してきた後で、急速に日本株が下落している状況に精神的なダメージを受けている投資仲間もいらっしゃると思います。

 このような状態のときに『不安や気持ちの悪さ』を感じることは株式投資に参戦して、安全運転で生き延びていくためには必要な感覚です。否定して改めるべき感覚ではなく『自分は安全運転の基本を守っている』と確認して、まず安心すべき事態です。

 しかし、この感覚に付和雷同した投資行動、すなわち不条理な状態に耐え切れずに焦ったり、捨て鉢になって衝動的投資行動を行うのは危険極まりない行為です。


【中略】


 不条理感に悶々とするときには、今日のコラムに書いてきたようなことを思い返して、『短気は損気』と待つというモチベーションを途切れさせないように、冷静さを失わないように心がけるようにしています。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


■□この有料メルマガの全文が読めます!
  京阪神ビルディング(8818)研究銘柄レポート+コラムの構成です。
  以下のリンクからどうぞ。(一部無料です)
  こちらから ⇒ http://bit.ly/rin20160119


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!



JUGEMテーマ:株・投資




calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM