<< 億の近道2007/02/28 | main | 億の近道2007/03/02 >>

SI業界(1)

 システムインテグレーション(大規模なシステム開発を行う、以下SI)業界は、ITバブル以来の好景気に沸いている。この業界はゼネコン業界と非常に近いものがあり、プライマリーと呼ばれる元請が大規模な事案を受注し、下請けに仕事を発注する。そのため業界全体の景気に、個別企業の業績が連動しやすい。

 SI業界の景気が良くなった理由は複数ある。不良債権処理に目処をつけた金融機関の発注の増加、NTTの次世代通信網に絡んだ案件の増加、J−SOX法関連の案件の増加等々外部環境の好転が強い追い風になっている。需要過多で、受注単価の上昇が起きている。

 加えて企業の自助努力も大きい。ゼネコンに例えるなら、材料の値段も計算しない、工事に何日かかるかも分からない(よって人件費がどれくらいかかるのか分からない)業者ばかりだった。そんな状態のため突然大きな赤字案件が出てきて、業績の下方修正など頻繁に行われた。しかしここ1,2年は受注時における採算管理、システム構築中のプロジェクト管理を徹底して、赤字案件が急減している。

 長らく低収益構造に喘いできたSI業界に、今強い追い風が吹いている。好況は、今後数年間は継続するだろう。

テーマは、
(1)上流のコンサル工程への特化
(2)オフショアの活用
(3)ストックビジネスへの転換
などが考えられる。

こうした観点から、今後の有望企業を探っていきたい。

***



<前回の記事(アプリックス)について>

 スーパーエルフさんから、掲示板に頂いたコメントを拝見しました。ちょっと書き込めない状況なのでこちらで、返信させていただきます。

 EPSの算出を間違っていました。10倍にして読んでください。
 バリュエーションについてですが、将来収益で評価したため、PERを割り引きました(収益でなく)。
 あと、あまりにも長くなるのであえて記載しなかったのですが、Javaの技術支援の売上が将来減少に転じるであろうこと、主力商品の単価下落、BSに資産計上されている多額の研究開発費などの要因を考慮の上で算出しました。

当然ですが前回の記事は、当該企業への投資を推奨するものではありません。

(アナリスト修行僧)

<スローガン>
仲間と共に理想社会への投資をはじめよう!
−投資活動によって理想社会を実現する−

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM