<< 一日中ゲームばかりしていてはいけない理由 | main | デサント他 >>

億の近道2020/07/16


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2020/07/16号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
  (本日の担当:街のコンサルタント&あすなろ産業調査部)


  ◆コラム「デサント他」:街のコンサルタント
  ◆コラム「株の玉手箱 『着眼大局着手小局』No.9」
      :あすなろ産業調査部


===================================


★★【億の近道主催 長期投資セミナー開催!!】★★


 4か月ぶりのセミナーを開催します。

■今回のテーマは「コロナをぶっ飛ばせ!長期投資株のススメ」です。

 億の近道でおなじみの「炎のファンドマネジャー」と「山本潤氏」が登壇。

 それぞれのスタンスから長期投資を語っていただきます。

 また、「グロース銘柄発掘隊」の小月隊長が、過去取り上げてきた銘柄を題
材に、成長株発掘のヒントとポイントを話します。


 今回はリアルセミナーと配信セミナーの同時開催です。
 リアルセミナーは70名定員のところ20名限定募集です。

 配信セミナーは初の試みなのでテストを兼ねてツイキャスを利用します。
 ネット環境・配信メディア・ソフトウエア等のトラブルにより配信が一時中
断または中止になる可能性があります。あらかじめご了承下さい。
 その分、リアルセミナーより価格を安く設定しております。

 なお、セミナー終了後、参加者は当日の録画を2週間視聴出来ます。


■日時:7月23日(木・祝日)14:00〜16:30

■場所:東京都(リアルセミナー)

■登壇者

 炎のファンドマネジャー
 「コロナ禍に負けない株式投資〜いつの間にか誰かに買われている株がある」

 山本潤氏
 「タイトル未定(長期投資テーマです)」

■参加費:リアルセミナー参加 3,000円(税込) 20名限定
     配信セミナー参加  1,100円(税込)


■リアルセミナー参加お申し込みはこちらから
  ⇒ https://bit.ly/longterm20200723

■ 配信セミナー参加お申し込みはこちらから
  ⇒ https://twitcasting.tv/c:okuchika/shopcart/14159

 ※配信セミナーはツイキャスで行いますが、システムの仕様で返金が出来ま
  せん。あらかじめご了承下さい。
  万が一お申し込みお支払い後、配信セミナーに参加できなくなっても返金
  はいたしません。録画をご視聴下さい。


===================================


◆コラム「デサント他」


 本日のデサントの買われ方には驚きました。
 先月のメルマガで「デサントが下がりそう」と書いたばかりで、まさかこん
なに上がるとは・・・と言う気分です(汗)。加えてZOZOも良く上がって
いますから、銘柄を書くのって嫌だな、と感じる今日この頃です・・・(苦笑)


 それにしても、単発の特別利益と会社の勝手な下期予想が良いからと言う理
由でこれほど上がるとは驚きました。
 個人的な思いですが、単に伊藤忠と言う大会社がバックについただけで将来
業績にそれほど期待の持てる会社では無いと考えていますから、今月に入って
から「伊藤忠による追加購入」との噂はあったものの、買われていたのは業績
に関するインサイダー情報が漏れていたのでは?と勘ぐってしまいます。
 加えて信用の空売りが積み上がっていたところに黒字転換のニュースですか
ら、買い方もここぞとばかりに買いを入れているのかもしれません。素人の仕
事ではありません・・・。
 近しいアパレル企業の株価が低迷している中での独歩高ですし、最近は何だ
か怪しい値動きをする銘柄が増えました。


 ここにきてマーケットの先行きに強気のコメントも増えてきました。

 幾ら異次元緩和が続くとは言え、個人的には東証1部の時価総額で600兆
円(現在の日経平均で大凡22,870円ほど、TOPIXで1,587辺り)
もあれば十分と思うのですが、8月中には24,000円と言うコメントも増
えています。

 ここ1か月ほどは比較的狭い値動きを続けていますが、どちらに動くのか?
何とも怪しい雰囲気です。「チェックしている銘柄が買いたい価格にならない」
と言う場合には無理をせず、素人は静かにしていた方が良さそうと感じる次第
です(苦笑)。


 振り返れば、この7年半で市場は随分と変わりました。

 ソフトバンクやファーストリテイリングは2012年の安値から約4倍。
 ソニーは(時価総額1兆円から)10倍の10兆円。以前には1990年台
後半のアップルからの誘いに乗っていれば・・・という内部の話も聞きました
が、その子会社で出発したエムスリーは1,500億円から約20倍の3.3
兆円と、日立に並ぶ時価総額になりました。
 この間、日立の時価総額は2兆円から3.3兆円、トヨタが10兆円弱から
22兆円、キヤノンは変わらずですから、新旧の交代も意識させられます。


(街のコンサルタント)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。また、当該情報は執筆時点での取材及び
調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第112回「億の近道セミナー内容をちょっとご紹介」がアップされました。


第112回「億の近道セミナー内容をちょっとご紹介」 7月15日収録
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/1594906863
 【YouTube】https://youtu.be/KJCL5NAjax4

【今回登場企業】 ウエスコホールディングス テノックス 日創プロニティ

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。


===================================


■ お知らせ ■


■第68号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


 今週は、長い歴史を持ちながら常に新しい事業に挑戦し続けている企業を
 分析。
 合理的な経営と技術力で大きなシェアを持つ製品も多数あり、今後も成長を
 牽引するプロダクトを見定めながら業績予想と理論株価を算出しています。

 ぜひご購読を。

定期購読は10,000円+税/1か月です。
 ぜひご利用下さい。
 毎週1回(原則火曜日)に配信されます。


■以下の過去3レポートは無料で全部読めます。
 ぜひお試し下さい。

アニコム(8715) https://bit.ly/3e4N2ft
ピーバンドットコム(3559) https://bit.ly/2Xoa6Qq
手間いらず(2477) https://bit.ly/2Vew9GC ★
 ★配信バージョンへ図表を加えたスペシャルエディションです。

 定期購読申し込みは ⇒ https://goo.gl/8TLmfM


■現在、以下の銘柄のレポートが読めます。
 フルキャスト(4848)のレポートを追加!!
 グリムス(3150)、エアトリ(6191)のレポートを値下げ!!

 前田工繊、ファンデリー、レック、KeePer技研、eBASE、
 コンヴァノ、マーキュリアルインベストメント、プラネット、プロトコーポ
 レーション、ビジョナリーホールディングス、トリケミカル研究所、
 萩原工業、ヤマシンフィルタ、マニー、東京日産コンピューターシステム、
 チャーム・ケア・コーポレーション、ウェルビー、システムリサーチ、
 ロジザード、日本ホスピス、ギフト、ビオフェルミン製薬、太陽化学、
 スプリックス、丸井グループ、イーサポートリンク、IBJ、UUUM、
 第一稀元素化学工業、日精ASB、メディキット、リスクモンスター、
 じげん、シーアールイー、プロシップ、OATアグリオ、島津製作所、
 識学、日本セラミック、グリムス、エアトリ、小田原エンジニアリング、
 アンビスホールディングス、MKシステム、CYBERDYNE、
 カチタス、レーザーテック、フルキャスト

 バックナンバーはこちら ⇒ https://note.com/okuchika/m/m647eb0613650


===================================


◆コラム「株の玉手箱 『着眼大局着手小局』No.9」


〜相場の観測〜


【週足参照】 =静から動へ=


※チャートを用いた説明は、こちらにて掲載しております。
https://1376partners.com/content_page/11569

 前回「上昇ピッチに警戒」(記:2020/6/12)では以下のように
述べた。

「騰勢鈍化(ジリ高)から上げが加速し、高値(S)23,178円と上伸し
た。ただ、安値(R)16,552円からの上げ幅が6,626円と過去の値
幅6,958円(14年4月安値13,910円から15年6月高値20,8
68円までの値幅)に接近したあと22,305円と反落(▲873円)しや
や影響を受ける格好となった。現在は上げ基調の経過も反動安値幅がどの程度
(重要値幅1,728円)で収まるか、または、深押しせずに切り返し高値に
進むか見極める状況にある。」

とした。

 実際には、高値(S)23,178円からの反落は下げ幅の拡大もなく安値
(T)21,530円から値を戻しており、安値(R)16,552円を基点
とする上げ基調が維持されている。

 よって、現在は高値(S)23,178円と安値(T)21,530円のい
ずれをブレイクするかが焦点となっている。
 高値(S)更新は、前高値(Q)24,083円をうかがう動きにつながる。
 一方、安値(T)を割り込むと下値を探る経過となる。


【日足参照】 =方向感を探る=

※チャートを用いた説明は、こちらにて掲載しております。
https://1376partners.com/content_page/11569

 日足では前回「下げ幅拡大に懸念」(記:2020/6/12)では、以下
のように述べた。

「騰勢鈍化(上昇斜行三角形)も安値(L)19,914円(5/14)を下
回らず高値(K)20,390円を上回って上伸し順次上値計算値をクリアし
た。ただ、高値(M)23,178円に進んだあと過去の値幅6,958円(安
値14年4月13,910円〜高値15年6月20,868円)の影響を受け
る格好で反落し、下げ幅が一時▲1,392円安と拡大した。終値では▲87
3円安と値を戻し過去の値幅902円(B〜C)の範囲内に止まっている。現
在は現水準から切り返すか。または、下げ幅拡大も値幅1,728円(E〜F)
の範囲内に止まって切り返し高値を更新することかできるかが焦点となる。」

とした。

 実際には、高値(M)23,178円からの反落は、安値(N)21,53
0円までの下落幅が▲1,648円(M〜N)と前値幅1,728円(E〜F)
の範囲内に止まって反発した。ただ、一日の値戻しのあとは直近の下げ(N〜
M)の半値水準(22,254円)前後の狭いレンジで一進一退の推移となっ
た。

 よって、現在は高値(M)23,178円と安値(N)21,530円の何
れをブレイクするかが焦点となる。ただ、高値(M)を上回ると安値(D)
16,552円以降の基調継続で、上値を試す動きにつながりやすく、今年1
月高値(A)24,083円にトライする経過となる。

 その場合、上値は以下の水準が挙げられる。
(1)23,510円=D+6,958円(14年4月安値〜15年6月高値)
(2)23,884円=D+7,332円(12年6安値〜13年5月高値))
(3)23,987円=D+7,435円(08年6高値〜09年3月安値)
(※)24,083円=高値(A):今年1月20日
(4)24,548円=D+7,996円(12年6月安値〜13年12月高値)

 一方、高値(M)23,178円を上回ることができずに反落し、安値(N)
21,530円を下回ると下げ幅の拡大につながりやすくなる。

 その場合、下値は以下の水準が挙げられ、何れの水準で止まるかが焦点とな
る。
(1)21,450円=M−(E−F)
(2)21,099円=M−(G−F)
(3)20,454円=M−2,724円(18.7/5安値〜10/2高値)
(4)20,184円=M−(E―D)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


【脳活チャート参照】 =新たな動きへ進展が近いる=


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


【フォーカス】 〜TOPIXと日経平均株価の連動性について〜

※チャートを用いた説明は、こちらにて掲載しております。
https://1376partners.com/content_page/11569


 TOPIX(東証株価指数)は、東京証券取引所が算出し公表している株価
指数であり、東証第一部に上場している全銘柄の時価総額を対象にしている。

 一方、日経平均株価は日本経済新聞社が算出し公表している、最も知名度の
高い株価指数である。また、単純平均株価に近い指数のため、株価が高い「値
がさ株」の動きに大きく影響を受ける傾向がある。

 この二つの株価指数の連動状況によって相場の現状を察知し、今後の動きの
推測を試みるものである。概ね、上昇中や下降中は足並みを揃えて同調する傾
向があり、天底が同日になることも多い。ただ、天井圏や底値圏では足並みが
揃わないことも見受けられる。

1.上昇時、TOPIXが先に高値を付け、数日後に日経平均株価が高値とな
 るケース。
2.下降時、TOPIXが先に安値を付け、数日後に日経平均株価が安値とな
 るケース。

 このように、TOPIXが日経平均より先行して高値や安値を付ける場合は、
市場全体が頭打ち、または下げ止まりの状態とみられる。(TOPIXの先行
性)

 よって、1.のTOPIXが先行して高値となるケースでは、それまでの上
昇基調の変化につながる可能性があり注意が必要となる。
 一方、2.のTOPIXが先行して安値となるケースで、それまでの下げに
終止符が打たれる時期の接近を示唆するものとなりやすい傾向がある。

 日経平均株価の225銘柄に対し、TOPIXは東証1部全銘柄(2,17
1銘柄)となっており、より株式市場全体の値動きを表しているといえ「相場
の現状と今後の動向を探る」手段として日経平均株価とTOPIXを合わせて
観察してみてはどうだろうか。


◆◆主なピークとボトム◆◆

[[ピーク]]

=日経平均(円)=         =TOPIX(p)=
・87/10/14 22,646 → 87/ 6/11 2,258…先行
・89/12/29 38,915 → 89/12/18 2,884…先行
・91/ 3/18 27,146 → 91/ 3/18 2,028…同日
・93/ 6/ 3 21,076 → 93/ 6/ 3 1,698…同日
・96/ 6/26 22,666 → 96/ 6/26 1,722…同日
・00/ 4/12 20,833 → 00/ 2/ 7 1,754…先行
・07/ 7/ 9 18,261 → 07/ 2/26 1,816…先行
・15/ 6/24 20.868 → 15/ 8/10 1,691…遅行
・18/10/ 2 24,270 → 18/ 1/23 1,911…先行
・20/ 1/20 24,083 → 20/ 1/20 1,744…同日
[[ボトム]]
・90/10/ 1 20,221 → 90/10/ 1 1,523…同日
・92/ 8/18 14,309 → 92/ 8/18 1,102…同日
・95/ 7/ 3 14,485 → 95/ 6/13 1,193…先行
・98/10/ 9 12,879 → 98/10/15   980…遅行
・03/ 4/28  7,607 → 03/ 3/11   770…先行
・09/ 3/10  7,054 → 09/ 3/12   700…遅行
・16/ 6/24 14,952 → 16/ 2/12 1,196…先行

※ピーク・ボトム合わせて17回の内訳:
 同日=6回、TOPIX先行=8回、同遅行=3回となっており、TOPIX
 先行の優位性がうかがえる。

※現在は、6月高値以降の推移の違いを見ておきたい。


−−−−−−−−−−−−−−−−−


【先人からの一言】 〜相場は生き物〜 ★参照 脳活チャート!!

※チャートを用いた説明は、こちらにて掲載しております。
https://1376partners.com/content_page/11569


 株価の数倍化を期待することは良し。としても・・・。ただし、“自分の都
合で相場は動かない”ことも事実である。生き物のように動くのが相場ではな
いだろうか・・・

 日本には四季がある。言うまでもない話だが・・・寒い冬、蒸し蒸し梅雨、
猛暑の夏。私たちは季節(自然)の変化に合わせて生きている。

 株式投資も然り、上昇相場から下落相場へ変化し、そして再び上昇相場を迎
える。または、好むと好まざるにかかわらず下降相場に遭遇する。

 このように相場は極めて単純な繰り返しに過ぎないだけに、いち早く相場の
本質に気づき、相場の変化に対応できるようにしたいものだ。
 要するに変化に対する「対応力」のアップが必要なのだ。固定的な材料に固
執するあまり相場の変化を見過ごし、特に下落相場では結果が出てから「どう
しよう?」と悩む市場参加者が少なくないのは、不思議と“今も昔も”全く変
わっていないようである。残念ながら・・・。

 相場は需給のバランス成り立っている。そこには時間と価格の二つのバラン
スが潜んでいる。
 したがって、「チャート」を大いに利用し「臨機応変」、フレキシブルな思
考と行動がとれる投資家を目指すべきであろうと思う。

 相場を相場に聞くのは・・・如何であろうか。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


【備考】〜NYダウ平均株価&SP500種について〜

★参照 NYダウ(日足)

=ボックス形成 方向を探る=

※チャートを用いた説明は、こちらにて掲載しております。
https://1376partners.com/content_page/11569


 前回は「値幅調整の懸念を示唆」として以下のように述べた。

「高値(O)27,572ドルへ進んだ直後に反動安が生じた。安値(P)
25,128ドルまでの下げ幅は2,444ドルと前値幅1,609(G〜H)
を一気に上回り、安値(F)18,591ドル以降の最大値幅が生じたことか
ら下値を探る経過となっている。ただ、下値模索も反動高が生じ969ドルを
上回る値幅を超えると下値不安がやや後退し、高値(O)をうかがう動きにつ
ながりやすくなる。一方、高値(O)が更新できない場合は、二番天井形成へ
進展する可能性が高まる。」

とした。

 実際には、安値(P)25,128ドル(下げ幅2,444ドル)で踏みと
どまって高値(Q)26,289ドル(上げ幅1,161ドル)と上げ幅をや
や拡大し、その後はボックスの形成が進展した。
 よって、現在はボックスの上限の高値(S)26,287ドルと下限の安値
(R)25,015ドルの何れをブレイクするかが焦点となっている。

 ボックス上限の高値(S)26,287ドルを上回ると、直近の高値(O)
27,572ドルを試す動きにつながりやすくなる。

 さらに同高値(O)を上回ると安値(F)18,591ドルを基点とする上
げ基調の継続となることから今年1月の高値(A)29,551ドルをうかが
う経過となる。

 その場合、上値は以下の水準が挙げられる。
(1)27,948ドル=F+9,357ドル(安値90年10月〜高値00
  年1月)
(2)28,898ドル=N+(I−F)
(3)29,289ドル=N+(K−F)
(4)29,340ドル=R+(O−N)
(5)29,547ドル=F+10,956ドル(安値16年2月〜高値18
  年1月)

 一方、ボックス下限の安値(R)25,015ドルを下回ると下値を探る動
きが生じやすく下げ幅も拡大する可能性がある。また、高値(O)が更新でき
ない場合は、二番天井形成へ進展する可能性もある。

 その場合、下値は以下の水準が挙げられる。

(1)24,273ドル=O−(I−H)
(2)24,099ドル=O−3,473ドル(安値19年10月〜高値(A)
  までの値幅)
(3)23,661ドル=O−(G−F)
(4)23,500ドル=O−4,072ドル(安値19年8月〜高値(A)
  までの値幅)
(5)23,430ドル=O−(A−B)


=基調の維持が焦点=


※チャートを用いた説明は、こちらにて掲載しております。
★参照 SP500種(日足)
https://1376partners.com/content_page/11569

 高値(G)3,232pからの反落は、安値(H)3,002pまでの下げ
幅が230pと安値(B)2,237p以降最大値幅となったが、重要値幅
393p(B〜C)の範囲内に収まって狭いレンジで推移した。
 ただ、高値(I)3,131p、安値(J)3,009pを経て、直近値
(K)3,185pと高値(I)を上回った。よって、現在は高値(G)3,
232pをうかがう格好となっている。また、同高値(G)を上回ると2月高
値(A)3,386pにトライする動きにつながりやすくなることから、安値
(B)2,237pを基点とする基調の維持が焦点となっている。

 その場合、上値は以下の水準が挙げられる。
(1)3,414p=H+(G−F)
(2)3,434p=H+432p(高値(A)〜安値2月28日)
(3)3,462p=G+(G−H)
(4)3,476p=H+474p(高値3月13日〜安値(B))

 一方、反動安が230pを超える値幅が生じるか、または、高値(G)3,
232pを上回らずに安値(H)3,002pを下回ると下値を探る動きにつ
ながりやすくなる。また、値幅393pの範囲に収まるか否が焦点となり、同
値幅を超えると下げ幅が拡大する可能性が高まる。
 その場合の値幅は、432p、474p、650pなどが挙げられる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


 新型コロナウィルスの感染症拡散事態が一日も早く終息し、平穏な生活を取
り戻せるよう心から願っております。

 引き続き、気を緩めず第2波に備えましょう!
 プラス熱中症対策も怠らないようにしましょう!
  オタガイニ(*^−^)/\(^−^*)ガンバロー!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


(あすなろ産業調査部 長森伸行)


■【無料銘柄毎日更新】■
https://1376partners.com/lp?ad=okuchikanagamori

株式会社あすなろ/関東財務局長(金商)第686号/加入協会 一般社団法
 人日本投資顧問業協会


(提供情報はあくまでも情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘及び、
売買指示ではございません。株式投資には価格の変動等によって損失が生じる
おそれがあることをご理解の上、投資にあたっての最終判断はご自身の判断に
てお願い致します。信頼できると思われる各種情報、データに基づいて作成し
ておりますが、その正確性及び安全性を保証するものではありません。)


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第301号、好評配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】

 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第301号
が好評配信中です。

【注目IPO銘柄や東証改革で気になる銘柄情報をレポート!】


【7/13 第301号では】

■相場の視点 〜金融緩和下での過剰流動性相場での活躍銘柄を模索〜
■短期10%程度の成果を期待するIPO銘柄投資(8銘柄)
■7月15日のIPO3銘柄
■特別報告:東証の市場改革で注目される時価総額が40億円以下に留まる
 実力企業(5銘柄)

 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】人生最後の著書好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!800円です。
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742



===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM