<< 創業社長の死 | main | 有料メルマガライブラリから(344)「焦らずに決算発表を待って動きを確認してから投資を実行すべき」 >>

億の近道2020/07/14


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2020/07/14号

              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
         (本日の担当:石川臨太郎)


  ◆コラム「有料メルマガライブラリから(344)」
  ◆過去コラム「過去連載:ぬくぬくホッコリ株日記 第23回」


===================================


■ お知らせ ■


■第68号本日配信!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


 今週は、長い歴史を持ちながら常に新しい事業に挑戦し続けている企業を
 分析。
 合理的な経営と技術力で大きなシェアを持つ製品も多数あり、今後も成長を
 牽引するプロダクトを見定めながら業績予想と理論株価を算出しています。

 ぜひご購読を。

定期購読は10,000円+税/1か月です。
 ぜひご利用下さい。
 毎週1回(原則火曜日)に配信されます。


■以下の過去3レポートは無料で全部読めます。
 ぜひお試し下さい。

アニコム(8715) https://bit.ly/3e4N2ft
ピーバンドットコム(3559) https://bit.ly/2Xoa6Qq
手間いらず(2477) https://bit.ly/2Vew9GC ★
 ★配信バージョンへ図表を加えたスペシャルエディションです。

 定期購読申し込みは ⇒ https://goo.gl/8TLmfM


■現在、以下の銘柄のレポートが読めます。
 本日、フルキャスト(4848)のレポートを追加!!
 グリムス(3150)、エアトリ(6191)のレポートを値下げ!!

 前田工繊、ファンデリー、レック、KeePer技研、eBASE、
 コンヴァノ、マーキュリアルインベストメント、プラネット、プロトコーポ
 レーション、ビジョナリーホールディングス、トリケミカル研究所、
 萩原工業、ヤマシンフィルタ、マニー、東京日産コンピューターシステム、
 チャーム・ケア・コーポレーション、ウェルビー、システムリサーチ、
 ロジザード、日本ホスピス、ギフト、ビオフェルミン製薬、太陽化学、
 スプリックス、丸井グループ、イーサポートリンク、IBJ、UUUM、
 第一稀元素化学工業、日精ASB、メディキット、リスクモンスター、
 じげん、シーアールイー、プロシップ、OATアグリオ、島津製作所、
 識学、日本セラミック、グリムス、エアトリ、小田原エンジニアリング、
 アンビスホールディングス、MKシステム、CYBERDYNE、
 カチタス、レーザーテック、フルキャスト

 バックナンバーはこちら ⇒ https://note.com/okuchika/m/m647eb0613650


===================================


◆コラム「有料メルマガライブラリから(344)」


 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライ
ブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致し
ないことを予めご了承下さい。


=コラム「焦らずに決算発表を待って動きを確認してから投資を実行すべき」=
 (有料メルマガ第443回・2017/8/1配信号)


【前略】


 これから投資しようと考えている企業もそうですが、従来からホールドして
いる株は決算を恐れて事前に売ると、予想に反した大きな上昇で涙を飲むこと
もでてきます。

 迷ったら半分という考え方もありますが、あまりにもトリッキーな株価の大
きな変動もあり、いつもの『迷ったら半分』という作戦は、ここ当面はやらな
い方が良いと、自分では考えて自粛しています。


 私は相場で迷ったときに、自分の性格にあわせて作った投資ルールを実行す
るようにしています。

 これはミニマックス・リグレット基準を採用しています。「ミニマックス・
リグレット基準」というのは、将来がどうなるか不確実なとき、またはものご
とが裏目に出たときに、自分の後悔が最も少ないような選択をする基準をいい
ます。

 人間は、ものごとが裏目に出たときのダメージに弱い生きものです。そして
裏目に出るという可能性にすら目をつぶりがちです。

 株を買う場合は、その株が値上がりして儲かると思って買います。だから買
った株が値下がりするとうろたえる人が多いです。そして後悔します。人間は
欲張りにできています。また心が弱くできています。だから弱い心を支援する
システムをいろいろ考えることが必要になります。

 投資家によって経済環境が違うし、安定収入がどれだかあるかも違います。
株式に投資使用できる投資資金の金額も違うし、運用成果が自分の生活にどれ
ほど強い影響を与えるかも異なります。
 私の株式投資の資金は、自分の生活を維持していく為に必要不可欠な資金な
ので、できるだけ損をしないように維持していきたい資金です。

 そのような経済状態の制約がある上に、投資家それぞれの性格も違うため、
投資を実行し、その投資によってもたらされた結果に対する反応(⇔利益を上
げたときの喜びとか買って直ぐ株価が下がってしまったときの怒りとか、多く
の日本株が一斉に下がり出したときの恐怖とか)が違います。

 投資で利益を上げられたときは喜ぶから良いのですが、投資が上手くいかな
くて損が発生した時に、多くの投資家は精神的に負担を受けたり、悩んだり、
自分を責めたりすることが多くなります。すると冷静にリスクを管理すること
が出来なくなって、更なる大きな失敗をすることが多くなります。


 そこで私は自分の性格を考えて、ミニマックス・リグレット基準を採用して
投資ルールを作るようになりました。

 利益が自分が期待している程度(または期待以上に)出ているとき、予想さ
れる出来事、イベントしだいで株価が上に行く可能性も大きいし、また下に行
く可能性も大きいというときに、どのような投資行動を取るべきか。

 投資ばかりではなくいろいろな場面で使われますが、よく『迷ったら半分』
という考えをする方がいらっしゃいます。株式投資の例だと、自分が投資した
数単位持っている銘柄の株価が随分上げてきた。平均買値から20%上がって
きた。『そろそろ利喰で反落してしまうかもしれないし、まだまだ上がり続け
2倍になるまで上げ続けるかもしれない。』

 そんなときには、迷ったら半分だけ売って利益を確定しておく。それが『迷
ったら半分』です。


 反対に自分が主力として投資している銘柄の株価が下げてきた。持ち続ける
と、もっと下がって投資資金が減ってしまう。でも持っていれば株価が反転し
て戻してくれるかもしれない。

 こんなときも『迷ったら半分』で半分だけ損を出して売って、半分だけホー
ルドを続ける。

 株価は投資家の欲と恐怖によって乱高下します。株に投資して買い値より株
価が下がっても、持ち続けたら株価が買い値より上昇することもよく起こりま
す。その反対も起こります。

【中略】

 つまり、株価が投資してから下げている時に売ってしまうと、損が確定しま
す。しかし持ち続けて株価がリバウンドして大きく上げるまで持ち続けて、そ
の後に売れば利益を上げられます。

 つまり損したか利益を上げられたかは、その株を売るまでわかりません。
 企業の本質的な価値(=資産価値+事業価値)が高い企業を、ミスターマー
ケット(=市場に参加する投資家の総意=自分以外の投資家)の欲と恐怖とい
う感情によってついた株価で、安く手放してしまっては、いつまでたっても資
産を成長させることは出来ません。

 しかし持っているままでリーマン・ショックや東日本大震災の直後の私のよ
うに一時的とはいえ投資資金の総額の40%を失う(=減ってしまう)痛手は
二度と受けたくありません。

 そこで『迷ったら半分』、更に迷ったら『また半分』というような投資行動
をとることを通常は行ってきました。


 しかし最近は決算短信発表の直後から大きく上にも下にも動く株が多くなり
ました。そこで去年までよりは、広く浅くという分散投資を行ってきたので、
決算発表の前には動かずに我慢して、決算発表を待って株価の動きをしばらく
確認してから動くようにしています。

 この決算内容で、これほど下げるのかと感じる銘柄が出た時には、大きく下
げている時に、自分の事前に行ってきた分析を信じて落ちてくるナイフを掴み
に行くことも実行しています。

 ただし、ほんのわずかな株数を買うだけです。この下落はチャンスだと感じ
るような大きな下落も良く起きるようになりました。しかし下げ続けることも
起こりますし、すぐ翌日に切り返して前の日の下落を、一気に取り返すことも
起こります。

 迷ったら半分で半分売ったら、翌日に前日の下落以上の株価がリバウンドを
することも起きています。そこで自分が事前にしっかりと企業分析を行って投
資している企業に関しては、決算発表というイベントの直後に発生する大きな
株価の変動は静観することにして、『迷ったら半分』の売り買いをする作戦は
取らないでおこうと我慢している状況です。


 株式投資は長くやっていても、難しいものだと痛感する日々が続きます。
 ただ迷いながら株式投資を続けてきたことで少しずつ決断力、直観力、実行
力、忍耐力が身についてきたように感じています。

 知恵を使い、失敗を良い経験に変え、自分を信じて行動できる積極的な性格
への改造が少しは出来てきたようにも感じています。


 人生の重要な選択の場面においては、どれか一つしか選べないという究極の
決断をしなければならないことが多いです。就職にしても2つの会社に同時に
就職することもできないし、結婚にしても同時に二人の女性(または男性)と
結婚するという選択は、日本の場合は許されません。

 しかし株式投資の場合は、A株を買うかB株を買うか選択に迷った場合は、
A株もB株も両方とも買ってしまうという選択が選べます。

 余りに多くの企業への分散投資はお金の無駄で、リスクヘッジにはならない
という意見もありますが、同業種の、ともに業績が良い企業の株価が逆方向に
動くことも多くなってきました。

 優待投資家は、多くの優待株に分散で投資することも多いですし、優待株へ
の投資だけで、大きく資産を築いている投資家もいるので、広く浅く分散させ
るのは悪い作戦ではないと考えています。

【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


■□この有料メルマガの全文が読めます!
 NDS(1956)研究銘柄レポート+コラムの構成です。
 コラムでは研究銘柄候補としてテノックス、エフテック、河西工業、オーハ
シテクニカ、フコク、ロンシール工業、日本リーテック、アズワン、立花エレ
テックなど9銘柄をピックアップしています。
  以下のリンクからどうぞ。(一部無料で読めます)

  こちらから ⇒ http://bit.ly/rin20170801


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】人生最後の著書好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742



===================================


◆過去コラム「ぬくぬくホッコリ株日記 第23回」


※編集部注:
 このコンテンツは、2007年4月から石川臨太郎氏が億の近道に連載した
 コラムです。当時の雰囲気をお楽しみ下さい。


■連載「ぬくぬくホッコリ株日記 定年後は株で楽しく暮らしたい(23)」


 相変わらず、バーゲンセールは続いています。アメリカ市場が戻すと、日本
株も少し戻し、アメリカ株が下がると、それ以上に日本株が下がる。
 日本株投資家は感情に支配されやすく、一つの方向に一斉に動くので、振幅
が大きくなるのかもしれません。

 まだまだ油断できない、安心できない市場環境が続きそうですが、通常の株
価位置から3割もたたき売られた500円台銘柄には、9月10日の日経22
5などの指数が大幅下落時にも、反発したり、殆んど下がらない銘柄も出始め
ました。

 いい加減、アメリカ追随の、アメリカ以上の下落は卒業して欲しいとは思い
ますが、日本株投資家の総意がアメリカ以上の下落なら、これまたしょうがな
いことです。株価は投資家の合意で決まるので、いくら歪んでいる、デフォル
メされていると思っても、敬意は表したいと思います。

 その上で、自分が割安で、現状も業績が上向いており、将来的に業績の拡大
傾向がつづくと信じられる銘柄を、しっかり握り締めたいと思います。

 先週の水曜日の億近産業調査部の話題のように機関投資家の皆さんが四半期
決算の内容に反応して短絡的なスタンスで売買をしてくれるなら、私達個人投
資家には大きな買いのチャンスが四半期ごとにおとずれるということにもなる
と感じます。

 個人の調査能力や時間は機関投資家などのプロには敵わないかもしれません。
しかし業績のスパンをちょっと長めで眺めることで、短絡投資を続ける人々と
はまったく違う目線が得られるような気もしています。

 中長期で、ポートフォリオを組んでいる人は、多かれ少なかれ損害を受け、
苦しい思いをしていると感じます。いくら平気だと言葉でつくろったところで、
悲鳴が行間に溢れていることは多いです。自分のブログを見ていても、痛々し
さが良く感じられて、なかなかいい感じです(苦笑)。

 苦しいときは、苦しいって言ってもいいと思います。しかし無理をしないで
余裕資金で投資をしているなら、それほど悲観的になる必要もないのではない
かと考えてもいます。

 ただ自分の経済環境などから見て無理しすぎている、精神的負担が重過ぎる
と感じた時はポートフォリオの株資産の額を減額して、リスクを調整するのも
良い方法だと思います。個別銘柄の損切りということよりも、投資額の増減で
リスク管理するほうが、市場環境が混乱している時は、有効な感じを受けます。
去年の経験で、少しは成長できたでしょうか。

 私自身はまだ株へ配分した資金では株のウェートが高いです。こんなときは
信用取引の売りを使える人が、うらやましく感じることもあります。でも、買
いがうまくできないのに、売りが上手くできるわけがないと考えて、じっと我
慢(爆)。

 この相場環境で市場に踏みとどまってチャレンジを続けることで得られる経
験はとても貴重だと思います。きっと投資家としての自分を更に成長させてく
れるでしょう。しかし撤退する必要がある人は、勇気を持って撤退することも
良い経験になってくれると考えています。

 私はマッターホーンの初登頂に成功したイギリスの登山家ウィンパーの言葉
を噛みしめながら市場にとどまって、いろいろチャレンジしたいと思います^^;

 『勇気と力だけがあっても、慎重さを欠いていたら、それは無に等しいとい
うことを忘れないでいて欲しい。』


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


※2007年9月11日掲載。


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)


===================================


★★【億の近道主催 長期投資セミナー開催!!】★★


 4か月ぶりのセミナーを開催します。

■今回のテーマは「コロナをぶっ飛ばせ!長期投資株のススメ」です。

 億の近道でおなじみの「炎のファンドマネジャー」と「山本潤氏」が登壇。

 それぞれのスタンスから長期投資を語っていただきます。

 また、「グロース銘柄発掘隊」の小月隊長が、過去取り上げてきた銘柄を題
材に、成長株発掘のヒントとポイントを話します。


 今回はリアルセミナーと配信セミナーの同時開催です。
 リアルセミナーは70名定員のところ20名限定募集です。

 配信セミナーは初の試みなのでテストを兼ねてツイキャスを利用します。
 ネット環境・配信メディア・ソフトウエア等のトラブルにより配信が一時中
断または中止になる可能性があります。あらかじめご了承下さい。
 その分、リアルセミナーより価格を安く設定しております。

 なお、セミナー終了後、参加者は当日の録画を2週間視聴出来ます。


■日時:7月23日(木・祝日)14:00〜16:30

■場所:東京都(リアルセミナー)

■登壇者

 炎のファンドマネジャー
 「コロナ禍に負けない株式投資〜いつの間にか誰かに買われている株がある」

 山本潤氏
 「タイトル未定(長期投資テーマです)」

■参加費:リアルセミナー参加 3,000円(税込) 20名限定
     配信セミナー参加  1,100円(税込)


■リアルセミナー参加お申し込みはこちらから
  ⇒ https://bit.ly/longterm20200723

■ 配信セミナー参加お申し込みはこちらから
  ⇒ https://twitcasting.tv/c:okuchika/shopcart/14159

 ※配信セミナーはツイキャスで行いますが、システムの仕様で返金が出来ま
  せん。あらかじめご了承下さい。
  万が一お申し込みお支払い後、配信セミナーに参加できなくなっても返金
  はいたしません。録画をご視聴下さい。


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第301号、好評配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】

 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第301号
が好評配信中です。

【注目IPO銘柄や東証改革で気になる銘柄情報をレポート!】


【7/13 第301号では】

■相場の視点 〜金融緩和下での過剰流動性相場での活躍銘柄を模索〜
■短期10%程度の成果を期待するIPO銘柄投資(8銘柄)
■7月15日のIPO3銘柄
■特別報告:東証の市場改革で注目される時価総額が40億円以下に留まる
 実力企業(5銘柄)

 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================

JUGEMテーマ:株・投資




コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM