<< 炎の投資情報サンプル#296 2020/06/08 | main | 2番底形成相場はもう来ないのか? >>

億の近道2020/06/08


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2020/06/08

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★


===================================


             −本日の目次−
       (本日の担当:炎のファンドマネージャ)


    ◆コラム「はじめに」
    ◆コラム「2番底形成相場はもう来ないのか?」
    ◆コラム「そろそろ買い疲れもあるか?」
    ◆コラム「事実は小説よりも奇なり?」
    ◆コラム「出遅れ銘柄研究のススメ」


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第296号、本日配信!!
 ご購読をお待ちしております!】

 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第296号
が本日配信です。


【出遅れ6銘柄を分析!】


【6/8 第296号では】

 ■相場の視点 〜過剰流動性相場の到来で循環物色が続く〜
 ■前代未聞の株価変動を見せたズーム(6694)株の行方
 ■炎の出遅れ銘柄チェック(6銘柄)

 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


◆コラム「はじめに」


 山あり谷ありの株式相場。3月の谷底から這い上がり、多少は途中で休みを
入れたが、一気に山の頂きをまた目指しているのか元気あふれる展開である。

 コロナ禍どこ吹く風。
 投げ込まれたキャッシュの使い道がなく、市場にうごめくホットマネーが、
株価の押し上げにつながっているようだ。


 人の心理で動きやすい株式相場。年初来高値まで5%余りにまで接近した日
経平均が限られた銘柄に偏っているいびつな構造だという点を多少割り引いて
考える必要はあるが、上がってくれば投資家の懐は余裕が出てくる。
 売りで儲けようとした一部の投資家(投機家)のパワーは日銀をはじめとし
た買い勢力に押されてしまい上げの勢いに抗することはできない。比較的日本
株にクールな見方をしてきた有力外国人投資家ジムロジャーズ氏も日本株を買
っているとの話も出るぐらいだから推して知るべし。

 やや過熱気味な相場展開ではあるが、既に先週末の米NASDAQ指数が高
値を更新したことで今週も賑やかな活気ある展開が期待される。


 創刊から20年を経た「億の近道」に集う皆様は執筆陣のみならず多くの読
者や投資家の皆様など過去、様々な相場変動を経験されてこられただろう。
 ここでの全体相場の展開と個別銘柄の株価変動を今週も冷静に見守ることに
したい。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第106回「年初来高値に向かう」がアップされました。


第106回「年初来高値に向かう」 6月3日収録
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so36977127
 【YouTube】https://youtu.be/Sb5HDRSc_YQ

【今回登場企業】 ズーム 日本精密 リングバル ウイルテック ライトア
         ップ ベクトル リグア 直近IPO銘柄ほか

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。


===================================


◆コラム「2番底形成相場はもう来ないのか?」


 有頂天になりそうな株価の上昇に、「ゆめゆめ油断を召さるな。」といった
老婆心的なアドバイスなどは不要と言われそうな相場展開となっている。
 好需給に支えられた市場はどこまでの株価上昇を演出することになるのか?

 この相場は過剰流動性を背景にしたものである点が上げの理由となっている。

 つい3か月前のコロナクラッシュの状況を考えると、「まさか、そんなこと
が起きるとは・・」と多くの警戒した投資家がこの上げ相場に引き続きの警戒
感を持つことになることは想像に難くない。
 今回の上昇相場のメカニズムを解説する市場関係者は筆者も含めて当初は日
経平均が半値戻り水準を超えればどこかで2番底をつけると見て慎重な投資ス
タンスを採ってきたと推察されるが、ここに来てはこのまま1月の高値を抜け、
日経平均が2万5000円台に向かうとの強気の意見も出てくることになる。

 どうやら2番底形成の議論はあまりの相場の強さに杞憂に終わり、いつの間
にかどこかに消えてしまいそうな展開だが、この背景が過剰流動性を背景にし
たものとなれば、株式投資の考え方、運用スタンスを変更していく必要がある。

 日銀や年金資金による株式買い支えに加え企業の自己株買いが株価の下支え
を果たしてきたが、そうした資金が市場に集まってきた高値警戒感を持ち始め
た個人投資家の売りを吸収。その結果、個人投資家にも行き場のないお金が溜
まってきた。

 そうしたお金が個人投資家好みの材料銘柄に向かった。

 本来なら設備投資などに向かうお金もまだそこまでの気運は高まらず、不動
産もコロナ禍でテレワーク化、Eコマース化が進みこの先の市況は不透明。消
費税増税で盛り上がりに欠ける個人消費は10万円の給付金で4半期ベースで
見ると徐々に復活はするが、良いのはコロナ対応品や学校の休校で内向き消費
の食品や自宅待機ゆえのゲームなどの関連企業には恩恵がもたらされた。

 つまり連想ゲーム的にお金が株式市場において循環し全体相場を押し上げて
きたと言える。旅行大手のHISなどコロナ禍でネガティブな評価を受けた企
業ほどこのところの株価の戻りは大きくなった。
 利益確定売りを実行された個人投資家の皆様はこの勢いを活用して更にリタ
ーンを求めてポジティブな運用を継続されようとしておられるものと推察され
る。

 浮動株が減少している中での過剰流動性相場がどこまで続くのか、果たして
今後の展開はどうなるのか?

 今後の株式相場の先行きに興味津々といったところだが、今後の相場の基調
には変化がないと見られる。但し、相場のことだけに時には小さな波乱も想定
される。既にコロナクラッシュ時のボトム水準から間もなく3カ月を経過しよ
うとしている中で株式相場は一旦のピークを打ち、短期的には日経平均が2万
円〜2.1万円水準まで調整するといった展開を想定する向きもあろうが、強
気派の勢いが弱気派を優る中で意外な展開に投資家各位が翻弄されないことを
祈る。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】人生最後の著作好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!800円です。
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742



===================================


◆コラム「そろそろ買い疲れもあるか?」


 落ちてくるナイフをつかむことは至難の技だが、緩やかに上っている時は容
易だ。

 株式市場全体が一気に値を消す展開が3月に見られた(コロナショック)が、
その急落場面で投資された投資家には敬服したいが、それはいささか勇気が必
要だった筈。多くはその後の戻り相場でリスクテイクをなさりながら資産形成
を図ってこられたものと推察される。


 ポートフォリオを組んでの運用ではこのところは創薬系や除菌剤、防護服な
どに比重を置かれた皆さんが大いに成果を出されたものと推察されるが、移ろ
気やすい相場展開の中で高値掴みをするケースもあったのかも知れません。

 幅広いコロナ関連銘柄での運用成果の向上から、今後は徐々にコロナ禍前の
相場展開に立ち戻って中長期的な視点での投資を考えていくスタンスに変えて
いく必要があるのかも知れない。

 相場のリード役となった銘柄群にはそろそろ買い疲れ感も出てくる可能性も
あり、利益を確定させ、いまだにやや出遅れ気味の銘柄などを研究するなどポ
ートフォリオの見直しをなさっておられるのではないだろうか。


 とは言え、ほとんどの銘柄がボトムからは大きく上昇してきた現在は投資対
象がなかなか見出せないという悩みも出てくる。

 安定型のバリュー銘柄では面白くないので、何か軽く動きそうな銘柄を探し
ているという投資家も多いのかも知れませんが、これは普段からの地道な幅広
い銘柄研究が必要となりそう簡単ではない。

 なぜか勢いよく動く仕手株についていこうという投資家も出てくるのかも知
れません。そうした動きがこのところの相場には随所に見られるのはそうした
カネ余りの展開の表れなのかと思われる。


 引き続きコロナ禍の下で繰り広げられる株式相場に関心を寄せて頂き、買い
疲れ気分を吹き飛ばす運用成果を上げて頂ければ幸いだ。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


===================================


◆コラム「事実は小説よりも奇なり?」


 皆さんはテレビ会議システムの米国企業、ZOOM(ズーム)ビデオコミュ
ニケーションズ社をご存知でしょうか?

 同社は昨年4月にNASDAQに上場した企業で今、コロナ禍でテレワーク
化、オンライン化が全世界で進み、WEB会議システムが急速に普及しており、
同社の株価も1月には70ドル台だったが、その後急騰を演じ、現在は207
ドル台となっている。


 このズーム社をめぐって先週はおかしな出来事があったことを皆さんもご存
知かと思います。

 日本のJASDAQ市場に上場する同社と同名の音楽機器のファブレスメー
カー、ズーム(6694)が1300円台から2300円まで急騰した話は先
週の株式市場で話題になった。そんな馬鹿な話があるだろうか?

 事実は小説より奇なり。

 この株価急騰の背景が同じ社名の米国のズーム社と間違って買いが入ったた
めではないかという話が駆け巡り、とうとう会社からもメッセージとして米国
のズームとは違うとのリリースが出るぐらいに株価が急騰したのだ。

 5月29日の終値は1251円。6月1日も1248円で4月20日につけ
た戻り高値1551円からは調整気味の展開だったが、6月2日の1310円
から3日1500円(高値はストップ高の1610円)、4日もストップ高の
1900円となり、5日も一時2300円のストップ高をつけた。終値は21
30円。

 会社側からの注意勧告を促すリリースがあってもこの動きだから単なる間違
いという訳でもなさそうとの穿った見方もあり、3日間連続のストップ高とな
ったものと考えられるが、この3日間(6月3日から5日)の出来高合計は
174.62万株。1333円から2300円の変動レンジで発行済み株式数
229.7万株の76%の出来高が見られた。

 同社株は2017年3月にJASDAQに上場。ファブレス経営で身軽な体
質ながら中国での生産体制がネックで米中貿易摩擦でネガティブな状況が昨年
は見られた。

 コロナ禍で3月に785円まで売り込まれたが、その後は自社株買いの発表
もあり、1551円まで戻ったが、その後は英国の持分法販売会社の再建型倒
産の報道もあり1200円台前半までの反落の動きを見せていた。

 欧米市場が対象のビジネスであり今期の1Q決算はコロナの影響でいまだに
発表できていない。欧米市場の需要期はクリスマスシーズンに偏っており、今
期下期からの業績回復に期待が持てるが、当面は社名を間違えての投資ではな
いかとの疑いもあり冷静に見た投資家が売りを出してくるかどうかになるが、
浮動株は既に新たな投資家に吸い上げられ、このまま2000円台が地相場と
なるようなこともありうる。


 億の近道ではギタリストでもある飯島社長と昨年末に交流を持ち、これから
も交流を持とうと考えているだけに今回の不思議な出来事を見守ることにした
い。

 間違いに気がついた投資家が売りを出すのか、いや内容がユニークで持続し
続けることになるのか波乱の展開があったとしてもこの先の相場に関心を寄せ
る向きも多いのかも知れません。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


===================================


◆コラム「出遅れ銘柄研究のススメ」


 株式市場は全体的に底上げの展開になりつつある。

 先行した材料銘柄に過熱感が出て横に拡がり、出遅れ気味だった銘柄にもホ
ットマネーが入り込んで全体相場が嵩上げされてくると考えられる。

 人気先行の材料株、好業績株に対して何らかの理由で出遅れ気味に推移して
きた銘柄を研究することに意義が出てくる。
 既に本年3月の公開価格以下で推移してきたIPO銘柄には軒並み公開価格
を上回る動きが見られる。

 この直近IPO銘柄の研究範囲を2年前あたりまで遡ってみると案外面白い
結果が生まれそうだ。

 IPO銘柄以外でもまだ年初来高値を上まらずに推移しているバリュー銘柄
なども研究の余地がありそうだ。

 先駆して勢いよく上げている銘柄の特徴も勘案してなぜ出遅れ気味なのかも
考えてみると良いだろう。多くは不人気の東証2部銘柄だったりするが、マザ
ーズ銘柄にもまだまだ公開価格や初値を下回っている直近IPO銘柄があるだ
ろう。


 2018年IPO銘柄では助成金獲得支援サービスのライトアップ(658
0)の勢いが良いが、急騰中だがまだ公開価格(2800円)を下回っている。
 同様に3月にIPOしたばかりの接骨院支援サービスのリグア(7090)
が直近になって2157円まで上昇し、公開価格1950円を上回ってきた。

 これらは今期の業績について比較的堅調な見通しを出している点で株価が上
昇しやすいということがあるものと考えられる。


 IPO銘柄はなかなか評価が難しいが、このところ自粛ムードにあった個人
投資家やアナリスト向けの説明会も再開されつつあり、企業の内容分析が進む
ことも見落とされていた企業価値を再発見する良い機会となるだろう。

 株高で公開価格割れ銘柄を見出すのはやや困難になってきたと言えるが初値
割れ銘柄はまだ見出せる。これらの企業内容を吟味してみてはどうだろう。

 また、前号で取り上げたリンクバル(6046)のような年初来高値に届か
ない銘柄への取り組みも続くと期待される。
 出遅れ銘柄が市場にはまだまだ多いと感じるが、そうした銘柄までもが上昇
してくる段階までは今回の上昇相場は継続するのかも知れない。


 6月24日からは止まっていたIPO相場がスタートする。
 まだ低迷気味に推移してきた直近IPO銘柄が見直され、水準を高めること
で6月IPO銘柄にバトンタッチされる展開を想定しておきたい。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM