<< 億の近道2020/03/19 | main | 【石川臨太郎 書籍 プレゼントキャンペーン】■こんな相場だから読んでもらいたい本がある。 >>

株の玉手箱 老後資産1億円達成への相場道#8




〜WHOがパンデミック宣言、投資家生き残りの道を探る〜


 WHO(世界保健機構)がようやく新型コロナウイルス「COVID−19」についてパンデミック宣言!

 1月中旬から続いてきたコロナウイルス騒ぎもこれで材料出尽くしとなるのか、投資家は気が気じゃないところですが、株価の値動きにもその気迷いが表れて乱高下しています。

 ただ、本質的には投資家心理が揺れ動いてというよりも、HFT(高頻度取引)のアルゴリズム売買が暴走し、その値動きに動揺した投資家が振り回されやすくなっていると言った方が正しいのかもしれません。

 アルゴは感情や思惑などありませんから、テクニカルの節目を簡単に割り込ませたり、投資家のロスカットを刈り取ってから逆方向に切り返すなど嫌らしさ全開です。


 ただ、今回のコロナショックについては腑に落ちない点が多々ありますね。

 中国の上海株などは2/3以降で反発基調を維持し、米国株が崩れたのも2月最終週の24日以降です。

 これには一説に原油価格の下落が根底にあるとの見方があり、原油先物価格は1月の年明け63ドル台から下落し始め、その後も2月中旬に一旦持ち直す動きでフェイントをかけ、2/27以降で一気に下落基調が強まる展開となりました。

 株式市場もこれにエネルギー関連企業の信用リスクを意識し始め、銀行も貸倒リスクが増大したことから一気に売られる展開となっています。


 マーケットではかつてのリーマン・ショックを想起させる信用リスクに目が向けられたことで急速にリスクオフが加速してしまった形と言えますが、原油価格が27ドル台まで売られたことで底入れしたと、仮定すると売り一巡となってきてもおかしくない頃合いと言えます。

 日経平均やTOPIXなども2018年末の安値を切って底割れした状態ですので、何がどうなったら下げ止まるか分からないといった不透明感、漠然とした不安感が投資家の投げ売りを誘発します。

 もし、エネルギー市場が落ち着きを取り戻すとともに株式市場も底入れとなれば、これまでの投資家センチメントは弱気から一転して強気に転じて大きくリバウンドをみせることになるでしょう。


 この一連の不可解なマネーの暴走というのは、単純に新型ウイルスの感染拡大⇒世界恐慌と結びつけて語られますが、これは下落局面だけでなく上昇局面でも起こり得ることと考えられます。

 今後の世界経済がパンデミックで停滞するのであれば、むしろこの過剰に溢れ返ったマネーの行き場として真っ先に債券に向かうようになりますが、現時点ですでに金利が失われつつある状態です。

 行き場を失ったマネーは株、原油、コモディティなどにも向かって、インフレを引き起こす可能性がありますので、単純に現金を持っておけばよいという時代ではありません。

 今の株式市場は厳しい現実を投資家に突き付けていますが、マネーの受け皿としての株式という見方をすれば株安局面は買い場であり、あとはこのチキンレースをどう攻略するのかといったことになるかと思います。

 仮に経済が停滞する時のことも考えて、まず第一に財務基盤がしっかりしている、そして収益力が高い企業を中心にバーゲンハンティングしていくのが有効でしょう。


−−−


【No.4】eBASE(3835)(東証1部:3835)


 商品情報管理データベースソフトの「eBASE」開発・販売などを主事業としており、食材・日用雑貨などを扱う様々な企業に対し、商品・コンテンツの画像や情報などのデータを一元管理、柔軟な活用を可能にするシステムを提供する。とくにトレーサビリティー管理に強み。

 業績面においては1/31に第3Q決算発表を行い、売上高は前期比12.8%増収、営業利益は同33.9%増益と好調継続。大手の流通・小売企業における「食材えびす」の採用増などが寄与。また、昨今で広がりを見せる「農業×IT」の進展、農産物の生産管理をはじめトレーサビリティの重要性がより増す時流に乗った銘柄。

 株価は年初の動意から1/31の株式分割発表を経て、2/6には高値1909円まで上値を伸ばす場面があった。足元での急落地合いの中でも比較的底堅さがみられており、75日移動平均線付近の攻防となっている。株式市場への資金流入がみられる際には素直に反応しやすい株と言え、調整局面でこそ狙っておきたい銘柄だろう。


(あすなろ産業調査部 加藤あきら)


[加藤あきら氏の過去コラム]
 老後資産1億円達成への相場道#1 http://okuchika.net/?eid=8729
 老後資産1億円達成への相場道#2 http://okuchika.net/?eid=8746
 老後資産1億円達成への相場道#3 http://okuchika.net/?eid=8815
 老後資産1億円達成への相場道#4 http://okuchika.net/?eid=8890
 老後資産1億円達成への相場道#5 http://okuchika.net/?eid=8961
 老後資産1億円達成への相場道#6 http://okuchika.net/?eid=9002
 老後資産1億円達成への相場道#7 http://okuchika.net/?eid=9040


[加藤あきら氏プロフィール]
 国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、あすなろ投資顧問に在籍。
 市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析する。顧客に寄り添うアドバイスに定評がある。


■【無料銘柄毎日更新】■
https://1376partners.com/lp?ad=okuchikakato


株式会社あすなろ/関東財務局長(金商)第686号/加入協会 一般社団法人日本投資顧問業協会


(提供情報はあくまでも情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘及び、売買指示ではございません。株式投資には価格の変動等によって損失が生じるおそれがあることをご理解の上、投資にあたっての最終判断はご自身の判断にてお願い致します。信頼できると思われる各種情報、データに基づいて作成しておりますが、その正確性及び安全性を保証するものではありません。)


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM