<< 人間の運命 | main | 有料メルマガライブラリから(326)「忍耐力の訓練だと覚悟を決め、相場と向き合うことが投資力を鍛える」 >>

億の近道2020/02/18


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2020/02/18号

              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
     (本日の担当:石川臨太郎&あすなろ産業調査部)


   ◆コラム「有料メルマガライブラリから(326)」:石川臨太郎
   ◆コラム「あすなろ個別銘柄玉手箱 TOB・M&A・●●など」
       :あすなろ産業調査部


===================================


■ お知らせ ■


■第47号本日配信!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 大好評個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第47号レポート本日配信!!】


 今週は、ファブレスから自前の製造設備投資し、さらなる成長を目指す企業
を分析。詳細な取材と分析により、業績シナリオを3通り策定し、理論株価を
算出しています。
 ぜひご購読を。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


■お知らせ■


 四季報セミナー第2弾開催!
 『ガチャ氏×山本潤氏 四季報の裏側、全部お話しします!その2』


■日時 2020年3月15日日曜日
 13:30〜16:45(15分程度の延長あり)

「記者一人あたり何社担当?」「社長に取材しているの?」
「業績予想の表現の違いは?」「企業から圧力はあるの?」
「新人記者が担当する企業は?」など四季報の疑問が解消します!

 昨年12月に開催され、大好評だった四季報セミナーが、たくさんのご要望
にお応えして第2回を開催することになりました。
 前回参加できなかった方はもちろん、参加された方も楽しめる内容を予定し
ています。

 今回はさらに、既発売の四季報新春号から注目表現の銘柄をピックアップ&
解説します。
 ※春号がセミナー開催翌日の発売となったため、最新号ではなく新春号を
  題材といたします。四季報は通常は金曜日発売ですが、希にある月曜発売
  に当たってしまいました。


 四季報執筆&調査に5年間携わっていたガチャ氏が、その裏側と興味深い
トピックを全部開示。
 実際に携わってきた人間だけが分かる深い話が聞けます!

 また、事前にご質問を募集いたしますので、普段から疑問に思っていること、
ぜひ聞いてみたいことなどをお寄せ下さい。当日セミナー内で回答致します。

 また第2部では、ダイヤモンドフィナンシャルリサーチ運用者の山本潤氏を
加え、企業情報誌のポイントや活用法を含む裏側を語り合ってもらいます。
※山本氏は以前、ダイヤモンド株データブック(ダイヤモンド版四季報)を
 立ち上げ、世に出したことがあります。


■前回四季報セミナー参加者の声

「非常に参考になり、来て良かったです。もっと前(10年以上前に)来て、
四季報のことを知っていたら投資への活用の仕方も変わったのにな、と思いま
した。これからもさらに活用していきます。(40代・投資歴10年以上)」

「山本さんのガチャさんへの質問がとても良かった(50代・歴1〜3年)」

「講演内容や資料はとてもわかりやすく、参考になりました。(40代・歴4
 〜6年)」

「対談で深掘りできて良かった(60代・歴10年以上)」


詳細、お申込はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8764


■主催:NPO法人イノベーターズフォーラム

※「四季報」「会社四季報」は東洋経済新報社の登録商標です。


===================================


◆コラム「有料メルマガライブラリから(326)」


 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライ
ブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致し
ないことを予めご了承下さい。


=コラム「忍耐力の訓練だと覚悟を決め、相場と向き合うことが投資力を鍛え
 る」=
 (有料メルマガ第368回・2016/2/16配信号)

※注 2016年2月現在の内容ですので留意下さい。


【前略】


 普段から投資環境が著しく悪化した場合にも、冷静に投資判断を行うために
セーフティー・ネットを準備していくことが必要だと考えています。

 一番重要なのは、株式投資で損をしたために生活費が不足するような事態を
招かないことです。生活に必要な資金まで株式投資につぎ込むのは愚の骨頂で
す。

 私の家計は専業投資家として、年金と賃貸不動産の家賃、投資している株の
配当収入や優待に生活費を依存する、生活設計モデルとなっています。60歳
になってからの私設年金の収入は本当に強い心の支えになってくれています。

 株式投資の部門では、投資銘柄のうち、多くの部分を安定的で高い配当を出
す銘柄や配当優待利回りが高い銘柄への資金配分が多くなってきています。そ
のような守りをかためるための銘柄群も、1月からの日本株の暴落で、大きく
下落して、配当利回りや、配当優待利回りが5%を超えてしまうものも出てき
てしまいました。

 しかし財務内容の強さや、収益力の安定性と強さ、含み資産の状況などを確
認しながら買ってきた企業がほとんどなので、株価の下落はじっと我慢してホ
ールドを続けています。

 このような銘柄は軍事行動でいえば兵站部門に位置します。安定的に入って
くる収入で生活費が維持できなくなれば、株式投資に使っている資金を生活費
にシフトせざるを得なくなります。株価が買値より大きく下落していても、必
要なら損を出して売らなければなりません。

 このような生活費などを確保するための投資銘柄は、経済戦争における兵站
銘柄だと考えて投資しています。このような兵站銘柄は、いま現在の生活費を
確保することも目的としているので、株価が下がったり、横ばいを続けていて
もホールドしたままで投資を続けるスタンスです。

 兵站銘柄としては時価総額に比べ保有する金融資産や含み益の大きな賃貸不
動産を大量に持っている、所有する資産から見て時価総額が安い銘柄のうちか
ら、配当利回りや配当優待利回りが、その時の他の銘柄の利回りより高いもの
を選んでいます。

 つまり兵站銘柄はその銘柄に投資した時すでに資産背景的に見て充分割安な
ところまで株価が下がっているので投資を実行したわけです。そこから更に株
価が下がっても、配当利回りの高さや資産背景を自分が投資し続ける気力の支
えと考えて、じっと我慢をするわけです。

 景気にはサイクルがあり、景気がいずれ回復するなら、株価も戻るであろう。
そんな中長期の時間軸でおこなう気長なスタンスの投資です。


 しかし、なんらかの株価上昇の触媒(=カタリスト)が発生し、株価上昇に
より配当や優待の数年分のインカム・ゲイン分の利益をキャピタル・ゲインで
一気に得られる状況となったときは、売却してインカム・ゲインではなくキャ
ピタル・ゲインで利益を確定することも行ないます。

 投資環境が悪化して株価が反発することもなく下落していくときが起こる時
があります。

【中略】

 このような時には、高いトレードの技術を持っており、いったん撤退作戦で
保有株を手放して現金比率を高めておいて、更に大きく下落した時に買い戻し
てリバウンドを取るということが出来るなら、そのような作戦を実行するのも
有効だと思います。

 ある程度の期間を我慢していればリバウンドはスタートすると信じています。
しかしまだ時間はかかりそうな状況です。そして下げ相場の中でも乱高下はあ
るので、トレード能力が高ければ大きく下げた時に安く買って、少しのリバウ
ンドでも利喰いするような動きを繰り返すことで、小さくてもキャピタル・ゲ
インを積み重ねていくことで利益を増やすことも可能だと思います。


 相場は時に、大きく行きすぎます。今回で言えば下げすぎることも起きます。
もちろん、いままでの日本株が中国株と同様にバブル化しており、そのバブル
が崩壊したならば、なかなかリバウンドするまで時間がかかるでしょう。しか
し日本株のほとんどはバブル化していなかったと、いまでも私は考えています。

 しかし、私のようにトレード能力が高くない投資家は、自分の必要とする生
活資金を安定収入が見込める手段で確保しておいて、株式投資に関しては自分
が信じられる企業の株を持ったまま亀のように甲羅の中にもぐりこみ、籠城戦
を行うことがベストな投資作戦だと考えています。

 国家間の戦争でも、株式投資のような経済戦争でも戦略や戦術と同じレベル
で兵站を考えることが重要です。兵站を確保できなければ籠城戦は失敗で、白
旗を上げなければならなくなります。

 サラリーマンを続けて生活費を確保する手段を持っているということは兵站
を確保するという意味においては『株式投資という経済戦争に勝つため』の大
きなアドバンテージになります。

 私が株にだけ資金を投下しないで賃貸不動産や私設年金などに資金を分散で
投下してきたのは兵站を確保するという意味を持っている行動です。つまり投
資環境が悪化しても株をバーゲン価格で投げ売りしないで、何年でも籠城でき
るというセーフティ・ネットを構築してきたということです。

【中略】

 先ほど書いたように、自分の株のポートフォリオの銘柄においても兵站と位
置づけるべき銘柄はあります。このような銘柄は自分の時間を自分の好きなこ
と(=株式投資以外の好きなことという意味です)に使うためには大切な銘柄
です。

 キャピタル・ゲインを狙う銘柄を支援して株式投資で大きく稼ぐためにも兵
站銘柄が重要なことは言うまでもありません。

 具体的に言えば配当利回りや配当金券優待利回りが高い銘柄や経済的効用が
高い優待のある銘柄が兵站銘柄になると考えています。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


■□この有料メルマガの全文が読めます!
 三共生興(8018)研究銘柄レポート+コラムの構成です。
  コラムでは三井倉庫ホールディングス(9302)、北弘電社(1734)
  富士精工(6142)、サイボー(3123)などについて言及していま
  す。
  以下のリンクからどうぞ。(一部無料で読めます)
  こちらから ⇒ http://bit.ly/rin20160216


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742



===================================


◆コラム「あすなろ個別銘柄玉手箱 TOB・M&A・●●など」


*約1500字・完読サクッと3分

 あすなろ投資顧問代表大石です。
 株で儲けるために押さえておきたいキーワードが3つあります。
 【TOB】【M&A】【スピンオフ上場】。今日はその話。


【TOB】

 例えば昨年から話題が持ち上がったユニゾHDはブラックストーンやフォー
トレスなどによるTOBの件が久々に進みだして株価を一段押し上げました。
現在の最高提示価格は2月4日の【1株5600円】ですが、ユニゾの保有不
動産をキャッシュ換算した場合の価値を鑑みれば到底良い数字ではありません。
1000円以上の乖離があると推定されます。つまりまだまだドラマの続きが
見れそうですね。


 【モノ言う株主】関連の動きも活況です。
 レノがTOBを仕掛けて買い集めたレオパレスは、経営陣と村上さんのバト
ルが見物に。何か戦略あっての劇場型IRなんでしょうか?面白すぎます。

 加えて村上軍団のオフィスサポートは東芝機械に敵対的TOBをしかけて話
題になりました。東芝機械側の「買収防衛策」にまで口を出す強さは、往年の
勢いを思い出せるプレイ。まさにあの覇気は衰える事なく未だ健在!

 で、その東芝機械はニューフレア争奪戦のカギを握るキーカンパニーだった
りもしてより複雑に。そしてそして!そのニューフレアの大株主はなんと村上
軍団のファンドだったりとなんともまぁ戦国時代感が漂う大河ドラマのような
背景もあったり。

 他にもビッグディールとなったZOZOに対するヤフーをはじめ、まだまだ
その先が楽しみな大戸屋に対するコロワイドなどの【TOB劇場】はまだまだ
序章に過ぎないと思っていて、外資も巻き込んで続々と起こるはずです。


【M&A】

 企業買収も盛んですね。2000年頃から増え始め、リーマンショックで落
ち込んでからも年々増加し2017年に過去最高件数3000件オーバー(公
表しているもののみの統計)を達成してからは年々記録を更新しています。今
後は「うちうち」と呼ばれる国内企業同士の案件よりも、「うちそと」や「そ
とうち」がかなり増えてきそうです。仲介企業として日本M&Aセンター・M
&Aキャピタル・ストライクなどはそのシェアを着々と伸ばしている企業と言
えます。コンサル回りもいいですねぇ。


 盛んな【業界】としては製薬が一般的にはメジャーですね。武田シャイアー
のような超大型案件で一躍その名を轟かせる事になりました。また中外製薬は
コロナウィルスにおけるタミフルの特効期待で爆騰しましたが、本筋はそうで
はないかもしれません。なにせ凄まじく儲かってるうえに、GSが目標株価を
引き上げたりと評価は抜群。スナイパーがほっとくはずもなし。ロシュと戦略
的提携を行って18年、新展開を迎える日も遠くないかもしれません。


【スピンオフ上場】

 最後に日本初の件。コシダカHDがフィットネス事業のカーブスを別会社と
して分離させそれを上場することになりました。アメリカではメジャーなもの
の、日本では前例がないので投資家達は困惑。一先ず目先の希薄化懸念から売
り急がれました。また数字の見栄えという部分では、当然ながら全体的な数字
は落ちて見えるのでスピンオフ後の決算は厳しく見られることになりそうです。

 が!この「前例がない」ってとこに妙味がありそうです。私見では未知の産
業の創出と同等のインパクトです。日本の投資家は不安要素があれば一先ず売
ります。また予測不可なものも買い向かいません。投資より貯蓄マインドが強
いからでしょう。投資の観点で今回のスピンオフ上場を見るならば、上記のよ
うな不安な投資家をふるい落とした後は評価が一変してくるとよみたいもので
す。そもそもカラオケ事業・フィットネス事業共に性質こそ違えど好調です。
ブックビルはなかなか当たりませんが、2月28日までにコシダカの株を保有
すればスピンオフ後は2社の株を保有できます。私なら・・・


 お、申し訳ありませんがお約束の3分を超えそうです。
 事業売却の件など続きはまたどこかで。


今日も新たな勝者が生まれることを祈って。


(あすなろ産業調査部 大石やすし)


過去掲載 「投資顧問の在り方とSaaS関連の妙味」
      http://okuchika.net/?eid=8797
     「【秘蔵の産業●●】の投資顧問代表大石やすし的見解」
      http://okuchika.net/?eid=8875
     「新年銘柄玉手箱」
      http://www.okuchika.net/?eid=8930


[大石やすし氏プロフィール]
 『投資家の勝ちこそが我々の価値!』をスローガンに掲げるあすなろ投資顧
問の運営最高責任者。
 IR説明会や企業へ訪問取材を敢行するなど、足で稼ぐ情報収集と投資分析
を駆使した銘柄選定が持ち味。年に数回限りの大石銘柄は相場に数々のドラマ
を生み、その度会員様からの厚い支持を得てきた。


■【無料銘柄毎日更新】■
https://1376partners.com/lp?ad=okuchikaoishi


株式会社あすなろ/関東財務局長(金商)第686号/加入協会 一般社団法
 人日本投資顧問業協会


(提供情報はあくまでも情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘及び、
売買指示ではございません。株式投資には価格の変動等によって損失が生じる
おそれがあることをご理解の上、投資にあたっての最終判断はご自身の判断に
てお願い致します。信頼できると思われる各種情報、データに基づいて作成し
ておりますが、その正確性及び安全性を保証するものではありません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/bouuowaeve
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第280号、配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第280号
が好評配信中です。


【パンデミック関連や過去取り上げた注目銘柄のチェック情報などを掲載!】

【2/3 第278号では】

■炎の相場の視点 〜どこまで下落を見せるのか上海市場〜
■パンデミック関連銘柄の株価チェック続報(14銘柄)
■検査薬・抗ウィルス薬にも関心が向かう(4銘柄)
■今月のトピックス
■炎の注目銘柄フォロー(10銘柄)

 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html


編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM