<< 本人の思う問題点はズレている | main | いつか来た道 >>

億の近道2020/02/06

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2020/02/06号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
    (本日の担当:街のコンサルタント&あすなろ産業調査部)


  ◆コラム「いつか来た道」:街のコンサルタント
  ◆コラム「株の玉手箱 上がる銘柄の必要条件を理解する」
       :あすなろ産業調査部


===================================


■お知らせ■


 四季報セミナー第2弾開催!
 『ガチャ氏×山本潤氏 四季報の裏側、全部お話しします!その2』


■日時 2020年3月15日日曜日
 13:30〜16:45(15分程度の延長あり)

「記者一人あたり何社担当?」「社長に取材しているの?」
「業績予想の表現の違いは?」「企業から圧力はあるの?」
「新人記者が担当する企業は?」など四季報の疑問が解消します!

 昨年12月に開催され、大好評だった四季報セミナーが、たくさんのご要望
にお応えして第2回を開催することになりました。
 前回参加できなかった方はもちろん、参加された方も楽しめる内容を予定し
ています。

 今回はさらに、四季報最新号から注目表現の銘柄をピックアップ&解説しま
す。

 四季報執筆&調査に5年間携わっていたガチャ氏が、その裏側と興味深い
トピックを全部開示。
 実際に携わってきた人間だけが分かる深い話が聞けます!

 また、事前にご質問を募集いたしますので、普段から疑問に思っていること、
ぜひ聞いてみたいことなどをお寄せ下さい。当日セミナー内で回答致します。

 また第2部では、ダイヤモンドフィナンシャルリサーチ運用者の山本潤氏を
加え、企業情報誌のポイントや活用法を含む裏側を語り合ってもらいます。
※山本氏は以前、ダイヤモンド株データブック(ダイヤモンド版四季報)を
 立ち上げ、世に出したことがあります。


■前回四季報セミナー参加者の声

「非常に参考になり、来て良かったです。もっと前(10年以上前に)来て、
四季報のことを知っていたら投資への活用の仕方も変わったのにな、と思いま
した。これからもさらに活用していきます。(40代・投資歴10年以上)」

「山本さんのガチャさんへの質問がとても良かった(50代・歴1〜3年)」

「講演内容や資料はとてもわかりやすく、参考になりました。(40代・歴4
 〜6年)」

「対談で深掘りできて良かった(60代・歴10年以上)」


詳細、お申込はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8764


■主催:NPO法人イノベーターズフォーラム

※「四季報」「会社四季報」は東洋経済新報社の登録商標です。


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第93回「マスク関連大混乱」がアップされました。


第93回「マスク関連大混乱」 2月5日収録
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so36326484
 【YouTube】https://youtu.be/tUJ3QAHH1eI

【今回登場企業】重松製作所 テノックス LibWork
        バーチャレクスHD リンクバル

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。



■炎のファンドマネージャー有料メルマガ第278号、配信中!!
 ご購読をお待ちしております!


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第278号
が好評配信中です。


【パンデミック関連や過去取り上げた注目銘柄のチェック情報などを掲載!】

【2/3 第278号では】

■炎の相場の視点 〜どこまで下落を見せるのか上海市場〜
■パンデミック関連銘柄の株価チェック続報(14銘柄)
■検査薬・抗ウィルス薬にも関心が向かう(4銘柄)
■今月のトピックス
■炎の注目銘柄フォロー(10銘柄)

 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


◆コラム「いつか来た道」


 先週の日経新聞トップに「米ファンドが3,000億、国内最大の不動産投
資」と言う記事がありました。

 米系ファンドのブラックストーンが日本の賃貸マンションに一括投資する内
容ですが、大型投資を実施する理由は、日本の不動産投資から得られる利回り
が調達金利に比較して高く、利回り差が他の主要都市に比べて高いためという
ものです。
 デジャヴュを感じます。


 リーマンショック前の2007年初頭にも不動産業界では同じような話が多
く語られていました。
 当時は人気がある首都圏の不動産物件では3%台といった物件が出始めてい
ましたが、それでもニューヨークやロンドンに比べて実質利回りが2%もある
のだから、外人投資家からは割安に見えるらしい。日本人には割高に感じるか
もしれないが海外からは(安全で清潔な国)という評価も含めて「まだ割安」
とみられており、今後も投資資金は流れ込むはずだ・・・と言う具合です。

 その頃は既に「米国のサブプライムによるバブルも天井感が出ている」と言
った話題も増えていましたので注意すべきだったのですが、「それ故に投機資
金は日本に流れ込む」と言う楽観的ストーリーが懸念する声をかき消していた
と記憶しています。

 2007年春頃の株式市場は日経平均株価で17,000円台の辺りで一進
一退を繰り返しており、(企業業績も良かったため)割安なのに中々上がらな
い。買われない理由は何か?と言ったコメントも多かったようです。


 振り返れば理由は簡単で、市場金利が2%近くあったとは言え既に低水準で
あり、サブプライムバブルにより一定以上に需要が押し上げられたとともに、
円安(当時は120円/ドル辺り)も手伝うなど、全てが海外発の要因により
押し上げられた好景気になったことで株価が上がっていた訳です。
 日経平均株価で10,000円割れとなっていた2003年から然したる手
も打てないままに、偶然にも米国発のバブルで企業業績も株価も押し上げられ
ただけで、国内要因(独自の努力)は殆どありませんでした。大手企業(経済
界)も棚ボタ的な円安と外需の好調による恩恵を受けただけで構造改革などは
手付かずでしたから。

 あえて言えば、大手銀行への公的資金注入が実行されたことにより、漸く経
済に血液が回るようになったと言うことくらいでしょうか。

 そしてサブプライム・バブルが弾けたのですから元に戻るはずです。
 同年7月下旬に海外有力ファンドの解約停止が発表されると一気に資金の回
転が止まりました。サブプライムの原資を利用した仕組み商品が値崩れを起こ
し、流動性(換金性)が失われたことによる解約停止措置でした。

 その後は皆様もご存じの通り、8月から大幅な株価の下落が始まりました。
 秋頃と翌年の春(2008年3月頃)には小康状態を取り戻しますが下落ト
レンドは続き、その後のベアスターンズの破綻を経て9月のリーマンショック
へと繋がります。


 恐らく次のバブル崩壊時も流動性が注目されるのでしょう。
 果たして、今回の流動性が失われるきっかけとなるのは何なのか?いつ頃な
のか?そうなる場合のストーリーを日々考えてしまいます。
 因みに、しばらくは混乱要因になるのでしょうが、今回の新型肺炎の影響と
金融市場の流動性とは余り関係無いと感じます。


 ところで、ZOZOの第三四半期の決算発表には驚きました。想定以上に落
ち込みが激しいです(というか、売り上げも利益も伸びが止まりました)。
 一昨年10月頃に「割高だ」と書いてから株価は半分になり、ヤフー(現Z
HD)が買収してから30%以上も株価が下落しました。8,000億円の時
価総額で買った会社が僅か3か月で5,400億円まで価値を落とした訳です。
2月3日の安値(1,470円)なら4,580億円まで下げた計算ですが、
個人的にはまだ割高と感じます。

 ヤフー経営陣の焦りの裏返しと言うべきか、ZOZOの前澤元代表はギリギ
リ最高のタイミングで売り抜けました。今まで保有していたら自己破産してい
たかも知れず、正に強運の持ち主と言えそうです。
 これからはSBG孫会長には足を向けて寝られませんね(^^)

 同社の業績の伸び悩みはある程度予想出来ました。何故なら、主にNB(ナ
ショナル・ブランド)のカジュアル衣料品を扱う会社をしている友人が、一昨
年頃からNBの衣料品が売れなくなったと嘆いていましたから。
 まずは若者の消費性向に変化が出ていること、加えて消費増税やユニクロな
ど大手専業の影響も大きいとの事でした。大手のデザイナーズブランドであれ
ば安くとも7,000〜8,000円はするジーンズやシャツより「高品質の
衣料品が3,000円前後で買える時代なのだから、そちらにシフトするのは
止むを得ないよ」とは彼の言です。

 投資アイデアは身近で分かり易いところから、という言葉を再認識した事例
です。


(街のコンサルタント)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。また、当該情報は執筆時点での取材及び
調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/stuweawesl
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


■第45号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第45号レポート配信中!!】


 今週は、後発ながらもユーザーや加盟店の利益を優先して考え、地道に成長
している企業を分析。
 顧客へじっくりと向き合い、いいものを正直に提供する方針で、販売チャネ
ルの拡大を成長ドライバとして業績シナリオを作成、理論株価を算定していま
す。ぜひご購読を。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


◆コラム「株の玉手箱 上がる銘柄の必要条件を理解する」


 今年に入り乱高下の相場が続き、高値で買い、安値で売らされ売買損失の連
続が続いていると言うことはありませんか?

 今年のようにイラン米国紛争や新型ウィルスの拡散問題で相場が乱高下する
ときには、必ず過去に同じような出来事がなかったかを検証し、振り返ること
が大事です。


 株価にも同じことが言えます。
 その時、その後どう動いたかを検証し株価の推移を分析する、まさしくチャ
ート分析がそれなのです。

 チャート分析にはいろいろな手法があるので、自分に合うものを見つけ出し
使うことをお勧めいたします。何が当たる、何が当たらないではなく、あくま
でもテクニカル分析は相場観測の道具の一つです。

 使わないと知らないことと一緒です。
 使ってみれば、使い勝手もわかります。

 今回はテクニカル面とファンダメンタル面の、両方からのアプローチで銘柄
を取り上げます。


−−−−−−−−−−−−−−−−


『外食の勝ち組で業界トップを狙う』

◆物語コーポレーション(3097)[東証一部]

【事業紹介】

 焼肉、ラーメン、お好み焼レストランチェーンを直営、FC展開。
 焼肉きんぐ、丸源ラーメン等が主力業態。

 2007年の1号店オープンから国内は498店舗(直営277店舗/FC
221店舗)、海外は17店舗(直営13店舗/FC4店舗)(2019年6
月30日現在)まで店舗網を広げ、飛躍的な成長を遂げたテーブルオーダーバ
イキング業態の「焼肉きんぐ」。

 「開発・人財力」を強みに拡大成長してきた。現在は牛角に次ぐ2位だが、
この3年以内に焼肉業界で売上トップを狙う計画がある。

 ファミリー層をターゲットとしたリーズナブルな郊外型の焼肉店が増えてき
ており、単品注文もできるが、食べ放題に特化した焼肉業態「焼肉きんぐ」を
同社は開発した。

 そこで他社との差別化として重要視したのが、「(注文から提供まで)お待
たせしない」ことである。

 また他社が採用難に喘ぐ中、アルバイトの採用においては応募から面接日ま
での日数削減に全社を挙げて取り組むなど細かな工夫で、安定した人材確保へ
とつなげ、独自のスキームで人材育成に取り組んできたことも好業績を維持で
きている要因である。

 食材や資材の高騰で原価率は上昇、人件費も高騰する中、大事なのは接客サ
ービスを行う人材だと考えている。接客を通した人と人とのつながりが、さら
なる来店頻度の拡大につながるとしている。

 店内スタッフは清掃部員と接客部員が完全に別れており、次の顧客案内に掛
かる時間を清掃時間を含めて5分以内に徹底しており、また制限時間を120
分から90分にしたことにより顧客回転率を上げ、利益率が拡大している。


 ラーメン部門はファミリー向けラーメン専門店として、核メニューである
「にくそば」に加えて季節限定商品等の商品開発を強化している。


 しゃぶしゃぶ食べ放題の「ゆず庵」では大型電子看板の設置を増やす予定で
ある。2021年6月期までにフランチャイズチェーン(FC)店も含めて全
店に設ける。電子看板は道路からでも目に入りやすいため、時間ごとに表示す
る広告を変えて集客につなげるとしている。

 ゆず庵は全店が路面店であり、昼食や夕食など時間帯にあった広告を表示し、
ドライバーの関心を集める。導入した2店ではすでに1割ほど売上高が伸びて
いるといい、特に今まで訴求できていなかった昼食の客が増えているという。
また動画での広告も検討しているとのこと。

 更に昨年には会話の音声を活用したサービスを開始した。来店客の会話を人
工知能(AI)で分析して注文を予測するほか、顧客満足度を可視化する。省
力化や従業員の接客力向上につなげる。

 音声分析で得たデータを利用したウエアラブル端末も開発する予定である。
 眼鏡型の「おせっかいスカウター(仮称)」に、AIで分析した各席の満足
度などを表示し、接客の際の会話のきっかけなどにする。2021年の試験導
入を目指している。

 また同社の事業展開の5部門の中で、今後一番伸びている部門は、やはり焼
肉部門である。今後4〜5年はこの部門に人とお金をかけて行くとしており、
5部門の中で利益率も一番高く17%前後で推移している。

 店舗展開に関しては海外店舗は現在は17店舗だが、今後の具体的な展開と
しては中国をメインに出店を考えている。中国の新型ウィルスや経済状況を見
ながら物件を探して行くとしている。前期も出店予定に対しては未達であった。

 今月に入りTVで特集され知名度が上がり、注目を浴びつつある。
 『外食の勝ち組で業界トップを狙う』意気込みが経営戦略からも伺える。


 テクニカル面では一昨年高値14180円から昨年安値7700円まで調整
したが、足元の一目均衡表の日足では三役好転で短期上昇を示唆する動きとな
って来ている。


−−−−−−−−−−−−−−−−


 今後も注目して見て行きたい。


(あすなろ産業調査部 藤井勝行)


[藤井勝行氏 過去掲載]
 相場の本質を知ろう http://okuchika.net/?eid=8755
 過去の栄華を振り返り、相場の心得を知る http://okuchika.net/?eid=8829
 今年の相場を振り返る http://okuchika.net/?eid=8904


[藤井勝行氏プロフィール]
 1991年中央大卒業後、山一證券で個人営業を担当。その後国内外の証券
会社で機関投資家向けに日本株式セールスを担当、独自のファンダメンタル・
チャート分析に定評がある。経済専門新聞や週刊誌、国内外情報ベンダー等に
市況コメントを掲載し株式セミナー講師としても活躍。相場の本質を伝えるこ
とをモットーとする。


■【無料銘柄毎日更新】■
https://1376partners.com/lp?ad=okuchikafujii

株式会社あすなろ/関東財務局長(金商)第686号/加入協会 一般社団法
 人日本投資顧問業協会

(提供情報はあくまでも情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘及び、
売買指示ではございません。株式投資には価格の変動等によって損失が生じる
おそれがあることをご理解の上、投資にあたっての最終判断はご自身の判断に
てお願い致します。信頼できると思われる各種情報、データに基づいて作成し
ておりますが、その正確性及び安全性を保証するものではありません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/bouuowaeve
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!800円です。
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================

JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM