<< 株の玉手箱 老後資産1億円達成への相場道#4〜株式投資において欠かせない基礎知識〜 | main | 市場潮流 >>

億の近道2019/12/20


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2019/12/20号

              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
         (本日の担当:水島寒月&山本潤)


  ◆コラム「市場潮流」:水島寒月
  ◆コラム「億近クラシックス2005:ファンダメンタルズ分析入門(4)」
      :山本潤


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第87回「令和元年は掉尾の一振の株高で終わるか?」がアップされました。


第87回「令和元年は掉尾の一振の株高で終わるか?」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so36102494
 【YouTube】https://youtu.be/lrRuleh-oww

【今回登場企業】ズーム


 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。


===================================


◆コラム「市場潮流」


 今週(12月16〜20日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で20
6円47銭下落し(率にして0.9%の下落)、2万3816円63銭で取引
を終えました。4週ぶりの下落です。

 日経平均株価が前週末に急伸したことで、週初の16日(月)は利益確定売
りに押され、3営業日ぶりに反落。しかし、翌17日(火)は前日の米国株式
市場で主要3指数が最高値を更新したことを好感し、日経平均株価は年初来高
値を更新。2018年10月以来の高値をつけました。ただ、18日(水)以
降は、さすがに高値警戒感が浮上。利益確定売りが優勢となり、20日(金)
まで3日続落して終わりました。


 今週の日経500種平均株価の採用銘柄の値上がり率首位は日立化成(42
17)でした。昭和電工(4004)が12月18日(水)、日立(6501)
の子会社である日立化成をTOB(株式公開買い付け)により買収すると発表。
買い付け価格が直近の株価水準を上回っていたため、日立化成の株価が上昇し
ました。

 来年2020年も、こうした「親子上場の解消」関連は、重要な投資テーマ
になるものと思われます。


 来週は、市場参加者が一段と少なくなります。
 積極的な売買は手控えられると見込まれますが、月末にかけて発表される経
済指標が改善を示せば、世界景気の底入れ機運がさらに高まり、株価の意外高
も考えられます。


(水島寒月)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/ciowaijeak
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742


===================================


◆コラム「億近クラシックス2005:ファンダメンタルズ分析入門(4)」


※このコラムは、2005年9月20日に掲載されたものです。
 当時の経済的背景に基づいていますので、ご留意の上お読み下さい。


■モメンタム


 増益率の変化をモメンタムといいます。
企業の「収益モメンタムが強い」という表現を使います。
投資家が好感するのはモメンタムの強い企業です。
なかなか日本語になりにくい言葉ですが、言い換えるなら、「増益率の高さ」
でしょうか。
逆に、「収益モメンタムが低下している、悪化している」ときは、株価は冴え
ない展開となります。

 非常に重要なポイントなので、覚えておいてほしいのですが、かなり高い増
益率を達成したとしてもモメンタムが低下する場合があるのです。いくら増益
を続けても収益モメンタムが低下して、株価は下がってしまうことがあるので
す。


たとえば、こんな場合です。
前期に100%の増益率を達成した企業があるとしましょう。
増益率100%といえば、収益が1年で2倍になったということです。
その企業が本決算の発表で、今期の増益率を30%で発表したとしましょう。
30%の増益率といえばかなり優秀ですね。
これほどの高成長企業は探すのが大変なぐらいです。
重要な点です。いくら稀有な高成長企業であっても、株価は暴落してしまうこ
とがあるのです。

ロジックは簡単です。増益率が鈍化してしまったからです。
100%の増益率の後、人々はさらに100%の増益率を期待していたかもし
れません。
100%は無理にしても、80%ぐらいの増益率は達成できるかなと見ていた
かもしれません。それが「たったの30%」の増益率では失望ものです。期待
外れなのです。


増益率が著しく鈍化した場合、「モメンタムは悪化した」といいます。
高い増益率を維持しているのにも関わらず、悪化や鈍化という表現を使わざる
を得ないのです。

そして、悪化、鈍化という表現は株価には必ずといってよいほど、マイナスに
効くのです。
増益企業のモメンタムの悪化が株価の下落を招くということは、案外、企業経
営者もわからない人が多いのです。仕事柄、社長によくインタビューをします
が、「なぜ株価が下がるんだ?業績は堅調なのに…」と愚痴をいう経営者が案
外多いので驚いています。上場企業の経営者の中にも株価の見方がわからない
人が多いことの裏返しです。


あまりにも高い成長をしてしまうと、どんどん成長の選択肢が狭まってきます。
大型で自社で有利のM&Aをしたり、大幅な株式分割を実施したりするぐらい
しか手がなくなってきます。

考えてみれば当然のことです。100%成長を10年続けたら、利益規模は何
倍になるでしょうか。1000倍以上になります。ところが、市場の規模には
上限があります。市民の財布の中身を全部足した以上に個別企業の売上げが成
長することはありません。高成長企業は、ゆくゆくは、その成長を鈍化させる
以外には選択肢はないのです。


モメンタムが改善傾向にあるかどうか。
これが株の買いのタイミングなのです。


いくつかのパターンに分かれます。

買いのタイミング:
(1)過去の赤字から未来の黒字への転換時(=今期黒字化予想)
(2)減益から増益への転換時(=前期減益で今期増益予想)
(3)増益率の改善時(今期の予想増益率が前期の増益率よりも高い)
(4)減益率の改善時(今期の予想減益率が前期の減益率よりも低い)
(5)依然として赤字ではあるが赤字額の大幅縮小時

これらの5つのパターンは買いの典型的なパターンでありタイミングです。
非常に重要な事柄ですから、是非、身につけてください。

増益か減益かという視点で株の売買タイミングを計ることはできません。

増益率がどう変化したかで売買のタイミングを計るべきなのです。

増益率がどの程度改善しているか、その度合いが重要なのは言うまでもありま
せん。
たとえば、前期が5%の増益率で今期は6%の増益率であれば、建前上、モメ
ンタムは改善したといえるかもしれませんが、そのような小さな変化のケース
で、モメンタムを論じることはまずありません。20%を超えるような増益率
の変化や大幅な赤字がかなり縮小するといった大きな変化ならば、株価へのイ
ンパクトがあろうというものです。


5つの買いパターンに当てはまるからといって、その度合いが小さいものは意
味も小さく、株価の動きも限定的になります。大きく儲けようと思うのであれ
ば、大きな変化に注目するのが筋です。

売りのタイミングは、買いのタイミングのまったく逆を考えればよいのです。


売りのタイミング:
(1)前期黒字から今期赤字への転落
(2)増益から減益への転換
(3)増益率の鈍化
(4)減益率の悪化
のパターンは売りとなります。


ファンダメンタルズ分析といえば、業績予想をいかに上手にするかという技術
だと考えている人が多いと思います。確かに、業績予想はファンダ分析の重要
な一分野です。
しかし、業績予想よりも、業績のフェーズというか、業績のトレンドを把握す
ることの方が株式投資には重要なのです。「業績がどんな方向を向いて動いて
いるか」ということを業績動向といいます。業績動向、あるいは、収益動向は、
トレンドです。減益から増益への転換、あるいはその逆。あるいは、増益基調、
または減益基調なのか。業績の方向性が株価の方向性を決めるといっても過言
ではありません。

機関投資家や証券会社は独自にアナリストを雇用して、業績を予想させていま
す。ただし、業績動向の方向性を予想させているのであって、今期だけの予想
数値を当てるために業績を予想しているのでありません。
証券アナリストの仕事とは、業績を当てることだと勘違いしている人が多いの
ですが、それはアナリストの仕事の一部にすぎません。業績を当てるのが仕事
ではなく、業績の動向から株価動向を予測するのが本来の仕事なのです。

サプライズの大きさは、このモメンタムの改善(あるいは悪化)の度合いに比
例します。
100%の増益率を誇った企業が30%台の増益率に鈍化する場合は、利益面
で70%もの違いが生じてしまいます。70%も利益の見込みが違えば、当然、
株価も数十%は下落するリスクがあると考えなければならないのです。
減益率20%で見ていた企業が、増益率20%に転じれば、その差額は40%
程度です。経験則上は、その変化率の度合いの半分程度、株価は影響を受けま
す。40%の利益の見込み違いであれば20%程度株価は反応して動くという
ことです。決算で10%以上株価が動けば、それはサプライズとみなされます。
市場を代表するような企業のネガティブなサプライズを○○ショックなどとい
う場合があります。

投資を敢行してもよいファンダメンタルズ分析におけるタイミングとは、
「20%を超えるような利益の変化の度合いがあるかどうか」を目安にすれば
よいと思います。増益率が50%から20%へ鈍化した場合、30%の変化が
あったとして、これは空売り(売りから入って買い戻しで差額を得る手法)の
対象になるでしょう。あるいは、増益率が20%から50%へと「加速」した
場合は、買いの対象になるでしょう。減益率の改善度合いも同様です。たとえ
ば、前期50%減益が今期20%減益予想が発表されたら、買いの対象となり
ます。


赤字から黒字の場合、赤字額が大きければ大きいほどインパクトがあります。
減益から増益の場合、たとえば10%減益から10%増益へ転じれば、20%
の利益の変動ですから、買いの対象となります。


買いのケース、タイミングのまとめ:

(1)増益率の20%以上の改善時
 例;(前期20%の増益だったが、今期予想で40%の増益率を発表)
(2)減益率の20%の改善時 
 例;(前期50%の減益率だったが、今期は30%の減益率に収まる)
(3)減益から増益への20%以上の転換時
 例;(前期20%の減益だったのが今期は横ばいを発表)
(4)赤字から黒字(前期赤字の大きさや今期予想の黒字の大きさに注目)


(山本潤)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tiatraebud
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


山本潤氏の過去コラム → http://okuchika.jugem.jp/?cid=6


===================================


■ お知らせ ■


■第39号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第39号レポート配信中!!】


 今週掲載の銘柄は、今後の投資テーマにも沿っている高付加価値製品をニッ
チ分野に特化して提供する企業をレポート。
 今後のIoT時代のキーを握る企業の業績予測と理論株価をご覧下さい。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第271号、好評配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第271号
が好評配信中です。


【出遅れ注目銘柄5社のレポートを掲載!】

【12/16 第271号では】

■炎が読み解く相場の視点
■個別銘柄決算情報、出遅れ銘柄コメント(5銘柄)
■特別報告:1000の用途を持つ粘土ベントナイトを基盤とする企業


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM