<< 株の玉手箱 過去の栄華を振り返り、相場の心得を知る | main | 市場潮流 >>

億の近道2019/11/22


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2019/11/22号

              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
         (本日の担当:水島寒月&山本潤)


  ◆コラム「市場潮流」:水島寒月
  ◆コラム「億近クラシックス2005:ファンダメンタルズ分析入門(1)」
      :山本潤


===================================


■ ■お願い! まぐまぐ!大賞2019へ推薦のお願い ■


いつも億の近道をご愛読ありがとうございます。


今年もまぐまぐ!大賞投票の時期がやって参りました。


そこでお願いです。
億の近道への推薦をよろしくお願い致します!

創刊20年の今回に、1位を受賞出来たら大変励みになります!!


推薦はこちらから ⇒ http://bit.ly/mag2award2019


===================================


◆コラム「市場潮流」


 今週(11月18〜22日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で19
0円44銭下落し(率にして0.8%の下落)、2万3112円88銭で取引
を終えました。2週連続の下落です。

 週初の18日(月)は、前週末の米国株式市場で、NYダウなど主要3指数
が揃って最高値を更新したことを好感し、日経平均株価も続伸しました。しか
し、19日(火)からは、米中貿易協議や香港情勢の不透明感、米中関係悪化
への懸念などから、21日(木)にかけて3日間続落しました。ただ、22日
(金)は株式相場の下落により、高値警戒感が薄れ、景気敏感株中心に押し目
買いが入り、反発して終わりました。


 米中貿易協議の進展や世界景気の改善に対する市場の期待は高く、来週も下
落局面では押し目買いが入るものと思います。来週は、主要国の景気関連の経
済指標の発表が相次ぐだけに、改善傾向を示すようであれば、これを評価する
動きが見込まれます。

 26日(火)には中国のアリババ集団が香港市場に新規上場します。香港情
勢は予断を許さぬ状況ですが、アリババの上場が成功裡に終わるようであれば、
筆頭株主であるソフトバンクG株の上昇につながり、日経平均株価を押し上げ
る場面も見られるかもしれません。


(水島寒月)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/ciowaijeak
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!
 全12号公開完了です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第83回「個人投資家は儲かってないのか」がアップされました。


第83回「個人投資家は儲かってないのか」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/1574404683
 【YouTube】https://youtu.be/x96oYtoJYDQ

【今回登場企業】LibWork ウエスコホールディングス テノックス
        日創プロニティ リンクバル ネットマーケティング


 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。


===================================


◆コラム「億近クラシックス2005:ファンダメンタルズ分析入門(1)」


※このコラムは、2005年8月30日に掲載されたものです。
 当時の経済的背景に基づいていますので、ご留意の上お読み下さい。


■はじめに


 株式投資をする上で、なにが最も参考となる資料でしょうか?

 わたしは、その問いに自信を持って「決算短信」(以下、短信)と答えます。

 さて、短信とは、個別企業が決算動向を3カ月ごとに発表するときの定型資
料のことです。企業が短信をプレスリリースすることを、「決算発表」といい
ます。短信は、20数ページに及ぶ資料ですから、目を通すだけでも大変です。
 しかし、そんな人でも決算短信(以下、短信)の「表紙」くらいは目を通す
ことはできるでしょう。短信の表紙を分析するだけでも、実に多くのことがわ
かるのです。

 短信の表紙に記載されているいくつかの項目が株価の動向を決めるといって
も過言ではないのです。株式市場では大量の情報がシャワーのように降り注い
でいます。流言や観測記事の多くは雑音に過ぎません。数ある情報の中で、短
信が最良、最速の情報なのです。
 決算発表が直接的に株価動向を決するわけですから、短信の表紙を理解する
ことがファンダメンタルズ分析の第一歩です。

 短信を正しく理解することで、投資成績は格段に向上します。


 巷には、「すぐわかる」を売り物にした株式投資の教則本で満ち溢れていま
す。
 すぐわかるのはよいのですが、書店に置かれている株関連の書籍のほとんど
が、一目均衡表やローソク足といった、特定のテクニカル分析手法を紹介する
ものです。
 例えば、株価がある一定の範囲で上下すると想定して、範囲の下限で買い、
上限で売るというボックス・トレードと呼ばれる手法があります。
 しかし、どんなに優れているテクニカル指標も、銘柄と相性のあったものを
選ばなければ失敗してしまうのです。

 あまり一般には認識されていませんが、テクニカル分析は、正反対で相容れ
ない2つの手法が矛盾しながら共存しています。「順ばり」とよばれる上がっ
た銘柄を買う方法と「逆ばり」という下がった銘柄を買う方法です。
 両者は全く逆の概念で全く逆のことを推奨しているのです。
 順ばりを選ぶべきなのか、逆ばりを選ぶべきなのかは、投資家の判断にゆだ
ねられています。
 どちらが正しいのでしょう。
 それは、そのときの運しだいというのが本当のところです。


 株価は「上がる」と「下がる」の繰り返しです。
 上がった後に、まだまだ上がる株もあれば、上がったり下がったりを繰り返
す株もあります。株価の動きは、振り子の運動のような力学的な原理ではない
ため、過去の動きからの予測は困難なのです。
 たとえば、天気予報では、台風の進路を予測します。台風であれば、偏西風
の向きや強さや気圧の配置といったように、予測するために必要となる要素が
株価予測よりは、比較的少ないといえましょう。偏西風はいつも西から吹いて
きます。それでも台風の進路を正確には当てることができないのです。
 ましてや、株価を当てるのはもっと難しいでしょう。
 なぜならば、株式市場では、一瞬のうちに追い風が向かい風になることがあ
ります。また、どんなささいな経済ニュースも個別株に無関係とは言い切れま
せん。株価に関係がありそうな要素が無尽蔵にあることも、株価予想を難しく
している一因です。

 テクニカル手法の分析対象は過去の株価のみです。
 わかりやすい判断を導くため、また、複雑な経済活動を単純化するため、業
績もバリュエーションもあえて無視しています。それでも、テクニカル投資は、
順ばりと逆ばりという矛盾する2つの概念を混在させざるをえないのです。

 たとえば逆ばりは、下がったら買い、上がったら売りの戦略です。
 確かに勝率は高いのですが、これを繰り返して自動的に儲かるのであれば、
苦労はしません。買った後、また下がったらどうするのでしょうか?そして、
その後下がり続けたらどうするのでしょうか。損失が雪だるま式に増えるだけ
です。
 逆ばりは、「下がったものは上がり、上がったものは下がる」という哲学に
基づいています。下がったら下がっただけ買うのが、逆ばりの真髄なのです。
逆張りにはナンピンという買いコストを下げる戦略があり、ナンピンは、勝率
を高めるための有効なツールです。ただし、勝率を高めるだけではなく、潜在
的な損失リスクも高めてしまうので、株の教則本にはナンピンを勧めるものは
少数です。

 一方で、順ばりも偏った思想です。
 「上がっている株は、下がるまでは上がり続ける」という哲学に基づいてい
ます。考えてみれば当たり前のことです。
 思惑通りに買って上昇している間は大きな含み益となります。しかし、買っ
た後に下がったら、その哲学に従えば、逆のポジションを取らざるを得ません。
 なぜなら、「下がった」ということは、今度は「上がるまでは下がり続ける」
という戦略にスイッチしなければ自己矛盾をしてしまいます。つまり、順ばり
は、その哲学に「損切り」という戦略を内包させているのです。「上がったら
買い」のスタンスでは、実践上は、損切りの連続で勝率は大変低くなります。

 「損切り」順ばりは勝率が低く、「ナンピン」逆ばりはリスクが高いのです。
そのどちらかを相場の局面で選び、銘柄との相性で適切に選べといわれても、
簡単に選べるわけはありません。


 数あるテクニカル指標も、銘柄との相性があり、どんな指標がどんな銘柄に
合っているかは、やってみるまでわからないのです。その結果、テクニカル分
析は多くの挫折者を出しています。
 テクニカルを勉強したのはいいものの、株が一向に上手くならないと嘆く方
は多いのではないでしょうか。


 なんとか挫折することなしに株式投資におけるタイミングをわかりやすく解
説できないでしょうか。また、テクニカル分析に頼らずに儲けられる方法はな
いのでしょうか。

 ファンダメンタルズ分析は、個別企業の基礎的な企業体力や収益動向を基本
に株価の割高や割安を判定する手法です。そして、ファンダメンタルズ分析の
基本は、短信を正しく読みこなすことなのです。

 ファンダ分析は、「将来の企業収益の見通しが株価を決める」という哲学に
基づいています。
 ところが、世の中一般的には、
「ファンダメンタルズ分析は個人投資家には難しすぎる」
といわれています。これは完全な誤解です。むしろ、解釈が多種多様のテクニ
カル分析の方が難解です。ファンダメンタルズ分析は難しくはありません。

 また、「ファンダメンタルズ分析では売買タイミングは計れない」というの
も著しい誤解です。実は、ファンダメンタルズ分析によって自動的に近い形で
売買タイミングが設定できるのです。


 本連載は、以下のような方を対象読者にしています。

1)数ある銘柄から、どんな銘柄を選ぶべきなのかがわからない人
2)好きな銘柄を選んだのはよいが、それらをどういうタイミングで売買すれ
  ばよいのかわからない人
3)テクニカル分析では成績が残せず挫折を経験した人
4)これから株式投資を始めたい人
5)株式投資が上手くなりたい人
6)どちらかというと中長期投資に興味があり、小さな利益よりは大きな利益
  を上げたいと考えている人


 本連載を読み進む上で前提となる予備知識は必要ありません。
専門用語も特別な知識も不要です。
 株で儲けるために、短信を読みこなす技術を、誰にでもわかるように書くよ
うに努めました。


■危険な材料株投資


 テクニカル分析では、出来高、流動性があって値動きがよいものが結果とし
て「よい銘柄」ということになります。しかし、流動性に富む大型株のほとん
どは値動きが非常に悪いのです。

 そこで流動性が非常に高くて値動きが激しい「材料株(材料などの思惑で動
く株)」というものに人気が集中してしまいます。てっとりばやくすぐに利益
が出せると思うからです。
 本質的には材料株は、もともと企業の実態としては小さな会社で流動性に乏
しいのです。しかし、ほんの数日から数ヶ月の間だけは、異常に出来高が増加
して相場を盛り上げるのです。もともと流動性が低い材料株に一気に資金が流
入すると株価が一時的に急騰します。その上昇を見て、割高だと感じるファン
ダメンタルズ分析の人たちや逆ばりを得意するテクニカル分析の人たちが空売
りで市場に参加してきます。

 一方で、順ばりの人たちは、なにが割高か、なにが割安かという尺度で株価
を見ていません。「よく動いているから買う」、「上がったので買ってみた」
という単純な理由で参加しているのです。そういう株は、大変な割高になって
しまい、ついには急落して終わりになります。
 出来高が増加している期間は短いのですが、いざ、自分がトレードしている
と、いざとなったらいつでも逃げられる気になるのです。自分だけは特別と思
い込んでしまうのです。
 そして、材料株がその役割を終え、大量の資金が、今度は流出することで、
大きな損失を被ってしまうのです。
 短信を読んで投資判断ができるようになれば、このような悲劇に巻き込まれ
ることはないのです。

 割高なものを平気で買う人が個人投資家には多いのですが、短信を読むこと
で、株価が割高とはどういうことかがわかり、割高な企業への投資を避けるこ
とができるのです。

 将来の株価を当てるために過去の株価を使うというのがテクニカル手法の特
徴です。これは野球の勝率を占うのに過去の勝率を当てにするということと基
本的には同じです。

 過去、勝率が高いチームは、今後も強いチームではないかと考えるのです。
なるほど、一見、理に適った手法のように見えます。しかし、今日勝ったから
といって、明日勝つとは限りません。今日と明日では、自チームの投げるピッ
チャーも違えば、他チームの投げるピッチャーも違うからです。
 あまりにも不甲斐なく負けてしまったとき、2通りの考え方ができます。
 「これほど大敗したのだから、明日は奮起してくれるだろう」と考える逆ば
り的な考え。あるいは、「こんなに調子が悪いのだから、簡単には調子を取り
戻せないだろう」という順ばり的な発想。結果は、このどちらかですね。
 このように順ばりか逆ばりかを決めなければならない投資手法はいたずらに
混乱を招くだけです。


■保有期間は数ヶ月が基本のファンダ投資


 ファンダメンタルズ分析には目標株価と現在の株価があるだけで、順ばりや
逆ばりという考え方はありません。
 また、投資タイミングは業績の変化を基準とします。変化はよい変化と悪い
変化しかありませんから、よい変化で株を買い、悪い変化で株を売るという徹
底した思想です。ファンダメンタルズ分析で挫折を味わうことはまずありませ
ん。
 ただ、後述するように、ファンダ分析による目標株価は、業績の回復の度合
いによるので、大概、数ヶ月から数年の保有期間になります。ファンダ分析に
基づく投資は、比較的投資期間が長いのです。

 また、売買タイミングに関するテクニカル戦術は、デイ・トレーダをはじめ
とする短期売買が好きな方には向いた手法ですが、短期売買は、毎日のように
トレードをしなければならないため、手間隙がかかります。
 もっと手間隙がかからない楽な方法で、もっと大きく儲ける方法があります。
それがテクニカル分析に頼らないで、業績動向に注視して、ファンダメンタル
ズ(企業業績)から株の売買タイミングを探る戦術なのです。

 ファンダメンタルズ分析では決算発表を基準に売買を考えますから3ヶ月と
いう時間軸がひとつの単位となります。数ヶ月に一度程度のチェックであれば
誰でもストレスなく行えるでしょう。


<用語>

ファンダメンタルズ:
 企業の業績(決算数字)のこと。特に予想利益の動向を指す場合が多い

ファンダメンタルズ分析:
 企業の業績の動向を分析すること。目的は、株価を予想すること

テクニカル分析:
 過去の株価の動きを分析して将来の株価を占うこと

業績:
 売上げと利益をまとめて業績という

続落:
 2日以上続けて株価が下がること

続伸:
 2日以上続けて株価が上がること。

値動き:
 日中の株価の動き。変動率。

塩漬け:
 買値から下回った株で含み損がある状態を長期間にわたって継続すること


(山本潤)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tiatraebud
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!

山本潤氏の過去コラム → http://okuchika.jugem.jp/?cid=6


===================================


■ お知らせ ■


 2つのセミナー申込受付中!


★四季報セミナー ガチャ氏×山本潤氏 四季報の裏側、全部お話しします!★
 12/7 18:15開場
 ○四季報記者歴5年のガチャ氏による「四季報の裏側セミナー」
 ○山本潤氏×ガチャ氏座談会「四季報など情報誌活用法とプロからの目線」
 セミナー受講料=8,000円(税込)
 詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8764


★【NEW!】オプションの入門の入門セミナー★
  =今さら聞けないオプション取引のあれこれ=
 12/21 18:15開場
 ●Mr.デリバティブ堀川秀樹氏が、日経225オプション取引を一から
  お教えします。
 ●YEN蔵氏×堀川秀樹氏座談会「オプションの活用法ほか」

 セミナー受講料=5,500円(税込)
 詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8812


 どちらも東京都内での開催です。
 皆さまのお申込をお待ちしております!!

■主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM