<< 見捨てられたキャッシュリッチ銘柄 | main | 有料メルマガライブラリから(315)「本当に株式投資を続けてきて良かった」 >>

億の近道2019/11/19


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2019/11/19

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:石川臨太郎)


   ◆コラム「有料メルマガライブラリから(315)」:石川臨太郎
   ◆過去コラム「過去連載:ぬくぬくホッコリ株日記 第8回」


===================================


■ お知らせ ■


 明日〆切!!あと数席!
★億の近道創刊20周年記念セミナー&イベント 11/24★

 億の近道創刊20年を記念して、イベントを行います。
 11/20 24時〆切。
 あと数名で満席ですので、参加ご希望の方は今すぐお申込を。
 満席になりましたらその時点で申し込み終了いたしますのでご了承下さい。


 億の近道執筆陣のエース2名がセミナーを行います。
 注目銘柄やお宝銘柄が飛び出すかも!?


 ●炎のファンドマネージャ氏セミナー
 「年末に向けての相場動向と注目銘柄」
  1.令和元年の株式相場を振り返る
  2.今年活躍した銘柄、話題の銘柄をチェック(マル秘お楽しみコーナー)
  3.オリンピックイヤー、令和2年の投資視点と活躍期待銘柄
  炎氏が動画で予告!
   第82回「億の近道20周年記念セミナー予告」
   【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/1573795683
   【YouTube】https://youtu.be/EqKuftm9NMU

 ●山本潤氏セミナー
 「2040年に20倍になっているであろう銘柄」
  珍しく銘柄の話をします。IoTや自動運転分野の重要な役割を担うオン
  リーワン高収益企業2社と、地球温暖化に立ち向かう高収益企業1社の解
  説を行い、なぜ、20倍になるかを説明します。

 ●アトラクション:「億の近道バンド」億の近道執筆陣が演奏します。
  練習頑張ってます!!
  山本潤氏(p)、小屋洋一氏(p)、楠浦崇央氏(g)、松田憲明氏(d)
  ほか


 11/24(日) 17:15開場! 東京で開催。

 セミナー受講料+食事+飲み放題=8,000円(税込)

 詳細・お申込はこちら ⇒ 


===================================


■ お知らせ ■


■第35号本日配信!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第35号レポート本日配信!!】


 今週掲載の銘柄は、BPO需要を背景に、ビジネスモデルの転換により高利
益体質に移行しつつある成長企業をレポートしています。

 平行して従来路線でも取りこぼしなく新サービスの導入で顧客の囲い込みも
行っており、理論株価も倍以上が見込める算出を行っています。
 業績予想と理論株価をご確認下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


◆コラム「有料メルマガライブラリから(315)」


 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライ
ブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致し
ないことを予めご了承下さい。


=コラム「本当に株式投資を続けてきて良かった」=
 (有料メルマガ第284回・2017/11/14配信号)

※注 2017年11月現在の内容ですので留意下さい。


【前略】


 12年前にサラリーマンを辞めた私にとって、株式投資は希望そのものでし
た。しかし専業投資家になった直後の株式市場はホリエモンショックなどが続
いて起こり、サラリーマン時代に比べて氷河期が急に襲ってきたような厳しい
投資環境となりました。

 40歳から50歳までの間には、三菱商事や三井物産、住友商事など財閥系
の総合商社をポートフォリオの主力にして運用していた時代もありました。し
かし専業投資家になってからは、資産の割安株に投資の軸足を移すことによっ
て、大きく株価が上がる可能性のある株から、大きく下がらない、また株価が
下がっても安心して眠れる企業の株を増やしていたので、急に襲ってきた日本
株の氷河期を生きのびることが出来ました。


 『時として投資は希望を生む』これはサラリーマンを辞めたころ読んだ村上
龍さんの本の中にあった言葉です。

 正確には村上龍さんは次のように書いていました。

『現在から将来に向けて、自分の利益となり、自分自身の生の充実を支える何
かが育っているという意識・感覚、それが希望だ。ひょっとしたら、投資と希
望は同義語なのかも知れないと思うことがある。』

(以上で引用を終わります。)


 私にとっては、まさに投資は希望そのものでしたし、いまでも大きな希望で
ありつづけています。株式投資を続けていなければ、金融資産をここまで増や
すことは不可能で、いまキャッシュ化している資金の目標額は、私が63歳か
ら80歳まで、毎年使える300万円×18年間=5400万円です。

 このような金額を労働収入で12年の間に作ることは、私のサラリーマンと
しての能力からは、まずできなかったと思います。そして、これだけの株を現
金化しても、株式で運用する資金はこの金額の約2倍程度は残ります。

 自分が働いて、時間を拘束されて稼がなくても、自分の資産に働いてもらい、
資産が稼ぐ収入だけで生活することができるというのは、経済的奴隷状態、会
社の奴隷状態からの開放、自由を得ることにほかなりません。

 経済的独立の達成は多くの人にとって経済的自由へのパスポートとなるもの
だと考えています。


 しかし、人生に多くのリスクがあるように、投資にもリスクがあります。
 当初の自分の腹積もりとは違った結果になる。つまり結果の不確実性を「リ
スク」として、具体的な量としてとらえて対処していくことは、投資だけでは
なく、人生を生き抜いていくためにも必要で重要な技術です。

 意思決定を行なうためには、その決定をしたことによって、どのようなリス
クが発生するのかを把握しなければなりません。ところが投資にしても、人生
にしてもこのリスクの見定めができていない人が本当に多いことに驚かされま
す。

 リスクは将来の不確実性ですから、予想より悪い結果になることもあれば、
予想より良い結果になることもあります。

 リスクは、悪いほうばかりに働くのではありません。今のような低金利の時
代に、預貯金のように元本保証の商品は約束された胡麻のように小さな金利し
かもたらしません。

 キャッシュに変えた資金を、ゆうちょ銀行の定額貯金にも預けましたが、驚
くことに、いまの定額貯金の金利は0.01%でした。

 つまり、いまの定額貯金の金利というのは複利で運用して2倍になるのに
7200年もかかるようなゴマのように小さな金利です。常識的に考えればこ
んな投資はインフレで確実にやられるでしょう。


 リスクはチャンスの同義語です。リスクのないところに幸運もないことは意
識しておいて良い事柄だと思います。ただしリスクを取るか取らないかは個人
の自由です。他人に強制されるべきことではありません。自分が決定するので
す。

 私がいま取っているリスクは儲けそこなうリスクです。株価が上昇を続けて
いるのに、株を売ってしまうと、これからの株価の上昇による利益を取りそこ
なうことになります。

 もちろん株価が上がり続ける保証はなく、大きく下落する可能性も、もちろ
んあります。ただ今の日本を含めた世界中の景気や、株式市場の状況からは、
今年の年末までは株価の上昇は続く可能性が高くなったと感じています。

 しかし私は株を売ってキャッシュにする目標額を下げようとは考えていませ
ん。儲けそこなうリスクを取ることによって、私が得ているものは80歳まで
ホッコリと、生活費に心配することなくのんびりと生きていくための生活資金
となるお金です。

 いまから80歳まで、毎年300万円ずつ年金と家賃収入以外に使えるお金
を元本保証の預貯金で確保するためには、先ほど計算したように5400万円
のキャッシュが必要です。この金額まではキャッシュを積み増す努力を続けて
いるところです。

 もちろんインフレは怖いです。インフレがどれだけ大きくなるかは、今の時
点では誰にも予測できません。

 その不安が無くならないと、人の心は安心できません。投資でも人生でも疑
心暗鬼が一番怖いです。

 大きな不安や心配事は、人生に不幸を呼び込みます。不安があったら、その
不安と正面から向かい合い、その正体を明らかにしましょう。そしてその不安
を乗り越えるためには何をすればいいのかを考えましょう。そうすることによ
って将来への展望が開け、希望が湧いてきます。
 そうやって私はサラリーマンを卒業してからの12年間を生き抜いてきまし
た。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!
 全12号公開完了です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742


===================================


◆過去コラム「ぬくぬくホッコリ株日記 第8回」


※編集部注:
 このコンテンツは、2007年4月から石川臨太郎氏が億の近道に連載した
 コラムです。当時の雰囲気をお楽しみ下さい。


■連載「ぬくぬくホッコリ株日記 定年後は株で楽しく暮らしたい(8)」


 世界中を見渡しても、日本を見ても、日本の企業の株価は上下の変動を繰り
返しながらも右肩上がりで上がっていくのではないだろうか。そのように考え
たので株式投資への資金配分は減らさないで継続していこうと決めました。

 過去の20年以上にわたる株式投資への経験から、あまり短期で売買するよ
りも、成長する意思を持って設備投資や研究投資を継続している企業の株を、
長期で保有していた方が運用成績が良い。そんな思いが強いです。

 自分への戒めのため6年ほど前に実際に投資していたポートフォリオを、ネ
ット証券のポートフォリオ欄にそのまま残しています。今では一株も持ってい
ない、そのポートフォリオの運用利回りは、有名なさわかみファンドの運用成
績を1.5倍も上回ります。しかも継続投資なし。配当も勘案していないのに、
すごい強さです。その当時はバリュー株に投資するという考え方もなく、上が
りそうな株に投資するというスタンスで選んだ企業です。

 川崎汽船とかアルプス物流、日清紡績、関電工など投資方針も何もあったも
のではありません。ところが元本は現在でも2.7倍になっています。いかに
自分の予測が当たらないかの証拠もそこには残っています。一番期待していな
かった川崎汽船がダントツの株価上昇で、なんと5.6倍にもなっています。
何とか面目を保てているのは株価上昇率の第2位に、その当時一番入れ込んで
いたアルプス物流の2.5倍があることでしょうか。

 銘柄選択のタイミングよりも、むしろ成長性への意欲のある企業を、いろい
ろな分野から選んで、長期で所有し続ける。このような長期投資のほうが、結
果として資産を大きく増やせる可能性が高い。そのような思いが、いつも心の
なかにあります。

 しかし、実際に株式投資をしている人なら、わかっていただけると思います
が、この同じ株を長期で持ち続けるというのは、とても難しいことです。どん
なに業績が良くなると考えられている株でも、所有する資産などから考えて割
安と思える株でも、株価は上がったり下がったり変動します。今まで良かった
業績が為替などの円高への変動などで下振れしたりしてしまいます。安定的な
業績をキープして、それほど業績に変動の無い株でも、一年の間に20%〜3
0%程度変動することなどは良く起こります。

 そのとき利益を確実にポケットに入れておいたほうが良い。「大きく損をし
ないためには損切りのラインを決めておいた方が良い」などという考え方から、
持ち株を売ってしまうことも良く起こります。短期的に見れば、それが正解だ
ったとしても、数年たってみると、売った株価より2倍も高くなっていたなん
て事は、ザラに起こります^^;

 一度売ってしまった株を、自分の売り値より高く買い戻せる人は、なかなか
いませんし、売り値より大分安くなったときでも、さらに下がるような気がし
て、なかなか買い戻せないものです。そのうち他の株に気をとられて、はっと
気がついたら、売り値より随分高くなってしまっていたなどという経験を持っ
ている人は沢山いるでしょう。

 それならば、成長性があると考えて買った株ならば、20%や30%の株価
の変動を気にしないで株価が倍以上になるのをじっくり待つというのも良い作
戦だと思います。

 そしてどうやったら、いったん投資した株を持ち続けられるかを考えた方が
良いのではないかと思うのです。自分の性格から考えてどのような作戦を取る
ことにしたかを、次回ご紹介しようと思います。


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


※2007年5月22日掲載。

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


★投資家のためのPython教室、第5期参加者を最終募集中です!!★


 カリフォルニア帰りのエンジニアが教える、投資家のためのPython教室!
 話題の言語Pythonを習得し、投資のためのデータ分析に活用しましょう。

※Python〔パイソン〕とは、Googleが主要言語に採用しているなど、
 シンプルで扱いやすいプログラミング言語です。


 極少人数の教室ですので、時間外に個別質問し放題。
 講座期間中は分かるまでお付き合いします。

 頑張ってプログラミングを自分のものにして、
 勝てる投資の武器を手に入れましょう!


 締切間近!!

詳しくはこちら ⇒ https://double-growth.com/post-7060/

講座内容詳細はこちら ⇒ https://double-growth.com/python-6611/


■主催:リンクスリサーチ


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第267号、好評配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第267号
が好評配信中です。


【2Q決算発表内容の吟味、注目銘柄チェック、ポートフォリオなどを掲載!】

【11/18 第267号では】

■炎が読み解く相場の視点
■先週決算説明会を行った企業の業績ポイントと株価動向(9銘柄)
■単価総額3000円のポートフォリオ(5銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM