<< ポートフォリオを組んで株を楽しむ | main | 有料メルマガライブラリから(314)「油断せずに中長期でも相応しい企業の中から投資対象を選びたい」 >>

億の近道2019/11/12


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2019/11/12

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:石川臨太郎)


   ◆コラム「有料メルマガライブラリから(314)」:石川臨太郎
   ◆過去コラム「過去連載:ぬくぬくホッコリ株日記 第7回」


===================================


■ お知らせ ■


 開催まであと2週間を切りました!
★億の近道創刊20周年記念セミナー&イベント 11/24★


 億の近道執筆陣のエース2名がセミナーを行います。
 注目銘柄やお宝銘柄が飛び出すかも!?


 ●炎のファンドマネージャ氏セミナー
 「年末に向けての相場動向と注目銘柄」
  1.令和元年の株式相場を振り返る
  2.今年活躍した銘柄、話題の銘柄をチェック(マル秘お楽しみコーナー)
  3.オリンピックイヤー、令和2年の投資視点と活躍期待銘柄

 ●山本潤氏セミナー
 「2040年に20倍になっているであろう銘柄」
  珍しく銘柄の話をします。IoTや自動運転分野の重要な役割を担うオン
  リーワン高収益企業2社と、地球温暖化に立ち向かう高収益企業1社の解
  説を行い、なぜ、20倍になるかを説明します。

 ●アトラクション:「億の近道バンド」億の近道執筆陣が演奏します。
  練習頑張ってます!!
  山本潤氏(p)、小屋洋一氏(p)、楠浦崇央氏(g)、松田憲明氏(d)
  ほか


 11/24(日) 17:15開場!

 セミナー受講料+食事+飲み放題=8,000円(税込)

 詳細・お申込はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8747


===================================


■ お知らせ ■


■第34号本日配信!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第34号レポート本日配信!!】


 今週掲載の銘柄は、高齢化社会を背景にした業種でありながら、同業他社に
一線を画する成長企業をレポートしています。
 人材確保にも優位性を見いだせるQOLを重視した差別化を推進。
 堅調な増収シナリオの業績予想と理論株価をご確認下さい。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


◆コラム「有料メルマガライブラリから(314)」


 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライ
ブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致し
ないことを予めご了承下さい。


=コラム「油断せずに中長期でも相応しい企業の中から投資対象を選びたい」=
 (有料メルマガ第283回・2017/11/7配信号)

※注 2017年11月現在の内容ですので留意下さい。


【前略】


― 週刊現代や週刊ポストなどの週刊誌には日本株の上昇について、これから
  も株価が大きく上げていくような記事が記載されはじめました。これは株
  価の調整が近いという危険信号が点滅しだしたのだと気を引き締めて、最
  後の大きな株価上昇をうまく掴もうと努力しています。 ―


 現状でも、私は株式市場に投下している資金をキャッシュに替える努力を続
けています。
 最近コラムで書き続けているように、自分の健康状態と、年齢と、いずれく
ると思っている日本株の大きな調整(=下落)を上手に掴まえるために、資金
をキャッシュに変えて温存しようと考えているからです。

 しかし、日本株のバブル化が始まっているなら、バブルが弾ける前が、一番
大きく株価が上昇する時期なので、持ち株をできるだけ高く売ってキャッシュ
化するために決算発表を待ちながら、大きく上げそうな企業は利喰いを遅らせ
るようにして、できるだけ良いタイミングを狙って売りを出すようにしていま
す。

 しかし業績上方修正をしたのに、あまり上がらなかった資産株に関しては、
すでに作ったキャッシュから数単位を新規で買うような、投資行動も行ってい
ます。

 最近、学び始めた短期投資を習得して、株式市場で晒す資金を少なくしても、
従来と同じくらいの利益額を毎年確保するためには実戦でも技術習得が必要不
可欠だと考えていることが一番の理由です。

 しかし短期投資の場合は、企業のファンダメンタルズを確認している余裕が
なく、業績上方修正の発表があって直ぐに、投資の決断を行う必要があり、と
ても瞬発力と決断力が必要で、難度が高く、習得に時間が必要な投資手法だと
実感しています。


 上期の業績上方修正だけが発表されて、一時的に大きく上げてからも、現状
だと第2四半期の決算発表までに下げてくる企業の株もあります。

 その企業の事業内容を把握して、上期より下期のほうが利益が上がる第一建
設工業のような建設業や、四半期ごとに利益が均等である事業を行っている企
業、自動車部品メーカーでは同じ完成車メーカーへの売上が大きい、いわゆる
系列の部品メーカーの株を決算発表前に買っておく。

 このような先回り投資の成功パターンを分析して、今後の投資に役立てるた
めの情報収集も行っています。自分で投資しなかった場合でも、選んだ企業の
決算発表と株価の動きの観察は、将来的に重要なのでウォッチを続けています。


 数年前に研究銘柄やコラム銘柄にした企業の株価がストップ高をしてしまい、
ホゾを噛むことも多くなりました。


(中略)


 過去に書いたように節税のために資産管理会社を作って、7年ほど前から法
人でも株式投資を行ってきました。

 含み損が発生した企業の株は決算前に一度売却して損を出し、その後に買い
戻して法人の節税をしてきたために、法人の運用する株は総額で評価すると2
倍を超える状況となりました。

 法人の場合は、個人のようにキャピタルゲイン税が20%ではなく、総合課
税となるために、売却益を実現すると、税額が大きくなって、売却益を吹き飛
ばします。10%や20%の株価下落くらいなら株で持ったままにしたよほう
がメリットは大きいと観念しています。

 2017年1月から法人で売買したのは4回しかありません。余り含み益が
大きくなかった株を売って、どうしても買いたかった優待銘柄と入れ替えただ
けです。日本株が大きく調整しても、東日本大震災の時のような大きな下落が
発生しても、それほど待たなくてもファンダメンタルズの良い企業ばかりに投
資しているので、必ず株価が戻ると、過去の経験から理解しているので、そう
割り切っています。

 その反面で、個人のほうで持っている株については積極的に売買してキャッ
シュを大きく増やしています。うまく年末までの株価上昇を利用してできるだ
け高く持ち株を売ることを狙っています。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!
 第9号、第10号追加! 後続も順次追加予定。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742

===================================


◆過去コラム「ぬくぬくホッコリ株日記 第7回」


※編集部注:
 このコンテンツは、2007年4月から石川臨太郎氏が億の近道に連載した
 コラムです。当時の雰囲気をお楽しみ下さい。


■連載「ぬくぬくホッコリ株日記 定年後は株で楽しく暮らしたい(7)」


 次に海外に投資するか、日本に投資するかです。
 私はこれからも日本で生活していこうと考えているので、日本の資産への投
資が主体となります。そこで気になるのは日本の景気です。
 景気が良くなれば、企業も儲かり、企業の株価も上がると考えているからで
す。

 日本の経済、景気については三菱UFJリサーチ&コンサルティング投資調
査部長の嶋中雄二氏の考え方を参考にさせていただいています。
 日本の景気循環については、これから短期から超長期までの4つのサイクル、
すなわちキッチン・サイクル(在庫投資循環:約40ヶ月、3年から4年周期
の短期の小循環)、ジュグラー・サイクル(設備投資循環:約10年周期の中
期的なサイクル)、グズネッツ・サイクル(建設投資循環:約20年の成長率
循環)、コンドラチェフ・サイクル(長期波動:平均55年のうねりを持つ最
長の景気サイクル)全てが上向いていくという黄金サイクルに入るというもの
です。

 景気循環を信じるものにとっては、これを株式投資に役立てないのはもった
いないということになります^^;
 景気が良くなれば、企業の業績も良くなり、企業の株価も上がるだろうとい
う単純な発想です。この考え方は機関投資家のプロのファンドマネージャーで
あった浜口氏の考え方でもあります。浜口氏は、十数年にわたり機関投資家の
ファンドマネージャーとして株式運用に従事して、銀行、投信投資顧問会社な
どの大手運用機関にて主に年金資金の株式運用を行っていらっしゃいました。
しかし普通のサラリーマンファンドマネージャーとは違い、古くから個人投資
家に株式投資で生活するために必要なノウハウを提供し続けている林輝太郎先
生にも学んでいる点で、個人投資家にも役立つノウハウを学べるとすごく期待
しています。

 浜口氏とお話した時に「私は2010年前後にかけての国内景気・株式市場
について、非常に楽観的な見方をしています。具体的には「日本の景気循環は
『第三の黄金サイクル』に突入し、それが国内の株式市場にポジティブな効果
をもたらし、結果として株価は2010年前後にかけて上昇する公算が大」と
考えていると話されていました。そして「次に来るべき上昇相場をどのように
取るのか?この問いに対し私は、明快な回答を持っています。それを著書『農
耕民族型低位株投資戦略』として投資戦略を紹介する予定です」といわれたの
で、待ちわびていました^^;。
 実際に本を読ませていただいて多くの投資のヒントをいただきました。浜口
氏の作戦はアツギに代表されるような株価が200円前後の低価格の低PBR
株への投資を主力とされています。

 私は低PBRではありますが単位株が100株で2000円前後の実質無借
金会社をおもな分散の投資対象として選択しました。サラリーマンを卒業した
ために私は従来よりリスクに踏み込めなくなって、2006年は約8年ぶりく
らいに株式投資でマイナスの成績を喫しました。2007年の3ヶ月でこの負
け分は全て取り返すことが出来ましたが、まだマイナスを取り返した状態にと
どまっています。
 しかし日本経済の黄金サイクルを信じるならば、最低でもここ5年程度は株
式投資にはとても期待が出来ると信じています。


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


※2007年5月15日掲載。

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


★投資家のためのPython教室、第5期参加者を最終募集中です!!★


 カリフォルニア帰りのエンジニアが教える、投資家のためのPython教室!
 話題の言語Pythonを習得し、投資のためのデータ分析に活用しましょう。

※Python〔パイソン〕とは、Googleが主要言語に採用しているなど、
 シンプルで扱いやすいプログラミング言語です。


 極少人数の教室ですので、時間外に個別質問し放題。
 講座期間中は分かるまでお付き合いします。

 頑張ってプログラミングを自分のものにして、
 勝てる投資の武器を手に入れましょう!


 締切間近!!

詳しくはこちら ⇒ https://double-growth.com/post-7060/

講座内容詳細はこちら ⇒ https://double-growth.com/python-6611/


■主催:リンクスリサーチ


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第266号、好評配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第266号
が好評配信中です。


【2Q決算発表銘柄のチェックと、注目銘柄フォローなど多くの情報を掲載!】

【11/11 第266号では】

■炎が読み解く相場の視点
■先週決算説明会を行った企業の業績ポイントと株価動向(8銘柄)
■決算発表銘柄チェック(6銘柄)
■炎の注目銘柄フォロー(3銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================


JUGEMテーマ:株・投資




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM