<< 株の玉手箱 投資顧問の在り方とSaaS関連の妙味 | main | 市場潮流 >>

億の近道2019/11/08


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2019/11/08号

              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
         (本日の担当:水島寒月&山本潤)


   ◆コラム「市場潮流」:水島寒月
   ◆コラム「億近クラシックス2004:投資アイデアの創出 最終回
         スロー・インベスター」:山本潤


===================================


■ お知らせ ■


 2つのセミナー&イベント申込受付中!


★億の近道創刊20周年記念セミナー&イベント 11/24★
 11/24 17:15開場

 ○炎のファンドマネージャ氏セミナー
  「年末に向けての相場動向と注目銘柄(仮)」

 ○山本潤氏セミナー「個人投資家への提言(仮)」

 ○アトラクション:「億の近道バンド」億の近道執筆陣が演奏します。
           練習頑張ってます!!
           山本潤氏(p)、小屋洋一氏(p)、楠浦崇央氏(g)
           松田憲明氏(d)ほか

 セミナー受講料+食事+飲み放題=8,000円(税込)
 詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8747


−−−−−−−−−−−−−


★四季報セミナー ガチャ氏×山本潤氏 四季報の裏側、全部お話しします!★
 12/7 18:15開場

 ○四季報記者歴5年のガチャ氏による「四季報の裏側セミナー」
 ○山本潤氏×ガチャ氏座談会「四季報など情報誌活用法とプロからの目線」

 セミナー受講料=8,000円(税込)
 詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8764


 どちらも東京都内での開催です。
 皆さまのお申込をお待ちしております!!

■主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!
 第9号、第10号追加! 後続も順次追加予定。


[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742


===================================


◆コラム「市場潮流」


 今週(11月5〜8日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で541円
10銭上昇し(率にして2.4%の上昇)、2万3391円87銭で取引を終
えました。5週連続の上昇です。

 連休明けの4日間の立ち会いでしたが、米中貿易協議の進展期待、米株高な
どを背景に、日経平均株価は4日続伸。4日連続で年初来高値を更新し、8日
には18年10月10日以来の水準に達しました。

 国内主要企業の19年7〜9月期業績は総じて厳しい結果となっていますが、
10〜12月期以降の回復への期待が高まっています。

 米中貿易協議に関しては、中国商務省が7日夕、米国と発動済みの追加関税
を段階的に撤廃する方針で一致したと発表。7日の米株の上昇につながりまし
たが、米国の高官は中国側の発表に平定的な見解を示しています。実際に追加
関税を段階的に撤廃する方向となれば、世界景気の先行き不透明感は相当に薄
れます。

 これらを背景に、米国の長期金利は上昇しており、円ドルレートも円安・ド
ル高方向に傾いています。


 来週も国内株式相場は底堅い展開となりそうです。


(水島寒月)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/ciowaijeak
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第81回「ソフトバンクG所感」がアップされました。


第81回「ソフトバンクG所感」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so35921107
 【YouTube】https://youtu.be/vKXRBvTi_y8

【今回登場企業】ソフトバンクグループ トーカロ リンクバル フライトHD
        アドソル日進 スカラ 


 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。


===================================


◆コラム「億近クラシックス2004:投資アイデアの創出最終回
     スロー・インベスター」

※このコラムは、2004年3月30日に掲載されたものです。
 当時の経済的背景に基づいていますので、ご留意の上お読み下さい。


■アイデアの生成過程についての連載を終わります■


 2004年1月6日から投資のアイデアの生成過程についての連載をしてき
ました。


 発端は、雑誌でした。
 日経エレクトロニクスの2004/1−5号を読んでアイデアを出しました。

 以下は、メルマガ「億の近道」バックナンバーの2004年1月6日号の抜
粋です。

『以下 抜粋〜

P53 Dellのテレビ参入。画像処理ICが台湾系がぞくぞくと参入して
くる。いやな感じ。米国のファブレスIC設計会社であるGENESISや
PixcelWorksなどを調べないとなあ。(アイデア1とします)

P71 インテリジェンスが忙しい。リアルタイムOSや回路など求人が上回
っている。そうか。インテリジェンスはちょっと高かったな。それでかなんて
思う。富士ソフトABCなんかはチェックしてみないと駄目かなとふとチェッ
クリストに富士ソフトと書く。(アイデア2とします)

〜中略〜

P91 Pbフリー。
タムラは最近元気かな。ちょっと気になる。さっそくチェックリストに書いて
おく。RoHSで2006年の規制で恩恵なのかそれともコストアップの面も
あるのか。チェックしたい。
そして、実装の部品で耐熱性が求められるということになると、いろいろある
けど、一時的に日系のシェアが上がるかもしれんなと漠然と思う。(アイデア3)

そして、タムラ製作所や富士ソフトにさっそく取材のアポをいれたのでした。』

以上、抜粋でした。


〜アイデア1からの銘柄〜


 その後、ラスベガスの家電ショーに行き、アイデア1を確認。

 ビクターという思いがけない銘柄(リアプロ)に出会いました。
 ビクターのプレゼンを見る。1月前半。
 購入の検討を開始。しかし、株価は反応。
 1月には、家電メーカーへ資金が流れました。
 IRを取材。2月まではそれでOKでした。
 株価が高値を更新している間は、買えません。
 じっくりと長期戦に持ち込むことにしました。

 3月前半。
 有沢製作所の子会社カラーリンクから主要部品を調達していることをチェッ
ク。
 有沢の子会社が赤字から黒字に転換予想をしていることを確認。
 それでも、まだ、買えません。

 3月の終わり。
 ようやく、歩留まりを確認。
 それでも、まだ、買えません。

 4月6日にビクターのリアプロの関係者がスモールミーティングをすること
が決定。

 スモールを会社がやり、リアプロ関係者が出てくるということは、会社が目
先の自信があるからだろうと推定しています。
 勝負としては、短期的(今後数ヶ月)は面白い銘柄になります。

 株価は1000円を固めてきました。買うなら今です。

 しかし、本当の長期はどうか。迷う今日この頃です。迷って迷って数ヶ月。
 判断はスローです。


■アイデア1の結論:アイデア1から、LG電子を購入。(1月後半)■


 1月の時点で、わたしは、LG電子を購入しました。理由は単純です。
 ハイスペックの日本。ロースペックの中国。韓国は世界的にブランドが認知
し始めています。よい位置にいるわけです。
 松竹梅の竹。みんなの注文が集まる位置です。おまけにPERも一ケタ。
 政治の混乱は痛いのですが、短期的なものでしょう。

 その後、ビクターを買うかパイオニアを買うかで、迷いました。
 しかし、パイオニアは、買いの候補から落ちました。
 なぜなら、PDPの価格帯の中でももっとも高い価格をつけているパイオニ
アが、値下げのリスクが高いからです。

 ピクセルワークスやジェニシスという米国の会社のPERを見て、こういう
画像エンジンのビジネスがこれだけの高い評価を得られるということを確認。
それならば、ビクターのもつ画像エンジンの技術に対して値段をはじきました。
 明らかに、ビクターに有利な条件です。
 ビクターは、液晶やPDPやCRTやリアプロのほとんどのプラットフォー
ムで画像エンジンを供給できる。ピクセルワークスばりの評価を与えてもいい
かもしれません。

 まず、LG。それから、三星。今後、日本では、ひとつを選ぶつもりです。
 選ぶならビクターでしょうが、選ぶ意味があるのか、考えがまとまりません。


■アイデア2の投資判断に至る道のり■


 鉛フリーのアイデア。
 タムラ製作所フトは、1月に訪問。

 実際は、
1)アイデアのベースで、面白いと思った。
2)取材をしたら、思いがけず業績の見通しもビジネスの内容もよかった。

 鉛フリーで実装関係のビジネスが大きく伸びていました。
 さらに、圧電インバーターが液晶TVで採用が決まりそうだという。
 普通なら「買い」です。

 しかし、スロー・インベストメントのわたしは、買いませんでした。

 他の圧電インバーターの会社もチェックしたくなったからです。
 そこで、NECトーキンをチェック。

 ところが、圧電インバーターではなく、思いがけず、ブロードライザーとい
う面白いコンデンサと出会った。
 ここまでが1月です。

 2月。研究者に頼んで、ブロードライザーの調査を依頼。レポートは1ヶ月
近くかかって手元に届きました。
 外部のコンサルタントを使うのは、わたしのよくやる手です。

 トーキンかタムラか。

 悩みましたが、どちらも購入に至りませんでした。

 理由は、小型すぎるということ。
 そして、PERがそこそこ高いということ。
 さらに、それぞれに熱烈な支持者がいること。
 証券会社や機関投資家がすでにチェックをしているために、評価がすでに高
かったのです。
 また、ハイテク株は、今年中にピークアウトする可能性があるため、200
6年もいけるかどうかに自信がなかったためです。


 結論:アイデア2から、銘柄選択に至らなかった。


■アイデア3の投資判断までの道のり■


 1月に富士ソフトを訪問。

 取材は確認作業です。
 まず、携帯電話の多機能化、高機能化の流れで恩恵を受けることを確認。
 昨年の下方修正の大きな要因を分析。それが今後、起こる可能性が低いこと
を確認。

 アイデア。そして、取材。
 ここでよければ「買い」かというとそうではありません。

 富士ソフトの場合は、
1)人気がなかった。なぜなら、昨年、大きな下方修正を2度出しているため、
  投資家から嫌われていた。
2)しかし、会社計画は保守的だった。業績不安がなかった。
3)NECソフトなど大きな下方修正が相次いで起こり、つれ安してくれた。

 3500円を割り込んだとき、買い。

 その後、同じような会社をチェック。
 アクセス。
 システムプロ。
 NECシステムテクノロジー。

 以前は、ソフト開発は、企業向けのシステムが大きかったのですが、携帯が
高機能、多機能化することで、携帯の膨大なソフト開発が問題になってきまし
た。

 その開発の波に当たる第三世代の本格普及期を迎えて、組み込みソフト・ア
プリケーションソフトの需要が堅調に伸びると推定していました。

 3月の終わり。
 富士ソフトは出来高を伴って急騰。
 一部を利食いました。
 その利食いで出遅れていたNECシステムテクノロジーも勢いで購入しまし
た。

 同じようなことをしているのに、PERが安いということがあります。

 なぜNECシステムテク3717を買ったのか。
1)人気がなかった。NECソフトが下方修正して、NECグループはどうな
  の?と疑問符がついている。
2)比較的新しい会社で、証券会社のアナリストがカバーできていないため、
  安値で放置されている。
3)PERが他の携帯ソフト関連銘柄と比べて安い。

 このように、ひとつのアイデアが当たると、芋づる式に銘柄が出てくるので
す。
 こういうところでパフォーマンスを荒稼ぎするのです。


■雑誌値段は安かった■


 アイデアが沢山見つけることのできる専門誌は安いものですね。本の数百円
か数千円ですごいアイデアが含まれている。

 アイデア3の富士ソフトは、20億円近く保有していますが、短期間に30
%、6億円儲かりました。
 NECシステムテクノロジーは、買ったとたんに急騰。

 そして、アイデア1はすばらしかった。
 フラットパネルが今後数年は行けると判断したので、長期保有中の有沢製作
所と日東電工を保有継続しました。

 日東電工は2000円台から保有しています。普通のマネージャーなら、手
放しているはずです。

 有沢は1000円台からの付き合いです。普通ならもう売っているはずです。

 でも、まだまだこれから3年程度は保有する覚悟をしています。


 これでアイデア生成の過程に関する連載を終わりにしたいと思います。
 1月6日からの3ヶ月の連載。ありがとうございました。

 アイデアがよくても、それを吟味するには、数ヶ月の時間を要するというス
ロー・インベスター。

 スローでも、いいじゃないか。そう思う今日この頃です。


山本 潤
スロー・インベストメント2004
〜ゆっくり考え ゆったり投資〜


このコンテンツは、特定の銘柄を推奨するものではありません。アイデアとい
うものは、単なる思い付きの部分も多く、投資判断を導くには未成熟・不十分
・不正確なものです。ここで紹介しているようなレベルのアイデアでは、投資
の役には立ちません。内容についても、関係者との立ち話が中心なので、わた
しの取り間違いや聞き違いも含まれているかもしれません。内容の正確さを保
証するものではありません。


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tiatraebud
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!

山本潤氏の過去コラム → http://okuchika.jugem.jp/?cid=6


===================================


■ お知らせ ■


■第33号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第33号レポート配信中!!】


 今週掲載の銘柄は、非常に高い社会的意義と高成長で邁進する企業をレポー
トしています。
 経営効率を重視した運営で、同業他社よりも高収益構造となっており、人手
不足も追い風と考えられます。

 業績予測や理論株価をはじめ、同業他社との比較で分かりやすいビジネスモ
デル分析をぜひお読み下さい。

 また、取り上げた銘柄で構成するモデルポートフォリオを更新!
 銘柄入れ替えを行い、4月から+12.55%のパフォーマンス。
 同期間のTOPIX3.17%、日経平均6.59%ですので、余裕のアウ
トパフォームです。
 モデルポートフォリオ運用ルールはこちら⇒http://okuchika.net/?eid=8741


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第265号、好評配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第265号
が好評配信中です。


【本格化する2Q決算の話題や、注目銘柄フォローなど多くの情報を掲載!】

【11/5 第265号では】

■ここでの相場の視点
■決算説明会予定
■特別報告:勝どきの乱発生
■先週のテノックス(1905)VS日創プロニティ(3440)
■炎の注目銘柄フォロー(12銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM