<< 株の玉手箱 老後資産1億円達成への相場道#2 | main | 有料メルマガライブラリから(311)「株価の大きな下落に動揺して投げ売りさせられてはつまらない」 >>

億の近道2019/10/15

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2019/10/15

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:石川臨太郎)


    ◆コラム「有料メルマガライブラリから(311)」
    ◆過去コラム「過去連載:ぬくぬくホッコリ株日記 第5回」


===================================


■ お知らせ ■


■第30号本日配信!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第30号レポート本日配信!!】


 今週掲載の銘柄は、タブーと思われる分野に果敢に挑戦し、社会貢献とビジ
ネスを両立させている企業をレポートしています。
 新規上場のため過去業績は追えないが、今後の市場環境と人材・施設確保の
前提を勘案すると、今後5年で現在の2〜3倍の理論株価が実現する可能性が
あると考えられます。

 業績予測や理論株価をはじめ、市場の可能性をぜひお読み下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


◆コラム「有料メルマガライブラリから(311)」


 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライ
ブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致し
ないことを予めご了承下さい。


=コラム「株価の大きな下落に動揺して投げ売りさせられてはつまらない」=
 (有料メルマガ第402回・2016/10/11配信号)

※注 2016年10月現在の内容ですので留意下さい。


【前略】


 過去にコラムで書いてきましたが、私の運用資金は、いろいろな資産を動き
回っています。

 今の時点で総括するならば、株に投資した利益で自宅を購入し、ワンルーム
マンションを現金で購入して、ゴールドも買いました。私設年金の資金も株の
売却益を積立金として利用しました。株で大きく利益が出た時に10年分を前
納したりしていました。

 すべての財産を作った大本は株式投資で作った資金であると結論付けても、
大きな間違いはないと考えています。


 株式投資で大きく稼げた時に、株から資金を他の資産にシフトすることは、
いわば『勝ち逃げする』ということになると思います。

 株とは違う別の資産(お金を生んでくれるニワトリに育つ可能性がある卵=
すなわち資産)を買うという方法は、60歳になってから私設年金や公的年金
が『お金を産む鶏』に成長して、年金がスタートする開始時が1年ずつずれて
いるので、60歳からは毎年ごとに貰える年金額が増えてきます。

 ひとつ歳を1つ取るごとに安定収入が増えていくのは精神的にも安心となり
ます。

 私の現在の生活費を支えるのは、年金と株の稼ぎで購入した賃貸不動産の家
賃と、ほぼ予定通りに入ってくる株の配当額の3本柱です。

 株価は乱高下するので、1年間で考えると投資総額が大きく減ることはあり
ますが、財務内容が安定して配当をきちんと払ってくれる企業に投資している
と、配当金の額は、前年末に予想した予定額に近い金額が受け取れます。


 お金が着実に安定的に入ってくるルートを3つでも4つでも構築することが
できれば、老後の安心を作り上げることが可能です。

 その原資は、自分で働いて得る給与収入と、お金に働いてもらって得られる
配当収入やキャピタル・ゲイン収入です。

 ただ株価は株式市場に参加している様々な投資家の総意(=投資行動の合算)
で決まってくるので、株価と、その企業の持っている『リアルな価値=資産価
値と事業価値(=利益を将来において稼ぎ続ける収益力)』とには大きな乖離
が生じています。

 この乖離を見つけ出し、その乖離が修正される動きからキャピタル・ゲイン
を掬い取ることができれば、その企業への投資は成功だと言えます。

 キャピタル・ゲインを狙った投資は、いわば勝ち逃げすることを目指す投資
ということになります。デイトレードのように1日だけで掬い取れる利益は小
さくても、小さい利益を積み重ねれば大きくなります。

 また数か月の株価の変動幅のほうが1日の株価の変動率より大きいことが多
いので、数か月で売却して利益(キャピタル・ゲイン)を得るトレードもあり
ます。

 私のように、もう少し長い期間でキャピタル・ゲインを取ろうとする投資家
もいます。ただ、2016年の日本株投資においては同じ企業に投資し続ける
中長期投資家の多くは、私と同じように資産を減らしている人が多いと感じま
す。

 少しでも効率的に、短い投資期間で利益を上げて勝ち逃げすることも頭の片
隅に置きながら、中長期で大きく株価が上げそうな安心できる『何か』を持っ
ている企業に分散投資をすべく企業研究を続けています。


 株式相場も投資家が知恵とお金を賭けた勝負です。株式投資も相場商品です。
 特に短期のトレードというのは、基本的に自分が想定していたこととは大き
く違う、緊急事態が起きた時にいかに対処するかで勝負が決まるものだと考え
ています。

 私のようなインカム・ゲイン狙いの投資でも、投資してから配当の権利を得
られる最終権利日前後までの短期間で決着をつけることを考えて行うと、投資
ではなくトレードに類したものとなります。自分で投資する場合は優待イベン
ト投資もトレードだと考えながら行っています。


 投資した株に何を求めているか(値上がり益またはインカム・ゲインまたは
欲張って両方とか)で、その株に対する時間軸が変わってくるので、一概にど
のような行動が正しいかは明確ではありません。

 しかし自分の決定していた方針と、状況の変化(投資環境とか緊急事態とか
他の投資家の行動)に、いかに対処するかで勝負(投資の成果=利益)の決着
がつくのでしょう。


 株式投資などの相場では株価はサイクルを描いて動いていきます。その短い
サイクルの変動から利益をくみ出すのか、長い変動のサイクルから利益をくみ
出すのか。
 小さいサイクルの変動は小さく、長いサイクルの変動が大きいかどうかは相
場環境次第です。最近は短期間に暴騰と暴落を繰り返す銘柄もかなりあります。
しかし普通の多くの企業の株は長いサイクルの変動の幅の方が大きいです。

 当初からしっかりと投資の時間軸を決定して、更には投資対象の『どのよう
な部分に魅力があるのか。投資して安心感が得られるのか。』を見極め、納得
してから投資行動に移りたいものです。
 そして基本的には当初の方針を守るべきだと考えます。


 ある程度の長めの投資期間を想定して投資行動に入ったなら、そしてその投
資対象に対し自分が充分安いと考えて、ある程度の時間がたてば割安な株価が
修正されて利益が得られると想定して投資を実行したならば、投資してから短
い期間に、どんなに安くなろうとも握りこんだら離さないという覚悟も必要に
なります。

 しかし人間は弱いので最近のように株価が上下に振られると、すぐにキャピ
タル・ゲインが無くなってしまうのではないかと不安にもなります。

 したがって、株価が右肩上がりで上げていく有望企業に投資する株数を少し
ずつ増やしていき、5%とか10%とか、年間配当額と同額とか2倍とか3倍
になったら、少しずつキャピタル・ゲインを確保して売って株数を減らしなが
ら、ある程度の株数はホールドを続ける。そしてその企業の株が下げだして、
少し大きく下げた時から少しずつ株を買い戻しで株数を増やしていく。そんな
売買も必要ではないかと考えながら、どのような企業の株で、そのようなこと
を行ったらよいのかも同時に考えながら企業の研究を続けています。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第262号、好評配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第262号
が好評配信中です。


【台風復興を祈念した災害関連銘柄特集に加え、フォロー情報を掲載!】


【10/15 第262号では】

■特別報告:災害復興関連銘柄
■特別報告:アドソル日進(3837)サイバーセキュリティフォーラムに
 出席して
■光通信及びその関係者(重田光時氏)が新たに投資した銘柄、買い増しした
 銘柄
■クロスフォー(7810)フォロー
■LibWork(1431)フォロー
■ズーム(6694)フォロー 時価1615円


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


◆過去コラム「ぬくぬくホッコリ株日記 第5回」


※編集部注:
 このコンテンツは、2007年4月から石川臨太郎氏が億の近道に連載した
 コラムです。当時の雰囲気をお楽しみ下さい。


■連載「ぬくぬくホッコリ株日記 定年後は株で楽しく暮らしたい(5)」


 2月28日以降の世界同時株安のとき、どんなことを考えて、どのように銘
柄選択をして、タイミングを計り、マイ株ポートフォリオを再構築していった
かを、ご紹介してく前に、今後の日本の景気動向や世界経済の大きなうねりの
中で、日本の企業の株が買われるのか、売られるのか。どのような企業が買わ
れるのか。どのような前提条件にたって、私が株式投資に資金を投じているか。
その前提が分からないと、たぶん読者の皆さんが、石川がなぜこんな投資戦略
をとっているのか、理解しにくいと思います。

 大変アバウトで、自分勝手な読みですが、こんなことを考えているというこ
とを、まず書いてみたいと思います^^;

 世界を見渡すと、中国やインドなど大きな人口を抱えた国の経済が発展して
きて、豊かな生活を求めているために、必要不可欠なのに有限な資源の価格が
高騰しています。今年の1〜3月期の私の株式投資の成績に大きく寄与した住
友金属鉱山も三菱商事も、エネルギーや非鉄金属など資源価格の高騰の恩恵を
たっぷり受けて、2007年3月期(前期)の業績はとても好調でした。

 石油価格の高騰は産油国であるサウジアラビアやロシアの資金力を高めてい
ます。しかし資金力というのは、結局はアメリカが刷りまくったドルというペ
ーパーマネーです。アメリカはペーパーマネーをすりまくって、貿易赤字を膨
らませ、ドルというペーパーマネーを世界中に撒き散らしました。その肥大し
たマネーが投機資金となって、経済発展の著しいインドや中国やアジアの開発
途上国の株式市場の高騰をもたらしたり、石油や非鉄金属などの価格の暴騰に
も一役を買っています。

 海外で一儲けした資金がアメリカ国内に還流して、アメリカの住宅バブルや
株高騰を引き起こしたりしています。豊かになりたいと思う人が増え続ける限
り、そしてドルというペーパーマネーへの信頼がつづき、ドルの輪転機が止ま
らない限り、世界中にはペーパーマネーが溢れかえり、投機資金はますます巨
大化していくと考えています。

 これって、楽天やライブドアが、あまり実態のない企業である自社の株をす
るまくることによって資金を作り出し実態がある製造業や資産を持ちながら業
績不振にあえいでいた企業の株を買い捲り、中身のある企業になっていったの
によく似ていると思います。楽天やライブドアは、アメリカの真似をしていた
だけのような気がします^^;

 じゃあ、膨れ上がった膨大な投機資金はどのように動いていくのでしょうか。
実態のある企業や石油などのエネルギーや限りのある非鉄金属などの資源を買
いあさろうとするのではないかと、私は想像をたくましくしています。もちろ
ん一筋縄ではいかずに、時々安く買うための暴落などを引き起こしながらも、
単なる紙=ペーパーマネーを実物資産に変える動きは続いていくのではないか
と考えています。


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


※2007年5月1日掲載。

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

村田雅志氏の「生涯パートナー銘柄の研究の研究」
 全509回の有料メルマガを分析。分かりやすく利用しやすく解説していま
す。

 詳細はこちら ⇒ http://www.okuchika.net/?eid=8303


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第77回「災害関連銘柄」がアップされました。


第77回「災害関連銘柄」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/1570766943
 【YouTube】https://youtu.be/kXR9Z2G-2R4

【今回登場企業】萩原工業 信和 アドソル日進 オーウェル 旭有機材


 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================



JUGEMテーマ:株・投資




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM