<< 10年間米国事務所訪問をして新しく学んだこと | main | 株式市場の弱点 その2 >>

億の近道2019/10/10


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2019/10/10号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
  (本日の担当:街のコンサルタント&山本潤&あすなろ産業調査部)


◆コラム「株式市場の弱点その2」:街のコンサルタント
◆コラム「億近クラシックス2004:投資アイデアの創出その7 アイデアの筋」
     :山本潤
◆コラム「株の玉手箱 老後資産1億円達成への相場道#2」
     :あすなろ産業調査部


===================================


■ お知らせ ■


お待たせしました!!

 昨年3月より石川臨太郎氏応援企画として全12回配信された村田雅志氏の
「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」(通称:研究の研究)を、各号ごとに
お読みいただける様になりました。


 村田雅志氏による執筆のきっかけ ⇒ http://okuchika.net/?eid=8303


 このコンテンツは、石川臨太郎氏が過去10年間毎週配信していた有料メル
マガ「生涯パートナー銘柄の研究」(全509回)を、億の近道執筆者で著名
エコノミストの村田雅志氏が全て分析し、その傾向や内容を元に、投資手法の
再現や哲学を再構築しているものです。

 例えば第4回「上場廃止銘柄を確認する」では、過去取り上げられた銘柄が
その後上場廃止した事実を取り上げ、今後2〜3年でMBOやTOBなどで上
場廃止の可能性がある銘柄をピックアップするなど、十二分に活用した内容に
なっています。


 10月9日現在、第4回まで公開しておりますが、順次追加していきます。
 内容の一部は無料で読めますので、ぜひ一度ご覧下さい。

 価格:各号800円

※販売サービスにはnoteを利用しております。


[第1号] http://bit.ly/ishiken01
 ■有料メルマガで取り上げられた企業数
 ■メルマガで一番取り上げられた企業は?
 ■3回以上取り上げられた企業をすべて紹介

[第2号] http://bit.ly/ishiken02
 ■石川さんは化学好き?〜研究銘柄を業種別にみる
 ■石川さんは意外と大企業嗜好?〜研究銘柄を市場別にみる
 ■石川さんは中型が好き?〜研究銘柄を時価総額別にみる

[第3号] http://bit.ly/ishiken03
 ■生涯パートナーの絶対条件!〜研究銘柄を自己資本比率で整理する
 ■赤字企業は嫌い!〜研究銘柄をROEで整理する

[第4号] http://bit.ly/ishiken04
 ■低利益率でも大丈夫?〜研究銘柄を営業利益率で整理する
 ■上場廃止銘柄を確認する

ぜひご利用下さい!


===================================


◆コラム「株式市場の弱点 その2」


 ノーベル化学賞を受賞した吉野名誉フェローの輝かしいニュースの一方で、
関西電力の贈収賄ニュースには苦笑するしかありません。

 関西経済界トップがこの時代に於いてさえ耳を疑うレベルの古典的収賄に塗
れていたなど誰もが呆れかえっています。関西の電力消費者を舐めきっていた
と言わざるを得ませんし、日本の電力政策にも大きなダメージを与えるのです
から単なる辞任でお茶を濁されては敵いません。

 賄賂を受け取った全員、市中引き回しの上(死刑にする訳にはいきませんか
ら)三日間「パンツ一丁で野晒しの刑」・・・でしょうか(笑)


 幼児教育無償化や軽減税率についても沢山の識者が指摘している通り、早速
あちらこちらから不具合の話が出ています。
 消費増税対策を言い訳にして稚拙な票集め予算を積み上げた訳ですから不公
平や不具合が出て来るのは当たり前で、これに加えてキャッシュレス化も無理
やり盛り込んでいますから混乱は必至です。

 更に、本質をきっちり説明すべき立場の(責任ある)マスメディアも棒読み
報道しかしませんので、一般国民には何が正しいのかさえ考える余裕が与えら
れません。こちらも国民を舐めきっていますね。


 さて、8月末からの戻り相場も一服のようで。
 日経平均株価が21,500円を超えた辺りでは「日本株は割安だ!」「年
末には24,000円も!」と言う威勢の良いコメントも増えていましたが、
その声も早々に一巡したようです(苦笑)

 日本株は今年に入ってから9ヶ月間も20、000円〜22、000円の往
来相場が続いています。短期資金が米国市場に倣って売ったり買ったりしてい
るだけですから、地方宿場町の丁半博打場・・・と言った様相です(^^;)

 シンガポールを拠点とするファンド会社の社長と会食した際にも、現状トラ
ンプ政権が続く場合には全世界的にリセッション(景気後退)入りの可能性が
高く、リセッションに入った場合でも既に金利が低過ぎるため債券投資では収
益を生めないし、株式は下落する可能性が高いと懸念していました。
 取引のあるファミリーオフィス(富裕層の資産管理会社)も、特に今年に入
ってからはキャッシュ比率を上げてきていると言っていました。

 その通りであれば盛んだったベンチャーキャピタルやPEファンド投資など
もパフォーマンスが悪化することになりそうです。ベンチマークとしてSBG
の株価動向や米国NASDAQを注視しておく必要があるのでしょう。


 日本市場全体にも暗雲が広がります。
 景気悪化懸念が深まり企業業績の伸びに期待出来ない中、黒字を継続してい
てもPBR1倍割れのまま株主還元すら見直さず、且つTOBもされずに役員
が安泰で居られる市場では投資家のリターンは期待できません。

 30年前の栄光を頼りにぬるま湯経営を続ける大企業、関電のように賄賂を
もらっても危機感すら覚えない財界上層部の既得権構造、空売り規制や税制な
ど国内投資家だけに厳しい管理基準や市場運営。

 先のファンド社長も「何で日本では外人投資家への規制が緩いのか?不思議
だ」と話していました。


 先週の10月4日は投資(と〜し)の日だそうです。
 丁度1年前にも同じようなことを書きましたが、行政も規制団体も金融業界
も上場企業トップも・・・、誰もが仕事をしているフリ(責任逃れ)では市場
は活性化しません。

 前下期から業績低迷が続いている金融業界は今期も相当厳しいと思われます。
 株式の委託手数料や従来の貸金業では利益が出ないため、怪しい(複雑な)
保険や金融商品などで手数料を稼ごうとしていますから気を付けねばいけませ
ん。


 今は何となく落ち着いていますが、米中貿易戦争やブレグジット、中東地域
の不安定化や米国議会の不透明要因などなど何処まで織り込まれているのか?

 海外ファンドの決算も近いですから無理はしたくないな・・・、と考える今
日この頃です。


(街のコンサルタント)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。また、当該情報は執筆時点での取材及び
調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/stuweawesl
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04

 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。


===================================


◆コラム「億近クラシックス2004:投資アイデアの創出その7 アイデア
     の筋」

※このコラムは、2004年2月24日に掲載されたものです。
 当時の経済的背景に基づいていますので、ご留意の上お読み下さい。


■■株式投資のアイデアの生成の過程についての連載を続けています■■


 いままで、実例をあげながら、投資アイデアについて、ファンダメンタルズ
を中心に説明してきました。

 今回は、「アイデアの筋」ということをテーマにします。


 アイデアは闇雲になんでも出すという「ブレインストーミング」といわれる
手法があります。もちろん、思いついたことをなんでも書き留めるということ
は大事なことです。わたしも、よく、友達と食事中に、ノートを取り出して、
書き込んだりします。
 ちょっと変ですよね。でも、気にしません。
 食事相手の失礼にならないようにはしますけど。


■投資アイデアの筋の4分類■

 わたしが「投資アイデアの筋」と呼んでいるものは、3つあります。

 ▲A分類 量的増加見込み▲
 今後、対象企業の製品やサービスが量的な増加が見込めるか
 (あるものがあるものを代替していく可能性)

 ▲B分類 市場占有率の上昇見込み▲
 今後、対象企業の市場占有率が上昇する見通しがあるか

 ▲C分類 収益性向上見込み▲
 今後、対象企業の収益性が向上する見通しがあるか


■目的意識を持ってアイデアを考える重要性■

 これは、アイデアではなく、分析だ!とお叱りを受けそうですが、「アイデ
アの筋」なんです。

 つまり、アイデアを考えるとき、漠然と考えるのではなく、ある目的意識を
もって考える。

 目的意識をもってアイデアを考えると非常に効率的です。

 これは情報収集についても同様です。

 →目的意識をもって500ページの本を読むと、そうでない場合に比べて1
  00倍以上のスピードの差になる、というのがわたしの実感です。

 投資アイデアを出すときは、上記の3つの筋に沿ったアイデアを出すのが効
率的です。


■各分類について■

 ▲A分類 量的変化▲
 対象企業の製品やサービスは;
 1)ライフサイクルの変化に対応できるだろうか
 2)トレンドやファッションといった一過性のものか
 3)利便性が向上するのか
 4)新しい機能が付加されているのか
 5)イノベーションによってもたらされるものか
 6)法律の変化、人口の変化など環境変化に適しているか
   つまり、あるモノがあるモノを駆逐していくか、駆逐されるのか。
   例)カメラ付き携帯は、低級品のデジカメを駆逐するのか。

 ▲B分類 市場占有率の変化▲
 対象企業は;
 1)競争優位にあるか
 2)参入が難しいか
 3)経営スピードがあるか
 4)組織は柔軟か
 5)ニッチ市場で大手からの圧力がないか
 6)特許などの状況はどうか
 7)企業秘密があるか
 8)正しいタイミングで設備投資を行なってきたか
 9)直販比率は今後どうなるのか
 10)買収戦略はどうか
   例)日本電産が三協精機を傘下に入れる

 ▲C分類 収益性の変化▲
 1)従業員の習熟度は向上するか
 2)さらに良質で安い部材や外注先を探せるか
 3)製造プロセスや生産プロセスの中抜きができるか
 4)販売プロセスの中抜きができるか
 5)アウトプットのスピードアップが可能か
 6)価格の見通し(需給要因)
   例)液晶基板の大型化により、アウトプットが増やせる

などです。


■アイデアの筋を知って、その筋に従って、調べ物をする■

 3つのアイデアの筋を身に着けて、企業への取材やインターネットでの情報
収集を行ないます。投資先の企業が、A、B、C分類のどこに所属するか、そ
ういうことを考えながら調べるのです。

 わたしは願わくは、A∧B∧Cという3つの筋がすべて揃った企業への投資
がしたいものです。そういう企業のPERは高くなる傾向があります。
 ですが、長期的に信頼できる経営者が多いのも事実です。


■各分類のイメージ■

 A分類は、テクノロジー差別化志向、技術型志向、ニッチ志向企業。
 B分類は、高いシェア志向。
 C分類は、ロードマップ型。コストダウン志向。新工法志向。

 A分類の量的拡大の見通しだけでは、厳しいコスト競争が待ち受けています。
 B分類のシェアが上がるだけでは、過剰な設備投資を導くことになります。
 C分類の収益改善だけでは、単なる景気循環論に流されてしまいます。

 バランスよく、AとBとCの要素がすべて交じり合っている企業への投資が、
中期的な展望を持ちながら、株を保有するといった機関投資家の運用方針に合
致しているのです。


山本 潤

SLOW INVESTMENT2004
〜ゆっくり考え ゆったり投資〜


このコンテンツは、特定の銘柄を推奨するものではありません。アイデアとい
うものは、単なる思い付きの部分も多く、投資判断を導くには未成熟・不十分
・不正確なものです。ここで紹介しているようなレベルのアイデアでは、投資
の役には立ちません。内容についても、関係者との立ち話が中心なので、わた
しの取り間違いや聞き違いも含まれているかもしれません。内容の正確さを保
証するものではありません。


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tiatraebud
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!

山本潤氏の過去コラム → http://okuchika.jugem.jp/?cid=6


===================================


■ お知らせ ■


■第29号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第29号レポート配信中!!】


 今週掲載の銘柄は、競合が多いマーケットにおいて、品質とスケールメリッ
トを追求し、同業他社に対して数倍のスケールの企業をレポートしています。
 今後の生産能力向上を背景に、さらなる攻勢を仕掛ける意向で、業績予想で
は5年後に現在の2〜3倍規模になると試算。海外展開が加味されれば一段上
の業績も視野に入ります。

 ビジネスモデルをしっかり分析している内容をぜひご覧下さい。


 金曜日までにお申込/ご入金の方は、この第26号レポートをお読みいただ
けます。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


◆コラム「株の玉手箱 老後資産1億円達成への相場道#2」


〜株式投資において欠かせない基礎知識〜


 皆さん、こんばんは。
 あすなろ投資顧問の加藤です。

 前回に続いて株式投資において最低限知っておきたい市場のアノマリーや相
場サイクル、リスク指標、そして銘柄選択の極意について考えてみたいと思い
ます。


■株式投資における長期投資の幻想を捨ててみる


 株式投資するにあたり、ここでは日本株を前提に話していきますが、まず投
資対象とした銘柄が『必ずしも右肩上がりの長期上昇トレンドを形成するとは
限らない』ことを肝に銘じておく必要があります。

 米国株は長期上昇トレンドを形成していると言えますが、残念ながら日本株
は平成のバブル崩壊以降、何度となくITバブルや新興国・資源バブル、アベ
ノミクスなど相場浮上のタイミングは訪れましたが、一貫して上昇トレンドを
継続するような銘柄は非常に稀有です。

 パッと思い浮かぶのはキーエンス(6861)、比較的新しめの企業ですが
かろうじてインソース(6200)くらいでしょうか。

 長期投資あるいは超長期投資で放ったらかし、持ちっ放しというのは現実的
な株式投資ではないと考えています。

 株式投資で資産形成をする上では「変動」することを前提に、一定の投資ル
ールを設けて、むしろこの「変動」を利用してコツコツと資産を殖やしていく
方が現実的でかつ目標達成にも近づきやすくなります。


 では、その一定の投資ルールとは何なのか?
 順番に解説していきたいと思います。


■投資判断する前におさえておきたい基礎知識〜マクロ動向編〜


 まず、株式投資における投資判断のルールを具体的に学ぶ前に、必要最低限
の予備知識についてもおさえておきましょう。

 株式市場は不条理のかたまりで、よく先行き不透明感とか言われますが、そ
もそも政治・経済・地政学どれも不透明なのが当たり前です。相場に長く携わ
っていたとしても“わからないことだらけ”なのが実際のところです。

 しかし、その中で日々「仮説」を立て、売買をシミュレーションして【ポジ
ションを管理】していくことが投資家に求められるスキルです。

 くれぐれも株価の予想屋、夢想家になってしまわないように気をつけておか
ないと、株式投資での資産形成はままなりません。

 そこで、今の環境下で株式投資をされる方には良くも悪くも、世界の中心た
るアメリカの鼓動を感じ取ってそれに合わせていくということが求められます
し、それが第一歩になります。

 インターネットが普及して、世界が情報でつながった今、資金の移動や情報
(フェイクニュース含む)伝達が瞬時に行われ、名目GDP20兆ドルで世界
最大の経済規模を誇るアメリカの景気・相場変動がそのまま日本株に影響を及
ぼします。

 そんなことは知っているよ、という投資家の方は多いと思いますが、さて現
在の景気は良いのでしょうか、それとも悪いのでしょうか?

 株式投資の判断で最優先しなければならないことは現状把握です。

 これをすっ飛ばして闇雲に投資元本を全て突っ込むだとか、銘柄をそれとは
なしに選んで投資するというのは勇敢を通り越して「無謀な取引」と言わざる
を得ません。


 はじめにおさえておかなければならないのは“中央銀行の見通し”です。

 何も難しいことはありません。米国のFRB(日本でいう日銀)が現状につ
いてどう言及し、どういう方向に経済をもっていこうとしているかを知ること
です。

 つまり、FRBや日銀が「景気が良くなる」あるいは「緩やかに拡大してい
る」と言えば株価は上を向いているすなわち上昇トレンドだと判断できます。

 この中央銀行というのはそれぞれの国の全てのデータを網羅し、誰よりも早
く知ることができて、実際に政策を実行する権力を有する機関であるというこ
とは忘れてはなりません。

 かのトランプ米大統領もFRBの金融政策についてあれこれ批判しています
が、米大統領であってもこの政策決定をゆがめる権限までは持ち合わせていな
いのが現状です。

 「米連邦準備制度理事会(FRB)には逆らうな」という相場格言は、株式
市場で最も一般的に言われていることです。もしかすると「Sell in May(株は
5月に売れ)」のようなアノマリーに則った格言よりも優先しておくべきもの
でしょう。

 昨晩の9月FOMC議事録では「経済活動の見通しに対する下振れリスクは
7月会合以降に幾分か強まり、貿易政策に関する不透明感や海外情勢に起因す
るものが顕著だというのが、参加者の全般的な判断だ」と記述されています。

 ただし、そこから10/8段階ではパウエル米FRB議長は全米エコノミス
ト協会の会合における講演で金融政策の追加利下げには明言しなかったものの、
経済見通しは引き続き好ましい状態にあるとの認識を示し、成長継続のシナリ
オが「最も公算が高い」と述べています。

 10月のFOMCが控えている中で市場の利下げ期待と、米国経済指標の強
い結果が得られた反面、EUや中国といった外部環境をふまえて迷っていると
ころが本音なのでしょう。

 また、9月FOMC議事録では短期債市場における金利急上昇をうけて緊急
の流動性供給に迫られたこともあり、もっと恒久的な資金供給プログラム(量
的緩和)についても協議したとされています。


 では次に、この金利が株式市場にどのような影響を及ぼすのかということも
知っておきましょう。

 このFRBの金融政策つまり“金利”というツールを用いた成長力をコント
ロールすることが、景気を拡大あるいは抑制させることに直接的に作用し、経
済に最も影響を与える10年国債の利回りを誘導しています。

 この10年国債利回りというのは住宅や自動車などのローン金利の前提とな
り、世界最大を誇るアメリカのGDP、さらにこれの7割を占めている個人消
費に直接的に影響を及ぼすこととなるわけです。

 したがって、株価の上昇は経済成長率>10年国債利回りによって裏付けら
れ、逆説的に成長率を上回る長期金利の上昇には株価は耐えられなくなり、結
果として暴落を引き起こします。

 早い話、これが昨年2月の株式市場が急落した根源的な要因であったことか
らも証明済みです。


 これが理解できれば、簡単なマクロ判断のポイントはほぼおさえたと思って
いただければよく、あとは定期的に「成長率」・「金利」・「雇用」・「物価」
・「景気」それぞれの経済指標をチェックして10年国債利回りがどのように
変動するのかを監視しておけばよいわけです。

 あとは米国株式市場の動向について、これも一般的にNYダウと呼ばれる工
業株30種をチェックされている方が多いかと思いますが、マクロの判断材料
としてみるのであればそれではなくダウ輸送株20種に目を向けるということ
を覚えておくとよいかと思います。

 なぜならば、「景気」というのが売買や取引などの経済活動全般の動向と定
義され、つまりモノの価格と数量が動きによって決まってくるからです。すな
わち、物流の動きを捉えることに他なりませんので鉄道や陸運、空運、海運な
どに反映されると考える必要があるのです。


■銘柄選定の前におさえておきたい基礎知識〜相場サイクル編〜


 上記のダウ輸送株指数はいわば先行指標とも言い換えられるもので、株式市
場における先行業種や個別銘柄の動向、さらに商品市況といったものはこのダ
ウ輸送株指数の変化にしたがって順次変化を見せることを知っておくだけでも
先行き判断の大きな助けとなることでしょう。

 先行指標の話になりましたので、先行業種の話もついでにしておきましょう。
相場には循環があり、金融相場、業績相場といった市場の特性が変わることが
度々あります。

 この相場が形成される波動は実際の景気の山と谷とは必ずしも一致せず、む
しろ株価が景気に先行すると言われています。私の認識ではおよそ8〜10か
月ほど株価が先行して動くと考えています。

 では、この相場の初動を捉える上では何に注目しておけばよいのかと言えば、
それが先行業種になるわけです。相場を先読みする上ではこれが非常に重要で、
実際の投資では見落としてはならないものだとお分かりいただけるでしょう。

 専門用語ではこれを“ディープ・シクリカル”と言ったりするのですが、こ
の代表的なものが“半導体”です。現代のテクノロジーが進化を遂げた社会で
はAIやIoTなどの利活用が進むにしたがって、かつてないほどに半導体の
持つ高付加価値に注目しなければなりません。

 そして今も昔も変わらず先行業種となるのは“素材”です。銅やニッケル、
アルミニウムといった三大非鉄に加えて鉛や亜鉛といった金属、さらに鉄スク
ラップ価格などに目配せすると今後相場がどこに向かおうとしているのかが見
えてくるようになります。

 これは経済構造を考えれば明白で、一にも二にも最初に動き出すのは原材料
(商品)であり、その次に機械と続いて完成品を流通させる商社や運輸、さら
に素材・部品メーカーといった順序を辿って物流の影響が派生していきます。

 ですから、旬の相場をとらえる上では高値を取ってきた銘柄の順番などをお
さえておく必要があり、今年で言うと東京エレクトロン(8035)やアドバ
ンテスト(6857)などは早々に2月には昨年10月の株価水準を更新し、
信越化学(4063)などは4月、日経平均やTOPIXにいたっては未だ回
復すらできていません。

 したがって、上昇銘柄や旬の銘柄を探す上でも相場の循環を意識することは
非常に有用となりますので絶対に覚えておいた方がよいと思います。

 私は半導体→非鉄金属ときて足元は米中通商問題で機械が不振でしたので後
回しで化学などの素材に注目し、そして今ちょうど機械が良くなってくるとこ
ろとみています。

 最近では商品市況でニッケル、鉛の価格が上昇し始めてきています。自動車
関連の設備投資需要が復活の兆しなのでしょう。フェロニッケルを手がける日
本冶金工業(5480)や大平洋金属(5541)、そして田中化学研究所
(4080)などがいずれ株価の戻り鮮明となってくることでしょう。

 それに、これからでも投資していけそうな出遅れ銘柄はまだまだ沢山ありま
すし、目先のトレード対象としては非鉄のイリジウムに強みを持っているフル
ヤ金属(7826)や機械の精密金型を手掛けている黒田精工(7726)な
どをターゲットにしておくと面白いのではないかと思います。


 今回はこのあたりで、次回は企業の分析や相場の需給分析あとはリスク指標
などにも焦点を当ててお話できればと思います。

 お楽しみに!


(あすなろ産業調査部 加藤あきら)

[加藤あきら氏プロフィール]
 国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、あすなろ投資顧問に在籍。
 市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」
を持ち日々銘柄を分析する。顧客に寄り添うアドバイスに定評がある。

■【無料銘柄毎日更新】■
https://1376partners.com/lp?ad=okuchika

株式会社あすなろ/関東財務局長(金商)第686号/加入協会 一般社団法
 人日本投資顧問業協会

(提供情報はあくまでも情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘及び、
売買指示ではございません。株式投資には価格の変動等によって損失が生じる
おそれがあることをご理解の上、投資にあたっての最終判断はご自身の判断に
てお願い致します。信頼できると思われる各種情報、データに基づいて作成し
ておりますが、その正確性及び安全性を保証するものではありません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/bouuowaeve
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第261号、好評配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第261号
が好評配信中です。


【決算説明会やフォロー情報をはじめ、注目銘柄取材Q&Aも掲載!】

【10/7 第261号では】

■相場の視点
■炎の注目銘柄シリーズ(2銘柄)
■光通信が新たに投資した銘柄、買い増しした銘柄
■フォロー銘柄決算発表予定
■クロスフォー(7810)フォロー
■LibWork(1431)フォロー
■ソフトバンクG(9984)時価4120円


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM