<< こんな株買うなんて | main | 鈴木一之氏との対談 >>

億の近道2019/10/01


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2019/10/01

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
       (本日の担当:村田雅志&石川臨太郎)


   ◆コラム「鈴木一之氏との対談」:村田雅志
   ◆コラム「有料メルマガライブラリから(309)」:石川臨太郎


===================================


■ お知らせ ■


■第28号本日配信!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第28号レポート本日配信!!】


 今週掲載の銘柄は、番外編としてグロース企業候補との目線から、注目企業
をレポートしています。
 100年以上の長い歴史があり、同じジャンルの製品一本の事業展開という
珍しい形態の企業を取り上げています。競合他社大株主のダイナミックな移動
が話題となったことがあり、訪問取材を原則受けない会社のところ、苦労して
取材した内容となっております。

 さらに本号から過去配信した銘柄で組んだモデルポートフォリオを掲載。
 月に1回1銘柄の銘柄入れ替えをルールとして、グロース銘柄の運用の真骨
頂である中長期投資の成績を検証していきます。

 ぜひその目で深掘りレポートを確かめてください。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


◆コラム「鈴木一之氏との対談」


 みなさま、こんにちは。村田雅志です。
 東京地方でも暑さがだいぶ和らぎ、少しずつですが秋の気配が強まっていま
す。

 そんな東京で先日(9月24日)に直伝チャンネル主催で、株式アナリスト
の鈴木一之さんと対談をいたしました。
 対談の様子は以下サイトでご覧いただけます(もちろん無料です)。

https://go.jikiden.jp/sid=jmt40oiHnA


 対談では、当初こそ私がしゃべっていましたが、時間とともに鈴木さんの持
ち味が強まってきます。

 スタートして10分後くらい、鈴木さんは、宇宙ビジネスについて語りだし
ます。
 鈴木さんによると、宇宙ビジネスは、まずは衛星ビジネスだ、と言い切りま
す。

https://go.jikiden.jp/sid=jmt40oiHnA


 そして鈴木さんは、株式評論家が究極の目標で、いつか株式評論家になりた
い、と語ります。
(スタートから15分後くらい)

 なんでやねん!

 と私は突っ込みました。
 普通でしたら、「評論家」という肩書で呼ばれることを嫌がりますからね。
 評論家=口ばかり達者で実際にできない人、というイメージが強いですから。

 しかし鈴木さんは、評論家はすごい存在です!と言い切ります。

 なぜなら、鈴木さんによると、評論家は(どの分野であっても)すべてを知
っている存在でなければいけない、と考えているからだそうです。
 そして、自分はまだまだ大家の域に達していないから、自分の肩書を
「あえて」株式アナリストにしているそうです。


 その後、鈴木さんは、食べている間でも仕事(株式アナリスト)のことを考
えてしまうと言い、製油業界の株価を決める要因は●●だ!、と言い切ります
(スタートから22分後くらい)。

https://go.jikiden.jp/sid=jmt40oiHnA

 そして鈴木さんは、足元の日本株については、スタートから27分後くらい
に語り、32分後くらいから、今後の日経平均株価のレンジ予想が、35分後
くらいからは、日経平気株価では語れない日本経済の変化(ダイナミズム)が
語られます。

 なかでも、中小企業の今後の生き残り策としての大手企業との連携について
の鈴木さんの説明は圧巻です。


 最後に鈴木さんは年末までの日本株市場の見通しを語ります(スタートから
48分後くらい)。

 興味深いのは、冒頭で、「●●ない!」と言い切る場面と、日経平均の上値
目途(水準)ですね。

https://go.jikiden.jp/sid=jmt40oiHnA


 気が付いたら、鈴木さんの独壇場となってしまった対談でした。
 ぜひご覧ください。


 そんな鈴木氏のお話が直接聞けるセミナーが今週末に開催です。
 明後日申込締切予定。今すぐお申し込みを。

 なお、締切前に予定数に達してしまった場合は申込終了いたしますので、ご
了承下さい。

■【日本株の個人投資家向け】鈴木一之の負けない株式投資セミナー■

 セミナー詳細・お申込はこちら ⇒ http://bit.ly/suzuki201910


村田雅志(むらた・まさし)


[村田雅志プロフィール]
 マーケットストラテジスト。CFA協会認定証券アナリスト。
 コロンビア大学MIA、政策研究大学院大学博士課程単位取得退学。
 三和総合研究所(現・三菱UFJリサーチ&コンサルティング)、GCIア
 セットマネジメントを経て、米最古・最大手プライベートバンクのブラウン
 ・ブラザーズ・ハリマンにて通貨ストラテジスト。2018年5月より現職。
 株式、債券、為替など金融資産に関する調査・分析結果をグローバル市場で
 運用する機関投資家や富裕者層に提供。仮想通貨の運用も手掛ける。
 著書に『景気予測から始める株式投資入門』(パンローリング)、『名門外
 資系アナリストが実践している為替のルール』(東洋経済新報社)ほか。
 石川臨太郎氏闘病の応援企画として、全509回の石川氏の有料メルマガを
 分析研究した『石川臨太郎生涯パートナー銘柄の研究の研究』を執筆。

[村田雅志氏の過去コラム]
 http://okuchika.net/?cid=4


■【日本株の個人投資家向け】鈴木一之の負けない株式投資セミナー■

 日時:2019/10/05(土)13:00〜15:00
 会場:東京・西新宿

 セミナー詳細・お申込はこちら ⇒ http://bit.ly/suzuki201910


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/vouruhalia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第75回「これからの地味銘柄」がアップされました。

※ニコニコ動画の方が非公開設定になっておりました。
 大変申し訳ございません。現在は視聴出来ますのでぜひご覧下さい。


第75回「これからの地味銘柄」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/1569553938
 【YouTube】https://youtu.be/Xz989jjO7jA

【今回登場企業】クロスフォー Lib Work 日創プロニティ
        日本フェンオール


 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。


===================================


◆コラム「有料メルマガライブラリから(309)」


 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライ
ブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致し
ないことを予めご了承下さい。


=コラム「年末までの投資作戦と、来年からの投資作戦を考える」=
 (有料メルマガ第453回・2017/10/10配信号)

※2017年10月現在の内容です。留意してお読み下さい。


(前略)

 サラリーマンを辞めて専業投資家となって、ついに12年が経過しようとし
ていますが、はじめてポートフォリオの10%以上のキャッシュを持ちました。

 まだ90%の資金は株に預けたままですが、更に日本株が上昇を続けてくれ
たら、もう少しキャッシュを増やそうと考えています。

 私はいままで、どちらかというと資産の割安株やビジネス・モデルが優れて
いる企業に、長く長く、下げても諦めないで投資を続けて(=持ち株数の変動
は当然に行っています)、最後には大きく値上がり益を取るという中長期投資
のスタイルで株式投資を続けてきました。

 しかしすでに63歳となり年金も頂けるようになり、子供もいないので、無
理して株で大きく稼ぐ必要は無く、ただインフレヘッジで株式投資は続けたい
と考えて株式投資を継続してきました。

 ただ1年間に配当額を300万円以上確保したいと考えると、株式への投資
額が1億円を超えないと難しくなります。

 しかし1億円を超える投資額だと、アベノミクスがスタートしてから毎年の
ように起きる調整で1000万円や2000万円の資産の減少が瞬く間に起こ
りました。

 去年は、運用額が増えてきたころでもあり、一気に3000万円以上の資産
減少を体験しました。東日本大震災が起きた後のような資産減です。

 ただ私の感覚からいうと3.11世界同時多発テロやリーマン・ショック、
東日本大震災と原発事故のような怖い人災や天災は発生しませんでした。

 それなのに株式というリスク資産にお金を投下し続けている(=リスクを取
り続けている)ことにより、突発的に発生する株式市場の下落に直撃されまし
た。

 もう63歳になった私には、リスクとリターンを比較して、リスクが大きす
ぎることを行ってきたのだと考えるようになりました。

 ネットの掲示板で、リスクに晒す投資資金は2000万円程度。しかし3か
月ごとに20%から30%の利益を取ったら、利喰いする。それを年間4回繰
り返すことで、過去ずっと100%(=投資資産2倍化)の運用収益を上げて
いる投資家さんの投資スタイルを知りました。

 この投資家さんの投資スタイルは、私が探し求めていた投資スタイルそのも
のです。なかなかこのような投資スタイルに変えることは難しいと思っていま
すが、いままで以上にキャッシュ・ポジションを増やすことで、いつも突発的
に発生する、大きな下落に備えるようにしたいと考えて行った第1段目のキャ
ッシュ増加策が10月6日に行った利食いです。

 私のこれからの株式投資の理想はリスクに晒す投資資金を限定して、1年で
2倍から3倍にして、毎年しっかりとポケットに入れていくことです。


 生き延びるためには変化が必要です。
 チャールズ・ダーウィンは、その著書「種の起源」で『最も強いものが生き
残るのではなく、最も賢いものが生き延びるわけでもない。唯一生き残るのは、
変化できるものである。』といっているそうです。

 バブル崩壊からもう20年以上たってしまった日本は、まだインフレが起き
ずに日銀が四苦八苦しています。

 変化することを恐れることはありません。今までのやり方が通用しなくなっ
たのなら、また自分の年齢から考えてリスクが高すぎるようになったのなら、
リスクが高すぎると感じた投資方法に、いつまでもしがみついているのをやめ
て、変われば良いのだと考えています。


 サラリーマンを辞める時も、そう考えて自分を変えました。

 世の中や自分がどう変わったかを良く見極め、それに合わせて自分も変化し
ていくことが生きのびるコツです。


 バブル崩壊後に日本はどう変わったか。
 私が考えていることを簡単に述べると、人々が豊かさになれきっていまい、
物を所有することに昔ほど喜びを感じなくなっているのではないでかというこ
とです。

 日本人は不況だ、景気回復が感じられないと言い続けていますが、北アフリ
カの戦争地帯や、ミャンマーや、北朝鮮の人に比べたら日本人はとても豊かで
す。本当に食べるだけ、生きるだけで精一杯という人が世界にはたくさんいま
す。

 アメリカ人の中にも家を売り車で生活をしなければならない人もたくさんい
ると聞きます。日本では不況だといわれながら新築のビルがどんどん建ってき
ました。そして高層マンションも建ちつづけています。お正月には海外へ旅行
する方も多いです。やはり日本は豊かな国なのです。

 物が少なく、貧しかった時代は、とにかくものを買うことが喜びでした。
 いま中国やアジアの新興国では物を買う喜びに多くの人々が浸っています。
 この勢いは素晴らしいものがあります。かつての日本がそうだったように国
の経済を押し上げことになるでしょう。


 では日本はどうでしょうか。老人ばかりでなく若者も、そして男女の違いな
く物の価値を自分で判断できる人が少なくなっているように思えます。これは
物が溢れ返る豊かな世の中で、物があるのが当たり前になれてしまい、また自
分で物の良し悪しが判断できなくなっているのではないでしょうか。

 どの商品に価値があるかわからない。あるいは物が多すぎて選べない、自分
で考えるのが面倒で判断したくないと言い換えてもいいかもしれません。

 売り子ではない人がいい商品ですよと、親切に教えてくれて手にとらせてく
れないと分からない。

 セールスマンはうそつきだと思っています。たぶん自分がセールスマンだっ
たとき、うそばかりついていたから人もうそをついていると思っているのかも
しれません(⇔これは自分にいっている言葉です。私は自分からうそをついて
騙そうとしたことはありませんでしたが、誤解はあえて解かなかったことがあ
ります。これもうその一つかもしれません)。
 ということで猜疑心ばかり強くなっているから、セールスされたくない。売
りつけられたくないと思っている人ばかりになっています。
 ここでうそといっているのは、自分が心の底から信じていないことを営業上
信じているふりをして説明することを言います。詐欺でお金を巻き上げる類の
犯罪となるうそではありません。いわゆるセールストークというやつです。

 では、みんなそのことに気づいていないのでしょうか。そんなことはないと
思います。気づいているのです。でも知っていることとできることは違うので
す。知っていても変えられない人が多いということだと思います。

 過去に成功した体験がある人ほど変えられない。つまり過去を捨てられない
のです。捨てる覚悟がないのですね。株式投資の成功体験も同じかもしれませ
ん。

 でも自分の力で自分を変えられない人は、いずれ外部からの力でいやおうな
く変えさせられることになるでしょう。それもいい変わり方ではなく、ビジネ
スの現場から退場を命じられる、追い出されるという変化です。


 こんな最悪の変化を求められるくらいなら、さっさと自分から進化するほう
が良いと考えて、実行しています。

(後略)


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 先般お知らせいたしましたとおり、石川臨太郎氏は旅立たれましたが、氏の
投資人生の集大成とも言える最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

村田雅志氏の「生涯パートナー銘柄の研究の研究」
 全509回の有料メルマガを分析。分かりやすく利用しやすく解説していま
す。

 詳細はこちら ⇒ http://www.okuchika.net/?eid=8303


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第260号、好評配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第260号
が配信中です。


【決算説明会や注目中小型銘柄情報が掲載!】

【9/30 第260号では】

■相場の視点
■注目中小型バリュー4銘柄の四半期株価推移と投資ポイント
■炎の決算説明会報告
■日本フェンオール(6870)説明会報告


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================


JUGEMテーマ:株・投資




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM