<< 米国を視察する意義について | main | 強運 >>

億の近道2019/09/26


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2019/09/26号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
      (本日の担当:街のコンサルタント&山本潤)


◆コラム「強運」:街のコンサルタント
◆コラム「億近クラシックス2004:投資アイデアの創出その5 急落銘柄につ
     いて考える」:山本潤


===================================


◆コラム「強運」


 前々回はヤフーによるZOZOへのTOBについて、孫社長からみずほFG
への手数料のプレゼントか?と、冗談交じりに書きましたが(笑)、次の成長
の種を探していたヤフーにとっては大事なディールになりそうです。
 ZOZOの買収はヤフーにとってメリットばかりではありませんが、やはり
具体的なメリットは営業利益率の違いと、800万ユーザーとも言われる20
代〜30代へのアクセスですが、この2点を活かせるのか?に成否がかかって
います。

 ZOZOはヤフー傘下に入ることで財務面の後ろ盾を得られますが、今まで
のブランドイメージを維持できるのか?ヤフーとしては買収価格である時価総
額8,160億円もの投資案件に見合うシナジーを発揮できるのか?・・・と
言う辺りが評価基準になると思います。今回の買収にその価値があるのか否か?


 ZOZOの時価総額が高いと書いたのが1年近く前の10月下旬でしたから、
これまたあっという間の1年でした。今回書きたかったのはヤフーによる買収
とZOZOの企業価値・・・と言った投資の話とは別の話になりますが(汗)、
前澤社長と言う人は強運の持ち主だなぁ〜、と感じた辺りを書きます。

 もちろん彼はこれまでも高額な報酬や配当収入を得ていましたが、昨年は借
入れを含めて自社株の高値圏で数千億円もの社長個人の資金調達を成功させ、
その後、今回のTOBに応じることで、その収入を確定させる(借金もゼロに)
ことになります。

 通常は事業を成功させたとは言え、大半の経営者は資産家と言われながらも
幾らかなりとも自社株を現金化するには大変な労力を必要とします。つまり幾
ら資産家と言われても上場している創業社長は簡単には株を売れませんから。
 それがZOZO社長の場合には事業が拡大すると共に、折しも過剰流動性に
影響された株価も大きく上昇し、且つその高値圏でのキャッシュ化に成功した
訳です。

 このTOBで保有株を売却できれば、結果として6%強の株式を手許に残し
つつ(知り得る範囲では自社株担保の借入れ分を含めて)約2,500億円も
のキャッシュを得るのですから、当初の投入額(元手)約1,000万円を約
3万倍にした計算になります。
 つまり事業家としての能力も高いのですが、同時に投資家としても素晴らし
いレコードを残すことになります。一時は株価の下落により借金の返済は大丈
夫か?といった噂も流れましたが、見事に克服しました。


 孫社長もSBGの成長過程において、その溢れるばかりの能力は勿論のこと、
何度も難局を乗り越えた程の強運を感じました。もちろんそれらの強運は努力
の結果としてしか現れませんが、今回は久しぶりに稀にみる強運な方を目撃し
ました。


 さて、この2,500億円は高額な美術品収集や派手な生活費、および宇宙
旅行に消えてしまうのか?いや既に消えてしまったのか?それとも次の事業育
成に繋がるのか?この才能と強運の人の今後に興味があります。


(街のコンサルタント)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。また、当該情報は執筆時点での取材及び
調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/stuweawesl
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 先般お知らせいたしましたとおり、石川臨太郎氏は旅立たれましたが、氏の
投資人生の集大成とも言える最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

村田雅志氏の「生涯パートナー銘柄の研究の研究」
 全509回の有料メルマガを分析。分かりやすく利用しやすく解説していま
す。

 詳細はこちら ⇒ http://www.okuchika.net/?eid=8303


===================================


◆コラム「億近クラシックス2004:投資アイデアの創出その5 急落銘柄
     について考える」

※このコラムは、2004年2月に掲載されたものです。
 当時の経済的背景に基づいていますので、ご留意の上お読み下さい。


■1.下方修正で株価下落はチャンスか
■2.安いのには理由がある 熱いテーマの蚊帳の外
■3.蚊帳の外のまとめ
■4.アナリストはカタリストを求める カタリストがないと勧められない
■5.諦めないでさらに考えを進めると
■6.懐かしき従量制と投資効率
■7.先は長そうだが


■1.下方修正で株価下落はチャンスか

 2月2日に古河電工、フジクラが業績を下方修正しました。株価も反応して
下落したため、前よりも買いやすくなりましたね。

「安くなった銘柄をチェックする」

というのが、本日のアイデアです。

 ブルームバーグの端末で、証券会社のアナリストの評価を見ると、古河は、
本当に人気がない。買いはゼロ。売りは8人。
 バランスシートを見ると、相当に、やばい状況である。


■2.安いのには理由がある 熱いテーマの蚊帳の外

 今年に入って、北米市場で、通信インフラの底打ち期待が高まっており、米
国では、すんなりとアジレントなどの関連銘柄が取り上げられている。
 通信インフラとはいっても、注目は、
(1)第三世代の無線インフラや、
(2)VoIP関連、つまり、ルーターやスイッチ類であり、
(3)ネットワーク構築のフォーカスは、メトロと呼ばれる市街地内ネットワ
ーク拡充やラスト・ワン・マイル(電柱から各家庭までの接続)だ。

残念ながら、古河が強い、長距離のバックボーン投資ということではないよう
だ。


■3. 蚊帳の外のまとめ

 株式市場の熱い眼差し Vs. 蚊帳の外
 無線インフラ   Vs.   有線インフラ
 ルーターおよびスイッチ Vs.中継局やATM
 ラスト・ワン・マイル Vs. ロングホール(長距離インフラ)

 ということで、古河君の手がけているWDM関連機器や光ファイバーは、ま
ったくの蚊帳の外であることがわかる。


■4.アナリストはカタリストを求める カタリストがないと勧められない

 それでは、アナリスト諸氏に意見を聞くと、やはり、
Y氏「古河ですかー?? うーん、連想で上がるかもしれませんが…」
M氏「古河ですか。推したいのは山々なんですがね。もっと下がらないと。」

結局、北米の通信インフラ期待も、長距離インフラのニーズを掘り起こしまで
は、期待できないということらしい。

カタリストの存在は、株価にとって重要であり、とくに数ヶ月の短期投資の場
合、カタリストなしでの売買は危険である。カタリストという言葉は、市場に
いるものであれば、誰でも知っている言葉であるから、使い慣れてほしいと思
います。

 古河の場合、よいニュースが目先なさそうということです。これをカタリス
トがないという。

残念!!
とすぐに諦めないのが、投資家の世界。


■5.諦めないでさらに考えを進めると

●過去の売上げ出荷のサイクルの確認をしてみること
●製品の寿命はあるのか。あるならチェックを
●投資効率はどの程度なのか

この3つをチェックしました。
寿命は案外、短いものです。インフラとしては。とくにレーザーは電通劣化と
いって、発光効率はどんどん落ちていくことがわかった。これは、固体であっ
ても、結晶の欠陥へのストレスが原因となって、その欠陥範囲が広がっていく
ため。

過去のサイクルは、過去の短信などから、とれますから、ここでは触れません。

さて、問題なのが、投資効率。これは、キャリアの側からの視点ですね。

松下幸之助さんが、水道哲学なるものを提唱しましたが、家電製品は、いまは、
水よりも安くなってしまいました。電卓よりも、ミネラルウォーターの方が高
かったりする。


■6.懐かしき従量制と投資効率

 水やガスや電力は、大切な資源です。ですから、戦争は、資源を巡って繰り
返されるわけです。資源価格が高騰している現状は、一速即発、いつ、どこか
で戦争が起こってもおかしくないぐらい、地球の資源は放蕩されてしまってい
ます。
ですから、水も原油も、これから、世界需要はますます大きくなっていきます。
ひとりあたりの消費量が増えていくからです。日本だって、昔は、アパートに
は炊事場はひとつしかありませんでしたね。水やガスは、みんなで使うものだ
ったのです。それが、個室になり、家族単位で、水を使えるようになり、水洗
トイレで、じゃんじゃん流すようになりました。

従量制という考え方は、使った分だけ払うというものです。

ところが、クレイジーな通信業界では、定額制というものが主流になってしま
いました。これは、通信インフラをどれだけ使おうが料金は同じということで
す。

従量制と定額制とどちらが投資効率が高いでしょうか。
一旦定額制を導入すると、追加投資の見返りはゼロです。新規ユーザーが獲得
できても、しれています。人口は増えませんから。

電気もガスも水も従量制なのに、情報だけは無料だったりする。

これは、情報が頭の中でつくられる無限の資源だからなのかもしれません。

これでは、健全な通信業界は育たないでしょう。
コンテンツ流通や自らの顧客へのマーケティングを前提にした通信業者の戦略
がとれるから、定額制でも将来像が描けるという人もいるかと思います。


■7. 先は長そうだが

 動画像プラス音声を扱うのに、これまでの音声会話時代と同じ従量制にして
しまうと、とんでもない課金になってしまうのも事実です。そういう意味では、
iモードは、コンテンツとキャリアが持ちつ持たれつのよいモデルかもしれま
せん。コンテンツが揃って、ラスト・ワン・マイルが整備され、データ伝送ス
ピードが一定以上となり、さらに、コピーライトの問題が片付いて、初めて、
コンテンツを流すことによるメリットが生じ、それが起爆となって、情報量が
劇的に増加することになる。

これは、多分、そういう流れにはなるのでしょう。ただし、それが、いつ実現
するかはまだわからないというのが真相なのかもしれません。

気長にそれを待ってもいいのかもしれません。
しかし、バランスシートは悪すぎる。
古河君は、長期的に待つには、体力が持つかどうかという問題があるのです。


絶望の中で、希望を見い出す。こういうかっこいい投資をしたいんだけど。


山本 潤
SLOW INVESTMENT2004
〜ゆっくり考え ゆったり投資〜

このコンテンツは、特定の銘柄を推奨するものではありません。アイデアとい
うものは、単なる思い付きの部分も多く、投資判断を導くには未成熟・不十分
・不正確なものです。ここで紹介しているようなレベルのアイデアでは、投資
の役には立ちません。内容についても、関係者との立ち話が中心なので、わた
しの取り間違いや聞き違いも含まれているかもしれません。内容の正確さを保
証するものではありません。


===================================


■ お知らせ ■


■第27号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第27号レポート配信中!!】


 今週掲載の銘柄は、長い歴史があり、B2Bビジネスの裏方を指向。グロー
バルなヒット商品を持つ研究と営業が融合したユニークな企業をピックアップ。
 海外にも工場を持ち、様々な企業へ供給する対応もキャッチアップしており、
堅調な成長が期待されます。

 ぜひその目で深掘りレポートを確かめてください。


 金曜日までにお申込/ご入金の方は、この第26号レポートをお読みいただ
けます。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第259号配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第259号
が好評配信中です。


【法人税減税に沸くインド関連銘柄や注目銘柄、IPO銘柄情報が掲載!】

【9/24 第259号では】

■相場の視点
■特別報告:インド関連銘柄に注目!!
■炎の注目10銘柄を四季報コメントでフォロー
■令和元年秋のIPO銘柄


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM