<< 億の近道2019/09/02 | main | 億の近道2019/09/03 >>

日本の国富

65cf85cfd5b2461a32bb342839c943ed_s.jpg



 卵が先かニワトリが先かの不毛の議論は少子高齢化が続くと見られる日本国の経済にもどこか共通しているように感じられる。

 つまり経済成長は人の数が増えないといけないのかどうかなのだ。
 いつの間にか世界2位の経済大国日本は13億人とも言われる中国にその座を奪われ、今や中国が世界の覇権を狙う立場に立っている。
 かつて伸び盛りだった日本が叩かれたように今や中国がその憂き目にあっている。

 アメリカファーストの公約を掲げたトランプ大統領が自国の国益を優先させた政策を推進するものだから世界の経済は緊縮化しようとしている。米中関税合戦の行き着く先は世界恐慌なのか、いや良識的な線で落ち着くことになるのか興味深い。

 世界3位の経済大国となった日本国の未来は少子高齢化の中で行き着く先を模索する中で、明るいのか暗いのか国民の誰しもが関心を持つところなのだろうが、できれば明るい未来の到来を筆者は期待している。そのためには社会はどうあるべきなのかが問われている。


 日本の国富を象徴する株式時価総額はおよそ600兆円という水準となっているが、これは上場企業の時価総額の総合計。株価の変動と上場企業の発行済み株式数の変動で増えたり減ったりしているが、できれば増えてくれれば国民は富の蓄積を感じるに違いない。
 経済成長が伴えば、PERは向上し一定水準の収益を前提にしても時価総額は多少でも水増しされるが、今は低成長経済で平均PERは11倍前後の時代。この時価総額は1990年のバブル経済のピーク時と特に変わっていない。

 つまり国富は停滞していると言える。
 バブル時に時価総額の上位を占めたNTT株や銀行株などは普通の株になり下がり、時価総額はトヨタとソフトバンクGの2社になって久しい。

 一方でGDPは2000兆円の米国と1300兆円超えの中国が2強となり覇権争いを展開し、500兆円で3位の日本国と400兆円で4位のドイツがまだまだ世界のリーダーながら2強との格差は大きく広がっている。
 12位の韓国が160兆円で下位にあって虎視眈々と上位入りを狙っている中での日韓の軋轢をどう見るか。中国も韓国も根っこは日本があったからこそのGDP。隣に配ったおすそ分けが基でこのGDPに至ったのではなかったのか。戦争という悲惨な時代に取った昔の日本国を蒸し返しその歴史をいつまでも非難する隣国にこれ以上心優しい対応をする必要はない。ビジネスライクに堂々とつきあうべき時代となっている。

 数字で表される国富を享受するには経済的に最前線での活動が不可欠。
 消費者としても生産者としても時代の先端を行くことが国富を感じることになる。株式相場で言うなら、成長株を見出し、そこにリスクテイクすることが投資家にとっては国富を享受する近道となるだろう。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM