<< PBR0.6倍割れ企業経営者へのアンケート調査 | main | 有料メルマガライブラリから(299)「欲張りすぎないで勝ち逃げできる株式投資を心がけたい」 >>

億の近道2019/07/23


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2019/07/23

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
         (本日の担当:石川臨太郎)


◆コラム「有料メルマガライブラリから(299)」:石川臨太
◆過去コラム「過去連載:運が実力のすべて その4」:石川凜(石川臨太郎)


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 先般お知らせいたしましたとおり、石川臨太郎氏は旅立たれましたが、氏の
投資人生の集大成とも言える最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonが発送を開始しました。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。



◆石川臨太郎氏へのお悔やみメッセージフォーム

 たくさんのメッセージありがとうございます。〆切させていただきました。
 いただいたメッセージは印刷の上、私共が墓前に赴きお供えさせていただき
ます。


===================================


◆コラム「有料メルマガライブラリから(299)」


 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライ
ブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致し
ないことを予めご了承下さい。


=コラム「欲張りすぎないで勝ち逃げできる株式投資を心がけたい」=
 (有料メルマガ第438回・2017/6/27配信号)

※2017年6月現在の内容です。留意してお読み下さい。


(前略)

 いつものように日本株は他の海外の株式市場より上下動が激しいです。今日
はこのような日本株に投資して、自分たちの老後の安心のために資金を作るた
めの投資スタイルについて少し考えてみたいと思います。

 老後を安心して暮らしていくためには、株で大きく稼げた時は、一部の株を
利喰いして資金を株から他の運用資産に移すことも大事なことだと考えていま
す。


 株式投資で大きく稼げた時に、株から資金を他の資産にシフトすることは、
いわば株から『勝ち逃げする』ということです。

 私は1885年の1月に株式投資をスタートしましたが、新米投資家のころ
強烈なブラック・マンデーという大暴落に遭遇しました。

 その後も株式市場では100年に一度のはずの暴落が毎年起こるような気が
します。

 地球温暖化で気候が変化するように、世界中の中央銀行のマネーの大供給の
影響を受けて株式相場の乱高下の波の大きさも巨大化してきて、大暴落も毎年
のように発生するようになってきました。

 リーマン・ショックの大暴落、東日本大震災&福島原発大事故による大暴落
など、あまたの株式暴落を生き抜いてきて、自分の株式投資のスタイルを振り
返って、見直してみて気が付いたのが『勝ち逃げスタイル』で資産を作ってき
たいという、自分の姿でした。


 過去にもコラムなどで取り上げたことですが、株から勝ち逃げした資金で金、
預貯金、賃貸不動産、年金という資産にシフトしてきました。それらの資産の
中で、どの資産が安全度と安心度が高いか60歳になってから再評価を行いま
した。

 そして特にキャッシュを生み出して老後生活を支える資金源としての株、年
金、賃貸不動産という私の3本柱の老後資金の収入源を比較して評価すると、
年金が安定度も安心度も圧倒的に優れているという評価結果となりました。

 私自身としてはやむにやまれぬ無念の選択で、副業(=会社勤め)をやめて
専業投資家という道(=自分だけを顧客とする許可のいらない投資顧問業をス
タートしたと人には説明しています。)を歩き始めたわけですが、このメルマ
ガでも過去に何度か述べてきたように、60歳までサラリーマンを続けた人が、
いわゆる年金長者という成功者で勝ち組だと、私は常々考えています。


 株で1億円以上の資産を作り上げた人のことを『億り人』と名付けてマネー
雑誌が特集などを組むこともありました。

 しかしサラリーマンを60歳まで勤めあげ、厚生年金や企業年金、私設年金
を積み上げてきた人のほうが、安定性でも安全性でも、ランニングコストの有
利性(=そのキャッシュを得るために永久に支払い続ける経費⇒年金だけはラ
ンニングコストセロです)を考えても、圧倒的に質の良い老後の安心のための
収入源を作り上げた成功者だと思います。まさに年金長者といっても良いと感
じています。

 例えば、株で1億円作れなくても、各種年金の合わせ技で、夫婦二人で毎月
40万円の年金を獲得できたならば、株で1億円稼いだことよりも大きな成果
を得たことになると考えています。

 1億円を現金に換えて、毎月40万円ずつ、つまり毎年480万円ずつ使っ
ていくと20.8年で1億円はなくなってゼロになってしまいます。

 サラリーマンを60歳まで続けて厚生年金や企業年金、私設年金で、生きて
いる間は永久に毎月40万円の年金をゲットできることになった年金長者は、
株で1億円稼いだ人と比較すると60歳から81歳まで生きたらトントン。更
に長く生きたら81歳以降は毎年480万円ずつ株で1億円稼いだ投資家に勝
っていくことになるわけです。

 しかも何のリスクも労力も伴わずというところが素晴らしいです。そして年
金は税金の控除額も大きいですし、ランニングコストはゼロであり、黙ってい
てもキャッシュが入ってくるわけですから圧倒的に有利です。

 60歳までに株で1億円稼いだ投資家なら、60歳以降もその資金を運用し
て株で稼いで増やすことは出来るとは思います。私も年金をフルで貰えるよう
になるまでは、株式投資で稼いでいく覚悟をしています。

 しかし株式投資にはリスクがつきまといます。どんなに自分が努力しようと
も世界のどこかで戦争が起こったり、テロが起きたり、自然災害が起きたりす
れば、あっという間に自分の努力など吹き飛ばされてしまう可能性(=リスク)
が存在しています。

 私の場合は、2013年以降、毎年のように、一時的に株への投資額が10
00万円以上減ることが起こります。2016年は特にひどくて年初から株の
資産額が3000万円以上も減る事態に直面しました。比較的に安心できる高
配当利回り、高配当優待利回りの資産の割安株に多く投資していても、このよ
うな事態に遭遇します。

 このように毎年のように大きな暴落が起きつづけている日本の株式市場です。
株式市場というのは油断したらあっという間に資産を失いかねない経済バトル
フィールドです。

 年金といえども日本が破綻すると、もらえなくなる可能性が無いわけではあ
りませんが、株式投資において毎年起こるような危機の頻発度と比べれば、ゼ
ロに近いようなリスクにすぎません。


 だから、まだ株で1億円稼げない段階だとしても、それなりに大きく稼げた
時は、その中から利益の一部をキャッシュに換えて勝ち逃げさせて、私設年金
などにシフトしていくのが老後の安心を作る良い方法だと考えています。


 いま、まだ60歳になっておらずサラリーマンを続けている方は、とにかく
60歳まではサラリーマンを無事に勤め上げることに全力を尽くすことをお勧
めします。

 サラリーマンを60歳まで続けることが出来た人にとっては、株式投資など
余技としてたしなむ程度に行えばよいものであるとも思います。

 私にようにサラリーマンを60歳前に脱落した人間は、必死で株式投資など
の相場商品で稼ぐ努力をする必要があるのです。しかも60歳を過ぎてからも、
厳しい経済バトルフィールドでの、この努力は続きます。


 まあ、人間考えようだと思います。好きこそものの上手なれで、株式投資を
楽しみながら株で毎年安定的に利益を上げることが出来たら万々歳です。

 でも、いろいろな意味で相場商品での運用というのはリスクがいつ天から舞
い降りるか、地から噴き出すか予測のつかないストレスフルなビックリ箱の中
で行われる戦いのゲームです。

 株式投資というのは、そもそも人間の欲望と恐怖を変数として機能している
制度なので、わずかな入力(投資家の欲と恐怖に駆られた投資行動)の変化が
劇的な出力(投資の損益)の変化を産みだします。

 株で大きく稼げた時は、それなりの満足感と高揚感はありますが、サラリー
マンとしてチームで幾多の困難を克服して、仕事で大事業を成し遂げた時の喜
びとは比較しようもないほど小さなものです。

 しかも株で稼げた時の高揚感は一瞬で去り、次の瞬間からまたリスクと向か
い合ったストレスフルな時間がやってきます。


(中略)


 今年も株式市場で踏ん張って利益を上げて、その資金の一部を勝ち逃げさせ
る。こんな勝ち逃げスタイルを身につければ、誰でも着実に老後の安心が作れ
ると思います。そのためには、稼ぎやすい銘柄を発掘することが必要だと考え
て私は投資対象である企業の研究を続けています。



(後略)


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)


★石川臨太郎応援企画 全12号一挙配信中♪★


【村田雅志の「石川臨太郎有料メルマガ生涯パートナー銘柄の研究」の研究】

 この応援企画(「生涯パートナー銘柄の研究」の研究)は、有料形式で計12
回のメルマガとしてご提供していました。
 既に石川臨太郎氏は旅立たれましたが、その子供であるコンテンツはこれか
 も生き続けます。

 石川臨太郎氏のエッセンスをわかりやすく、お伝えしています。
 2008年12月より10年間配信されていた有料メルマガ509回分全て
を分析し、研究しています。それらに掲載された銘柄情報を中心に、傾向分析
や現在の評価などを加味して解説しています。

 ぜひご購読下さい。

 お申込はこちら ⇒ https://goo.gl/xwdPn4


この企画を発案した村田氏の思いはこちらをお読み下さい。
  ⇒ http://www.okuchika.net/?eid=8303

======


●第4号(4/9配信号)より

 研究銘柄として取り上げられた250社(重複を除く)の中には、TOBな
どにより上場廃止となったものがいくつかあります。その数は、なんと22社。
研究銘柄の約9%が、研究銘柄として取り上げられた後に上場廃止となってい
ます。
(中略)
 ご覧のとおり、上場廃止となった研究銘柄の多く(22社中16社)は、
2009年から11年の間に研究銘柄として取り上げられています。
 この期間は、世界的に景気が軟調で、いわゆるアベノミクス相場の前でもあ
りました。このためか、この時期に選ばれた研究銘柄の多くは、いわゆる割安
銘柄であり、結果としてTOBやMBOのターゲットになったと思われます。

 興味深いのは、上場廃止となった研究銘柄のほとんどが、石川さんがメルマ
ガで取り上げてから2〜3年経過していることです。このため、現在から2〜
3年前に研究銘柄として取り上げられた研究銘柄は、もしかしたら、そろそろ
TOBなどで上場廃止になるかもしれません。

 そこで、ここでは次の基準に該当する企業を「上場廃止候補」研究銘柄とし
て取り上げてみました。
(後略)


●第6号(4/23配信号)より

 後ほど、「2)選んだ理由の箇条書き」を整理するとわかることですが、研
究銘柄を選び出す理由の多くは、いくつかの基準に基づいて優良とされるもの
を選び出す方法(いわゆるスクリーニング)です。このため、研究銘柄を選び
出すためのルール(のようなもの)がわかってしまえば、石川さんでなくても
誰もが研究銘柄を選び出すことができますし…
(中略)
 箇条書きは、銘柄にもよりますが、少なくとも3つの理由が示され、多いと
理由が9つくらいまで増えます。ただ、メルマガを確認すると、記載されてい
る理由は、概ね次のように整理することができます。
(後略)


●第11号(5/28配信)より

 K社の株価は、「生涯パートナー銘柄の研究」で初めて取り上げられた20
14年に15%、2015年に7%と、着実に上昇しましたが、2016年に
は10%以上の下落。ところが、2017年には45%も上昇しました。
 2018年に入っても、K社の株価上昇基調は変わらず、1月下旬には995
円まで上昇。しかし2月中旬には825円まで下落し、その後は800円台前
半でのもみ合いを続けます。
(中略)
 このように、石川さんはK社の事業価値や資産価値に自信を持っており、株
価下落に対して狼狽えることなく、むしろ割安感が増したと判断しています。
 その後、K社の株価は、石川さんの見立て通り、上昇基調を取り戻し、6月
には1,000円を超える水準に達しました。
(中略)
 仮にK社の時価総額が、同社が保有する金融資産と賃貸等不動産の含み益の
合計に近づくと想定すれば、K社の株価は67%程度の上値余地があることに
なります。
(後略)


●第12号(6/4配信)より

 今回は、最終回として、あらためて、石川臨太郎さん、とは何者?(笑)な
のかを整理したいと思います。
 今回の整理をきっかけに、読者の中から「第2の石川臨太郎」が生まれてく
れると(私としては)大変うれしいです。
(後略)



第1号目次
 ■有料メルマガで取り上げられた企業数
 ■メルマガで一番取り上げられた企業は?
 ■3回以上取り上げられた企業をすべて紹介

第2号目次
 ■石川さんは化学好き?〜研究銘柄を業種別にみる
 ■石川さんは意外と大企業嗜好?〜研究銘柄を市場別にみる
 ■石川さんは中型が好き?〜研究銘柄を時価総額別にみる

第3号目次
 ■生涯パートナーの絶対条件!〜研究銘柄を自己資本比率で整理する
 ■赤字企業は嫌い!〜研究銘柄をROEで整理する

第4号目次
 ■低利益率でも大丈夫?〜研究銘柄を営業利益率で整理する
 ■上場廃止銘柄を確認する

第5号目次
 ■まずは確認〜メルマガの構成
 ■研究銘柄の語り方
 ■創業時期などの沿革、事業の紹介
 ■株価や業績の変化

第6号目次
 ■研究銘柄の語り方
 ■「研究銘柄に選んだ理由」の構成
 ■常に現状をチェック〜研究銘柄として選んだ銘柄の最近の動向
 ■株価下落リスクを可能な限り避ける試み〜選んだ理由の箇条書き

第7号目次
 ■研究銘柄を分析する手順
 ■研究銘柄の資産価値の定義
 ■研究銘柄の資産価値と時価総額との比較
 ■研究銘柄の事業価値の計算方法
 ■研究銘柄の事業価値を定性的に考える

第8号目次
 ■コラムの内容を整理
 ■同じタイトルのコラムが続く
 ■石川さんと「メンタル」の関係
 ■石川さんが語る「夢」の効用
 ■儲けられない投資家

第9号目次
 ■石川さんが考えるインカムゲインの「あるべき姿」
 ■石川さんが考える「生涯パートナー銘柄」
 ■石川さんの投資哲学は戦闘?
 ■株式投資における戦略、戦術、戦闘力
 ■インカムゲインを一気に確保する戦闘

第10号目次
 ■前期(19年3月期)は25%の減益
 ■20年度からの3カ年の中期経営計画
 ■株価の推移と石川さんの見方(勝手な予想)
 ■石川さんの視点を使ってA社を分析する〜(1)割安度
 ■石川さんの視点を使ってA社を分析する〜(2)業績予想の保守性
 ■石川さんの視点を使ってA社を分析する〜(3)業績が伸びると増配
 ■A社のM&A戦略

第11号目次
 ■K社の事業内容
 ■株価の推移と石川さんの見方
 ■3期連続で最高益を更新
 ■石川さん好みの中期経営計画
 ■K社の資産価値
 ■K社の株主優待

最終号(第12号)目次
 ■石川臨太郎のメンタル
  ○個人投資家が身に着けるべきこと
  ○株式投資と自動車運転
  ○自分を知る
  ○過去から学ぶ
 ■石川臨太郎の投資哲学
  ○株式投資の目標
  ○責任を取る
  ○過去は変わる
  ○インカムゲインに対する考え方
  ○リスクに対する考え方
  ○石川さんが考える「生涯パートナー銘柄」
 ■石川臨太郎の投資手法
  ○研究銘柄の条件
  ○投資資金の上限
  ○株式投資=戦争
  ○株式投資における戦略、戦術、戦闘力
  ○企業の本質的な価値(資産価値と事業価値の合計)

=====

●申込要項

 これは3月19日〜6月4日に配信された、全12回の企画です。
 現在お申し込みいただくと全てのコンテンツをお読みいただけます。

購読料:9,720円(税込)


 お申込はこちら ⇒ https://goo.gl/xwdPn4


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


■本日第18号配信!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【本日第18号レポート配信!!】

 今週掲載の銘柄は、貴重なノウハウを武器にアウトソースや教育などのサー
ビスを提供し、大きな成長を果たしている企業をピックアップ。
 直販体制のメリットを最大限に活用し、開発商品の価値を最大化していく将
来が期待できます。
 10年先までの業績予測を含む深掘りレポートをぜひお読み下さい。


 金曜日までにお申込/ご入金の方は、この第18号レポートをお読みいただけ
 ます。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


◆過去コラム「運が実力のすべて その4」

※編集部注:
 このコンテンツは、2003年10月から石川臨太郎氏が初めて億の近道に
 連載したコラムです。当時の雰囲気をお楽しみ下さい。


■連載 「運が実力のすべて その4」 by 石川凛

■誰でもこすれば簡単に望みの叶う『魔法のランプ』をお教えしましょう■

 神田昌典氏の著書「非常識な成功法則」フォレスト出版刊もすごい本です。
 https://amzn.to/32MKMnu
たった1300円のこの本を買って、資産を5億円とか10億円作ることがで
きるのだから、本当にお買い得だと思うのです。ぜひみなさんも書店に直行し
て下さい。私がご紹介できるのは、ほんのさわりの一部分だけです。

 そして私の能力の限界、理解できるところまでです。お釈迦様が弟子にした
説教につき、他の信者がある弟子に尋ねたところ「私の理解するところによれ
ば、お釈迦様はこうおっしゃったと思います。」とその弟子は答えたといいま
す。そうです、誰もがその能力の範囲内でしかものを理解することができない
のです。ですからみなさんも自分で素晴らしい教えの元を学ばないとならない
のです。

 とはいえ、この素晴らしい教えを、ご紹介し世の中に広めるお役にたてれば
素晴らしいことです。そして自分がお金持ち、成功者になれれば、さらに素晴
らしいことだと思います。

 この本には成功するためのノウハウが詰まっています。多くの成功者が自分
で実践しながら、それこそが成功の秘訣だと気が付かなかった、ほんの些細な
習慣を、みごとに解き明かしてくれたのです。

 神田昌典氏も『成功する』ことは学歴にも、能力にも、人脈にも、資金にも
関係ないと言い切っています。誰にでもできる、ある簡単なことを実行すると、
不思議なことに望みが実現するというシンプルな手法なのです。神田氏が言う
ように『実践した人だけが、次から次へと夢を実現していく「魔法のランプ」』
が嘘でも誇張でもなく、存在するのです。

 じつは私も知らず知らずのうちにその『魔法のランプ』をこすっていました。
だから神田氏がその手法を解説した本を読んで「そうか!」と思ったわけです。
チルチル・ミチルではないですけれど『幸せの青い鳥』は自分の手の中にあっ
たのです。
 でも使用することを知らなかっただけです。私はその『魔法のランプ』をこ
すって、ワンルームマンション9室所有を達成しました。21年前、結婚した
ときに、結婚式と新婚旅行のために貯蓄を使い果たし、結婚式のお祝い金の残
り40万円しか持っていなかった人間が、たった21年間で自宅、ワンルーム
マンション9室(中古ですけど。笑い)実質金融資産(金融資産―借金)年収
の3年分を達成しました。

 ここでちょっと本筋を外れますが、1億円だけでは経済的独立は完成しませ
ん。なぜなら、いま1億円を定期預金に預けても、年間3万程度の利息しか生
みません。いつハイパーインフレが起きるか分からない時代に金利がほんのち
ょっと高いだけの5年定期なんてする気にもなりませんよね。もし5年定期で
運用したとしても15万円の利息にしかなりません。つまり上手く1億円を運
用しないと、生活資金を稼ぎだすことはできないのです。卵(利息)は食べて
も鶏(元本)を食べる気にはなれません。だから私は中古ワンルームマンショ
ンと株式で資産運用をしています。

 ちょっと横道にそれてしまいました。あまりじらさず『魔法のランプ』をお
教えしましょう。それは望みを『紙に書くこと』です。そうです自分の望みを
『紙に書くだけ』で望みが叶うのです。望みが実現してしまうのです。

 私も去年の3月、転勤で引越しをするとき7年程前に夢を書いた紙(ノート)
が出てきたのです。その紙には目標プラン、最低プランとしてワンルームマン
ションと自宅を取得し、資産から運用益を幾ら生み出すかという、私の夢が書
いてあったのです。目標プランは年間収入348万円、最低プランは年間収入
288万円でした。いま私はワンルームマンション投資の家賃収入だけで年間
372万円稼いでいます。

 神田氏や私ばかりでなく、神田氏の本を読むと、成功した人はみな望みをノ
ートや手帳などの紙に書いているようなのです。簡単でしょう。でもやってみ
て損はないと思いませんか。何のリスクもないんですよ。紙に書くだけですか
ら。

 ただ書き方には一寸したコツが有るだけです。難しいことでは有りません。
紙に書くのは、自分の本当にやりたいことを書くのです。本当にやりたいこと
が「良い目標」です。うっかり本当に自分が望んでいないことを書いてしまう
と、目標が達成しにくくなります。

 たとえば自分で会社の社長をやっていて、「会社の売上を10億にしたい」
という望みを持っていると自分は思っていたとします。しかし実際は10億の
売上が目標なのではなく、儲かる会社、利益のでる会社にするのが本当の夢だ
とします。10億の売上があっても赤字会社ではしょうがない。それならば紙
には「年間1億円の利益のでる会社にする」というように書かなければいけな
い、ということです。別に2億の売上でも5億の売上でも1億の利益が出れば
いいのですから。

 では自分の本当にやりたいことを見つけ出すにはどうしたらよいでしょうか。
それには、まず紙に自分の絶対にやりたくないことを書くのです。やりたくな
いことをまず書き出して、明確化する。そしてそのあとで、自分のやりたいこ
とを紙に書いていく。やりたくないことを明確化していますから、やりたいこ
とのリストの中に、本当はやりたくないという目標の達成を妨げてしまう要因
が紛れ込んでくることがない、というのがミソになります。自分の本当にやり
たいこと、潜在的に望んでいる願望を明確にするということです。

 ぜひ神田氏の「非常識な成功法則」をご自分で買って読んでみてください。
まだまだノウハウが詰まっています。私は神田氏の教えに従って自分の使命
(ミッション)を定めました。そしてミッションを達成するための肩書きも考
えました。私の使命は「できるだけ多くのサラリーマンに経済的独立の方法を
伝授する。そしてその為に多くの仲間を集める。」というものです。そして私
の肩書きは「経済的独立ワクワク!ポーター」です。ちょっといかしているで
しょう。(笑い)

 自分へのレッテルのほうが、本当の中身より大切なのです。認めてもらえな
ければ、どんな才能もないのと同じです。実際に優秀であることより、あいつ
は優秀だと思われることのほうが大事だということです。私も本当にそのとお
りだと思います。自分の本当の「中味」より「評判」の方が大切であり、その
「評判」を高める為に、まず肩書きを作り、自分のイメージをデザインするの
です。そして肩書きどおりの自分をプロデュースしていくのです。

 なぜ本当にやりたいことを紙に書くだけで、夢が実現してしまうのでしょう
か。その理由を私なりに考えてみました。紙に書くことによって、自分の目標、
本当にやりたいことが明確化される。紙に書くことと、頭の中で考えることの
違いは何か。頭で考えるだけだと、夢の実現を阻む、例の『失敗の記憶、失敗
の予感』が出てきます。夢を紙に書くことによって、夢を明確化するという行
為が『失敗の記憶、失敗の予感』をブロックしてくれるのではないかと思うの
です。そして紙に書いた夢が実現するごとに、成功の記憶が積みあがっていく。
紙に書くだけで、まだ実現してもいないのに、実現した気持ち「快」の状態が
発生する。ツキの連鎖が始まるのです。

 私は中学生時代、父の指示で自己催眠の訓練を受けたことがあります。受験
のためです。マーフィーの成功の法則も読まされました。神田氏も自分自身に
催眠術をかけることを勧めています。自分の現実は繰り返される言葉、自分で
発する言葉、そして他人が同調する言葉でコントロールされます。

 自己催眠は、潜在意識をプログラミングする方法です。自分の記憶回路を自
分の都合がいいように作り直すのです。
 「口ぐせのマジック」でもお話したようにポイントは「繰り返す」ことです。
できれば顕在意識のバリアを弱めた上で繰り返す。
 なぜなら顕在意識は過去の失敗のデータに溢れ返っており「それは不可能だ、
過去の経験から失敗する」と失敗の予感を導いてしまうからです。いつ繰り返
すのがいいかというと、寝起きや寝る前の意識がぼやけているときにやるのが
一番効果的です。

 プログラミングの方法は、きわめて簡単です。目標を書いた紙を、夜寝る前
にボヤ〜と眺めるだけです。そして朝起きたときにまたボヤ〜と眺めるのです。
それだけです。私が学んだように自己催眠の訓練を受けることもできます。で
も神田氏はいいます。「やり方を学ぶ必要があるものを時間をかけて学んでか
らやるよりは、簡単にできることを、いますぐやったほうがいい。」私も本当
にその通りだと思います。みなさんも直ぐ始めてください。

 あと神田氏が教えてくれた、とっておきの方法があります。クリアファイル
を買ってその中に紙に書いた目標をファイルします。そのクリアファイルをか
ばんに入れ、常に持ち歩くのです。毎日毎日、目標を頭の中で意識するのです。
さらにちょっと暇になったらファイルを取り出し眺めてみる。すると、ほとん
ど無意識に、目標を達成するためにはどうしたらいいか、という質問を心の中
ですることになります。すると、ふっとアイディアが浮かんできたり、書店に
ふらっと立ち寄ってみると、関連する本が見つかったりします。

 私もそうやって西田先生や神田氏の本にめぐり合いました。神田氏の本には
まだフォト・ディーリングという画期的な速読法の話しなど、ノウハウがぎっ
しり詰まっています。どうぞご自分でも読んでみてください。後はご自分が実
行するかどうかです。(笑い)

(石川凛)

※2003年11月18日掲載。

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第67回「今週の億の近道銘柄」がアップされました。


 第67回「今週の億の近道銘柄」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/1563429845
 【YouTube】https://youtu.be/Y3j2D0BLwfg

 ぜひご視聴下さい。
 ※一部チャート表示に誤りがございました。申し訳ございません。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。
 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めております
ので宜しくお願いします。


===================================


■ お知らせ ■


【8月:山本潤セミナー&座談会開催のお知らせ】

■長期投資と投資指標を考える!
 山本潤氏セミナー&個人投資家すぽ氏との座談会開催!!


 この度、DFR助言者山本潤氏のセミナーと、著名な個人投資家すぽ氏との
座談会を開催します。

 ●山本潤氏セミナー「まだ一喜一憂してるの? 長期投資のススメ」
  なぜ即儲けようとするのか?なぜ不確実な未来に大事なお金を賭けるのか?
  確実性の高い指標やデータを活用し、需給に左右されることのない長期投資
  についてお話しします。

 ●山本潤氏&すぽ氏座談会
  「逆」道場破りとも言うべきスタイルで数々の企業分析を行い、高い人気を
  誇る個人投資家すぽ氏と山本潤氏が座談会を行います。
  PER不要論を主張する山本氏に、PER以外ほとんど利用しないすぽ氏の
  二人が揃ったら、どのような話になるのか?なぜダメなのか?それに代わる
  指標や、企業分析の方法は? それら気になる内容を深掘りしていきます。
  ・利益率の重要性(なぜ利益率ではなく「売上費用売上比率」なのか)
  ・配当性向は重要か?
  ・企業に望む成長率はどれぐらいか?
  ・成長余地をどう読み解くか?
   …など

 ●質疑応答では、お申込時にいただいた参加者からの質問を中心に、
  2氏それぞれが考える資産形成に必須な事柄を考察していきます。
  個人投資家ながら稀代の論客としても知られるすぽ氏と、
  プロとして20年運用に関わってきた山本氏がズバリ答えます。

 山本潤氏 http://okuchika.net/?cid=6
 すぽ氏ブログ http://www.spotoushi.net/  Twitter @spo_toushi


■日時:8月25日(日)13:30〜16:45

■場所:東京都渋谷区

■参加費:4,000円(税込)


■スケジュール
 ・山本潤氏セミナー「まだ一喜一憂してるの? 長期投資のススメ」
 ・座談会「参考にする指標と調査分析のコツ」
 ・質疑応答「資産形成に必要なこと」


■懇親会 17:00〜19:00
 セミナー座談会終了後、会場近隣の飲食店で行います。
 山本潤氏、すぽ氏も参加します。
 セミナー座談会で質問しきれなかった事柄や、
 他の投資家との交流をお楽しみ下さい。
 別途参加費3,000円(税込)が必要です。
 お申込フォームで参加有無をお知らせ下さい。


■お申込方法
 以下のURLをクリックし、お申込フォームへお進み下さい。
 必要事項を入力後、入金画面へ遷移します。

 こちらをクリック ⇒ http://bit.ly/2YGMgx8


 上手くいかない場合はお気軽にご連絡ください。

■注意事項:
 お申し込み後、ご入金頂いた受講料は当日遅刻及び欠席された場合でも
 原則として返金致しませんので、ご了承下さい。

皆さまのお申込をお待ちしております。

主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第250号、好評配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】

 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第250号
が好評配信中です。


【中期狙いやバリューなど、全10銘柄の情報を掲載!】


【7/22 第250号では】

■相場の視点
■先週の中小型活躍5銘柄
■炎の中期狙い目銘柄(2銘柄)
■企業面談報告
■特別報告:時価総額200億円以下のバリュー株礼賛(2銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================

JUGEMテーマ:株・投資




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM