<< 投資家の心理 | main | 下値模索銘柄とその背景、下値目途 >>

億の近道2019/07/22


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2019/07/22

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
     (本日の担当:炎のファンドマネージャ&相川伸夫)


  ◆コラム「投資家の心理」:炎
  ◆コラム「下値模索銘柄とその背景、下値目途」:炎
  ◆コラム「相川伸夫の名証IRレポ」:相川伸夫
  ◆小説「株仲間のぼやき(その4)」:炎
  ◆コラム「PBR0.6倍割れ企業経営者へのアンケート調査」:炎


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊発売開始のお知らせ


 先般お知らせいたしましたとおり、石川臨太郎氏は旅立たれましたが、氏の
投資人生の集大成とも言える最後の書籍が、以下の通り発売開始となりました
のでお知らせいたします。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税


 7月22日現在、パンローリングの直販サイトで購入出来ます(即日発送・
 送料無料)。
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングのサイトへ飛びます)

 Amazonで発売が開始しました。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)

 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。

 ぜひレビューの投稿もお願い致します!!


◆ついに〆切!!石川臨太郎氏へのお悔やみメッセージフォーム

 たくさんのメッセージありがとうございます。
 以下にフォームを作成致しましたので、故人へひと言ございます方は、ぜひ
書き込みをいただきますよう、お願いいたします。
 いただいたメッセージは印刷の上、私共が墓前に赴きお供えさせていただく
とともに、ご家族へお渡し致します。

 書き込み締め切りは7月23日(火)昼12時です。


故石川臨太郎氏へのメッセージフォーム ⇒ https://goo.gl/DAwAbB


◆石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

村田雅志氏の「生涯パートナー銘柄の研究の研究」
 全509回の有料メルマガを分析。分かりやすく利用しやすく解説していま
す。

 詳細はこちら ⇒ http://www.okuchika.net/?eid=8303


◆石川臨太郎のブログ(更新停止ですが閲覧可能)◆
 減らないお財布を持ってフィナンシャル・インディペンデンスをめざす仲間
 のコミュニティー
 https://plaza.rakuten.co.jp/lucky7lucky/


===================================


◆コラム「投資家の心理」


 個人投資家の皆さんは自己責任の下で自由に株の売買ができる。売買の結果
はすべて自身の運用成果に反映される。プラスになったりマイナスになったり
と変化が激しいのが株の世界。

 うまくいく場合もあれば駄目な場合もあり、株式投資の悩みは尽きない。

 これだけNYダウやNASDAQ指数が新高値をつけても日本株にはまった
く影響せず、それどころか下値を模索するなど日本株に向かう投資家のパワー
が委縮している。

 どこにその原因があるのか。
 米中貿易摩擦、中国経済のスローダウン、日韓の軋轢による経済への影響、
少子高齢化、10月からの10%への消費税増税など、悪材料を上げ出したら
切りがない。
 メディアではネガティブキャンペーンばかりが目につき、日本経済の未来を
明るく語る論調は滅多に見られません。

 経済界でもソフトバンクGの孫社長が日本のAI企業には見るべきものがな
くファンドでは投資しないと断言。AI後進国となり下がった状態の日本。
 米国が世界に誇るGAFAと言われる一連の企業群、更にはそれに続くユニ
コーン企業の存在。日本とは圧倒的に異なる株式市場のプレイヤーが織り成す
時価総額が米国ではますます拡大。一種のバブルのような様相を呈してはいる
が、デフレ経済の道を選択した日本とは根本的な違いがある。


 こうした株式市場の潮流に竿さすわけにはいかず、日本株は委縮する投資家
心理をベースにローカルな市場に段々となりつつあるというのが筆者の率直な
印象だ。

 投資家心理というのは摩訶不思議な世界でもある。

 低コストで取引ができるオンライン証券が短期投資家を呼び込み、短期の値
動きを見ながらホットマネーが動くので株価が継続的に上がれば買いたくなり、
継続的に売られて安くなればますます売りたくなるとがいうのが現実に起きて
いる現象なのかも知れない。

 高値掴みして塩漬け状態の持株がたまには動きを見せることもある。
 高値で掴んで放置したままの株の多さが問題なのだが、そうしたデータはど
こにもない。

 大手証券に限らずかも知れないが多くの対面営業の証券会社の上得意顧客と
いうのは営業担当に言われるがままに高値で掴んでしまって多くはそのままに
放置してしまい資金が寝てしまうということが多いと考えられる。


 先週ストップ高を演じた銘柄でサイバーステップ(3810)というのがあ
る。この銘柄、直近の炎チャンネルでも取り上げているがテンバガーどころか
2016年末ぐらいから10か月で27倍にも株価が上昇したことがある由緒
正しき?超ド級の変化の激しい銘柄だ。
 前期の赤字転落で売られた株価が赤字縮小で今期大幅黒字化という発表で一
気にストップ高を演じていたが、この株を2017年の株価急騰(高値798
0円)時代に掴んだ個人投資家がお見えだったから驚いた。
 その買いコストは敢えて伏せておくが、少なくとも2000円とか言うレベ
ルでもない。同社が何をやってここまでの高値をつけその後、どうやって株価
が800円割れまで売られたのか中身をひも解くと面白い。

 この投資家の場合は営業マンに言われるがままのアクションかも知れないが、
多くの個人投資家も株価の動きにつられての投資が後で振り返ると墓穴を掘る
ケースが多いのかも知れません。


 本来は企業の成長に対して期待を寄せ、リスクテイクすべき株式市場ではあ
るが、株式本来の企業価値を逸脱したような評価で特有の投資家心理の下で市
場内で取引されている現実を見るとどこか空しくなってくる。

 そうは言っても短期で儲けたいという市場のニーズはなくならない。
 億の近道に集う読者には自らの投資哲学と理念をしっかりお持ちの方々が多
いと拝察する。ここではしっかりとポートフォリオを組んでリスクを分散して
突飛なことにならない安定的な運用を心がけつつ、将来の成長が期待できる企
業への研究を重ねて成果を高めて頂きたい。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第250号、本日配信!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第250号
が本日配信です。


【中期狙いやバリューなど、全10銘柄の情報を掲載!】


【7/22 第250号では】

■相場の視点
■先週の中小型活躍5銘柄
■炎の中期狙い目銘柄(2銘柄)
■企業面談報告
■特別報告:時価総額200億円以下のバリュー株礼賛(2銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


◆コラム「下値模索銘柄とその背景、下値目途」


 相場には二極化がつきもの。
 良いと思われる銘柄は右肩上がりで上昇を続け、駄目株の烙印が押された銘
柄は下値を追う展開が見られる。


 本コラムでは下値模索を続ける銘柄について、直近底割れを見せた銘柄につ
いてその背景を考えてみたい。


1.大成建設(1801):新安値更新中

 大手ゼネコンはいずれも2017年11月の高値から1年8カ月余りの調整
を続けており、同社株もそうした流れに位置している。これは東京オリンピッ
ク以降の受注減を不安視した投資家の売りが続いているためだと推察される。

 つまり、2013年9月に決定した東京オリンピック開催でゼネコン株は息
の長い上昇相場を演じた。当然のごとく収益も向上し、バブル崩壊後あれほど
青息吐息だった建設各社や公共投資関連企業の業績はかつてないほどの向上を
示した。
 大手ゼネコンは2017年11月まで上昇。それに準じた銘柄もその前後に
ピークをつけた。建設株は東北大震災後に復興需要を得ての業績拡大期に入り、
その後の東京オリンピックの建設需要に沸いた。

 歴史は繰り返す。
 昭和39年の東京オリンピック後の不況の印象が根強く、投資家はその後の
株価低迷を思い出すことになり、それがピーク後の株価低落に現れている。

 結果としてゼネコン株は4年余りの上昇後に1年8カ月の調整を見せている
訳でこうした状況がいつまで続くのかが読めない状態なのだ。

 建設業界は大手ゼネコンをピラミッドの頂点として設計会社、建設コンサル、
基礎工事などの専門業者、設備施工業者、セメント、鉄鋼などの資材、それを
担う人材などにお金が回っていく重要な役割を担っている。マクロ経済にとっ
て国の経済を支える重要なセクターでもある。
 大震災の復興と東京オリンピック開催による東京周辺での施設建設、都心部
の再開発、ビル建設需要など公共投資、民間投資の拡大が続く中で業績を押し
上げてきたが、一方では人手不足による人材採用難、資材高などのコスト増要
因もあって業績はここ直近は高水準ながらほぼ横ばい傾向にある。

 この先はどうかというと2025年開催の大阪万博に向けた建設需要の盛り
上がり、交通網整備、社会資本老朽化対応、リニア新幹線建設などのプロジェ
クトは豊富でかつてのような仕事がなくなる事態は想定できないが一時的な端
境期は生じる可能性がある。

 丁度ここから1、2年程度は端境期となる。
 そうした先行きへの漠然とした不安感があっての株価の低迷が見出せる。


 大手ゼネコン株の中では同社は競技場の建設などに実績を有し、最も東京オ
リンピックのシンボル的な存在であった。そのために経常利益も2018年3
月期に1853億円を上げるなど他の大手ゼネコンを上回るとなり時価総額も
約1.5兆円規模にまで高まった。それが現在は8100億円の水準となった。

 この水準をどう見るか先行きは読みにくいが、現状の収益水準との比較では
指標面でかなり割安感も感じられるようになってきた。とは言え、漠然とした
先行きへの不安感が横たわり、下値模索の展開がなおも続く可能性がある。
 自社株買い、配当利回りの下支えなどがここから先のポイントとなる。

 また、日本の建設技術が世界市場でどう生かされるのか、またAI、IoT、
BIMなどの効率化、安全施策が建設工事の世界でどう取り込まれ収益向上に
結びつこうとしているのかに注目すべきだろう。



2.信和(3447):安値更新中で配当利回り向上

 岐阜に本拠を置く建設現場で使われる仮設資材のメーカー。
 2018年3月に上場。ゼネコン株の不人気と同様に同社株も概ね右肩下が
りの展開が続く。
 高値は2018年7月の1197円。直近の安値は917円(PBR1倍)。
 今期の予想配当金44円で利回りは4.8%近くに高まる。
 次世代足場の大型案件が減速し業績はやや伸び悩んでいる(今期予想経常利
益19.9億円)が、ピークとなった2017年3月期の水準(25.59億
円)に向かうものと期待。
 有利子負債(前期末62億円)の削減を継続し、財務内容の改善を図るほか、
海外市場の拡大に注力。配当狙いの買いが入りやすい点でいけば900円接近
場面は狙い目とはなるが、ゼネコン株と同様の中長期的なスタンスが求められ
る。



3.フルヤ金属(7826):筆頭株主、三菱商事の株式売却後の値下がり傾向

 昨年11月の高値8470円から6月4日に3165円まで売られた。
 その後やや戻してはきたが、直近はまた売られている。

 先端産業向け貴金属加工メーカー。
 研究開発型企業でこのところは貴金属価格の上昇で業績拡大。その中で筆頭
株主の三菱商事が保有する145万株のうち100万株の株式を売却。同社が
自己株買いで引き取った形。
 その後の株価下落が見られるが日韓の軋轢、米中貿易摩擦などによる輸出関
連企業への評価の低下などから売りが優勢となっている。

 テクノロジー系の銘柄としては大化けに要素を秘める銘柄だが、実際にはど
うだろう。8月8日に開催予定の1Q決算説明会に出て確認したい(その内容
は8月13日付の有料メルマガにて報告の予定ですのでぜひ購読お申込み願い
たい)

 有料メルマガ「炎の投資情報」ご案内ページ http://www.honohfm.com/


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第67回「今週の億の近道銘柄」がアップされました。


 第67回「今週の億の近道銘柄」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/1563429845
 【YouTube】https://youtu.be/Y3j2D0BLwfg

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。
 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めております
ので宜しくお願いします。


===================================


◆コラム「相川伸夫の名証IRレポ」


■相川伸夫ピックアップ銘柄フォロー
 ※7月19日(金)執筆時点

・山王(3441)2016年12月19日配信
 株価560円⇒730円(+30%)
・テノックス(1905)17年2月20日配信
 株価815円⇒830円(+2%)
・LCホールディングス(8938)17年4月3日配信
 株価894円⇒1249円(+40%)
・特殊電極(3437)17年6月12日配信
 株価2922円⇒5070円(+74%)
・東北特殊鋼(5484)17年9月4日配信
 株価1831円⇒1426円(−22%)
・新報国製鉄(5542)17年10月2日配信
 株価1577円⇒1190円(−25%)
・パウダーテック(5695)18年2月19日配信
 株価4845円⇒2940円(−39%)
・東京エレクトロンデバイス(2760)18年4月6日配信
 株価1970円⇒1986円(+1%)
・アバント(3836)18年6月25日配信
 株価945円⇒1971円(+109%)
・神戸天然物化学(6568)18年8月13日配信
 株価2718円⇒1425円(−48%)
・丸順(3422)18年9月18日配信
 株価826円⇒533円(−35%)
・クロスフォー(7810)18年10月9日配信
 株価421円⇒378円(−10%)

※ピックアップ銘柄は買い推奨ではありません。
 私の目で面白い、アツイ要素がある!という理由で記事を執筆した企業の経
 過観察です。
 執筆から3年程度は継続ウォッチしていきたいと考えていますので、銘柄は
 今後さらに増える見込みです。


・クロスフォーの18年10月の記事以降、新規のピックアップ銘柄が出せて
 いない状態が続いています。
 言い訳としては今年に入ってから今も現在進行形で私の所属しているリンク
 スリサーチでの株の学校に向けた準備(私自身の講師としての能力アップを
 含む)に毎月150Hは当て続けている状況です。

 ↓株の学校(名古屋)※募集はすでに終わり、現在進行形で講義をしていま
  す。
 https://double-growth.com/wp-content/uploads/2019/04/kabu_school_nagoya.pdf

 ↓もし、今後の株の学校の開催について連絡が欲しい方は下記よりコンタク
  トください。
 https://double-growth.com/contact/

 頑張る所存ですが、以上の理由で今しばらくはピックアップはまだ更新でき
ないかもしれません。
 現在温めてるのが3社くらい候補があるのですが、まだ取材も出来ておりま
せん。
 書くからには納得の行く仕上がりのものにしたいので、準備が出来たら書か
せて頂きます!



■名証IRエキスポ


 今年もこちらに参加させて頂きました。
 以前、丸順の記事を書かせて頂いたのは、この名証IRで同社を初めて知っ
たのがきっかけです。

 今回は株の学校の講義が土曜日にある関係で金曜日の1日しか回ることは叶
いませんでしたが、かなり有意義な時間でした。
 当日挨拶を含めブースを回ったのが15社程度、取材レベルでお話を聞いた
のは7社となりました。

 その7社の事をここで書きなぐるのも分析していない単なる取材のメモを書
くだけになるので、私のピックアップ銘柄の丸順の事について簡単にではあり
ますが報告をさせていただきます。


■丸順の技術の『ボス』への取材で確認できた事

※先に断っておきますが、会話における相互の認識のズレ等も多少あるかもし
 れませんのでご了承ください。

Q、アルミの展示品は試作型を新規に起こして作った?
⇒試作型を新規に起こして精度出しをして作った。製品はN−VAN?と同じ
 で精度も出せることを証明できた。

Q、そのアルミのショット数は本番(現状の量産でのショット数)と同じで打
  った?
⇒同じショット数の速度で打ったもので作ったもの。もちろんアルミは高いし、
 これは試作だから連続生産ではしていないけど、実際の量産をしても寸法精
 度や外観品質の違いは大きくは起きないと思う。量産をしたらそこで新たな
 問題は出てくるという話は製造の仕事には付き物だからそこは話は別。
⇒もちろんセンターピラーをアルミで生産する日は来ない(アルミで作るのは
 強度が弱すぎるから)けど、現状の丸順の持つ実力を対外的に示すことがで
 きる事が今後の仕事の受注につながるからこういうことにチャレンジしてい
 る。

Q、アルミの製品っていつ頃採用されると思う?
⇒これはまだまだ先の話だと思う。現状では強度とコストで折り合わないから。
⇒しかし、こんな難しい材質でも精度が出せるんだぞって、カーメーカーから
 「アルミでやりたい」って言われたときにいつでも対応できるように準備を
 整えている。

Q、工場に行った時に入口においてあった超ハイテン(1470Mpa)のセ
  ンターピラーは試作型で作ったの?これは寸法精度も出せてるの?
⇒これも新規に試作型で作ったもの。もちろん寸法精度も外観品質も出してい
 る。
⇒これも先程と同じでメーカーが超ハイテン(1470Mpa)でやりたいと
 いわれたらいつでも対応できるように準備をしている。
⇒ちなみに他社の製品のホットスタンプ品を買って寸法を取って、これも試作
 型で精度が出せるかトライした結果、冷間加工でホットスタンプ品が出来て
 しまった(笑)
⇒ただ、完璧に出来たというわけではなくホットスタンプ仕様のR部などはそ
 のままだとヒケができてしまったりするからさすがに少し設変してもらう必
 要はあるかもしれないが、ある程度出来るのではないか?1470MPaの
 物でそれ以上の硬さや形状によっては当然無理なものも出てくるし、現状は
 もちろんまだ仕事はない。これも技術力アピールの一環。

Q、気になってるのは前に「金型整備スタートから良品取り出来るまでの整備
  回数は?」と聞いた話。5年前だと7回くらい整備出しにかかっていたと
  の事だけど、最近はどれくらいで出来るようになっている?これが長くか
  かると金型製作が赤字になってしまうから私は一番のリスクだと思ってる。
⇒これは昔に比べて今ではおおよそ半分の整備回数でできている。
⇒それはCAE解析の精度を大きく上げれてきていることが大きい。

※CAE解析ってなに?って思う方は↓を参考。
※外部サイト【初心者必見】CAE解析とは?基礎をわかりやすくまとめました
 https://persol-tech-s.co.jp/hatalabo/mono_engineer/412.html

⇒精度出しはプレスした製品に対してカラーマップ(※カラーマップというの
 は3次元測定したデータを良品のデータとのズレの大きさで色を付けて可視
 化するソフトウェアによる解析の事)で取ってベストマッチング(データの
 ズレが一番少なくなるように合わせてズレを見る方式)で作り込みに行って
 いる。
⇒ゲージでの測定は基準面の影響が大きく、測定が暴れすぎるから次の流れで
 整備している。
 1)試し打ち
 2)カラーマップで製品の3D測定(誤差は0.3以下??少ないとのこと)
 3)3DCADデータの図面値とのズレをコンピュータで数値化
 4)CAE解析で目標値までの金型の形状データの数値化
 5)金型を肉盛り(機械)&切削(機械)&仕上げ(職人、サンダー、ベビ
   ー、ベルトン)
 6)金型をカラーマップで3D測定(狙い通り削れているか?どれだけズレ
   ているかの現認)
 7)試し打ち(これで1サイクル)

⇒CAE解析に使うコンピュータやソフトも良くしたから演算にかかる時間は
 2H程度?、金型の精度出しは平均3〜4サイクルで出せるようになった
 (これはトンデモなくスゴイ事!金型に携わってない人には伝わらないとは
 思う)

Q、日々量産していく中で原材料の超ハイテン(1170MPa)の原材料の
  硬さバラツキの変化は最終製品にすさまじく影響して品質が暴れると思う
  けど、それはどうしてるの?
⇒おっしゃるとおり原材料の硬さのバラツキの影響はとても大きい!!原材料
 の伸びや硬さによって出力される製品は様変わりしてしまう。590Mpa
 のものよりも1470Mpaの方がこの影響度も上がるし、金型の精度出し
 の難易度も上がる。材料の硬さと金型製造難易度は二次関数で上がるイメー
 ジ(めっちゃ分かる!)。
⇒そこで材料調整(ロットのバラツキ範囲の制限)をしている。
⇒それによって品質を担保する工夫をして供給している。

Q、金型整備の1サイクルは大体どのくらいの期間で出来るの?
⇒手番の段取り抜きで考えるなら2日?で1サイクル。
⇒実際には機械の空き具合であったり、突発の仕事もあるからそういう風には
 仕事は回っていない。

Q、どういうところに難しさがある?
⇒ご存知と思うが、プレスを打つ時にはその金型もたわんでおり、その応力に
 よってプレス機もたわむ、それを正しく認識していかないといけない。製品
 だけを見るのではなく金型の剛性なども含めて常に相対的に見ていかざるを
 得ないところに難しさがある(めっちゃ分かる!)。
⇒あとはいまだに深絞りすれば成形できるとおもっている人もいるが超ハイテ
 ンの領域ではそんな風に作ることはできない(硬いから伸びが低く割れたり
 ヒケたりしてしまう)。
⇒だからあらかじめ前工程で特異形状に見込んだりもする工夫をしないといけ
 ない。
⇒まだまだ我々も技術を磨き研究していかなければならない。


 丸順のブースでは大変マニアックでその業務のコアな部分に携わっていない
と分からないところを深く聞けて大満足し、また金型に関わっていた経験のあ
る私にはその難易度が想像できるので感銘を受けました。
 これだけ素晴らしい技術力をお持ちになられていても中々それを対外的に伝
えることは容易ではありません。
 私の記事がその少しばかりの助力にでもなれたら幸いです。

 私の中でさらに丸順のリスク(金型製造における失敗のリスクと今後の仕事
の受注が上手くいかないリスク)はさらに低下し、魅力が高まったことは言う
までもないでしょう。

 また、このような内容は私が丸順に対して真剣に取材しているという事も一
因としてあるかもしれませんが、基本的に『誰でも』聞くことができます。

 こうやって直接企業に取材して開示されていない事について根掘り葉掘り聞
くことはインサイダーでもなんでもありません。
 昔に比べるとネットで手に入る企業の情報は飛躍的に増えましたが、それで
もホントのコアな部分はネットでは手に入りません。

 企業への電話もメールもバンバンすれば良いと思います(くだらない内容や
礼節を欠くのは論外)。

 しかし、それよりも難易度が低いのが企業IRイベントへの参加です!

 まだ参加されたことが無い方はぜひ参加してみてください☆


それではまた。


『全力全開全力前進!!!』


(相川伸夫)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/cridaibiat
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【山本潤セミナー&座談会開催のお知らせ】

■長期投資と投資指標を考える!
 山本潤氏セミナー&個人投資家すぽ氏との座談会開催!!


 この度、DFR助言者山本潤氏のセミナーと、著名な個人投資家すぽ氏との
座談会を開催します。

 ●山本潤氏セミナー「まだ一喜一憂してるの? 長期投資のススメ」
  なぜ即儲けようとするのか?なぜ不確実な未来に大事なお金を賭けるのか?
  確実性の高い指標やデータを活用し、需給に左右されることのない長期投資
  についてお話しします。

 ●山本潤氏&すぽ氏座談会
  「逆」道場破りとも言うべきスタイルで数々の企業分析を行い、高い人気を
  誇る個人投資家すぽ氏と山本潤氏が座談会を行います。
  PER不要論を主張する山本氏に、PER以外ほとんど利用しないすぽ氏の
  二人が揃ったら、どのような話になるのか?なぜダメなのか?それに代わる
  指標や、企業分析の方法は? それら気になる内容を深掘りしていきます。
  ・利益率の重要性(なぜ利益率ではなく「売上費用売上比率」なのか)
  ・配当性向は重要か?
  ・企業に望む成長率はどれぐらいか?
  ・成長余地をどう読み解くか?
   …など

 ●質疑応答では、お申込時にいただいた参加者からの質問を中心に、
  2氏それぞれが考える資産形成に必須な事柄を考察していきます。
  個人投資家ながら稀代の論客としても知られるすぽ氏と、
  プロとして20年運用に関わってきた山本氏がズバリ答えます。

 山本潤氏 http://okuchika.net/?cid=6
 すぽ氏Twitter @spo_toushi


■日時:8月25日(日)13:30〜16:45

■場所:東京都渋谷区

■参加費:4,000円(税込)


■スケジュール
 ・山本潤氏セミナー「まだ一喜一憂してるの? 長期投資のススメ」
 ・座談会「参考にする指標と調査分析のコツ」
 ・質疑応答「資産形成に必要なこと」


■懇親会 17:00〜19:00
 セミナー座談会終了後、会場近隣の飲食店で行います。
 山本潤氏、すぽ氏も参加します。
 セミナー座談会で質問しきれなかった事柄や、
 他の投資家との交流をお楽しみ下さい。
 別途参加費3,000円(税込)が必要です。
 お申込フォームで参加有無をお知らせ下さい。


■お申込方法
 以下のURLをクリックし、お申込フォームへお進み下さい。
 必要事項を入力後、入金画面へ遷移します。

 こちらをクリック ⇒ http://bit.ly/2YGMgx8


 上手くいかない場合はお気軽にご連絡ください。

■注意事項:
 お申し込み後、ご入金頂いた受講料は当日遅刻及び欠席された場合でも
 原則として返金致しませんので、ご了承下さい。

皆さまのお申込をお待ちしております。

主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム


===================================


◆小説「株仲間のぼやき(その4)」


 晴海トリトンスクエアはWからZまで4つの建物で構成された一つの街であ
る。
 そこにはオフィスはもちろん、レジデンス、小売店、スーパー、飲食店、銀
行などもあり日々賑やかに人の往来が見られる。

 トリトンブリッジを渡ってすぐのところにある2階につながるエスカレータ
ーを上がり、見渡すと各建物につながっている巨大ホールの存在感に圧倒され
る。

 その中の一つであるX棟で開かれる晴海トリトン株同好会では会長の田崎と
その友人で会の盛り立て役であるキャバクラ好きの与太慎一の明るい声が響き
渡っていた。


与太:「会長、もう予定開始時間を10分も過ぎてまっせ。多摩ちゃんの話は
 良いから、そろそろ始めましょうよ。」

会長:「わかったよ。与太さん。今日はいつもよりお客さんの数が多いんで張
 り切っていきますよ。」


「皆さん、本日もお集り頂き有難うございます。株は山あり谷あり、波乱万丈
の世界ですが、このところの米中貿易摩擦で皆さんの運用はいかがでしょうか。
今日は新会員の方にもお見え頂いておりますので最初にご紹介しておきます。
あのバズーカ砲トークで有名な経済評論家の下年(けねん)翼さんです。
それでは下年さん、一言で!!構いません。ご挨拶願います。」

下年:「皆さん、宜しくお願いします。下年と申します。バズーカ砲!!今日
 も一発発射しました。経済評論家はしてますが、株では逆神と言われ、儲か
 った試しがありません。私も今日から皆さんのお仲間に加えさせて頂きます
 ので宜しくお願いします。
 とにかく株は難しい。なかなか良い銘柄に出会わないのでこの会で巡り合い
 たいと思います。・・・」

 この後下年はまさにバズーカ砲のごとき言葉を10分にわたり放ち続けてい
た。

 会場に足を運んでいた会員の多くが何やら疲れのようなものを覚えようかと
いうその時、会場にきらりと一筋の光が差した。
 女性会員の少ないトリトン株同好会だけにその輝きはまばゆいばかりだった。


会長:「アッ、五奥さん。どうぞどうぞ。皆さんお待ちかねですよ。」

と会長の田崎が手招きして迎え入れるとそこにあつまった会員の視線が彼女に
注がれた。その中でもとりわけキャバクラ好きの与太の目の色が変わった。


会長:「下年さんのお話の途中ですが、丁度今、株女子として売り出し中の五奥
 さんがお見えになりました。今や動画投稿サイトの閲覧回数20万を超える
 人気の株女子の中でもひときわ人気の株女子です。五奥さんにもご挨拶願い
 ます。」

五奥:「皆さん、こんにちは。株女子の五奥です。今日は田崎会長のお招きを
 頂きやって参りました。取材先から直に参りましたので少し遅れてしまいま
 したが、宜しくお願いします。」


 五奥が色気たっぷりに挨拶をするものだから、与太の心は既に夢心地。
 ちゃっかりと彼女の隣に席を陣取って話の続きに耳を傾けた。


五奥:「田崎会長にはいつもお世話になっております。ですからトリトン株同
 好会の皆様に何かお役に立てられればと思って今日はやって来ました。とこ
 ろで皆さん、最近、株で儲かってますか?きっとなかなか儲かってないんじ
 ゃないですか。」

与太:「そうなんです、五奥さん。この会は株大好きな会長を慕って集まって
 頂いている同好会ですが、会長のご託宣であるバリュー株に添い寝してしま
 ったのでね、大きなやられもない代わりに儲けも少ないというのが現状なん
 です。今や目の覚めないバリュー株を介護しなきゃならん。そんな状況を何
 とかしようと今日は特別会議を本格的に開催しようと皆さんに集まって頂い
 たと言う訳です。申し遅れましたが私はこの会の発起人の一人である与太慎
 一と申します。以後お見知りおきを願います。」


 与太は敢えて目立つように会長のような発言を五奥の前でして見せた。


会長:「五奥さん、与太さんの言う通りです。それは私の不徳の致すところで
 はあります。何しろ建設セクターのバリュー銘柄にたくさん投資してしまい
 身動きが取れなくなってしまいました。そんな事情で五奥さんにも加わって
 頂き、楽しいお話をお聞かせ願えると有難いです。」

五奥:「はい、承知しました。皆さん、建設セクター銘柄でお困りなのですね。
 東京オリンピック開催決定で3年以上も株価が上がった銘柄群だけに仕方が
 ないのかも知れませんね。でも皆さん、今日は私からとてもホットで夢のあ
 る話題を提供しますから宜しくお願いします。」


 五奥がそういうとまた、会場の入口から入ってくる人の姿が見えた。手には
スーパーの袋と日の丸のついた扇子、スーツの左肩の近くでは日の丸のごとき
赤く丸い宝石がキラキラと揺れながら輝いている。その男こそ証券アナリスト
の円創 守だった。

 会長は円創の姿を目にすると、ニッコリと笑顔で目くばせした。


会長:「本日は五奥さんのほかにアナリストで本会のストラテジストでもある
 円創さんにも後で加わってもらいますから宜しくお願いします。」


 円創は株同好会の隣にあるスタジオで動画投稿サイトで視聴できるアナチャ
ンという株番組の収録を行っていた。今日も収録担当の北原照夫に促されるよ
うにスタジオの席について、隣の会場のことなどお構いなしに話はじめた。
 アナチャンは約10分の短い番組。短い時間でアナリスト円創が注目する銘
柄を話をし、それが株価に影響もするからこのところ視聴者の数がうなぎ上り
で増加していた。

 かん高い円創の声がスタジオの外まで響き渡り、株同好会の会員の耳にも入
ってきた。


円創:「皆さん、今日は。円創守です。AI関連銘柄のアクセル(6730)
 は私が大化け候補銘柄としてアナチャンで取り上げて以来、500円台から
 750円まで急騰を演じましたが、その後を追いかける可能性のあるバーチ
 ャレクスホールディングス(6193)についてお話していきたいと思いま
 す・・・。」


 アナチャンの収録内容が一般の方が視聴できるのは翌日の昼頃。株同好会に
来るとそれが少しだけ早くわかるという特権があった。

 株同好会に集まった会員には短期で動く銘柄に目がない億田直気の姿があっ
た。億田は手にもったメモ帳に聞こえてくる円創の話す銘柄をメモしていた。

(この後は私の有料メルマガにてお楽しみ下さい。お申込みはお早めにお願い
します。)
 有料メルマガ「炎の投資情報」ご案内ページ http://www.honohfm.com/


(次回に続く・・・)
(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


◆コラム「PBR0.6倍割れ企業経営者へのアンケート調査」


 米中貿易摩擦に続く、日韓の軋轢が日本株の上値を重くしています。ここは
耐える局面ですが、投資家としては不安感がある中ではなかなか積極的に腰を
据えた投資ができないものと思われます。

 市場内ではいくつかの足の軽い銘柄が物色気運を高めてはいますが、局所的
な現象です。それでも全面安にはいかずに個別銘柄を物色しようというエネル
ギーが残っているだけでも救いです。


 ネガティブな意見に耳を傾けてばかりでは前には進めませんね。何かの拠り
所を見出すためにも情報収集は不可欠です。

 いつまで右肩下がりの傾向が続くのか?投資家は止めどなく続く株価下落の
トレンドをただ眺めていくだけでは能がありません。投資がリスクオフした結
果の株価下落を大きく反転させてくれる材料を見出すことにここでは専念した
いと考えます。


 長期値下がり傾向が見られPBRが0.6倍切っている建設セクターの2つ
の企業経営者に億の近道より以下のようなアンケート調査をしてみたいと思い
ます。


1.創業433年の超老舗建設会社、松井建設(1810)の松井社長へ

 御社は1586年に創業され寺社仏閣の建築では日本有数の建築技術をお持
ちになっているかと思います。投資家は単純に利益がどうだということだけで
はなく御社の技術力への評価があるものと思われます。
 それに加えて御社の業績は向上し2017年3月期には64億円近い経常利
益を上げておられ、オリンピック開催に向けた民間建築需要も取り込んでの業
績向上への評価も高まったものと見られます。
 しかしながらこのところの御社の株価は2016年7月の高値1345円以
来、約3年にわたり低迷し6月26日には602円という安値をつけました。
この株価水準は時価総額184億円という水準です。直近になって多少戻って
きつつありますが、そこで以下のアンケート調査にお答え下さい。

1)建設業界の未来は暗いとお考えでしょうか。
 A:暗い B:明るい C:分からない D:どちらとも言えない

2)東京オリンピック需要がピークを打った後の業績は大きく低下するとお考
  えですか?それともそうはならないとお考えですか?
 A:大きく低下する B:高水準を維持する C:更に一段と伸びる
 D:分からない

3)2)の質問で高水準を維持する、ないし更に一段と伸びるとされた理由は
  何でしょうか。(複数回答OK)
 A:都心の大型プロジェクトが継続する。
 B:2025年の大阪万博の需要が高まる
 C:日本経済の不況突入で人手不足が解消し人件費、労務費の低下、資材高
   の落ち着きで収益性が向上する
 D:AI、ロボット化の進展で人手に頼らず効率化が実現
 E:東京オリンピックで様子見だった地方でのプロジェクトが始まる。
 F:社会資本老朽化への対応ニーズが高まり受注が拡大する
 G:MMT理論をバックに積極財政が打ち出され学校や福祉施設などの建設
   需要が拡大する

4)御社の株価は先週末現在、661円ですが、これはPER6.7倍、PBR
  0.53倍、配当利回り3.78%です。時価総額は202億円と支払い
  のために保有されている期末現預金(196億円)と短期有価証券(50
  億円)の合計246億円を大きく下回っています。しかも投資有価証券
  103億円も保有されている一方で無借金となっています。
  この株価水準をどのようにお考えでしょうか?
 A:どう考えても安過ぎる B:まあ、安い C:妥当 D:高い

5)現在の配当性向25%をどうお考えでしょうか。
 A:低い B:妥当 C:高い

6)敵対的買収防衛策を継続させながら上場を続ける意味はあるでしょうか。
 A:ある B:ない C:どちらとも言えない

7)株主数(前期末単元株主数2874名)について今後増やしていきたいと
  お考えですか。
 A:増やしていきたい B:現状のまま自然体でよい

8)個人株主づくりのために優待制度の導入はお考えですか。
 A:考えたい B:まったく考えていない C:増配で応えたい



2.来年に設立50周年を迎える建設基礎工事業界の雄、テノックス(190
 5)の佐藤社長へ

 御社はテノコラム工法に代表される独自開発の基礎工事技術をベースに公共
工事から民間建築向けの基礎工事までをビジネス領域として着実な発展を続け
てこられました。いよいよ来年は東京オリンピックの開催とともに御社の設立
50周年という節目の年にあたります。投資家、株主の皆さんはここからの新
たな発展を大いに期待しているものと見られます。
 すでに中期計画では2021年3月期の経常利益を15億円として投資家に
アピールされていますが、そうした中期計画は無視されて2017年11月の
高値1355円以来、株価は3月26日の安値780円まで1年4カ月にわた
り下落傾向を辿り、その後も低水準横ばいの動きが見られるようです。
 そこで以下、アンケート調査にご協力頂けましたら幸いです。

1)建設業界の未来は暗いとお考えでしょうか。
 A:暗い B:明るい C:分からない D:どちらとも言えない

2)東京オリンピック需要がピークを打った後の業績は大きく低下するとお考
  えですか?それともそうはならないとお考えですか?
 A:大きく低下する B:高水準を維持する C:更に一段と伸びる
 D:分からない

3)2)の質問で高水準を維持する、ないし更に一段と伸びるとされた理由は
  何でしょうか。(複数回答OK)
 A:都心の大型プロジェクトが継続する。
 B:2025年の大阪万博の需要が高まる 
 C:日本経済の不況突入で人手不足が解消し人件費、労務費の低下、資材高
   の落ち着きで収益性が向上する
 D:AI、ロボット化の進展で人手に頼らず効率化が実現
 E:東京オリンピックで様子見だった地方でのプロジェクトが始まる
 F:社会資本老朽化への対応ニーズが高まり受注が拡大する
 G:MMT理論をバックに積極財政が打ち出され道路や橋、新幹線などの建
   設需要が拡大する

4)御社の株価は先週末現在、830円ですが、これはPER7.0倍、PBR
  0.50倍、配当利回り3.98%です。時価総額は57.2億円と支払
  いのために保有されている期末現預金74億円を大きく下回っています。
  しかも無借金経営を貫かれています。
  この株価水準をどのようにお考えでしょうか?
 A:どう考えても安過ぎる B:まあ、安い C:妥当 D:高い

5)現在の予想配当性向28%をどうお考えでしょうか。
 A:低い B:妥当 C:高い

6)株主数(前期末単元株主数1706名)について今後更に増やしていきた
  いとお考えですか。
 A:増やしていきたい B:現状のまま自然体でよい

7)個人株主づくりのために優待制度の導入はお考えですか。
 A:考えたい B:まったく考えていない C:増配で応えたい。

8)自己株買いについては昨年9月と本年3月に実施されましたが、今後も実
  施される考えですか。
 A:実施したい B:現段階では考えていない
 C:株価が更に下がるようなら実施したい



 日本の株式市場にはまだまだたくさんの低PBR銘柄があります。
 こんな風に皆さんもぜひIR担当者を通じて社長にアンケート調査をされて
みてはいかがでしょうか。きっとIR担当者が驚くでしょうね。
 しかも億の近道の読者のお一人お一人からアンケートが行ったら、どんな反
応があるでしょう。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:ビジネス




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガ特別版!
現在闘病中の火曜日執筆者、石川臨太郎氏の有料メルマガです。 現在特別版を1ヶ月分販売中! 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM