<< 書評:武士道 | main | 為替市場動向〜G20待ち?動きづらい〜 >>

億の近道2019/06/26


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2019/06/26

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:式町みどり)


    ◆コラム「為替市場動向〜G20待ち?動きづらい〜」


===================================


■ お知らせ ■


【億近水曜版執筆者、小屋洋一氏のマネーライフプランニング主催】
★資産運用のプロが教える、投資初心者から卒業する方法★


 投資を行う前に事前準備が必要なことは知っているでしょうか?

 その準備がちゃんと出来ていない人は、いつまでたっても投資で資産形成が
出来ず、良くて数万円のお小遣い稼ぎ、ダメな時はその倍の損失を出して一喜
一憂しているのです。

 今回のセミナーでは、9割の投資家がやっていない投資をする上で最も重要
な事前準備についてお話しします。

 この準備をするだけで、貴方は
 1)自分に最適な投資金額が分かる
 2)長期で自信を持って投資を行える
 3)暴落時に喜べる投資家メンタルになれる
 4)投資の利益が数万円というお小遣いレベルではなく、数十万円、数百万
   円のレベルになる
という一段上の投資家になれるでしょう。

【日時】
 2019年6月29日 13時半〜15時半

【場所】※場所は後日変更になることがあります。
 銀座ラーニングセンター
 中央区銀座3−14−13 第一厚生館ビル5F

【定員】
 35名

【参加費】
 2000円

詳細、お申込はこちら ⇒ http://www.okuchika.net/?eid=8497


===================================


◆コラム「為替市場動向〜G20待ち?動きづらい〜」


 週末、月末、四半期末、海外ベースでは半期末が重なり、節目ならではの取
引も多かったと見られます。さらには、今週末のG20開催、特に米中首脳の
会談の行方が注目されるところから、今週は動きづらい感があります。


 先週注目を集めた米国の金融政策決定のための6月FOMC。

 すでに市場では、年内の利下げ確率100%。2度の利下げを織り込む中で
行われる中、当局の利下げへの決意を確認した結果となりました。直近の金利
予想は、7月に0.25%下げる見方が約8割、0.5%下げの見方をするエ
コノミストが約2割、9月には現在よりも0.50%は利下げされ政策金利で
あるFF金利が1.75%−2%になるだろうとみるエコノミストは7割とな
っています。

 米国の利下げが期待から現実的になってきたことを株式市場は好感はしてき
たものの、昨日、パウエルFRB議長が外交委員会で行った講演中に触れた
”経済の下振れリスクが強まった”とするコメント、また、7月の0.5%利
下げ期待は行き過ぎとしたセントルイス連銀総裁の発言に、昨日のニューヨー
ク市場はネガテイブに反応しました。
 米国国債10年物利回りは、6月のFOMC後、一時2%を割る場面もあり、
2%を挟んだ動きが続いています。
 米中貿易協議の行方、米対イラン対立による中東緊張。G20開催の今週末
をはさみ、様々な駆け引きが報じられるものと思います。都度、市場が一喜一
憂で反応すると予想されます。


 利下げ期待は欧州にも?

 先週、欧州中銀ECBのドラギ総裁は、ポルトガルのシントラで、追加緩和
の可能性が直近の理事会で示したよりも高いことを示唆しました。今回のシン
トラ(ドラギ総裁とは縁が深い)での発言は、直後でこそユーロ安に反応しま
したが、ドル安の流れと半期末要因もあってか、ユーロは対米ドルで週明けに
1.14台をつける場面がありました。10月に任期を迎えるドラギ総裁。発
言への影響力の低下もあるかもしれません。

 昨日は、ドイツ国債10年物金利は、マイナス0.333という史上最低金
利に低下したこともあり、ユーロは1.13台半ばまで低下しました。
 ドラギ総裁の後任候補としては、ドイツ、フランス、フィンランド等の中銀
総裁が挙げられています。もし、タカ派と言われるドイツのバイトマン氏が就
任した場合には、ユーロは大きく反転する可能性もありそうです。
 今後、欧州中銀の人事にも注目していく必要があります。


 米国の利下げ、中東情勢の緊迫もありリスクオフ状態の中、ドル円相場は、
5カ月ぶりの安値圏に。昨日は、106円70銭台をつけました。今日は、期
末要因によるドル需要と見られる買いも出ているものの、市場がリスクオフへ
と更に傾けば、円高方向への警戒は強まるものと思います。今年年初に瞬間つ
けたとされる104円70銭が意識されてきます。

 先週行われた日銀の政策決定会合では、現状維持の決定のみでした。大方の
予想通りとはいえ、追加緩和の政策カードのなさを改めて見たように思います。


 6月に入って、対米ドルでは、ほぼ全ての主な通貨が上昇。ドル安となりま
した。一方で値上がりが目立ったのは、金価格とビットコイン。


 全般的なドル安基調の中で、最も上げ幅が少なかったのが豪ドルでした。先
週には、対円では73円90銭台をつけ、直近でも74円80銭台です。
 中国とも米国とも貿易関係の比率が大きいオーストラリアは、米中貿易摩擦
の影響をもろに受け、自国でも利下げもしたことが為替相場を下落させました。

 かつては、好金利として日本の投資家の間では人気があり、豪ドル建て保険
を保有する方も多いので心配ではあります。
 金利面でも、米ドル10年物国債で2%に対して、豪ドルは1.28%(直
近)と見劣りがあり、直ぐの利下げは当局から否定されるも、先週の理事会で
は追加利下げの可能性は話し合われた模様。今後の豪ドルの反発を後押しする
要素が今見る限り乏しいとも思えます。

 ここ5年間、10年間の豪ドル対円の平均は85円水準。今年年初に瞬間の
安値70円台をつける場面もありました。現在の水準は、安値圏にあるとも言
え、反発の潜在性を秘めているとも考えられます。どちらにしても、米中貿易
摩擦の行方がかかっていると言えます。

 今週のG20での米中首脳会議が、ここでも注目されます。


 最後までお読みいただき、ありがとうございました。


※6月26日東京時間午後0時半執筆
 本号の情報は6月26日東京市場始値ベースを参照しています。
 なお、記載内容および筆者見解は参考情報として記しています。


式町 みどり拝


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/phaeuounio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


■第14号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第14号レポート配信中!】

 今週掲載の銘柄は、既存業界に新たな切り口で参入し、巧みに収益を上げる
仕組み作りが得意な好業績企業をピックアップ。新規事業の伸長と海外進出の
進展で今後の高業績維持が期待されます。
 レポートでは保守的に業績予想をしているが、もう少し楽観的に理論株価を
想定出来ると監修の山本氏が評しています。
 深掘りレポートをぜひお読み下さい。

 金曜日までにお申込/ご入金の方は、この第8号レポートをお読みいただけ
 ます。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


■ お知らせ ■


★病気に負けるな石川臨太郎! 石川臨太郎応援企画 全12号配信中♪★


【村田雅志の「石川臨太郎有料メルマガ生涯パートナー銘柄の研究」の研究】

 この応援企画(「生涯パートナー銘柄の研究」の研究)は、有料形式で計
12回のメルマガとしてご提供しています。
 2008年12月より10年間配信されていた有料メルマガ509回分全て
を分析し、研究いたします。それらに掲載された銘柄情報を中心に、傾向分析
や現在の評価などを加味して解説します。

村田氏の思いはこちらをお読み下さい
  ⇒ http://www.okuchika.net/?eid=8303

======


●第4号(4/9配信号)より

 研究銘柄として取り上げられた250社(重複を除く)の中には、TOBな
どにより上場廃止となったものがいくつかあります。その数は、なんと22社。
研究銘柄の約9%が、研究銘柄として取り上げられた後に上場廃止となってい
ます。
(中略)
 ご覧のとおり、上場廃止となった研究銘柄の多く(22社中16社)は、
2009年から11年の間に研究銘柄として取り上げられています。
 この期間は、世界的に景気が軟調で、いわゆるアベノミクス相場の前でもあ
りました。このためか、この時期に選ばれた研究銘柄の多くは、いわゆる割安
銘柄であり、結果としてTOBやMBOのターゲットになったと思われます。

 興味深いのは、上場廃止となった研究銘柄のほとんどが、石川さんがメルマ
ガで取り上げてから2〜3年経過していることです。このため、現在から2〜
3年前に研究銘柄として取り上げられた研究銘柄は、もしかしたら、そろそろ
TOBなどで上場廃止になるかもしれません。

 そこで、ここでは次の基準に該当する企業を「上場廃止候補」研究銘柄とし
て取り上げてみました。
(後略)


●第6号(4/23配信号)より

 後ほど、「2)選んだ理由の箇条書き」を整理するとわかることですが、研
究銘柄を選び出す理由の多くは、いくつかの基準に基づいて優良とされるもの
を選び出す方法(いわゆるスクリーニング)です。このため、研究銘柄を選び
出すためのルール(のようなもの)がわかってしまえば、石川さんでなくても
誰もが研究銘柄を選び出すことができますし…
(中略)
 箇条書きは、銘柄にもよりますが、少なくとも3つの理由が示され、多いと
理由が9つくらいまで増えます。ただ、メルマガを確認すると、記載されてい
る理由は、概ね次のように整理することができます。
(後略)


●第11号(5/28配信)より

 K社の株価は、「生涯パートナー銘柄の研究」で初めて取り上げられた20
14年に15%、2015年に7%と、着実に上昇しましたが、2016年に
は10%以上の下落。ところが、2017年には45%も上昇しました。
 2018年に入っても、K社の株価上昇基調は変わらず、1月下旬には995
円まで上昇。しかし2月中旬には825円まで下落し、その後は800円台前
半でのもみ合いを続けます。
(中略)
 このように、石川さんはK社の事業価値や資産価値に自信を持っており、株
価下落に対して狼狽えることなく、むしろ割安感が増したと判断しています。
 その後、K社の株価は、石川さんの見立て通り、上昇基調を取り戻し、6月
には1,000円を超える水準に達しました。
(中略)
 仮にK社の時価総額が、同社が保有する金融資産と賃貸等不動産の含み益の
合計に近づくと想定すれば、K社の株価は67%程度の上値余地があることに
なります。
(後略)


●第12号(6/4配信)より

 今回は、最終回として、あらためて、石川臨太郎さん、とは何者?(笑)な
のかを整理したいと思います。
 今回の整理をきっかけに、読者の中から「第2の石川臨太郎」が生まれてく
れると(私としては)大変うれしいです。
(後略)


 詳細・お申込はこちら ⇒ http://www.okuchika.net/?eid=8393


===================================


■ お知らせ ■


【第2回大魔神氏注目銘柄セミナー+YEN蔵氏座談会開催!!】


 本年2月に開催し、大好評だった大魔神氏によるセミナーを開催します。
 また都合により実現できなかったYEN蔵氏との座談会も併せて行います。
 独特の相場観と投資スタイルを持つ大魔神氏の目線は、新たな発見をもたら
してくれるはずです。
 日経CNBCや各種セミナーで引っ張りだこのYEN蔵氏も、相場観やトレ
ード方法、銘柄ピックアップなどで大魔神氏と対談します。


[前回参加者の声(アンケートより)]
・今後の相場観、日経平均と225銘柄との関係性の話が面白かった。
・初めて大魔神さんの講演を聴いたが大変分かりやすかった。
・自分のフォーカス外にあるセミナーには今後も参加したい。
・今まで何故と思っていたことを教えていただき大変勉強になった。

 ぜひご参加下さい。


■日時:2019年7月14日(日)13:30〜16:45

 ●大魔神氏セミナー内容 13:30〜14:30(60分)
  1.現状のマーケット概況と評価
  2.今注目する投資テーマ・銘柄
  ※内容は変更することがあります。

 ●大魔神氏&YEN蔵座談会内容 14:40〜16:40
 (120分・休憩込み)
  1.[短期目線]寄り付き前の準備と寄り付き後のトレードの仕方
  2.[中期目線]現状のマーケットでの銘柄の発掘方法
  3.質疑応答
  ※内容は変更することがあります。

■場所:東京都渋谷区

■受講料:7,000円(税込)
 ※セミナー終了後に懇親会があります。別途参加費が必要です。

■申込方法:以下のURLからお申し込み下さい。

 ⇒ http://bit.ly/2XTwChy

■注意事項:
 お申し込み後、ご入金頂いた受講料は当日遅刻及び欠席された場合でも
 原則として返金致しませんので、ご了承下さい。


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、最新〜2005年1月分まで掲載しておりますが、
順次過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まと
め読みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:経済全般



JUGEMテーマ:FX



JUGEMテーマ:外国為替




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM