<< ミステリアスな株式相場の話 | main | 有料メルマガライブラリから(288)「しっかりと業績の状況を見極めてセル・イン・メイに備える」 >>

億の近道2019/04/23


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2019/04/23

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
        (本日の担当:石川臨太郎&大原浩)


   ◆コラム「有料メルマガライブラリから(288)」:石川臨太
   ◆コラム「書評:二宮尊徳 財の命は徳を生かすにあり」:大原浩


===================================


■ お知らせ ■


■第5号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【本日第5号レポート配信!!】

 今週掲載の銘柄は、高シェアで安定成長している企業をピックアップ!
 業界の見本となるべき存在です。
 もちろん、理論株価算出方法も解説しています。
 深掘りレポートをぜひお読み下さい。

 金曜日までにお申込/ご入金の方は、第5号レポートをお読みいただけます。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


◆コラム「有料メルマガライブラリから(288)」


 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライ
ブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致し
ないことを予めご了承下さい。


=コラム「しっかりと業績の状況を見極めてセル・イン・メイに備える」=
 (有料メルマガ第379回・2016/5/2配信号)

※2016年5月現在の内容です。留意してお読み下さい。


― 世の中では『セル・イン・メイ(5月に売れ)』というアノマリーがあり
  ます。しかし業績が伸びていくことが確実に見えている企業の株価がアノ
  マリーで売られたら、この安く買うチャンスを掴んでおくことで将来の利
  益を増やすことができるので、しっかりと企業のファンダメンタルズを把
  握しておきたいと考えて日々努力しています。 ―


 ミスターマーケット(=投資家の総意という意味で使っています)は、経験
則に従うことも多いので、いままで必要以上に下げている日本株が、更に5月
には売り込まれるかもしれません。

 しかし経験則に逆らってみることも自分の運用頭脳を鍛えることになります。
私は株価はどう動くかは読めないが、業績を予想することは十分に可能だと考
えて準備しています。

 しかし新たな買いを実行するには決算短信を確認してからでも充分に間に合
うと考えて、思惑で決算発表前に買うことを我慢しようという努力も続けてい
ます。


 株式市場には、理論では明確な説明ができないものの、よく当たるといわれ
る経験則というものが存在します。これをアノマリーと呼びます。

 『セル・イン・メイ(5月に売れ)』もこのアノマリーの一つです。相場に
は人の心理が大きく作用しますから、金融工学的な理論だけでは説明がつかな
い現象がしばしば発生します。したがって、こうしたアノマリーを意識して投
資をすることは意外と重要です。

 ミスターマーケットは経験則に従うことも多いからです。

 しかし、こうしたアノマリーは、明確な定義がない分、時代や環境によって、
その意味が次々と変わったりしますから、実際に活用する場合には注意が必要
です。

 『幸運の女神さまは細部に宿る』とも言われています。幸運の女神さまの合
図は、わずかな変化に現れることが多いことから、このように言われているの
だと考えています。

 そして『幸運の女神さまは、一番努力して準備をしたものに舞い降りる』と
も言われています。

 つまり細部に宿った幸運の女神さまのウインク(=合図)を見逃さない能力
を鍛えることも、重要な準備の一つだと私は考えて実践しています。

(中略)

 日本株に投資する投資家の好みは偏っており、常識的には考えられないよう
な動きをしています。したがって、フライング投資のリスクはますます高まっ
ています。

 特にアノマリー的に株価が下げることが多い5月には、慎重に投資行動を行
うほうが良いと考えています。

 新しい購読者もおられるので、過去に書いてきた重要だと思っていることを
繰り返しておきたいと思います。


 私も若かりし頃は『ガツガツガッポリ稼ぎたい。』『とにかく早く大きく稼
ぎたい。』と思いながら株式投資を行っていました。

 そう思いながらも臆病な性格なので、用心をしすぎた、へっぴり腰スタイル
で株式市場と向き合っていたので、それほど早く大きく稼ぐという夢は、実現
することができませんでした。その代り、株式投資から強制退場をくらうよう
な致命的なダメージをうけることもありませんでした。

 多くの幸運に助けられて、株式投資でも着実に利益を積み重ねることが出来
て、その稼ぎを勝ち逃げさせて、賃貸不動産投資や私設年金に資金をシフトし
ていたので、60歳から私設年金を受け取ることが出来るようになってきて、
現在の物価レベルなら株式投資に依存しなくても『ホッコリと生活を楽しむ』
ことが可能な状態を作り上げることができました。

(中略)

 内需100%の企業で財務内容も良く、低PERかつ低PBRかつ自己資本
比率が70%も80%ある企業が増益修正を発表しても株価が上がらないなら、
まだ良いのですが下げてしまうことも良くあります。何を基準にして投資判断
を行っていけばよいのか迷いが生じます。

 過去の経験から考えると、一時的にこのような状態が続いても2年から3年
くらいのスパンで後から見直すと、やはり低PERかつ低PBRかつ自己資本
比率の高い企業の株はいつのまにか大きく上げていることが多かったことも忘
れてはいけないと考えています。

(中略)

 自分が信用取引を行っていなくても、自分以外にも大きく相場を張っており
破綻に近い人々が生き残るためにロスカットの売りを出してきたことで、株価
が連鎖して下がり、多くのレバレッジ投資家の売りを誘発させます。

 そのために現物で投資するだけの、より安全な株式投資(=どんなに損をし
ても投資元本額の範囲までの損失であるという意味です)をしており、どんな
に割安な株に投資していても、リスクオフで株式市場から逃げ出す投資家たち
の影響を被ります。

 そのとき本質的な企業の価値より、瞬間的に大きく下げたバーゲン価格で、
株に投資するためには、普段から投資対象の企業の本質的価値をしっかりと確
認しておくことと、資金的な余裕を持っておくことが必要になります。

 『セル・イン・メイ』で株価が下がる銘柄があり、その銘柄がもし、投資す
る価値が高いと判断できている割安な銘柄であるならば、今まで以上に安く投
資できるチャンスになります。

 投資環境の悪化でリスクオフとなった市場では、多くの企業の株が、その企
業の『本質的価値』とは違うバーゲン価格まで下落することが多いです。

 その時に買いたい株と同じように下げている自分のポートフォリオ銘柄を処
分して売って(=買値からはかなり上げており含み益となっている場合もあれ
ば、買値より下げて含み損となっている銘柄もあります)資金を作ろうとする
ならば、どの株を売るかの判断を短期間に下さなければならなくなります。

 当然のことですが、現在持っているポートフォリオ銘柄も自分が厳選して選
んで投資した、色々な意味で割安なバリュー株がほとんどです。市場で一時的
についてしまったバーゲン価格と比較して『本質的価値』が高い企業ばかりで
す。

 そのような株を売っても欲しい、より割安な株であるかどうかの判断も瞬時
に行わなければなりません。普段から自分のポートフォリオ銘柄を評価しなお
しておくという作業(=準備)も必須事項です。

 そして投資の判断を行って実行した投資の結果が、自分が予想した動きとは
逆で売った株が上がって、買った株が下がるという、ダブルパンチの損の往復
ビンタ(=値上がり益の喪失と、買った株の含み損の増加)というダメージを
被ることも多々起こります。この状態が一時的な場合もあれば、長期間継続し
てしまう場合もあります。

 過去の長い経験が生きる時もあれば、まったく想定外のリスクが発生して、
自分の思惑を吹き飛ばす事態が起きてしまうことも起こります。

(中略)

 毎年のアノマリーの『セル・イン・メイ』で生じるような下落くらいで心臓
が縮んで身動きが取れなくなるような軟弱な精神力は、すでに持っていません。
投資に使う心臓には、十分すぎるほどの毛が生えました。

 しかし、どんなに図太くなろうとも、なるべく自分が投資している投資資産
の金額を減らしたくないという思いは当然のごとく強く維持しています。


 そのためには3月本決算銘柄に投資を行うならば、その企業の新年度の業績
予想を確認し、かつ、その企業の研究をしっかり行ってから投資行動をスター
トする。決算発表前に思惑でフライング投資などしなくても、十分に間に合う
と考えています。

(後略)


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)



★病気に負けるな石川臨太郎! 石川臨太郎応援企画 第6号配信中♪★


 本日第6号配信! 村田雅志氏による、石川臨太郎研究コンテンツ。

【村田雅志の「石川臨太郎有料メルマガ生涯パートナー銘柄の研究」の研究】

この応援企画(「生涯パートナー銘柄の研究」の研究)は、有料形式で3カ月
間(計12回)のメルマガとしてご提供いたします。そして、応援企画で生ま
れた売上は、(必要最小限の必要経費を除いた後に)全額、石川さんのお見舞
い等に利用させていただきます。


 2008年12月より10年間配信されていた有料メルマガ509回分全て
を分析し、研究いたします。それらに掲載された銘柄情報を中心に、傾向分析
や現在の評価などを加味して解説します。


 石川臨太郎氏が常日頃言っていた、

「私には特別なことは何もない凡人だ。誰でもできることをやっているだけだ。
そして”自分にもできそうだ”と思ってもらい、私のやってきたことを皆さん
に身につけてもらえれば望外の幸せだ。」

と言うことを推進するため、石川臨太郎氏の投資法を、皆さんに分かりやすい
ように解説していきます。

 ぜひご購読下さい。

村田氏の思いはこちらをお読み下さい
  ⇒ http://www.okuchika.net/?eid=8303

======


●第6号(4/23配信)より

 後ほど、「2)選んだ理由の箇条書き」を整理するとわかることですが、研
究銘柄を選び出す理由の多くは、いくつかの基準に基づいて優良とされるもの
を選び出す方法(いわゆるスクリーニング)です。このため、研究銘柄を選び
出すためのルール(のようなもの)がわかってしまえば、石川さんでなくても
誰もが研究銘柄を選び出すことができますし…
(中略)
 箇条書きは、銘柄にもよりますが、少なくとも3つの理由が示され、多いと
理由が9つくらいまで増えます。ただ、メルマガを確認すると、記載されてい
る理由は、概ね次のように整理することができます。
(後略)


第1号目次
 ■有料メルマガで取り上げられた企業数
 ■メルマガで一番取り上げられた企業は?
 ■3回以上取り上げられた企業をすべて紹介

第2号目次
 ■石川さんは化学好き?〜研究銘柄を業種別にみる
 ■石川さんは意外と大企業嗜好?〜研究銘柄を市場別にみる
 ■石川さんは中型が好き?〜研究銘柄を時価総額別にみる

第3号目次
 ■生涯パートナーの絶対条件!〜研究銘柄を自己資本比率で整理する
 ■赤字企業は嫌い!〜研究銘柄をROEで整理する

第4号目次
 ■低利益率でも大丈夫?〜研究銘柄を営業利益率で整理する
 ■上場廃止銘柄を確認する

第5号目次
 ■まずは確認〜メルマガの構成
 ■研究銘柄の語り方
 ■創業時期などの沿革、事業の紹介
 ■株価や業績の変化

第6号目次
 ■研究銘柄の語り方
 ■「研究銘柄に選んだ理由」の構成
 ■常に現状をチェック〜研究銘柄として選んだ銘柄の最近の動向
 ■株価下落リスクを可能な限り避ける試み〜選んだ理由の箇条書き


=====

●申込要項

 これは3ヶ月限定の企画です。
 いつ購読開始しても、全てのコンテンツをお読みいただけます。

購読料:全12回(3ヶ月) 9,720円(税込)
配信日:毎週火曜日 3月19日〜6月4日の12回

 ご購読開始日以前の既配信分は、入金後にまとめて配信させていただきます。
 例)4月1日ご入金の場合、3月19日・3月26日の既配信分をお送り致
   します。


 お申込はこちら ⇒ https://goo.gl/xwdPn4


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第238号、好評配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第238号
が好評配信中です。


【10連休を前にした投資作戦や銘柄情報満載!!】


【4/22 第238号では】


■相場の視点
■赤字6銘柄のフォローコメント
■2019年2−4月IPO銘柄チェック
■個別注目銘柄の株価動向
■そろそろ注目したいクロスフォー(7810)時価290円
■1700円台で推移するズーム(6694)は仕込みのチャンス?!


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


◆コラム「書評:二宮尊徳 財の命は徳を生かすにあり」


 書評:二宮尊徳 財の命は徳を生かすにあり
 小林惟司 著、ミネルヴァ書房
 https://amzn.to/2ICxQK4


●真の革命家・尊徳

 二宮尊徳(金次郎)は歴史に名を残す有名人だが、その功績・人柄が誤って
伝えられている典型であろう。

 戦前の修身の教科書に、明治天皇の次に多く取り上げられていることから、
軍国主義教育と結び付けられがちだが、むしろ尊徳は戦後GHQや米国人の研
究者から「リンカーンに匹敵する民主主義の巨星」とほめたたえられたくらい
である。

 まず、農民から幕臣にまで大出世したことだが、本人が望んだことでは無い。
むしろ、尊徳のすぐれた行政・財務改革に嫉妬・畏怖した小田原藩の家老をは
じめとする武士の抵抗勢力が、小田原藩の改革に口を出せないように祀り上げ
てしまったというのが真相だ。

 実際、ほぼ同じ時期に小田原藩はとてつもない功績を残した尊徳に、藩への
出入りを禁止するという忘恩行為を行った。逆に言えば、尊徳は権力を握る武
士たちから恐れられていたのである。

 さらには、入浴中に槍で突き刺されそうになるという暗殺未遂事件まで起き
ている。

 言ってみれば、キューバ革命の立役者チェ・ゲバラのように、民衆とともに
国を創っていこうという強い意志を持った人物であったのだ。

 ただ、悲しいかなゲバラは暴力で政府を打倒し、恐怖と暴力で民衆を支配す
る共産主義の道を誤って選択したために、悲劇的な最後を遂げることになった。

 それに対して尊徳の選択は、マハトマ・ガンジーの「非暴力不服従」に似て
いる。江戸時代の革命行為といえば一揆や打ちこわしであったが、それらには
一切関与しなかった。

 非暴力について言えば、暴力行為で、農民(庶民)の暮らしが良くなるわけ
では無い。むしろ新田を開発し、治水などの土木工事を行い、既存の田畑の生
産性をあげることこそ、農民を幸せにすることだという信念があったのだと思
う。

 また不服従も徹底している。いくら藩や幕府の重臣たちからの依頼であって
も、行政・財政改革が成功する条件がそろっていないと考えるときっぱり断る。
封建社会ではとても勇気のいる行為だ。

 過去に素晴らしい行政・財政改革を行った実績があるとともに、その恩恵を
受けた農民たちの支持があったからできたとも言える。

 現代で言えば、一介のサラリーマンが、財務省・厚生労働省などの官僚のて
いたらくに悩む首相から任命され、(地域限定とはいえ)行政・財政改革のリ
ーダーになるようなものだ。

 しかも、尊徳は「分度」という財政支出の上限を決めなければ、仕事を引き
受けなかったから、官僚である武士の給与は事実上尊徳が決めることになる。
武士(官僚)たちが尊徳を憎んだのも当然といえる。

 実際、現在の日本の官僚組織は幕末の武士よりもひどいかもしれない。尊徳
のような真の革命家が登場することを願う。


●ダヴィンチ・空海と尊徳

 ダヴィンチも空海もマルチ人間として有名だ。同じように尊徳もマルチ人間
である。

 科学の面では、治水工事、農業秘術などにおいて、当時最先端の技術を駆使
している。ブラックな長時間労働では無く、科学的農業によって生産性を向上
させたことが、世間に知られていない「二宮マジックの秘訣」である。その知
識・洞察は、薪を背負いながら本を読む(この話そのものは創作のようだが…)
読書家であったことと、農業の現場を科学的な視点で観察したことによって得
られた。

 また、空海も宗教家ではあるが、唐から学んだものや修験道者のものといわ
れる豊富な知識を使った治水工事などで、農村を豊かにしたことが現在まで敬
われる理由だ。

 また、驚くべきことに、複利の概念をきちんと理解し実践している。
 例えば、元金1両を年間5%で運用すれば、180年後には6800両にな
る(100万円が68億円になる)。尊徳の財政改革においてこの複利の概念
は極めて重要である。

 ただし、得た利益を使ってしまっては、この複利効果が効かないから、
「分度」(支出限度)を定めてその範囲で生活することが極めて重要なのだ。

 さらには、彼の弟子たちによって日本初の信用組合である掛川信用組合(現
在でも掛川信用金庫として活動している)が設立された。

 尊徳が確立した互助金融組織「報徳講」の「無利息貸付」は画期的なもので
ある。当時15%〜20%という高利で借金をしていた多くの人々が救われた。
期限が来たときに「元金」に「お礼」を添えるのが通例であったが、概ね1年
分の利息程度(借入期間は5年〜10年)であったし、あくまで任意である。

 再建(発展)途上においては、元利を徴収しないというのも、現在の再生フ
ァンドやベンチャーファンドと同じである。

 尊徳のたぐいまれな能力と先見性、さらにはその哲学は現在でも価値がある。
残念ながら敗戦後、軍国主義の象徴として銅像などが破壊されたのは悲しいこ
とである。

 GHQ(米国)は、むしろ尊徳の著作を米国独立宣宣言にも匹敵する「民主
主義」のお手本と評価し、戦後各種団体の名称から冒頭の「大」の文字を外す
よう指導を行った時も、尊徳の教えを受け継ぐ「大日本報徳社」は、民主主義
の偉大なリーダーとして例外にしたほどである。


(大原 浩)


★2018年4月に大蔵省(財務省)OBの有地浩氏と「人間経済科学研究所」
(JKK)を設立しました。HPは<https://j-kk.org/>です。
★夕刊フジにて「バフェットの次を行く投資術」が連載されています。
(毎週木曜日連載)


【大原浩の書籍】

★バフェット流で読み解くGINZAX30社2019年度版<上巻+下巻>
(昇龍社・アマゾンキンドル版)が発刊されました。
 上巻:https://amzn.to/2ztqB3m
 下巻:https://amzn.to/2L7olUf

★「バフェット38の教え・応用編」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
 https://amzn.to/2Lxd8sJ

★「バフェット38の教え」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
 http://amzn.to/2f7AZkD

★終身雇用の実力主義―バフェットとポーターに学ぶナンバーワン企業戦略―
 アマゾン・キンドル版
 https://amzn.to/2GdMYx2

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2018年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)が発刊されました。
 上巻:http://amzn.to/2wtdH3m
 下巻:http://amzn.to/2wjJTFE

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2017年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)
 上巻:http://amzn.to/2clE4yw
 下巻:http://amzn.to/2clFbxZ

★バフェット流で読み解く、GINZAX30社<特選・優良企業>
 昇龍社、アマゾン・キンドル版<上・下巻>2016年度版
 http://goo.gl/3icB5G
 http://goo.gl/ltVLIs

★『投資の神様』(バフェット流投資で、勝ち組投資家になる)<総合法令>
  http://goo.gl/MKtnf6

★「客家大富豪の教え」18の金言」に学ぶ、真の幸せをつかむ方法
 著者:甘粕正 <アマゾンキンドル版>
 http://goo.gl/rKIvhB

★「賢人バフェットに学ぶ・投資と経営の成功法則」
 昇龍社(アマゾン・キンドル版)
 http://goo.gl/UMxBYs

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2014)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/Blo6KT

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2013)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/iz1GUV


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/wriatavoup
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


 たけぞう氏「中長期投資家に向けた役に立つトレード法 セミナー開催!」
 +YEN蔵氏との座談会


◆見るのは3つの指標だけ!
 24年以上株式ディーラーで活躍してきた、たけぞう氏による中長期投資家
 向けのトレード法セミナーを開催します。
 株が大好きなたけぞう氏が、中長期志向の投資家に向けて、役に立つトレード
 の方法を伝授します。

◆YEN蔵氏との座談会も開催!
 外資系銀行で為替ディーラーだったYEN蔵氏との座談会も同時開催。
 トレーディングの哲学や極意など貴重な話題を聞けるチャンスです。
 Twitter: @YENZOU


【たけぞう氏よりご挨拶】

 はじめまして。たけぞうと申します。
 私は昭和63年(1988年)に証券会社に入社をして4年間、東京証券取
引所で場立ちをしました。その後2年間の事務部門を経て、平成6年(199
4年)に以前から希望していたディーラー部所への所属となりました。
 退任するまでの24年5ヵ月間をディーラーとして務めました。
 この間、約50億円を稼ぎ会社へ貢献しました。
 ですが昨年の春過ぎ頃、勤務していた会社から年内いっぱいで証券業務を撤
退するとの発表があり、昨年8月末に退職しました。
 現在は自己資金で株の売買をする傍らセミナーの講師やテレビ、ラジオなど
に出演させて頂いています。

 【たけぞう】の名前で8年間続けているツイッターのフォロワー数は、現在
54,000人を超えています。Twitter: @noatake1127

 私の得意な売買手法は短期売買です。
 保有は1〜2日、長くても1週間での売買です。
 その手法がお一人お一人にとってベストであるかどうかは分かりませんが、
ひとまずこの手法を「億の近道」の投資家の皆様に分かりやすくお話をさせて
頂きたいと思っています。

 約30年間の証券会社勤務では様々な事を経験をしました。
 またディーラーとして株の売買を日常業務にしていた約24年間は思った以
上に稼げたことや不本意にも大損をしてしまったことなど、数え切れないほど
の思い出があります。
 そして今現在も皆様と同じ、一個人投資家として謙虚に相場と向き合いトレ
ードをしている日々です。

 皆様と私の違いがあるとすれば私の方が少しだけ多く経験数があり、それを
自分の力として蓄積し、日々のトレードに役立てられている部分だと思います。

 現在の株式市場は機械化が進み、個人投資家にとり大変難しい環境になった
と思います。
 そこで私も様々な考えの基、株での収益をどうしたら安定的に上げられるか
模索しました。

 まずは原点回帰で今から出来る事を解り易く、中でも特に重要な部分を集約
して皆様にお伝えできればと思っています。

 どうぞよろしくお願いします。


【開催概要】

日時:5月25日(土) 13:30〜16:45
場所:東京都渋谷区
   場所の詳細は、お申し込み後にご案内いたします。

◆第1部 13:30〜15:00(90分)
 たけぞう氏セミナー
 1.自己紹介と証券ディーラーと言う仕事
 2.たけぞうのトレード手法
 3.中長期投資家にも役に立つ手法

◆第2部 15:10〜16:40(90分)
 1.たけぞう氏・YEN蔵氏の対談
 2.質疑応答
(内容及び時間は変更することがあります)

 懇親会 17:00〜19:00


 セミナー受講料:5,000円(税込)

※終了後、有志にて懇親会を行います。たけぞう氏、YEN蔵氏も参加します。
 参加費用は5,000円です。
 セミナーお申し込み時にお知らせ下さい。


【申込要項】

1.こちらのフォームに必要事項を入力・送信して下さい。

  http://bit.ly/2IuyTMf

2.お支払いはクレジットカード払いのみとなっております。



【注意事項】

1.当日の撮影・録音等は固くお断りいたします。
2.途中参加、途中退出も可能ですが、参加費は返金いたしかねます。


※当セミナーは、特定の金融商品を斡旋・販売するようなことはありません。
 純粋に情報提供ですので、安心してご参加下さい。

主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:書評



JUGEMテーマ:歴史




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガ特別版!
現在闘病中の火曜日執筆者、石川臨太郎氏の有料メルマガです。 現在特別版を1ヶ月分販売中! 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM