<< 炎の投資情報サンプル#235 2019/4/1 | main | 新元号相場 >>

億の近道2019/04/01


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2019/04/01

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
       (本日の担当:炎のファンドマネージャ)


◆コラム「新元号相場」
◆コラム「モノサシをどこかに置き忘れた株式相場」
◆コラム「上場企業は株のエンターテイナー 経営者は株価のプロデューサー」


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第235号、本日配信!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第235号
が本日配信です。


【今号も多くの個別銘柄情報掲載!!】


【4/1 第235号では】

■相場の視点
■活発な変動を見せる東証2部中小型銘柄(2銘柄)
■創薬ベンチャーの動向(3銘柄)
■クロスフォー(7810)決算説明会報告
■特別報告:モノサシをどこかに置き忘れた株式相場
■炎が注目するバリュー5銘柄ショートコメント
■IT系4銘柄ショートコメント
■100株、10万円以下で買える高配当利回り、低PER銘柄フォロー


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


◆コラム「新元号相場」


 新元号が本日、「令和」に決まりました。

 30年間続いてきた平成が4月末で終わり5月から令和の時代がスタートし
ます。

 株式市場は期待と不安が入り交じりながらも新たな時代をポジティブに捉え
ようとしているのかも知れません。

 ただ、元号が変わったからと言っても私たちの生活が極端に変わる訳ではあ
りませんが、一つの区切りになり、心新たに新時代を迎える国民が委縮気味に
きたマインドをやる気スイッチに変えるならあらゆることがポジティブなもの
となるかと思われます。

 新元号の下での株式相場への期待や関連企業への物色気運、10連休への期
待と不安など投資家各位の思いは複雑です。

 既に昨年上場のハンコヤドットコムを展開するAmidaHD(7671)
が上場来の高値を更新し続けているほか、光ビジネスフォーム(3948)が
直近になって人気化するなど、投資家各位の研究でホットマネーが市場を駆け
巡っている感が致します。

 新元号相場ではこうした特需銘柄に偏った動きが見られますが、いずれは消
費など景気全般への波及にも期待が持たれると更に盛上がりも期待されます。
 但し、その前に立ち塞がるのが消費税増税問題。今秋に予定されている8%
から10%への消費税増税が景気の先行きに暗くのしかかっていますので、現
状の景気を憂慮した思い切った政策変更などが5月の連休明けに打ち出される
かどうかを見守る展開が続きそうです。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■4月2日サービス開始!!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 いよいよ待望の個人投資家向け高品質企業レポートを4月2日から配信開始
いたします。

 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


 グロースとは成長株のこと。
 山本潤氏率いる「株の学校」で、山本氏をはじめとする講師陣の薫陶を受け
た精鋭アナリスト達が、成長株にフォーカス。銘柄を発掘し、その内容を詳細
にレポートします。
 毎週火曜日配信、1回に1銘柄の深掘りレポートです。
 毎回山本潤氏の監修コメントも入り、中長期のファンダメンタルズ投資家に
は最適な内容です。


1)仕事が忙しいので投資したら放っておける銘柄を知りたい
2)投資銘柄を調べたいが方法が分からない
3)どこにもない切り口の投資レポートを読みたい
4)成長株投資をしたい
5)投資候補銘柄を調べる時間がない
6)様々な投資情報サービスを試したが、今ひとつと感じている
7)短期投資でなかなか成果が上がらない
8)毎日相場を見ているのが疲れてしまった
9)ファンダメンタルズ投資の神髄に触れたい

などお考えの投資家にぜひご利用いただきたいサービスです。



【山本潤氏からメッセージ】

『NPO法人イノベーターズ・フォーラムのご協力により、客員アナリスト
たちのレポートの有料メルマガがスタートします。

機関投資家が短期売買志向となったためか、長期の企業業績予想が極端に少な
いのです。グロース銘柄発掘隊は長期の業績の予想をベースにリスクプレミア
ムの設定やバリエーションを行います。理論株価はあくまで一定の前提に立つ
上での参考に過ぎませんが、日本では珍しい長期業績の考え方を提供するレポ
ートを目指します。

また、バリュー投資やグロース投資といったスタンスの違いが証券会社のレポ
ートには見受けられませんが、グロース銘柄発掘隊は、長期グロース銘柄に特
化したレポートを執筆いたします。グロースなのかバリューなのかはっきりし
ない証券会社のレポートをグロース目線で補う存在を目指します。

最後に、四半期業績の細かいコストの説明に終始する味気ないレポートではな
く、取材に基づく骨太のレポートを目指します。
短期的な業績のブレに一喜一憂することなく、企業を長期の目線で応援してい
くことを目指します。

長期の業績の考え方やリスクを共に考えていく存在を目指します。

グロース銘柄発掘隊の小月隊長は株の学校東京2期生です。
彼の指揮下、隊員たちは、週に一本のフルレポートをディープに発表します。
どれも個性あふれるレポートです。
投資家のみなさまにおかれましては、ぜひ、グロース銘柄発掘隊の客員アナリ
ストたちへのご支援をよろしくお願い申し上げます。』

そのほか、山本節が読める全文はこちら ⇒ https://goo.gl/rAjKKg


まずは以下のリンクから、サンプルレポートをお申し込み下さい。

山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」

毎週火曜日配信(祝日の場合は翌平日に配信)
購読料:1ヶ月10,800円(税込)

 サンプルレポートお申込はこちら ⇒ https://goo.gl/K7fkcR


※サービス開始は4月2日です。


発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム


===================================


◆コラム:モノサシをどこかに置き忘れた株式相場


 杓子定規という言葉があります。
 株式市場で誰もが常識的に使っている杓子や定規、つまり株価の価値を評価
するモノサシはPER、PBR、配当利回り、それにPCFR(キャッシュフ
ローレシオ)など。こうしたモノサシに株価を当てはめては割安だの割高だの
と御託を並べるのがアナリストという職業人です。

 そうしたモノサシを使うという習慣が最近薄れてきたと感じる皆さんも多い
のかも知れません。文字通り杓子定規で株式投資していても成果は上がらない
という投資家は感覚的なテーマ株投資に勤しむことになります。
 夢を語れないバリュー株ではなく、現在人気の成長テーマ(AI、5G、
IoT、RPA、サイバーセキュリティ、自動運転、遺伝子治療、創薬、働き
方改革、国土強靭化など)や新たな投資テーマに沿った銘柄に軸足を置くこと
で高い運用成果を求めようという投資家も増えているようですが、こうした市
場の潮流についていくかどうかは皆様の自己判断に委ねられます。

 成長株投資が株式投資の王道ながら、多くの投資家に認知されてしまった場
合は既に株価に織り込まれているケースも多い。また、成長テーマを抱える材
料銘柄には赤字だったり財務内容が悪化している銘柄が目白押し。まさに産み
の苦しみのような企業へのドリームフォロー投資と旧来のモノサシ重視の株式
投資が綱引きをしているような展開がどこまで続くのか、リターンを求める皆
様の関心がどこに向かうのか目が離せません。

 ここに来て、元気のなかったキャッシュリッチなバリュー銘柄が成長テーマ
や業績の好転を背景に評価が変わってきたという事例が見られます。

 バリュー株の評価が成長株、テーマ株、に変わると株価は居所を変える。
 モノサシをどこかに置き忘れてきた株式相場に変化の兆しがないのか、こう
したことが横展開でまたその他多くのバリュー銘柄に伝染していく可能性がな
いのか、筆者は秘かに研究しているところだ。

**有料メルマガではこうしたバリュー銘柄が新たな材料発表、変化とともに
  人気を集めるキャッシュリッチなバリュー銘柄の事例を取り上げておりま
  す。ご興味ある方はご購読をお願いします。

 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 炎チャンネル第53回「配当落ちを終えて」がアップされました。


 第53回「配当落ちを終えて」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so34866102
 【YouTube】https://youtu.be/6bd2kyrYxww

 ぜひご視聴下さい。


 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。
 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めております
ので宜しくお願いします。


===================================


◆コラム「上場企業は株のエンターテイナー 経営者は株価のプロデューサー」


 2019年もはや4月。1−3月の株式相場はいかがだったでしょうか。
 全体相場が頭重い中で個別にはなかなか面白い動きを見せた銘柄も多く、投
資家の皆さんも楽しまれたのではないでしょうか。


 上げるにせよ下げるにせよ株価の変動は見ていると面白いものです。
 投資されている皆さんにとっては上げる分には良いけど、下げるのは嫌でし
ょうが株価に変動は付き物。何らかの事由で変動を繰り返すのが株だから致し
方ない。

 株価の変動を見ているだけなら良いが保有されている株が下落するのを黙っ
て見ているのは耐えられない。そこでポートフォリオを組んで変動リスクを小
さくすることを投資家の皆さんは自然体で行っておられるものと思います。
 中には損を切って動きの良い銘柄に乗り換えていこうとされる積極行動派の
投資家もお見えになると拝察致しております。


 上場企業と投資家の橋渡しを担う私のような役回りの者は株価の変動につい
て語るのが常ですが、よくよく考えると上場企業はこうした変動が付きものの
株のエンターテイナーなのではないでしょうか。世の中にはこんなことを言う
方はいないのかも知れませんが、本日は敢えて自己主張させて頂きたいと思い
ます。

 上場企業の経営者及び経営首脳陣はIPOを果たしてから自社株がどのよう
に評価され、変動を見せるかを関心を持って見守っているものと思います。
 同様に投資家は企業に委託した経営をベースに発表されてくる様々なリリー
スを参考に売買を続けることになります。
 株価を決めるものは様々ですが、企業業績をコアにその先行きを占う新製品
や新規事業などが加わり、その内容がリリースされながら変動を続けている点
を考えれば、経営を任された上場企業の経営者は間近に見える従業員のための
経営も当然ではありますが、究極は不特定多数の顔の見えない株主(一種の観
客)の期待に応えるためのエンターテイナー的な活動を続けることになります。

 経営者は自らが企業のオーナーであったりもしますが、株価(=時価総額)
を高めることをミッションとして課されています。これが上場会社の基本的な
存在価値です。業績を高めて企業価値を上げていくことで株価が上昇するとい
うのが使命であり、これを長期的な時間軸の中で続けていくことが求められる
訳です。
 時価総額を高めるのは既存事業の業績向上のほか新規ビジネスの創業、M&
Aによる事業拡大など手段は様々。こうした活動状況を対外的なリリースや説
明会でのアピールを通じて投資家に訴求することなど企業の積極的なIR活動
がこれからますます活発化する筈です。

 観客の皆さんに自社の活動を大いにアピールして拍手喝采を受けるエンター
テイナー的な経営者がこれからも市場で大いに話題になるものと期待されそう
です。結果として株価は業績の悪化や先行き不安、マクロ経済の不安、需給悪
なども合わせ大きく売り込まれることも多いのですが、経営者はそうした自社
の株価の先行きや経営環境まで含めた造詣を持ったプロであるべきです。

 そうした意味で経営者は自社の株価変動を司るプロデューサーとも言えるの
かも知れません。仮に株価が低迷しているのであれば、どうやって立て直すか
を考えて提示していく必要があります。


 低迷続きの銘柄が多い現在の株式市場にあって多少でもこうした発想で自社
経営にあたる経営者の一段の踏ん張りと、そうした経営者の存在に着目する投
資家の台頭に大いに期待したいと思います。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


★病気に負けるな石川臨太郎! 石川臨太郎応援企画 第2号配信中♪★
 ※いつ購読開始しても、全てのコンテンツをお読みいただけます


 明日第3号配信! いよいよ個別銘柄の検証を開始!
 村田雅志氏による、石川臨太郎研究コンテンツ。

【村田雅志の「石川臨太郎有料メルマガ生涯パートナー銘柄の研究」の研究】

この応援企画(「生涯パートナー銘柄の研究」の研究)は、有料形式で3カ月
間(計12回)のメルマガとしてご提供いたします。そして、応援企画で生ま
れた売上は、(必要最小限の必要経費を除いた後に)全額、石川さんのお見舞
い等に利用させていただきます。


 2008年12月より10年間配信されていた有料メルマガ509回分全て
を分析し、研究いたします。

 石川臨太郎有料メルマガは、毎週1回配信され、毎回1銘柄を深掘り調査分
析する「研究銘柄」と、投資に役立つテクニックや精神論、気になる銘柄をチ
ェックする「コラム」の主に2つの内容で構成されています。

 今回の有料配信では、それらに掲載された銘柄情報を中心に、傾向分析や現
在の評価などを加味して解説します。


 石川臨太郎氏が常日頃言っていた、

「私には特別なことは何もない凡人だ。誰でもできることをやっているだけだ。
そして”自分にもできそうだ”と思ってもらい、私のやってきたことを皆さん
に身につけてもらえれば望外の幸せだ。」

と言うことを推進するため、石川臨太郎氏の投資法を、皆さんに分かりやすい
ように解説していきます。

 ぜひご購読下さい。

村田氏の思いはこちらをお読み下さい
  ⇒ http://www.okuchika.net/?eid=8303

======

●第1号より

 みなさま。村田と申します。
 このたびは、石川臨太郎さんを応援する企画、「生涯パートナー銘柄の研究」
の研究にご賛同いただき、本当にありがとうございます。
 みなさまのご厚情に応えるべく、石川さんのこれまでの功績をわかりやすく
お伝えするよう頑張っていく所存です。
(中略)
 まず指摘すべきことは、石川さんのたゆまぬ努力でしょう。
 これまでメルマガは509回発行されました。メルマガがスタートした20
08年12月30日から休刊直前の2018年11月13日まで514週です
ので、石川さんは約10年のうち5回しか休んでいないことになります。
(後略)

第1号(3/19配信)目次
 ■有料メルマガで取り上げられた企業数
 ■メルマガで一番取り上げられた企業は?
 ■3回以上取り上げられた企業をすべて紹介

第2号(3/26配信)目次
 ■石川さんは化学好き?〜研究銘柄を業種別にみる
 ■石川さんは意外と大企業嗜好?〜研究銘柄を市場別にみる
 ■石川さんは中型が好き?〜研究銘柄を時価総額別にみる


=====

●申込要項

 これは3ヶ月限定の企画です。
 いつ購読開始しても、全てのコンテンツをお読みいただけます。

購読料:全12回(3ヶ月) 9,720円(税込)
配信日:3月19日より毎週火曜日
    3月19日〜6月4日の12回

 ご購読開始日以前の既配信分は、入金後にまとめて配信させていただきます。
 例)4月1日ご入金の場合、3月19日・3月26日の既配信分をお送り致
   します。


 お申込はこちら ⇒ https://goo.gl/xwdPn4


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガ特別版!
現在闘病中の火曜日執筆者、石川臨太郎氏の有料メルマガです。 現在特別版を1ヶ月分販売中! 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM