<< 【お知らせ】炎チャンネル第42回「謹賀新年」をアップしました | main | 若い甥に教えたい資産形成のための方法論や考え方 その4 >>

億の近道2019/01/08


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2019/01/08

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
        (本日の担当:石川臨太郎&大原浩)


 ◆コラム「若い甥に教えたい資産形成のための方法論や考え方その4」
      :石川臨太
 ◆コラム「書評:市場・知識・自由 自由主義の経済思想」:大原浩


===================================


■「大魔神のトレーディング&2019年投資銘柄選択セミナー」開催!!


 この度、トレーディングのプロ、大魔神氏にお願いして、セミナーを開催し
てもらうことになりました。
 億の近道読者はファンダメンタルズ志向の方が多いと推察されますが、投資
家の持つ武器は多い方が良いと考え、卓越したトレード技術と経験則に基づい
た銘柄選別力を持つ氏へラブコールを送りました。

 億の近道月曜版の相川伸夫氏にもリアルトレードセミナーを体験してもらい、
大魔神氏の実力に新鮮な驚きを感じたようです。
(体験レポート ⇒ http://okuchika.net/?eid=8156 )

 また、YEN蔵氏との座談会もあります。


■日時:平成19年2月2日(土) 13:30〜16:30

■場所:東京都
   (詳細はお申し込み終了後ご案内いたします)

■受講料:7,000円(税込)


 セミナー詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8145


===================================


◆コラム「若い甥に教えたい資産形成のための方法論や考え方 その4」


 私が株式投資で得たものは、お金だけではありません。


1.お金→自分の好きなことをする自由→好きなことを仕事にすること→人生
  の充実

 私が株式市場で得たものは、まずお金です。
 資金を加速度的に増やすことができました。
 私は投資でも仕事でも、最小のエネルギー投入で最大の成果、メリットを得
ることを考えて行動してきました。

 例えば株式投資についていうならば「楽して稼ぐ」という言い方をしていま
す。これは何も勉強や努力をしないで棚ぼた式に儲けることではありません。

 信用取引を利用して、儲かるときは精神的に高揚しますが、追い込まれてい
つ追証がかかるか、いつ市場から強制退場を宣告されるか。このような精神的
な苦痛を、絶対に受けない、精神的に余裕がある楽な株式投資を志し実践する
ことです。

 最小のエネルギーで最大の成果を得ることで、自分の持つエネルギーを一番
有効に活用できると考えているのです。

 株式市場で得たお金を株でさらに増やすばかりでなく、一部を日本のワンル
ームマンションや香港のファミリーマンションに投資することにより、不安的
な株式投資での収益を、安定的な家賃収入に切り替えるということも実行して
きました。

 香港のマンションは現地の不動産価格が暴騰し現地通貨建てで買値の3倍に
なったとき売却しましたが、ワンルームマンションは国内に10室所有してい
ました。

 このワンルームマンションは妻の強い希望で、すべて売却することに決めま
した。

 香港のファミリーマンションを購入したのは中国で天安門事件が起きた直後
でした。天安門事件の直後に香港に投資する勇気があったのも、株式投資を実
行して利益を得ていたことによる安心感からでした。株式投資で利益を得るこ
とで、お金が着実に増加していきました。

 2005年は日本の株式市場が非常に好調で、儲けることより損をしないこ
とに重点を置いている、投資家仲間に言わせるとリスクを取らない株式投資家
である私の株式投資でも、資産増加額が過去最大のものになりました。
 その後にライブドア・ショック、リーマン・ショック、東日本大震災と株式
市場に大きな暴落が襲ってきて、私の株のポートフォリオも被弾して、大きな
マイナスとなりました。

 しかし、現物投資しかしていない私は、生き残り、アベノミクスのおかげで
株で大きく稼ぐことが出来ました。


 2017年は信じられないほどの楽園相場でした。
 私の持っている株も大きく上がり、アベノミクス後の株の利益の60%程度
は2017年に稼ぎました。

 まさに2005年ごろと同じ状況でした。
 そこで私は有料メルマガの10月頃のコラムに『21年ぶりにやってきた勝
ち逃げのチャンスを最大限に生かす』ということを書き、アベノミクス後の利
益の60%を、キャピタル・ゲイン税を600万円以上払って、証券会社から
銀行にシフトして、通常の定期預金より利回りの高い1年定期預金などにシフ
トしました。

 この資金を株に戻そうと考えていましたが、満期が12月の満期で、中途で
解約すると少ない金利でも100分の一の利息になるので、ケチケチ精神を発
動して我慢しているうちに末期がんの宣告を受けました。
 不幸中の幸いだと、自分では感じています。

 2018年の日本株式市場の状況は、米国株に振り回されて、乱高下を繰り
返し、ついには短期間に底なしの下落を続けるようになりました。


 過去を振り返ると、不動産投資や金投資など資産運用全ての収益は2003
年からの3年間で8000万円を超えました。この資金を得たことで生活費を
サラリーマンとしての給与収入に依存しなくても良くなりました。
 つまり経済的独立を達成することができたわけです。

 アベノミクス相場では株だけで、9000万円を増やしましたが、2018
年12月だけで、このうちの1500万円以上を失いました。
 ただ誤差の内です。


 生活費をサラリーマンとして働いてきた給料に依存しなくて良くなったので、
好きなことを実行して、より有意義な人生を送るために勤めていた会社を退職
したわけですが、その後の道はけして平たんではありませんでした。

 当初の予定では、金融リテラシーを学ぶための講師としてセミナーを行うこ
とを考えていました。しかし一緒に投資の学校をやろうと計画していた勉強仲
間が方針を変更して投資の学校の開設を延期したこと。

 情報リスクを国や企業や個人がどのように把握して、どのように守っていけ
ばよいかを啓蒙するという、これまたワクワクする仕事にも参画しました。
 金融リテラシー教育面については本を書いたり、単発のセミナーを開催する
ことも準備していましたが、実現する前に数々の暴落が日本を襲ってきました。

 株式投資も不動産投資もいろいろ乱れ飛んでいる情報をいかに的確に把握し
て正確に分析するかによって、投資成果が大きく違ってきます。

 実は金融リテラシーの一部として情報リテラシーは非常に大切な能力となり
ます。

 このように好きなことを、自分で自由に選択することができるようになった
のは生活費を得るために、いままでの会社で苦痛に満ちた苦役のために自分の
時間を切り売りしなくて良くなったことが最大の要因です。
 そのために毎日ワクワクできる充実した日々を送れるようになりました。
 これが株式投資を実行したことによる一番直接的な成果です。



2.己を知ることができた(自分の性格を知ることができた)


 株式投資を実践することで、毎日、自分の欲と恐怖に振り回されることによ
り、今まで知らなかった自分の弱い性格ともろに出会うことになりました。

 まだ余裕資金が殆どないうちに株式投資を始めて、一か月のサラリー以上の
金額をよく知らない東証第二部の株につぎ込んだり、一年間の総所得に近い大
きな金額を一銘柄につぎ込んだりする大胆すぎる自分にも出会いました。

 また自信を持って投資したのに、値下がりにおびえて直ぐに売ってしまう、
臆病な自分にも出会いました。

 また欲をかきすぎないで、ほどほどで売っておけば、年率40%も儲かった
のに、もっと稼ぎたいと強欲をかいたために、その後に値下がりして、儲ける
どころか損をしてしまうような情けない体験もしました。

 けっこう我慢強い忍耐力のある自分にも出会うことができて、自分のよい面
を知ることもできました。

 株式投資をするまではまったく知らなかった自分を知ることができ、さらに
株式投資で利益を継続的に上げていける投資家になれるように、自分を訓練す
ることもできました。

 例えば株式投資で他人の意見を鵜呑みにして投資して失敗し損をしたとき、
最初はその銘柄を教えてくれた相手のせいにして恨んだりしていましたが、実
は株式投資で失敗して損をしたのは、全て自分の責任だと自分で認められるよ
うになりました。

 私も投資判断を間違えたときなど、その判断に影響を与えたものに責任を転
嫁して、自分の責任を自覚していない場合もありました。しかし失敗するたび
に、自分の責任を何かに転嫁していたのでは、失敗の原因を突き止めて、次回
に生かすことはできません。

 そのように反省してからは、店頭で注文したとき、その注文を間違えて出さ
れて、失敗してしまった場合も、再度注文の内容を確認してもらわなかった自
分の責任だと考えるようになりました。


 そのように自分の行動の結果を起こったことを自分の責任だと考えるように
なってから、重要な事項では再チェックなどを行うようにしています。
 しかしネット証券では、大事な場面で、誤発注して痛手を受けることも時々
あります。焦りで注文内容を確認しないときに起こります。

 ただ誤発注した時は、結果オーライということはしないで、利益が出ていて
も、損が出ていても一旦は清算して(=買ったものは売り、売ったものは買い
戻す)、その後もう一度買うか、売るかしています。

 このようにリスク管理が段々身についてくるようになりました。


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)


★石川臨太郎の有料メルマガ限定復活します!★

 詳細はこちら。 ⇒ http://www.iforum.jp/magazine.htm



このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第42回「謹賀新年」がアップされました。


 第42回「謹賀新年」
 【YouTube】https://youtu.be/M7p-pt7VU-A
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/1546937643

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。
 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めております
ので宜しくお願いします。


===================================


◆コラム「書評:市場・知識・自由 自由主義の経済思想」


 市場・知識・自由 自由主義の経済思想
 F.A.ハイエク ミネルヴァ書房
 https://amzn.to/2C5dgfP


●政府は必要である

 本書は、ハイエクが1945年から1973年までの間に行った講演、雑誌、
事典類への寄稿論文を抜粋してまとめたものです。

 ハイエクの思想を知るうえで重要な文書がたくさん掲載されていますが、あ
くまで<寄せ集め>ですので、一本筋の通った<体系>を求めている方には向
いていないかもしれません。

 第5章は<デイビッド・ヒュームの法哲学と政治哲学>というタイトルです
が、ハイエクが、アダム・スミスの盟友(後援者)であり、かつ当時を代表す
る賢人であったデイビッド・ヒュームの影響を強く受けていることがよくわか
ります。

 徹底した「自由主義」「市場主義」を強く主張したことで知られるハイエク
ですが、決して「無政府主義者」ではありません。国民が豊かな生活を享受す
るために、政府が行うべきことがあるということも述べています。アダム・ス
ミス同様、軍事(外国からの国民の防衛)、警察(犯罪からの防衛)を主張し
ていますが、通貨に関してもコントロールすべきではないが(この点がミルト
ン・フリードマンと異なります)、経済成長に十分な量の通貨を遅滞なく供給
すべきであると述べています。

 アダム・スミスが強調した特殊利権組織(スミスの表現では商工業者)のカ
ルテルを打破する「独占禁止」の政府の役割については、当然ハイエクも同意
すると思いますが、私の知る限りでは積極的な論述はありません。

 また、ヒュームの「人間本性論」(1740年にヒュームが29歳で出版)
から次の引用を用いて、国民に対して社会ルールを順守させる機関である国家
の重要性も説いています。「…定まった規則が無ければ次のような結果をもた
らすであろう。…そうだとすれば人間社会に無用の混乱が生み出されるであろ
うし、人間の貪欲と偏愛は、もしいくつかの普遍的原理によって規制されなけ
れば、世の中にたちまち無秩序をもたらすであろう」


●共産主義の無性生殖(クローン)、自由主義の有性生殖(多様性)

 アダム・スミスの国富論が1776年に発刊された後、80年以上も経った
1859年にチャールズ・ダーウィンの「種の起源」が刊行されましたが、
「人間社会・経済の進化」の概念が確立した後に、その思想をダーウィンが自
然界(生物)に応用したのです。そして、「人間社会・経済の進化」という概
念を生み出したのがデイビッド・ヒュームだとしています(アダム・スミスは
ヒュームの影響を受けた…)。

 それまでのキリスト教などのカルト宗教(一神教)では、「人間は楽園から
追い出されたから、この世もその理想の楽園に近づけなければならない」との
考えが支配的でした。

 つまり、「社会や経済にはあるべき姿が存在し、そのあるべき姿から外れた
社会や経済を特定の人間のリーダーシップによって<人為的に修正>しなけれ
ばならない」ということです。

 しかし、<あるべき姿>というのはいったい誰が決めるのでしょうか?
 それは、所詮不完全な人間が思い描いた一種の妄想にしかすぎません。

 そもそも、人類がこのような高度な思考が可能な「脳」を獲得したのは誰か
(神も含めて)がデザイン・設計したからではありません。進化の過程の<自
然選択>によって高度な能力を得たのです。

 ファシズム、共産主義、絶対王政、福祉国家(大きな政府)などの基本的な
考えは「正しいやり方が存在し、その正しいやり方を国民に強制する」という
ものです。しかし、これは生物学で言えば単細胞(無性生殖)生物の手法です。
自らと全く同じ(正しい)遺伝子を寸分たがわずコピーすれば、あっという間
に個体数を増やすことができます。共産主義やファシズムで「優生学」が発達
したのも偶然ではありません。

 しかし、このような単細胞(無性生殖)生物が生物界の覇者ではありません。
 なぜなら、金太郎飴のようなクローンを量産すれば、予想外の事態に直面し
たときにすべての個体が対応できず全滅する可能性が高いからです。

 我々人間も含めたほとんどの多細胞生物が有性生殖を行うのは、「多様性」
を確保するためです。人間が恋愛に注ぎ込むエネルギーを考えれば<有性生殖>
の非効率さがよくわかりますが、それでもオス(男)とメス(女)の遺伝子を
混ぜ合わせることによって起こる<偶然>が生物の進化の原動力なのです。
 そして、その有性生殖という七面独臭いことを延々と続けてきた生物が、生
物界で重要な位置を占めておりその頂点に立つのが我々人類なのです。

 人間社会でも、共産主義、ファシズムのように単性生殖でクローンを量産し
たほうが効率的だという議論がよく見受けられます。しかし、そのような社会
はまったく進化せずに、あっという間に時代の変化に置いてきぼりになります。

 手間がかかるようでも「市場」や「民主主義」で有性生殖を行う社会こそが、
持続的発展を行うことができるのです。


(大原 浩)


【大原浩の書籍】

★バフェット流で読み解くGINZAX30社2019年度版<上巻+下巻>
(昇龍社・アマゾンキンドル版)が発刊されました。
 上巻:https://amzn.to/2ztqB3m
 下巻:https://amzn.to/2L7olUf

★「バフェット38の教え・応用編」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
 https://amzn.to/2Lxd8sJ

★「バフェット38の教え」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
 http://amzn.to/2f7AZkD

★終身雇用の実力主義―バフェットとポーターに学ぶナンバーワン企業戦略―
 アマゾン・キンドル版
 https://amzn.to/2GdMYx2

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2018年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)が発刊されました。
 上巻:http://amzn.to/2wtdH3m
 下巻:http://amzn.to/2wjJTFE

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2017年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)
 上巻:http://amzn.to/2clE4yw
 下巻:http://amzn.to/2clFbxZ

★バフェット流で読み解く、GINZAX30社<特選・優良企業>
 昇龍社、アマゾン・キンドル版<上・下巻>2016年度版
 http://goo.gl/3icB5G
 http://goo.gl/ltVLIs

★『投資の神様』(バフェット流投資で、勝ち組投資家になる)<総合法令>
  http://goo.gl/MKtnf6

★「客家大富豪の教え」18の金言」に学ぶ、真の幸せをつかむ方法
 著者:甘粕正 <アマゾンキンドル版>
 http://goo.gl/rKIvhB

★「賢人バフェットに学ぶ・投資と経営の成功法則」
 昇龍社(アマゾン・キンドル版)
 http://goo.gl/UMxBYs

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2014)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/Blo6KT

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2013)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/iz1GUV


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/wriatavoup
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第223号好評配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第223号
が好評配信中です。


【今年の相場展望と投資作戦に、注目銘柄情報!!】


【 1/7 第223号では】

■年頭のご挨拶
■2018年株式相場の振り返りと新春相場展望
■当面の投資作戦と注目銘柄
■個別銘柄フォロー(6銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:書評



JUGEMテーマ:経済全般




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガ特別版!
現在闘病中の火曜日執筆者、石川臨太郎氏の有料メルマガです。 現在特別版を1ヶ月分販売中! 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM