<< IPO後に株主数を急増させた企業 | main | 有料メルマガライブラリから(273)「知っていたほうが役に立つ簡単な投資知識」 >>

億の近道2018/11/27


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2018/11/27

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
        (本日の担当:石川臨太郎&大原浩)


   ◆コラム「有料メルマガライブラリから(273)」:石川臨太
   ◆コラム「孫子と三賢人のビジネス その3」:大原浩


===================================


【まぐまぐ大賞2018 投票のお願い 12/3〆切!】


 いつもご愛読ありがとうございます。
 さて、毎年恒例のまぐまぐ!大賞の投票が始まりました。

 昨年はおかげさまで資産運用(株式)部門で1位をいただきました。
 本年もぜひ投票いただき、夢の2連覇を果たしたいと考えております。

 このリンクをクリックして投票お願い致します!!

 https://goo.gl/nifp6x


 みなさまのご協力をお願い致します。


===================================


◆コラム「有料メルマガライブラリから(273)」


 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライ
ブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致し
ないことを予めご了承下さい。


=コラム「知っていたほうが役に立つ簡単な投資知識」=
 (有料メルマガ第351回・2015/10/20配信号)

※2015年10月現在の内容です。留意してお読み下さい。


【前略】


 私は研究銘柄の分析で土地の含み益を調べて、含み益が大きな土地を持って
いる企業を高く評価するようにしています。もちろん土地以外にも買った時点
より高くなることで含み益が有る資産もあります。
 船舶などのうちタンカーなどは、建造費が高くなっているので、購入時の値
段より高く売れること(=つまり含み益ができていたということ)もあります。

 建物などについても、建設のための資材価格や、建設会社の工賃が増加する
と、購入価格より高く売れる可能性も出てきます。

 特許なども、時代の趨勢で急に利用価値が高くなる特許もでてきます。特許
を押さえられていると、その特許を利用した製品などが作れないからです。

 このように、固定資産の評価は難しいものです。
 そこで私は公示地価格や基準値価格が公表されている土地についてだけ、含
み益を概算するようにして、株式投資に役に立てています。

 土地以外の固定資産の資産価値がバランス・シートに表示されている金額ど
おりかどうかは、誰にも分かりません。

 だから偉大なバリュー投資家であるグレアムは、固定資産を、その企業の評
価から無視して、はずしてしまいました。


 さて、いままで書いてきた『固定資産』というのは何でしょうか。


 企業会計原則には「固定資産は通常の営業過程において、使用・利用するこ
とを目的として長期的に所有する資産である」と定義づけられています。

 そして固定資産には以下の3つに分けることができます。

1)有形固定資産
2)無形固定資産
3)投資等


 また勘定科目の話にちょっとだけ戻ります。
 具体的にバランス・シートに勘定科目として表示されている固定資産には次
のようなものがあります。


1)有形固定資産の例
 ・建物:ビル・工場・店舗等やその付属設備(冷暖房装置・照明器具・エレ
  ベーター等々)
 ・構築物:橋・煙突・道路・軌道(線路)等
 ・土地
 ・機械:工作機械・プラント・製造設備等
 ・船舶/車両運搬具:車両運搬具とは自動車や鉄道車両等
 ・工器具備品:PC・電化器具・その他多くのものがあります
 ・建設仮勘定:完成しておらず営業活動を行えない固定資産、完成後に本勘
        定に振り替えを行います


2)無形固定資産の例
 ・特許権
 ・商標権
 ・実用新案権
 ・意匠権
 ・鉱業権
 ・営業権(のれん代)
 ・連結調整勘定


3)投資等
 ・投資有価証券
 ・投資不動産
 ・子会社/関係会社出資金・長期貸付金
 ・長期差入保証金
 ・それ以外の特定の目的のため1年超にわたって所有する資産


 特に無形固定資産は外部からは価値を把握して適正な評価をすることは難し
いでしょう。しかしこの無形固定資産のなかにこそ、企業の利益の源泉が含ま
れていることも多いのです。

 特許などは、まさにそうですよね。
 でも特許がどれくらいの資産価値となるのかを適正に評価できる評価者はい
ないと思います。

 適正に評価できないものはゼロ評価するというのは保守的で手堅いやり方だ
とは思います。アナリストの中にはその企業の特許をすべて調べまくっている
人もいます。しかし現実の世の中では素晴らしい特許が、素晴らしい利益を生
むとは限りません。

 私はビデオがでたときソニーや日立のベータマックス方式の方が早送りなど、
いろいろな性能が最初からついていて、技術的には絶対勝っていると考えまし
た。でも自分では映画を1本のテープで録画できるVHS方式を買いました。
 世の中には私と同じような判断でビデオを買う人の方が多くて、ついにはベ
ータマックス方式の家庭用ビデオは淘汰されてしまいました。DVDに関して
も大企業同士で方式が争われました。

 自動車の推進装置についても、ガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハ
イブリッド、モーター(電気自動車、燃料電池車)などが競われています。

 ディーゼルに関してはVWが詐術を用いて自動車を売って、苦境に陥りまし
た。


 ハイテク企業の世界では、すごいといわれる技術が次々に生み出されてきま
すが、それが必ずしも『お金のなる木』になるわけではありません。

 だからプロの投資家でもグレアム師匠の教えを守り、無形固定資産を企業価
値の評価からはずしてしまう人も多いようです。
 個人投資家でも、物理学や化学などの専門知識のある人は、特許などを評価
して、株式投資に活用している投資家もいますが、ほとんどの個人投資家には
適正に評価することは難しいと思います。

 難しいことに時間を使うのは、時間の無駄です。

 またグレアム師匠は土地を評価しません。
 アメリカには広大な土地があり、その土地が利益を生み出さない場合は価値
を認めないからです。
 私は日本の投資家として大都市中心部や大都市近郊の売ろうと思えば直ぐ売
れる土地については、公示地価などを参考に評価しています。


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第36回「ご〜んぎつね」がアップされました。


 第36回「ご〜んぎつね」
【YouTube】https://youtu.be/4X8jbT7d5oM
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/1542903483

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。
 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めております
ので宜しくお願いします。


===================================


◆コラム「孫子と三賢人のビジネス その3」


産業新潮
http://sangyoshincho.world.coocan.jp/
12月号連載記事


■その3 戦わずして勝つべし

◆何もしないおじさん

 私の友人で、メディア業界で長年働いた後、現在は自身の事業を行いながら
大学の講義で教えている人物がいます。彼は毎年の授業で必ず学生たちにこの
ように言うそうです。
「君たち、社会人になったら会社というところには、何もしないおじさんがた
くさんいるんだよ!」。
すると、学生たちは
「へぇ・・本当ですか?働かないおじさんがたくさんいたら、会社が成り立た
ないと思うのですが・・・」
と怪訝そうな顔をします。
 ところが、彼らが卒業して2〜3年後に彼のところへ遊びに来ると
「先生のおっしゃったことは本当でした」
と口をそろえて言うそうです。

 このような会話はあちこちで交わされていると思いますが、この「学生」や
「先生」の考え方は根本的に間違っています。

 まず、江戸時代や明治時代ならともかく、現代の先進国の仕事はドラッカー
が述べるように「知識労働」がメインですから、「分析」・「思考」・「発案」
が重要です。まだぺいぺいで、得意先回りや雑務を担当して汗を流している若
者たちから見れば、上司たちはデスクにかじりついているだけで何もしていな
いように見えるのは仕方がないかもしれません。しかし、彼らには、(現代の)
ビジネスの本質がわかっていないのです。

 もっとも、年功序列システムが維持されている会社では、「分析」・「思考」
・「発案」の評価がほとんどおこなわれませんから、モチベーションを失った
本当の「何もしないおじさん」が大量発生しているかもしれませんが・・・


◆経営者・幹部は片目を開けて寝ていればよい

 最近はあまり聞きませんが、かつては日本型経営の特質の一つとして「おみ
こし型経営」が良く取り上げられていました。要するに、若いときにはおみこ
しを担いで汗を流し、歳をとって上司になれば、逆に担がれて楽ができるとい
うわけです。このシステムは、年功序列と結びつけられたため、ポスト不足に
よりピラミッド型の社員構成が維持できなくなるとともに廃れました。

 しかし、このおみこし型経営は「実力主義」の「知識労働」においても十分
機能するのです。ドラッカーは「知識労働者は、マネジメント(上司)よりも、
その専門分野においてより多くの知識を持っているから雇われるのである。だ
から、その点においてマネジメントが口をはさむことができない」といいます。
つまり、専門家集団である部下をマネジメントするには、具体的な仕事の指示
を行うのではなく、彼らにおみこしを担いでもらうしか方法が無いということ
です。

 最近は、株主からのプレッシャーがきつくなり、経営者も「私はこんなにた
くさんの仕事をしました」とアピールすることに汲々としていますが、本来マ
ネジメントが優れていれば、経営者の仕事など微々たるものです。マネジメン
トに問題があるからこそ、社長や役員が駆けずり回って問題解決を図らなけれ
ばならないのです。

 素晴らしい経営を行っている企業は、マスコミに取り上げられることなど滅
多にありません。「事件」や「スキャンダル」とは無縁だからです。逆に、マ
スコミからその手腕を賞賛される「危機を救った経営者」は、前任者たちが危
機を起こしたからこそ(場合によっては本人)、誕生するわけですから、企業
にとっては恥ずべきことです。

(続く)


(大原 浩)


続きは「産業新潮」
http://sangyoshincho.world.coocan.jp/
12月号をご参照ください。


★2018年4月に大蔵省(財務省)OBの有地浩氏と「人間経済科学研究所」
(JKK)を設立しました。HPは<https://j-kk.org/>です。

★夕刊フジにて「バフェットの次を行く投資術」が連載されています。
(毎週木曜日連載)



【大原浩の書籍】

★バフェット流で読み解くGINZAX30社2019年度版<上巻+下巻>
(昇龍社・アマゾンキンドル版)が発刊されました。
 上巻:https://amzn.to/2ztqB3m
 下巻:https://amzn.to/2L7olUf

★「バフェット38の教え・応用編」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
 https://amzn.to/2Lxd8sJ

★「バフェット38の教え」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
 http://amzn.to/2f7AZkD

★終身雇用の実力主義―バフェットとポーターに学ぶナンバーワン企業戦略―
 アマゾン・キンドル版
 https://amzn.to/2GdMYx2

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2018年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)が発刊されました。
 上巻:http://amzn.to/2wtdH3m
 下巻:http://amzn.to/2wjJTFE

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2017年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)
 上巻:http://amzn.to/2clE4yw
 下巻:http://amzn.to/2clFbxZ

★バフェット流で読み解く、GINZAX30社<特選・優良企業>
 昇龍社、アマゾン・キンドル版<上・下巻>2016年度版
 http://goo.gl/3icB5G
 http://goo.gl/ltVLIs

★『投資の神様』(バフェット流投資で、勝ち組投資家になる)<総合法令>
  http://goo.gl/MKtnf6

★「客家大富豪の教え」18の金言」に学ぶ、真の幸せをつかむ方法
 著者:甘粕正 <アマゾンキンドル版>
 http://goo.gl/rKIvhB

★「賢人バフェットに学ぶ・投資と経営の成功法則」
 昇龍社(アマゾン・キンドル版)
 http://goo.gl/UMxBYs

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2014)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/Blo6KT

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2013)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/iz1GUV


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/wriatavoup
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第218号好評配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第218号
が好評配信中です。


【IPO銘柄情報と万博関連銘柄情報も!!】


【11/26 第218号では】

■株式相場の潮流
■特別報告:5−6月にIPOした銘柄のチェック(9銘柄)
■12月の注目IPO銘柄
■企業プレゼン注目銘柄
■万博関連銘柄


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:経済全般




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM