<< 孫子と三賢人のビジネスその2 | main | 為替市場動向〜ドル全面高〜 >>

億の近道2018/10/31


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2018/10/31

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:式町みどり)


      ◆コラム「為替市場動向〜ドル全面高〜」


===================================


◆コラム「為替市場動向〜ドル全面高〜」


 米国の中間選挙を控えた10月、2月に続き今年2回目の株式市場の大きな
下げとなりました。直近では、下げも十分出尽くしたのか、月末要因での調整
なのか、今週はリバウンド期待も出ていますが、11月6日の中間選挙を前に
大きく動きにくい展開が続きそうです。


 そんな中、今週は、本日行われている日銀金融政策決定会合、また11月2
日金曜日に発表される10月分の米国の雇用統計が注目のイベントです。
 日銀の決定会合は現状維持の予想が大半ですが、会合後の会見での昨今の市
場についての総裁のコメントは関心がもたれるところです。


 一方、米国雇用統計の10月分は、フロリダ州に上陸した大型ハリケーン
(「マイケル」)の影響もあり、数値通りに雇用の実体を把握できるか疑問視
する向きもあります。
 リリースされた数字による相場への影響は限定的になるかもしれません。
 市場予想は、失業率3.7%(前月横這い)、非農業部門雇用者数+19.
5万人(前回13.4万人)、平均時給前月比、+0.2%(前回+0.3%)
(調査数値はブルームバーグから)です。
 今回は、来週の米・中間選挙の結果待ちで相場への反応は期待薄とされてい
ます。ただ、今年は2月も10月も雇用統計結果による金利上昇が株式市場動
向に大きく影響しましたので、やはり注目しておく必要はあります。


 その米国の中間選挙。

 事前調査では、上院では共和党が過半数維持、下院は民主党が多数派に?と
の見方が有力と伝わります。この「ねじれ」予想通りの結果なら、大きな影響
はなく過ぎると思われますが、両院を民主党が押さえるとなると、今後の展開
についてイメージするのに混乱が起こり、市場の見方が収束するまで時間がか
かるように思います。

 10月は、世界株安連鎖が続いた中、「米財務長官による対日為替条項の要
求」、「英国EU離脱交渉の行き詰まり」、「サウジアラビア人記者の殺害事
件の謎による中東不安」「米中貿易戦争による影響」「イタリア財政問題」な
ど相場の重石になる事象が多発しました。その割には、ドル円相場の下値は限
られていたという印象があります。

 トランプ米大統領は、米国の利上げについて批判コメントを述べていました
が、米金利の動きには大きな影響を及ぼしておらず、10年物米国債利回りは
株安場面でも3%を切らず、12月のFRBによる政策金利上げは市場の大方
の予想するところです。


 ドル高の背景には、基本的には金融政策正常化のプロセスにある米国金利と
利上げへの道が遠い国との金利格差があると思われます。
 また、欧州に見られるように、イタリアの予算案が欧州委員会に提出される
も、原案は差し戻され再提出となるイタリア政治不安。経済的には、欧州の直
近のPMI(景気指数)の予想外の悪化。中国経済悪化の影響とも言われます。
政治的な面で付け加えれば、反応は限定的ながら直近のメルケル現首相の敗退
による任期満了での引退表明。と、欧州、パッとしません。
 ユーロ相場は、一時のレンジ1.15−1.17から下離れして、1.13
台で上下の動きです。

 そのEUからの離脱交渉が難航している英国では、2019年3月29日の
EU離脱を前に、「合意なきEU離脱」リスクが懸念されています。
 通貨ポンドは、今年8月の安値1.26台を試しに行くような下落基調。こ
のあたりのポンド下落の動きも、今回のドル高の背景ともなっているでしょう。


 明日から11月。年末を意識する時期。

 12月決算が主流の欧米では、例年、年越しの資金手当てが活発化してドル
金利上昇要因になります。また、多国籍企業の本国への資金回帰(リパトリ)
もあり、季節的にドル需要が高まります。

 年内に注目される政治的イベントとして、11月末(11月30日〜12月
1日)に行われるG20の場で、米中首脳会談が予定されていると伝わってい
ます。米中貿易戦争の行方が気になります。


 来週の米国中間選挙の結果、季節要因、諸々の事象を冷静に見ながら、11
月をイイ月にしていきたいですね。

 最後までお読みいただき、ありがとうございます。


※10月31日東京時間12時執筆
 本号の情報は10月30日のニューヨーク市場終値ベースを参照しています。
 なお、記載内容および筆者見解は参考情報として記しています。


式町 みどり拝


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/phaeuounio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


【石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!】


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信し
 ています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評
 です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


【高収益体質に改善!これからの業績伸長も期待でき、世界シェア75%など
 多岐にわたる製品を持ち、低PER低PBRのグルーバル技術企業を研究!】


 今週配信の有料メルマガでは、世界シェア75%など高技術な製品群を持ち、
好業績で低PER低PBR、資産も多くあり、将来の株式市場回復時にリバウ
ンドが狙えるグローバル企業を研究しています。

 また、コラムでは、「米国株のダウ平均などの年初来高値更新などから9月
の中旬からリバウンドし始めた日本の株式市場も、米国株の大きな下落という
ショックで、10月に入ったとたんに重力が増加したような急落をする株が多
くなりました。念力でスプーンが曲がったような急激な下落でしたが、下げ続
ける相場もないことから企業のファンダメンタルズをチェックしてリバウンド
を取りに行く準備をするときだと考えています。」と題し、ここのところの下
落相場での自身の持ち株の状況や、それに対する投資行動を、過去の経験から
導いて書いています。


 さらに、世界トップシェア製品をもつ企業から、数年後には大きく株価上昇
が期待出来る銘柄を、研究銘柄候補として5社取り上げています。

 金曜までにお申し込みの方には、本号も差し上げます。ぜひご購読を。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


 過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)http://okuchika.jugem.jp/?eid=5007
 銘柄研究 わらべや日洋(2918) http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
 銘柄研究 ミライアル(4238)  http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

過去サンプル(コラム)

 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 http://okuchika.net/?eid=6894

 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 http://okuchika.net/?eid=6789

 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる
 (2016/12/27)
 http://okuchika.net/?eid=6776

 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/11/06)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第214号好評配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第214号
が好評配信中です。


【中小型株の取材レポート満載!!】


【10/29 第214号では】

■相場の視点
■海外株動向
■クロスフォー(7810)展示会でのセミナー報告&株主総会報告
■サイネックス(2376)報告
■日創プロニティ(3440)Q&A


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、最新〜2005年1月分まで掲載しておりますが、
順次過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まと
め読みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/


===================================


 「億の近道」の有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:外国為替



JUGEMテーマ:FX




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM