<< 炎の投資情報サンプル#214 2018/10/29 | main | 社会貢献型企業の評価 >>

億の近道2018/10/29


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2018/10/29

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★


===================================


             −本日の目次−
      (本日の担当:炎のファンドマネージャー)


        ◆コラム「社会貢献型企業の評価」
        ◆コラム「成長株の下方修正」
        ◆コラム「相場感を俳句や川柳で語る」


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第33回目「Fallする秋相場」がアップされました。


 第33回目「Fallする秋相場」
 【YouTube】https://youtu.be/hurlQF_XCzk
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/1540606624

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。
 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めております
ので宜しくお願いします。


===================================


◆コラム「社会貢献型企業の評価」


 企業は営利を目的に設立され、数々の苦労を経て上場に及んでいますが最近
ではESG(環境、社会、企業統治)の視点で高く評価されるようになってき
ました。
 ESGを前提にした企業活動により利益を上げて、その中から株主に利益を
配分する好循環を通じ社会に貢献することが高評価につながるという訳です。


 欧州などを中心にしたESG投資では結果としてPER、PBRの投資尺度
が高まることになりますが、日本市場においてもそうしたESG投資により評
価を高めている企業があります。

 直近のアドソル日進(3837)がESGにより評価を高め、障害者雇用支
援サービスのエスプール(2471)が業績の向上を背景に時価総額を向上さ
せたのもESG投資が背景になっていると言えそうです。

 これらは概ねPERは30倍を超える水準になっており、市場平均を大きく
上回っています。さすがに全体相場の調整の中でこれらの銘柄も現実には売り
込まれているのですが、ESG投資の視点で今後も引き続き注目を集める可能
性があります。

 調整相場の中で皆さんもこうした視点で銘柄選定をされると良いかと思いま
す。


 ただ、この一方で社会貢献型企業を標榜しながらなかなか評価が高まらない
企業もあります。
 例えば地方創生をテーマに社会貢献型ビジネスを展開するサイネックス(2
376)は長期的な株価下落トレンドを描いておりESGの視点で評価の余地
があります。株価の低迷は経営者の意識の低さが背景でもあります。ESGの
視点でPERは30倍となるなら株価は2000円、時価総額は120億円が
あっても良いのでしょうが、時価は750円以下で時価総額も50億円以下に
留まっています。保有している現預金並みにしか評価されていない現実があり
ます。


 こうした銘柄はこのほかにも見い出せるかも知れません。

 ESG投資は欧米の機関投資家を中心に企業の投資価値を測る新しい評価項
目として関心を集めるようになったようです。従来型の投資が売上や利益など
過去の実績を表す財務指標を重視したのに対して、ESG投資は環境、社会、
企業統治を重視することが結局は企業の持続的成長や中長期的収益の向上につ
ながり財務指標からは見えにくいリスクを排除できるとの発想に基づいていま
す。
 世界中のESG投資につながるファンドの運用額は一説によると昨年段階で
62兆ドル(7000兆円)に達すると推察されます。


 全体相場の調整の中ですが、皆さん自身が改めてESG視点での投資を心が
けてはいかがかと思います。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


◆コラム「成長株の下方修正」


 2015年9月に上場したTOKYO BASE(3415)は若手経営者
に率いられた成長指向の強いファッション系企業ですが、先般今2月期業績を
下方修正して株価を昨年の高値から3分の1以下の水準にまで押し下げていま
す。

 成長株の業績下方修正はそれまでの成長期待が高かった分、期待外れとなり
下方修正後の株価下落の大きくなりがちです。


 あの話題のZOZOTOWNでの売上なども見込み違いがあっての下方修正
ですので、自業自得と言えばそれまでですが、谷社長は先日の説明会でリカバ
リ―のための施策を説明していました。

 同社は消費関連銘柄の新興勢力と言えますが、2014年の経常利益5億円
から毎期利益を拡大。前期は経常利益16億円弱まで伸ばし、今期も20億円
を期初見込んでいたのですが、それを13.5億円(前期比14.2%減)に
下方修正。EPSも29円台から19円台へとダウン。
 利益成長を優先させてきたのでIPO後、3年経過しても無配のまま。3回
の株式分割で発行済み株式数が膨らんでいますので時価総額は260億円とま
だプレミアムがついた状態にあります。

 リカバリー作戦が功を奏すかどうかが今後の鍵を握りますが、ハイエンド・
カジュアル業態の「PUBLIC TOKYO」を今秋より開始したようです
ので株価下落の中で期待が膨らみつつあるというのが現状かと思います。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ本日第214号配信!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第214号
が本日配信されました。


【中小型株の取材レポート満載!!】


【10/29 第214号では】

■相場の視点
■海外株動向
■クロスフォー(7810)展示会でのセミナー報告&株主総会報告
■サイネックス(2376)報告
■日創プロニティ(3440)Q&A


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


◆コラム「相場感を俳句や川柳で語る」


 自然災害が多発した今年もはや10月後半。ようやく爽やかな秋空が広がる
今日この頃ですが、読者の皆様お元気でしょうか。


 このところまた株式相場は調整の動きが見られますが、こうした相場展開に
皆様がどう向き合えば良いのかのヒントを過去より筆者はお伝えしてきたと自
負しております。

 1999年に創刊され19年と言う期間が経過しようとしている本誌も初期
段階では読者数も少なかったので、読者数を増やすためと思い、様々なコンテ
ンツを配信しました。
 その一つが俳句(川柳)でした。そもそも「億の近道」のネーミングは創刊
する際に発起人有志でつけたのですが、あの俳諧で有名な松尾芭蕉の「奥の細
道」にもじったものだと言うのはご存知の通り。


 俳句は季語を入れた5・7・5の日本特有の文学。
 現在ではその流れを汲んで季語のない自由な5・7・5の川柳も一般化し多
くの皆さんが趣味で楽しんでおられるようです。

 第一生命が1985年に社内広報誌の企画で募集開始したサラリーマン川柳
は一躍有名になるなど今や飲料のボトルにも掲載されるなど根強いファンがお
見えです。


 そこで本日は私、炎が株式投資家川柳を皆様にご披露したいと考えておりま
す。また、私の友人である株尾芭蕉先生に株にまつわる俳句を詠んで頂くこと
にしました。

 それらを通じて面白おかしく現在の株式相場の有様と微妙な投資家心理を読
み取って頂ければ幸いです。


 それではまず私の川柳から。

1.銘柄の 名前も知らず 株上がる(炎)

 このところ聞いたこともないような普段見向きもされないような小型銘柄が
 上がる理由もよくわからずに急騰を演じているようです。


 これに対して株尾先生には


2.銘柄の 虫の知らせで 株上がる(株尾芭蕉)

という秋の季語である虫を入れた俳句を詠んで頂きました。


 エムティジェネックス(9820)などもともと時価総額が20億円台とか
低い位置にあった銘柄が急騰したことをヒントにこれに似たような地域新聞社
(2164)やQボード上場のメディアファイブ(3824)などの小型銘柄
に広がりを見せるなど、新たな人気銘柄探しが始まったようです。


 私も負けじと

3.急ぎ騰げ 明日はどうなと 構わない(炎)

と返しました。
 急騰銘柄の動きはかなり投機的で明日のことなど考えていないようにも思え
てのもの。


 これに対して株尾先生はまた


4.赤い羽 つけて株高 願うかな(株尾芭蕉)

と見事な秋の季語入りの俳句。しかも意味深な俳句です。
 多くは語りませんが、皆さんもこの句の意味を一度考えて頂くと幸いです。


 こうした株をめぐる川柳と俳句の掛け合いを次回以降も続けたいと思います。


*有料メルマガ「炎の投資情報」ではこうした作品とその裏にある株の世界の
 話をオクチカに先行して読者の皆様にお送りする予定ですのでお楽しみに願
 います。ぜひこの際、有料メルマガをご購読頂けましたら幸いです。


 本日は最後に億の近道の読者に一句。


オクチカの 情を信じ 株を買う(炎)

 情に報いるのが情報。億の近道が多くの読者の皆様にお届けする情報は読者
 の皆様が結果として受け入れて頂き一緒に考えて頂くことで社会的に価値を
 生むのではないか。多くの皆様が読者として存在している情に報いるための
 活動を細く長く続けていく。そう考えながら私は還暦を超えた老体に鞭打ち
 ながら長年の執筆活動を無償で続けている訳です。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM