<< 億の近道2018/08/28 | main | 億の近道2018/08/29 >>

ドラッカー18の教え 第18回



産業新潮 http://sangyoshincho.world.coocan.jp/
9月号連載記事


■ビジネスに最も大事なのは真摯さである。お金のためだけに働く人間はいない(社風)


●人間は嘘をつく動物である


 嘘をつくというのは高度な知的活動です。例えば、ミドリムシやゾウリムシのような単純な構造の生物は、外界の刺激に対して反応するだけで、高度な思考の産物である「嘘」をつく余地などないでしょう。また、犬や猫も、見る限りでは人間に嘘をつくようには見えません(人間が騙されているだけかもしれませんが・・・)。サルも、少なくとも人間がつくような高度な嘘とは無縁のようですから、人間とサルの境界線は「嘘」をつくかどうかという点にあるのかもしれません。

 「嘘」というのは、一般的に悪いことのように考えられていますが、そんなことはありません。「嘘をついたことが無い」という人物は120%嘘つきだと言われますが、どのような人間でも毎日嘘をついています。
 例えば妻が出迎えたとき「今日、美容院に行ってきたの」と言えば「素敵な髪型だね」と必ず言わなければなりません。「ずいぶんへんてこな髪型だなあ」などと、心の中の「真実の叫び」を絶対に口にしてはいけません。
 また、上司がかんかんになって説教しているときに、「おい、君分かったのか?」と言われて、わけのわからない話だと思っていても「わからない」と言う勇気のある人はあまりいないでしょう(それが正しいこととは言えませんし・・・)。
 さらに、エコノミーシート2席分は必要な体格の人に「デブ」と言ったり、頭髪の成長力が弱まった人物に「禿げ」と面と向かって言うのは、むしろ行うべきでは無いことです。

 仏陀は「方便」という言葉を使って、良い意図を持った嘘の大切さを説明しましたが、良い意味でも悪い意味でも「人間は嘘をつく」ということは、マネジメントの大前提です。


●正直なのと真摯なのとは違う

 人間が「自分の意志で自分の行動を制御する存在である」という立場を取るかぎり(「生物機械論」のようなそれを否定する考えもあります)、それぞれの人物の行動をマネジメントするためには、それぞれの人物の「意識と無意識」に働きかけなければなりません。

 その時に重要なのは「正直であることと真摯であること」は違うということです。例えば、ドラッカーは、部下の欠点ばかりを指摘するマネージャーは即刻その任を解くべきである、と述べています。
 しかし、このマネージャーは「目につく欠点をそのまま事細かに指摘」するわけですからとても正直なはずです。しかし、人間が最も傷つくのは本当のことを指摘されたときです。
 例えばプール付きの豪邸に住んでいる大富豪に「お前は貧乏人だ」と言っても笑い飛ばされるだけでしょう。しかし、電気代や水道代さえ事欠くような人々に同じ言葉を投げつけるのは非人道的とさえいえるでしょう。

 そもそも、人間は自分の欠点はよくわかっているものです。わかっていても簡単に直せないから、欠点を直すことにエネルギーと時間を浪費するなというのがドラッカーの考えです。ですから、正直に他人の欠点を指摘することは必要無いだけではなく、モチベーションを下げる最悪の手段です。

 それに対して、長所を引き出す時には「嘘も効果的」です。例えば100%の実力だと思っている部下に「君の本当の実力は120%はあるから、もっと頑張ってみたら」と、心にも無いことを言うと、その部下が、本当に頑張って120%・130%の力を発揮することは珍しくありません。


(続く)


続きは「産業新潮」
http://sangyoshincho.world.coocan.jp/
9月号をご参照ください。


(大原浩)


★大原浩の執筆記事「異次元緩和でも日本にインフレが起こらない極めてシン
 プルな事情」(アナログな企業と人生こそデフレの勝者)
 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56970
 が講談社・現代ビジネスに掲載されました。

★大原浩の執筆記事<「衝撃分析:中国崩壊でも心配無用 世界経済好転」>
 が8月20日(月)午後発売の夕刊フジ1面に掲載されました。
 ZAKZAK (夕刊フジネット版)
 https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180821/soc1808210003-n3.html

★2018年4月に大蔵省(財務省)OBの有地浩氏と「人間経済科学研究所」
 (JKK)を設立します。HPは< https://j-kk.org/ >です。

★夕刊フジにて「バフェットの次を行く投資術」が連載されています。
(毎週木曜日連載)


【大原浩の書籍】

★バフェット流で読み解くGINZAX30社2019年度版<上巻+下巻>
(昇龍社・アマゾンキンドル版)が発刊されました。
 上巻:https://amzn.to/2ztqB3m
 下巻:https://amzn.to/2L7olUf

★「バフェット38の教え・応用編」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
 https://amzn.to/2Lxd8sJ

★「バフェット38の教え」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
 http://amzn.to/2f7AZkD

★終身雇用の実力主義―バフェットとポーターに学ぶナンバーワン企業戦略―
 アマゾン・キンドル版
 https://amzn.to/2GdMYx2

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2018年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)が発刊されました。
 上巻:http://amzn.to/2wtdH3m
 下巻:ttp://amzn.to/2wjJTFE

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2017年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)
 上巻:http://amzn.to/2clE4yw
 下巻:http://amzn.to/2clFbxZ

★バフェット流で読み解く、GINZAX30社<特選・優良企業>
 昇龍社、アマゾン・キンドル版<上・下巻>2016年度版
 http://goo.gl/3icB5G
 http://goo.gl/ltVLIs

★『投資の神様』(バフェット流投資で、勝ち組投資家になる)<総合法令>
  http://goo.gl/MKtnf6

★「客家大富豪の教え」18の金言」に学ぶ、真の幸せをつかむ方法
 著者:甘粕正 <アマゾンキンドル版>
 http://goo.gl/rKIvhB

★「賢人バフェットに学ぶ・投資と経営の成功法則」
 昇龍社(アマゾン・キンドル版)
 http://goo.gl/UMxBYs

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2014)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/Blo6KT

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2013)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/iz1GUV


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/wriatavoup
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:ビジネス




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM