<< 書評:トコトンやさしい電気自動車の本 | main | 為替市場動向〜日米通商協議や季節要因で様子見?〜 >>

億の近道2018/08/08


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2018/08/08

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:式町みどり)


  ◆コラム「為替市場動向〜日米通商協議や季節要因で様子見?〜」
  

===================================


◆コラム「為替市場動向〜日米通商協議や季節要因で様子見?〜」


 事前に諸説あった日本銀行の異次元緩和の修正内容が7月31日にオープン
になりました。
 一部報道機関が事前に観測記事として出していた、

1)長期金利の誘導目標である「イールドカーブコントロール」の修正(±0.
  1%を2倍に拡大)
のほか、
2)マイナス金利適用の政策残高を半減
3)政策金利に新たに「フォワード・ガイダンス」を導入して、現在の長短金
  利水準を来年秋の消費税再引き上げ後の状況が落ち着く迄、維持すること
を示したのは周知の通りです。

 10年物の日本国債は、2016年には一時マイナス金利での推移もありま
したが、イールドカーブコントロール政策以来、過去約2年、ほぼ0.02〜
0.07%程度のレンジ内で推移してきましたが、今回の決定以来、ほぼ0.
10%程度で落ち着いています。

 今回の修正に対する直後のドル円相場の反応は、むしろ円安でした。
 市場の受け取り方は、「出口が近い」ではなく、「金融緩和の長期化」が大
勢だったからでしょう。
 ドル円相場は、一時112円台乗せもありましたが、7月の米国雇用統計が
予想より弱かったことや、今週予定されている日米通商協議を前にした警戒感
から静かな展開です。通商協議において、米政府から日本への何らかの圧力が
示されれば、円高への動きが起きる可能性も考えての動きかと思います。

 また、毎年8月は需給(米債の利払いの円転需要も含め)からも円高の傾向
が強いこともあり、季節要因も手伝い、しばらくドル円相場の上値は重い展開
が続きそうです。


 ドル円相場を見る上で、もう1つ見逃せないのが、人民元の動きです。

 米中の貿易問題が深刻化してから、下落が続いてきた人民元に対して、先週
から中国人民銀行が、人民元安定の為の諸策を講じ、各銀行にも為替安定のた
めの協力を求めています。米中貿易協議において人民元安放置は、問題になる
と見て、当局としては、人民元安に歯止めをかけたいところでしょう。
 6〜7月には、人民元安と円安の連動が見られていましたので、円相場を見
る上でも人民元の動きから目が離せません。


 年初来の主要通貨の対米ドルでのパフォーマンスを見ると、新興国通貨を中
心に、ドル全面高(円は1.1%の円高ドル安)になっています。
 ドル相場の、相対的強弱を示すドル・インデックスは、4月以降上昇が始ま
って以来、高値圏での推移となっています。

 トランプ政権の諸政策もあり、2018年第2四半期のGDP成長率速報値
は前期比4.1%(予想通り)と好調さを示しました。
 更に高い予想もあったので、7月27日発表後にはドル安での反応になりま
したが、個人消費の大幅アップ、堅調な設備投資、外需プラス寄与度の拡大、
在庫の減少等、米景気、好調さを示しました。


 注目したいのが、同時に発表されたのが、5年に一度統計を遡及改定される
過去のGDP統計でした。中でも米国の家計貯蓄率です。
 例えば、2016〜2017年度は平均6.7%(従来は4.2%)と上昇
修正されました。これまで、一部では、消費者が貯蓄を増やすために消費を削
る必要があるのでは?と個人消費に対する懸念も言われてきたのですが、これ
らの改定値により、その懸念が和らぐとの楽観的な見方をする向きもあります。

 今回の上方修正には、個人事業主の所得が上方修正されたことが主因で、労
働賃金の上昇が背景というわけではないようですが、今回の貯蓄率の上昇修正
は、これまで考えていた以上に、GDPの大きな部分を占める個人消費の今後
の伸びに期待を抱かせます。
 好調さの反動を懸念しがちですが、米国景気が予想以上に好調さを保つ可能
性も頭に入れておいた方が良いのかもしれません。


 季節要因もあり、静かな展開が暫くと思いますが、あちこちで火種は燃えて
いるので、油断せずに参りたいものです。


 今日、明日と、台風13号の接近が伝えられています。守りを固めつつ、ど
こにも深刻な影響がなきよう祈りたいと思います。

 最後までお読みいただき、ありがとうございます。

※8月8日東京時間14時執筆
 本号の情報は8月7日のニューヨーク市場終値ベースを参照しています。
 なお、記載内容および筆者見解は参考情報として記しています。


式町 みどり拝


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/phaeuounio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


【石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!】


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信し
 ています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評
 です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


【業績も技術も資産も不安なし!M&A活用で業容拡大、低PERと増配期待
 もあるグローバル企業を研究!!】


 今週配信の有料メルマガでは、足下の業績の伸長が確認でき、事業は堅調で、
M&Aの活用が、本来事業に加えて業容拡大と利益向上に寄与しており、低P
ERで増益も期待出来る上、株価リバウンド後のさらに一段上昇が見込める世
界的企業を研究しています。


 また、コラムでは、「久々に話をすることができた大先輩の投資家から超短
期投資についての厳しい苦言を頂戴しました。デイトレードを含めた超短期の
トレードは投資とは言えない、丁半バクチのようなものだ。更に厳しいことを
言われました。自分でも思い当たるいことがいくつかあり、やはり中長期の時
間軸で投資する、企業の成長性を見据えた投資に復帰することを決めました。」
と題し、本日一部億の近道に掲載したほかに、業績堅調の短信発表後におかし
な下げをしていると思われる6社をピックアップ。

 さらに、前号で取り上げたある業界のメディア報道を踏まえて、業界構造の
分析と、厨房銘柄のピックアップを行っております。

 加えて、カーボン関連銘柄のウオッチ状況もご報告しています。

 金曜日までにお申し込みの方は、本号もお読みいただけます。
 購読をお待ちしております。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 ニチリン(5184)
 ]銘柄研究 帝国電機製作所(6333)


過去サンプル(コラム)
 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる(2016/12/27)
 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしようとするための心得(2012/11/06)



===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第202号配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第202号
が大好評配信中です。


【復活の炎氏、中小型株を中心にチェック!!】


【8/6 第202号では】

■相場展望
■ここでの運用ポイント
■なぜこうも中小型株が下げているのか
■個別銘柄コメント(4銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


【8/6第202号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7800


===================================


【お知らせ】

■アイルさん主催 東京勉強会が8/25に開催されます!■


 10年間名古屋で勉強会を継続されてきたアイルさん主催の、
 第2回東京勉強会が開催されます。

 今回も、億の近道(NPO法人イノベーターズ・フォーラム)が微力ながら
協力させていただいております。

 初回の反省点を改善し、満を持して臨む第2回東京勉強会です。
 今回も、上場企業の経営者をお招きし、質疑応答などを通じて株式投資を勉
強します。

 勉強会では、Casa(7129)の社長に来ていただき、同社のビジネス
や家賃保証業界について学びます。ぜひ奮ってご参加下さい。


日時:8月25日(土) 12:45開場
            16:45終了予定
場所:東京都内・お申し込み入金後に詳細をお知らせいたします。
会費:実費(税込1,500円)


お申し込みはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S79453016/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、最新〜2005年1月分まで掲載しておりますが、
順次過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まと
め読みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/


===================================


 「億の近道」の有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================


JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:外国為替



JUGEMテーマ:FX




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM