<< 大事なのはPBにこだわらない政策!? | main | 最新有料メルマガから「業績伸長の理由を確認していれば下げをチャンスに変えられる」 >>

億の近道2018/05/29


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2018/05/29

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
        (本日の担当:石川臨太郎&大原浩)


     ◆コラム「最新有料メルマガから」:石川臨太
     ◆コラム「ドラッカー18の教え 第15回」:大原浩


===================================


◆コラム「最新有料メルマガから」


 今回は特別に、本日配信の有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘
柄の研究」のコラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎の最新コンテンツをお楽しみ下さい。


=コラム「業績伸長の理由を確認していれば下げをチャンスに変えられる」=
 (有料メルマガ第483回・2018/5/29配信号)


【前略】


 日大アメフト部の問題や、スルガ銀行の顧客を犠牲にするような最低の融資。
そして上司から命じられて追い詰められて社会的に許されない行動をとってし
まった選手や行員個人の人々。たぶん日大のようにスルガ銀行も個々の行員に
責任を押し付けるような気がしています。

 私がサラリーマンを辞めたころ、村上龍さんは「現在から将来に向けて、自
分の利益となり、自分自身の生の充実を支える何かが育っているという意識・
感覚、それが希望だ。ひょっとしたら、投資と希望は同義語なのかも知れない
と思うことがある。」と述べていました。

 私にとっては、まさに投資は希望でした。自分の資産の収入だけで自分が生
活することができるというのは、経済的奴隷状態からの開放、自由を得ること
にほかなりません。経済的独立の達成はどなたにとっても経済的自由へのパス
ポートとなるでしょう。


 しかし、人生に多くのリスクがあるように、投資にもリスクがあります。
 当初の自分の腹積もりとは違った結果になる。つまり結果の不確実性を「リ
スク」として、具体的な量としてとらえて対処していくことは、投資だけでは
なく、人生を生き抜いていくためにも必要な重要な技術です。

 意思決定を行なうためには、その決定をしたことによって、どのようなリス
クが発生するのかを把握しなければなりません。ところが投資にしても、人生
にしてもこのリスクの見定めができていない人が本当に多いことに驚かされま
す。

 リスクは将来の不確実性ですから、予想より悪い結果になることもあれば、
予想より良い結果になることもあります。

 リスクは、悪いほうばかりに働くのではないのです。
 今のような低金利の時代に、預貯金のように元本保証(ペイオフがスタート
すればこの元本保証すらなくなります)の商品は約束された胡麻のように小さ
な金利しかもたらしません。こんな金利ではキリスト様がお金を銀行に預けた
としてもまだ倍になっていないわけです。つまり、いまの定期預金の金利とい
うのは複利で運用して倍になるのに2400年もかかるような投資なわけです。
常識的に考えればこんな投資はインフレで確実にやられるでしょう。


 リスクはチャンスの同義語です。
 リスクのないところに幸運もないことは意識しておいて良い事柄だと思いま
す。ただしリスクを取るか取らないかは個人の自由です。他人に強制されるべ
きことではありません。自分が決定するのです。

 不安の原因がわからないと、人の不安は増大します。疑心暗鬼が一番怖い。
 心配は、人生に不幸を呼び込みます。不安があったらその不安と正面から向
かい合い、その正体を明らかにする努力をするべきです。そしてその不安を乗
り越えるためには何をすればいいのかを一生懸命に考えましょう。

 そうすることによって将来への展望が開け、希望が湧いてきます。
 私の経験では、そうでした。


 いま多くの日本人を怯えさせているのは、いまの生活が失われてしまうので
はないかという、漠然とした不安です。いまの収入を失い、いまの生活を失っ
てしまうのではないかという不安だと思います。

 失業や事業の失敗で自殺をする方も増えているようです。でも死ぬ覚悟がで
きるなら、ほかにやってやれないことは何もないのではないでしょうか。ただ
精神的に追い詰められて、正常な判断が働かなることはよく理解できます。
 そのためにも、リスクとの付き合い方を学ぶことが有効です。


 経済的独立さえ果たしていれば、失業は怖くありません。資産が貴方や私の
為にお金を稼いでくれるからです。


【中略】


 お互いにいろいろな情報を交換し、投資手法を学びあい教えあった結果、私
の投資能力は急速に向上しました。

 その運用能力をフルに活用して私は3年間で、サラリーマンを60歳まで続
けることにより得られるであろう収入より、はるかに大きい資金を作ることに
成功しました。

 サラリーマン収入に生活費を頼らなくても済むという、経済的独立を達成す
ることが出来たのです。


【中略】


 どんな仕事にも問題は発生します。その問題が起こったとき、上司が一緒に
なって問題の解決を図るか、それとも自分の保身に走り責任を回避し、問題を
闇に葬ろうとするか。その差は大きいです。

 前任地の上司がいまの上司なら、私が精神的に痛手を受けることもなかった
ろうと思います。

 その代わり資産運用の能力が飛躍的に向上し、経済的独立を早く達成できる
こともなかっただろうと思います。

 本当にチャンスとピンチは表裏一体で現れます。
 そのチャンスを捕まえることが出来るかどうかで未来が変わるのです。
 私は本当に運が良かったと思います。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信し
 ています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評
 です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


【強い収益力で業績の不安無し!安定した取引先と高い参入相障壁、良好な財
 務内容の内需企業を研究!!】


 本日配信の有料メルマガでは、安定的に黒字を確保しており、収益力が強く、
極めて参入障壁の高い事業をメインとしており、良好な財務内容の低PER低
PBRの内需中心の企業を研究しています。

 また、コラムでは、「トランプ大統領の中間選挙に向けての人気取りの関税
政策は北朝鮮やイランなどとの外交政策などで、投資家が揺さぶられリスクオ
ンとリスクオフが猫の目のように変化します。しかし3月・6月・9月・12
月決算企業の決算発表が終わり、利益が伸びていく可能性が高い企業の株価も、
リスクオフになると、予想以上に下げてきます。しっかりと企業のファンダメ
ンタルズや業績の伸びる理由を確認していれば、この下げをチャンスに変える
ことが出来ると考えて、前向きに株式市場と向かい合うこの頃です。」と題し、
本日億近掲載の自身の経験談に加え、為替が安定するまでの間に、財務的に不
安のない内需企業から研究銘柄候補を7社取り上げています。

 さらに、カーボン関連企業への投資作戦のフォロー情報も書いています。

 購読をお待ちしております。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 ニチリン(5184)
 ]銘柄研究 帝国電機製作所(6333)


過去サンプル(コラム)
 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる(2016/12/27)
 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしようとするための心得(2012/11/06)



(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第198号好評配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第198号
が好評配信中です。


【今後のIPO銘柄展望と、気になる銘柄チェック!!】


【5/28 第198号では】

■相場展望
■IPO市場動向:注目の大型IPO銘柄登場
■炎の注目企業報告(2銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


【5/21第196号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7747


【5/28第198号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.7et/?eid=7763


==================================


◆コラム「ドラッカー18の教え 第15回」


産業新潮 http://homepage2.nifty.com/sancho/
6月号連載記事

■コミュニケーションは受け手が主役


●禅問答

 こんな禅問答があります。

「誰一人いない山奥で大木が倒れた。音は聞こえるか?」

 山奥で大木が倒れれば、空気は当然振動します。しかし、それが「音」にな
るためにはその音が、人間の耳の中の鼓膜を振動させ、その振動が脳の中で音
として認知される必要があります。つまり、だれもいない山奥で木が倒れても、
音を感じる人間がいなければ音は聞こえないということです。

 ドラッカーも著書でこのエピソードを取り上げていますが、「誰もいない山
奥で叫びまくっている」経営者やマネージャーは決して少なくありません。
 経営やマネジメントにおけるかなり深刻な問題といえるでしょう。


●情報とコミュニケ―ション

 ドラッカーは人間同士でやり取りされるものを、「情報」と「コミュ二ケー
ション」に大別し、それぞれまったく異なるものであると指摘します。

 通常、人と人の間では、コミュ二ケーションの中で情報を伝達します。
 例えばランチやディナーで雑談しながらのやりとり、会議室での表情や身振
り手振りなどのボディーランゲージを含めたやりとり等々。立ち話でちょっと
した伝達をするときでさえ、声の調子や表情でその伝達事項の「意味」がかな
りわかりますし、電子メールの一斉配信のときでさえ、伝えたい内容だけでは
なく、ちょっとした挨拶やコメントが添えられるのが一般的です。

 このように分かちがたく結びついている「情報」と「コミュ二ケーション」
ですが、その本質は全く別物です。

 最近、コンピュータやインターネットなどの「情報機器」が発達したおかげ
で強く意識されようになったのですが、情報とは「ビット」です。ビットを単
位として使ったのはクロード・シャノンがはじめてですが、要するに2進法の
一桁=「0と1の組み合わせひとつ」のことです。一般的には「1バイト=8
ビット」という関係であり、「1キロバイト=1000バイト」やメガ(バイ
ト)やテラ(バイト)はパソコンなどの性能を現す言葉として一般的です。数
が多いほどたくさんの情報を扱うことができるというわけです。
 この情報の分野で驚くべき能力を発揮しているのがコンピュータや通信ネッ
トワークであることはいまさら言うまでもありません。

 それに対してコンピュータが苦手とするのがコミュニケーションです。
 IBMのワトソンはAI=人工知能の最先端としてもてはやされていますが、
IBM自身はワトソンを人工知能とは呼んでいません。「エキスパートシステ
ム」と呼んでいます。

 「エキスパートシステム」とは何か?
 人工知能が人間の脳の機能全体と同じように機能するのに対して、エキスパ
ートシステムは人間の脳の役割の一部を模倣します。例えばワトソンは、IB
Mのディープ・ブルーがチェスの世界チャンピオンを破った後構想され、ジョ
パティーという米国のクイズ番組のチャンピオンに勝利すべく莫大な費用と長
年の研究開発期間によって完成しました。この番組は、過去全米を揺るがした
クイズ番組のスキャンダルなどの経緯から、「解答が出題されて、その解答の
問題を答える」という変わった形式です。しかし要するに、「質問に答える」
という人間の脳の機能の一部に特化したエキスパートシステムです。

 チェスよりもはるかに複雑な脳機能の役割を代替しているのですが、実際の
対戦で大きなハンディキャップになったのが、「ワトソン」はコミニュケーシ
ョンができないということです。クイズの問題は人間の司会者が読み上げるの
ですが、ざわついた会場でその問題を聞き分ける能力がワトソンに無かったた
め、出題と同時にテキストデータで送信されました。したがって、人間の解答
者が、司会者の表情、声の調子から多くの情報を得ることができ、しかも人間
の対戦者同士も相手の表情などを読み取ることができたことに対するハンディ
キャップがあったわけです。
 もっとも人間の解答者は、ワトソンの「完璧なポーカーフェイス」に翻弄さ
れたかもしれません・・・


続きは「産業新潮」
http://sangyoshincho.world.coocan.jp/
6月号をご参照ください。


(大原浩)


*2018年4月に大蔵省(財務省)OBの有地浩氏と「人間経済科学研究所」
 (JKK)を設立しました。HPはこちら https://j-kk.org/


【大原浩の書籍】

★夕刊フジ(産経新聞社)木曜版で連載中の「最強!!バフェット流投資術」
 は、現在応用編を連載中です。

★「バフェット38の教え」(昇龍社、アマゾンキンドル版)が発刊されまし
 た。
 http://amzn.to/2f7AZkD

★終身雇用の実力主義―バフェットとポーターに学ぶナンバーワン企業戦略―
 アマゾン・キンドル版
 https://amzn.to/2GdMYx2

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2018年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)が発刊されました。
 上巻:http://amzn.to/2wtdH3m
 下巻:ttp://amzn.to/2wjJTFE

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2017年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)
 上巻:http://amzn.to/2clE4yw
 下巻:http://amzn.to/2clFbxZ

★バフェット流で読み解く、GINZAX30社<特選・優良企業>
 昇龍社、アマゾン・キンドル版<上・下巻>2016年度版
 http://goo.gl/3icB5G
 http://goo.gl/ltVLIs

★『投資の神様』(バフェット流投資で、勝ち組投資家になる)<総合法令>
  http://goo.gl/MKtnf6

★「客家大富豪の教え」18の金言」に学ぶ、真の幸せをつかむ方法
 著者:甘粕正 <アマゾンキンドル版>
 http://goo.gl/rKIvhB

★「賢人バフェットに学ぶ・投資と経営の成功法則」
 昇龍社(アマゾン・キンドル版)
 http://goo.gl/UMxBYs

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2014)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/Blo6KT

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2013)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/iz1GUV



(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/wriatavoup
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


==================================

 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================

当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.kaijo.com/
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:ビジネス




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM