<< 書評:真説 アダム・スミス | main | 億の近道2018/02/01 >>

億の近道2018/01/31



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2018/01/31

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
       (本日の担当:式町みどり&梶原真由美)

 ◆コラム「為替市場動向〜米金利上昇でもドル安〜」:式町みどり
 ◆コラム「億近執筆陣の素顔 成功する個人投資家とは」:梶原真由美


===================================


【お知らせ】


□[山本潤監修 投資家のためのPython講座 全4回
 20時間プラス徹底的な個人指導!!!]

=Pythonを身につけて、最強の投資家を目指しましょう=
 10名限定の講座です。

 ↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓
 http://okuchika.net/?eid=7529


===================================


◆コラム「為替市場動向〜米金利上昇でもドル安〜」


 2018年入りした市場は、投資家のリスク選好が高まりと共に始まり、株
高、ドル安、債券安(利回り上昇)が進みました。
 ここ数日は月末要因という一時的な要因なのか?トレンド転換なのか?見極
める必要があるとは思いますが、債券利回りの上昇を主な理由にして株式市場
が大きな反落を見せました。

 余談ではありますが、今日1月31日は特別の満月(スーパー・ブルー・ブ
ラッド・ムーン)、皆既月食であることと関係あるのかないのかは不明ですが、
株式の新年ラリーを中心にしたリスク選好相場に修正が入っても不思議ではな
い頃なのかもしれません。


 まずは、米国債利回り上昇から見ていきたいと思います。

 2016年トランプ氏が米大統領に当選後に、財政への影響を見て米債10
年物利回りは2.6%台をつけましたが、その後は大型のインフラ投資等の政
策の実現性への期待が低下して一時は2.1%割れまで利回りが低下する場面
もありました。

 その間、イエレンFRB議長は金融政策の正常化を粛々と実行して短期金利
は上昇。拙コラムでも何回か話題にした2年債と10年債の利回り縮小がかな
り進んだ経緯があります。背景にあったのは、インフレ見通しが低下して長期
金利が上昇しない間に短期金利が上昇したというのがありました。
 その間、10年物利回りは上昇しても2016年の2.6%水準を上回るこ
とはなかったのが、新年に入ってからは、あっと言う間に2.6%を超え、直
近2.72%迄つけています。
 これが債券利回りの本格的上昇へのトレンド転換なのか見るには、もう少し
様子を見る必要があると思います。

 債券上昇の主な背景には、米国経済の好調さ、トランプ減税が実現したこと
もあります。また、原油価格がじりじりと上昇。節目とみられたWTI60ド
ル/バーレルを超えてきたことも背景の一つとも言えます。

 それ以上に考えられるのが、海外要因かと想像します。

 昨年は欧州中銀が量的緩和政策を徐々に正常化するスケジュールを出し、昨
年末あたりから(異次元緩和長期化とみられていた)日銀も出口戦略に向けて
の動きを市場が感じ始め、世界の資金の流れの変化に敏感な投資家に衝撃を与
えたのではないかと思います。

 では、ドル金利が上昇しているのに、なぜドル安?という疑問が出ます。

 昨年末から直近までの対米ドル主要通貨パフォーマンスでは、韓国ウオン以
外の通貨はすべて上昇(ドル安)。特に、原油高でノルウエイクローネなどの
資源国通貨高、金融政策正常化への期待での資金回帰でユーロやカナダ・ドル、
英ポンドでドル安傾向が顕著に見られます。
 また、米国のインフレ傾向が高まるとの期待が高まれば、インフレによる通
貨価値の低下によるドル安も考えられます。

 更に、今年は米国の中間選挙の年。ダボス会議での米財務長官ムニューチン
氏のドル安が好ましいという趣旨の発言(後日、トランプ大統領や本人からも
フォローする発言がありましたが)は本音であろうと推察する人は大方だろう
と思います。

 1月のドル円相場は、112円69銭に始まり、高値113円39銭、安値
はムニューチン発言後の108円28銭で、ローソク足の月足は余程のことが
ない限り陰線引けになりそうです。
 チャートを見ると、このレンジは、昨年のレンジ内にあり、昨年来ドル円相
場は200日移動平均の上に辛うじて位置して動いてはいます。

 今後の注目点は、引き続き日銀の動向ではないかと思います。その日銀の人
事は、3月19日に副総裁、4月8日に総裁が任期を迎えるので、近いうちに
人事についてのニュースが聞こえてくるのではないでしょうか。黒田総裁継続
が大方の予想なので、異なる場合には市場は右往左往するでしょう。


 昨年来、ドル安を引っ張っているのは、ユーロです。

 先週の欧州中銀ECB理事会を機に、ユーロ高は進みました。昨年12月1.
17〜1.19が主なレンジで、今年初は1.20水準からスタートしたユー
ロは一時1.25台もつけました。
 1月25日の理事会後のドラギ総裁の発言では「2018年に利上げ可能性
はほぼない」もありました。発言の趣旨は急激に進んだユーロ高へのけん制だ
ろうと見られます。
 ただ、年初公表のECB議事要旨発表以降の市場ではECBの金融政策への
タカ派色を見る向きが多く、暫くは、ユーロ高進行でけん制発言で反落するも
下値は買いが入るという基本的な展開かと予想します。ただ、ユーロ高もポン
ド高も急激に進んでいるので、どこかで大きく修正場面があっても不思議では
ないと思います。


 今週は、本日の米大統領一般教書演説、1月のFOMC(無風通過が大方の
予想)2月2日には1月の米国失業率速報が発表されます。米国のFRBも2
月には新しい議長を迎え、3月のFOMCに注目が集まっていくことになるで
しょう。


 新年早々に大きな動きがあった1月から2月へと。動きが大きかっただけに、
反動も予想されます。起こっていることを冷静に見極める時期かもしれません。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 どこも寒いですね。
 風邪、インフル流行っていますので、体調管理にお気をつけください。

※1月31日東京時間12時執筆
 本号の情報は1月30日のニューヨーク市場終値ベースを参照しています。
 なお、記載内容および筆者見解は参考情報として記しています。


式町 みどり拝


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/phaeuounio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第181号好評配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第181号
が配信されています。


【企業独占取材レポート!2月IPO企業の情報も!!】


【1/29 第181号では】

■相場の潮流
■炎の企業報告(2銘柄)
■2017年1−3月IPO銘柄動向(5銘柄)
■2月のIPO(2銘柄)
■岐阜造園(1438)訪問を前に


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


【1/22第180号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7507


【1/29第181号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7519


==================================


◆コラム「億近執筆陣の素顔 成功する個人投資家とは」


 私が億の近道で執筆をさせていただいてから約1年が経過するのですが、
先日、億近執筆陣の新年会に参加してきました。

 私は個人向け金融コンサルティングとして仕事をしている事もあり、個別株
は専門外で運用手法も超長期国際分散投資が専門です。

 ですから普段は個別株の投資家さんとお会いする機会はなく、どんな人達な
んだろうと興味深々で参加してきました。

 その感想をレポートしたいと思います。


<参加した人>

水島寒月さん(金曜日)
山本潤さん(火曜日)
炎のファンドマネージャーさん(月曜日)
小屋洋一さん(水曜隔週)


 さて、みなさんは成功している個人投資家ってどんなイメージ持ちますか?

 私は(全国の個人投資家さん、すいません)根拠なく以下のイメージを持っ
ていました。

・お金持ってる風外見してそう
・お金の話大好きそう
・超論理的思考そう
・無駄が嫌いそう
・合理主義で冷たそう

※梶原の独断と偏見です。


 実際は全く違いました。


 まず見た目や服装。

 普通の人と何ら変わりありません。

 むしろユニクロ大好きとか言っていました。

 私も好きです、ユニクロ。

 (たぶん)凄くお金持っているのだと思いますが、お金を大切にしており、
シンプルに生活しているのだと思います。

 次に会話の内容。

 どれだけ株式大好きなの?
 という位、銘柄の話で盛り上がっていました。

 盛り上がる方向性が

「どの銘柄があがった」「下がった」
 という話ではなく

「●●社にインタビューしてきたのだけど
ここの社長はとても社員想いで良い社長だった」

 こういう視点で盛り上がっているのです。

 ああ、彼らは
 「株式」を通じて「会社」を応援しているんだな。
 当たり前のことかもしれませんが、そう強く感じました。

 また、(私が勝手に妄想していた)
「▲▲万円儲けたやったぜ」といった自慢等も全くなく、株式愛に満ちた楽し
い会となりました。

 株式投資は未来を語るので考え方が非常にポジティブ・前向きなのも特徴で
した。

 億近執筆陣の面々とお会いして私の「成功している」個人投資家のイメージ
は以下に変わりました。

・謙虚である
・倹約家である
・お金を大切にする
・ポジティブである

 私も小屋に「落ちてるお金は拾え(1円でも大事にしろ)」と言われてから、
道に落ちているお金を見つけたら誰にも負けない速さで拾うことにしています。

 お金に愛されるためにはお金を大切にしないといけないのでしょうね。


 いかがでしたでしょうか?

 今回はちょっと趣向を変えて億近執筆陣の面々の素顔についてと、成功する
個人投資家のパーソナリティについてお伝えしました。


(梶原)


プロフィール:梶原真由美(かじはら まゆみ)
ファイナンシャル・プランナー
日本ではまだ珍しい顧問契約制のFP会社である
株式会社マネーライフプランニング所属。
1976年千葉県生まれ。40歳で出産、
12歳年下の夫と長女の3人家族。


無料で資産運用の相談をしてみたい方はコチラ

http://abvom.biz/brd/archives/ahwxrr.html


具体的な老後資金のプランニングをしたい方はこちら
↓(2月はあと先着2名様受付限りです)
http://abvom.biz/brd/archives/oqjjbm.html


■小屋洋一の資産運用メール講座■
 資産運用についてメール講座で学びませんか?
 これまで300人以上にアドバイスしてきた資産運用のプロ、小屋洋一が、
 資産運用で成功する人と失敗する人の違いをお教えします。

詳しくは http://mlplanning.co.jp/mail/


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/presouthia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


【石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!】


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信し
 ています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評
 です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。
 (今週は合併号のため、休刊となっております)


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


【好業績で上方修正が期待できる銘柄と、キャッシュリッチで割安な銘柄の
 2本立て!】


 先週配信の有料メルマガでは、今週との合併号として二つの研究銘柄を掲載。
 一つ目は、好業績で、保守的な業績予想のため情報集積が期待でき、さらに
増配も期待出来る優待企業を取り上げています。
 二つ目は、地方発のグローバル企業で、キャッシュリッチで最近上昇傾向を
見せ始めた十分に割安な企業を取り上げています。


 また、コラムでは、前号に引き続き、過去のコラムを引用しながら、研究銘
柄やコラム銘柄、その他掲載銘柄の情報をどのように活用したらいいか提示し
ています。

 さらに、30年以上にわたる経験値から導き出した、投資家として持つべき
7つの資質を挙げ、それを身につける努力の重要性に言及しています。

 加えて、研究銘柄候補として「3月決算企業のうち、カタログギフトがもら
える優待銘柄」から11銘柄をピックアップするとともに、あるセクターから
も4銘柄を研究銘柄候補として挙げています。

 合併号ならではの大ボリュームで大変にお得です。

 ぜひこの機会にご購読を!


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 ニチリン(5184)
 ]銘柄研究 帝国電機製作所(6333)


過去サンプル(コラム)
 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる(2016/12/27)
 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしようとするための心得(2012/11/06)



===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、最新〜2005年1月分まで掲載しておりますが、
順次過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まと
め読みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/


===================================


 「億の近道」の有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.kaijo.com/
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:外国為替



JUGEMテーマ:FX




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM