<< 炎の投資情報サンプル#181 2018/01/29 | main | 挑戦するベテラン経営者のIPO >>

億の近道2018/01/29



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2018/01/29

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
      (本日の担当:炎のファンドマネージャー)


      ◆コラム「挑戦するベテラン経営者のIPO」
      ◆コラム「ある地味な企業への訪問計画」
      ◆コラム「頑張れIR担当者」
      ◆コラム「新年会大いに盛り上がる」


===================================


◆コラム「挑戦するベテラン経営者のIPO」


 今年のIPO銘柄第一号となる筈だった世紀は上場承認が取り消しとなり、
改めて2月23日にマザーズ上場を予定しているMマート(4380)が今年
初のIPO銘柄となることになりました。
 2月はこれに続きジェイテックコーポレーション(3446)が2月28日
にマザーズ上場を予定。上場承認が取り消されない限り、2月はこの2社がI
POすることになります。
 3月も既に子育て支援会社、SERIOホールディングス(6567)のマ
ザーズ上場が予定されており、例年通りのIPOラッシュが見込まれます。


 Mマートは2000年に設立された業務用食材の卸売り販売会社。BtoB
サイトを通じて販売する事業モデルで、前1月期の売上はまだ5億円を超えた
レベルに過ぎませんが、今期は第3四半期までで4.48億円となり年商6億
円のペースとなっています。
 利益面では前期は5,288万円ですが、今期は同四半期までで8,828
万円で1億円を超えるペースとなっています。

 代表取締役は同社を設立したオーナー経営者である村橋純雄氏。資料による
と1936年生まれで今年82歳になる年齢です。
 通常はマザーズ銘柄というのは20代から30代の若手経営者に率いられる
ことが多いのですが、同社の場合は反対に超ベテランの経営者の下で成長しよ
うとしています。

 同社のサイトを拝見すると企業理念や社訓などが並んでいます。また株主に
いくつかの約束を示しています。
 企業理念については、
「商売は道徳であり、誠実さである。仕事とは自分を育ててくれた社会に対す
る報恩の志と行為である。社会に必要とされる企業・社会に必要とされる人間
になる。」
といったことですが、ベテラン経営者に率いられた同社ならではの理念かと思
います。

 目につくのは以下のような株主への誓いです。IPO前からこうした誓いを
立てている企業は珍しいのかも知れません。実際に行動に移されるかどうかは
ともかく、その姿勢は評価に値します。ベテラン経営者のIPO後の成長への
挑戦に皆様とともに大いに注目したいと思います。

「Mマートは、業績の向上、業務の効率化を追及し、適正な株主還元に努めま
す。
Mマートは、自分の目標数字に責任を持ちます。
私たちは、株主の皆様に約束したことは、必ず達成できるよう一生懸命尽くし
ます。
Mマートは、株主の皆様との積極的な会話に努めます。
私たちは、株主の皆様からの声を尊重し、経営に活かします。
Mマートは、コンプライアンスを何よりも大事に行動します。
私たちは、いかなる時も法令に従って行動し、透明性の高い経営に努めます。」


 2月IPOのもう1社であるジェイテック社は大阪府茨木市に本社を置く社
員数30名のハイテク企業。事業内容は大型放射光施設で使われるX線ナノ集
光ミラーの開発・製造・販売、各種自動細胞培養装置等の開発・販売となって
おり、電子とバイオの両方に関わっている珍しい企業との印象があります。

 前6月期の年商は約8億円で経常利益は約2億円と比較的小ぶりの企業では
ありますが、伸び盛りの状況が見られます。
 「科学技術、特に創薬・医療技術の研究開発におけるイノベーションを生み
出す製品を提案し、提供する」という行動指針を掲げ、今後ますますの活躍が
期待される企業との印象が持てます。

 世紀の承認取り消しで残念に感じておられます皆さんには新たなハイテク系
IPO銘柄の登場で大いに関心を高めて頂ければ幸いです。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


◆コラム「ある地味な企業への訪問計画」


 AIや仮想通貨、ブロックチェーン、サイバーセキュリティ、IoT、EV
といった比較的未来志向型のテーマを掲げてIPOしてくる企業に交じって、
やや地味なビジネスを展開している企業がIPOしてくる事例が見られます。


 今週訪問を予定しているのもそうした一見すると地味なお仕事をしている企
業の事例です。

 皆さんはIT業界でアクセンチュアや野村総研というコンサルティング会社
が高収益を誇っている話をご存知だと思います。

 先端的な業界では専門家の指導を受けて物事を進めていく必要があってこう
したIT業界ではこうしたコンサルティング企業が活躍する素地がある訳です。
最近ではベイカレントコンサルティング(6532)が評価を高めてきていま
す。この会社もIPO後の数か月はまったくと言って良いほど評価が低かった
のですが、その後の株価はその当時の安値から4倍以上にもなってきました。
 今期予想経常利益38億円に対して時価総額は540億円という水準です。

 アクセンチュアはアイルランドに本社を置く会計法人アーサー・アンダーセ
ンを発祥とする世界最大の総合コンサル会社。全世界の社員数は37万人を超
えています。

 一方の野村総研(4307)はご存知、野村証券に端を発するコンサルティ
ング企業で、時価総額は1.3兆円、経常利益655億円という水準。


 さて、冒頭にお話した地味目の会社も実はコンサルティング機能を世にアピ
ールすることができると収益性は一変する筈と考えて私はその意思やビジネス
モデルを確認するために訪問することにしました。
 まだ今期の経常利益は3億円以下に留まっていますが時価総額も20億円以
下に留まっています。

 IT系のような派手さはありませんが、粗利率の高いビジネスへのシフトで
今後の着実な成長性や高収益性が確認できれば評価を高めたいと考えています。

 先日のセミナーにお越し頂いた方には社名などお分かりになるかと思います
が、今回は敢えて社名は伏せておきます。訪問後のどこかで開示させて頂きま
すので宜しくお願いします。


 なお、国から大手企業に対して従業員への3%の賃金アップの要請が出され
ていますが、まずは企業の収益モデルを変えることが先決。従業員のレベルア
ップとともにビジネスの高付加価値化を図ることが不可欠ではないかと思うの
ですが、皆さんのご意見はいかがでしょうか。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


◆コラム「頑張れIR担当者」


 上場会社のミッションには業績向上に向けた挑戦的な活動と公正・正確な管
理に加え自社のファンとなってくれる長期スタンスの投資家への対応が挙げら
れます。

 従業員や取引先、既存株主への訴求に加えこれからファンになってくれる新
投資家に対して積極的に訴求するIR担当者の頑張りが求められます。


 株価が4,5年前の20倍になった平田機工(6258)も新IR担当者の
頑張りが高株価に結びついた事例と言えます。

 私は企業評価の一つに企業IR担当者からのリアクションに評価のポイント
を置いています。

 ある外食系のIR担当者などこちらからの質問に対して全く無視しているケ
ースがかつてありましたが、その後の株価は長期低迷と言う結果につながりま
した。

 IR担当者は経営トップの次に来る要職だとある投資家は企業訪問のたびに
語っていますが、まさにその通り。投資家は直接多忙な経営者からヒヤリング
することは難しくIR担当者にその企業の評価情報をまず求めようとします。


 先日、話題になったテノックス(1905)とはこれまで幾度となくやり取
りして参りましたが、今回ほど緊張感がある状況はありません。なぜなら四半
期決算が例年以上に好調な中で大型杭打ち工事で不具合(高止まり)が生じ元
請けとの交渉が続いていると見られるからです。
 元請けとの交渉で具体的な費用発生が決まってその中身の発表を待っている
段階にある中で昨年からIR担当となった執行役の頑張りが求められます。

 こんな時だからこそネガティブなリリースに負けない積極的なIR情報を出
してほしいものです。同社の株価は現在1171円。現状の予想EPS129.
7円ですからPERは9倍。PBRは0.7倍、配当利回りは2.47%の割
安感のある水準。予想EPSが下方修正されたとしてもPBRや配当利回り面
での下支えは可能。
 ここは投資家各位に過剰な弱気に傾かないよう要請したいところです。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


◆コラム「新年会大いに盛り上がる」


 億の近道の一部執筆陣の新年会が26日(金)に開催され大いに盛り上がり
ました。

 お集り頂いた皆様、お疲れ様でした。

 創刊から19年という歴史を重ね、名誉あるまぐまぐ大賞第一位(株式部門)
まで頂くに及んでの2018年新年会。縁あって億の近道に集う皆さんの心意
気を感じるあっという間の2時間足らずでした。

 今年も読者の皆様に訴求するネタを大いに提供して頂けるものと期待してお
ります。

 新年会は八重洲のとある居酒屋での開催でしたが、店名は「魚の目利き」。
 目利きが良いとおいしいお魚が食べられる・・。ということでやや高めの料
金ではありましたが、なかなか新鮮でおいしいお魚を頂くことができました。


 目利きというと株式投資にも通じるところがあります。
 言わば「株の目利き」。
 目利きの力を高めることがおいしいものに出会える近道。

 魚では新鮮さが命。脂の乗り、活きの良さなど様々なチェックポイントがあ
るかと思いますが、株にもある程度共通したポイントなのかも知れません。

 見たことも聞いたこともない銘柄との新たな出会いでは経験だけでは語れな
い不思議な目利きの能力が時には必要になるかも知れません。

 理屈抜きでこの銘柄は面白い、これはいける!?と感じて投資する方が案外、
短期的には後の結果が良かったりします。過去のこだわりが邪魔してなかなか
思い切っていけないということもあるかも知れません。

 株価の未来は業績の未来とも共通しています。
 誰にもわからない摩訶不思議な未来を予測しながらリスクテイクをして楽し
みながら資産を増やしていく億の近道に集う皆様の株の目利きがこれからも向
上しますことを祈願致します。


 そして億の近道はこれからも株や様々なリスク商品を目利きするヒントを与
えてくれる存在であり続けたいと思います。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ本日第181号配信!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第181号
が本日配信されました。


【企業独占取材レポート!2月IPO企業の情報も!!】


【1/29 第181号では】

■相場の潮流
■炎の企業報告(2銘柄)
■2017年1−3月IPO銘柄動向(5銘柄)
■2月のIPO(2銘柄)
■岐阜造園(1438)訪問を前に


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


【1/22第180号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7507


【1/29第181号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7519


===================================


 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。


===================================

当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.kaijo.com/
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM