<< 炎の投資情報サンプル#178 2018/01/09 | main | 始め良ければすべて良し >>

億の近道2018/01/09


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2018/01/09

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
   (本日の担当:炎のファンドマネージャー&相川伸夫&石川臨太郎)


◆コラム「始め良ければすべて良し」:炎
◆コラム「早くも始まった新年号選び」:炎
◆コラム「闘将の死」:炎
◆コラム「情熱投資家、相川伸夫の昨年の振り返りと今年の抱負」:相川伸夫
◆コラム「最新有料メルマガから」:石川臨太


===================================


■ ご挨拶 ■


 新年あけましておめでとうございます。
 億の近道2018年最初の配信です。

 今年もまぐまぐ!大賞2017資産運用部門1位にふさわしい充実したコン
テンツをお届けいたしますので、変わらずのご愛読をよろしくお願い申し上げ
ます。

 本年もよろしくお願いいたします。


===================================


◆コラム「始め良ければすべて良し」


 酉から戌へ。


 26年ぶりの株価水準に躍り出た日本の株式相場。
 大発会と2日目の合計で昨年末から950円も上昇し、明るい相場展開が印
象深い今年年初の株式市場。

 始め良ければすべて良し・・・。
 これで多少のことが起きても今年の株式相場は明るいまま進展するぞとの期
待が高まります。


 季節こそ違うがあの松尾芭蕉は「五月雨を 集めてはやし 最上川」と詠い
ました。

 現在の株式相場では

 言わば「欲心 入ってはやし 株相場」ですね。


 雄大な株の川に流れるマネーが私たちの気持ちに自信をもたらし、デフレ脱
却に道筋がつくことになればと大いに期待したいと思います。

 そうした期待感が高まりオリンピック相場仕上げに向けた展開が連綿として
続くことになるというのが2018年ではないでしょうか。


ということで今年も億の近道、宜しくお願いします。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


◆コラム「早くも始まった新年号選び」


 明治、大正、昭和、平成と続いてきた年号が来年はまた新しくなります。
 一体、新しい年号はどうなるのと皆さんも関心が高いのではないでしょうか。


 作家で皇室の話に詳しい竹田恒泰氏がその年号の候補を選んだということで
す。

 平成の後に続く年号の候補としては

 安延 永明 永光 安長 文弘 弘徳 弘栄 建安 文承 安化、建和

が挙げられています。


 必ずしもこの中から選ばれることにはならないかも知れませんが、過去にお
いても候補となったこれらの年号から選ばれる確率は高いようです。

企業も年号をつけてネーミングされることが多いので、関心は高まるばかり?

 平成の名前の企業は上場していませんので、むしろこれからこの年号をつけ
た企業名をつける動きがあるのか、いずれにしても新年号への関心は高まるも
のと思われます。


明治:明治HD 明治海運 明治機械、明治電機工業

大正:大正製薬ホールディングス

昭和:昭和化学 昭和産業 昭和シェル石油 昭和システムエンジニアリング
   昭和真空 昭和鉄工 昭和電工 昭和電線HD 昭和パックス
   昭和飛行機 昭和ホールディングス

平成:該当なし


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ本日第178号配信!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第178号
が本日配信されました。


【新企画スタート!新ポートフォリオや過去IPO銘柄の情報も!!】


【1/9 第178号では】

■新春相場に勢い
■新企画:炎にお任せ!!(3銘柄)
■炎の先回り買い銘柄(7銘柄)
■2018年新・中小型銘柄ポートフォリオ 1000万円コース
■IPO銘柄の注目ポイント(5銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/



【1/4第177号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7479


【1/9第178号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7481


===================================


◆コラム「闘将の死」


 訃報を耳にすると悲しみが胸にこみ上げて参ります。

 闘将と慕われた星野元監督の死はあの明るい笑顔が印象的だけに余計に感じ
られます。
 阪神や楽天という球団を優勝に導いてくれたあの逞しいパワーは既にあの世
でまた息づいているのでしょうか。


 株式市場でもこの闘将の命を奪ったすい臓がんとの闘いに暮れる企業があり
ます。

 樹状細胞ワクチンを用いた免疫細胞療法と言われる副作用のない治療法を追
求するテラ(2191)とその免疫細胞療法の草分けでもあるメディネット
(2370)です。
 いずれも東大医科研発のベンチャーです。

 免疫細胞療法は昨年、いくつものメディアで効果がないと叩かれてしまい、
その結果両社とも業績停滞を余儀なくされてしまいましたが、世の中にはすい
臓がんで苦しむ多くの患者がいて、少しでも助かりたいと今か今かと救いの治
療法確立を待っています。


 テラの矢崎社長には昨年後半に何回かお目にかかりましたが課題であった医
療機関への延滞債権問題を全額回収の形でクリアし本年を攻めの年にしたいと
私宛の挨拶メールで熱く語って頂いています。

 一筋縄にはいかない創薬ベンチャー業界ですが、亡くなった星野監督に限ら
ず多くの患者さんが製品化を待っていることだけは事実です。
 星野監督の訃報でそうした世の中に役立つ医薬品開発に邁進する企業群をま
た改めて見直すチャンスが訪れたと感じるのは筆者だけではないと思います。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


◆コラム「情熱投資家、相川伸夫の昨年の振り返りと今年の抱負」


 新年あけましておめでとうございます!!

 2018年の大発会は日経も大幅高でスタートし、今年も強気で攻めていけ!
と背中を押されたような心持ちです。

 すでに執筆者の方々が書いてみえるので読者の皆様ご存じでしょうが、この
無料メルマガ『億の近道』がまぐまぐ2017年の資産運用部門でなんと栄え
ある一位を受賞しました!!

 初刊から19年目に入る相当古参の本メルマガでありますが、
『まぐまぐの資産運用部門』でこの<億の近道>は

 2014年−6位
 2015年−圏外
 2016年−3位
 2017年−1位

…と、快走を見せました。

 16年末から自分は執筆をさせて頂き、現在ちょうど1年なので、まさに美
味しいところで入らせて頂いたようです。
 自分の影響度なんてちっぽけでしょうが、それでも自慢出来ちゃうので嬉し
いですね(笑)
ありがとうございますm(_ _)m


 身内自慢にはなりますが、ほんとに億の近道の執筆陣はすさまじいレベルの
方ばかりいるなぁと常日頃より感じます。
 文章でもレベルが高いと感じますが、年末の忘年会などで会ってお話を聞い
ていると皆さんキャラの癖も相当に強いですが、ホントにレベルが高い!!

 まだまだ未熟者だなぁ〜と毎回思ってしまうものです。

 そんな方々が集まってある種の趣味(記事の執筆は完全ノーギャラなので)
で執筆をしているのがこの億の近道な訳です。
 皆さんホントにアツい熱を持ってらっしゃいます。

 自分も情熱投資家を名乗っているので、
 アツさで負けてはいられないですね!!!


■相川伸夫ピックアップ銘柄フォロー
※1月5日(金)現在

・山王(3441)2016年12月19日配信
 株価560円⇒1168円(+109%)

・テノックス(1905)17年2月20日配信
 株価815円⇒1150円(+41%)

・LCホールディングス(8938)17年4月3日配信
 株価894円⇒1955円(+119%)

・特殊電極(3437)17年6月12日配信
 株価2922円⇒4210円(+44%)

・東北特殊鋼(5484)17年9月4日配信
 株価1831円⇒2430円(+33%)

・新報国製鉄(5542)17年10月2日配信
 株価1577円⇒2535円(+61%)


…テノックスから嬉しくないクリスマスプレゼントのIRが12月25日に届
きました。
 IRの題目は『施工中に発生した不具合に関するお知らせ』で始まり、中身
としては『大型建築基礎工事の一現場において、施工の不具合が発生、復旧の
費用が発生します』というネガティブな物でした。

 ザラバ中にIRが出たので25日はほとんどの投資家が気づかなかったので
しょう。翌日の朝から特売り気配で始まりました。その後安値1072円まで
行き、新年明けた現在ほとんど値を戻しています。

 自分が直接電話で確認できた情報と他の方が確認して頂いて得ることが出来
た情報をまとめるとザックリ次のようになります。

1.杭打ちの基礎工事(上物が建っていない初期の工事)で不具合(高止まり)
  が発生
2.高止まりとは、杭が予定している深さの手前の堅い地盤などで止まってし
  まい、杭の頭が地表から出すぎている状態
3.2の高止まり自体は杭打ち工事ではまれに起こることであり、力で強引に
  押し込むor強度設計に問題がなければ頭を切るなどすれば解決する
4.今回の場合、抜かないといけないらしいが、ピッチリ入って抜けなくなっ
  た(それはそれで強度は保たれているとは思う笑)ので今回は真摯にIR
  で発表

 こういう流れだと解釈をしています。

 もちろん、投資家としての一番の関心事としてはどのくらい今回の事で損失
が出るのか??

 これに関して会社としてもまだ精査中であるので、はっきりしません。
 株主としては大変やきもきしますが、はっきりしないからこそいち早く真摯
にIRとして開示したという姿勢は評価に値すると思います。
 ただ、せっかくIRにするのであれば内容はもう少し詳細に書けると思うの
で書いても良かったのではないか?とはやはり思います。

 もしかすると取引先との関係で開示したくてもできなかったという可能性も
ありますが、とりあえずは続報を待つしかなさそうです。

 この一件に関してどう捉えるかが同社への投資スタンスの明暗を分けると思
いますが、自分のあくまで個人的感覚としては過度には心配しなくて良いので
はないか?と考えています。


 そう思う理由は以下の通りです。

1.上物が建っていない基礎工事中での不具合であること(工期さえ延びなけ
  れば影響は軽微だと考えられる)。
2.年末年始を挟んでいること(休日対応が可能であろう)。
3.基礎工事における技術と実績はテノックスが施行会社の中でもTOPレベ
  ルにあること(いくらでも代替方法はあるのでは?)。
4.真摯にIRで開示している⇒元請けとも不具合を隠さずに相談している
  =不具合を隠そうとしない風土の信頼できる企業である(偽装、粉飾をし
  ない風土だと感じる)。

 加えて、株主通信で記してありましたが、ピュアパイル工法の年間施行件数
が前年よりもさらに増えて好調なことと、鉄道関連事業などでの大型新規案件
の受注見込みなども期待できる内容です。

 とはいえ、今後どうなるのかを保証するわけではないので投資は自己責任で
お願いします。


■昨年の振り返りと今年の抱負

 昨年2017年の日経平均始値は19298円で終値は22764円、安値
は18224円で高値は23382円。

 基本的には一昨年の2016年よりも多くの方が資産を増やせた実りある一
年であったのではないかと思います。

 しかし、中には↓のような方もいることと思います
・自分の持ち株の株価は上がらなかった。
・買った株が下落して損してしまった。
・株価が割高だと思って空売りして踏み上げられてしまった。

 そういった方も少なからずいるでしょう。
 全員が全員儲けることは現実的にまず不可能です。

 そんな損してしまった方も、儲かって儲かってしょうがなかった一年だった
人も、心機一転今年の株式相場を後悔なく楽しめるように昨年の投資の振り返
りと今年の投資の抱負を考えましょう!!

 また、仮想通貨で大儲けできた方もいると思います。仮想通貨で稼げた方は
本当にすごいですね!
 自分はどうしても仮想通貨には手が出せませんでした。これからも恐らく手
が出せないのではないかと思います。


 2017年の投資において良かったところは会社の価値(目先の数字だけで
判断するのではなく会社の製品や理念、人材や技術)を見誤らずに投資が出来
たことと、投資対象の業界についてを横と縦に掘って確信をもって投資する事
が出来たことで資金を集中投資しても早売りする事無く、株価の上昇の恩恵が
受けられたことが一番大きかったと考えています。

 反省点としては、『調子に乗ってはいけない!!』と頭では十分思っている
ものの、やはり油断(安易な売買、情報収集の怠慢)はしてしまうのだと再認
識しました。

 来年の抱負は
【会計学についての知識を高める(決算数字の成り立ちを経営側として理解で
 きるようになる)】
ことにしたいと思います。

 分かっているようで実は分かっていない事。【無知の知】について注力し、
より深い見識を得たいですね!!

 『儲かった』とか『損した』というのだけで話を終わらせては次に繋がりま
せん。

 出来ることを伸ばし、出来ない部分は少しでも補い、自分の能力パラメータ
を成長させていき、学びの年になるように頑張りたいと思います!!


 みなさまにとっての今年がより良い一年になりますように!


それではまた。
『全力全開全力前進!!!』

(相川伸夫)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/cridaibiat
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


【お知らせ】


■炎のファンドマネージャーの「IPO株投資戦略セミナー」開催!


 億の近道月曜版や有料メルマガ炎の投資情報でおなじみの、炎のファンドマ
ネージャーがセミナーを行います。

 今回は、IPO(新規上場)株について、現状分析や過去事例などを元に、
投資戦略を語ります。中小型株を中心に、IPOにも造詣が深い炎氏の神髄
に触れる内容となっております。ぜひご参加下さい!


日時:2018年1月20日(土)
 13時15分開場
 13時30分開始
 16時40分終了予定

※終了後、有志で懇親会を予定しています。会費5,000円程度です。


場所:東京都渋谷区
 詳細はお申し込み後ご案内いたします。


内容:=直近IPO銘柄と投資ポイント=
 1.IPO株の現状分析 2017年直近上場銘柄概況
 2.IPO株の事例分析
 3.今後のIPOスケジュール
 4.ケース別投資戦略ほか
 ※一部内容を変更することがあります。


受講料:
 5,000円(税込)
 お支払いはクレジットカードのみとさせていただきます。

 (有料メルマガ「炎の投資情報」購読者は優待価格3,000円)
 有料メルマガ詳細はこちら http://www.honohfm.com/


 少人数限定での開催となります。
 満席になり次第募集終了となりますので、お早めにお申し込み下さい!


 お申し込みはこちら: https://goo.gl/muEkUB


===================================


◆コラム「最新有料メルマガから」


 今回は特別に、本日配信の有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘
柄の研究」のコラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎の最新コンテンツをお楽しみ下さい。


=コラム「2018年は波乱もあると考えて油断せずに資産の成長を目指す」=
 (有料メルマガ第465回・2018/1/9配信号)


【前略】


 いよいよ2018年の株式市場がスタートしました。
 株価が上がるためにはどのようなカタリスト(=触媒)を持つことが有効な
のか。2017年の自分の運用成績を大きく引き上げてくれた企業の株価の動
きやウォッチしている企業の状況をチェックしなおしました。

 一番有効で、どのような業種の企業でも株価を上げる要因になったのは…
【中略】

 この2つのカタリスト(=触媒)が株価の上昇に効果が高いということが確
認できました。


 なんどもこのコラムで指摘してきたことですが、株価が上がるために必要な
ことは、その株を買いたい投資家(=正確には投資家の人数と買う資金額の総
和)が売りたい投資家(=正確には投資家の人数と売る額の総和)より多いこ
とが必要です。

 業績が良くなり株価が上がりそうだと、買いたい投資家が増えるので上がる
可能性が高くなります。そして優待の権利月が近づいてくると、その株を買い
たい投資家(=正確には投資家の人数と買う資金額の総和)が売りたい投資家
(=正確には投資家の人数と売る額の総和)より多くなることは、過去の経験
から考えてみれば当然のことです。

【中略】

 株価が上がる上記のカタリストを二つ持っている3月の優待銘柄に投資する
のは、失敗を少なくできる投資作戦だと考えています。


 ただ、今年は去年とは違って波乱が起きる可能性も増えてきます。
 必ずどこかでリスクオフが起きると考えて、準備を怠らないことも大事だと
思っています。
 特に今年は1月4日の大発会に日経平均225が741.39ポイントも上
げ、5日も208.2ポイント上昇と連続で大きく上げたので2日で949.
59ポイントも上昇しました。この勢いはしばらく続くとしても、どこかで一
休みが起きると思います。節分天井になるかもしれないと思う投資家が増える
と予想しています。

 そして、過去に大きな波乱が起きた時に私がホールドを続けることができて、
その後の株価リバウンドで投資額を増やせた企業をじっくりと見直しました。
今年も、もし波乱が起きて株式市場が暴落し、投資していた企業の株価が大き
く下げても、株価が回復するまで耐えて持ちつづけることができた上記の企業
の特徴を思い返してみると、私の場合は次のような3つの要件を満たしている
企業がほとんどでした。


【中略】


 投資家が株式市場から一斉に投資資金を引きあげるリスクオフが起きると、
業績や資産の内容にかかわりなく玉石混合で、ほとんどの企業の株価が大きく
下がります。

 去年は一年間を通じて、大きな下落はおきませんでしたが、2018年もそ
のような順調な投資環境が続くとは限りません。日経平均225が2018年
の年末に大きく上げて、マネックス証券が発表している日経平均225が3万
円に近づいていくにしても、それまでの間に大きな下落の時があると覚悟をし
ていたほうが良いと考えています。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信し
 ています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評
 です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


[研究銘柄パフォーマンス:1月10日〜6月27日配信分から一部抜粋]
(株価は配信後高値:11月1日現在)

 杉村倉庫   +389.3%(6/20配信)
 ニチリン   +110.1%(2/21〃 )
 日本フィルコン+ 81.3%(4/11〃 )
 ラサ商事   + 78.8%(2/ 7〃 )
 東邦アセチレン+ 65.7%(5/ 2〃 )
 佐藤渡辺   + 64.5%(3/28〃 )
 萩原電気   + 52.2%(5/30〃 )


【シェアトップ製品アリ!研究開発盛んで株主還元にも熱心な配当優待企業を
 研究!】


 本日配信の有料メルマガでは、扱う製品の2/3以上が自社開発という研究
開発盛んな技術中心の事業を行っており、完全子会社化と自社株買いを進め、
株主優待を新設した企業を、研究銘柄として掲載しています。


 また、コラムでは、「2018年の株式市場がスタートしました。2017
年の日本株は世界景気の拡大と好調な企業業績を背景に上昇を続けて12月2
9日の最終日の日経平均株価は6年連続で前年末を上回りました。1年間を通
じても大きな下落が無かったので、アベノミクスがスタートしてから一番波乱
のない状況でしたが、2018年は波乱もあると考えて、油断をせずに資産の
成長を目指したいと考えています。」と題し、本日億の近道掲載の内容に加え、
株価上昇のためのカタリストを2つ挙げ、株価が大きく下げてもホールド出来
た(その後上昇した)企業の要件を3つ挙げています。


 さらに、2月3月に株主優待がある研究銘柄候補を7銘柄挙げています。


 金曜日までにお申し込みの方は最新号をお読みいただけます。
 ぜひご購読下さい。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 ニチリン(5184)
 ]銘柄研究 帝国電機製作所(6333)


過去サンプル(コラム)
 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる(2016/12/27)
 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしようとするための心得(2012/11/06)



(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


【お知らせ】


■山本潤のセミナー「銘柄を選ぶためのノウハウ スクリーニングを超えて」
 開催決定!


 20年間勝率8割を誇る山本潤氏が、銘柄選択のノウハウを初めて語るセミ
ナーを開催いたします。
 外資系ファンドマネージャーがこのような内容を公開することはまずありま
せん。

・何を基準に銘柄を選べばいいかわからない
・投資した銘柄でうまく成績を残せない
・ポートフォリオを組みたいが、どのような銘柄を選べばいいかわからない

 このような投資家なら誰しもが抱える疑問を、このセミナーでぜひ解消して
下さい。


山本潤氏セミナー「銘柄を選ぶためのノウハウ スクリーニングを超えて」

日時:2月4日(日)
   13時15分開場
   13時30分開始
   16時30分終了


内容:
 1部 特許からの銘柄選び
  ・JPLATPAT の活用手法
  ・知的財産権を評価する(特に製造業)
  ・IPCについて
  ・IPCからの逆引きについて
  ・特許の排他性について、特許ツリーの理解

 2部 社会観察からの銘柄選び
  ・イベントやエクスポからの銘柄選び
  ・ビックデータからの銘柄選び(消費財)
  ・時代不変量を見出す−バリエーションが高い
  ・じわじわと確実に動くものを観察する(成長株投資)
  ・リプレイスシートの作成

 3部 投資哲学からのピッキング
  ・投資における哲学の重要性
  ・よい組織の選び方
  ・弁証法と細分化思想について
  ・よい企業理念とESG評価
  ・過去の行動の経営評価
  ・特に業績の低迷期における企業行動の把握

 (内容は変更する場合があります)


 ※セミナー終了後に有志により近隣飲食店にて懇親会を予定しております。
 17時から2時間ほど、会費は5,000円です。
 セミナー申込時に参加有無をお知らせ下さい。
 会費はセミナー受付時に頂戴いたします。


場所:東京都渋谷区(詳細は参加者へ別途ご案内します)


受講料:10,000円(税込)
 お支払いはクレジットカードのみとさせていただきます。

お申し込みはこちらから https://goo.gl/8KP3d7


少人数限定での開催です。
満席になり次第募集終了となりますので、お申し込みはお早めに!


==================================

 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================

当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.kaijo.com/
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================


JUGEMテーマ:株・投資




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM