<< 2018年の投資スタンス | main | 最新有料メルマガから「しっかりと新年の目標を立て具体策を準備していきたい」 >>

億の近道2017/12/26


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2017/12/26

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
        (本日の担当:石川臨太郎&大原浩)


    ◆コラム「最新有料メルマガから」:石川臨太
    ◆コラム「ドラッカー18の教え 第10回」:大原浩


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道の年末年始配信スケジュールは以下の通りです。
 
 年内最終号:12月28日(木)
 年始開始号: 1月 9日(火)

 よろしくお願いいたします。


===================================


【お知らせ】


■炎のファンドマネージャーの「IPO株投資戦略セミナー」開催!


 億の近道月曜版や有料メルマガ炎の投資情報でおなじみの、炎のファンドマ
ネージャーがセミナーを行います。

 今回は、IPO(新規上場)株について、現状分析や過去事例などを元に、
投資戦略を語ります。中小型株を中心に、IPOにも造詣が深い炎氏の神髄
に触れる内容となっております。ぜひご参加下さい!


日時:2018年1月20日(土)
 13時15分開場
 13時30分開始
 16時40分終了予定

※終了後、有志で懇親会を予定しています。会費5,000円程度です。


場所:東京都渋谷区
 詳細はお申し込み後ご案内いたします。


内容:=直近IPO銘柄と投資ポイント=
 1.IPO株の現状分析 2017年直近上場銘柄概況
 2.IPO株の事例分析
 3.今後のIPOスケジュール
 4.ケース別投資戦略ほか
 ※一部内容を変更することがあります。


受講料:
 5,000円(税込)
 お支払いはクレジットカードのみとさせていただきます。

 (有料メルマガ「炎の投資情報」購読者は優待価格3,000円)
 有料メルマガ詳細はこちら http://www.honohfm.com/


 少人数限定での開催となります。
 満席になり次第募集終了となりますので、お早めにお申し込み下さい!


【早期申込特典】
 12月中にお申し込みいただいた方全員に、
 有料メルマガ「炎の投資情報」最新号をプレゼント!


 お申し込みはこちら: https://goo.gl/muEkUB


===================================


◆コラム「最新有料メルマガから」


 今回は特別に、本日配信の有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘
柄の研究」のコラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎の最新コンテンツをお楽しみ下さい。


=コラム「しっかりと新年の目標を立て具体策を準備していきたい」=
 (有料メルマガ第464回・2017/12/26配信号)


【前略】


 2017年の5月ぐらいまでは、自分の主力株(=多く投資している企業)
が上がらずに、耐えるのが辛くなりすぎた時には、資金を分けて、一部の資金
で普段とは違う短期のトレードに挑戦してストレス解消を行うのも精神的には
良いことだと考えて、実行したりもしました。

 またPERにあまりとらわれず高PERの企業でも、株価が堅調に上昇傾向
を続けている高技術の企業を投資対象にすることも検討し、ファンダメンタル
ズ分析も行い、業種の特徴も調べて、打診買いも行いました。

 このような試行錯誤を続けていたことで、年末にはアベノミクスが2012
年12月26日(=第2次安倍政権が始まった時点)スタートしてからちょう
ど5年間で、大きな果実を手に入れて、しっかりと勝ち逃げしてキャッシュを
大きく増やすことができたことは、最近のコラムでも書いて来たとおりです。


 株式投資をして学んだことは沢山ありますが、その中でも特に大切なことは
過去も未来も確定しているものは何もない。未来の自分の行動で、過去は常に
変ってしまうことを知ったことでした。

 「過去は可変的であり、未来は未知である。」
 「過去についても、未来についても、確定的なことは何も言えない」
ということを、株式投資で学べたことは、人生においてもとても役に立ちまし
た。

 「過去が変る?」

「やってしまった失敗は取り返しがつかないのではないか?」

 そう思われた購読者もいらっしゃると思います。
 しかし株式投資を長くやっていると

「あ、過去が変わるというのは、当たり前のことなのだ」
と体感することが出来ます。

 もっと正確にいうと
 「過去に対する評価が、未来の出来事で常に変わる」
 ということです。

 この学びは株式投資よりも、変化に富み、なにが起きるか不確実な人生を、
より良く生きるためにも大事な知識です。株式投資では自分でリスクをコント
ロールできますが、人生においてのリスクは、自分でコントロールできないも
のも多いです。


【中略】


 デイトレードや短期投資では、なかなか体感できないかもしれませんが、中
長期投資をやっていると「過去は変わる」ということを日常的に体験すること
になります。過去はいつも毎日のように変わってしまいます。


【中略】


 このように未来で毎日のように変わってしまうような、現在の株価に囚われ
て、一喜一憂するのは、つまらないことだと思います。

 私は株式投資で、けっこう銘柄間の資金シフトをしていますが、そのシフト
の評価は、シフトした後の価格の動きで、直ぐ出るわけではありません。

 確かに資産残高の増減で短期的な評価はすぐ出ます。しかし、資産運用とし
て株式投資をずっと続けていくつもりなら、余り短絡的な資産の増減は、評価
基準としては不適切だと考えています。


 私は自分の株式運用の成果は個別株ごとに行うのではなく、ポートフォリオ
全体での資産の増減で行うようにしています。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信し
 ています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評
 です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


[研究銘柄パフォーマンス:1月10日〜6月27日配信分から一部抜粋]
(株価は配信後高値:11月1日現在)

 杉村倉庫   +389.3%(6/20配信)
 ニチリン   +110.1%(2/21〃 )
 日本フィルコン+ 81.3%(4/11〃 )
 ラサ商事   + 78.8%(2/ 7〃 )
 東邦アセチレン+ 65.7%(5/ 2〃 )
 佐藤渡辺   + 64.5%(3/28〃 )
 萩原電気   + 52.2%(5/30〃 )


【年末年始合併号!研究銘柄がダブル掲載。出遅れディフェンシブ銘柄と出遅
 れ投資テーマ銘柄を研究!】


 本日配信の有料メルマガでは、年末年始合併号と言うことで、研究銘柄を2
社掲載。キャッシュリッチで割安な出遅れディフェンシブ銘柄と、最近の主要
投資テーマで割安ながら、これからの株価上昇が期待出来る企業を、研究銘柄
として掲載しています。


 また、コラムでは、「今年は株式投資をする人々にとっては、波乱の少ない
本当に良い年でした。この幸運を糧にして、来年の年末にも美味しいお酒が飲
めるように、しっかりと新年の目標を立て、それを実現するための具体策を準
備していきたいと努力しています。」と題し、本日億の近道掲載の内容に加え、
4つの投資失敗パターンを分析して今年の投資行動を振り返っています。


 さらに、あるセクターの中で出遅れている銘柄や、需要向上による業績伸長
が期待出来る銘柄、3月優待の含み資産株など、総計10銘柄を取り上げてい
ます。


 年末年始のじっくり考察できるこの機会に、ぜひご購読下さい。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 ニチリン(5184)
 ]銘柄研究 帝国電機製作所(6333)


過去サンプル(コラム)
 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる(2016/12/27)
 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしようとするための心得(2012/11/06)



(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


◆コラム「ドラッカー18の教え 第10回」


産業新潮 http://homepage2.nifty.com/sancho/
1月号連載記事


■人間には人物を見分ける能力など備わっていない


●富を生み出すことができるのは人間だけである

 「富を生み出すことができるのは人間だけである」。まったくその通りです。
どれほど優れた機械やソフトウェア―でも、まず「人間が意志を持って機械や
ソフトウェアをこの世に誕生させなければ、それらの製品そのものがこの世に
存在しない」ということになります。
 つまり、それらの製品にとって人間は「創造主=神」ということになります。
 もちろん、それらの製品は、人間が意図をもって作動・運用しなければ、何
の富も生み出さず、単なる物体にしかすぎません・・・

 また、地中に眠る原油や鉄(銅)鉱石でも同じことです。
 地下資源は、地球の歴史の中で数千万年、数億年単位で存在していましたが、
人類がたった数千年前に文明と呼ばれるものを生み出すまで、それらの地下資
源はただ存在するだけで経済的価値など全く存在しませんでした。もっといえ
ば、それらの地下資源が現代のように重要な意味を持つようになったのは、せ
いぜい数百年ほど前からの出来事です。
 もちろん、地下資源の性質に何らかの変化があったわけではありません。
 人間(社会)が変化したことによって、地下資源の経済的価値が大きく変化
したのです。


●人間ほど厄介なものは無い

 したがって、地下資源や機械などと違って、「人間の頭の中で生み出され保
管される」知識が経済の重要な要素となる知識社会において、「人間だけが富
を生み出すことができる」とドラッカーが主張するのも当然のことです。

 そして、その「唯一富を生み出す人間をマネジメントすることが経営の最重
要課題である」ことにも疑いの余地がありません。

 しかし、その経営・経済にとって最も重要な要素である人間のマネジメント
ほど難しいものは無いということも、ドラッカーの指摘する通りです。しかし、
この最も難しい課題を避けていては、経営に失敗します。


●人事の責任は全て任命者が負わなければならない

 「人間」というキーワードで組織を考える場合、最も重要かつ目立つマネジ
メントは「人事」でしょう。一般従業員だけではなく、役員にとっても自分自
身の人事は仕事をするうえで最大の関心事でしょうし、さらには、同僚、上司、
部下の人事も大変気になるはずです。

 しかし、その人事がなかなかうまく機能しないことが、マネジメントが成功
しない最大の原因です。マネジメントは「誰をマネジメントするのか」が始まり
ですが、そこでつまずいてしまっては、すべてが前へ進まなくても当然です。

 現在行われている大半の人事の最大の問題点は「任命された側に人事の責任
を負わせる」ことにあります。例えば、A氏が営業部から経理部へ人事異動を
命じられたとしましょう。もし、A氏が思ったほど経理の仕事で実力を発揮で
きなくても、それはA氏の責任ではありません。もちろん、A氏は任命された
経理の仕事に全力を尽くすべきですが、もしA氏に経理の仕事を遂行する能力
が欠けているとしたら、いくら努力をしてもそれはほとんど徒労に終わります。


 続きは「産業新潮」
 http://sangyoshincho.world.coocan.jp/
1月号をご参照ください。


(大原浩)

*2018年4月に大蔵省(財務省)OBの有地浩氏と「人間経済科学研究所」
(JKK)を設立します。HPは先行して2月にはアップされます。


【大原浩の書籍】

★夕刊フジ(産経新聞社)木曜版で連載中の「最強!!バフェット流投資術」
 は、7月で基礎編が終了し、現在応用編を連載中です。

★「バフェット38の教え」(昇龍社、アマゾンキンドル版)が発刊されまし
 た。
 http://amzn.to/2f7AZkD

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2018年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)が発刊されました。
 上巻:http://amzn.to/2wtdH3m
 下巻:http://amzn.to/2wjJTFE

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2017年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)
 上巻:http://amzn.to/2clE4yw
 下巻:http://amzn.to/2clFbxZ

★バフェット流で読み解く、GINZAX30社<特選・優良企業>
 昇龍社、アマゾン・キンドル版<上・下巻>2016年度版
 http://goo.gl/3icB5G
 http://goo.gl/ltVLIs

★『投資の神様』(バフェット流投資で、勝ち組投資家になる)<総合法令>
  http://goo.gl/MKtnf6

★「客家大富豪の教え」18の金言」に学ぶ、真の幸せをつかむ方法
 著者:甘粕正 <アマゾンキンドル版>
 http://goo.gl/rKIvhB

★「賢人バフェットに学ぶ・投資と経営の成功法則」
 昇龍社(アマゾン・キンドル版)
 http://goo.gl/UMxBYs

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2014)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/Blo6KT

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2013)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/iz1GUV


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/wriatavoup
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


==================================


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第176号配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第176号が
配信中です。


【来年注目の投資テーマと有望銘柄情報満載!緊急フォロー情報も!!】


【12/25 第176号では】

■2017年の株式相場と2018年の展望
■2018年の注目テーマとその関連銘柄(7テーマ・25銘柄)
■続・緊急報告:大きく変動した2銘柄のフォロー(2銘柄)
■ウエスコHD(6091)取材報告

 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


【12/18第175号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7448


【12/25第176号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7466


==================================

 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================

当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.kaijo.com/
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:ビジネス




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM