<< 億の近道2017/11/21 | main | 億の近道2017/11/23 >>

ドラッカー18の教え 第9回



産業新潮 http://homepage2.nifty.com/sancho/
12月号連載記事


■責任を負わなければ権限は無い。危機においてこそリーダーの真価が問われる


●古代では暴力と恐怖による支配が当たり前だった


 人間社会が始まった時から、常に権力者は存在しました。秦の始皇帝、アレクサンダー大王、カエサル(シーザー)、ナポレオン等々数限りありません。彼らはほぼ例外なく、本来外敵から自国を守るはずの軍隊を国民に向け、「暴力とそれに伴う恐怖」で人々を支配しました。今から考えればひどい話ですが、古代社会から近代の初期に至るまでは「法の支配」などという考えも確立されず、権力者が権力と恐怖で人民を操るのはごく当たり前のことだったのです。

 しかし、近代に入ってからは、すくなくとも先進国では、「法の支配」が優勢となります。どのような権力者でも、まったく人民を無視した政治を行うことは不可能になりました。これには、グーテンベルグ以来の活版印刷技術の普及も大いに貢献しました。それまでは一人が1年に一冊しか作成できない(そのため現在の価値でいえば一冊数百万円以上した)写本でしか知識を得ることができなかった(実際には購入できず知識を得ることはできませんでした…)人民が、数百部・数千部単位で一度に印刷できる印刷技術を手に入れたのです。まさに「情報革命」です。

 知識を持たない人民であれば恐怖と暴力で支配するのはたやすいでしょうが、知恵をつけた人民は権力者にとって厄介な存在で、彼らの意見もある程度取り入れなければ、政治がうまく運ばなくなります。


●知識社会では暴力と恐怖による支配は通用しない

 ただ、西洋を中心とした先進国では「法の支配が」確立しているにもかかわらず、発展途上国や後進国では相変わらず暴力と恐怖による支配が圧倒的に優勢です。特に共産主義国家のほとんどが恐怖と暴力による支配を基本としています。
 近代の三大虐殺王は第1位・毛沢東、第2位・スターリン、第3位・ヒットラー(虐殺した人間の多い順)ですが、このうち二人が共産主義者であり、ヒットラーも「国家社会主義」を標榜していました。

 私は「アラブの春」は大失敗であったと思います。西洋的基準で言えば「民主主義は至高のもの」ですが、民主主義は社会的基盤などの条件がそろわなければ、むしろ害悪となりえると考えています。

 その意味で、今でもチャイナなどの発展途上国や後進国が暴力と恐怖で支配されているのは、歴史的必然です。

 しかし、恐怖と暴力で支配されている国が、経済的な部分において先進国となることはありえません。それは次のたとえ話でよくわかると思います。

 王様の壮大な陵墓を建設するために人民が集められます。彼らは心の中でどのように考えていても、監督官の鞭におびえながら、過酷な環境な中で重い石を運ぶ重労働を行うでしょう。

 それに対して、現代の最先端のバイオ研究所をイメージしてください。豊富な知識と高い教養を備えた研究員の周りを、マシンガンを持った監督官が取り囲んだ場合、仕事の効率は上がるでしょうか?むしろ研究の邪魔になって、出るはずの成果も出なくなるはずです。あるいは、創造性を要求される広告グラフィックやコピーの制作現場でも一緒です。

 チャイナなどでは、海外に留学してそのまま研究を続けるチャイニーズに対して「本土の家族の安全は保障できないよ…」などという脅しをかけて帰国させるようですが、そのような脅迫行為も長期的には無意味でしょう。


 続きは「産業新潮」
 http://sangyoshincho.world.coocan.jp/
12月号をご参照ください。


(大原浩)


【大原浩の書籍】

★夕刊フジ(産経新聞社)木曜版で連載中の「最強!!バフェット流投資術」
 は、7月で基礎編が終了し、現在応用編を連載中です。

★「バフェット38の教え」(昇龍社、アマゾンキンドル版)が発刊されまし
 た。
 http://amzn.to/2f7AZkD

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2018年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)が発刊されました。
 上巻:http://amzn.to/2wtdH3m
 下巻:http://amzn.to/2wjJTFE

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2017年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)
 上巻:http://amzn.to/2clE4yw
 下巻:http://amzn.to/2clFbxZ

★バフェット流で読み解く、GINZAX30社<特選・優良企業>
 昇龍社、アマゾン・キンドル版<上・下巻>2016年度版
 http://goo.gl/3icB5G
 http://goo.gl/ltVLIs

★『投資の神様』(バフェット流投資で、勝ち組投資家になる)<総合法令>
  http://goo.gl/MKtnf6

★「客家大富豪の教え」18の金言」に学ぶ、真の幸せをつかむ方法
 著者:甘粕正 <アマゾンキンドル版>
 http://goo.gl/rKIvhB

★「賢人バフェットに学ぶ・投資と経営の成功法則」
 昇龍社(アマゾン・キンドル版)
 http://goo.gl/UMxBYs

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2014)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/Blo6KT

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2013)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/iz1GUV


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/wriatavoup
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


JUGEMテーマ:ビジネス



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:経済全般




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM