<< 億の近道2017/10/23 | main | 億の近道2017/10/24 >>

時価総額が有利子負債を除いた現預金を下回る銘柄

37ad9fb0d605fff9f3519b292ad740fe_s.jpg


 本コラムでも取り上げてきましたテノックス(1905)大成温調(1904)などのキャッシュリッチ銘柄に着目した筆者ですが、株高のトレンドの中にあって未だに時価総額が所有している実質現預金(有利子負債控除後)を下回っている銘柄が存在するのに愕然としてしまうことがあります。

 また、これだけでも驚きなのですが、保有する土地などの資産はデフレ経済の中ではまったく注目されてこなかったのでその資産価値を計算すると驚きの資産保有企業があちらこちらに存在していることがわかります。

 デフレ脱却までは道半ばながら、資産価値(自らの収益力も含む)まで対象にした企業評価の中で時価総額が低水準のまま推移している銘柄群はリスクテイクする投資家にとって魅力的に映るのではないかと思われます。


 先日訪問した欧州産の高級床材・タイル販売会社として成長途上にあるアドヴァン(7463・時価総額485億円・今期予想経常利益60億円)もそうした資産を保有する企業の一つ。原宿の一等地に本社ショールームを保有するほか大阪や福岡などの都心部にショールームを設置。全国3か所の流通センターを活用した事業展開で高い粗利率を確保している企業なのです。
 TVCMによって一定のブランドを確立した同社は新たに1兆円市場へ積極的に参入しようとしています。ここでも自社の物流センターを活用したアマゾン型の事業展開が図れる点が強みです。

 有利子負債はそこそこ抱えていますので一見してバリュー株には見えませんが、これは都心部に保有する資産価値の大きさで担保されており、含み益まで入れたバリュー株と言うことができます。
 B/Sには乗らない資産価値をベースに未来の収益拡大に向けた積極的な施策を打ち出しているのが目につきます。

 東京オリンピック後のビジネス停滞を懸念する声があっての時価総額評価かも知れませんがいずれ見直される余地があると思われます。

 このところの株価は自己株処分価格よりも上に位置してはいますが全体相場が強い中にあって横ばい傾向にあり改めて見直しの期待が高まっています。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:ビジネス




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM