<< 億の近道2017/04/28 | main | 炎の投資情報サンプル#142 2017/05/01 >>

決算発表を控えて

37ad9fb0d605fff9f3519b292ad740fe_s.jpg



 銘柄選択をする際に個別銘柄の業績を利用することは多いが、その前段に相場観を掴むために全体の業績動向を把握しておくことが重要だ。

 全体の業績動向を把握するには日経平均のEPS(一株当たりの利益)を利用するのが一般的だが、日経平均は指数であり、厳密にいうと一株利益は存在しないので私はEPS(一株当たりの利益)ではなく日経平均採用銘柄の最終利益を合計したものを利用している。


 日経平均の前期業績は期初+9.6%→1Q+7.2%→2Q+6.6%→3Q+11.9%(いずれも前期比)と決算期を経るごとに企業の業績は変化している。為替の水準をふまえ、期末にかけて業績修正が増える傾向等を勘案すると業績の動向が見えてくる。

 セクター等の見通しは岡三オンライン証券のコラムに記してあるのでこちらを参照して頂きたい。
http://www.okasan-online.co.jp/tradeinfo/theme/2017/0425a/


【視点・ポイント】

 東芝の2017年3月期(前期)3Qの業績がまだ発表されていないため、東芝の数字いかんで前期の日経平均の実績が大きくブレることを頭に入れておきたい。
 仮に1兆円の赤字を計上すれば前期業績は5〜6%の下方修正となる。

 5月に出そろう前期の業績が今期業績の土台となるが、前期比で5%程度の増益を予想している。年末にかけて米国の利上げが見込まれるものの、利上げペースは現在の2〜3回が若干後ずれを想定。このため、為替の円安方向の推移がイメージできないため、増益幅は一ケタ前半に留まると予想する。

 そのため、今年の日経平均のイメージは上値は2万円前後、リスクは多数存在するので昨年同様リスクが顕在化した際の押し目買い戦略を取りたい。


(Bコミ)

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/ciowaijeak
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM