<< 億の近道2007/07/11 | main | 億の近道2007/07/13 >>

携帯電話キャリアの競争環境

 ソフトバンクモバイルの携帯電話純増数が、2007年5月に引き続き6月もトップも獲得した。4月まで10ヶ月連続で1位に君臨し続けたAUは2位、業界の盟主たるNTTドコモは3位に沈んだ。

 ソフトバンクの躍進の理由は明確だ。同社携帯宛に1時から21時まで国内通話し放題で月額980円の料金プラン、ホワイトプランという奇策である。同プランには6月単月で100万人が加入したと見られ、同社の加入者約1650万のうち契約者は約35%に達する。

 現時点で最も勢いがあるソフトバンク。だが同社の将来は安泰なのだろうか。同プランは携帯電話事業会社に禁断の扉である際限のない価格競争に突入するとすれば、体力に劣る同社には勝目がないだろう。それは決して起こりえない未来ではないだろう。

 現実に同社は世界1高いといわれた日本のネット接続料金を、自社の参入により世界一安いものに作り変えた。魅力的な市場めぐり参入が相次いだ固定系ブローバンド市場は、今後新規参入があるとはとても考えられない、厳しい戦場に変わった。同様のことが携帯電話市場に起きないとは誰も思えないだろう。

 また節度のある競争を想定してみたい。
現状では(トラフィックの増大等の理由から)不可能と考えられるが、全社がホワイトプランに近い形のプランを導入したとする。
そのときの各社のシェアを仮に、

NTTドコモ 50%
AU     30%
ソフトバンクモバイル 20%

としよう。
自社の加入者同士が(特定の時間内)無料で通話できる場合、消費者にとって一番価値のある携帯電話キャリアはどこだろうか?言うまでも無く最大のシェアを誇るNTTドコモだろう。

ネットワークの外部性と呼ばれる効果だが、加入者数がそのサービスの価値に正のバイアスを与えるのである。

こうした状況下では、ソフトバンクは(NTTドコモと)同一の料金では現状のシェアを維持することは不可能で、シェアを保つために他社比で低価格でのサービス提供を強いられる。そして各社にとって居心地の良い(シェア変動の無い)水準で、相応の利益を分け合うシナリオも考えられる。そのとき得られるソフトバンクの利益は決して大きいものではないだろう。

これまで携帯電話事業はネットワークの外部性は大きなウェイトを持つことは無かった。それが自社通話と他社通話で明確に料金を変えるホワイトプランのようなサービス体系が導入されたことで、否応無しにネットワークの外部性について強く意識される。

子会社にネットワークの外部性によって日本のネットを制したといえるヤフーを子会社に持ち、また自らもネットワークの外部性によってADSL市場を制したソフトバンクは、携帯電話市場でも同効果を味方につけることが出来るだろうか。

ソフトバンクの収益は携帯電話事業が大半を占める。同社への投資はこうした疑問を解消してからの方が無難といえるだろう。

>終わりに
今回の記事はソフトバンクの強み(ヤフーとのコラボ等)には触れずに書いており、あくまでリスク要因を指摘しただけのもの、と理解していただきたい。

>執筆終了のご挨拶
更なる修行のため、アナリスト修行僧は旅立ちますので今回で一旦執筆終了となります。またいつの日か修行の成果をお披露目できる事を楽しみにしております。

アナリスト修行僧

<スローガン>
仲間と共に理想社会への投資をはじめよう!
−投資活動によって理想社会を実現する−

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM