<< 銘柄メモ フォスター電機 6794 | main | 老子と投資 第78章 >>

億の近道2013/02/25

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2013/02/25

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================

             −本日の目次−
 (本日の担当:炎のファンドマネージャー&グルメ投資家おーちゃん)

  ◆コラム「儲けたお金はどこに行くか」:炎のファンドマネージャー
  ◆コラム「老子と投資 第78章」:グルメ投資家おーちゃん

===================================

【海外投資実践入門セミナー、ストリーミング配信開始!】

 この度、1/31よりサービスを開始した「(きっと)世界初。動画のマー
ケットプラットフォーム。ネクフル」を利用し、従来DVDでのみ販売してい
た「海外投資実践入門セミナー」をストリーミング配信いたします。

 テーマ別に視聴いただける形式になっておりますので、中東だけ、ベトナム
だけ、インドだけといった興味のある内容のみご覧いただけます。パソコンか
らもスマホからも視聴可能です。冒頭3分間は無料でご覧いただけますので、
まずは見てみてください!

「これから始める!香港株、ベトナム株:小屋洋一氏」
 http://necfru.jp/video?id=125

「大きな魅力!中東への株式投資:岡村聡氏」
 http://necfru.jp/video?id=126

「ついに解禁!インド株式投資」:松田憲明氏」
 http://necfru.jp/video?id=127

 なお、テーマ全てを見たい方には、DVDも引き続き販売していますので、
こちらもご利用下さい。 http://www.iforum.jp/dvd/

===================================

◆コラム「儲けたお金はどこに行くか」

 昨年秋から積み上げ型でなかなか下げない相場が続いていますが皆様のその
後の運用成果はいかがでしょうか。
 上がってきてそろそろ調整もという声も聞かれますが、方向性に大きな変化
はなく、主力株が調整局面となれば個別材料株に物色気運が盛り上がるなど引
き続き強い展開が見られます。
 株式投資で儲けようと本メルマガなどを読まれたり、様々に研究・実践され
てきた皆さんの笑顔が目に見えるようです。

 とは言え、中には過去の高値圏での投資の傷が癒えないままでやっと戻って
きたところだとクールに株式市場を見ている方もお見えになるのかも知れませ
ん。

 儲けたお金で消費しようというキャッシュリッチな個人や景気の先行きなど
を吟味しながら設備投資をしようとする企業がここから増えてくるかがポイン
トになります。

 個人が儲けたお金はどこに行くか?

1)消費に回る

 余裕が生まれると高額品の消費が上向きます。比較的客単価の高い外食企業
の業績などが向上するのもその表われと言えます。
 大手デパートの月次売上が向上するかどうかを注意してみておきたいところ
です。

 私の住まいの近くにあるショッピングセンターの中にある外食レストランも
日曜日は結構混んでいましたが、皆さんのお住まいの地域のレストランはいか
がでしょうか?
 これからはタウンウォッチングに心がけ、消費者が財布の紐を緩められるか
注目しておきましょう。

 できれば高級フレンチレストラン、ひらまつ(2764・時価18.35万
円、時価総額300億円、今9月期予想経常利益24.4億円)などに足を運
んでみてはどうでしょう。
 私は女性に人気のあるカジュアルダイニングのきちり(3082)に足を運
ぼうかと思っております。先週の決算説明会では第2四半期、とりわけ年末の
銀座や恵比寿店といったビジネス立地の店舗の売り上げ状況は良好だったとの
話がありました。また、昨年はメディアを賑わせたタニタ食堂に続いて大手精
米機メーカーのサタケと提携したとの話、さらには運営受託の可能性がある企
業が水面下で話が進んでいるとのこと、ちょっと気になりますね(時価191
0円、今6月期予想EPS183.5円、PER10.4倍、時価総額32億
円、今期予想経常利益6億円、来期8.2億円)。

2)一部は消費に回るとしても余裕資金はまだ株式市場にとどまり市場で循環
 する

 株高の情報を聞きつけた投資家が関心を寄せる株式市場。今まで売れなかっ
た株雑誌や四季報が売れているのは投資家が戻ってきた証拠。株高トレンドが
続く中で個別銘柄への関心も高まっていると見られます。日経平均が短期上昇
した今、押し目待ちのリスクマネーが新たに入ってくる可能性を秘めています。

3)消費には回らない

 円安、株高の流れは物価に徐々に反映されつつあります。ガソリン価格が上
昇するなど株価上昇に無縁の一般消費者の生活は一向に良くなる兆しがありま
せん。円が安くなって物価が上がる一方で人件費が抑制されれば株高の恩恵を
受けない消費者にとっては消費が縮小する結果となるのかも知れません。先行
した株高は消費にとってプラスではあっても過度な期待は禁物だということで
す。

 企業も設備投資を増やすかどうかを検討中だろうと推察されますがまだ景気
の先行きに自信を持てない段階であれば投資は手控え気味になるかと思います。
参院選までの景気回復の先にある消費税増税が国内市場の拡大を妨げるとの判
断が設備投資を慎重にさせているのかも知れません。消費税アップの前の駆け
込み需要は、そのあとの反動減を生んでしまいます。今回は2回の消費税引き
上げが想定されますので判断が難しいと思われますが、景気の回復以前に成長
戦略に沿った設備投資の回復が鍵を握っているものと思われます。

 農業、医療、教育などアベノミクスが示す国家戦略をしっかり念頭に入れて
おきたいと思います。

 昨年の秋にアナリスト説明会で好印象だったノーリツ鋼機(7744)の株
価が順調に右肩上がりを続けていますがこの企業も国家が掲げる新成長戦略に
沿った新分野で業績を拡大させようとしている点で気になっています。世界的
な写真用プリンタの最大手が市場の縮小で苦戦を強いられてきた中で新たに農
業、食、予防医学、環境というテーマで事業に取り組むとともに、中高年向け
通販会社をM&Aで取り込み業績の再拡大を目指して始動中です(時価497
円)。

(炎)

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)

このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalioクリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!

===================================

◆コラム「老子と投資 第78章」

 今回も、老子の第78章を題材に、投資の本質へ迫ってみます。

※AFPBBニューズブログ「大原浩の金融・経済地動説」の2008年2月
8日の日記、(<老子と投資>その1)http://www.actiblog.com/ohara/52816
を先にご覧になることをお勧めします。

78、天下水より柔弱なるはなし。

○世界の中で、水よりも柔らかくて弱々しいものは無いが、洪水の時には大き
 な岩を砕き、また、雨の浸食作用は、どのような硬い岩をも貫く。
○弱々しいものがかえって強いものに勝ち、柔らかいものが硬いものに勝つこ
 とは世界中の誰もが知っているが、それを実行できるものは殆どいない。
○本当の正しい言葉は、普通とは反対のように聞こえる。

 <戦略>とは本来、弱者のために生まれたものです。力の強い大男とまとも
に戦っても勝ち目がないから、知恵を使って勝負するわけです。

 身長が3メートルある巨人のゴリアテが、羊飼いの少年であったダビデの投
石器から放たれた小石で卒倒(額に当たった)し、首をはねられたのは有名な
伝説です。

 相手の図体が大きいことを恐れる必要はありません。人類の歴史では、常に
「賢い」ものが勝っているのです。そうでなければ、人類はマンモスやライオ
ンの餌食になって、とっくの昔に絶滅していたでしょう。

 「知性・知恵」こそ人類の最高の武器です。

 日本の隣に図体が大きいことを自慢している国と、その手下の二つのゴマす
り国があります。知恵が無ければ、彼らはゴリアテのような惨めな最期を迎え
るでしょう。

 例えば「反日」。最初の内は、「反日」を声高に叫ぶ国の言い分が国際社会
に広がるかもしれません。しかし、根拠の無い捏造話は、いつか真実が暴かれ
ます。

 ギョーザ事件、レーザー照射・・・・現在起こっている事件の真実を平気で
捻じ曲げる国々が過去のことを正直に話すはずがありません。国際社会もそれ
に気づき始めています。

 また、日本の隣の「ゴリアテ」が、かつてのナチス・ドイツに似てきたこと
を憂慮する記事が英国フィナンシャルタイムズなどにも掲載されています。日
本の隣国のナチス化を心配しているのは、日本だけではありません。欧米の多
くの人々も憂慮しています。

 ウィンストン・チャーチルは、第2次世界大戦が終わってから、戦争が始ま
るまでナチス・ドイツに融和的な政策をとり続けたことを後悔する趣旨の発言
をしています。第1次世界大戦でヨーロッパが荒廃したため、多くの国々が平
和を望み、ナチス・ドイツの横暴に妥協し続け、結果として大惨事を引き起こ
しました。

 根拠の無い話で誹謗・中傷を続ける国々に対する、日本の抑制された態度は
国際的に評価されています。「本当の正しい言葉は、普通とは反対のように聞
こえる」ということも、少しずつ国際社会に理解され始めています。

 しかし、第2次世界大戦は、ナチス・ドイツを甘やかした結果起こったとも
言えます。戦後70年間、どこの国とも戦争をしてこなかった、「世界一の平
和国家」である日本ですが、「ナチス・ゴリアテ」の脅威にどのように対応す
るのか?「知恵」をフルに使うべき時が来ています。

★2月19日発売の<DIME>(小学館発行)3/16号で「(理論研究の
 第一人者が緊急講義)ウォーレンバフエット流7つの金言」と題した、イン
 タビュー記事が2ページにわたって掲載されます。機会がありましたらご高
 覧ください。

(OH)

*ブログ「大原浩の金融・経済地動説」http://www.actiblog.com/ohara/

☆おかげさまで昨年12月発刊の「日本株で成功する バフェット流投資術」
 が増刷となりました。皆様のご支援・ご声援に感謝いたします。

★「日本株で成功する バフェット流投資術」(日本実業出版社)
定価1500円(税別)
http://goo.gl/DVnkS
(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)

このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/wriatavoupクリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!

===================================

【炎のお奨めの一冊】

 前号では六本木にありますワールドインベスターズカフェでのインターネッ
ト放送のMCとして有名なザ・スリービーの石田社長が書いた「越境せよ」を
ご紹介しましたが、大変に好評のようです。
 石田さんの海外を志向する情熱が文中にあふれていて結構を感動を覚えてし
まいました。
 今回はHIS会長の澤田秀雄氏が書いた「運をつかむ技術」(小学館)を紹
介します。澤田会長はドイツへの海外留学時にアルバイトで大金を得た経験か
ら日本に戻ってビジネスを開始。全世界を旅した経験からHISという旅行会
社を立ち上げ、今日では世界的な規模の企業に発展してという経緯があります。
現在は佐世保のハウステンボスの再建に成功するなどそのチャレンジングな取
組が注目を集めています。
 私は時々アジア経営者連合会の総会などでお目にかかったりしますがとにか
くパワフルです。その澤田会長の経験談が描かれた本書は企業経営者のみなら
ず投資家の皆さんにもきっと役に立つと思います。
 まあ、成功の裏には運もある、その運をつかむ技術を教えてくれている本で
すから、一読の価値があります。http://goo.gl/FTbQ1(1400円+消費税)

===================================

 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、最新〜2005年1月分まで掲載しておりますが、
順次過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まと
め読みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/

===================================

 「億の近道」は特定非営利活動法人イノベーターズ・フォーラムの登録商標
です。この名称での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================

当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.kaijo.com/
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。
==================================


JUGEMテーマ:株・投資


JUGEMテーマ:ビジネス


JUGEMテーマ:社会の出来事



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM