<< 億の近道2006/09/13 | main | 億の近道2006/09/15 >>

執筆後記2006/09/13

●ウインドウズビスタが来年の1月末に発売される予定です。やはり新OSを動かすにはPCのスペックも高水準のものが必要になるようで、メモリですと現状の512MBから1GB程度必要になるようです。さて、このビスタですが発売当初から爆発的な売れ行きを示し、PC需要を牽引するのでしょうか。ウインドウズ95は別として、OSが新しくなったからPCを買い換えよう、という意識が働く方はかなり少数ではないかというのが私の個人的な意見です。それぞれの消費者のPCの買い替え時期に、PCを買い換えたらOSが新しくなっていたというのが多くの消費者のケースのように思えます。よっぽどビスタの機能がすばらしければ話は別なのでしょうが。慣れるまでに時間もかかるでしょうし、当初はバグなどの問題も多々あると思います。仕事向けのマシンですと、余計に買い替えを躊躇してしまう可能性もあるかもしれません。特にエンジニアは買わないのではないでしょうか。もちろん、これは短期的なお話であります。(さ)

●なるほど、新ウィンドウズの為にマシンを買い換えるのは個人的にもなさそうです。ユーザーサイドからすれば、自分のPC用途に過不足がなければOSなんて何でも良いのが実態でしょう。つまり、OSよりもアプリの影響が大きいわけです。ただし、いつの間にかデファクトスタンダードは変わってしまうもので、かつては表計算と言えばLotusだし、ワープロソフトと言えば一太郎でしたが、いつの間にかExcelやwordに置き換わってしまっています。ビジネスでデータや文書をやり取るする際、一般的なモノ、標準的なモノにシフトするのは効率の面からしても当たり前。新ウインドウズ上でしか動かないアプリがスタンダードになれば、新OSの普及は加速するでしょうね。Macでは「スタンダードな(使いたい)アプリが動かないから旧OSのままでいる」ユーザーの話をよく聞きます。これなどはアプリ側が新OSに対応しないため起こるねじれ現象ですね。個人ユーザーとしてのエンジニアはともかく、業務上の対応として一番早く新OSを使い倒す人達はやはりソフトウエアのエンジニアでしょう。向上した新OSの機能を自分たちのモノにした上で、製品に反映させねばならないでしょうから。個人的には、新ウインドウズ発売から1年程度経過した頃に買い換えを検討する公算が高そうです。(ぢ)

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM