<< 億の近道2012/03/08 | main | 億の近道2012/03/12 >>

インドのスマホと中東の投資家の扱い

【スマートフォン】

 インドではすでに固定電話数を上回っている携帯電話。街中でもどこでも、携帯電話で話す人の姿は日本以上と感じます。
 少し前まではインドではノキアの独壇場。ビジネスパーソンがブラックベリーを使う程度でした。最近ではHTCやサムソンなど、アジア勢の携帯機が目立っています。
 そして、スマートフォンの波は確実にインドへ来ています。

 先日のHindustan Timesに、「どのスマートフォンを買うべきか?」という記事が載っていましたので紹介しましょう。

 紙面に大きく取り上げられていたのは4種類。以下にまとめてみました。

1)ブラックベリー
 価格帯:9,800〜35,000RS(16,000〜57,000円)
 特長:メールとスケジューラのダウンロードが速い。キーボードが装備されているので、入力が楽。内蔵カメラの性能が貧弱。
 結論:メールとスケジューラを重視する人にオススメ。

2)iPhone
 価格帯:20,990〜50,990RS(34,000〜83,000円)
 特長:天文学的数のアプリケーションが使用でき、これ一つでほとんどのことが出来る。値段が高い。タッチスクリーンのみなので、キーボードが必要な場合は別に購入する必要あり。
 結論:画像や動画、ゲームなどを重視する人にオススメ。

3)アンドロイド
 価格帯:3,500〜40,000RS(5,700〜65,000円)
 特長:携帯機メーカーに縛られることなく、フルタッチスクリーン、高画質カメラ、キーボード付きなど、好みで選択できる。アップル同様、多数のアプリケーションを利用してカスタマイズ出来るが、ウイルスへの脆弱性やハードウエア由来の問題がある。
 結論:自分好みにカスタムしたい人にオススメ。

4)ウインドウズフォン
 価格帯:15,000〜30,000RS(24,000〜49,000円)
 特長:フェイスブックやツイッターなどのソーシャルメディアとの親和性が高い。ウインドウズPCとのリンクや、オンラインストレージも強力。HTCやサムソン、ノキアが採用している。
 結論:マイクロソフトオフィスのユーザーへオススメ。

 記事の雰囲気ですと、アンドロイドを推しているニュアンスを感じます。
「ある調査によると、スマホユーザーの56%がアンドロイドを買っている」
なんて、出所がよく分からない話を紹介していますし。

 まぁ記者の見立てはともかく、私個人的にもインドにおいてこれからアンドロイドが伸びていく感触は理解できます。安い価格でスマホの恩恵を預かれるというのは大きな武器でしょう。
 スマホに関して問題となるのは、バッテリーの保ちと通信料金。おしゃべり好き=電話好きのインド人にとって、この2つは重要です。重たい充電器を持ち歩くことは出来れば避けたいでしょうし、通話より割高なダウンロードの通信料に嫌気が差すかも知れません。
 蛇足ですが、インドのiPhoneは先日やっと4Sが発売になりました。

【中東の個人投資家はどっちだ?】

 前回、適格外国人投資家の一つの条件、IOSCO(イオスコ:証券監督者国際機構)締結国について触れました。実はもう一つ条件があって、FATF(マネーロンダリングに関する金融活動作業部会)の勧告を順守しているというものです。
 この条件が、インドと関係が深く、投資意欲も旺盛なGCC(湾岸協力会議)構成国6カ国との問題を発生させました。

 少しややこしいのですが、GCCがFATFの順守機関となっていますが、その構成国6カ国(サウジアラビア、オマーン、クウェート、UAE、カタール、バーレーン)は、FATFに国として加盟していないのです。
 例えば、サウジアラビアの個人投資家は、インドのルールによれば適格外国人投資家でないという解釈が成り立つわけです。しかしサウジが加盟しているGCCはFATFを順守している。
 さぁどっちだ?という事が、今、議論の的となっています。

 インドとしても、中東のマネーは非常に魅力的ですし、無視できない存在です。個人的には適格個人投資家として認められると思いますが、いつそれが結論づけられるのか、要注目です。

ぢんぢ部長(松田憲明)

■皆さんからのインドに関するご質問などを受け付けます。
 全てのご質問は、コラムを通じて回答する形式を採りますのでご了承下さい。
 質問、お待ちしております。
 okuchika.mail@gmail.com

■プロフィール:億の近道編集長。最近はインドと日本のビジネスブリッジを
 中心に活動している。インド国内に強力な人脈を持ち、インド進出のバック
 アップを行う。また、インド株式投資の情報を現在鋭意収集中。

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。)
matsubunner.jpg

このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/piowristocクリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


JUGEMテーマ:ビジネス


JUGEMテーマ:社会の出来事


JUGEMテーマ:株・投資


JUGEMテーマ:海外投資



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM