<< 億の近道2011/09/06 | main | 億の近道2011/09/07 >>

今回の下落相場を分析する

 11年8月の米国の債務交渉難航・国債格下げに端を発した下落相場ですが、現時点では激しい暴落相場に発展する可能性は低いと見ています。

 下記は、過去50年間のS&P500が20%以上下落した期間をまとめたものです。5年に1回程度、20%以上の下落局面が米国株式市場には訪れています。ここで大切なのは、11年4月のピークからの下落率が、S&P500が直近で最も落ちた8月10時点で−18%と、下落相場入りしたと判断される20%を超えていないことです。

S&P500指数下落タイミング  下落幅/下落期間/期間
1961年02月〜62年06月 −29%/6ヶ月/1年2ヶ月
1966年02月〜66年10月 −24%/8ヶ月/7ヶ月
1968年12月〜70年05月 −33%/1年5ヶ月/1年10ヶ月
1973年01月〜74年10月 −50%/1年9ヶ月/5年9ヶ月
1980年02月〜80年03月 −22%/2ヶ月/4ヶ月
1980年11月〜82年08月 −28%/1年9ヶ月/3ヶ月
1987年08月〜87年10月 −36%/2ヶ月/1年9ヶ月
1990年07月〜90年10月 −20%/3ヶ月/4ヶ月
1998年07月〜98年10月 −22%/3ヶ月/1ヶ月
2000年03月〜02年10月 −51%/2年7ヶ月/4年9ヶ月
2007年10月〜09年03月 −58%/1年6ヶ月/?
2011年04月〜       −18%8月10日時点/?/?

 下落相場は大きく3つのカテゴリに分けられます。
 一番軽度の20%程度の下落相場の場合、下落期間は数ヶ月で、相場が底を打ってから下落前のピークまで回復するのに、ほとんどのケースで1年以内しか掛かっていません。
 それに対して、68年と87年のピークから約3分の1下落したケースでは、相場が底を打ってから、下落までのピークを回復するのに2年程度掛かっています。

 さらに、73〜74年の「株式の死」、00〜02年の「ITバブル崩壊」、07〜09年の「サブプライム危機」では、S&P500はピークの半値以下まで下落し、ピークの回復には底から5年程度掛かっています。
 こうした大暴落相場では、下落局面が2年程度続いており、再びピークのレベルに戻るまで、トータルで7〜8年掛かっているということです。過去のケースから考えると、サブプライム危機前の07年10月のピークにS&P500が戻るまで、あと3〜4年は掛かりそうです。
 8月の下落相場が、この3つのカテゴリのどのレベルにあてはまるかを見極めることは、今後の投資行動に重要ですが、私達は少なくとも「サブプライム危機」のような半値以下までの大暴落相場にはならないと考えています。米国の不動産価格の代表的指標であるUSREIT指数の過去50年間の推移をみると、過去3回の株価の大暴落時には、不動産価格も大きく下落している事がわかります。
 そして、「株式の死」では72年から、「ITバブル崩壊」では97年から、「サブプライム危機」では06年からと、いずれも株式市場よりも不動産価格の方が早く下落しています。今回は、不動産価格が下落していない事から、それほど深刻な事態にはならないと考えています。また、今年は大統領選の前年にあたりますが、大統領選前年の株式パフォーマンスが、最も良いことも強気の材料です。

 この分析に基づき、8月に私達は新興国株式を中心に買い増しを行いました。今後の世界経済の最大のリスクは、先進国の金融緩和傾向によるインフレですので、既にインフレ率が10%近いロシア・インドを投資対象から除き、予想PERで見て歴史的に割安な、ブラジル・ペルーに投資をしました。

 ベトナムは、インフレが非常に深刻ですが、他国株価との相関性の低さから、わずかですが新たに投資をしました。また、中長期的な資源価格の高騰トレンドも変わらないとの考えから、ペルシャ湾岸諸国への投資も増やしています。

 今回の下落相場では、パニックを煽るような報道も目立ちますが、定量的な指標をもとに、落ち着いて投資を行ってください。

S&S investments
岡村 聡

【プロフィール】
東京大学工学部卒、東京大学大学院学際情報学府卒。
卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、
バイアウトファンドのアドバンテッジパートナーズに勤務。
2010年6月より、投資アドバイス会社S&S investments起業。

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。)
okabunner.jpg

このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/troucripheクリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


JUGEMテーマ:社会の出来事


JUGEMテーマ:ビジネス


JUGEMテーマ:株・投資


JUGEMテーマ:経済全般



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM