<< グローバル投資のポイント(192) | main | 老子と投資 45章 >>

億の近道2010/08/16


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2010/08/16

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================

             −本日の目次−
     (本日の担当:松尾範久&グルメ投資家おーちゃん)

  ◆コラム「株式投資の視点」:松尾範久
  ◆コラム「新版・投資の王道(その85)」:グルメ投資家おーちゃん
  ◆コラム「日本マクドナルド(2702)の次の一手」:松尾範久
  ◆コラム「老子と投資 45章」:グルメ投資家おーちゃん

===================================

◆コラム「株式投資の視点」

 株を売る理由はお金が必要だからというのとお金は必要ないけど株価が下
がりそうだからというのがあります。流動性があろうとなかろうと株価は換
金売りに値を消す場面が随所に見られる場合は景気の先行きが不安となり理
由もなくつられて株を売りたくなります。株価は相場で変動しますし気の持
ちようなので下がればそこからまた評価が始まります。業績などは二の次。
PERは単なる評価の基準に過ぎず、そこによりどころを求め過ぎては儲け
ることはできません。それでも教科書的に言うとかつてPERは10倍なら
買いという時代がありました。今は5倍や6倍でも買いが入らないケースも
あり、まさに企業が公表している業績見通しなど信じられないとでも言うよ
うな投資家の判断が働いているようです。直近になってIPOしました結婚
式場を経営するアイ・ケイ・ケイ(2198)の株価は予想EPS254円
余りに対してPER3倍台で評価されるなど普通では考えられない株価にな
っていますが、それも先行きへの業績不安があるからにほかありません。
企業側も地方に所在していて自社をアピールし切れていない面もありますの
で、イレギュラーな面もありそうですが、投資家は冷静になってこうした株
価推移を見守る必要がありそうです。
証券会社は当局の指導が厳しく品薄株の売買には消極的なようですが、きち
んとした事業モデルを構築した成長企業は株式の流動性があろうとなかろう
と存在しています。皆様に少しでも有望企業をお届けしたいと願いながら、
ここからの3年、5年と言う期間に成長を続ける成長株を見出す作業をこの
暑い中でも続けている私の活動もそろそろ成果を出す時期がやってきている
ようです。良ければどうぞお付き合いの程を宜しくお願いします。

株式会社アイリス・ジャパン
代表取締役 松尾範久

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)

このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!

===================================

【お知らせ】

 暑い暑い2010年の夏、真っ盛り。皆様いかがお過ごしでしょうか。
 日頃はメールマガジン「億の近道」をご愛読賜り心より御礼申し上げます。
億の近道は創刊されて10年余りが経過し、その間の経済や景気、企業の変化
など目まぐるしいものがございます。
投資のヒントを御提供することで少しでも皆様の運用成果を高めて頂こうと私
の活動も一歩一歩前進してきたと自負しておりますが、実際に皆様のお役に立
っているのかは分からずにおります。必ずしも皆様のご要望にお答えできてい
ないのかも知れませんが、今後もより積極的に皆様のお役に立ちそうな投資ヒ
ントや有望企業発掘のためのヒントを提供して参りたいと思っております。
皆様の引き続きのご支援、御鞭撻を宜しくお願い申し上げます。

夏本番ですが、お体に御留意され、停滞気味の株式相場を乗り切って頂きます
よう切にお願い申し上げます。

なお、弊社メルマガの購読者数の増強に向けて今後、「億の近道」を通じて皆
様に購読の呼び掛けなども積極的に行っていきたいと計画しておりますので宜
しくご理解賜りましたら幸いです。

株式会社アイリス・ジャパン
代表取締役 松尾範久

●株式・企業情報メルマガについて
 長寿社会の資産運用ライフスタイルは未来に成長する企業を見出し、長期ス
タンスで投資すること。株式相場の流れを理解し、ご自身のオリジナリティあ
るポートフォリオを構築するためのサポートができればと弊社は長年メールマ
ガジンを配信させて頂いております。タイトルは「株知道」。ついては皆様の
購読申し込みを受け付けておりますので宜しくお願い申しげます。諸般の事情
から億の近道のように無料という訳にはいきませんが、年間2万円という購読
料を頂戴しております。
 ご購読のお申し込みは下記のアドレスまでお願い申し上げます。直近の見本
メルマガをお送りしますので宜しくお願いします。目標をもって取り組まれる
皆様にお届けする有料メルマガです。なお、今お申し込み頂くともれなくメー
ルで銘柄相談権(2回分延べ4銘柄まで)がついてきます。ぜひとも下記のア
ドレスにお申し込み下さい。

(株)アイリスジャパン 有料コンテンツ係
mag@irisjapan.co.jp

◎8月6日号のタイトル
■産直銘柄
 日本マクドナルド(2702)
 時価:1939円 時価総額:2578億円
 好業績持続で見直しのタイミング接近
■IPO銘柄コメント
 アイ・ケイ・ケイ(2198)は900円割れから反転上昇の動き
 870円が暫定底になるか?
■視点:貯蓄税論台頭で株に関心が向かう?

◎8月4日号のタイトル
■産直銘柄
 トラスト・テック(2154)
■IPO銘柄コメント
 アイ・ケイ・ケイ(2198)はついに900円割れ
■特別レポート
 この品薄銘柄の買い方 アゼアス、KG情報
 【株の勝手広告】
 サイネックス(2376)
 タカショー(7590)

(松尾)

===================================

◆コラム「新版・投資の王道(その85)」

■中・長期投資のための銘柄徹底研究■

 日本や世界には星の数の程の飲食店がありますが、それらの中から独自の調
査で名店を探し出すのが、ミシュランガイドやザガット・サーベイなどのガイ
ドブックです。
 日本の上場企業も4000社近くありますが、そのなかから独自の基準で、
今後安定的に長期間繁栄する可能性が高い優良企業をピックアップするのが、
本連載です。
 なお、あくまで、5年・10年単位での業績を基準に選定していますので、
掲載しているデータは必ずしも最新のものではありません。各社の直近の業績
については「会社四季報」や各社ホームページ上のIRコーナーで最新のもの
を確認ください。
(さらに詳しい内容は、まぐまぐの<GINZAXグローバル・経済投資メー
ルマガジンで連載しています)http://www.mag2.com/m/P0008114.html

<8544>京葉銀行
 千葉県の都市部に強みを持つ。総資金利ざや0.65%。自己資本比率10.
98%。
資金:定期51%、普通42%、当座1%。その他5%
資産;貸出金68%、有価証券26%、現金・預け金1%、その他5%
融資:中小企業等向け82、住宅・消費者向け36

<8545>関西アーバン銀行
 三井住友銀行の子会社。総資金利ざや0.68%。自己資本比率10.07
%。
資金:定期73%、普通16%、当座1%、その他9%
資産:現金・預け金6%、有価証券11%、貸し出し金81%、その他2%
融資:中小企業向け94、住宅・消費者向け45

<8550>栃木銀行
 栃木・埼玉を地盤とする。総資金利ざや0.47%。自己資本比率10.3
5%。
資金:定期55%、普通41%、当座2%、その他2%
資産:現金・預け金4%、有価証券27%、貸し出し金66%、その他3%
融資:中小企業向け82、住宅・消費者向け26

<8551>北日本銀行
 岩手県を中心に東北地方で展開。総資金利ざや0.39%。自己資本比率9.
89%。
資金:定期64%、普通31%、当座3%、その他2%
資産:現金・預け金4%、有価証券16%、貸し出し金72%、その他8%
融資:中小企業向け80、住宅・消費者向け34

<8561>徳島銀行
 県内の預貯金シェアは2割強。徳島県で資金量第2位。総資金利ざや0.5
3%。自己資本比率9.17%。
資金:定期61%、普通31%、当座2%、その他5%
資産:現金・預け金3%、有価証券18%、貸し出し金74%、その他5%
融資:中小企業向け82、住宅・消費者向け17

<8566>リコーリース
 リコーが46.8%の株式を保有する。JTBグループとの提携で、海外出
張支援の海外専用VISAプリペイドカード発行事業を2009年12月開始。
売上構成は、賃貸・割賦98%、金融サービス2%。

<8570>イオンクレジットサービス
 イオン系クレジット会社。イオンが45.5%の株式を保有する。1981
年、日本クレジットサービス株式会社として会社設立。また、ジャスコカード
に関する営業を開始。1982年、キャッシングサービスの取扱開始。198
6年、ジャスコ郵便貯金共用カード発行。1987年、香港に支店を開設し、
個品あっせん事業を開始。アジアでの事業展開をスタート。1988年、ビザ
・ジャパン協会と提携し、ジャスコ・VISAカードを発行。1994年、カ
ード会員を対象に、メンバーズローンの取扱を開始。1997年、日本トイザ
らスと提携し、「トイザらス・カード」を発行。1999年、日本郵政公社と
CD・ATMネットワーク利用の提携を開始。2000年、ジャスコカードを
はじめグループ各社のカードを統合した「イオンカード」を発行。2002年、
台湾財政部より日系企業として初めてクレジットカード発行ライセンスを取得。
2004年、マレーシアのAEON CREDIT SERVICE(M)SDN.BHD.が、マレーシア中
央銀行より、カード発行ライセンスを取得。2007年、東日本旅客鉄道(株)
との提携による電子マネー一体型「イオンSuicaカード」の発行を開始。
また、独自電子マネー「WAON」の発行を開始。タイやマレーシアにも現地
法人を持ち、インド・カンボジアには駐在員事務所。銀行代理業も展開する。
売り上げ構成は、融資55%、総合斡旋30%、個品あっせん5%、償却債権
回収益1%、融資代行1%、業務代行4%、金融収益他5%。海外売上比率3
1%。

(OH)

*ブログ「大原浩の金融・経済地動説」http://www.actiblog.com/ohara/

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)

このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/wriatavoup
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!

===================================

◆コラム「外食産業の雄 日本マクドナルド(2702)の次の一手」

日本マクドナルド(2702)
時価:1959円 時価総額:2605億円

 最近まで株価は調整傾向にありましたが、円高メリットを受ける内需株とし
て本日の株価はちょっとした出直り局面に入っています。

 私が最近リリースしました有料メルマガの見解でも「好業績持続で見直しの
タイミング接近」とコメントしておりましたので、この動きは納得です。目標
株価がどこにあるかはここでは触れませんが、業績が良い割に株価が調整して
いる点が魅力的です。

 既に発表している今期予想経常利益は244億円(中間期経常利益:142
億円)ですが、中間期が堅調だったにも関わらず期初の計画を変えておりませ
ん。

 これは下期の投資に幅をもたせるために通期を据え置いたのですが上方修正
の可能性が高いことは明白です。戦略的閉店の実施とFC化の推進で売上はマ
イナスだが、既存店好調で上半期の連結経常利益は前年同期比58%増。全店
売上高は過去最高。営業利益、経常利益とも上場来最高水準になっていれば本
来株価が底堅く推移することは想定されますね。でもここは市場環境の悪化が
株価にも影響し、8月12日には安値1905円までありました。

 結果としてここは投資チャンスだったのかも知れません。

 原田CEOの経営戦略は奥の深いものです・・。

 さて、同社の1Q業績はビッグアメリカ効果で好調だったのですが2Qは昨
年投入したクォーターパウンダー反動で既存店は伸び悩みを見せ、それに呼応
して株価が下げたと見ています。6月は特に既存店が▲1.4%となって株価
にも影響したようだが、7月は既存店が+9.8%と一気に回復。好調な売上、
利益となりました。
 人間食べないと生きてはいけない。安く食べられるものを求め、時には牛丼、
時にはラーメン、カレーと外食店を探しているサラリーマンの皆さんや学生さ
ん、家族連れが足を運ぶのがマック。猛暑で客足が遠のいているなどというこ
ともなく8月も堅調な業績だと見ていますが、皆さんはどう見ていますか?
 最近はマックが進出してくれた田舎のステータスが上がったなどとも言われ
出店を心待ちにしてくれている皆さんも多いと説明会では言っていました。

 8月4日に1Qの業績を公表しましたが発表直後は株価には余りインパクト
がなかったようですが、やっと動きが見られるようになったので皆さんの関心
も高まっているのかも知れません。

 それにしても8月4日の決算説明会の集まりは余り良くはありませんでした。
株価にインパクトを与えなかったのもそのためなのかも知れません。コーヒー
に次ぐチキンの積極展開が続きます。キャンペーンのストラップが人気とも言
われています。同社の次の一手でありますドライブスルー店舗の充実はテレビ
でも取り上げられるようになってきました。日々工夫を重ねている同社の成長
がどこまで続くのか、見守っていきたいところです。

 この株は余り極端な高い成果を短期で求める方より、流動性狙いの堅実投資
家向け銘柄と判断しています。

株式会社アイリス・ジャパン
代表取締役 松尾範久

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)

このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================

◆コラム「老子と投資 45章」

 今回も、老子の第45章を題材に、投資の本質へ迫ってみます。

※AFPBBニューズブログ「大原浩の金融・経済地動説」の2008年2月
8日の日記、(<老子と投資>その1)http://www.actiblog.com/ohara/52816
を先にご覧になることをお勧めします。

45、大成は欠くるが若(ごと)く、その用は弊(すた)れず。

○本当に完全なものは欠けたところがあるように見え、その働きはいつまでも
衰えることが無い。
○世の中は常に動いているから、完全に見えるものは次の瞬間には欠けて見え
る。
○本当に満たされたものは、空っぽのように見える。
○若者は不完全に見えるからこそ完全である。

 イザヤ・ベンダサン氏の「日本人とユダヤ人」という本の中で、「全員一致
は否決せよ!」という逸話があります。

 とくに民主主義の世の中では、多くの人が賛成すればするほど、民意を反映
しているのだから良いこととされ、<全員一致>はその理想的な姿とされます。

 確かに、みんなの「意見」や「願望」を集約するのであれば、その通りです。

 しかし、我々が必要としているのは、多数派の願望ではなく「正しい意見」
です。実際、「みんなが賛成する意見」が、<みんなが望むような結果>を導
くとは限りません。むしろ、その逆を招くことが多いでしょう。

 投資の世界では、「大衆は常に間違っている」という有名な格言があります。
つまり、投資で成功するためには、自分の考えが多数派(大衆)になってはい
けない。常に大衆とは逆の少数派であるべきだということです。

 特に、バブル期や逆に大暴落のときには、ほぼ<全員一致>で強気になった
り、弱気になたりします。バブル期の頂点では、「大多数の人が株を買った方
がいいよ」といいますし、逆に暴落の大底では「株なんかやめた方がいいよ」
といいます。

 もちろん、それらの<全員一致>の意見の反対の取引を行えば、大きな利益
を得ることが出来るのは言うまでもありません。

 このことは、投資の世界だけではなく一般のビジネスでも同じです。学生の
就職人気企業ランキングで上位に入るような企業は、20〜30年もすると衰
退企業の代表選手になります。

 また、逆に人気企業のランク外にあった、あやしい新興企業や衰退産業の中
から、20〜30年後の人気企業が生まれます。

 「完全」なものは言ってみれば、既に死んでいるのです。完全に何かを加え
ることはできませんから、後は欠けていく(衰退していく)ことしかできない
のです。

 逆に、「欠けた」ものには完全に向かって進む大きなエネルギーがあります。

 日本は、20年前に「完全」になった時からひたすら欠けて(衰退して)き
ました。

 しかし、大きな穴がぽっかりと空いてしまった今の日本こそ、「欠けたもの
を埋めて完全に向かう強烈なエネルギー」に満ち溢れているのです。

 幕末・明治維新期の日本も、300年近い、世界でも異例の長期繁栄を誇っ
た江戸幕府が<欠けて>くれたからこそ、その後めざましい発展を遂げること
が出来たのです。

 第2次世界大戦敗戦後の日本もそうです。この時、日本はすべてのもの(物
質的には・・・)を失いました。だからこそ「奇跡の成長」を遂げることが出
来たのです。

 少なくとも、奈良時代以来、日本という国が崩壊したことは無く(日本は世
界のどの国よりも途切れの無い長い歴史を持っています)、あらゆる危機に直
面しながらも、日本人はその英知と強い精神力で、全ての困難を乗り越えてき
ました。

 それに比べれば、今回の「危機」など、数えるに値しない程度のものかもし
れません。

(OH)

*ブログ「大原浩の金融・経済地動説」http://www.actiblog.com/ohara/

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)

このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/wriatavoup
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!

===================================

【お知らせ】

■9月度 GINZAX・銀座セミナー <業界特集 第1弾!>■

 月曜日執筆担当の「グルメ投資家おーちゃん」こと大原浩氏が、業界特集第
1弾として、医療業界をとりあげます。

 これまで、どちらかといえば、医師や看護師などのマンパワーに頼っていた、
医療業界に革命が起こっています。予約しているのに3時間以上も待たされる
大病院のシステムや、医師や看護師の職人技に頼っていた手術や診察に革命が
起こりつつあります。もちろん、DNAの解析を始めとするバイオテクノロジ
ーの分野の進歩も猛烈な勢いです。
 もしかすると、1990年代後半の米国の経済成長を支えたIT・インター
ネットに匹敵するような一大ブームが巻き起こるかもしれません。
 今回は、大手製薬メーカー・臨床開発受託会社など15年に渡って医療業界
で勤務してきた日下部氏も講師に迎え、リアルな医療業界のお話をします。

【ご案内】

2010年9月◆GINZAX・銀座投資セミナー◆

日時:2010年9月16日(木)午後7時〜8時30分

第1部:午後7時00分〜午後7時30分
〜CRO(臨床開発受託業務)ビジネスのポイント〜
【講師】株式会社Virtue 代表取締役 日下部淑美

 大手製薬メーカーの新薬開発が困難な状況を迎えつつあるなかでも、CRO
(臨床開発受託業務)は今後堅調に成長するものと思われます。一般には、あ
まりその内容が良く知られていないCROビジネスのポイントを、講師の日下
部氏が、実際に大手製薬会社や臨床開発受託会社で勤務した実績をもとにお話
し、有望なCRO会社を発掘するポイントについて考えます。

第2部:午後7時30分〜午後8時15分
〜今後の日本経済をけん引する医療業界の有望ビジネス・企業〜

【講師】株式会社大原創研 代表取締役 大原 浩
 「2012年に日経平均が2万円を超える15の理由」(講談社)では詳し
く書いてありませんが、今後の日本経済をけん引するビジネスの一つが<医療>
です。その範囲は、iPS細胞を初めとするバイオテクノロジー、病院のカル
テなどの書類を効率化するIT、「ダビンチ」などの手術ロボットなど多岐に
わたりますが、その中から重要なビジネス・企業をピックアップしてお話しま
す。

第3部:午後8時15分〜午後8時30分
 皆さんの疑問にお答えします!:大原浩・日下部淑美
 第1部、第2部の内容に関して、講師の大原氏と日下部氏が皆様のご質問に
 お答えします。

場所:銀座ビジネスセンター 会議室
   東京都中央区銀座6−6−1銀座風月堂ビル5F

参加費:3,000円(税込)

■申込方法

 メールにて下記必要事項を記入の上、お申し込み下さい。
 折り返し、お振り込み先をご連絡いたします。
 メール宛先:oohara0916@gmail.com
 ご記入事項:氏名、ふりがな、聞いてみたいテーマ、質問

★講師ご紹介

◎大原浩 株式会社大原創研 代表取締役
 上田短資(上田ハーロー)、フランス国営クレディリヨネ銀行など国内外の
 金融機関で勤務し、1994年(株)大原創研を設立し独立。
 国内外のビジネス・投資に関わり、プライベート投資やファンドでも成功。
 元・日刊「証券タイムズ(証券新報)」顧問。GINZAXグローバル経済
 ・投資研究会代表。
 著書には、「100万円を確実に1億円にする中国株投資術」(講談社)、
 『韓国企業はなぜ中国から夜逃げするのか』(講談社)、「2012年に日
 経平均が2万円を超える15の理由」(講談社)など多数。

◎日下部淑美(くさかべよしみ) 株式会社Virtue 代表取締役
 1992年 女子栄養短期大学卒業後、大手製薬会社の研究所を経て臨床開
発受託業務に携わる。医薬品業界に17年従事し、現在に至る。1998年に
管理栄養士を取得。所属学会(社)日本栄養士会。ダイエットカウンセラー、
慢性疾患における食事指導などの実績あり。

●「2012年に日経平均が2万円を超える15の理由」(講談社)の出版を
 記念して、5月22日に行われたGINZAXセミナーの一部が下記URL
 でご覧いただけます。
 http://www.youtube.com/watch?v=BIT4uM6yLBg

●今回第3部で出演する大原&日下部の投資基礎講座が下記URLより見られ
 ます。

 GINZAX投資(株式)基礎講座その1 大原浩&日下部淑美
 http://www.youtube.com/watch?v=VewvqYEPTFE

 GINZAX投資(株式)基礎講座その2 大原浩&日下部淑美
 http://www.youtube.com/watch?v=iSo_yuCCoKk

皆様のお申し込みをお待ちしております。

【予告】
 9月度のGINZAXセミナーは、業界特集セミナー第1弾として、「医療
業界」を取り上げます。同業界の成長企業を研究します。近日詳細告知予定!

(OH)

===================================

 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、最新〜2005年1月分まで掲載しておりますが、
順次過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まと
め読みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/

===================================

 「億の近道」は特定非営利活動法人イノベーターズ・フォーラムの登録商標
です。この名称での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================

当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.kaijo.com/
 ◆E-Magazine ID:okuchika
       購読解除:http://www.emaga.com/info/okuchika.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。
==================================
JUGEMテーマ:ビジネス


JUGEMテーマ:株・投資



この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM