今期減益見通しのオリジナル設計(4642)は売りか?



 本日のコラムでは情熱投資家が久々に登場しパウダーテック(5695)について詳細な企業分析をしているようで、興味深く読んでみたいと思っていますが、技術力に裏付けられた銘柄や業績堅調な銘柄はこの波乱相場においても大きく基調が崩れずに推移しているようです。

 私も先週はいくつかの銘柄についてチェックしてみました。

 その中では協立エアテック(5997)、日本フェンオール(6870)、オリジナル設計(4642)を吟味してみました。


 協立エアテックは福岡に所在があり、低PER、低PBRのバリュー株ながら桧家HDと共同開発したZ空調が話題となっているようですので今後に期待したいと思います。


 また日本フェンオールも前期の減益から今期は増益を見込んでおり、低PER、低PBR、高配当利回り銘柄に該当。株価の位置が高いせいか、発表後の株価は穏健なままで推移。今週は決算説明会も予定しており、皆様に改めてご報告したいと考えています。


 オリジナル設計は上場後良く会社に訪問させて頂きましたので懐かしい銘柄ですが、現社長のお父さんにあたる創業者の菅オーナーとは何度かお目にかかったことがあります。1996年7月に上場した後に業績が停滞したこともあってその当時の役員さんは退職されたようですが、現社長がようやく頭角を現し、前期は働き方改革を推進したことによって効率性が向上。期初計画を大幅に上回る(期初経常利益見通し550百万円⇒実績1017百万円)着地となりました。
 前期の修正発表は1月29日でしたのでその結果1月26日が763円だった株価は2日間のストップ高を経て1月31日に高値1184円まで上昇。
 しかしながらその後の2月9日にあった今期業績見通しは経常利益9億円で減益見通しが示されたことと全体相場の波乱に連動して株価は2月14日に800円割れ水準まで売られてしまいました。その後は850円前後まで戻ってきましたが、果たして今後の展開をどう見るか興味深いところです。

 特別利益の計上で前期の前期実績EPS145.8円に膨らんだのに対して今期予想EPSはその反動もあって85.2円の水準に減少。時価PERは10倍丁度の水準となっています。また、実績BPSは834.66円で、PBRは1.02倍。今期予想配当金14円で同配当利回りは1.64%。
 今期配当金は2014年以来4期連続増配が見込まれています。更に保有現預金は38億円と豊富で無借金経営。自社株を除く時価総額は57億円の水準に留まっています。

 上場後に打ち出された夢のような事業計画で同社株は6830円の高値までついたのですが、その後は長期低迷の歴史を重ねてきました。ようやく創業者からバトンタッチされた2代目社長の下で業績の向上が期待される中で、果たしてどのような評価をすれば良いかを考えてみる必要がありそうです。

 上場時に感じられたIT系のイメージは薄れてしまいましたが、改めて道路に次ぐ日本の社会インフラ維持に向け同社が活躍する時期がやってきたとすれば、こうした局面は買いだと言えるのでしょうが、皆様はどう評価されますか。

 世界には水道水がおいしく飲める国が9か国しかないそうですが、日本はその代表的な国の一つ。同社はそうした上下水道インフラや水質保全に重要な役割を果たしていますが、その技術を新興国にも広めるとのミッションをもって成長していこうとしています。果たして今後も評価を高めていけるのか皆様とともに見守って参りたいと思います。


【炎より新コンテンツ配信のお知らせ】

 私、炎のファンドマネージャーが長年親交するユニークで野心的な株式投資家「カブテク」との掛け合いコンテンツをこのたび企画しました。

 情熱投資家、相川伸夫も既に多くの皆様に大人気のようです。
 これに続く人気のコンテンツになるかは読者の皆さん次第ですが、カブテクが炎氏と語る投資のエッセンスを次号より連載開始することに致します。
 本日はその予告編となります。

カブテク(以下「カ」):いよいよ来週からこの企画で連載が始まりますね。
 炎さん宜しくお願いします。

炎:こちらこそ宜しくお願いします。
  カブテクさんの活動のエッセンスを億の近道でご披露頂けるのはとても楽しみです。株は上がったり下がったりと大変な変動をしますので多くの読者の皆様も悩みがある筈です。そうした相場変動を的確に捉えてご意見を頂けるカブテクさんの新たな活動に大いに期待しております。

カ:先般から相場の変調が見られますが、私は相場の調整は終わったと見ています。ですからその中で個別銘柄も大いに反転上昇の余地があると強気に見ています。歴史上の米著名投資家ジョン・テンプルトンの言葉、今や格言となっている言葉を思い出す。「相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく。」まさしく、テレビ、新聞などのマスコミが悲観的に株の暴落を取り上げ、株式の評論家まで相場が変わったとかネガティブな話が出てくるときほど、相場は底をつくものだ。そうした思いの中で私の関係先の皆様にはお話をしています。
 次回から本格的な相場コメントや銘柄コメントをさせて頂きたいと思いますが、今回は予告編とのことなので特に私が関心を寄せている銘柄名だけを掲げておきますので宜しくお願いします。
  私の場合はどちらかと言うと中小型の銘柄がほとんどです。以下の銘柄群を現在、絶えず注視していますので次週からテクニカルな視点など入れてコメントさせて頂きます。

炎:承知しました。
  億の近道の読者の皆さんもきっと大いに期待されるものと思いますので宜しくお願いします。
  それにしても高PBR銘柄ばかりで私が選ぶのとは真逆の銘柄ばかりですね。それと比較的最近IPOした銘柄が多いように感じられます。その点は共通しているようです。


【カブテク注目のフォロー23銘柄】株価は先週末現在

 2884 ヨシムラフーズ 1,745円
 2930 北の達人 770円
 3135 マーケットエンター 777円
 3181 買取王国 690円
 3186 ネクストステージ 1,048円
 3267 フィルカンパニ 7,940円
 3452 ビーロット 2,499円
 3469 デュアルタップ 1,352円
 3484 テンポイノベーション 1,332円
 3655 ブレインP 2,394円
 3679 じげん 1,046円
 3697 SHIFT 4,255円
 3921 ネオジャパン 1,558円
 3939 カナミック 4,005円
 3983 オロ 2,179円
 4838 スペースシャワーネット 802円
 6092 エンバイオ 2,255円
 6096 レアジョブ 1,790円
 6069 トレンダーズ 2,084円
 6166 中村超硬 5,740円
 6337 テセック 1,872円
 6544 Jエレベーター 2,162円
 6556 ウェルビー 3,445円

 なお、炎の投資情報(有料)では先行配信の予定です。
 ご興味ある方はご購読のほどお願いします。
 http://www.honohfm.com/

 それでは26日配信の億の近道をお楽しみに・・・。


【炎よりお知らせ】

 チャンネル炎を開始しました。
 https://goo.gl/hZVgYJ
 ご視聴(音声のみ)頂きましたら幸いです。
 既に4回リリースしております。5〜6分の番組で目下のところは無料ですので宜しくお願い申し上げます。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:ビジネス




バリュー株の存在は日本株の救い?それとも重い課題?

a2eebf0d985de1e4a189aca9be50cf7a_s.jpg


 日本の株式相場が波乱の展開となる中で個別銘柄も再び頭重い展開になっているようですが、こうした局面だからこそ今後の展開に関心が高まっているものと拝察致しております。

 山あり谷ありの株式相場に訪れた試練は過去何回もあって今回の波乱相場に対して楽観的な意見が早くも出ているようですが、筆者もそうした見方をしています。過去の経験からは調整期間が2、3週間ではまだ短いとの印象はありますが、いくつかの理由でそうした考えを持つに至っています。

 その中の一つが多くのバリュー株の存在です。

 現在、株式市場には約90の銀行株を除く3650の銘柄が上場していますが、そのうちの約1300社余りの銘柄がPBR1倍を割れています。地銀など銀行株自体も今や低PBR銘柄、高配当利回り銘柄の代表的な存在となっています。更にはこのうちの約250銘柄がPBR0.5倍以下の水準となっており、その中には低PER、高配当利回りの銘柄も存在しています。

 バリュー株の存在は下値不安のある株式相場にとっては安心感を与えてくれます。換金売りが出ても新たな買い手が絶えず買いの手を入れてくれる可能性があるからです。これは日本株の救いかも知れません。

 一方では低PBRを放置した企業の存在が株式相場を重くしているとも言えるので、こうした状況は現在の日本の株式相場の特徴を示しているとも考えられます。

 またPBRが10倍を超えている銘柄も100を超えているのが日本の株式相場の特徴でもあります。PBR10倍を超えて取引されている銘柄の多くは今後の成長性を期待されているか現に業績の急拡大が続いている銘柄です。
 現在、東証1部市場の平均的なPBRは1.31倍となっていますので、まともな銘柄だとこの前後で評価されている筈なのですが、残念ながら高PBRで成長期待が高い銘柄ほど活発な値動きをしがちなため、投資家の多くはそうした銘柄に目を奪われがちです。

 それもまた短期的には致し方のないところではありますが、既にこうした銘柄にはプレミアムがついていて、高い成果が得られるのかは疑問です。それでもそうした銘柄は適度な流動性を備え、テクニカル上の良さがあったりして投資家の関心は高いようです。

 低PBRで放置されている銘柄の中から評価を高める銘柄が登場するとの思いから筆者は中長期的に高い成果が得られる可能性のある銘柄をその中から選定していますが、こうした状況は結果として日本株全体への投資による高い成果を生むとの結論が導き出されます。

 問題は低PBRでなおかつ低PER、高配当利回りのバリュー株となっている企業の積極的な業績拡大施策がどのように打ち出されるのかになります。
 そうした企業とのやり取りの中から今後高い成果を生む銘柄を探していくのがとても楽しみです。それにそうした銘柄にリスクマネーを投じる投資家の皆さんのアピールするのが私のミッションと感じている次第です。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




仮想通貨は世界を変えるのか?

967b41c66b2f986430cd267aeff6fded_s.jpg


 今さら仮想通貨でもないだろうと言われるのかも知れませんが億の近道月曜版ではなかなか取り上げる機会がない状態できました。

 しかしながら今回のコインチェック問題で同社がまんまとハッカーにかすみ取られた580億円のうち480億円を現金で返還すると発表した時点で、これはすごい話になったとお感じになったでしょうし、SBIのK社長のように同社にそうしたことができる訳がないと言わせる始末ですから、当事者でない私たちも今後の成り行きには関心を持たざるを得ないのです。


 仮想通貨は送金手数料を桁違いに引き下げることができます。
 億の近道のようなコンテンツを提供するビジネスでも活用の仕方が広がります。つまり仮想通貨は2面性があり、市場での取引(両替)が始まると価格の変動が見られ、それが投機の対象として捉えられることが電子マネーとは異なる点でお金に代わる流通の手法とともに関心を高める背景となる訳です。
 スマホの普及が仮想通貨の普及を後押ししてくれます。当り前にようにスマホのビットマネーで支払いをする時代が間もなく、そう東京オリンピックを機に一気にやってくる・・。

 日本ではそうした未来を語る人々が増加しています。

 ただ現実にインターネットなどのアンケートでは10%の方しかビットコインは購入しておらず、90%はまだ未購入との状況が見られます。一方で、Eコマース業界ではビッグカメラ、楽天など導入機運が高まりつつあります。
 リアル店舗普及には10分の時間の壁が普及を妨げていますが、今後登場するデジタルマネーがこの問題を解決する方向にあり、ICOはますます関心を呼ぶと見られます。


 AI技術とともに注目を集めているブロックチェーン技術はビットコインに代表される仮想通貨のセキュリティと信頼性の根冠をなしていますが、それにとどまらず不動産登記に代わる仕組み、賃貸住宅入居、ダイヤモンドの流通、中古車流通などモノやサービスの流通の際に応用できる可能性があります。

 仮想通貨は今後国家のお金の基盤を変える可能性があります。銀行自体にはまだ認められていませんが、既に事実上の取引所(両替)業界の先駆的企業と見られるビットフライヤーには大手メガバンクが出資しており、仮に今株式市場にIPOしたならいきなり、トヨタを抜く規模の時価総額になる可能性を秘めています。

 その周辺には自らICO立上げを目指す企業が存在しているほか、GMOや楽天など様々なインターネット関連企業、システム会社などが虎視眈々と同市場の拡大を前にビジネス展開を図ろうとしています。

 ビットコインをもう買った方もまだ買ったことがないという皆さんも、世界を変え得る普及前夜の仮想通貨とその関連銘柄に少し関心を持って頂きたいと思います。


【炎よりお知らせ】

 チャンネル炎を開始しました。
 https://goo.gl/hZVgYJ
 ご視聴(音声のみ)頂きましたら幸いです。
 既に2回リリースしております。5,6分の番組で目下のところは無料ですので宜しくお願い申し上げます。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:仮想通貨




2月は波乱の幕開け

7694a7fd626516f517c791e71b44914f_s.jpg


 年初から堅調に推移してきた株式相場ですが、1月後半は調整相場の展開。

 2月月初も調整ムードが続き、今週は米国株の久々の調整から一段安を想定する向きも多いかと思います。

 全体相場につられて個別銘柄も調整色を強めそうな感触がありますが、こうした局面をチャンスと見る投資家もお見えかと思います。

 波乱の局面では下値目途をどこに置くかがポイント。株式投資で儲けたいと願う投資家は保有する現金ポジションをどのタイミングでリスクテイクするかを考える必要があります。ただ、そのタイミング選びは銘柄選びとともに難しいことは言うまでもありません。

 基本的には安くなった局面でリスクテイクのタイミングを図りたいのですがこの調整が下げの始まりとなる可能性もあってその見極めもまた必要になります。
 ここでは、1)打診買い、2)時間分散、3)本格買いといった投資行動を取ることに心がけて頂きたいと思います。


 それに休むも相場とは言います。年初に調子が良すぎた分の反動でもあり、しっかり相場の展開を見極めていきたいところです。

 ここでの調整は為替の円高(110円割れで108円台前半までの円高)もあっての展開でしたが、週末は既に110円台まで戻っており、この面では株式相場は落ち着きを取り戻すと期待されますが、一方では堅調な推移が続いた米国株の調整による負の影響がネガティブ要因となります。

 日米ともに年初水準の振り出しに逆戻り。上げ過ぎの反動という背景とともに売り仕掛けによる下値不安の醸成を図る動きも感じられる展開となってきました。

 折しも上昇一途だったビットコインの価格がコインチェック社での仮想通貨NEMの580億円もの巨額流出問題を契機に国の規制への懸念から価格が大幅下落したとの報道がありました。

 筆者も先週はこのことで大いに勉強させて頂きました。

 株式もビットコインも相場商品として類似したところがあり、上がると思われる商品は上昇しがちの一方で、何らかの理由で一旦下落が始まるとどこまで下がるかを見極めようとする勢力もあって戦々恐々となってきます。
 メディアでの取り上げ方もネガティブに傾きがちになります。

 なぜビットコインが2009年の取引開始以来、何万倍にも上がったかの関心が高まり、コイン発行枚数限定(金と同様の希少価値)との条件とビットコインという仮想通貨が世の中で一般に普及することが重なっての価格上昇につながった訳です。


 希少価値と言う視点からはIPO銘柄も似たところがあります。
 限られた公開株数に一時的にせよ需給がタイトとなり価格が上がっていく現象は同じイメージです。

 今後ビットコインに続く仮想通貨が株式のIPOと同様に有望な銘柄が登場して皆様も関心を寄せられるものと思われます。ICOはそうした新たな仮想通貨の新規取引開始と言えます。
 有望な仮想通貨がICO前にトークン(新規公開株と同じ概念?)を得るチャンスがあればそれは資産形成の第一歩となりますが、IPO同様にそのチャンスを得るのは難しいかも知れません。


 とは言え、今後IPOもICOも日常茶飯事の投資行動になるのかも知れません。

 波乱相場は仮想通貨関連銘柄、ブロックチェーン銘柄、サイバーセキュリティ関連銘柄にも押し寄せていますが、そうしたテーマ性のある銘柄群はビットコイン価格の落ち着きとともに再び投資家の関心を呼び戻すことも考えられます。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




新年会大いに盛り上がる



 億の近道の一部執筆陣の新年会が26日(金)に開催され大いに盛り上がりました。

 お集り頂いた皆様、お疲れ様でした。

 創刊から19年という歴史を重ね、名誉あるまぐまぐ大賞第一位(株式部門)まで頂くに及んでの2018年新年会。縁あって億の近道に集う皆さんの心意気を感じるあっという間の2時間足らずでした。

 今年も読者の皆様に訴求するネタを大いに提供して頂けるものと期待しております。

 新年会は八重洲のとある居酒屋での開催でしたが、店名は「魚の目利き」。
 目利きが良いとおいしいお魚が食べられる・・。ということでやや高めの料金ではありましたが、なかなか新鮮でおいしいお魚を頂くことができました。


 目利きというと株式投資にも通じるところがあります。
 言わば「株の目利き」。
 目利きの力を高めることがおいしいものに出会える近道。

 魚では新鮮さが命。脂の乗り、活きの良さなど様々なチェックポイントがあるかと思いますが、株にもある程度共通したポイントなのかも知れません。

 見たことも聞いたこともない銘柄との新たな出会いでは経験だけでは語れない不思議な目利きの能力が時には必要になるかも知れません。

 理屈抜きでこの銘柄は面白い、これはいける!?と感じて投資する方が案外、短期的には後の結果が良かったりします。過去のこだわりが邪魔してなかなか思い切っていけないということもあるかも知れません。

 株価の未来は業績の未来とも共通しています。
 誰にもわからない摩訶不思議な未来を予測しながらリスクテイクをして楽しみながら資産を増やしていく億の近道に集う皆様の株の目利きがこれからも向上しますことを祈願致します。


 そして億の近道はこれからも株や様々なリスク商品を目利きするヒントを与えてくれる存在であり続けたいと思います。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




頑張れIR担当者

782601c70750fd772498b0c670fc198d_s.jpg


 上場会社のミッションには業績向上に向けた挑戦的な活動と公正・正確な管理に加え自社のファンとなってくれる長期スタンスの投資家への対応が挙げられます。

 従業員や取引先、既存株主への訴求に加えこれからファンになってくれる新投資家に対して積極的に訴求するIR担当者の頑張りが求められます。


 株価が4,5年前の20倍になった平田機工(6258)も新IR担当者の頑張りが高株価に結びついた事例と言えます。

 私は企業評価の一つに企業IR担当者からのリアクションに評価のポイントを置いています。

 ある外食系のIR担当者などこちらからの質問に対して全く無視しているケースがかつてありましたが、その後の株価は長期低迷と言う結果につながりました。

 IR担当者は経営トップの次に来る要職だとある投資家は企業訪問のたびに語っていますが、まさにその通り。投資家は直接多忙な経営者からヒヤリングすることは難しくIR担当者にその企業の評価情報をまず求めようとします。


 先日、話題になったテノックス(1905)とはこれまで幾度となくやり取りして参りましたが、今回ほど緊張感がある状況はありません。なぜなら四半期決算が例年以上に好調な中で大型杭打ち工事で不具合(高止まり)が生じ元請けとの交渉が続いていると見られるからです。
 元請けとの交渉で具体的な費用発生が決まってその中身の発表を待っている段階にある中で昨年からIR担当となった執行役の頑張りが求められます。

 こんな時だからこそネガティブなリリースに負けない積極的なIR情報を出してほしいものです。同社の株価は現在1171円。現状の予想EPS129.7円ですからPERは9倍。PBRは0.7倍、配当利回りは2.47%の割安感のある水準。予想EPSが下方修正されたとしてもPBRや配当利回り面での下支えは可能。
 ここは投資家各位に過剰な弱気に傾かないよう要請したいところです。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




ある地味な企業への訪問計画

1137472651-89174.jpg


 AIや仮想通貨、ブロックチェーン、サイバーセキュリティ、IoT、EVといった比較的未来志向型のテーマを掲げてIPOしてくる企業に交じって、やや地味なビジネスを展開している企業がIPOしてくる事例が見られます。


 今週訪問を予定しているのもそうした一見すると地味なお仕事をしている企業の事例です。

 皆さんはIT業界でアクセンチュアや野村総研というコンサルティング会社が高収益を誇っている話をご存知だと思います。

 先端的な業界では専門家の指導を受けて物事を進めていく必要があってこうしたIT業界ではこうしたコンサルティング企業が活躍する素地がある訳です。最近ではベイカレントコンサルティング(6532)が評価を高めてきています。この会社もIPO後の数か月はまったくと言って良いほど評価が低かったのですが、その後の株価はその当時の安値から4倍以上にもなってきました。
 今期予想経常利益38億円に対して時価総額は540億円という水準です。

 アクセンチュアはアイルランドに本社を置く会計法人アーサー・アンダーセンを発祥とする世界最大の総合コンサル会社。全世界の社員数は37万人を超えています。

 一方の野村総研(4307)はご存知、野村証券に端を発するコンサルティング企業で、時価総額は1.3兆円、経常利益655億円という水準。


 さて、冒頭にお話した地味目の会社も実はコンサルティング機能を世にアピールすることができると収益性は一変する筈と考えて私はその意思やビジネスモデルを確認するために訪問することにしました。
 まだ今期の経常利益は3億円以下に留まっていますが時価総額も20億円以下に留まっています。

 IT系のような派手さはありませんが、粗利率の高いビジネスへのシフトで今後の着実な成長性や高収益性が確認できれば評価を高めたいと考えています。

 先日のセミナーにお越し頂いた方には社名などお分かりになるかと思いますが、今回は敢えて社名は伏せておきます。訪問後のどこかで開示させて頂きますので宜しくお願いします。


 なお、国から大手企業に対して従業員への3%の賃金アップの要請が出されていますが、まずは企業の収益モデルを変えることが先決。従業員のレベルアップとともにビジネスの高付加価値化を図ることが不可欠ではないかと思うのですが、皆さんのご意見はいかがでしょうか。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:株・投資




挑戦するベテラン経営者のIPO

a0001_011462_m.jpg


 今年のIPO銘柄第一号となる筈だった世紀は上場承認が取り消しとなり、改めて2月23日にマザーズ上場を予定しているMマート(4380)が今年初のIPO銘柄となることになりました。
 2月はこれに続きジェイテックコーポレーション(3446)が2月28日にマザーズ上場を予定。上場承認が取り消されない限り、2月はこの2社がIPOすることになります。
 3月も既に子育て支援会社、SERIOホールディングス(6567)のマザーズ上場が予定されており、例年通りのIPOラッシュが見込まれます。


 Mマートは2000年に設立された業務用食材の卸売り販売会社。BtoBサイトを通じて販売する事業モデルで、前1月期の売上はまだ5億円を超えたレベルに過ぎませんが、今期は第3四半期までで4.48億円となり年商6億円のペースとなっています。
 利益面では前期は5,288万円ですが、今期は同四半期までで8,828万円で1億円を超えるペースとなっています。

 代表取締役は同社を設立したオーナー経営者である村橋純雄氏。資料によると1936年生まれで今年82歳になる年齢です。
 通常はマザーズ銘柄というのは20代から30代の若手経営者に率いられることが多いのですが、同社の場合は反対に超ベテランの経営者の下で成長しようとしています。

 同社のサイトを拝見すると企業理念や社訓などが並んでいます。また株主にいくつかの約束を示しています。
 企業理念については、
「商売は道徳であり、誠実さである。仕事とは自分を育ててくれた社会に対する報恩の志と行為である。社会に必要とされる企業・社会に必要とされる人間になる。」
といったことですが、ベテラン経営者に率いられた同社ならではの理念かと思います。

 目につくのは以下のような株主への誓いです。IPO前からこうした誓いを立てている企業は珍しいのかも知れません。実際に行動に移されるかどうかはともかく、その姿勢は評価に値します。ベテラン経営者のIPO後の成長への挑戦に皆様とともに大いに注目したいと思います。

「Mマートは、業績の向上、業務の効率化を追及し、適正な株主還元に努めます。
Mマートは、自分の目標数字に責任を持ちます。
私たちは、株主の皆様に約束したことは、必ず達成できるよう一生懸命尽くします。
Mマートは、株主の皆様との積極的な会話に努めます。
私たちは、株主の皆様からの声を尊重し、経営に活かします。
Mマートは、コンプライアンスを何よりも大事に行動します。
私たちは、いかなる時も法令に従って行動し、透明性の高い経営に努めます。」


 2月IPOのもう1社であるジェイテック社は大阪府茨木市に本社を置く社員数30名のハイテク企業。事業内容は大型放射光施設で使われるX線ナノ集光ミラーの開発・製造・販売、各種自動細胞培養装置等の開発・販売となっており、電子とバイオの両方に関わっている珍しい企業との印象があります。

 前6月期の年商は約8億円で経常利益は約2億円と比較的小ぶりの企業ではありますが、伸び盛りの状況が見られます。
 「科学技術、特に創薬・医療技術の研究開発におけるイノベーションを生み出す製品を提案し、提供する」という行動指針を掲げ、今後ますますの活躍が期待される企業との印象が持てます。

 世紀の承認取り消しで残念に感じておられます皆さんには新たなハイテク系IPO銘柄の登場で大いに関心を高めて頂ければ幸いです。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




急騰している話題の銘柄あれこれ

a0e84c5f585d58cbbb2241ca43a738fc_s.jpg


 動きの良い株は何かと気になるものです。ストップ高した後もたついている銘柄を狙うとかユニークな発想で運用されている知人の成績がとても好調だと聞いています。

 先日のセミナーではIPO後調整している銘柄に関心を持つように皆さんにお話した手前、この知人の運用手法をほめるのは心もとないのですが短期運用者であればこうした手法を取り入れることが成果につながるのかも知れません。


 本日は街コン事業のリンクバル(6046・マザーズ)が501円高の3440円と大きく値を上げたほかこのところ株価堅調な人材関連の平山HD(7781・JQ)にも躍動感が感じられます。

 これらは2015年IPOという共通項があります。

 相変わらず意味不明な上昇を見せるのが取水用スクリーンや水処理装置のナガオカ(6239)ですが、この株も実は2015年のIPO。業績はほとんど無視しての株上げが見られるのが興味深い。


 セミナーではこうしたIPO後の停滞が見られる銘柄を抽出して関心を持って頂きたいとのお話をしたのですが、皆さんはいかがお考えでしょうか。

 セミナーでは福岡Qボードに上場する2社についても取り上げてみましたがいずれも本日は堅調な値動き。参加された皆さんにも関心をもって頂いたのかも知れません。

 地方銘柄に関心を持ってもらおうと提言しましたが、本日は名証2部の竹田印刷(7875)がストップ高の919円で買い物を残して終えています。その背景は好業績かつ東証2部への移行にあるのですが、そうなると他の名証2部銘柄にも関心が向かう筈。
 その中では昨年IPOの名証2部銘柄○○○園がジリ高歩調で徐々に関心が高まりつつあります。


 地方銘柄で目につくのは名古屋セントレックス上場でシェアリングエコノミーをビジネス化しようとしているガイアックス(3775)。
 同社株は前日比148円高の1141円と急騰。

 ダイヤモンド・ザイ3月号に10万円株の中で西の横綱と紹介されたアドソル日進(3837)が久々に上昇力を高めてきたのが印象的です。IoT機器向けサイバーセキュリティビジネスの成長を材料にしての今後の株高に期待したいと思います。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




雪の東京



 今日の東京は大雪で大混乱。4年ぶりの大雪とのことですがその時よりもたくさんの雪が降っている感触が致します。
 帰宅を急ぐ通勤客で大混雑の電車に揺られ、駅から自宅までの夜の道をゆっくりゆっくりと歩いて帰宅しました。

 量が少なければ雪の風情は良いものですが、多すぎると厄介者。
 明日の朝は道が凍るし、雪かきしないと車は走れず、またまた混乱が予想されます。
 皆さんも気をつけて下さいね。


 気をつけると言えば株式相場にも時には気をつけないとならない局面がやってきます。自然災害と同様に相場変動も忘れた頃にやってくる・・。

 日経平均という株式相場を代表する指標は黙っていても上がる。
 理屈は様々。まだまだ上がるとの強気一色の展開が見られる中で、時には立ち止まって冷静に見る投資家も存在していても良い。

 言論の自由ではないが、それぞれの投資家ごとに相場の見方も自由で良い。
 付和雷同がまかり通る相場の世界で天気予報と同様冷静な判断とともに未来を予見できる気象予報士ならぬ相場予報士にとって気をつける局面なのかどうか自問自答すべきタイミングに来ているのかも知れません。


 冬の寒さ、大雪が春につながる出来事として私たちの前に繰り広げられるのであれば多少の株価調整など気にしないでリスクテイクしながら春の足音を感じつつ過ごす方が良さそうですね。

 以上、本日は雪を眺めて、相場に思いを描く炎のファンドマネージャーでした。


 ところで先日開催された炎セミナーには多くの皆様にお集り頂き心より御礼申し上げます。IPO銘柄や地方銘柄について雪がすぐに融けてしまいそうな情熱をもって語らせて頂いた、あっという間の3時間でした。
 ご質問なども頂戴し有難うございました。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:株・投資




calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM