【お知らせ】炎チャンネル第110回「過剰だった6月IPO銘柄」をアップしました






 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場を語る炎チャンネル。
第110回「過剰だった6月IPO銘柄」がアップされました。


第110回「過剰だった6月IPO銘柄」 7月1日収録
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/1593667807
 【YouTube】https://youtu.be/C4N8_xmTmRQ

【今回登場企業】 6月IPO銘柄 テノックス 日創プロニティ


 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。
 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めておりますので宜しくお願いします。


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資




リアル説明会からオンライン説明会に




 コロナ禍の副産物は私たち証券アナリストにも押し寄せています。

 これまでアナリストは企業との接点がこれまでのような個別面談やリアルなスモールミーティング、大規模説明会によるものが主体でしたが、現在はオンライン化が急速に進みつつあります。コロナ禍が終息してもこのトレンドには変化がないと感じています。

 このメリットは会場まで足を運ぶ必要がなく、事前にポイントをチェックしたり質問事項を企業側に送ることができるといったメリットがあります。

 私としても聞き取りにくい説明会よりもオンラインでしっかり聞き取れて、不明な点は改めてメールで確認できるといったメリットを感じています。移動時間がない分、視聴する企業の数も多くなり、効率的です。会場に足を運んで話を聞く行為は残念ながら実現しませんので印象には残り難いかも知れませんが、これからの時代はこうしたオンライン化が主流になると考えられます。

 しかも世界中の投資家が同時に説明会に出席できるチャンスが生まれるため公平な印象が持てます。

 ただ残念ながらまだ個人投資家にまでは浸透していないとの印象があります。
 個人投資家の皆さんも既にYOUTUBEなどでソフトバンクGの孫社長の話を聞いたりされているかと思いますが、孫社長が熱く語る姿を生では見れないといしても臨場感あふれるやり取りを目にすることができますので、人気のようです。

 ある意味企業経営者はYOUTUBERのような存在でもあります。
 いかに視聴者を引き付けるお話ができるか、それによって閲覧数を自社株主を上回る数以上にできるかが問われています。

 まだまだオンライン化は始まったばかりです。
 個人投資家にとっての新たな企業情報の確保が機関投資家と同様にできる時代がやってきたとも言えます。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




大地震と株の暴落は忘れた頃にやってくる




 3月のコロナクラッシュから3か月余りが経過しました。落ちてくるナイフを拾えた方、恐怖の余り自らもせっかく投資した株を投げる運命になった方、様々な投資家があの出来事を体験され、今もまだ恐怖を感じておられるに違いありません。


 生きていれば人は様々な災禍に見舞われます。
 そうした災禍に備えるのか備えないのか、備えるべきかそうではないのか、私たちは選択に迫られることになります。私たち一般市民はともかく、国家自体はそうした災禍に備えるべきではありますが、一般市民の不安感を払拭するような国家の災禍への備えは情報として十分に伝わって参りません。

 それでもいざとなれば国は動きます。

 阪神大震災や東日本大震災の際の記憶が蘇りますが、大地震がいつどこで発生するかは分からない中で国家としては地方で起きた大きな災害への備えは自衛隊という組織を災害時に有効活用して市民の救援の輪を差しのべます。

 予期せぬ出来事が起きた場合は一般市民だけでは対応ができません。国による対応策が市民生活を復元させる原動力となります。

 今回のコロナ禍も逸早く国家が動き、一般市民もそれに呼応する形で対応をしてきました。その結果なのかどうかは不明ながら感染者は世界の中でもトップクラスの感染者数の少なさ、死亡者の少なさにつながったと言えるのかも知れません。それでも自粛ムードや緊急事態宣言の結果がもたらした経済への影響が長期にわたって日本経済に暗雲として立ち込めたままとなる可能性が出て参りました。

 なかなか感染者数がゼロや一桁にならない現実を東京都は抱えており、日常生活の過ごし方、市民生活にコロナ禍は絶えず、影響を与え続けることになります。多くの地方都市が感染者ゼロとなっている一方で日本の首都、東京都は絶えず感染者の爆発的増加に神経質となる必要があると言えるのかも知れません。

 目に見えない敵、ウイルスとの戦いは長期戦の様相を呈し、終結までにはなおも紆余曲折がありそうです。しかも今後も新たなウイルスの発生が起きる可能性もあり、絶えず戦う姿勢が求められるとの懸念もあります。

 大雨や大地震、大雪、火山噴火など自然災害に加えて今回のような新型コロナウイルス、病原菌による大規模な感染症のパンデミックなど予期せぬ災禍に人類は備える必要が出てきた訳です。


 経済面で言うとこうした災禍への一般市民の備えは、お金の蓄積を図るというものですが、通貨発行ができる国家はお金を市民生活に供給し、できるだけ元の経済水準に戻す必要があり、現在はそれを実行しようと100兆円以上もの資金で対応しようとしています。

 こうした状況下で業績を大きく落としている企業にとっては存亡の危機に見舞われている可能性もあり、直近の相場展開ではグローバル企業ほどそうした影響をもろに受けている可能性があります。

 ただ多くの企業は内部蓄積が厚く、コロナ禍を逆手にビジネスチャンスを得ようと頑張っています。現実の厳しさはこれからが本番を迎えることになりますが、ネガティブに考えずポジティブに考えながら多くの投資家はコロナショック後の株高局面において取り組んできたものと推察されます。

 ただ、大地震がいつ起きるか分からないのと同様に株価の急落もちょっとした投資家心理の変化で生じがちとなります。3か月前に起きた出来事がまた起きるとは思いたくないのですが、絶えずそうした変化の生じる前兆には留意しておく必要があります。

 大地震にも前兆があり、東日本大震災の前には宮城県内陸部で相次いで地震が発生したことは私たちの記憶に残っています。このところ起きている千葉県や茨城県、長野県で起きている地震が意味することは何なのか、首都圏を襲う大地震の前兆なのかは定かではないですが、備えは必要です。


 キャッシュポジションを高めにして運用するか土木、自然災害関連銘柄をポートフォリオに入れておくか今からしっかりと投資作戦を考えておきたい。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:株・投資




出遅れ中小型株に活路を見出す

fbc4ff99cb5802280f08a3ea2275ea35_s.jpg



 運用成果の向上を求めて投資家の皆さんは日々、有望銘柄の選定に邁進されているかと思います。
 市場にはどこからとなく投資家が集まり、今後の株価上昇を期して人だかりのする銘柄にリスクテイクをしようとします。

 そのバロメーターは出来高ですが、株価が上昇基調にあっても出来高が少ないのでは人気がないと断定され、ひと握りの投資家だけの自作自演の展開となったりします。

 かのケインズ先生がかつて述べたように株式投資は美人投票のようなもの。
 誰もが好みそうな銘柄を選ぶべきだということになるのですが、必ずしもそうだとは思いません。
 まだ十分にその良さが認知されていない間に見出してタネをまいておくこと。つまり小中高生の間に未来の有名プロスポーツ選手を見出しておくようなもの。


 ここで言う出遅れ中小型株に活路を見出そうとする投資家もそのスタンスが決して間違ってはいないと考える。

 但し、隠れた価値を持つ企業をしっかりと研究していくのは長く苦しいもの。
 自らにそんな苦労を課さずに市場に集まっている投資家の動きを察知して投資する方がより効率的との意見にも耳を傾ける必要がある。

 直近人気の新型コロナDNAワクチン開発のアンジェスなど創薬ベンチャー企業はまさに人気集中に至ったケースだが、今からだともう乗れない。
 このような動きを横目に新たな出遅れ中小型株に活路を見出そうする投資家がいても良いだろう。


 創薬ベンチャーにしろ多くのIPOしたてのマザーズ銘柄にしろ無配株は強弱感が対立しやすく、人気を高める銘柄の株価は流動性を伴いながら上昇トレンドを描きやすい。まともに配当を実施しているような銘柄を敢えて積極的に売ろうとしないから、売りの圧力が小さく、株価面では軽い。
 大量に仕込むにはやや物足らないことになるが、株高を演出するにはこの手の軽量級が選ばれやすい。ただ、このところはきちんと高い配当金をくれる企業に対する関心も高まりつつある。

 出遅れ気味に推移してきた高配当利回り銘柄が狙われ始めているように感じられるがこの動きが一巡するまでは、まだ相当に時間がかかりそうだ。

 まとまった株数を買いつけうるまでには投資家は辛抱強く買い続けるしかない。
 但し、既存投資家が売りたくなる水準まで株価の買い指値を上げていく必要がある。


 市場内にはこうした出遅れ感の強い銘柄がまだたくさんある。
 例えば時価総額が保有する現預金を下回っているようなバリュー銘柄群だ。

 この億の近道でも相川氏が過去取り上げたことのあるテノックス(1905)や丸順(3422)のような銘柄だが、既に皆様のポートフォリオにも入っているのかも知れません。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




後世に残せる投資

6b875d43f1e211cbbe9430a952726af0_s.jpg



 多少の紆余曲折はあってもこのところ順調な株高が続いています。

 コロナ禍で傷つきな術もないように見える企業もあればこれをバネに新たな成長を目ざそうとする企業。大きな社会構造の変化に対応できる企業とそうでない企業の二極化が密かに進展しているように感じるのは筆者だけではないかと思われます。

 今を生きる投資家は未来を見据えての投資を心掛けようとします。
 日本に上場する3900ものエリートと言うべき企業群への投資は森林や天然資源と同様に未来に役立つことになります。

 企業は人が織り成す世界。そこには連綿として続く技術やビジネスが後世の世代に引き継がれ企業価値の創造が図られていきます。
 株価はそうした企業価値の評価を背景に変動を続けていきます。

 それが時価総額として市場で評価された結果として数値になって表わされます。未来において利益を生み出す力が企業価値でもあり現存する資産が必ずしも根底になるとは限らない摩訶不思議な世界が株式市場には内包され、短期評価、中長期評価を織り交ぜながら日々の株価変動を形成しています。

 多くの投資家は縁あって選択した銘柄、企業を対象に投資し、後世にその資産となるべき株式をバトンタッチしていきます。


 企業は山林と同じ。
 大きく育つまでは楽しみにして待つ姿勢が投資家には求められます。
 短期投資家には我慢のならないスタンスでしょう

 が、本来はそうしたものです。

 未来の姿など要らないと多くの投資家は十分な育成ができないままに刈り取る作業をしてしまいがちです。
 それは企業経営者の情報発信力によっても差が出てきますが、やはり企業経営者は未来への夢、後世に役立ち、企業価値が向上する企業体を目指す方向性を投資家に語る必要があります。

 日本社会に降りかかる困難をバネに飛躍を期する企業群、後世の人々に語り継がれる価値ある企業群にこそ投資価値があると思うが皆さんのお考えはいかがだろうか。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


honoh_01.jpg



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:株・投資




コロナで企業が目覚める

d723944338cc3cfa70c706da9eb313fe_s.jpg



 そろそろ自粛ムードから積極的に取材でもしようと先週あたりは企業への訪問を始めてみた。


 最近株高が続くライトアップ(6580・時価2029円)のあるスタッフとは昨年の秋からやり取りさせて頂いているがなかなかアグレッシブな好人物だ。
 その方とともにある上場企業に足を運んでみた。その企業については私の有料メルマガでご報告する予定だが、ばっちりハマった。

 コロナで人と人が面談して成り立つ営業活動には支障が出ているが、ネットの方は昨年比倍のアクセスがありなかなか浮上しなかったビジネスが活気づいているとの話を聞くことができた。またこれまでのビジネスで積み上げてきた20万という顧客基盤をこれまで管理・活用ができてなかったが、今期は積極的に活用しようとしているとの話であった。

 この会社のようにコロナがあったからこそのビジネス戦略の見直しが進んでいると言って良い。コロナ感染を防ぐための自粛ムードは経済には悪影響をもたらしていることは否定できないが、大半の企業において変革がもたらされようとしている。その変革の姿を感じ取った投資家がここでは勝利者となると言えるのかも知れません。


 企業は黙って指を銜えているだけではない。

 自社保有の有形、無形の資産をITを使ってどう活用していくかなどこれからの10年、20年を決める企業の自助努力が、結果として収益拡大につながることで投資家は配当拡大や企業価値向上のチャンスを得るだろう。

 コロナ禍を契機にこうした企業活動は大企業、中小企業を問わず、活発化すると思われる。その原資を未活用の助成金や銀行の融資に求め、アフターコロナに成長を辿る好循環を大いに期待したい。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




微調整か本格調整か?

a0ff354cf2feb9a52ba1c7c89d193f8b_s.jpg



 一本調子で上昇トレンドを辿ってきた株式相場が先週は少し上げにブレーキがかかった。
 それもその筈。過去3か月間に4割も上昇したら、少しは警戒感も出て当然。

 問題はその調整は微調整で終わるか本格調整になるのかと言う点だ。

 なかなか先々を見通すのは難しいのだが、居座っている売り方はどこかで買い戻す必要があり、2兆円とも言われる裁定売り残の解消には買い戻しが不可欠。
 本格調整となれば売り方が勝利するが、微調整で終わりそうな雰囲気となればあわてて買い戻さざるを得ないことになる。


 今回の株式相場は過剰流動性を背景にしたものだというのがここまでの短期上昇相場を導いた要因でもある。
 売り方と買い方が睨み合って形成されている株式相場。
 どちらかと言うと好需給の下で今のところは買い方優位の印象が強い。


 木曜と金曜の2日間で揺れ動いた株式相場はポジティブな買い方に格好の投資チャンスを与えてと見るべきなのか。
 売り方の額から流れる汗が意味するところは・・。

 そうした相場環境で個別銘柄にも激しい値動きが見出せた。
 もともとそれほど上がってもいない銘柄も含めて全面安の始まりをボトムに戻り相場を辿った先週末の相場から週明けの展開が気になるが、NYダウ、NASDAQともに戻り歩調でテクニカル上の良い調整を入れたとの印象もあってまた相場が強くなるのではとの期待も膨らむ。


 とは言え、調整含みの展開がなおも続くという意見もあるだろうから油断しないでいきたいところだ。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:株・投資




出遅れ銘柄研究のススメ




 株式市場は全体的に底上げの展開になりつつある。

 先行した材料銘柄に過熱感が出て横に拡がり、出遅れ気味だった銘柄にもホットマネーが入り込んで全体相場が嵩上げされてくると考えられる。

 人気先行の材料株、好業績株に対して何らかの理由で出遅れ気味に推移してきた銘柄を研究することに意義が出てくる。
 既に本年3月の公開価格以下で推移してきたIPO銘柄には軒並み公開価格を上回る動きが見られる。

 この直近IPO銘柄の研究範囲を2年前あたりまで遡ってみると案外面白い結果が生まれそうだ。

 IPO銘柄以外でもまだ年初来高値を上まらずに推移しているバリュー銘柄なども研究の余地がありそうだ。

 先駆して勢いよく上げている銘柄の特徴も勘案してなぜ出遅れ気味なのかも考えてみると良いだろう。多くは不人気の東証2部銘柄だったりするが、マザーズ銘柄にもまだまだ公開価格や初値を下回っている直近IPO銘柄があるだろう。


 2018年IPO銘柄では助成金獲得支援サービスのライトアップ(6580)の勢いが良いが、急騰中だがまだ公開価格(2800円)を下回っている。
 同様に3月にIPOしたばかりの接骨院支援サービスのリグア(7090)が直近になって2157円まで上昇し、公開価格1950円を上回ってきた。

 これらは今期の業績について比較的堅調な見通しを出している点で株価が上昇しやすいということがあるものと考えられる。


 IPO銘柄はなかなか評価が難しいが、このところ自粛ムードにあった個人投資家やアナリスト向けの説明会も再開されつつあり、企業の内容分析が進むことも見落とされていた企業価値を再発見する良い機会となるだろう。

 株高で公開価格割れ銘柄を見出すのはやや困難になってきたと言えるが初値割れ銘柄はまだ見出せる。これらの企業内容を吟味してみてはどうだろう。

 また、前号で取り上げたリンクバル(6046)のような年初来高値に届かない銘柄への取り組みも続くと期待される。
 出遅れ銘柄が市場にはまだまだ多いと感じるが、そうした銘柄までもが上昇してくる段階までは今回の上昇相場は継続するのかも知れない。


 6月24日からは止まっていたIPO相場がスタートする。
 まだ低迷気味に推移してきた直近IPO銘柄が見直され、水準を高めることで6月IPO銘柄にバトンタッチされる展開を想定しておきたい。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:株・投資




事実は小説よりも奇なり?




 皆さんはテレビ会議システムの米国企業、ZOOM(ズーム)ビデオコミュニケーションズ社をご存知でしょうか?

 同社は昨年4月にNASDAQに上場した企業で今、コロナ禍でテレワーク化、オンライン化が全世界で進み、WEB会議システムが急速に普及しており、同社の株価も1月には70ドル台だったが、その後急騰を演じ、現在は207ドル台となっている。


 このズーム社をめぐって先週はおかしな出来事があったことを皆さんもご存知かと思います。

 日本のJASDAQ市場に上場する同社と同名の音楽機器のファブレスメーカー、ズーム(6694)が1300円台から2300円まで急騰した話は先週の株式市場で話題になった。そんな馬鹿な話があるだろうか?

 事実は小説より奇なり。

 この株価急騰の背景が同じ社名の米国のズーム社と間違って買いが入ったためではないかという話が駆け巡り、とうとう会社からもメッセージとして米国のズームとは違うとのリリースが出るぐらいに株価が急騰したのだ。

 5月29日の終値は1251円。6月1日も1248円で4月20日につけた戻り高値1551円からは調整気味の展開だったが、6月2日の1310円から3日1500円(高値はストップ高の1610円)、4日もストップ高の1900円となり、5日も一時2300円のストップ高をつけた。終値は2130円。

 会社側からの注意勧告を促すリリースがあってもこの動きだから単なる間違いという訳でもなさそうとの穿った見方もあり、3日間連続のストップ高となったものと考えられるが、この3日間(6月3日から5日)の出来高合計は
174.62万株。1333円から2300円の変動レンジで発行済み株式数229.7万株の76%の出来高が見られた。

 同社株は2017年3月にJASDAQに上場。ファブレス経営で身軽な体質ながら中国での生産体制がネックで米中貿易摩擦でネガティブな状況が昨年は見られた。

 コロナ禍で3月に785円まで売り込まれたが、その後は自社株買いの発表もあり、1551円まで戻ったが、その後は英国の持分法販売会社の再建型倒産の報道もあり1200円台前半までの反落の動きを見せていた。

 欧米市場が対象のビジネスであり今期の1Q決算はコロナの影響でいまだに発表できていない。欧米市場の需要期はクリスマスシーズンに偏っており、今期下期からの業績回復に期待が持てるが、当面は社名を間違えての投資ではないかとの疑いもあり冷静に見た投資家が売りを出してくるかどうかになるが、浮動株は既に新たな投資家に吸い上げられ、このまま2000円台が地相場となるようなこともありうる。


 億の近道ではギタリストでもある飯島社長と昨年末に交流を持ち、これからも交流を持とうと考えているだけに今回の不思議な出来事を見守ることにしたい。

 間違いに気がついた投資家が売りを出すのか、いや内容がユニークで持続し続けることになるのか波乱の展開があったとしてもこの先の相場に関心を寄せる向きも多いのかも知れません。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:株・投資




そろそろ買い疲れもあるか?

fbc4ff99cb5802280f08a3ea2275ea35_s.jpg



 落ちてくるナイフをつかむことは至難の技だが、緩やかに上っている時は容易だ。

 株式市場全体が一気に値を消す展開が3月に見られた(コロナショック)が、その急落場面で投資された投資家には敬服したいが、それはいささか勇気が必要だった筈。多くはその後の戻り相場でリスクテイクをなさりながら資産形成を図ってこられたものと推察される。


 ポートフォリオを組んでの運用ではこのところは創薬系や除菌剤、防護服などに比重を置かれた皆さんが大いに成果を出されたものと推察されるが、移ろ気やすい相場展開の中で高値掴みをするケースもあったのかも知れません。

 幅広いコロナ関連銘柄での運用成果の向上から、今後は徐々にコロナ禍前の相場展開に立ち戻って中長期的な視点での投資を考えていくスタンスに変えていく必要があるのかも知れない。

 相場のリード役となった銘柄群にはそろそろ買い疲れ感も出てくる可能性もあり、利益を確定させ、いまだにやや出遅れ気味の銘柄などを研究するなどポートフォリオの見直しをなさっておられるのではないだろうか。


 とは言え、ほとんどの銘柄がボトムからは大きく上昇してきた現在は投資対象がなかなか見出せないという悩みも出てくる。

 安定型のバリュー銘柄では面白くないので、何か軽く動きそうな銘柄を探しているという投資家も多いのかも知れませんが、これは普段からの地道な幅広い銘柄研究が必要となりそう簡単ではない。

 なぜか勢いよく動く仕手株についていこうという投資家も出てくるのかも知れません。そうした動きがこのところの相場には随所に見られるのはそうしたカネ余りの展開の表れなのかと思われる。


 引き続きコロナ禍の下で繰り広げられる株式相場に関心を寄せて頂き、買い疲れ気分を吹き飛ばす運用成果を上げて頂ければ幸いだ。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM