有料メルマガライブラリから(258)「増益予想に率直に上がる中小型株のほうが有利かもしれない」



 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。


=コラム「増益予想に率直に上がる中小型株のほうが有利かもしれない」=
 (有料メルマガ第432回・2017/5/16配信号)


※2017年5月現在の内容です。留意してお読み下さい。


【前略】


 株式投資を30年近く続けていても、株式投資は難しいなと感じることも多いです。しかし株式投資は簡単ではないことも事実ですが、人生よりはずっと易しいと考えています。


【中略】


 株式投資を行うことによって決断力、直観力、実行力をつける。知恵を使い、失敗を良い経験に変え、自分を信じて行動できる積極的な性格を作り上げる。

 そんな人生で成功するためのスキルを株式投資を通じて身につけていく。
 財産を築くとともに、自分の幸せな豊かな生活を築く。

 株式投資では、人生にも大切な行動することを学ぶことが出来ます。
 ちょっと思い浮かべただけでも、株式投資をするということは、まずその株を買うかどうか考えます。考えた上でお金が減ってしまうかもしれないリスクをとって投資を実行します。いくら考えても実際に行動しなければ儲けはないのです。
(株を買うという行動が伴わなければ、絶対儲けることは出来ません。損することも有りませんが・・・・)


 知恵を使う方法も学びます。
 よくA株をかうかB株を買うか選択に迷います。
 そのときの直感力を身につけることも出来ます。
 含み損を抱えた時、多くの痛みを乗り越えて損切りすることで、撤退する勇気も学べます。そして損をした経験を良い経験に変えることで、今度は利益を上げられることを学べます。

 買うにしても売るにしても、多くの決断をして、その決断を実行に結びつけることによって株式投資では利益を上げることができます。行動することがすべてです。
 よく自己啓発のセミナーなどに出て知識を得ても、知識を得ただけで満足して実行にまで結び付けられない人がいます。知っていることとできることはまったく違う。それをイヤというほど体験できるのが株式投資です。

 そして株式投資には強烈な射幸性があります。
 ギャンブルに通じる面白さがあるのです。
 その強烈な面白さを利用して、自分の性格を変えることが出来ます。


 投資家としていつもどの銘柄に投資するか悩みます。
 もちろん利益の最大化をはかる目的でいろいろ調べて選択します。有限な自分の投資額を儲かりそうな銘柄に配分する。しかしある銘柄を選んだということは、他のすべての銘柄を捨てたと言うことなのです。
 私も投資をしていろいろ後悔してきましたが、どちらかと言うと何を選んだかで後悔することよりも、何を選ばなかったか、何を捨てたかで後悔することが多かったように思います。

 あることを選択するということは、実は同時に別の可能性のすべてを捨てたということなのです。成功する投資家は、この代替案を捨てる能力が非常に高いと感じます。

 人生の大事なイベントで、二者択一の選択を迫られることは多いのです。
 その時、選択の最後の決め手は勘しか有りません。
 勘が鈍くていつも間違った選択をしていたら、人生の最後には大きな差がついていることでしょう。この二者択一の選択において正しい選択をするという能力を高めることは、人生の大選択のときに大きな力を発揮します。


 たとえば就職活動において甲乙つけがたい素晴らしい企業から内定を出すといわれたとき、あなたはどちらの会社を選ぶでしょうか。例えばサントリー食品インターナショナルとアサヒグループホールディングスから内定をもらったとします。

 いまの時点では甲乙つけがたく、どちらを選んだらいいか迷うと思います。その時どちらを選ぶかの決め手は何でしょうか。
 それは勘です。勘で選ぶしかありません。

 株式投資も売るか買うか、この株を買うか、それともあちらの株を買うか。
 本当に結論を出さねばならない選択を迫られることの連続です。
 その判断を間違えたために、すぐに損をしてしまうことも多いのです。
 企業に就職する時は、自分のからだは一つですから両方の会社に勤めることはできません。しかし株がありがたいのは、資金さえあれば両方の企業の株を買ってしまうという手が使えることです。

 自信のなさでもありますが、未来は誰にもわかりません。
 人生を生き抜くことに比べて株式投資が楽だと私が考える理由は、この選べなければ両方買ってしまえ作戦が使えるからです。人生の大選択、就職にしても結婚にしても、両方選んでしまえ作戦は使えません。
 みなさんも人生を生き抜く力があるなら、株式投資でも稼ぐことができると考えてみることをお勧めします。

 損切りを遅らせたために大きな損失を生むこともあります。そのような経験をとおして投資家は成長していきます。株式投資で培った決断力、勘の鋭さは人生において、必ず役に立ってくることばかりです。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信しています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


【世界トップレベルの事業アリ!積極的なM&Aで好業績、キャッシュリッチでユニークな優待も持つ、グローバル企業を研究!!】


 本日配信の有料メルマガでは、世界トップクラスシェアの事業を持ち、増収増益で、積極的にM&Aを利用して事業領域と業績を拡大しており、キャッシュリッチでユニークな株主優待があるグローバル企業を研究しています。

 また、コラムでは、「2018年3月期の本決算企業に関しては保守的な2019年3月期の業績予想を発表する企業が多く、中身を精査しないで、決算短信が発表されたとたんに前期比減益予想企業の株価が大きく下落することが多いです。しっかりと決算発表の中身を検討して、数字的には前期比減益ではあるが、業績の前提の為替レートや、販売商品の推定価格などを確認した上で、投げられて下げてきたところを割安に投資するのも良い投資作戦だと考えて、企業の発表した業績予想などの内容をチェックしています。」と題し、多くの決算発表が出そろった現時点での投資行動を書いています。


 さらに、過去取り上げてきた銘柄で、決算短信と株価から、安く買えるチャンスと感じられる6銘柄をピックアップしています。

 加えて、先週のカーボン系の投資作戦に関する銘柄のフォローアップもしています。

 決算短信と株価を睨んで、これからの上昇銘柄を把握しておくことは、良い銘柄を安く買える事につながります。ぜひ参考にして資産形成に役立てて下さい。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 ニチリン(5184)
 ]銘柄研究 帝国電機製作所(6333)


過去サンプル(コラム)
 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる(2016/12/27)
 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしようとするための心得(2012/11/06)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!

lowerbanner01.jpg



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




最新有料メルマガから「リスクを取らず避け続けるなら富を掴むことはできない」

ea9901e8ef8118951dc34e50f0f23969_s.jpg


 今回は特別に、本日配信の有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」のコラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎の最新コンテンツをお楽しみ下さい。


=コラム「リスクを取らず避け続けるなら富を掴むことはできない」=
 (有料メルマガ第480回・2018/5/8配信号)


【前略】


 通常なら避けるべき、決算発表直前のフライング投資を実行するために調べた黒鉛電極の価格動向と日本カーボン、東海カーボン、昭和電工に対する投資作戦に関して書いてみたいと思います。


【中略】

 世界中で不足している電炉メーカーが使用する黒鉛電極の供給不足から前年比で3倍にも値上がりしそうな黒鉛電極メーカーの株価は野村證券の昭和電工に対するレーティングの引き下げで、大きく投げ売りされました。

 野村証券では4月3日付で、昭和電工の投資判断を「Buy」(買い)から「ニュートラル」(中立)に、目標株価を6700円から4700円にそれぞれ引き下げてました。

 引き下げの理由は、中期的に強気としていた黒鉛電極の見方について、今回、19年12月期(=すなわち2019年に入って)から世界の黒鉛電極の需給が悪化するという見方に変更するとコメントしました。

 3月の中国調査により、従来の野村券の想定より早く、中国での黒鉛電極の生産量の増加が見込まれると判断したことを理由に挙げているようです。

 野村証券では、19年12月期以降の業績予想を下方修正、あわせて「ニュートラル」に引き下げるとしていました。中期的な黒鉛電極の利益減少により、18年12月期を起点とする中期の連結一株利益成長率はRN Large Cap(除く金融)平均のプラス5%強を下回るマイナス8%程度とマイナス成長を予想し、適用する18年12月期予想基準PERを従来は12倍と判断していましたが、中期成長率予想の引き下げにより、同平均を下回る7倍程度が妥当と判断したとしています。

 野村証券では連結営業利益について、18年12月期1510億円(前期比1.9倍、従来1276億円、会社側計画は1100億円)、19年12月期1298億円(従来1350億円)、20年12月期917億円(同1372億円)と試算していたようです。

 モーニングスターの情報をもとに作成しました。
https://www.morningstar.co.jp/msnews/news?rncNo=1840088

 昭和電工の2017年12月期の決算短信から確認すると、昭和電工の上記の情報通り昭和電工の2018年12月期の連結営業利益は1100億円の予想です。そして野村證券の予想は会社計画より強気の1298億円です。
 さらに暴落の原因になったレポートでは連結営業利益を1510円に大きく上方修正しています。

 この予想から昭和電工の株価が1月15日につけた5480円という高値から、4月25日に3585円の安値まで1895円(=34.6%)も投げ売りされて暴落し、5月2日の株価も3730円と直近の底値から145円しかリバウンドできていないのは異常だと考えました。


 野村証券は、誰にも予想がつかない、株式投資家にとっては遥かに未来の黒鉛電極の価格予想を行いました。この予想が正しいかどうかは1年以上たってみないと分かりません。

 投機家が、野村證券のレポートを利用して黒鉛電極メーカーの株価を空売りして、一気に暴落させたというストーリーが考えられます。

 少なくとも野村證券レポートの2018年12月期の昭和電工の業績予想は会社予想よりずっと良い予想です。

 東海カーボンと日本カーボンの株価も昭和電工より下落率は低いものの大きな下落となっています。


【中略】


 日本カーボンの株価は決算短信発表の翌日(5月1日)は一時的にストップ高を付けましたが、その後下げに転じ前日比+515円で終わりました。
 決算発表の2日目(=5月2日)にはかなり下げていましたが、最終的に前日比▲110円まで戻して終わりました。


 昭和電工の株価は5月1日には最終的に前日比で▲15円で終わりました。
 5月2日には前日比+90円で終わりました。


 東海カーボンの株価は5月1日には最終的に前日比で+43円で終わりました。5月2日には前日比+61円で終わりました。


【中略】


[昭和電工と東海カーボンを買うための根拠にした情報]

 まず黒鉛電極の価格は2018年12月までは野村證券も高くなると考えているようだということ。

【情報1】中部鋼鈑の重松社長「原材料価格が異常な上昇」
 2018/5/2 19:04 日本経済新聞 電子版の情報

 「こんな異常な上昇は入社37年で初めて」と電炉大手、中部鋼鈑の重松久美男社長がやり玉に挙げるのは黒鉛電極の単価。電炉で使う資材で「2018年度の単価は前年の3倍になりそうだ。」と発言している記事があったこと。
 2018年の黒鉛電極の価格は大きく上がることが需要先の電炉大手の社長も認めていること。

 【情報2】昭和電工は独SGLの買収により黒鉛電極のシェア30%。世界トップの座を獲得しました。

 昭和電工が独SGLの買収時に米国政府の許可がでないので東海カーボンに米国の分を買ってもらったので東海カーボンが得をしました。

 世界主要7社生産量 会社名/工場数/年産量
 昭和電工/8工場/259千トン
 東海カーボン/5工場/96千トン
 Graftech International/4工場/191千トン
 Graphite India/4工場/98千トン
 HEG/1工場/80千トン
 日本カーボン/1工場/30千トン
 SECカーボン/1工場/30千トン

 昭和電工は日本カーボンの8.63倍の生産能力、東海カーボンは日本カーボンの3.2倍の生産能力を持っていること。さらにトランプ大統領の鉄鋼などの輸入関税引き上げで生産が増加する可能性が高い米国内に昭和電工も東海カーボンも生産工場を持っていること。

 【情報3】明治安田アセット・マネジメントのアナリスト・コラムの意見が参考になったこと。

 a:環境を配慮し粗鋼生産における電炉への変更が進む。
 b:過去10年間の事業環境から黒鉛電極メーカーが能力拡大する可能性は低い。
 c:原料であるニードルコークスの生産拡大余地乏しく、EV化進展によっては原料不足が深刻化する。
   (原料のニードルコークスの世界生産量は約100万トンで、うち80万トンが黒鉛電極用、10%がリチュウム電池の正極材用などに使用されているということ)
 d:これら需給のタイト化より「黒鉛電極の価格上昇はまだ初期段階に過ぎないのかもしれない」。

 【情報4】2016年まで価格下落で赤字になり設備廃棄に追い込まれた黒鉛電極メーカーが1年くらいで設備増強に動くとは考えられないこと。

 【情報5】黒鉛電極高騰の原因となった中国の地条鋼は鉄鋼市場の秩序を乱すだけでなく、環境問題も引き起こすので中国政府に生産を禁止されたこと。

 地条鋼は、1トン生産するのに700KWh−800KWhも電力を使うと言われており中国政府のCO2削減および電力需給政策に悪影響をあたえていたので今後また許可されることは、まず無いと考えられること。

 2016年から中国政府が動き出し、一挙に地条鋼の製造業者600社余りの水や電力の供給を停止して閉鎖させました。非合法企業も含めると中国全土の地条鋼生産能力は年間1億トン以上あると言われていました。これは2016年度の日本の粗鋼生産量1億516万トンに匹敵する生産量です。

 大きな市場をもっていた地条鋼が手に入らなくなったため、正規鉄鋼メーカーへの注文が殺到しました。正規鉄鋼メーカーの多くは、アーク式電気炉を使っていたため、放電に使われる消耗品の黒鉛電極が品薄になり価格の暴騰を引き起こしました。

 野村のレポートはかなり間違っている可能性が高いと考えました。
 黒鉛電極は消耗品であり、黒鉛電極メーカーは過去に酷い赤字に苦しんだので、すぐに設備新設、増強をするつもりは無さそうです。

 黒鉛電極の材料のニードルコークスの生産メーカーも増産するつもりが薄いようです。そうだとすると黒鉛電極の需要は、そう簡単には衰えず、価格も下がりそうもありません。

 鉄スクラップを溶かす電気炉に使う黒鉛電極が値上がりしている理由は、中国で違法鋼材の排除が進み正規品の需要が高まっていること。したがって電炉の増産で電極の引き合いも強いこと。

 中国から安い半製品(ビレット)が輸出されなくなり、ビレットから鋼材を造っていた東南アジアで鉄スクラップを使う製鉄所が増えたこと。

 電極メーカーと電炉の交渉に基づく2018年の国際価格は、主要な取引が1トン8千〜1万2千ドルと17年の3倍以上で決まりました。アジアや日本でも需要が高まりました。

 電極大手の東海カーボンも2017年に日本国内値上げを発表しています。
 2018年4月納入分から値上げします。新価格は日本で多く使う18〜24インチ品が1トン90万円。日本では4月と10月に価格を改める場合が多いです。この値上げで価格は現在の2倍強になるとみられています。

 黒鉛電極は消耗品のため、電炉が定期的に電極メーカーから買います。
 海外の電炉は1月からの1年契約が主流とのこと。2017年の国際価格は約2500ドルだったようです。東海カーボンの立花善治電極事業部長は「過去最高だった2009年の価格を超えるのは間違いない」と取材で回答しているようです。

 電極メーカーはここ数年の市況低迷で大赤字に陥って生産能力の削減を進めました。中国の電極メーカーも環境規制で生産を抑えています。

 黒鉛電極の材料となるニードルコークスの製造も大手企業の寡占体制にあり、増産する気は薄いようです。だから簡単には増産できません。

 【情報7】みずほ証券の最近のレポートでは黒鉛電極の生産増強にはノウハウが必要であり、一定の時間がかかることから、需給ひっ迫が最短でも2020年ごろまでは続くと分析している、という情報があったこと。

 【情報8】昭和電工は黒鉛電極以外にも世界シェアの高い事業や、これから大きく伸びる事業を持っていることが分かったこと。

 昭和電工の中期経営計画”Project 2020+”本年の成果と2018年の戦略を確認して、中長期投資の対象としても投資できる企業だと判断しました。

 【情報9】週刊エコノミストで昭和電工の森川社長のインタビューの記事

 [経営者・編集長インタビュー]森川宏平 昭和電工社長
  2018年4月17日号 週刊エコノミスト
 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180409-00000001-economist-bus_all&p=1

【中略】


 5月7日の東海カーボンの決算発表を確認するまでは、投資行動を抑えて行こうと考えています。予想が外れたら大きく下げる可能性もあるからです。


 空売りネットでは、特に東海カーボンに対する外資証券が大きく空売りをしていることが分かります。

 東海カーボンの空売りネットの毎日の空売り情報サイトの数字です。
https://karauri.net/5301/

【中略】

 野村レポートに便乗したのがクレデイスイスでしょうか。
 モルガンスタンレーは踏み上げられつつあるように感じられます。
 メリルリンチは何時買い戻すのでしょうか。
 野村證券の別動隊Nomura Internationalは4月27日に空売りを手じまったように見えます。

 このカーボン各社への投資の状況は、今後のコラムでも時々報告していこうと考えています。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信しています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


【安定した取引先と技術!今後も好業績が期待でき、高い参入障壁をもつ内需企業を研究!!】


 本日配信の有料メルマガでは、極めて安定した取引先を持ち、高技術と高い参入障壁がある事業を進めており、無借金で強い収益力がある、景気に左右されにくい内需中心の企業を研究しています。

 また、コラムでは、「株式投資においては人生とは違って、チャンスは何度でも巡ってきてくれます。だから焦る必要は無いしフライングをして、手痛い打撃をうけることを避ける、克己心も必要になります。しかし、いつまでもリスクを避け続けて、取ることがないなら富を掴むことができないことも忘れないことが大事です。」と題し、本日億近掲載のカーボン関連企業への投資作戦に加え、現在の市場に対応する投資作戦を具体的に書いています。


 さらに、今後の研究銘柄候補を3社、ある程度の分析とともに取り上げています。
 加えて、3月に取り上げた3銘柄についても、フォローアップの追加調査を行っています。


 決算発表前と、決算発表後の、2つの投資作戦を使い分ける参考情報として、ぜひご活用下さい。購読をお待ちしております。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 ニチリン(5184)
 ]銘柄研究 帝国電機製作所(6333)


過去サンプル(コラム)
 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる(2016/12/27)
 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしようとするための心得(2012/11/06)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!

lowerbanner02.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:ビジネス




最新有料メルマガから「企業発表の業績予想に市場が過剰反応した時、逆張り投資する」

4b6aa9d4ed9eb2999828f96cc5ef96ae_s.jpg


 今回は特別に、本日配信の有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」のコラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎の最新コンテンツをお楽しみ下さい。


=コラム「企業発表の業績予想に市場が過剰反応した時、逆張り投資する」=
 (有料メルマガ第479回・2018/5/1配信号)



【前略】


 日本企業の株価は、世界の国の株式市場のうち中国とかアメリカとかどこかの国の株価指数が下がると、悪いところにツレ安して下げるような状況が続いています。日本株の投資家が付和雷同型の短期投資家ばかりになっているのが原因かもしれません。

 日本の株式市場に参加している投資家の多くは、通算では大きく損をしているけれど、時々大きく儲かることがあるから、株式投資を止められない。こんな投資家が多数派なのかもしれません。

 しかし、そんな投資家が多いので、巨額の利益を求めるためにレバレッジを大きく掛けた信用取引は、絶対やらない。

 ある程度稼げたら感謝して勝ち逃げして(=利喰して)他の割安な配当利回りや配当優待利回り(=高インカムゲイン銘柄)の高い銘柄にシフトをしていく。

 こんな単純な投資戦術を続けてきたことで私はアベノミクスがスタートしてからの5年間で大きな利益を得ることができました。


【中略】


 自分の経済的な実力を超えたような投資で、資産の極大化を求めなくても、大きな損をしないように自分の経済的実力にあった程度でできる投資手段を捜し求めれば、ちゃんと有利な投資対象を見つけだすことが出来ました。

 私が20代から40代のころよりも、現在なら投資手段も増加して、自分の経済的実力に見合った投資手段を見つけやすくなっています。

 株に投資する場合も、他の投資商品に投資する場合も、「いま何に投資すると一番儲かるか」というような目線で探すと、上がりきった割高な金融商品を掴まされる可能性が高くなります。


【中略】


 改めて日本株の動きを見てみると、業績上方修正をして増配を発表しても株価が下げてしまう企業がいまでも散見されます。

 少し前のコラムにも書きましたが、2017年には、なぜこの企業の株が上がるのか理解できないのに株価が大きく上げる企業がたくさんありました。そしてこの2月からはこの企業の株がなぜ下げるのか理解できない企業の株が大きく落ちています。
 特に大企業の株価の大きな下落には目を見張ります。

 このような大きな下落が起きた時は、しばらく下げ続け、下げどまった底で上げ下げしながら日柄整理を行って、おびえた投資家や諦めた投資家が株を売って逃げだした後で、株価が反転して上昇を始めます。3月から4月にかけて、その時を待つ間に投資対象としたい企業を見極めたいと努力してきました。

 いつも株価の急落が起きた時のコラムに書いてきたことですが、投資家は自分がどのような投資スタイルで投資しているかを把握して、自分の決めた投資の時間軸で、自分のルールに従って投資を進めていくことが、とても大切です。

そうでなければ、牙をむきだして襲いかかってくる株式市場で生き残っていくことは難しくなります。

 株価が下げても資産株の資産は確実にあるので持ち続ける度胸があれば大丈夫です。ただ兎に角、出来るだけ安く買うことと、リバウンドを確認出来てから買うことが成績を良くします。買う時を待つ我慢も度胸以上に大事だと思っています。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信しています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


【世界トップクラスのメーカー!コア技術から派生する強い事業を多く持ち、業績伸長も下落していた株価が底堅くなってきた、グローバル企業を研究!!】


 本日配信の有料メルマガでは、世界トップクラスのシェアを持ち、高い技術力で派生製品も多様で、直近でも増益している力があり、低PBRで増配計画もある、リバウンド期待のグローバル企業を研究しています。

 また、コラムでは、「日本株が急落を始めてから3か月がたちました。これから3月・6月・9月・12月本決算企業の決算発表が続きます。まだ米国株の上げ下げが続いているので日本株も振り回されそうです。しかし本当に業績が良くて、財務内容が良い企業を決算発表前に研究しておいて、企業の発表した決算発表の業績予想に過剰反応した時に、逆張りで投資するのも良い作戦だと考えるようになりました。」と題し、現在の市場を分析するとともに、自身の経験に基づく投資戦略を具体的に語っています。


 また、自身の過去の資産運用のやり方と心がけなどにも触れ、どのようなスタンスで相場に臨むか書いています。


 加えて、過去取り上げた研究銘柄を数銘柄フォローアップするほか、増益予想を出した研究銘柄候補を6銘柄ピックアップしています。


 大型銘柄を中心に、決算をきっかけに上昇する可能性に対して、今のうちから銘柄研究をしておくのが肝要です。ぜひ休暇中の戦略立案のお伴に有料メルマガをどうぞ。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 ニチリン(5184)
 ]銘柄研究 帝国電機製作所(6333)


過去サンプル(コラム)
 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる(2016/12/27)
 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしようとするための心得(2012/11/06)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!

lowerbanner01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




有料メルマガライブラリから(257)「株式市場の状況を偵察し続けることが必要な状況が続く」



 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。


=コラム「株式市場の状況を偵察し続けることが必要な状況が続く」=
 (有料メルマガ第376回・2016/4/12配信号)


※2016年4月現在の内容です。留意してお読み下さい。


【前略】


 優待欲しさに、たまたま買っていた企業が、そのような事業をスタートすることを発表したことで暴騰して、美味しい思いを体験することがあります。

 若いころは、そのような体験をすると、同じようにあっというまに暴騰する企業を探し出して安いうちに投資して儲けることを期待して、鵜の目鷹の目で一攫千金企業を探すことに熱中したりしました。

 そして、そんなことでずいぶんお金と時間を浪費してしまいましたが、いまではそのような一攫千金銘柄を探すようなことは、ほとんどやらなくなりました。

 しかし、堅実に事業を展開して利益が伸びており、含み資産などのある土地を大量に持ち、しかも配当利回りが高いと、株価が上昇すると勝手に期待して、投資額を増やしてしまうようなことは、いまでもよくやってしまいます。

 そして株価が上がらないどころか、大きく下げてしまって、含み損を大きく抱えた状況で、四苦八苦するような苦しい羽目に、毎年のように落ち込んでいます。

 つまり投資するタイミングを読み違えて、大きく踏み込んでしまった自分の投資行動で苦しむわけです。

 つまり最大のリスク要因を冷静に分析すれば『最大のリスク要因は自分だ』という愚は何度も繰り返してしまっています。

 つまり大きな損失を出した『最大の犯人はお前(=自分)だ!』ということで、もうこの点では損を作る常習犯のような有様です。情けないことに、この点は改善することができないままで30年以上たってしまいました。


【中略】


 投資環境が悪い時に時々コラムに書いてきたことですが『じっくりと待つ力』、『結論を保留して時間にゆだねる力』を身に付けることは大切です。

 「待てば海路の日和あり。」「待てば甘露の日和あり。」ということわざにもあるように、自分ではどうしようもない事が起きているときは、時間に任せて待つということも大事なことです。

 日本の業績が良く、財務内容が良く、含み資産を大量に蓄えている高配当銘柄などの株価が、中国バブル崩壊危機等によって大きく売り込まれ安くなっている今の状態を、利益を得るチャンスだと捉えることができるか、不遇だと腐ってしまうのでは未来がまったく違ってくると考えています。

 社会にあるいろいろなシステムもそうですが、投資などの資産のポートフォリオも、それを構成するファクターが多様であればあるほど安定的だということを、しっかりと意識してポートフォリオの再構築を続けています。


 収益力と財務的な堅牢さを併せ持つ銘柄が、大きく投げられている状況で、更に株価が下がるリスクに敏感になりすぎて、市場の動きに付和雷同すると、投資環境が改善に向かい、投資した業績の良い企業の株価が回復している流れを取り逃がしてしまう可能性も高まります。

 過去の投資の格言にある『人の行く裏に道あり花の山』にでてくる『人』というのは他人をさすばかりではなく、『投資を行うのを嫌がって危険視している、いまの自分の感情』のことも指している。こんなことも過去に学んできました。

 こんな投資環境の悪いときに株式投資を継続する(=株を買い持ちする)という投資行動は、去年もそうですし、東日本大震災の後やリーマンショック後、そして9.11世界同時多発テロ直後など過去に何度も何度も体験してきたことではありますが、大いに気持ちが悪い不安な状態です。


 このような状態のときに『不安や気持ちの悪さを』を感じることは、株式投資に参戦して、安全運転で生き延びていくためには必要な感覚です。否定して改めるべき感覚ではなく『自分は安全運転の基本を守っている』と確認して、まず安心すべき事態です。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信しています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


【世界トップのメーカー!技術に裏打ちされた強い商品力と、収益力を持ち、決算短信で出遅れ株価が動く期待がある、グローバル企業を研究!!】


 本日配信の有料メルマガでは、高技術力と商品力で、強い収益力がある世界のトップメーカーながら、同業で出遅れている株価が5月の決算発表で動く期待がある企業を研究しています。

 また、コラムでは、「『もうはまだなり まだはもうなり』という有名な相場格言を頭に置きながら、日本株が大底を打つ予兆を見つけようと努力しています。そのなかでコラム銘柄の住友金属鉱山が大きくリバウンドを行いました。トランプ大統領とロシアの確執がニッケルやアルミ、銅価格の供給不安をもたらしたことによることが原因のようです。」と題し、相場格言の解説と、現状の相場に対応する投資行動を語ると同時に、最近のコラムでピックアップした数銘柄を検証しています。


 さらに、研究銘柄候補の大型株8銘柄と、2月から大きく下落した2銘柄をピックアップしています。


 決算発表前の企業研究に最適のタイミングです。ポイントをよく考えて発表を待ち、上昇の兆しに備えましょう。
 ヒント満載の有料メルマガをぜひご購読下さい。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 ニチリン(5184)
 ]銘柄研究 帝国電機製作所(6333)


過去サンプル(コラム)
 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる(2016/12/27)
 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしようとするための心得(2012/11/06)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!

lowerbanner02.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




有料メルマガライブラリから(256)「投資家の欲望により歪んでいる株価を利益に換えたい」



 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。


=コラム「投資家の欲望により歪んでいる株価を利益に換えたい」=
 (有料メルマガ第47回・2009/11/17配信号)


※2009年11月現在の内容です。留意してお読み下さい。


【前略】


 株式投資ばかりではなく仕事でも、人生でも、常にリスクは存在しています。リスクは避けようとしても避けられるものではありません。むしろリスクの存在を想定して、リスクにかかわり、リスクをコントロールしていくほうがダメージを少なくすることが可能です。

 株式投資においては、投資している企業自体の業績が悪くなったり、業績は順調だったのに取引先が倒産して、突然大きな不渡りをくらい、不良債権が発生する。地震や事故で工場が被災して生産ができなくなる。アメリカで同時多発テロが起こって、世界中の株式市場が暴落する。アメリカ発サブプライム問題が世界中に伝播して、アメリカ本国の株式市場より対岸の日本の株式市場の下落率の方が大きくなる。

 こんなリスクが、いつ起こっても不思議ではありません。ただいつ起こるか誰にも予想できないというだけの話です。だからリスクを恐れて、株式投資を一切しなければ安心かというと、必ずしもそうではありません。

 自宅に現金を置いておけば、泥棒や火事や地震で財産を失ってしまう可能性もあります。1000万円以上銀行に預けたら、銀行が倒産してしまい預金が帰ってこない可能性だって出てきます。景気の良かったイギリスでさえ2007年9月には、サブプライム関連で損失を出したという銀行の窓口に、預金を引き出すための預金者の長い列ができました。日本で倒産した大手のコスモ信用組合の窓口に長蛇の列ができたことが思い出されてしまいます。

 銀行は無事でも政府の負債が積みあがる日本では、いつハイパーインフレが起こるか、注意を怠ることはできません。海外の発展途上国の成長で石油や鉄、銅、小麦など、あらゆる一次産品の価格が高騰し、デフレを抜け切っていないといわれている日本でも2007年後半にはラーメンや冷凍食品、お菓子など、食料品の値上げが次々に実行されました。

 インフレは見えない形で忍び寄っているのかもしれません。日本銀行は過去の政策ミスの再発を恐れて、利上げのチャンスを失いました。日本が過剰流動性資金を引きあげることができなくなったばかりか、世界中の中央銀行がサブプライム問題への対応から流動性資金をつぎ込み続けています。これはバブルの温床になり、少し長い目で見ればハイパーインフレに燃料を注ぎ込んだようにも考えられます。

 1%の低金利で複利で運用し、元本が2倍になるためには72年もかかります。つい数年前の預貯金の金利は0.03%などというとんでもない低金利が適用されていました。

 複利運用でも元本が2倍になるためには2400年かかるような、ごまのように小さい金利です。紀元1年に預金をしたとしても、まだ400年近く待たないと元本が倍になりません。500万円を定期預金して5年間での利息額は税引き前で8,250円でした。それから比べればかなり高利回りになった1%でも5年間で25万円にしかなりません。1億円の定期預金を今もっていたとしても1%の利息では、1年で税引き後90万円の利息しか受け取れません。いまは定期預金など元本が変動しない金融商品の利息だけでは1億円持っていても生活することはできないわけです。

 インフレで物の価値が年間2倍になれば、現金の購買力は2分の一になってしまいます。もし過去のブラジルのように物価が年に1000倍になることはないでしょうが、10倍になっただけでも、1億円の価値は1000万円に目減りしてしまいます。

 経済的に敗戦すれば、恐ろしいスタグフレーションがやってきて、物価が高騰しても景気が悪く給料は上がらない、なんて最悪事態に追い込まれてしまう可能性すら否定できないと思います。

 だからこそインフレに勝てる、成長性のある企業や、立地の良い賃貸不動産に分散投資をして、将来のハイパーインフレに備えることは、意義のあることだと思います。

 だから株式は資産防衛のためにも役立つ投資対象です。しかし株式投資をすることはリスクを取ることです。リスクに挑戦するということだ、といってもよいと思います。

 リスクを避ける人、リスクのあることに挑戦することを恐れる人は、おそらく失敗を恐れているのだと思います。挑戦して失敗し、傷つき、人からバカにされ、損をすることを恐れているから、挑戦すること自体に怖じ気づいてしまうのです。

 投資でも仕事でも人生でも失敗を恐れて、失敗をしないように消極的にしか動かない人がいます。何かいいアイデアが浮かんでも、もし失敗したらどうしようと、恐れてチャレンジすることをためらってしまいます。

 常に失敗することばかりを考えて、失敗しないようにということを最大の目的にして動いています。そして、これだけ細心に失敗を避けて動いてきたのに、失敗してしまうと、失敗したところから動けなくなってしまうのです。

 損をしない、失敗しないというリスクを避けるような行動ばかりとっていても、リスクは思いもしなかったところから、襲いかかってくるものです。そして損をしたり、失敗をしたりしてしまうことが起こります。

 野球でもバットをふらなかったらホームランもヒットも打つことはできません。株式投資ではまず株を買うという行為をしなければ、利益を得ることはできないのです。株式投資ではリスクを避けては利益を上げることは不可能です。

 株式投資には失敗(=投資して損をするということ)はつきものですが、チャレンジを忘れたら、すべてが終わりです。投資家が投資で利益を上げるためには果敢にリスクにチャレンジしていくことが必要になります。リスクに挑戦して(=行動して)失敗することは、何もしないでリスクを避けることばかり考えて、挑戦しないこと(=動かないこと)よりはるかに勝るものなのです。
 しかし、信用取引を多用するレバレッジの高すぎる、無謀な投資(=挑戦)をして財産を失ってしまっては、何のために株式投資をしたのか分からなくなってしまいます。無謀なリスクを負っての挑戦ということは、リスクを管理して、コントロールしていないということです。

 リスクは避けるものではなく管理してコントロールするものだとしっかり認識したうえで、リスクをコントロールして株式投資を行なっていきたいものです。

【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信しています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


【為替に影響されない!強固な営業基盤と将来需要あるビジネスを持っており、キャッシュリッチでほぼ内需の企業を研究!!】


 本日配信の有料メルマガでは、今後の大きな継続的需要があるビジネスを展開しており、企業グループに属する上、営業基盤も強固で、ドル円相場に左右されない内需100%近い、キャッシュリッチな企業を研究しています。

 また、コラムでは、「米国株の株価の変動より日本株の変動のほうが大きかった状況が少しずつ変わってきたように感じられます。ただ中小型株より大型株が米国市場の乱高下から受ける影響が大きいことから、その変動の違いを利用して銘柄シフトを行う作戦を実行中です。」と題し、現状の市況の認識析と、注目銘柄の値動きや、騰落の要因などを分析しつつ、自身が行っている投資行動を語っています。


 さらに、リスク管理の重要性とその対応について具体的に書くとともに、研究銘柄候補を取り上げています。

 リスクを管理下に置きつつ、来たるべきリバウンドに備えるためのバイブルとして、ぜひご活用下さい。ご購読をお待ちしております。
 

有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 ニチリン(5184)
 ]銘柄研究 帝国電機製作所(6333)


過去サンプル(コラム)
 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる(2016/12/27)
 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしようとするための心得(2012/11/06)



(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!

lowerbanner01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資




有料メルマガライブラリから(255)「投資家の欲望により歪んでいる株価を利益に換えたい」



 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。


=コラム「投資家の欲望により歪んでいる株価を利益に換えたい」=
 (有料メルマガ第396回・2016/8/30配信号)

※2016年8月現在の内容です。留意してお読み下さい。


【前略】


 株式の動きをじっくり眺めることが出来る定年後の自由人は、前日と本日の自分の株式投資総額の増減を意識してしまい、株式投資総額が前日より増加していないと、満足しないで精神的にストレスを受けてしまうという人が増えてくると感じています。

 自分自身でも将来に向けて大きく利益を上げるための我慢の時だと考えて、毎日の資産額の増減を意識しすぎないでおこうと努力していても、ついつい短期的に大きく上がりそうな銘柄に投資したいという欲望を制御することは、難しいな〜と感じる日々が続きます。


【中略】


 『資産額が増えることを勝ち』『資産額が減ることが負け』と考えて、毎日の総資産額を計算しては、毎日勝ち負けの星取り表をつけるようなことは、いまの日本株投資家にとっては精神的にすこぶる悪影響を与える行為でしかなくなりました。


【中略】


 私がサラリーマンを卒業した51歳から目指した株式投資は、孫子のいうところの絶対不敗を目指したものでした。

 もう少し具体的に書かないと理解しにくいと思うので、少し付け加えると、私が目指した不敗という状況とは『私が得られる賃貸不動産収入では年間生活費の500万円に足りない金額を株式投資の配当で確保すること』でした。


【中略】


 従って家賃収入と株の配当で年間500万円を確保できれば、私にとって株式戦争で勝利できた(=負けなかった)ことになると考えるようになりました。

 キャピタル・ゲインは一切生活費にはカウントできませんでした。


【中略】


 優待について、その年に貰った優待はその年に消費するというルールだったので、金券や食品を貰えば、予定した生活費に余裕ができるので、旅行などに振り向けられる余裕資金が発生します。

 だから優待はサラリーマン時代のボーナスのような役割を果たしてくれるもので、優待のおかげで、より余裕のある余暇活動ができることにはなります。


【中略】


 このルールの良い点は今年のように株への投資元本が前年末比で大きく減少しても、我が家の生活費には影響を与えないことで、『負け』という判定を行わなくても良いことです。

 投資元本の増減は株が乱高下する以上、当然に発生します。実際にリーマン・ショックや東日本大震災の時には今年以上に大きく株への投資資産額が減少したことはこのコラムにも書いてきました。

 しかし資産の増減は生活費には影響を与えません。私の精神状態に負担を与えるだけで、生活には影響を与えないところが大事な点です。

 もちろん投資を実行している(=株式戦争を指揮する)私は、いやというほど資産減少の痛みを痛感します。投資家としては痛みを感じなくては、減らした資金を取り戻すエネルギー、情念や、努力を生む力を作り出せません。この痛みは自分を奮い立たせて、努力を行わせるためにエネルギーに変わってくれます。

 だから投資元本が残っている限り、投資元本を株式市場に預けたままにしておくことが可能となり、アベノミクスにより大きく日本株が上げた時に、8年間に我が家が使った全ての金額(=生活費+新車の購入費など使った全ての金額)以上の利益を確保することが出来ました。


 孫子流に言えば『8年の間、とにかく不敗を続けてきたので、勝ち易いチャンスを生かして、大きな勝利を獲得できた』ということになると思います。

 サラリーマンを卒業後の8年間では生活費として必要な500万円以上の家賃収入と配当収入を確保してきました。

 孫子は『いにしえのいわゆる善く戦う者は勝ち易きに勝つ者なり』とも言っています。私も『勝ち易きに勝つのが、良い戦いかただ』と自分自身の株式投資のやり方を見直す日々が続きます。

 自身でもよく間違えて勝ちにくい投資戦術、難しい投資戦術を選んでしまうことが多いので、毎日のように自分の投資の間違いをチェックして軌道修正するように努力を続けています。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信しています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


【増収増益を確認!不景気でも黒字を維持する収益力を持ち、低PBRで連続増配をしているグローバルな優待企業を研究!!】


 本日配信の有料メルマガでは、どんな経済環境でも黒字を維持する収益力と事業を持ち、前年同月比増収増益を発表して株価の上昇が期待出来る上、低PBRで、過去連続して増配しており、人気の株主優待がある、グローバル展開企業を研究しています。

 また、コラムでは、「米国株が大きく上げてシカゴのCME日経225先物が上げていても、トランプ大統領の過激な発言で、翌朝から始まる日本の株式市場では日本株がリバウンドできない状況が続いています。しばらくは我慢の時が続きそうですが、業績的にも、資産的にも割安な日本株が少し上げても、すぐ下げてくるので、じっくりと拾っていきたいと考えています。」と題し、いずれリバウンドするであろう日本株の投資対象をいくつかシナリオを考察。先週挙げた4銘柄に加え、新たに4銘柄をピックアップしています。
 そして、調査はしたけれど流動性に難があって研究銘柄候補から外した2銘柄については、どのように調査しているかのケーススタディとして掲載しています。

 さらに、投資の損失に対してどう向き合うかでその後の投資家としての成長が変わる実体験について、どのように対応してきたかを具体的に書いています。

 近い将来の日本株のリバウンドに向けて、良質な銘柄を選別&研究するタイミングです。投資戦略や銘柄のヒントがここにあります。ぜひご購読下さい。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 ニチリン(5184)
 ]銘柄研究 帝国電機製作所(6333)


過去サンプル(コラム)
 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる(2016/12/27)
 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしようとするための心得(2012/11/06)



(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!

lowerbanner02.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




有料メルマガライブラリから(254)「株式投資をして精神的に苦痛を受けないためのヒント」

4b6aa9d4ed9eb2999828f96cc5ef96ae_s.jpg


 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。


=コラム「株式投資をして精神的に苦痛を受けないためのヒント」=
 (有料メルマガ第3回・2009/1/13配信号)


※2009年1月現在の内容です。留意してお読み下さい。


【前略】


 株式市場では株価が毎日変動しています。そのために自分の投資額が増えたり減ったりしていきます。そのためにストレスが発生し、精神的に弱い投資家はストレスに負けて、資産を減らして、市場から去っていきます。レバレッジ(借金)を利用した投資で、自己資金以上の借金を負い、負債を抱えて市場から強制退場させられる投資家も少なくありません。また流動性の少ない小型株(新興市場の株ばかりでなく、東証第一部の株でも、流動性が小さい株はあります)では、資金力のある大口の投資家の投資行動によって、株価が影響を受けます。強い大口の投資家が、小口で弱い投資家から資金を簒奪しているように感じられることも、よく起こります。

 ビジネスも競争です。それと同じような意味で株式投資も投資家間の闘い、資金の奪い合いでもあるわけです。そのような意味合いを否定しきることは出来ません。だから個人投資家は、用心に用心を重ね、精神的にも自分を鍛え、無謀な投資をしないという克己心を身につけていくべきなのです。

 自動車の運転でもそうですが、余りにも近くを見て運転すると、真っ直ぐ走ることができないで左右に蛇行してしまいます。少し先(=遠く)を見て運転することで、真っ直ぐに走れるようになります。

 株式投資でも毎日の資産の増減を気にしすぎ、その増減に一喜一憂しすぎると、精神的な負担が大きくなってしまいます。株式投資で少し先を見るということは、どんなことなのか、いつも自問自答しています。

 今時点の結論は、資産価値を調べ、事業価値を定性的に考えて(具体的にはこのメルマガでやっているように、過去の利益の蓄積と、いまの事業の内容、今もっている主力商品の業界シェア、将来の売れ筋商品を作り出す可能性である商品開発力などを、自分で調べて、考えること)納得した後に投資を決定し、中長期で株を持ち続けることが「すこし先を見て車を運転する」ことに近いと考えるようになりました。

 最近流行りの四半期ごとの決算短信の結果に振り回されて、企業の四半期ごとの利益の増減で丁半バクチのように短絡的に株を売ったり買ったりするのは近視眼的投機だと考えて投資としてはやらないと決めています。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信しています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


【創業以来赤字なし!産業に不可欠なモノとサービスを扱う、低PBRの好業績グローバル企業を研究!!】


 本日配信の有料メルマガでは、世界中の衣食住に関わるトップシェアの必需品を作り、一度も赤字を経験していない高収益力を誇り、低PBR高自己資本比率の優待グローバル企業を研究しています。

 また、コラムでは、「今回の米国株のVIXショックによる調整は、投資家の目を覚まさせた、良い調整だったと感じます。日本株も4月からはリバウンド相場に入りそうです。だから株式相場から撤退する時期は、少し遠くなった。そんな安心感が自分の中で育ちつつあります。」と題し、過去の大暴落の経験を振り返ると同時に、高PERなのに今回の下落でも大きく上げている2銘柄を取り上げながら、現在の市場を分析。最適な投資行動を研究しています。

 さらに、近い将来に大暴落が来るなら、株価が大きく落ちても安心できると期待出来る企業を2銘柄ピックアップ。それぞれのポイントを分析しています。

 加えて、12月本決算の流動性の高い銘柄を研究銘柄候補として3社取り上げています。


 軟調な市場を乗り切るために必要な知見は、過去の経験からも多く得られます。
 ぜひご購読して筆者の知見を共有して下さい。

有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 ニチリン(5184)
 ]銘柄研究 帝国電機製作所(6333)


過去サンプル(コラム)
 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる(2016/12/27)
 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしようとするための心得(2012/11/06)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla

クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!

lowerbanner01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資




有料メルマガライブラリから(253)「内需型企業から金融資産とビジネスの将来性を持つ株を分散で」

a90f06820f329862fe544b1a191dc959_s.jpg


 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。


=コラム「内需型企業から金融資産とビジネスの将来性を持つ株を分散で」=
 (有料メルマガ第344回・2015/8/25配信号)


※2015年8月現在の内容です。留意してお読み下さい。


【前略】



 この業績で、資産内容で、将来性の高いビジネスで、こんなにも株価が下がって、良いのですか…。そう思いたくなるような企業の株価が大きく下落して
います。


【中略】


 私は30年も株式投資を行ってきました。そして今から10年ほど前にサラリ―マンであることを辞めて、いまでいう専業投資家として株式投資にどっぷりと浸りこんでで生きてきました。

 株式投資は儲かれば面白いです。株で大きく儲かっている時に危険なのは、脳をギャンブル脳化させてしまうことです。

 ある程度、大きなお金を株式に投資していると、一日で100万円とか200万円くらいは総投資額が変動します。今年の8月に入ってからの株価変調で私のポートフォリオも数百万円のマイナスの強風を受けました。

 株式投資を続けていれば資産が増えることもあれば、減ることもあります。一年で数千万円増えることもあれば、東日本大震災と原発事故の直後は数日で一気に数千万円のマイナス状態となることもありました。東日本大震災の時の恐怖と比べると、現在の株価下落によって感じる怖さは小さいですが、気持ちの悪さは今回のほうが大きいです。


 このコラムの最初にも書いたように、調査している企業の中には、なぜこれほど大きく株価が下げなければならないのか、理解も納得もできない企業が多いからです。

 ポートフォリオの銘柄の中にも冷静に考えて納得が出来ないほど大きく下げた銘柄も多いです。しかし意地になって資金を集中して買い増していくことはやめて、損を出すために売って、また買い戻すことを繰り返しながら、今年になって払いすぎたキャピタル・ゲイン税を取り返すことで憂さ晴らしをしています。


 私は短期トレードではなく中長期投資を行っているので、大地震などの天災やテロや原発事故などの人災がおきると、どのような銘柄に投資していてもダメージを受けてしまいます。

 株が大きく上がって資産が強烈に増えた時に、脳をギャンブル化させてしまっていると、投資環境が悪くなった時にギャンブル脳が暴走しだす危険が高まります。

 株式投資では投資環境の良い時には一月に平均すれば平均100万円から300万円の利益でも一気に一か月間で1500万円とか2000万円も資産が増えることが起こります。

 このとき株で増えた資産で生活レベルを上げてしまうと、ギャンブル脳化が始まってしまいます。生活費をキャピタル・ゲインに依存するようになると、高い確率で脳がギャンブル化してしまい、普通の金銭感覚が歪みます。

 そうすると株で儲かっている時は、弊害は出てきませんが、損をしている時に大きな弊害が出てきます。キャピタル・ゲインに期待して生活レベルを上げてしまうと、生活レベルを維持できなくなります。

 そのような状態では焦りが生じます。そのうち無謀な投資にのめり込み、火だるまになる危険が高くなります。



 私が専業投資家として10年間も生き残ってこれたのは、サラリーマン時代と同じように生活費を変えなかったことです。サラリーマン時代というより、結婚してから奥さんの方針で、どんなに収入が増えようとも新婚当時の生活費を1円も上げませんでした。

 それでも節約生活を行えば、ちゃんと豊かな生活は維持できます。食材についても築地の場外市場で質の高くて安い(流石にスーパーで買う特売品よりは高いですが、スーパーの高額品よりは質の高い美味しいノリやお茶や鰹節、そして海鮮類がスーパーの値段より安く手に入ります)ものを買って食べていました。いまでも築地やネットで高品質な食材を格安値段で買って取寄せて食べています。

 あとは優待で産地直送の青森産のリンゴ、長野産のリンゴ、十勝産のメロン、長野産のもも、三ヶ日産のみかんなどをタダで手に入れて食べています。

 食費は奥さんが工夫した手料理や毎日のパンを自分で焼いて作っていたので、とても美味しいものが買うよりよほど安く手に入りました。


【中略】


 この逆にキャピタル・ゲインで生活レベルを上げてしまうと脳のギャンブル化が進みます。とっても恐ろしいことです。一度上げた生活レベルを下げることは至難の技です。

 生活レベルは常識感覚の平常の脳で行いながら、増えたお金で投資を行うとお金の増え方が変わります。投機ではなく投資です。ここを間違えると、危なくなります。

 優待銘柄投資は楽しいし、株価の下落に対しても優待が株価を下支えしてくれる効果があります。しかし投資として考えた場合には割高になってしまっている銘柄も散見されます。一時的な株価の下落なら優待銘柄も魅力がありますが、優待が無いために下げが大きくなっている非優待銘柄の中に、投資対象として冷静に考えると魅力が高くなっている企業が多いように感じています。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信し
 ています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評
 です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


【参入障壁高い不可欠なサービスがコア!技術力高く着実に利益を確保出来るキャッシュリッチ低PER低PBR内需企業を研究!!】


 本日配信の有料メルマガでは、安定した顧客で外部の景気環境に左右されない、社会に必要不可欠な事業を行っており、着実に業績を伸ばしている低PER低PBR高自己資本比率で、キャッシュリッチな、投資して安心と思われる内需企業を研究しています。

 また、コラムでは、「トランプ大統領の貿易戦争を起こして世界景気を悪化させかねない政策や、重要な補佐官の相次ぐ更迭に不安を覚え米国株が大きく下落して、日本株は米国株以上の下落となりました。今回の日本株の底値は、また見えなくなりました。しかし去年のように上げ続ける相場が無いように、下げ続ける相場もありません。変化の兆しを見逃さないようにしながら、リバウンドするのを待ちたいと思っています。」と題し、現状の市場環境を認識した上で、過去の大幅な下落を受けた経験を基に、今後取るべき投資行動について言及しています。

 さらに、内需株の中で分散投資の対象として魅力が高い企業を、研究銘柄候補として4社取り上げて分析しています。

 下げ相場こそ、今後の投資で生き残るために必要な行動が試されます。
 経験豊富な筆者の知見とともに難局を乗り切りましょう。ぜひご購読下さい。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 ニチリン(5184)
 ]銘柄研究 帝国電機製作所(6333)


過去サンプル(コラム)
 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる(2016/12/27)
 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしようとするための心得(2012/11/06)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!

lowerbanner02.jpg


JUGEMテーマ:株・投資




最新有料メルマガから「割安な企業に安く投資できるチャンス」

7694a7fd626516f517c791e71b44914f_s.jpg


 今回は特別に、本日配信の有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」のコラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎の最新コンテンツをお楽しみ下さい。


=コラム「割安な企業に安く投資できるチャンス」=
 (有料メルマガ第474回・2018/3/20配信号)



【前略】


1.ストレスと上手に付き合う方法


 株式投資では損をすることも多いです。
 たった3日で500万円も損をすると、さすがにストレスが高まります。
 またはお昼休みに損切りをした株が午後直ぐにストップ高したときなど、さすがに応えます。

 投資家は株式投資をしていると欲と恐怖に振り回されて、常にストレスを受けることになります。特に投資環境の悪化で運用成績がマイナスになると、ストレスのかかりかたも非常に大きくなります。

 現代社会はストレスの多い社会ですが、原始時代の人間はもっともっとストレスの多い生活をしていました。

 その日を生き延びるために狩りをしなければいけないし、獰猛な野獣など強敵もたくさんいました。例えば私たちを脅かす野獣に出くわした時、逃げるか戦うかの決断を迫られますが、そのとき逃げ出したり戦ったりするためのエネルギー源がストレスだったということです。
 このことを本で学んだことで株式投資で受けるストレスなど大したことではないということを知りました。

 ストレスというのは本来、生物が刺激に適応していくために必要不可欠のもので、ストレスがなければ私たちは生きていけないことも学びました。

 適度のストレスは、心身を活性化させ、エネルギーを与えてくれます。
 これはいいストレスです。でも人間関係の摩擦とか、過労とか、私たちに慢性的な負担をかけてくる悪性のストレスもあります。

 大きなストレスと小さなストレスでは、小さなストレスの方が危険だそうです。無責任ですべての責任をまる投げしてくる上司、ミスばかりする部下、いつも人のうちを覗き込んでいるような感じの悪い近所のおばさん、交通渋滞、相場での損。日々の一寸した怒りや不安、不満などのほうが、慢性的なストレスとなって私たちを脅かすようです。

 ストレスがかかると、記憶が3割も悪くなるという外国の大学の研究もあるそうです。

 アウシュビッツの地獄を生き抜いたユダヤ人の精神科医ビクトール・フランクルは「強制収容所の地獄を生き延びることができた人は、体が丈夫な人ではなく、未来のビジョン持っている人。自分が生きる意味を知っている人だった」といっています。ビジョンがあり、苦しみの中からポジティブな意味を勝ち取る人だけが生き残れたわけです。

 ビクトール・フランクルは、自分の生きる意味を考える時、抽象的な価値、たとえば忠誠、祖国愛などより、愛する人や家族に助言したり、人の役に立つというような、日々の具体的な事柄のほうが重要だったといっているそうです。

 私はこのごろ、自分が「なぜそれをするか」「それを望むか」など「何のために」をちゃんと自分に問い掛けるようにしています。

 株式に投資するときも、なぜこの企業に投資するのかという理由を明確にしています。そして、その理由が間違っていたり状況が変わらない限り、必死で持ち続けるように努力しています。その株に投資した理由が明確ならば、短期的な株価の下落にも耐えられます。


 1)ストレス対策

   a)ストレス対策としては、夢を語り合える仲間との素敵な楽しい時間を持つことは非常に有効です。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信しています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


【高シェア製品もあるキャッシュリッチ企業!好業績で来期も増収増益の可能性高い低PER低PBR高自己資本比率の技術系企業を研究!!】


 本日配信の有料メルマガでは、過去20年近く黒字を計上し続けており、来期の増収増益が期待でき、国内での高シェア製品を複数持ち、キャッシュリッチな高技術企業を研究しています。

 また、コラムでは、「大きく下げて、そこからなかなかリバウンド傾向とならない日本の株式市場です。しかし時間がたつうちに、この下げは業績が伸びており、財務内容も強靭な割安な企業に安く投資できるチャンスだという思いが強くなりました。新しい会社四季報が発売されたので、その中から有望な企業を見つけ出して、分散投資を実行したいと考えて、チェックを始めました。」と題し、本日掲載の相場に克つためのストレス対策に加え、メンタルケアなど、投資判断を誤らないための考え方に言及しています。


 さらに、当面の投資作戦として、筆者が考える有望株の4つの条件からピックアップした6銘柄をレビューするとともに、来期増収増益期待の4社を研究銘柄候補として取り上げています。


 相場が下げていると嘆く前に、ここでしっかり研究して安いところで投資するチャンスです。ぜひご購読下さい。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 ニチリン(5184)
 ]銘柄研究 帝国電機製作所(6333)


過去サンプル(コラム)
 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる(2016/12/27)
 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしようとするための心得(2012/11/06)



(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!

lowerbanner02.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




最新有料メルマガから「彼岸底の可能性が高くなったら割安株に投資する覚悟」

4b6aa9d4ed9eb2999828f96cc5ef96ae_s.jpg


 今回は特別に、本日配信の有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」のコラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎の最新コンテンツをお楽しみ下さい。


=コラム「彼岸底の可能性が高くなったら割安株に投資する覚悟」=
 (有料メルマガ第473回・2018/3/13配信号)



【前略】


 短期投資家は順張りの投資で上がった株価をすぐ利喰いすることが多いです。
 中長期軸の投資家にはコントラリアン(逆張り投資家)が多いと感じています。私も自称コントラリアンです。

 コントラリアンとは、市場のトレンドの反対に相場を張る投資家のことです。
 逆張り投資家とも言われます。
 コントラリアンは英語の『contrarian』のことで、人と反対の行動を取る人、反対意見の人などという意味を持っています。

 日本企業の株価は、世界の国の株式市場のうち中国とかアメリカとかどこかの国の株価指数が下がると、悪いところにツレ安して下げるような状況が続いています。日本株の投資家が付和雷同型の短期投資家ばかりになっているのが原因かもしれません。

 日本の株式市場に参加している投資家の多くは、通算では大きく損をしているけれど、時々大きく儲かることがあるから、株式投資を止められない。
 こんな投資家が多数派なのかもしれません。

 しかし、そんな投資家が多いので、巨額の利益を求めるためにレバレッジを大きく掛けた信用取引は、絶対やらない。ある程度稼げたら感謝して勝ち逃げして(=利喰して)他の割安な配当利回りや配当優待利回り(=高インカムゲイン銘柄)の高い銘柄にシフトをしていく。

 こんな単純な投資戦術を続けてきたことでアベノミクスがスタートしてからの5年間で大きな利益を得ることができました。


 株式投資で大きく利益を上げられたときには、一部資金を現金化してワンルームマンション投資に振り向けました。株でこんなに儲かるのに、なんて馬鹿な資金シフトをするのかといわれました。

 私の投資目的の最大の理由である、老後の安定収入を確保するという目的達成のためには、株式投資より圧倒的に安定した収入を確保する手段になるのは不動産(賃貸)投資だと考えて、現金でワンルームマンションをコツコツ買い増していきました。

 ゴールド(=金)に投資したのも、ゴールドで売却益を得ることを目的にしたのではなく、万が一強烈なインフレが襲ってきたときに家族で2年程度は生き延びる手段を確保するという、目的で投資をしました。


【中略】


 自分の経済的な実力を超えたような投資で、資産の極大化を求めなくても、大きな損をしないように自分の経済的実力にあった程度でできる投資手段を捜し求めれば、ちゃんと見つけだすことが出来ました。


 私が20代から40代のころよりも、現在なら投資手段も増加して、自分の経済的実力に見合った投資手段を見つけやすくなっています。

 株に投資する場合も、他の投資商品に投資する場合も、「いま何に投資すると一番儲かるか」というような目線で探すと、上がりきった割高な金融商品を掴まされる可能性が高くなります。

 また個別株への投資でも、スッ高値で、年初来高値の天辺で買ってしまうことも出てきます。
 たとえば私もカーリットホールディングスを決算短信発表直後に成行買い注文を出し、509円という、チャートとして記録に残る天辺掴みをやりました。持ち続けたおかげ2018年3月9日のカーリットホールディングスの終値の株価は1128円です。

 自分で調べてカーリットホールディングスの企業の価値(=資産価値+事業価値)が509円程度であるわけがないと確信を持っていたからです。

 ゴールドの価格が1300円を割り込んで、後に三井物産フューチャーズで日本で最初のコモディテイ・ストラテジストになった商品の専門家が「ゴールドは投資対象ではなくなった」と本で公言したところから、買い増し額を拡大したのと同じことです。

 香港のファミリーマンションも、天安門事件が起こって香港の不動産が暴落して、なんて馬鹿なことをするのかと笑われながら、自分の考えで投資を実行しました。


【中略】


 いつも株価の急落が起きた時のコラムに書いてきたことですが、投資家は自分がどのような投資スタイルで投資しているかを把握して、自分の決めた投資の時間軸で、自分のルールに従って投資を進めていくことが、とても大切です。

 そうでなければ、牙をむきだして襲いかかってくる株式市場で生き残っていくことは難しくなります。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信しています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


【上方修正企業へ安く投資!今後の業績向上が期待でき、低PER低PBRでキャッシュリッチな技術系企業を研究!!】


 本日配信の有料メルマガでは、最近上方修正を発表し、利益回復した上、今後の業績伸長も期待でき、株価リバウンドするもまだ十分割安な、高技術キャッシュリッチ企業を研究しています。

 また、コラムでは、「今週からの株価の状況で彼岸底になるかどうかが決まると考えて、もし彼岸底の可能性が高くなったら、証券会社に残しておいた資金を割安株に投資しようと覚悟を固めました。」と題し、本日掲載の内容に加え、現在の市場に対応する投資行動を具体的に書いています。

 さらに、有料メルマガ2月20日配信号で取り上げた研究銘柄候補10銘柄を再度チェックし、リバウンド開始後の投資に最適な事を確認しています。

 加えて、株価位置が低いと評価している今後の研究銘柄候補として、「優待銘柄」から2社、「非優待銘柄」から2社を取り上げています。

 2番底が確認されたかどうかの分水嶺、ぜひご購読の上、参考になさって下さい。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 ニチリン(5184)
 ]銘柄研究 帝国電機製作所(6333)


過去サンプル(コラム)
 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる(2016/12/27)
 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしようとするための心得(2012/11/06)



(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!

lowerbanner01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM