大魔神のアンテナ 個別銘柄のゲリラ戦真っ盛り



 株式市場は面白い、どんなに悪い相場になっても買いたい銘柄があります。

 ある知人が「サンバイオ」で大損をしたが、その復讐戦で「オンコリスバイオ」を買い、損を取り返したという博打的な売買をしたようですが、先週から今週にかけてはまさに「博打的要素」を持った銘柄が乱舞しています。
 新興市場の「バイオ株」の中で、必ず一つはストップ高を日々示現しています。また、マザーズ市場においては、「バイオ株」以外で「IPO銘柄」も物色対象になっており、こちらもストップ高を演じる銘柄が日々出ています。

 市場の動きに左右されることなく、短期筋(投機筋とも言えますが)は積極的に売買を繰り返し、ストップ高をさせることを生き甲斐にしている感じさえあります。
 同じ銘柄が連続ストップ高を演じる場合もありますが、どちらかと言えば、日々入れ替えながら買い漁っているようです。

 まさに神出鬼没な動きを演じています。ゲリラ戦です。


 今の株式市場は一進一退の動きを続けており、テクニカル的な観点からも判断が出来ない状況。25日移動平均線と75日移動平均線を割り込むと下落サイン(2月8日と3月8日)になりますが、そのサインに逆らうように反転上昇を示す。しかし、上昇基調を示すと(3月4日)、今度はそれを裏切るように下げに転じる。

 しかし、日経平均が定まった動きを示さない為なのか、上記したような個別銘柄を循環的に売買しなければならない相場になっているとも言える。

 ダウ理論が指摘する「弱気相場の中間期」は、ボロ株が乱舞する。全体的には12月に19000円を割り込んでから、戻り基調を演じているものの、日々の売買高は減少傾向である。いつ、下落に転じるか、警戒しているようです。

 相場の方向感が定まるまでは、このようなゲリラ相場が続くと思われます。

 このゲリラ相場が終焉する時は、まさに、株式市場の方向性がはっきりする時だと考えられます。


 ダウは「弱気相場が終焉する時は、中間期に乱舞したボロ株・材料株が下落する時」と語っています。

 その意味でも来週、1週間は大きなポイントになり、相場に変化がある時期です。


(大魔神)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/vouruhalia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




大魔神のアンテナ 株式市場は一進一退の動き



 株式市場は一進一退の動き、この動きもまた株式市場の面白さです。


 今週に入り、月曜日は上がり・火曜日は下げる、そのリズムで上げ下げを繰り返していた。
 木曜日時点では差っ引き40円ほどのマイナスになっている。1%程度の範囲で推移している相場。大きく押し上げる力も大きく押し下げる力もなく、日経平均は動いていた。

 半面、マザーズ市場は2月18日から8連騰で77ポイント上昇。上げ方は地味ではありましたが、市場内はなかなかの活況でした。
 IPO銘柄が青空相場を演じたり、サンバイオに代わるバイオ銘柄が飛んでいたりと面白い相場を展開していた。また、前回も指摘した「メルカリ」もお休みを交えながらも2000円台を通過して3000円台まで回復。
 いろいろな銘柄が芽を出し、花開いた相場でした。


 ただ、ちょっと指数的に、「サイコロジカル」がマザーズは10勝2敗まで示現。ジャスダック市場も9勝3敗まで上げたこともあって、多少過熱感到来で売り込まれていたようです。

 半面、上記の1部市場には、まったくそのような動きがなく、ゆったりした動きを演じていた。225の銘柄の中では「電鉄株」が多少元気であったようです。
 「JR東海・9022」「東日本JR・9020」などが高値を更新、戻り高値を取る動き、その他個別では「オリンパス・7733」「三菱重工・7011」「東映・9605」が新値を更新している。

 内容的には、内需株的な銘柄が堅調に推移している。グロース株は、「米中貿易問題」が絡み上げ下げの動きを演じていた。(機械・電機・自動車)などです。その影響が日経平均に表れているようです。


 それに反して、TOPIX構成銘柄である上記銘柄群の上昇や内需(建設・不動産など)の堅調さが指数を押し上げていた。しかし、そのTOPIXも新興市場同様に、サイコロが9勝3敗まで達していた(2月27日、水曜日)、それは、指数的な過熱感示現したことになり、木曜日、円安傾向にあった株式市場でしたが売られた。

 指数は正直に動くようです。


 来週もいろいろな展開が予想される相場ですが。ただ、ここ3月相場は波乱含みの動きが例年続いている。ちょっと警戒もしたい月です。
 半面、ゲリラ戦はこのような時に訪れます。


 その動きも一興ですね。株式市場だから。


(大魔神)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


 大魔神氏のセミナー開催を記念して、特別インタビューを1月17日に収録
 ぜひお聞き下さい。


 後編「投資対象銘柄の発掘について」
 聞き手:YEN蔵氏
 https://youtu.be/2kGNp1f3CCs


 前編「出来高の見かたについて」
 聞き手:YEN蔵氏
 https://youtu.be/kYJuwVmuooo


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/vouruhalia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




大魔神のアンテナ 株式市場は変化と共に面白くなってきましたよ



 株式市場は一転・二転としながらも1月4日大発会の日より回復相場を演じています。

 1月18日の一つ目の節目、25日移動平均線を突破。一時、2月8日にその25日平均線を下回るが、翌日には大きな上昇と共に再度突破。そして、次なる節目の75日移動平均線を今週月曜日、2月18日突破した。
 その間、2度程75日移動平均線をトライする動きを示すが、ウォーミングアップをしていたようです。


 その日経平均を押し上げたのが、悪役でした「ソニー・6758」が2月7日下値から這い上がる動きを示したこと。同じように「ファーストリテリング・9983」も下げ止まりから上昇に反転。もう一つは「JR東海・9022」が年初来高値更新。主力銘柄の「三菱重工・7011」「日立・6501」など時価総額が大きい銘柄も上昇していることが、今の株式市場に変化を与え、抵抗帯であった75日移動平均線も取ることが出来た。
 半面、時価総額が大きい銘柄であったことで、日経平均の上昇幅が限られました。


 テクニカル的に、この25日移動平均線&75日移動平均線を突破したことは、上値抵抗帯を取ったことになるので、相場の基調は変化していると見ることが出来ます。そして、各移動平均線を突破する動きの中で、トレンドの変化を読み取ることが重要です。

 下降トレンドから上昇トレンドに変化する。日経平均であれば、10月高値の山から12月の戻り高値の山をラインで結ぶと、2月13日の75日移動平均線へトライしたその日に、この下降トレンドラインを抜く動きを示しました。この時点でトレンドに変化があったと。

 あとは、最後の節目は200日移動平均線になるでしょう。日々変化しますが、現在は22000円超の水準にあります。しかし、かなり重い抵抗帯ですので。


 また、面白くなっている点は、前もちょっと触れましたが、マザーズ市場が変化しています。「サンバイオ」の急落で市場全般大きな打撃を受けました。
 しかし、その「サンバイオ」に代わる銘柄として、マザーズ市場内の時価総額がある程度大きい銘柄が活躍していることです。

 「オンコリスバイオ」や「メルカリ」(昨年末から今まで、8週連続の陽線を示現、今週も陽線になりそうです。滅多にこのようになることはありません)直近では「ユーザベース」「HEROZ」なども動意しています。
 マザーズ指数も再度一つ目の節目、25日移動平均線を突破してきました。


 変化の表れと考え、マザーズ市場も面白くなると考えています。


(大魔神)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


 大魔神氏のセミナー開催を記念して、特別インタビューを1月17日に収録
 ぜひお聞き下さい。


 後編「投資対象銘柄の発掘について」
 聞き手:YEN蔵氏
 https://youtu.be/2kGNp1f3CCs


 前編「出来高の見かたについて」
 聞き手:YEN蔵氏
 https://youtu.be/kYJuwVmuooo


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/vouruhalia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




大魔神のアンテナ 外部要因で相場は一転・また一転しています



 先週の動きはテクニカル的に見て、ちょっと悪い方向性を示したが、一転、今週は良い方向性を示す動きを示した。

 その大きな理由は「トランプ大統領」の発言に因るところが大きく、米中の首脳会談を行うと語ったが、急変、やはり3月1日までは会談を行わないと発言。しかし、今週に入り米中協議が始まると貿易交渉が進展しているとの見方が高まり、またもや「トランプ大統領」が習主席と会談を望んでいると語りました。
 その影響で株式市場は下げたり、上げたりと方向感が定まっていない(特に東京市場は)。


 さて、チャート的に今の「日経平均株価」の動きを見てみると、2月1週目の20900円台が戻り高値の抵抗帯でしたが、今週水曜日、あっさりと戻り高値20981円を抜き、21000円台を示現した。
 一時的ではあったが、大きな節目である75日移動平均線を突破(この時点では21198円が75日移動平均線でした)、高値21213円を取ったが、終値ベースでは21144円。
 そして、木曜日は高値21235円で、この日の75日移動平均線も一時的に突破した(この日は21178円でした)。しかし、終値ベースでは21139円と両日も75日移動平均線を実体で抜くことが出来ませんでした。


 ここで移動平均線の定義を簡単に説明すると一つはその銘柄のトレンドを表し、もう一つはその銘柄に投資をしている投資家のコストも表しています。
 その移動平均線で上記した75日移動平均線は中・長期的な投資家である機関投資家のコストとも言われており、個別銘柄においても、この75日平均線を株価が下から上へと突破する際、かなりのエネルギー(出来高)とそれなりの評価される材料がマッチしないと突破できない(これは過去の経験則に基づいております)。

 ここ一両日中の動きを見た時、この75日移動平均線を抜けないことは、まさに、エネルギー不足&材料に乏しいことから、売り圧力に押し戻されていると考えられます。

 昨年の10月、日経平均が下落相場に入ってから、この75日移動平均線が上値の節目となり、10月17日、11月8日、12月3日、多少上値を抜く場面もあるが、そのポイントが戻り高値を示し、そこから再度下降トレンドが今も続いている。


 今週末の米中協議が大きなポイントになると株式市場は読んでいると考えられ、週明けの月曜日が今後の株式市場の方向性を決めるでしょう。


(大魔神)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


 大魔神氏のセミナー開催を記念して、特別インタビューを1月17日に収録
 ぜひお聞き下さい。


 後編「投資対象銘柄の発掘について」
 聞き手:YEN蔵氏
 https://youtu.be/2kGNp1f3CCs


 前編「出来高の見かたについて」
 聞き手:YEN蔵氏
 https://youtu.be/kYJuwVmuooo


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/vouruhalia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:株・投資




大魔神のアンテナ 『相場のことは相場に聞け』



 妙な動き。そんな時は、「相場のことは相場に聞け」

 私の師匠であった、仕手筋の大物の方が私に語った言葉です。


 今、株式市場は戻り相場を演じているが、どう見ても「米国株式市場」に比べると上値が重い展開が続いている。
 2月に入り、1日高値20929円、4日高値20922円。5日高値20981円。6日高値20971円と何度も21000円を伺う動きを示すものの、売り圧力に押されて、達成できないで推移している(因みにシカゴ日経先物でも20981円が戻り高値になっている)。


 円ドル相場においても、2月に入ってから109円中ほどから110円台と安定的な動きを示している。外部条件的には、21000円を奪回しても良い場面でもある。

 また、日経平均のEPSも昨年12月から低調な推移をしてきたが、ここ決算発表が始まってからは緩やかであるが、EPSは戻り歩調を示している。
 6日現在の日経平均EPSも1733円になっており、PERでも12.04倍と低水準で推移している。従来であれば、少し割安な水準である。
 2016年の2月、6月の底値を示現した際にもPERは13倍前後であった。今の水準はどう見ても売られ過ぎの水準である。

 半面、NY市場の「ダウ平均」は6日現在でPERが18倍まで買われている。ナスダックにおいては22倍となっており、予想数値を上回る状況で推移しています。


 日米の格差が大きくなってきている。

 2017年の際にも、NY市場はある意味10月までは堅調であったが、日本市場はじり貧相場が続いていた。この違いは明らかに外国人投資家の姿勢にあった訳です。
 今年に入り、1月の第4週目に買い越しに転じ、出来高も増加傾向を示していたが、今週は上記の通り、重い動きになっている。「売っている」のは誰なのか。気になるところです。


 相場の分岐点では、過去の経験則からも「外国人投資家」が主体になっており、昨年は約7兆円以上の売り越しであったことで、相場がじり貧になった。その意味からも今年も外国人投資家の動向がカギを握ると推定しています。

 また、外国人投資家は日本人とは異なり、「順張り」を基本としており、買い上がるスタンスなので、相場を大きくする投資家でもある。今のようなモヤモヤした相場を演じることはない。
 今の株式市場が本格的に上昇するのであれば、外国人投資家の出番を待つのみ。海外投資家の売買動向をしっかりとウォッチしたいです。


 外国人投資家の視点からは、おそらく今の東京市場には魅力がないと思われているのであろう。あとは、決算発表が終了する、2月第4週がポイントになると予想しています。


(大魔神)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


 大魔神氏のセミナー開催を記念して、特別インタビューを1月17日に収録
 ぜひお聞き下さい。


 後編「投資対象銘柄の発掘について」
 聞き手:YEN蔵氏
 https://youtu.be/2kGNp1f3CCs


 前編「出来高の見かたについて」
 聞き手:YEN蔵氏
 https://youtu.be/kYJuwVmuooo


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/vouruhalia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




大魔神のアンテナ 『サンバイオ』効果で相場が大きく変化する



 マザーズ市場に台風が上陸した。

 30日のマザーズ市場は77ポイント安を示現、昨年の2月6日の118ポイント安に次ぐ大きな下落を演じた。

 経験則になりますが、相場は、大きな下落を演じるとその後大きな変化をもたらす。この30日の状況は値上がり銘柄数も19銘柄と少なく、ほぼ全面安になっていた。翌日は、サンバイオを除く、ほぼすべての銘柄が買い戻されていた。この動きも面白いと考えています。
 市場心理が「サンバイオ」の大量な売りを見て、他の銘柄への波及を恐れて売りが売りを呼んだ。昨年の12月17日の65ポイント安、25日の58ポイント安を示現しているが、その時よりも30日の方が市場内の状況は劣悪でした。かなりの膿を吐き出したように見られる。
 その動きの反動もあるが、整理されたことで、31日が全面高になったと考えられる。


 「サンバイオ」は依然とストップ安売り気配が続いているが、今までのマザーズ市場の「柱」であったこの銘柄が潰れることで、新たな銘柄が出現すると考えられる。また、バイオと言うテーマも終了に向かうと予想しています。

 そして、市場は新たな「テーマ」を探し始める。

 これも経験則的な見方になりますが。本日の動きの中でも「オリンピック」「外国人労働者」関連で「リネット・3556」がここ連日大商いと共に上昇している。また、ゲーム関連銘柄の「ミクシィ・2121」も底練り水準を脱しつつ推移をしている。
 同様にマザーズ指数を左右する銘柄で、医療機器・介護機器を手掛ける「CYBER・7779」も上場来安値を示現後、出来高も伴いつつ戻り基調を示している。

 これらが今後の動向次第では「柱」的な役割を担う銘柄に成長することも考えられ、本格的な上昇トレンドを示すかウォッチしたいところです。
 無論、今度の決算内容次第ですが。


 全体的には今週、米国雇用統計発表・米中次官級の交渉結果も控えており、全体的にも相場変動も起こりえる時期。国内でも主要企業の決算内容で、指数も変動すると考えられるので、来週は株式市場にとって重要な一週間になると予想しています。


(大魔神)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


 大魔神氏の2月2日セミナーを記念して、特別インタビューを1月17日に収録しました。今回は後編「投資対象銘柄の発掘について」です。
 ぜひお聞き下さい。


 後編「投資対象銘柄の発掘について」
 聞き手:YEN蔵氏
 https://youtu.be/2kGNp1f3CCs


 前編「出来高の見かたについて」
 聞き手:YEN蔵氏
 https://youtu.be/kYJuwVmuooo


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/vouruhalia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:株・投資




大魔神のアンテナ 決算発表シーズンだ。相場の変動期



 1月24日から、3−9月期の企業の決算発表が始まります。
 主力銘柄は来週から29日の「信越化学」を皮切りに、30日「アドバンテスト・NEC・TDK」など電子部品系銘柄。31日は全業種に渡り発表され「東エレク・野村HD・商船三井・日通・富士通」など、業種を代表する銘柄の決算発表日になり、前半戦の決算ピーク日になります。


 米国ではすでに始まっている訳ですが、決算内容を市場は素直に反応している感があります。良ければ「買い」悪ければ「売り」と。
 ただ、指数に連動する銘柄の場合には影響も大きくなっているようです。


 しかし、東京市場は「安川電機」が2期連続の下方修正を発表しましたが反発し、3日続伸。
 また、先日発表された「日本電産」については、減収減益。永守日本電産会長のコメントも「この12月は今までにない落ち込みであったと、尋常ではない大きな変化だ」との会見でした。そして、株価の反応は翌日、朝から売り気配であったものの、寄りつき後は買い戻されて、次の営業日には反発。

 両銘柄とも確かに、市場全体から見て、低水準にあることは間違いない。ここまで下げたことは、今回の業績内容を織り込んでいたと、株式市場が判断を下しました。

 ただ、上記したように、米国、株式市場と日本市場とは違った反応を示しているようです。
 その一つの理由は、株価水準にあるところが大きい。日経平均は18日にやっと直近戻り高値から、(昨年、12月3日から12月26日の下げ幅)安値の半値戻りを達成しましたが、NYダウは三分の二の戻りを演じており、水準的にもかなりの戻り相場を演じていることです。そこには、世界景気減速懸念はあっても、企業業績への影響はある程度あったとしても、期待感はあったようです。

 一方、日本の場合には、期待感もなく、唯々、悪いものであると思い、売り続けていたこと。その業績内容が思いのほか、この程度かと。判断されて戻っています。
 株式市場においての株価水準がこのような「トリック」を示現されたようです。

 これから始まる決算発表では、個々の銘柄の水準が重要なポイントになると考えられます。よくあることですが、業績好調銘柄が決算期待で高値水準まで達すると、「上方修正」が発表されても大きく下げることが多いです。
 また、反対に「安川電機」のように株価が低迷して、下げ続けている銘柄の場合には、下方修正されても反転上昇する場合もあって、決算発表で、大きく株価の動きが変化します。


 決算発表時の個々の銘柄がどの水準にあるのか?
 どのような推移を演じているのか?
が大切なポイントになります。

 また、売られて下値を付けてから、羽ばたく銘柄も出る時です。悪材料織り込みで。


 相場に変化がある時なので、楽しみな時期でもあります。


(大魔神)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)



■「大魔神のトレーディング&2019年投資銘柄選択セミナー」〆切間近!


 卓越したトレード技術と経験則に基づいた銘柄選別力を持つトレーディングのプロ、大魔神氏のセミナーを開催。残席わずかです。

 億の近道月曜版の相川伸夫氏のリアルトレードセミナー体験記は以下です。ぜひお読み下さい。
(体験レポート ⇒ http://okuchika.net/?eid=8156 )

 また、大魔神氏のインタビューも公開しています。ぜひお聞き下さい。

 前編「出来高の見かたについて」
 聞き手:YEN蔵氏
 https://youtu.be/kYJuwVmuooo

 後編「投資対象銘柄の発掘について」
 聞き手:YEN蔵氏
 https://youtu.be/2kGNp1f3CCs


■日時:平成19年2月2日(土) 13:30〜16:30

■場所:東京都
   (詳細はお申し込み終了後ご案内いたします)

■受講料:7,000円(税込)


 セミナー詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8145


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/vouruhalia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




市場潮流

cd0a1c3027531ddc28d651f7c97fa20e_s.jpg


 今週(1月21〜25日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で107円49銭上昇し(率にして0.5%の上昇)、2万773円56銭で取引を終えました。3週連続の上昇です。

 国内主要企業の18年度第3四半期(3Q)決算や減速が懸念される世界景気、米政府機関の閉鎖の影響などを見極めたいとの様子見のムードが強く、週を通じては小幅な動きに終始したといえます。
 ただ、週末25日(金)は、海外の短期的な投資家と目される筋からの買いが株価指数先物に断続的に入り、日経平均株価は前日比198円高と上昇しました。


 来週は、国内の3月本決算企業の18年度3Q決算の発表が本格化します。
 先週も述べましたが、3Q3カ月の厳しい収益状況は、株式相場の昨年末の急落局面で概ね織り込まれたと考えてよさそうです。

 米国では連邦公開市場委員会(FOMC、29〜30日)が開催されますが、30日の連邦準備理事会(FRB)パウエル議長の会見内容が注目されます。利上げを当面急がないスタンスが再度確認できれば、株式相場の押し上げ要因になると見込まれます。


(水島寒月)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/ciowaijeak
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




■億の近道スペシャル 大魔神氏特別インタビュー 前編「出来高の見かたについて」■




 大魔神氏の2月2日セミナー開催を記念して、特別インタビューを1月17日に収録しました。前後編の2回です。
 ぜひお聞き下さい。

 後編「投資対象銘柄発掘について」は近日公開予定!


 前編「出来高の見かたについて」
 聞き手:YEN蔵氏

 https://youtu.be/kYJuwVmuooo






JUGEMテーマ:株・投資




大魔神のアンテナ マザーズ市場が独り勝ち




 NY市場の上昇に伴って、東京市場も1月7日から戻り相場を演じている。
 しかし、今週に入ると、マザーズ市場の戻りがよくなっている。

 3日前に25日移動平均線を突破、その後も日経平均の上げ足が止まってもマザーズ市場の動きは続いた。特にこの市場特有でもあるが、バイオ株の上昇は指数をけん引する力を持っている。

 その代表が「サンバイオ」である。
 一旦9800円を示現後、8000円台での調整が続いていたが、先週8日から一転大きく上昇、待望の1万円台に達した。
 それに比例するように、再度バイオ小型株が上昇に転じ、マザーズ市場全体が盛り上がりを示したようだ。先週末からは低迷していた低水準銘柄も順番に物色する動きにもなり、指数を押し上げた。「サンバイオ」効果だ。

 2016年の春のマザーズ市場、急上昇のけん引役は同じバイオ株の「そーせい」だったが、今回もこのような相場になるかは、同様に「サンバイオ」株の動向が大きなポイントになりそう。


 2016年当時は「バイオ、AI、ゲーム、インバウド、自動運転」がテーマになっていたが、今回は「バイオ・ゲーム」は共通しているが、新年号に伴って「婚活、システム変更」。外国人労働者受け入れの「人材派遣」「住居」「建設・農業」。ラクビーワールドカップ、東京オリンピックなどのイベントを控えて「施設運用・セキリュティー」など多彩なテーマもあるので、幅広い銘柄が物色されている。大いに面白い市場になっている。


 このマザーズ市場の動きは、今のNYダウとほぼ同じペースで上昇していることである。その意味で、NYダウに陰りがでれば、それに追随することも考えられること。
 しかし、NYダウ、マザーズ共に連日の堅調さで、ある程度の戻り達成感も出始めている。昨年の12月の戻り高値から安値に対する3分の2戻し近辺まで戻りを演じ、また、ストキャスティクスでも高値圏を示現しているなど、ちょっとテクニカル的に市場全般に過熱感も出始めていることも言える。


 そして、一番気になることは、マザーズ銘柄の「鬼門」は決算発表シーズンに入ることも気掛かり。その流れから見て、決算発表前に一仕事を。
 2016年も4月後半・5月の決算発表シーズンにマザーズ市場は総崩れになった。


 じっくりと上昇している間は良いが、高値警戒の水準こそ、市場が一番盛り上がる時でもあるので、心したいところ。


(大魔神)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)



■「大魔神のトレーディング&2019年投資銘柄選択セミナー」開催!!


 この度、トレーディングのプロ、大魔神氏にお願いして、セミナーを開催してもらうことになりました。
 億の近道読者はファンダメンタルズ志向の方が多いと推察されますが、投資家の持つ武器は多い方が良いと考え、卓越したトレード技術と経験則に基づいた銘柄選別力を持つ氏へラブコールを送りました。

 億の近道月曜版の相川伸夫氏にもリアルトレードセミナーを体験してもらい、大魔神氏の実力に新鮮な驚きを感じたようです。
(体験レポート ⇒ http://okuchika.net/?eid=8156 )

■日時:平成19年2月2日(土) 13:30〜16:30

■場所:東京都
   (詳細はお申し込み終了後ご案内いたします)

■受講料:7,000円(税込)


 



このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/vouruhalia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガ特別版!
現在闘病中の火曜日執筆者、石川臨太郎氏の有料メルマガです。 現在特別版を1ヶ月分販売中! 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM