特許から見える企業の課題と仕事



 特許とは、特許法に基づいて出願人が権利化したい技術範囲を文書化したものであり、その実態は技術課題の課題解決方法を文書にまとめたものである。
 企業での技術開発は利益追求を目的として行われるが、具体的には世の中に受け入れられる製品の開発やサービス創出のための研究開発が行われる。


 ところで、課題とはマクロ的には企業の目標として設定されるものであり、ミクロ的には課題が細分化された上で、企業に関わる様々な人の業務として課題解決が実行されることになる。


 このように、特許とは個々の企業が利益追求を目的として課題を設定し、その解決方法をまとめたものであるから、関心のある企業や製品カテゴリーに関連する特許を調べれば、企業が利益を創出するための根拠にアクセスすることが可能となる。


 もちろん、特許を細部まで理解するには特許法が規定する「当業者」としての技術レベルが必要となるが、個々のレベルに応じた特許調査を始めることができれば大きな前進である。
 皆さんが得意とする財務分析に特許分析を多少でも加えることができれば投資判断における個々の確信度が高まり、やがては実績と自信につなげることができるだろう。

 手始めに、以下のステップで特許に触れてみるのが近道である。


1)特許明細やがどのようなものであるかをざっと理解したうえで、
2)特許調査に便利な特許分類と公的データベースを利用した特許調査について知り、
3)自分が知りたい企業や技術に関して調べてみる。


 最初の特許調査は、企業名と特許のタイトルを100件ほどリストにして眺めて見るだけでも新たな感覚を得られると思う。財務分析や企業調査が得意な人は大いなる深化への扉が開くと思う。


 9月8日の特許セミナー(午前)では、そのための第一歩となるような話と特許明細の読み方実習を行い、午後は、ロボットとAIに関する具体的な企業研究にまで一気に深化させる。

 当日をお楽しみに!


(村上次郎)


− 村上次郎氏のプロフィール −

 大手エレクトロニクスメーカーでの長年の研究開発経験をベースに現在特許技術調査業務に従事。これまでの豊富な特許出願経験とは真逆の業務を経験することで戦略的特許出願は為せば成る(高率で権利化できる)ことを確信。

 若手時代のデバイス研究開発に始まり、大学との共同研究、国家プロジェクトリーダーなどの経験豊富。工学博士。億近ゼミ一期生。


[億の近道 特許関連コラム]
 特許検索J-PlatPat活用法 http://okuchika.net/?eid=7642
 トヨタにみる開発方針の大転換 http://okuchika.net/?eid=7657
 気になる企業の特許を読んでみよう! http://okuchika.net/?eid=7658
 特許情報から投資アイデアを得よう http://okuchika.net/?eid=7674
 なぜ知財が投資家に重要か−企業は人なり http://okuchika.net/?eid=7927


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tiatraebud
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!



■山本潤コーディネイト「第2回知財情報活用セミナー」のご案内


 本年4月に開催された特許情報を投資に活用するためのセミナー、第2回目
が開催されます。

 大好評だった前回の内容に加え、特許(知財)情報の整理や利用ツール、ま
た具体的な企業を取り上げてのケーススタディなど、より詳細に踏み込んで演
習も行いますので、参加者の皆さんが知財活用を実践できるような内容です。

 テーマはAI、ロボットです。

 ぜひご参加下さい!


【講師】

 山本潤氏(元ヘッジファンドアナリスト・特許活用投資のプロ)
 村上次郎氏(元大手メーカー研究者・特許先行調査業務従事中)
 楠浦 崇央氏(発明塾塾長)


【日時】

 9月8日(土)10:00〜16:00
※終了後、懇親会もあります。もちろん講師陣も参加します。


【場所】

 東京都・秋葉原


【参加費】

 20,000円(税込)

お申し込み・詳細はこちら

 https://peraichi.com/landing_pages/view/patent0908

主催:株式会社 リンクス リサーチ/TechnoProducer 株式会社


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:特許



JUGEMテーマ:社会の出来事




気になる企業の特許を読んでみよう!



 「特許」は法律用語であり、Wikipediaによれば
「法令の定める手続により、国が発明者またはその承継人に対し、特許権を付与する行政行為」
となっている。
 この場合の法令とは特許法である。


 特許権付与までの実際の流れはこんな感じである。

 発明者が自らのアイデアを明細書にまとめたものを特許庁に出願し、
 出願から3年以内に審査請求を行い、
 特許査定となれば発明に対して出願から20年間有効な排他的独占権が与えられる。
 ゆえに、世の中のニーズに合致した発明であれば発明の対価として大きな利益を得ることも夢ではない。


 特許権は製品の独自性を保護するものであるため、競争が激しい業界では特許権を巡って熾烈な競争があるのも事実であり、特許侵害が認められると販売差し止めや巨額の賠償金を支払わされることもある。

 例えば先端的な4Kテレビのような規格に準拠した家電製品では、製品化に必須となる有力企業の特許技術をプールした上でライセンス料を得るのが一般的である。

 このような特許明細は書籍とは異なり、各国の公特許明細書は無料で閲覧することができる。
 例えば下記のホームページに適当な検索キーワードを入力すれば直ぐにダウンロードできる。

 日本の特許法では公開対象となる特許明細書は出願から1年半が経過したものであるが、他国も似たような運用がなされている。

 日本の特許
 https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

 アメリカの特許
 https://www.uspto.gov/patents-application-process/search-patents

 特許文書は独特の言い回しや技術用語があるので最初はちょっと読みにくいかもしれない。


 手始めに興味のある企業の特許から読んでみよう!

 どのような製品に関連する技術であるかをイメージできれば、明細書の図面を見ながら読み進めるのはさほど難しくない。
 特許明細書は「技術課題の解決方法を発明として完成させたもの」であることを意識しながら幾つかの明細書を読み進めてみよう。

 これまでネットや雑誌などの二次情報とは違い、発明者による一次情報を読むことで企業の技術や未来について、自分の解釈に基づく新たなイメージを持つことができると思う。

 アメリカの特許データベースにアクセスして「Apple Inc.」と検索すれば未来を予感できる新しいデザインを見ることもできる。

 Pythonのような比較的とっつきやすいプログラミング言語を身につければ、公的データベースの情報を基に自らがプロ並みの特許分析にトライすることも可能となる。

 例えば自動車業界における生々しい競争状況や、何を目指して研究開発競争が行われているかを読み取ることもできる。

 旬な技術課題は何だろうか?僕だったらこうするよな・・・などと考えるようになれば自分自身が発明家となり、特許出願をしたうえでベンチャー企業を立ち上げることも夢ではない。


(村上次郎)


− 村上次郎のプロフィール −
 大手エレクトロニクスメーカーでの長年の研究開発経験をベースに現在特許技術調査業務に従事。これまでの豊富な特許出願経験とは真逆の業務を経験することで戦略的特許出願は為せば成る(高率で権利化できる)ことを確信。

 若手時代のデバイス研究開発に始まり、大学との共同研究、国家プロジェクトリーダーなどの経験豊富。工学博士。億近ゼミ一期生。


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tiatraebud
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM